鼓事記(こじき)|プチ鼓堂 |曽和 鼓堂ブログ

自然に音を愉しんでいただける鼓堂です。

小鼓や能楽お好きでしたら‥。

まんじゅうこわい

2017年05月22日 00時34分18秒 | Weblog
なまけクセがついて、ちょっと下手な文章でございます。

近日に打ちました愁傷ノ舞に、ちょっと想いを乗せて綴る事にする。

現代に置いて、忠や義ってなかなか見えず、魅せないモノだと思います。

わたくしには、少なからず有るものであります。

忠は御流儀の為、又は義は能楽の為でしょうか。。。等々

主従も、又は封建も今学んでいるっていうのは事実でございます。

ただ、お能の中の男の涙は大変に重いもので、ある意味お仕事を全うした安堵と何処にもやり場のない哀しみが伴う。

お仕えする何て、もしかすると死語かもしれません。
基本的にお能の男舞は祝言的な舞事であるが、愁傷ノ舞はそれも含めて舞囃すのであります。

決して仕える身は妥協なく任務を遂行する、ミッションインポッシブルってな感じか?今では…なんてね

忠義!何かにもって生きていけるのは宜しいかと思います。

わたくしには自分本位の生き方はなかなか難しく、人の為というのが似合っている様に思います。

まんじゅう
こわい

それは今も生きている事かもしれませんねぇ。

ちょっと難しい事を綴る
理解できるかな?
わからない方は謡本を見て下さいませ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

報告

2017年04月10日 00時01分10秒 | Weblog
本日、大原御幸を勤めた。
正直たいへんだった
いまの自分には難しい限りの曲であった。
別会に、しかも真ん中の演目に、若造がいるなんて思われて当然な事
いっぱいいっぱいのバリアーなし、っで勤めました

極楽世界とは儚く遠きものと感じました(地獄は近きもの…なんてね)
自分を抑えるのに、芸を費やした、解放される事のないジレンマ、解放された後の反省に、ずうっと苛まれる日々。
お能はいろいろと教えてくれます!

大原御幸はおじいちゃんが最期の勤めた、お能。
90で良く勤めたと思います(最期の後見は出来ませんでした)っが
大事は教えていただきました。
46年後、なんとなく打っているかと思うと…???です

女院のように、時代に語って聞かせれるお舞台人になりたいです

追伸、おじいちゃんが今回のシテを勤めた方に、昔ツレ(局)のお役の時、ものすごく褒めていたのを覚えております

御幸は、東京では大原(オハラ)という。
所変われば品かわる。っが品は変わらず。
お謡に囃子と、ちょっとの型のついた
厳かな、ザ!お能
であって欲しい

動かない、それがお能の醍醐味で、ちらっと動く美しさを再認識した

合掌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

花見車

2017年04月02日 19時06分13秒 | Weblog
花見車にトホホな、わたくし

お陰様で飛行機にも乗り遅れ

尚ちゃんあんまし急くなよ
っと
言われんばかりの
新年度スタート

自分には時間ないのがバレバレだなぁ

でもでもまだまだ手帳の白い所がありまして

頑張るのみ

サクラ花見
バ〜ベキュウ
そんなんするまわ〜なし

春はあけぼの
って
いう感じ


ようよう白くなりゆく
わたくしの黒髪ってか

まだまだ自分の花で
見いってやるわい…なんてね

花見車!
皆様
自己には注意を
㌧㌧㌧
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

嘘でないホントの話

2017年04月01日 01時45分08秒 | Weblog
ダウン中のトントン

一年頑張りました。

最後の健康への詰めの甘さは
残念な結果である

一年たっての
ほっこり病
まずまず良く頑張ったと思います。

彼のいないお稽古場は、優しさと心配で溢れていた。
誰も褒めてはくれないけれども、わたくしも頑張った一年であります。

新たな課題と共に進んで参る覚悟でおります

反省点もいっぱいあります、ちょっとご一緒のお食事が最近少なかったかもしれませんねぇ…なんてね

これからが
なが〜い文章になる本の、まだ序章

ネバーエンディングストーリー始まり始まり

嘘でないホントの話

ベストセラー間違いなし…なんてね

乞おご期待
よろしくお願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

同明会囃子会

2017年03月25日 21時02分00秒 | Weblog
東本願寺能舞台での同明会主催の囃子会

連日大盛況でございました
雨降り初日
ヒヤヒヤ二日目

結果オーライ!

楽しき、ひとときを会員共々、皆様と堪能しました

懇親会は韶風会と三寿会との合同会

卒業式も細やかな気持ちを添えて無事に終了(うるうる)


ホントに
思い出ふかい日となりました

皆様に感謝と

東本願寺さまの
御厚意に

感謝致しております


合掌


報告遅くなりました


追伸、若作りのおっさんはまだまだ興奮中、なかなか覚めぬ気持ちを胸に、次のイベントへと向かっております…なんてね
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

盛会

2017年03月20日 22時52分00秒 | Weblog
連日の催し盛会に
心弾んでいる

昨日の独立15周年会

松山囃子堂

そして同明会能

明日明後日も
盛会の予定です

東本願寺能舞台の同明会囃子会!

明日は
小鼓日和

雨降りらしいです

皆様の晴れやかなお舞台を楽しみにしております




追伸
能楽師の、わたくしですが
プロフィールに雨乞い師も入れておきましょうか
‥トホホ
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

久しぶり なおさんぽ

2017年03月16日 22時36分44秒 | Weblog
アツくもなく、サブくもない
たぶん丁度いい

高知より東京への移動も問題なし

少し風強し

新しいお稽古場所も順調

サクラ咲く頃に
もっと華やかなお稽古場所となるだろう

早めのお稽古終わり
宿へと…なんとなく…歩くとする
まだまだ固いサクラの蕾
ピンク色には
まだまだかと

靖国神社の塀は
なんだか心落ち着かせてくれます

能舞台を見て、あぁやっぱり自分は能楽師と感じる…なんてね

鳥居の下のバリケードが
サクラの形
こだわりを観る

歩きは下り坂ばかりだ
スゴく坂が多い事と思う

大きな玉ねぎを
生で初めて見た

お堀の中に人がたくさん入っていくねぇ
皆様お仕事帰りなんだろうか

つらつら下り、ヘンテコりんが下りてくると、スーツマン。。。チラッ見

外国人への優しさをも見せハポンな紳士を魅せる

…両手で
お寿司を食べる、お隣のハポン
いくら回っていても
それは…ちょっと

自分は、まだまだ知らない事…ドラマでは無い事があると知る


久しぶりの
散歩

自分を何だか散歩した
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

松山囃子堂

2017年03月13日 00時29分38秒 | Weblog
二年ぶりの

松山囃子堂

大変盛会で終わりました。
300人を超えるお客様

わたくしども囃子方を演奏家として見ていただけたと思います。

解説も含めて、無事に終えた事に、大変嬉しく思います。

正直に二回目の催しはなかなか難しいのが、現状です。

しかしリピーターを含めて、初めて来られたお客様にも囃子の新しい魅力を感じていただけたと思います


侍ジャパン同様
まだまだ和の魅力を発信して参ります

今後ともどうぞ京都囃子方同明会をよろしくお願い致します
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本州人

2017年03月11日 12時20分49秒 | Weblog
つかの間の京都

本日は松山にいる
そして高松へ

千両ヶ辻(家の近所)から高知へ
札幌にもいった

京都人
なんだけれども

本州にほとんどいない

島から島へ

着物の本州人は

本日も飛行機で行脚?する
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

千両ヶ辻 桃の節句イベント

2017年03月06日 17時56分17秒 | Weblog
無事に千両ヶ辻イベント終了致しました。

大変たくさんの方に来ていただけ有り難うございます。

千両ヶ辻のお雛様も喜んでいただけた様に思います。

もうすぐ春ではなくて

もう春だと感じました
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加