鼓事記(こじき)|プチ鼓堂 |曽和 鼓堂ブログ

自然に音を愉しんでいただける鼓堂です。

小鼓や能楽お好きでしたら‥。

手向けの鼓

2016年07月23日 12時51分46秒 | Weblog
ちょっと多忙な、わたくしを労いがてら、先日ご馳走していただきました。
お稽古のついでもありました。
またこんな日も良いと感じておりました。

ちょっと涼しい京都は、ご馳走していただきました福井を思います。札幌でも東京、四国でもない空気感だろうか。

お稽古熱心な方は、この暑さもぶっ飛ばす位の方。

元気良くお打ちになってられた小鼓
お食事会の帰り際の握手なんとも忘れられずにいた。

こんな形ですぐに福井に来るとは、思っておりませんでした。

まだまだの師匠に良く学んでいただき、お能も打っていただきました。

楽しみを存分に、生きる
生きるを存分に、楽しむ


お稽古日でない空
雨降りもありません。

梅雨明けの北陸

いろいろと思い出す

菊慈童は手向けの鼓となった


安らかにお休み下さいませ

合掌
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

祇園祭も涼しく

2016年07月17日 15時53分32秒 | Weblog
祇園祭も珍しく涼しく、本日奈良天河奉納も暑くなく、過ごしやすい夏。

でも、もうちょっとでのお休みを楽しみに札幌へと飛んで参ります。

良い空気に見舞われたのか、なんだか眠とうございます。

このお休みが吉と出るか凶と出るかは、わたくし的には、どうにでもなれ的な感じです。

今からはお休みに何をするかは、ごちゃごちゃ考えず
風の向くまま、気の向くまま

本来の自分を取り戻してゆきたいでございます。

さてさて、飛んで参ります
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

素晴らしきかな能舞台

2016年07月06日 19時49分05秒 | Weblog
6月は京都府民ホールアルティでの、普通の能会がありました。
ホールでの能のあり方も勉強した。
ちょっとした空間的センス、ちょっとしたライトアップ。
演者的には、ちょっとツラいホール能。

でもでも何を思ったかと
いうと

能楽堂

能舞台の
素晴らしさを感じた

楽屋よし

音良し

段なし


皆様能舞台の素晴らしさ


今一度再確認して下さいませ

錦鯉のいる
能楽堂もございます

もれなく、わたくしがおりましたら、幸いです(幸流だけに)…


是非とも起こし下さいませ
京都の能舞台へ

拝見の価値有り
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

男は黙ってサッポロビール

2016年06月27日 16時28分54秒 | Weblog
札幌教育文化会館にての催し、その名も「noh play 」!

綿密に綿密にスタッフさんや現場のやりとりをされている事を、勉強させていただけました。

トラブルなしで無事に終了!!
当日までの長い長い取り組みでした。


いつもながら、囃子の録音には、どのスタッフさんも泣く。
わたくし達、囃子方も泣く。
音を聞いて‥トホホになる。


やはり囃子は生が良い。


音は生に敵うものはない。
ただ生ビールより瓶ビールの良さもわからなくてはならないと思います。

やはり気候との勝負なんだろうか、感性なのか。

旬というのも大事で、苦味も旨味かと思います。

随分と囃子や音から話しがズレているかもしれませんね。

っが、そうは変わらないと、わたくしは思います。


札幌での催しと、ジンギスカンを始めとする北海道の味は、わたくしを饒舌にしてくれます。


わたくしは何とか寡黙なぽっぽやに、いや、ポンポン家になりたい。


男は黙ってサッポロビール!

全く出来ないと感じた。

いつか、そんな名言の出る男になりたいと思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

梅雨と共に

2016年06月27日 16時00分36秒 | Weblog
梅雨と共に前線を駆け廻っております、わたくし。

いまは特急あしずりに乗っております。

人生でこんなにも旅から旅に、たびたび出たのは初めてであろうか。

毎月彼方此方へは慣れている、わたくしも流石に旅疲れもある。

値打ちのない特急の指定席は、また綴りたくさせたようだ。

平安神宮での京都薪能にはじまり、四国、札幌、四国あんがい飛んだ。

日本はあんがい広く、そして何処も平和だ。

能楽の可能性もまだまだあると感じた。

あっちこっちに飛んでも、何より嬉しいのはお稽古場所の存在だ!

待っていて下さる、お弟子さん方。
旅疲れもスマイルで書き消して下さる。

幸せだなぁ〜とツクヅク感じた

雨にも負けず、風邪にも遭わず、体調良しで6月を乗り切ります。
車窓は近々の出来事をふと思い起こしてくれます。

ヒマに任せて
久しぶりに綴ってみる事にするよ。

って自分いってる気がする。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

プチ鼓堂 久々のイベント開催いたします

2016年05月30日 12時55分38秒 | Weblog

《 プチ鼓堂 久々のイベント開催いたします 》


長年、お稽古場として使わして頂いてました寿司ふか川が

『鮨 深川龍丈』として新装移転いたします。


7月2日に、感謝の気持ちをこめて、オープンイベントとして

簡単なお食事・お土産付き・小鼓演奏イベントを開催させていただきます。

 

日時:2016年7月2日(土)13:00/15:00 ※限定各10名様

会場:寺町夷川西入る(詳細はお申し込み後ご連絡させていただきます)

費用:お1人様:5,000円(税込) ※簡単なお食事とお土産付き

ぼくも、まだ行った事ない場所ですが、みなさまと、ご一緒にお店に笑顔の華を添えたいと思います♪

 

ホームページより参加お申し込みを受け付中でございます。>>詳細はこちら

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

坊っちゃんはエキスプレス

2016年05月27日 21時00分57秒 | Weblog
いまは、高松から松山へと向かうバスである。
バタバタした5月をふと、振り返る。

あれしたな、これしたかなっと考えております。
久しぶりの四国は何だか綴りたくなるようだ。

高知へは、飛行機欠航というトラブルで、ラウンジの主となってた…(たぶんイビキ付き)

中でも珍しく思えたお舞台は本願寺さんだ

一年で、西本願寺さんと東本願寺さんのお舞台に立てた。
簡単に嬉しいお舞台だった。陽射しよく、眺め良し、気持ち良しだった
京都らしさが身に沁みた。
素敵な本願寺さんに、ゆっくり会えた感がする

さびしくなりつつある楽屋も、新しき次代の息吹に活気ついている。

ふとっ とった唐門も
国宝の字にも懐かしさを感じた

うちのくまもん的な
唐もん

バタバタに耐え

また勇々しき
カラもんになり
ニシキを飾る

マスコットになる事も
願う

いまの四国は
とっても広く感じる

坊っちゃんはエキスプレス
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

思い出の一ページ

2016年05月11日 23時34分00秒 | Weblog
わが家のトントン

小失態

鼓堂師匠のいたずらかもしれません…

新幹線にて
ぐっすりのトントン

やさしい師匠は

眠りの妨げにならぬように

京都にておりまする…
師匠は造形大の薪能へ
いざ参ります





(汗)たっぷりの
造形大に現れたトントン


よう間に合ったな
っと笑みの師匠!


笹やかな
話題に

ご機嫌の曽和鼓堂です

三日
三ヶ月
三年

一ヶ月半で
三ヶ月分は

頑張っているトントン


トントンとは、いかぬ

ことを身に染む
一日であった事でしょう


思い出作り!!
これも師匠の
お仕事かもしれませんね?
…なんてね


わたくしの日記に綴る
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

うちの愛熊猫?

2016年05月09日 23時49分26秒 | Weblog
本日、男前、東京お稽古場所に初登場

両国国技館で無しに

千代田区九段下


愛くるしい彼は
命名される

トントン(唐々)っと!!
(^o^)//"""""""

上野に住んでたからの流れで…

本日は
赤と白のコントラスト

腹も黒くなくて
しっぽもないらしい(見た事ないが)

トントントンっと

上手になるように

調教
いやいや指導して参ります

奈良と京都と東京、日本全土の国交友好の象徴となりそうです


笹でなくても
なんでもいただきます!

まだまだの師弟、
応援よろしくお願い致します

江戸デビュー発進
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

曽和鼓童初出勤?

2016年05月04日 23時11分39秒 | Weblog
わたくしまだまだだと思います

浸透するとは時間のかかるものです

誤っていただくのも、恐縮至極

初鼓堂ご出勤は

まだまだ、わらんべ

曽和鼓童さんかもしれません。


鼓童は、やはり有名

こちらの世界も頑張らなくちゃなりません
コメント
この記事をはてなブックマークに追加