beatitude

好きなことだらけさ…

『聲の形』

2016年10月14日 | 映画 アニメ

退屈を何よりも嫌うガキ大将の小学生・石田将也は、
転校してきた西宮硝子に無邪気に好奇心を抱く。
彼女が来たことで退屈から解放されるが、
硝子とのある出来事をきっかけに周囲から孤立してしまう。
それから五年が経ち、二人はそれぞれ別の場所で高校生になっていた。
あの出来事から殻に閉じこもっていた将也は、硝子の元を訪れる。
(MovieWalkerより)


2015年「このマンガがすごい!」オトコ編第1位、「マンガ大賞2015」で第3位、
第19回手塚治虫文化賞新生賞受賞と数々の賞を取ってる原作未読。

話は重いですね。ふざけ半分では語れない。
真っ向から障害やいじめを扱い、
それぞれがそれぞれの立場で身を切るような思いを抱えている。
それでも前向きな終わり方をしているのが救われる。
京アニの画も重さを和らげているのでは。
(実写でやったら重過ぎて観に行かなかったかも~)

もう終始お母さん目線で観てしまいましたよ。
みんな、グチャグチャになりながらも、いっぱい考えて
生きていってほしい。
健常者だろうが障害者だろうが、ヒネてようが悪たれだろうが、
子供に先に逝かれた日には、お母さんは生きていけませんよ。

新宿ピカデリーは若いカップルでいっぱいだったなぁ。
帰りは停電騒ぎで電車止まっちゃってヤレヤレだった。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (2)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『高慢と偏見とゾンビ』 | トップ | 『SCOOP!』 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは(^^) (jun-sweets)
2016-10-14 20:27:51
この映画、テレビで予告は見ていたのですが、こういう内容だったのですね。
私には知的障害の姉もいるし、いじめも経験してきたので、最終的にいい終り方をしていても、あまり見たい気持ちにはなれません。
jun-sweetsさん (kurukuru)
2016-10-16 23:09:32
うん、見たくなければ見なければいいと思います。
映画は所詮娯楽。
メッセージ性だの文化的だのというのは後から付いてくるものだと思っています。

この映画の原作は内容のきわどさから掲載が一度ボツったそうです。
その後、編集部の方から、ぜひ読者に読んでもらいたいと、
講談社法務部、弁護士、全日本ろうあ連盟と協議を重ね、
全日本ろうあ連盟から「何も変えないでいい。ありがとうございます」とお墨付きを得て、
掲載することとなったという事らしいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「聲の形」★★★★★ (パピとママ映画のblog)
大今良時のベストセラー・コミックスを「涼宮ハルヒの憂鬱」「けいおん !」の京都アニメーションの制作で映画化した長編アニメーション。小学校の時に聴覚障害を持つヒロインに酷......
聲の形  監督/山田 尚子 (西京極 紫の館)
【声の出演】  入野 自由 (石田将也)  早見 沙織 (西宮硝子)  悠木 碧  (西宮 結弦) 【ストーリー】 西宮硝子が転校してきたことで、小学生の石田将也は大嫌いな退屈......