句写美1

俳句と写真で美を追求している、「句写美じぃじ」です。
ハックション!!バックシャン!!
 

白色の露草(蟋蟀や夜通し明るきパン工場)写真12枚・俳句12句

2016-09-30 14:51:05 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・露草に白色があったなどとは初めて知った。これも、4~5本送って戴いたのが、今では2鉢で2~30本に増えている。

・・来年のもらい手がもうついている。盛んに蟋蟀が啼いている

・鳳仙花もどこにでもある花でありながら、咲いている所を探すとなかなかないものである。

・・子供の時には、鳳仙花の種を飛ばして遊んだし、ままごと遊びにも使ったものである。

・「草の実」の兼題が出された。俳句を作るにはそのものを見るに限ると、カメラを担いで野原を歩いてみた。

・・向こうには鴻の大好きな恵庭岳が美しく聳えている。女性の美しい旨を思わせる山である。

・市役所の裏通り、と言っても少し離れるが、3本の栗の大木がある。

・・この栗の木は、恵庭市の歴史を見守っているのだと思う。

・この季節野にいってみると、目に飛び込んでくるのが、月見草(宵待草)であり、泡立ち塔である。

・・この頃また血圧が乱高下していて、耳鳴りがしている。中国で聞いた音速機(軍機)なみの音である。

野紺菊の花も紫色の花を見ることが出来る。野菊を見るたびに伊藤左千夫の「野菊の墓」を思い出す。

・・政夫と民子が9月のある日二人で眺めた野菊。昔のような純愛ものなど今の世にもあるだろうか。

・・・「鴻風俳句教室」http://www.rak2.jp/hp/user/koufuu52/ も、ご覧ください。

 

 

・蟋蟀や夜通し明るきパン工場

 

 

 

 

・澄む夜をすだくこほろぎ恋得しや

 

 

・老夫婦住む仕舞屋の鳳仙花

 

 

 

 

・若者の弾けことばや鳳仙花

 

 

 

・湖へ続くこの道穂草の実

 

 

 

・草の実の乾く一日恵庭岳

 

 

 

 

・栗三粒拾ひ市役所裏通り

 

 

 

・一粒の栗の実握る手の温み

 

 

 

 

・ときめきの心まだあり月見草

 

 

 

 

・月見草耳底を飛ぶ音速機

 

 

 

 

 

 

 

 

・写真12枚・俳句12句

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

野紺菊(一筋の飛行機雲や野紺菊)ほか写真12枚・俳句12枚

2016-09-21 09:16:20 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・北海道では9月も末になると、枯れ一色となり、見るべき色が無くなる。

・それでもどこまでも澄んだ青空が拡がる。

・水も空気も澄んでいて、冬来る前の大掃除と言った感じがする。

・今日、9月19日は正岡子規のご命日である。1902年35歳で脊椎カリエスで他界されている。

・俳句の世界では「俳諧大要」で俳句のあり方を説いている。

・5000句作り、俳句入門者と呼ぼう。10000句作った者を俳人と呼ぼうと言っている。

・鴻風はこれまでに作ってきた俳句数は15000句はすでに上回っている。

・しかし、誰からも認められない。

・俳句人口は実に広い。それでいながら、上に立つ人が認めようとはしない狭い世界でもある。

・セリーグは「広島」が25年ぶりに優勝を決定した。

・パリーグは「ソフトバンク」と「日ハム」で、0.00差で優勝を争っている。

・その「野球」という言葉を作ったのも子規である。

 

>>一筋の飛行機雲や野紺菊

 

 

 

>>鬼灯を植ゑあり田畑捨てし家

 

 

 

>>紅の芙蓉大ひなる花の影

 

 

 

>>紅芙蓉お使ひの子が花影に

 

 

 

>>猫じゃらしのむかうは一面芒原

 

 

 

>>感激の薄れしわたし猫じゃらし

 

 

 

>>純金の秘仏の噂貴船菊

 

 

 

>>秋明菊心閉ざせし女の子

 

 

>>秋明菊増やし裏口開けぬ家

 

 

 

>>グラジオラス堅固と名付く花ことば

 

 

 

>>病人が満月を撮る息を止め

 

 

 

>>壮大な明月仰ぐ南京城

写真12枚・俳句12句

 

 

コメント (24)
この記事をはてなブックマークに追加

識者にも愚者にもなれず吾亦紅(吾亦紅・ほか)写真12枚・俳句12枚

2016-09-09 15:25:32 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・北海道の沿線はどんどん消えて行っている。道路網が整備してきたから、バスに代わってきたと言えばそれまでだがなんとも淋しい。

・一昔前まではどの線に乗っても、その沿線にはセイタカアワダチソウの花が見られた。

・その花も線路がなくなったから消えたのでも無かろうが、本当に少なくなってきた。

 

・「すぎもとまさと」の歌で「吾亦紅」は一躍花としての名前が確立したようにさえ思われる。

・「親のことなど気遣う暇に 後で恥じない自分を生きろ あなたの あなたの形見のこと~~♪」と聞くと涙が零れてくる。 

・吾亦紅は何とも目立たない花でありながら、芯の強い花である。

 

・凌霄の花は自分一人では、自立できない花なのであろう。

・なにかにしがみつかないと生きていけない。隣の家の凌霄の花は老木にしがみつこうとしている。

・これもまた生き方なのであろう。

 

・擬宝珠は葉ばかりが目立つ。それでも一叢の葉の中からすっきりと立ち上がり、

・薄紫の花をつけたその姿が好きだったと言っていた。

・過去形で書いたのは、鴻風が小学5年生の時に、全盲となり死んで行ったからである。躰の弱い母であった。

 

・アスターは、「蝦夷菊」だとか、歳時記によっては「東菊」などと地方の名前がつけられて呼ばれている花である。

・色も様々であり、秋を美しく彩るが、アスターと「エゾギク」「アズマギク」とは別種なのである。

・中国東北部の原産で「翠菊(cui/ju)」と呼んでいる。また「江西腊(jiang/xi/la)」とも呼ばれている。」

 

・貨物車の過ぎし背高泡立草

 

 

 

・用水路の水音背高泡立草

 

 

 

・ぢぢばばの濁点となる吾亦紅

 

 

 

・識者にも愚者にもなれず吾亦紅

 

 

 

・心揺れ我が身細らす吾亦紅

 

 

 

・雨粒に凌霄の花狼狽す

 

 

 

・日は翳(かげ)り凌霄の花ひもじきか

 

 

 

・花は實に擬宝珠日毎に銹増せり

 

 

 

・種擬宝珠触れなば種の音すなり

 

 

 

・擬宝珠枯れ教団の庭狭くする

 

 

 

・アスターの鮮やかな紅発光す

 

 

 

・胸間に蝦夷菊の紅綻(べに・ほころ)ばせ

写真12枚・俳句12句

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

水引草ほか(一群の水引草に日は陰り)写真11枚・俳句11句

2016-08-28 11:28:07 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・水引草は紅だが、その中に白、或いは白く見える物がある。銀水引きという。 

・「露草の色は?」と聞かれたら「青」と答えるだろうが、本当は「白」なのである。

・遅く蒔いた朝顔の花が開き始めた「縁の色」とはこの紫を言うのだろう。

・台風9号が過ぎた後、青い「虚栗(みなしぐり)」が落ちていた。

・「実無し栗」をなぜ「虚栗」と書くのかという質問を受けた。

・向日葵は花をと言うより、その実を思い出す。

・中国の学生は暇があれば向日葵の種を食べていた。女子学生は、食べるために上の前歯を2本削っていた。 

 

・一、二本銀水引きの花紛れ

 

 

 

 ・水引草水流れゆく夕間暮

 

 

 

・一群の水引草に日は陰り

 

 

 

・露草の白き真実透き通る

 

 

 

・露草や意志の強さを折り曲げて

 

 

 

・初めての朝顔縁の色なりき

 

 

 

・牽牛花長江見下ろす窓に置く

 

 

 

・青きまま枝を棄てたる虚栗

 

 

 

・やがて朽つ青毬栗の針美しき

 

 

 

・まだ若き向日葵蒼天仰ぎをり

 

 

 

種子重く頭(こうべ)を垂れし天蓋花

 

・写真11枚・俳句11句

 

 

 

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

虎尾草や石倉造りの喫茶店(虎尾草ほか・・・)写真12枚俳句12句

2016-08-24 08:34:43 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

1・虎尾草は「鴻風俳句教室」の会員であった方が、送ってくださったものである。

・2~3年はあまりぱっとしなかったが、今年は暑かったせいか4本、きっちりと咲いてくれた。

・花期の短い花である。

2・2016年(今年)は、8月中の1週間に颱風が3つも上陸して、渚滑川・常呂川、石狩川などで、

・ビート大根・玉葱・米などに大きな被害があった。

・鴻は雨の合間を見て咲いていたグラジオラスを全部剪ってきた。

3・サンスベリアの鉢にきれいな、白と云うべきか、クリーム色と言うべきか、

・茸が生えてきた。毒茸の「小鬼茸」に似ている。何回引っこ抜いても出てくるのだ。

4・一握りの豇豆をもって、いつも珈琲を飲みに来る女性が来た。秋を感ずる。

5・今年は向日葵の花があまり見られない。毎年この辺りはたくさんの向日葵を見ることが出来るのだが。

6・返り花とは初冬に咲く花をいうが、春に咲いた花が秋に再び咲いている。これもまた返り花だろう。

7・北海道では「郁李の実」と言わず、「こんめ(小梅)」と呼んでいるようだ。

・ジャムにでも、「小梅酒」でも作るが、中国では中の種で薬を作るのに植えている。

・「郁李(yu/li)」は中国語である。

8・8月23日久しぶりの青空なので、カメラを持ち「水引草」を撮影に行ってきた。

・近くに個人の庭だが大群落があるのだ。

・それぞれの花の他の句は、「鴻風俳句教室」で見て頂きたく思います。鴻風

 

 

・虎尾草や石倉造りの喫茶店

 

 

 

・虎の尾の逃げ足早しすぐに散る

 

 

 

・子が通る虎尾草くるくるまわしつつ

 

 

 

・ばつさりとグラジオラスを剪る男

 

 

 

・鉢に生ふ茸見るほど毒毒し

 

 

 

・一握の豇豆を持て来てくれし女

 

 

 

・ひまわりの大きな笑ひ母の様

 

 

 

・返り咲く箱根空木をいとほしむ

 

 

・雨あがり箱根空木の返り花

 

 

 

・日が爆ぜていよよ真紅の郁李の実

 

 

 

・一、二本銀水引きの花紛れ

 

 

 

・水引草水流れゆく夕間暮れ

・写真12枚/俳句12句

 

コメント (13)
この記事をはてなブックマークに追加

ダリア(・緋のダリア千年前の人を恋ひ)写真・12枚 俳句・12句

2016-08-14 22:51:42 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・石蔵へ続く農道ダリア咲く・・14日
・緋のダリア千年前の人を恋ひ
・貧相な詞藻やダリア枯れ初むる
・掬水を戴きダリア戴けり

ダリヤの俳句を8句作った。そのうち4句をここに張ったが、あとは「教室」でご覧ください。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 「ダリア」は江戸時代末期オランダからに日本に入ってきたと言われている。
 入ってきてからは「天竺牡丹(てんじく・ぼたん)」と呼ばれていたようである。

 広辞苑やブルタニカ百科事典では1万種程度と書かれているかわからないが、植物事典では数万種類となっている。

 数万醜類もあるのだろうかとは思うが、鴻風の知人でダリアが好きで縦横10m程の畑にダリアの花だけを植えている人を知っている。

 どのぐらいの種類ありますかと聞いたら、「自分でもわからないのだが、300種類はありますね」と
いっていた。
 
 実際にはどれぐらいあるのであろうか。

 

 

 

・捨てられし仔猫の甘声立葵

 

 

 

・逃げてなほ戻る仔猫や立葵

 

 

 

・一夜にて一万句なす漢西鶴忌

 

 

・祈るとは目を瞑ること長崎忌

 

 

 

・病院のテレビに見入る長崎忌

 

 

 

・蜩の儚き夕べ人恋し

 

 

・寒蟬の不意に鳴き出す裏の山

 

 

・日暮の夕べ鉦打つ音を聞く

 

 

・林立の夜の向日葵の立ち泳ぎ

 

 

・向日葵の群雄太陽欲しいまま

 

 

・向日葵の誘発したる里ことば

 

 

 

・緋のダリア千年前の人恋へり

・写真・12枚 俳句・12句

 

コメント (20)
この記事をはてなブックマークに追加

立 秋(立秋や花弁の欠けし百合一茎)写真12枚・俳句12句

2016-08-08 18:59:42 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・北海道の場合、五月の快晴続きに始まり、六月の毎日の雨、七月も雨であり、後半に入って晴れてきた。

・八月に入ると、割と暑い日に恵まれた。そして九夏も終わり、今年は8月7日が「立秋」であった。

・立秋の日、朝6時に庭に出たが、その風の冷たさに愕いた。確実に秋が来ているのだ。

・「古今集・秋の部」に「秋来ぬと目には清かに見えねども風の音にぞ驚かれぬる:藤原敏行」の通りであった。

・それにしても北海道でも30度越えは当たり前で、36度になっているところもある。

・鴻の庭に誰かが捨てていったとしかおもえないのだが、子猫がミャアミャアと鳴いている。

・腹が空いているんだろうと思い、連れてきてミルクでも飲まそうと思い近寄ると素早く逃げる。

・それでいながら、「おなかがすいた」と鳴いている。昨日と今日で2日間鳴いている。

・「お母さん、どこにいるの。」と鳴いている。逃げないで暮れれば、ミルクもご飯もやれるのだが。

・知人に話したら、保健所に電話を掛ければいいんだ。」と言う人と、

・「それは市役所だ。」と言う人がいる。みなさんなら、どうするだろう。知惠を貸して戴きたいのだが。

・それにしても9位まで落ちてしまった。かわいそうな、鴻さん。よろしくね。

 

・炎熱へ開きし孔雀てふ名を持つ花

 

 

 

・鮮烈な赤き命の花仙人掌

 

 

 

・立秋や花弁の欠けし百合一茎

 

 

 

・リコリスの花蕊に四香の形見かな

 

 

 

・丹念に磨く佛具や百合の花

 

 

 

・パプリカの花吹く今朝の秋の風

 

 

 

・葉隠れに南瓜の雄花大いなる

 

 

 

 ・白桔梗遠くに母の死装束

 

 

 ・足裏も老いゆきにけり白桔梗

 

 

 

・花火にも似し毒芹の花美しき

 

 

 

・毒芹の花影に寄る有情かな

 

 

 

 ・毒芹の花の花托へ秋の風

写真12枚・俳句・

 

コメント (17)
この記事をはてなブックマークに追加

サンスベリアの花他(するするとサンスベリアの花となる)写真12枚 俳句7句

2016-07-30 09:11:34 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・すべてじぃじの家の庭に咲く花々である。サビタの花もである。

・もっとも「サンスベリア」だけは年がら年中、家の中に鎮座している。

・サンスベリアは去年から咲きだし、去年は3本咲いた。だが今年は2本だ。来年は1本のつもりなのかもしれない。

・ともあれ我が家に来る人は「これにも花が咲くんだ。」と言って愕いている。

・花の咲かない植物はないだろう。

・「箱根空木」も名前に「箱根」は付くが、「箱根では見たことがない。」等という人もある。

・北海道では「サビタの花」というが、本州では「糊空木」というし、ま、花の名も厳密では無いようだ。

・「桔梗」は俳句では「秋」の花になっている。昨日も、本州に住んでいる女性から、

・「桔梗が今頃咲くの?本州では一ヶ月も、もっと前に終わったは。」と言われた。

・こうなると、俳句での季語の分類も、その地方によって違うではないか。

・「擬宝珠の花」はこれから咲き出す。じぃじの庭には四種類のギボがある。

・雨が3日降り続き、花たちはみんな地に伏せている。7月30日紀

 

 

・俳人の詞は虚実空木散る(箱根空木)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・下校児の聲辛き出す風涼し (フロックス)

 

 

 

・ルピナスの乱立を吹く阿諛の風(ルピナス)

 

 

・するするとサンスベリアの花となる(サンスベリア)

 

 

 

 

 

 

・花の師の母が好めり擬宝珠の花(ギボの花)

 

 

・サビタ咲くアイヌコタンの出入り口(サビタの花)

 

 

 

 

 

・桔梗咲く海南縞の海弾け(ききょう)

 

 

 

写真12枚 俳句7句

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

升麻の花・アスチルベ・沙羅の花(明日咲くを信じ無垢なる沙羅の花)写真12枚・俳句11句

2016-07-22 07:13:45 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・升麻の花は日本が原産地である。北の利尻には「利尻升麻」南の沖縄には「泡盛升麻」がある。

・泡盛升麻の花がヨーロッパに渡り、そこで品種改良されたものが「アスチルベ」と名前を変えて庭花として植えられている。

・升麻は野性的だが、アスチルベは優しく幻想的な雰囲気を醸し出している。

・花持ちもよく、切り花としても人気がある。沖縄の泡盛升麻が改良され「泡盛草」とも呼ばれている。

 

・ご近所さんの「沙羅の花」が咲き出した「夏椿」とも呼ばれている。

・椿の花とそっくりからである。ただ、純白な花で他の色はないので「夏椿」といわれる。

・平家物語に出てくる「~娑羅双樹の花の色、盛者必衰のことはりをあらはす~」とは別種である。

 

・アイリスの花も終わった。

・花は夏から秋へと進み、コスモスが咲き出している。 

 

 

・黄金の利尻升麻に通ふ蟲

 

 

 

・利尻山想ひ升麻の花手入れ

 

 

 ・沙羅の花落ち敷く道の曲がり角

 

 

 ・夏椿見上げし老女去りがたく

 

 

・アスチルベ煙の様に咲く小庭

 

 

・沖縄の海の青さや泡盛草

 

 

 

 ・

 

 

・誰がために淡き紅引く夏椿

 

 

・ささやかに花粉こぼせり沙羅の花

 

 

・明日咲くを信じ無垢なる沙羅の花

 

 

・地に落ちしことを受け入れ沙羅の花

 

 

・アイリスの淡き青紫に日当れり

 

・写真12枚、俳句11句

 

コメント (10)
この記事をはてなブックマークに追加

恵庭岳・絵筆菊など(保母さんの声飛ぶ野面絵筆菊)

2016-07-04 20:22:18 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・子供が東京から来た。6月の末から7月にかけての夏と、正月の2回である。

・子供と言っても40歳を過ぎた男であり、実のなる植物に興味をもち、

・山ぶどうやこくわ等の蔓を採り、それを栽培している。

・その蔓を採りについて行くと、恵庭岳が雲の峰を従えて聳えている。

・紅輪たんぽぽ、たんぽぽもどき、紅苜蓿等が咲き乱れている。

・撫子はじいじの庭のものである。 

 

・恵庭岳雲の峰とぞ背を競ひ

 

 

・明るくて紅輪たんぽぽ伸び出せり

 

 

・保母さんの声飛ぶ野面絵筆菊

 

 

・園児みな野に放たれし絵筆草

 

 

・黄雲(こううん)に見まがふたんぽぽ煙るかな

 

 

・野を満たすたんぽぽもどき直立す

 

 

・黄金の山吹升麻枯れ急ぎ

 

 

・升麻生ふ利尻山頂仰ぐ人

 

 

・撫子の花婉々と這ひ出せり

 

 

・ほっかりと紅苜蓿咲ける道

 

 

・ままごとの蜜吸ふ遊びうまごやし

・苜蓿の蜜吸ふ髯の長き蟲

 

 

 

 

・写真12枚・俳句12句

 

コメント (11)
この記事をはてなブックマークに追加