句写美1

俳句と写真で美を追求している、「句写美じぃじ」です。
ハックション!!バックシャン!!
 

みちのく櫻紀行(東北さくら絵巻)五:風光る阿武隈川や長き貨車

2017-05-12 19:43:07 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

 

・宮城県柴田郡柴田町大字船岡館山頂に「船岡城址公園」がある。

・山頂とは入ってもそこまではケーブルカーが運んでくれる。

・スロープカーというのが正しいようである。

・山頂には高さ24mの船岡平和観音像が立っている。

・この観音は柴田町船岡出身の野口徳三郎氏が昭和50年10月に、

・亡妻シズ夫人の冥福と世の平和と安全の願いを込め、私財を投じて建立し他という。

・コンクリート製だが、高さは24mになり、手には平和の象徴であるハトを抱いている。

・また山頂には1000㎡の花のガーデンがあり、100種類の花々が咲き乱れ散る。

・山頂からは阿武隈川や東北本線や奥州街道が見え、柴田町の全容が見える。鴻風

 

・風光る阿武隈川や長き貨車

 

 

 

・数知れぬ眼下の墓や若葉風

 

 

 

・ダンサーの裳裾深紅の郁子香

 

 

 

 

 

 

・花桃に囲まれし家赤き屋根

 

 

すみれ草大僧正や衣の濃紫

 

 

 

口開き日輪受け入れ郁金香

 

 

 

・散らぬ間の花の目映き紫木蓮

 

 

 

・春日や草花の陰鮮やかに

 

 

 

・先決を思はす石楠花日は天心

 

 

 

・庭師みな好漢なりきチューリップ

 

 

 

・風を呼ぶスノードロップ日は翳り

写真12枚

 

 

 

 

コメント (8)
この記事をはてなブックマークに追加

みちのく櫻紀行(東北さくら絵巻)四:花桃の濃淡の紅起ちあがる

2017-05-07 22:13:20 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

 

 

なでしこ?か、せきちく?か

 撫子と石竹と未だに間違う。いずれにしても歳時記なら「夏」であったり、「秋」であったりする。「撫子」なら「秋」

「石竹」なら「夏」となっている。この花は春に咲き、すでに枯れ始めている。まして「みちのく」である。

 

・花桃の濃淡の紅起ちあがる

 花桃の色が色が実に美しい。北海道では見られない花である。

 

・石楠花4題

 

 

・石楠花の芯各々に日を浴びて

 

 

 

 

 

 

 

・石楠花やケーブルごとりと動き出す

 

 

・喘ぎつつケーブル桜の山登る

 

 

・綻びる桜へ観音微笑めり

 

 

・観音の抱きし鳩よ春の山

写真9枚

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (12)
この記事をはてなブックマークに追加

みちのく櫻紀行(東北さくら絵巻)三:やがて散る櫻よわれよ宿縁よ

2017-05-04 16:46:58 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・「三春の瀧櫻」の第二弾である。

・この瀧櫻だけなら5分もあれば一周できるが、柵にそって歩くと⒉~30分は掛かるだけの道順である。

・生きている間に再び訪れることはないと思うと、胸が熱くなった。

・一昨年は「薄墨桜」を尋ねたが、はっきり言って、こちらのほうが「日本一の大きさ」と言われるだけあって、

・素晴らしいと思った。来年は「神代櫻」を見に行こうと思っている。

 

・「三春の瀧桜」の案内板

 

 

 

・やがて散る桜よわれよ宿縁よ

 

 

 

・泣く赤子抱く丈夫や花の下

 

 

 

・千年の桜花に別離の涙垂れ

 

 

 

・脚光を浴び瀧櫻艶やかに

 

 

 

・菜の花のゆきわたりたる三春町

 

 

 

・水仙の清楚な顔に背かれる

 

 

 

・咲き満ちて緋桃は四方へあふれ出し

 

写真8枚

 

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

みちのく櫻紀行(東北さくら絵巻)二:日光の連山に添ひ朝霞

2017-05-01 22:38:10 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・三春町、みはる観光協会の「三春瀧櫻」パンフレットより」

所在地:福島県田村郡三春町大字滝あざ桜久保地内

種 類:エドヒガン系のベニシダレザクラ

大きさ:高さ13,5m 幹回り8,1m 根回り11,3

    枝張り 東へ11,0m 西へ14,0m

        南へ14,5m 北へ5,5m

樹 齢:1000年以上と推定される

見 頃:4月中旬から下旬

特 徴:小さな 紅色の花を無数に咲かせ、まさに滝が流れ落ちるように見えます。

 

・日光の連山に添ひ朝霞

・日光連山には雪が消え残っている。

 

 

・緑立つ阿武隈川の岸辺見ゆ

・橋の下がせき止められているように見えたが。

 

 

・三春町「三春の瀧櫻」場内マップ

 

 

・杖十本支えし三春の瀧櫻

・俳句では10本としたが、正確には14~5本あるように見えた。

 

・菜の花の縁取る三春の瀧櫻

・菜の花の黄色が、中国の大地、山東省四平を思わせた。

 

 

・瀧櫻天より枝垂れ瀧なせり

・滝桜を取り囲んで、回廊が続いている。

 

 

・老櫻やみちのくの空晴れ渡り

・今回の旅行では一粒の雨にも遭わず、最高の天気であった。

写真8枚

 

コメント (16)
この記事をはてなブックマークに追加

みちのく櫻紀行(東北さくら絵巻)一:櫻追ふ旅始まれりスカイツリー

2017-04-29 20:28:34 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・櫻追ふ旅始まれりスカイツリー

  

  奇しくも,芭蕉さんが「奥の細道」に旅だった、弥生末の七日(新暦4月23日)芭蕉さんの歩いた「みちのく」の櫻を見たくて、北海道千歳空港を旅立った。
  旅行の目的は、一つには「三大櫻の一つ・三春の瀧櫻」を見たかったのと、「平成の大修理・日光陽明門」を見たかったことにある。
  勿論、触れることが出来れば、芭蕉さんの万分の一でも、「奥の細道」の雰囲気なりと触れたかったことにもある。...
  バスは荒川に沿って遡った。平成の世に芭蕉さんが現れ、スカイツリーを見たらどんな句を作ったろうかと思う。鴻風の旅立ちの句は、スカイツリーとなった。
  現在、足立区と荒川区で芭蕉さんは、舟をどちらに着けたかでもめているという。「芭蕉出立の地」としたいという。                                    
           どちらだっていいじゃないかと思う。強いて言うなら「江東区深川」ではないだろうか。
 2017/04/29 No1

 

・若柳や有三生まれし地の案内

若柳や有三生まれし地の案内 鴻風

 バスのトイレタイムに立ち寄った道の駅に「山本有三生地」の案内板があった。
 若い頃には「路傍の石」「真実一路」などを、胸熱くして読んだものだ。80歳を間近に読み返してみて、若い頃に読んだ感動は薄れているであろう。...
 何を読んでも感動がなくなった。毎回の芥川賞だけは読んでいるが、読むだけで疲れている。悲しいが事実である。
2017/04/29 No2

 

・咲き始むつつじへ午後の日は注ぎ

・「みつばつつじ」なのか「かばつつじ」なのかはわからないが、櫻にもまして美しいと思った。

 

・鮮烈な朱の躑躅こそ血の匂ひ

・北海道でも早いところではすでに躑躅の花は咲いているが、こうした鮮やかな色ではない。

 

・青空に綻ぶ八重の櫻花

八重桜八分に開き空の紺 鴻風

 まず最初の桜が、那須塩原市西那須野にある、「烏ケ森公園」の 桜であった。枝垂桜も見事だが、心惹かれた桜が八重桜の色であった。
 芭蕉さんは「雨降り日暮るる。納付の家に一夜をかりて、明くればまた野中を行く。~」とある。
 鴻風はこの旅行中、一粒の雨にもあたることはなかった。...
 2017/04/29 No3

 

・八重桜八分に開く空の紺

・北海道はあまり天候の良い日に恵まれなかったので、どこまでも澄み渡った青空が美しかった。

 

・関東蒲公英地に伏し己強調す

・北海道の「エゾタンポポ」と違う。その違いの大きな違いは葉の切れ目の深さと思った。                                             北海道ではまだ蒲公英は咲いていない。やはり気温の違いなのだろうと思う。

 

 

・窓に据ゆる日光連山春霞 鴻風

・日光連山がホテルの窓から見えるが、春霞にかすんでぼんやりとしか見えない。

 

 

・わが名を佛(ほとけ)五左衛門といふ。よろづ正直をむねとする。故に人かくは申しはべる。                                          まま一夜の草の枕も打ち解けて休みたまへ。(日光山の麓)

 ・那須温泉のホテルに掲げられてあった扁額であるが、なぜ日光の部分を掲げてあるのかはわからない。                                     「那須野」の段にもすばらしい文があるにもかかわらず。この絵を描いた作者の好みなのだろうと思った。

写真9枚

 

コメント (19)
この記事をはてなブックマークに追加

17年 さっぽろ雪まつり:市民大雪像:2(通算9) <写真24枚>  >>雪像の興福寺伽藍輝けり

2017-03-20 15:40:01 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

>>17年の「さっぽろ雪まつり」の氷像と雪像の撮影した物を総て添付した。

>>もっともダブって撮影してきた物も、何枚も貼ってあるので、実際には何基会ったのか定かではない。

>>今日は春分の日(3月20日)だ。暑さ寒さも彼岸までと言うが、

>>3月19日、昨年より27日遅れでオホーツク沿岸に流氷が着岸したと報じていた。

>>北海道にもやっと春が訪れたという感じである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

・大雪像を作る前に模型の像を造ってから、大雪像に取りかかるのである。

写真24枚

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

17年 さっぽろ雪まつり:市民大雪像:1(通算8) <写真16枚>  >>春の日を受け駈け出せり馬の四肢

2017-03-15 18:14:22 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

>>大雪像を貼るのが遅れた。

>>やはり大雪像は迫力がある。自衛隊が一月以上かけて作られたものばかりである。

>>大雪像の途中で小雪像も混ざったがそれはそれで良しとしたい。

>>北海道もやっと雪が溶け始め、国道と道道(北海道の道=本州の県道)の車道は完全に消えた。

>>それでも生活道には、まだ雪が沢山残っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

>>春の日を受け駈け出せり馬の四肢

 

 

 

 

写真16枚

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

17年 さっぽろ雪まつり:外人制作中雪像: <写真30枚> >>鳴き交わす鶴そのままに雪の像

2017-03-08 13:06:19 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

>>外人の作る、中雪像も好きな雪像である。

>>札幌在住の外人が制作した物だが、毎年立派な物を作り上げている。

>>毎年、10基ほど作られるが今年は少なく感じた。

>>あと何年見に行けるが判らないが、この外人制作の雪像を続けて貰いたいと思っている。

 

 

 

 

 

 

 >>鳴き交わす鶴そのままに雪の像

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真30枚

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

17年 さっぽろ雪まつり:市民小雪像:5 <写真24枚> >>料峭や心臓止まる日を知らず

2017-03-05 19:54:02 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

>>小雪像 の第5弾をお送りします。小雪像はこれで終了です。

>>最後の④~⑤枚には札幌駅前通りの大通りで、「札幌駅」と「すすきの」方面への、

>>一番大きな交差点といっても良いだろう。

>>これまで「三越」のライオンを撮影したことがなかったので、一枚撮影してみた。

>>札幌の市電もロープ線になってから撮影したことがないので撮影してみた。

>>自分には、なかなか面白い撮影素材であった。

 

>>料峭や死ぬまで動くわが心臓

  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真24枚

 

 

 

 

 

 

コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

17年 さっぽろ雪まつり 雪像4  <写真25枚> >>風運ぶピカチュウの耳に春の音

2017-03-02 16:31:16 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

>>小雪像の第4弾をお届けします。

>>もっと早く張りたいと思いながら、なかなか忙しくて貼る時間が無い。

>>完全に言い訳になっている。

>>こんな事を言っているなら。もっと早く貼らないとね。

>>ジイジにも、ピカチュウが可愛いと思う。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

]

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

写真25枚

  

コメント (6)
この記事をはてなブックマークに追加