Beerかた手に独り言

建築とJAZZと酒をこよなく愛するオヤジの想い

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

【JBL】ジムラン

2006-10-14 | オーディオ
【JBL】(ジェームス・ビー・ランシング)とアルテックはアメリカを代表する
スピーカーのメーカーですが、どちらもJAZZを聴く者にとっては、一世を風靡した
憧れのブランドです。

JAZZが好きな人は大体、アルテック派か【JBL】派に好みが別れますが、どちらにも
共通して言えるのは、みんな大型スピーカーに憧れていると言う事ですが、今も昔
も大型システムは高値の華です。
そう言う私は【JBL】派でしたが、高校生にはとても手の出る代物ではありません
でした。

私のスピーカー遍歴は三菱(ダイヤトーンP-610)に始まりしばらく国産が続き、
憧れのJBLを手に入れたのは就職して暫くしてからでした。
その当時はまだ1ドルが360円の時代でしたから輸入品はまだまだ高値の華でした。

始めての【JBL】は銘機LE-8Tと言うフルレンジユニットで、その日は嬉しくて嬉し
くて何度も箱から出しては眺めたのを覚えています。
その後暫くは何種類かのJBLとの格闘が続きました。

オーディオを趣味にしている人はそれぞれ最終的なスピーカー像を持っているもの
で、私も【JBL】の大型システムを最終目標にしていました。

でもある日、たまたま行った試聴会で運命的な出逢いをしてしまうのでした。
まさしく一目惚れ、いや一聴惚れでした。

そう〜、これが魔性の女【TADバーチカルツイン】との出逢いでした。

それからと言うもの、寝ても覚めても、何を聴いても駄目でそのじゃじゃ馬な彼女の
声が耳から消える事はなく、ついに永い間の伴侶である【JBL】との決別を決意する事
になるのでした。

それからと言うもの彼女への想いは募る一方で、何度も接触を試みては失敗し、
願いが成就したのは出逢いから10年後の事でした。



ジャンル:
ささやき
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加 mixiチェック
« JAZZ喫茶 | トップ | 【オジンライム】 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
www.hakodate.gr.jp (mura)
2006-11-24 21:59:45
mura@函館です。
私のJBL派でして、D130、075 そして4530で部屋を改造して、JAZZを聞いていました。
その昔、まだネットのない時代に国際FAXを流し、個人輸入をして購入しました。アルニコは、とってもいい味をかもし出していました。当時は八雲に住んでいまして、函館に転勤の際に捨ててしまいました。
いま、考えるにもったいないことをしました。
LE8Tは、シングルコーンの名作です。本当にJAZZが会います。友人が山水から出ている格子のキャビに入ったSPでしたので、よく聞いていました。

P-610かパイオニアのPE16を悩んだのですが、格好のいいPE16から私のオーディオは始まりました。「初歩のラジオ」で上杉先生のアンプを作っていました。
懐かしい日々が思い出されます。
喫茶店は、「嵯峨」、函館では「バップ」、「想苑」、「マイルスの枯葉」に、たまに行っています。

そうそう、今年、新宿PIT INに、森山、板橋のコンサートに出かけました。
彼女との出会い (mura)
2006-11-26 02:11:58
そうですか、彼女への願いが成就できたそうで、羨ましい限りです。その昔は、確か150万くらいで購入できたですが、現在は入手困難でプレミアでもついていそうですね。八雲町の普通の喫茶店(嵯峨ではなく)ありました。やっぱりパラゴンといえばバップですね。最近 行っていないなー。
私はインテリアとしても、欲しかった。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

オーディオ」カテゴリの最新記事

この記事を見た人はこんな記事も見ています

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。