武器はガチャ、そして(22)

2016-11-20 10:35:27 | SF小説
そして、JAXAから精度を高めたデータが科学推進省に提出された。

「宇宙空間ですので誤差は有ると思いますが、小惑星に保管しているブラックホールのマイナス質量が小さくてバランスは取れなく、接近してきているブラックホールに呑み込まれてしまうと思われます。」

「それでは、まだ地球上に残留しているブラックホールを調査し、小惑星に送り込んでマイナス質量のバランスを取ろう。今の計算結果ではあと何個くらいのガチャの容器が必要になるのかね?」

「おおよそ80個必要となります。」

「国内では科学推進省が専用ダイヤルを設置して広く情報の提供を依頼しよう。そして警察・自衛隊を中心に、すべての官庁が総動員して各戸へガチャの容器に入れた黒点の所持を調査し、海外へは外交ルートをフル活用してブラックホールの提出を依頼しよう。」

この要請を知った鈴本浩一郎が科学推進省に連絡してきた。
「私は鈴本浩一郎と申します。大学で宇宙工学を学び、宇宙で発生している事象の情報を趣味で収集しています。今回の地球上に降り注いでいた黒点は太陽のフレアが活発になってから観測していましたので予測していました。しかし、あまりに危険なので捕獲する事までは考えていなかったのですが、ガチャの容器で捕獲できることを知り日本中を駆けずり回りました。その結果、手元には55個の黒点があります。今回の壮大なプロジェクトに活用していただけるのであればすべて提供します。」

この提供の他に、広大な土地のアメリカとオーストラリアとロシアから計15個の提供を得て、国内からは新たに10個の提出があり、合計で80個のガチャの容器のブラックホールがJAXAに集められ、チタン合金の容器製造を行っている間に小惑星への運搬用ロケットの発射準備が行われた。

「これは地球存亡をかけたミッションになるね。」
と、科学推進省の山下局長が思わず呟いた。

こうして、80個のガチャの容器を搭載した運搬ロケットが打ち上げられ、前回打ち上げた手順に従って小惑星に送り込まれた。

ただ、前回と異なるのは、小惑星での長期保管用に基礎に固定する必要が無く、ロボットアームによる据え付けを行わず直ちに使用する準備が整えられた。
ジャンル:
小説
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 武器はガチャ、そして(21) | トップ | 武器はガチャ、そして(23) »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

SF小説」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。