今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2017・10・14 調布市の野外彫刻・彫刻のある散歩路

2017-10-14 21:38:33 | 野外彫刻
東京アートミュージアム・武蔵府中熊野神社古墳・・
ん?そうだ。調布にも川沿いに野外彫刻と聞いたことがあった。スマホで即席検索。
お!ある(^^♪彫刻のある散歩路。
といっても右も左もわからないから、市のHPの通りに京王・調布駅前からバスで市民プールバス停へと向かう。



市民プールバス停下車。

さて?お!あそこに作品ある(^^♪


童の夢:宮澤光造。
素材:黒御影石&白御影石
大きさ:高さ1.4m




これはキノコ。


風のフォルム:須藤博志
素材:赤御影石
大きさ:高さ2.2m




なかなかに良い散歩道(^^♪


これは調布市の前身であるところの調布町&神代村生誕100年記念モニュメント。




リバイアサン:天野裕夫
素材:河原石&ブロンズ
大きさ:高さ1m
私好み(^^♪




花の柱:平山隆也
素材:本小松石
大きさ:幅46㎝、高さ1.6m二対一組






ここは調布市のスポーツ施設が集まっているのかな?




生命の樹と授かりものたち:松本雄治
素材:ブロンズ
大きさ:2.1m






Harmony:松本憲宣
素材:ステンレススチール
大きさ:高さ2.1m


この作品から始まるというか終わるというか。。

どうも電通大グランド前バス停で降りてもよかったのかな?

あれ?なんか足らないなぁ(^^;確か9作品と書いてあったが(^^;3作品はどこにあったんかなぁ(^^;ま(^^;また(^^;
バスで調布駅まで帰ろうと思ったけど京王・京王多摩川駅まで歩けるようだ。







京王多摩川駅。



そして(^^;3作品見逃した上にここから迷子(^^;京王電鉄路線(^^;














コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2017・10・10 厚木市・第27回野外彫刻造形展-あつぎ青空アート展-

2017-10-10 20:34:22 | 野外彫刻
今日は厚木市にでかけた。
第27回野外彫刻造形展-あつぎ青空アート展-。会場はぼうさいの丘公園。
小田急・本厚木駅下車。どこからどう行ってもよいのだが、南口から東京農業大学行きのバスに乗る。
 
終点・東京農業大学。
 
東京農業大学のお向かいがぼうさいの丘公園。
 
厚木市の防災の拠点。

何事も無ければ市民の憩いの公園(^^)
 
 
ここの野外彫刻造形展は27回をむかえた。

常設の作品もある。

情報その他は、センター施設。

さっそくに(^^♪
どこからどうまわってもいいけど、会場マップの番号順に。

石のかたちを創造・出村正男。




カンペキ・141。




ハロウィン・お絵描き教室MOMOちゃん家。


レインボーツリー・南毛利放課後クラブ。


参=521・善兵衛。




再生・塩川陽子。


「孤」を描く軌道。菅俣正之。


「おかし」なちょうちん・厚木市立玉川保育所。
ペットボトルちょうちん・厚木市立厚木保育所。




あいかわフェスティバル!・厚木市立相川保育所。


話そうよ!笑おうよ歌おうよ!・4S造形チーム。




風が抜ける、風と遊ぶ!・TKS染色チーム。


あつぎあゆまつり・厚木市立南毛利保育所。


「石のかたちⅠ」「石のかたちⅡ」・高橋正晴。




ようこそ、夜の森へ・アイリス絵画教室。




キアヌのカーニバル・キアンディーナ厚木。




プラスチックも夢をみる・斎藤智子。




未来・福島県西郷村立西郷第一中学校。






実りの雨・雑穀を愛する玉木とゆかいな仲間たち。




みんなの秘密基地・厚木市立小鮎保育所。


コスモス・滝澤洋子。


織り布・さをりサロン彩。


新 開運手相・小林秀明。


私の夏休み・齋藤智子。




森の美術館・齋藤智子。




画家の食卓・齋藤智子。


まほうのじゅうたん・林有為子。


空とぶリャマ・齋藤智子。


楽しかった(^^♪
でも暑かったなぁ(^^;ちょっと熱中症(^^;
そうして。ぼうさいの丘公園は古墳の上なのです(^^♪


























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017・2・18 おばさんぽ 横浜の野外彫刻 ジョイナスの森彫刻公園

2017-02-18 22:18:03 | 野外彫刻

横浜駅に乗降し時間がある時は必ず寄るようになったのが「ジョイナスの森彫刻公園」(^^♪
え?ジョイナス?箱根じゃなくて??とよく聞き返されるが、あれは彫刻の森美術館でなんもない一般なら1600円かかるが、こちらは無料。ジョイナスの屋上にある。
6作品しかない小さな小さな彫刻公園であるが、その6作品は近現代彫刻の代表作(^^♪
ジョイナスのどこのエレベーターでもいいけどエレベータじゃないと行けないからそこは要注意。もちろん高島屋の屋上からでもOKです。なんてさも知ったように(^^;方向音痴だから出たとこのエレベーターで屋上。

ん(^^;クーバーのフットサルパークに出たな。

関東大震災以後石油会社の資材置場になっていた横浜駅西口。昭和27年に相鉄が開発に着手し高島屋の誘致に成功。昭和34年に横浜高島屋が開業した。以後二人三脚で今の西口を築いてきた。
昭和58年、相鉄ジョイナス開店10周年記念事業としてこの彫刻公園ができた。

「果実」。アントワーヌ・ブルーデル。1911年。


「踊り子」。ジャコモ・マンズー。1983年。

「茉莉花」。船越保武。1978年。


「ニケ`83」。朝倉響子。1983年。



「道標・鳩」。柳原義達。


「構成」。アリーノ・マリーニ。1955年。


もうひとつあったが、こちらは横浜ベイシェラトンホテル前にお引越ししている。
「水浴の女」。エミリオ・グレコ。1968年。

小さいけど、整えられた贅沢な空間。

川又貞次郎翁にご挨拶して、エレベーターで降りる。

入館料かわりに昼飯はジョイナスで食べるのであるが、老舗からファストまで数多の店が並ぶと、いつもどこに入っていいかわからない(^^;
たまたま入った店のバイトの女の子が、私もバイト選ぶ時迷いました!とお茶目な笑顔(^^♪


















コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

2017・2・14 おばさんぽ 横浜の野外彫刻 YBP横浜ビジネスパーク

2017-02-14 21:15:39 | 野外彫刻
久々に野外彫刻(^^♪
凄いとは聞いていたが初めて行くYBP横浜ビジネスパーク(^^♪
どっからどう行ってもよいが、横浜駅西口から横浜市営バスで向かう。

横浜市営バス明神社前バス停下車。

いまといにしえが交錯する。

お!作品が見えてきた。

この横浜ビジネスパークは、日本硝子横浜工場の跡地が野村グループによって一大ビジネス空間に開発された。
無機質なビジネス空間を芸術が彩るインテリジェントシティ。

イタリアの建築家マリオ・ベリーニによる横浜ガレリア・ベリーニの丘を中心に壮大なアートギャラリーになっている!(^^)!






野外彫刻(^^♪
「石を抱く鎖」。三沢憲司・1990年・ステンレスパイプ&坑火石。


その先には。

「月食の観測器」。マイケル・ケニー。1990年。


「時空のはじまり」。岡本敦生・1990年。



「行列」。三木俊治・1989年。


そこだけかと思っていたら、野外彫刻回廊。

「跳躍・244」。鈴木丘・1990年。





「へこみのあるボール」。丑久保健一・1990年。

「ダンス」。福田繁雄・1990年。



どれも凄いが、これはいちだんと!
「TELE PARTY」。エルゲン・ゲーツ。1990年。





いちだんと凄い!

「Indian Congrss」。フェリッペ・レターセン。1990年。



あそこも凄いな!

「犀-2」。安藤泉・1990年。



「エデン」。明地信之・1989年。



「TIGER」。クラウス・カンマーリヒス。1990年。

「梟月夜Ⅱ`88」。手塚登久夫・1988年。

そして(^^♪

「犬モ歩ケバ」。薮内佐斗司・1990年・ブロンズ。


こういう空間にこういう作品を置くなんて、なんと度量の大きいユニーク!(^^)!






写真OKかどうかわからなかったから画像はないけど、ビルの中にも素晴らしい作品がいっぱいありました!(^^)!来てみてほんとうによかったなぁ(^^♪

でも食事するとこがいささか(^^;ファストだけじゃないお店も入っていてもいいんだけどなぁ(^^;

中にはミニギャラリーがあった。

すぐ後ろを相鉄が走る。








































コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2016・12・8 厚木からの帰りは波多野商店さんのとん漬(^^♪

2016-12-08 22:20:45 | 野外彫刻
小田急本厚木駅から帰る時に重宝しているのが、波多野商店さんの「とん漬」(^^♪
私のような観光客ばかりではなく地元の方々が立ち代り立ち寄る。冷蔵庫で一週間持つお惣菜。

本当は網焼きで脂を落としながらジュージュー焼けば美味しいのはわかっているけど、味噌漬けはなんでも焦げやすい(^^;グリルの掃除が大変(^^;とかとか(^^;
で、私はグリルの網にアルミ箔を敷いてとん漬をのせ、その上にアルミ箔をかぶせて焼くという方法をとっている。

お!そろそろかな?

後はつけあわせとお皿に盛り付けるだけ。
色は濃厚だが、塩辛くはない。ご飯のお供に程好い!
豚肉の味噌漬けは簡単にできるが、家庭で作る場合は豚肉より味噌がポイント。どうせ後は使えないからと安い味噌を使ってみたら、不味くて驚いたことがあった。料理酒が美味い日本酒を使わなければ不味いと同じで、味噌も美味い味噌を使わなければ豚肉の味噌漬けも不味い。かといって、家族が少なくなった今はたかだか2枚漬けるためにいい味噌を使うのももったいない(^^;
これは重宝なのです。



コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加