句写美1

俳句と写真で美を追求している、「句写美じぃじ」です。
ハックション!!バックシャン!!
 

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

みちのく櫻紀行(東北さくら絵巻)一:櫻追ふ旅始まれりスカイツリー

2017-04-29 20:28:34 | 俳句と写真で美を求める=句写美じぃじ

・櫻追ふ旅始まれりスカイツリー

  

  奇しくも,芭蕉さんが「奥の細道」に旅だった、弥生末の七日(新暦4月23日)芭蕉さんの歩いた「みちのく」の櫻を見たくて、北海道千歳空港を旅立った。
  旅行の目的は、一つには「三大櫻の一つ・三春の瀧櫻」を見たかったのと、「平成の大修理・日光陽明門」を見たかったことにある。
  勿論、触れることが出来れば、芭蕉さんの万分の一でも、「奥の細道」の雰囲気なりと触れたかったことにもある。...
  バスは荒川に沿って遡った。平成の世に芭蕉さんが現れ、スカイツリーを見たらどんな句を作ったろうかと思う。鴻風の旅立ちの句は、スカイツリーとなった。
  現在、足立区と荒川区で芭蕉さんは、舟をどちらに着けたかでもめているという。「芭蕉出立の地」としたいという。                                    
           どちらだっていいじゃないかと思う。強いて言うなら「江東区深川」ではないだろうか。
 2017/04/29 No1

 

・若柳や有三生まれし地の案内

若柳や有三生まれし地の案内 鴻風

 バスのトイレタイムに立ち寄った道の駅に「山本有三生地」の案内板があった。
 若い頃には「路傍の石」「真実一路」などを、胸熱くして読んだものだ。80歳を間近に読み返してみて、若い頃に読んだ感動は薄れているであろう。...
 何を読んでも感動がなくなった。毎回の芥川賞だけは読んでいるが、読むだけで疲れている。悲しいが事実である。
2017/04/29 No2

 

・咲き始むつつじへ午後の日は注ぎ

・「みつばつつじ」なのか「かばつつじ」なのかはわからないが、櫻にもまして美しいと思った。

 

・鮮烈な朱の躑躅こそ血の匂ひ

・北海道でも早いところではすでに躑躅の花は咲いているが、こうした鮮やかな色ではない。

 

・青空に綻ぶ八重の櫻花

八重桜八分に開き空の紺 鴻風

 まず最初の桜が、那須塩原市西那須野にある、「烏ケ森公園」の 桜であった。枝垂桜も見事だが、心惹かれた桜が八重桜の色であった。
 芭蕉さんは「雨降り日暮るる。納付の家に一夜をかりて、明くればまた野中を行く。~」とある。
 鴻風はこの旅行中、一粒の雨にもあたることはなかった。...
 2017/04/29 No3

 

・八重桜八分に開く空の紺

・北海道はあまり天候の良い日に恵まれなかったので、どこまでも澄み渡った青空が美しかった。

 

・関東蒲公英地に伏し己強調す

・北海道の「エゾタンポポ」と違う。その違いの大きな違いは葉の切れ目の深さと思った。                                             北海道ではまだ蒲公英は咲いていない。やはり気温の違いなのだろうと思う。

 

 

・窓に据ゆる日光連山春霞 鴻風

・日光連山がホテルの窓から見えるが、春霞にかすんでぼんやりとしか見えない。

 

 

・わが名を佛(ほとけ)五左衛門といふ。よろづ正直をむねとする。故に人かくは申しはべる。                                          まま一夜の草の枕も打ち解けて休みたまへ。(日光山の麓)

 ・那須温泉のホテルに掲げられてあった扁額であるが、なぜ日光の部分を掲げてあるのかはわからない。                                     「那須野」の段にもすばらしい文があるにもかかわらず。この絵を描いた作者の好みなのだろうと思った。

写真9枚

 

『俳句』 ジャンルのランキング
コメント (19)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 17年 さっぽろ雪まつり:市... | トップ | みちのく櫻紀行(東北さくら... »
最近の画像もっと見る

19 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (紀子)
2017-04-30 07:50:05
芭蕉さんと同じ深川の出発だったのですね。
春爛漫、桜の美しい旅で何よりでした。
東北は行った事はありません。先生のブログで、美しいみちのくのい旅が味わえることがうれしいです。
紀子さん、ありがとう^-^ (鴻風)
2017-04-30 08:54:31
 奇しくも芭蕉さんの「奥の細道」出立の日と同じでした。
櫻が美しかった!!天気もよかった!!
 紀子さんもどうぞ、日本一の「三春の瀧桜」をご覧に、
ご主人とお出かけください。
 足・腰・肺もどうやら持ってくれました。
 次回で「瀧桜」を貼りますので、ご期待ください。鴻風
 
Unknown (美秋)
2017-04-30 09:50:57
素晴らしい旅の始まりですね。
晴天に恵まれ、奇しくも芭蕉さんと同じ日の旅立ち素晴らしい。
関東以北は八重桜は鹿児島に比べ色が濃い様に思います。
三春の桜圧巻でしょうね。
美秋さん、ありがとう^-^ (鴻風)
2017-04-30 10:05:34
 晴天に恵まれ、雨の一粒にも当たらずに旅が出来ましたことが何よりでした。
 枝垂櫻も種類があるものですね。色も様々でした。
 この次ので「三春の瀧桜」を貼ることが出来ると思います。
櫻追ふ旅始まれりスカイツリー (トシエ)
2017-04-30 12:22:32
23日は芭蕉さんの「奥の細道」出立の日だったのですね。好天にも恵まれ
素晴らしい旅の始まりで良かったです。芭蕉さんもスカイツリーには仰天でしょうか。
八重桜の色、本当に濃くて綺麗ですね。
たったひとりしかいない自分、たった一度しかない一生、心に響きますね。
みちのくの旅の写真、三春の瀧桜、楽しみにしております。有難うございました。
トシエさん、ありがとう^-^ (鴻風)
2017-04-30 13:20:58
 全く意識はなかったのですが、芭蕉さんが「奥の細道」
に出立の日と同じでした。
 スカイツリーをもし芭蕉さんが見たら、どんな俳句を作っただろうかと思っていました。
 次回には、「美春の瀧櫻」を貼りたいと思いますので、ご覧くださいね。
いい旅に感謝 (ごとう)
2017-04-30 15:58:43
スカイツリーに桜がお出向かい。
この旅が芭蕉の奥の細道の旅立ちと同じ日だったんですか、感謝、感激ですね。
いつも多忙な日々を離れてこんな素晴らしい旅のできたこと、やはり平素の生き方への恩返しです。
感動が無くなったのは私も同感だが、感動できる何かをやりたいよね。旅はそれを満たしてくれたのではないでしょうか。
感謝しましょう。
ごとう君、ありがとう^-^ (鴻風)
2017-04-30 22:15:32
 後藤君、コメントをありがとうございます。
 奇しくも同じでした。これも、俳句を続けてきたからかなと思っています。
 後藤君はお孃さんのお体は如何なんですか。
 今でも、「開拓の村」に行っておりますか?
 このたびの終わりまで時々覗いて、ご覧くだされば嬉しいです。コメントもね。
Unknown (千枝)
2017-05-01 09:13:35
おはようございます。
>櫻追ふ旅始まれりスカイツリー

素敵な旅をなさいましたね。
私も行きたかったです。
スカイツリー (千枝)
2017-05-01 09:14:18
おはようございます。
>櫻追ふ旅始まれりスカイツリー

素敵な旅をなさいましたね。
私も行きたかったです。
路傍の石 (千枝)
2017-05-01 09:19:27
>若柳や有三生まれし地の案内

素敵な写真をありがとうございます。
南殿かな? (花菜)
2017-05-01 09:36:14
近所の公園で、桜が咲き始めました。
それを見ながら、鴻風先生は何処の桜を見ているのかな?松島かな?平泉かな?それとも毛越寺かな?など思っていました。桜の写真が今回は少ないように思いますが続きを期待します。
思いの丈を満喫! (かぐや)
2017-05-01 10:28:51
 じぃじ様こんにちは!
 お元気で天気にも恵まれたいい旅が出来てよかったですね^^
 山本有三の「路傍の石」の言葉通り、たった一人の人間の一度きりの人生を生かしながら行った「旅」が、満喫出来て本当によかったな~と思っています。
 私もこの頃過去の思い出を写真や俳句で辿り、その時の感情を蘇らせていることが多いです。(一寸サミシ~)
 元気で又彼方此方動きだし、思い出を増やしたいです!^^
 じぃじ様、これからも大いに自分の為、いい旅を続けてください。有難うございました。
午後の日 (千枝)
2017-05-01 15:55:29
>咲き始むつつじへ午後の日は注ぎ

午後の日の画像を拝見しました。

ありがとうございます。
Unknown (清月)
2017-05-02 06:40:59
今年は結局寒い春だったようですね。
ゴールデンウィークに八重桜が咲いています。
桜の時期には出掛けることが出来ないので、先生の写真を楽しませて頂きます。
ありがとうございます。
千枝さん、ありがとう^-^ (鴻風)
2017-05-02 21:20:55
 千枝さん、4つもコメント戴き、ありがとうございました。
 来年は山梨の「神代櫻」を見に行く予定です。
 鴻と行きますか^-^

 フエスブックで他の方々の俳句も見ておられるでしょうが、有名な人も沢山いますが、正直言って、鴻の俳句は
どうでしょうか。?
 ご意見を忌憚なく聞かせてくださいませんか。
 
花菜さん、ありがとう^-^ (鴻風)
2017-05-02 21:25:24
 近くの公園とは、花園公園ですか?
 花菜さんに,今どこかななんて思われて居たとは^ ^
 強行軍でした。
 
かぐやさん、ありがとう^-^ (鴻風)
2017-05-02 21:36:42
 本当に天気に恵まれ出てから帰るまで雨に遭うことは
ありませんでした。それだけでも恵まれた旅行さんでした。
 行く先々で、芭蕉さんという人は、なんと優れた発想の人であろうと思いました。
 俳人の中には「俺は芭蕉を越えた」と行っている人がいますが、やはり芭蕉を越えた俳人には未だ出会っていません。
 その芭蕉さんをネタにして商売をしている人の多いことか。そんな感じでした。
 また、鴻も石碑の一つも建てるかと、思ったこともありましたが、どの石碑も風雪に摩滅して、大きな石が立っているだけで、石碑なども必要ないと思いました。
 かぐやさん、ありがとう。
 
清月さん、ありがとう^-^ (鴻風)
2017-05-02 21:43:23
 そうですね。北海道の場合、今年は12月にゆきがどんときて、そのあと雪がないので、暖かかったという人もおりますが、鴻も寒い冬と思っていました。
 鴻の庭などまだまだ花も開きません。
 これから、暖かさを取り戻すのでしょうが、いつまでも寒くて、火を焚いていますからね。
 

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む