beatitude

好きなことだらけさ…

『高慢と偏見とゾンビ』

2016年10月13日 | 映画 洋画

謎のウィルスが蔓延する18世紀のイギリス。
そのウィルスに感染した者は、ゾンビとなって人々を襲い出す。
片田舎で暮らすベネット家の5人姉妹は、お金持ちとの結婚に情熱を燃やす母親を尻目に、
少林寺拳法でゾンビと戦っていた。
ある日、ベネット家の隣に資産家のビングリー(ダグラス・ブース)と、
親友で大富豪のゾンビハンター、ダーシー(サム・ライリー)が引っ越してくる。
姉妹と母親は狂喜乱舞するが、次女エリザベス(リリー・ジェームズ)だけは、
ダーシーが初対面で見せた高慢な態度と、あまりにも冷酷にゾンビを駆除する姿に嫌悪感を抱く。
やがて人類とゾンビの最終戦争が勃発し、ダーシーと共闘することになったエリザベスは、
徐々に彼に対して偏見に満ちていた自分に気づく。
(MovieWalkerより)


なんとも面白かったww
かのジェーン・オースティン作「高慢と偏見」のゾンビパロディー。
あくまでストーリーは大真面目に「高慢と偏見」を追っていく。
音楽も文芸作品らしい荘厳な感じでババーンと鳴り響くも、そこにはゾンビがwww
主人公以下、主要人物はゾンビにはならず、ハンターの方ね。
結婚願望バリバリの姉妹だけど、超強ぇハンターなのがかなり笑える。
武器を携えザッと並ぶとアサシン姉妹だ。

中国で修業した少林寺拳法のエリザベスと
お金持ちゆえ日本で修業したダーシー。
なんかもう一々笑える。
劇中1回日本語が出るけど、意味不なセリフでちゃんと字幕がついてるw

主人公エリザベスは「シンデレラ」をやったリリー・ジェームズ。
お相手ダーシーは若手演技派のサム・ライリー。
二人とも、こんなふざけた映画で主演張るんだww
いや、映画はあくまで大真面目に時代物のラブロマンスを描いているww

ゾンビゾロゾロだけど、グロシーンは少なめ。
剣で突き刺し頭が飛び、足で思いっ切り踏みつけてるけど、
直接映像化してるのはちょっとだけ。
ハンターのバストショットと音で表現してるので、
あんまりスゴイの観たくない自分でもOKでした。

観れなかった「ライオット・クラブ」に出てるダグラス・ブースがビングリー役で出てた。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『ハドソン川の軌跡』 | トップ | 『聲の形』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2016-10-13 21:44:12
ゾンピパロディーってあるんですね(^^;
酷いシーンがあまり無いようなので、安心して見れそうですね。
jun-sweetsさん (kurukuru)
2016-10-14 01:42:00
いや、安心はできないww
なにせゾンビの大好物が人間の脳なんだから、
気を抜いてるとグロシーンが…ギャー!!www

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

4 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
高慢と偏見とゾンビ  監督/バー・スティアーズ (西京極 紫の館)
【出演】  リリー・ジェイムズ  サム・ライリー  ジャック・ヒューストン 【ストーリー】 18世紀のイギリスで、謎のウイルスが原因で大量のゾンビが出現し、人々を襲撃するとい......
『高慢と偏見とゾンビ』『少女』『ジェイソン・ボーン』『貞子vs伽椰子』をまとめてレビ...... (ふじき78の死屍累々映画日記)
トーホーシネマズデー+1(山本美月繋がりで巻き込み)をまとめて駆け足で。 ◆『高慢と偏見とゾンビ』トーホーシネマズシャンテ1 ▲「キッコーマンとハイネケンとゾンビ」 ......
高慢と偏見とゾンビ PRIDE AND PREJUDICE AND ZOMBIES (まてぃの徒然映画+雑記)
原作は相当有名らしいジェーン・オースティンの「高慢と偏見」、それをセス・グレアム=スミスがゾンビが登場するパロディホラー小説に仕立てたものを映画化。ナタリー・ポート......
高慢と偏見とゾンビ ★★★・5 (パピとママ映画のblog)
ジェーン・オースティンの古典『高慢と偏見』をベースに、原文をほぼそのまま用いつつ、内容を過激なゾンビ・アクションに改変して話題を集めたセス・グレアム=スミスの同名マッ......