今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2015・11・9 テキトーに妄想するおばさんの橋 嵐山橋と猿橋(?_?)

2015-11-09 21:25:58 | かながわの橋100選
生暖かくじっとりと小雨が降る。家事がはかどらない。
仕事に行く前に、なんとなくかまぼこつみきを遊んでみる。。
かながわの橋100選で、名手橋・嵐山橋・勝瀬橋を渡って、帰路の日連橋の欄干に貼ってあった「小猿橋」というのが気になっていた。

今は相模湖に沈んだが、かつてそういう橋があって、山梨県にある猿橋と同じ工法・構造で小ぶりだったから小猿橋。。

ところで、山梨県大月市にある猿橋ってなんだ(?_?)
ウィキによれば、江戸時代に日本三奇橋というのがあって、この三なんちゃらはたいてい幾つか候補があるが、猿橋は押しも押されもせぬ確実な三奇橋らしい。
刎橋という橋で、岸の岩盤に穴を開けて刎ね木を斜めに差し込み空中に突き出させ、その上に同様の刎ね木を少し長く出す。それを繰り返し逆階段状態に伸ばしていき、それを足場に上部構造を組み上げて板を敷いて橋にした。
利点としては、両岸の幅が狭い高所に橋脚無しで橋を架けることができれば大水でも流されなくて済む。
という。
あれ?なんかそんなようなのどっかで読んだな(?_?)
運転しながらあれ?あれ?と思い出す努力。。
あーそうだ!嵐山橋だ!

嵐山橋の架け替えが計画されていた頃、旧西ドイツでは新しい工法が開発されていたという。参考資料によれば、ディッカーホフ・ウント・ビドマン社なる会社が開発したとあるが、検索してみてもそのような社名は見当たらなかった^^;
かながわの橋100選では、ディビダーク社となっている。こちらも橋梁の名門メーカーらしいしかわからなかった^^;
ま^^;
その工法は、ライン川やモーゼル川の船の通行を妨げることなく両岸から突き出し式に橋を架けるという工法だったようだ。
両岸から突き出し式に橋をかけ。ねぇ・・・
作業用足場を兼ねた作業車を使って両岸から3mずつコンクリートを打ち込み、PC鋼棒で締め付けでコンクリートがプレストレスされるとその先端まで移動して次のブロックを打設するの繰り返しで、中央でドッキングさせる。ねぇ・・・
お花畑脳の私には、猿橋も嵐山橋も基本的な発想は同じに見えるんだなぁ^^;
無論、専門家の方々からは全然違うよ!と怒られるのは必須であるが^^;
かまぼこつみきを積んでみる。。

何等かの手段で渡らなければ、その先には行けない。
また流された(T_T)また落ちた(T_T)の繰り返しの中で、こんな風に橋が架けられたいいなぁ・・・って。。
現実にするためにはテクノロジーの進化を待たねばならぬ部分もあるが、最初の発想はかなりさかのぼるのかもしれないなぁ。。。
・・・
AIが現実の存在となる日も遠くなさそうな雲行きだが、やっぱ人を超えられない気がしたは、不思議。
AIと人の決定的な違いは、無邪気な発想があるかないかなのかもしれないなぁ・・・
そして、夢にむかって馬鹿になれるかなれないかなのかもしれないなぁ・・・











コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015・11・8 テキトーに渡るおばさんの橋 かながわの橋100選 旧津久井郡藤野町・勝瀬橋

2015-11-08 21:10:04 | かながわの橋100選
かながわの橋100選。旧津久井郡藤野町・勝瀬橋。・・・今は相模原市緑区です^^;

相模湖に架かる道路橋で、両岸の塔から斜めにケーブルが張られ、桁を支えている。横浜ベイブリッジと同じ形式の斜張橋で、現在各地で建設されている斜張橋としては、わが国第1号の橋として名高い。橋長128m、幅員4mあり、昭和34年に建設された。なお、塔は旧橋のつり橋の塔をそのまま利用したもので、第2次大戦中の空襲による機銃掃射の跡が残ってるそうである。嵐山橋その他と同様に、神奈川県の橋梁技術陣は、わが国での先駆けとなる橋梁を幾つも建設してきたが、これもそのうちの1つである。
ふむふむ(..)φ
今は、かながわの橋100選に選定された勝瀬橋は解体された。2005年完成の、主径間164m・橋長270mの新橋となっている。

名手橋・嵐山橋を渡り、勝瀬橋にむかう。

相模湖駅前を曲がれば、20号線。

相模湖に沿って20号線を山梨方面へと向かう。
勝瀬橋が見えてきた(^^♪

とりあえず、車で渡る。車は、ごめんなさい路駐^^;

今も目立つ橋だが、旧橋も目立つ橋だった。
けど^^;^^;中央道の渋滞に巻き込まれてどっかから帰れないものかと20号線に降りて、でも、中央道が渋滞している時には20号線も渋滞していて、あれ?あの橋方面はやけに空いているなぁと曲がってみて、結局はどこにも抜けられなくて、なんじゃらほい^^;の橋であった。わが国第1号の斜張橋にも関わらず、私ばかりではなく、素敵な橋だけど道としてはあの橋はラブホへ行く橋というのが一般的な感覚であった^^;
ほんとうにすいません!
ま。
歩き出す。

新橋もいいなぁ(^^♪

橋の原点はアーチ橋。優美な曲線がたいそうに美しい。
斜張橋の歴史は新しい。つり橋がよく落ちるのは洋の東西を問わなかったようで、今現在のつり橋、斜張橋のテクノロジーは第二次時世界大戦後のドイツから始まった。ドイツ語のシュレークザイル橋というのが斜張橋と訳されたのは昭和30年代。勝瀬橋旧橋のために訳され、勝瀬橋旧橋は日本国のシュレークザイル橋の原点だった。斜張橋の幾何学的でシャープな造形はこれもたいそうに美しい。同じ形態が無いというのも魅力的(^^♪個人的には、斜張橋のほうが好きかな♪
渡る。

主塔の迫力がすごい!

下には、旧橋の土台が残る。。

渡り終える。

旧橋に行ってみようか。。

新橋の下に向かう道を行く。

それにしても・・・
様々な理由はあるとは思うが、いろんな意味で、旧橋を解体したのはほんとうにもったいなかったなぁ・・・と思う。。

新橋をくぐる。

戻る。

帰ろう。
引き返さずに、まんま日連の里を行って日連大橋から20号線を帰ろう。

日連橋からの眺めも絶景だなぁ♪と思いながら通過しようとして、おや?なんだろう?
車を止めて見る。

どうやら、今は相模湖の底だが、「小猿橋」という橋があったようだ。。

ほお・・・

日連橋を渡り、長閑な山村風景を過ぎる。

日連大橋が見えてきた(^^♪

吉野の里を過ぎれば、再び勝瀬橋。相模湖沿いに20号線を家路。






















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015・11・7 テキトーに渡るおばさんの橋 かながわの橋100選 旧津久井郡相模湖町・嵐山橋

2015-11-07 21:08:51 | かながわの橋100選
かながわの橋100選。旧津久井郡相模湖町・嵐山橋。しつこくなりますが^^:今は相模原市緑区です。

相模湖に架かる道路橋で、わが国最初のディビダーク式張り出し架設工法によって建設された橋として名高い。ドイツで開発されたこの工法を多くの難関を乗り越えて技術導入し、ディビダーク社の設計と現場管理により、昭和33年に工事が開始され、34年に完成させることができた。橋の下に支保工を組むことなく建設できるこの工法は、その後のわが国のコンクリート長大橋の建設の主役となり、九州・天草橋、浜名大橋、真鶴町の岩大橋等へと続いている。嵐山橋は、橋長75m、幅員7mで、神奈川県の誇る橋梁の一つとなっている。
ふむふむ(..)φ

名手橋を渡り、次に向かうは、嵐山橋。

今回の移動手段は車。問題は駐車である^^;
名手橋は、津久井又野公園の駐車場に入れたけど、嵐山橋はどうしようか・・あそこにとめさせてもらうか。相模湖大橋のたもとの謎のスペース。。

車をおいて、相模湖大橋を渡る。

相模湖大橋もかながわの橋100選に選ばれているのであるが、かながわの橋100選として渡った日は生憎と曇ってきて^^;お天気でこんなにも違うんだなぁ^^;

ま。

相模湖大橋から嵐山橋が見える(^^♪

といっても・・・
かながわの橋100選を知る前は、嵐山橋という名前を知らないどころか、橋を渡っているとすら思わずに運転していた^^;
わお!相模湖が見えてきた!わお!洞門だぁ!!で、相模湖大橋で橋を渡ったと思っていた^^;
橋の専門家の方々からすれば宝石のような橋だったというに^^;
ま。
相模湖大橋を渡れば、嵐山洞門(^^♪

私は、洞門が大好きだ。この嵐山洞門は、県内の洞門の中で最も好きな洞門のひとつだ(^^♪おまけに歩道がある(^^♪

バルコニーからの眺めがすばらしい。

相模湖大橋もお天気がいいと一段といい(^^♪

嵐山洞門を過ぎると、嵐山橋。

こうして歩くと、不思議に、この橋に携わった様々な人々の未来へと煌いた思いを、を実感する。。

車で通り過ぎるということは、なにか忘れ物をしているということなのかもしれないなぁ・・

渡り終える。

歩いてみれば、歩道が整備されていたんだと気がついたが、引き返す。

ほんとうに気持ちがいい(^^♪

次に向かうは、勝瀬橋。嵐山洞門の歩道から素晴らしい主塔が見える(^^♪

嵐山橋を眺めるには、ガスト相模湖店さんの前辺りからが一番いい感じかな(^^)












コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015・11・6 テキトーに渡るおばさんの橋 かながわの橋100選 旧津久井郡津久井町・名手橋

2015-11-06 19:49:09 | かながわの橋100選
今日は完璧に秋晴れ予報だ!でも、秋の日はつるべ落とし。一時間に一本のバスでは動きにくい。津久井方面はやっぱ車だよなぁ。。

かながわの橋100選。旧津久井郡津久井町・名手橋。今は相模原市緑区です。。

津久井湖に架かる道路橋のつり橋。橋長180m、幅員3・5mの鋼吊橋で、補鋼桁には鋼トラス桁が用いられている。昭和39年に完成し、地元の生活道路に架かる橋として、地域に長く貢献している。
ふむふむ(..)φ

この間、新昭和橋と相模川水路橋と古墳を訪ねた時には歩いた道を、今日は車でサーっと通り過ぎる。

名手橋はグーグルマップでも出てくるが、問題は駐車できるところがあるんだかわからない。とりあえずの目印は「尾崎咢堂記念館」。城山ダムを渡り、413号線を相模湖方面へ。

西メディカルセンター前信号機を斜めに入っていく。とお!まだ新しいアーチ橋(^^♪

その先に、尾崎咢堂記念館。

憲政の神と称された大政治家尾崎行雄翁はこの地で生まれた。とは、目印を探していて私も初めて知りました^^;
横須賀の逸見には按針なおじさまたちがおられたが、ここには咢堂なおじさまたち(^^)

後々にまでこんなにも慕われる政治家なんて後にも先にも尾崎翁しかいないかもしれないなぁ・・なんだかちょっと寂しくなる。。

ま。橋。
車を止めるには津久井又野公園がいいとわかり、向かう。

津久井又野公園。

車でなければ、尾崎咢堂記念館の横からまっすぐに行けばいい。

公園から来た道に引き返す。

後はまっすぐに♪

お!名手橋が見えてきた(^^♪

私はこのつり橋のワイヤーの緊張感が好きなのかもしれない・・・

つり橋の場合も親柱というのかな?素敵♪

渡り始めて思わずわおお(^^♪まるで渓谷空中散歩してるみたい♪

渡り終える。

公衆電話に郵便ポストに自販機になにやらミニマムにまとまってる(^^♪

ハイキングする方々はこの道もコースになってるのかな?

私は引き返す。。

人造湖の周囲はすべて新しくなっているわけではあるが、何十年もたつと、これがこの地の自然の風景と言っていいかと思う。

ダムの耐用年数ってどのくらいなんだろう?耐用年数がくる頃はどんな時代になっているのだろう?そしてその時代はどんな風景を醸すのだろう?

橋のたもとに散策コース♪

でも、車に帰る。。

次に目指すは、嵐山橋(^^♪









コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015・10・31 テキトーに渡るおばさんの橋 かながわの橋100選 相模原市~厚木市・相模川水路橋

2015-10-31 21:03:23 | かながわの橋100選
かながわの橋100選。相模原市~厚木市・相模川水路橋。

昭和48年に建設された水路橋で、アーチの形状をした5径間の鋼ランガー橋と鋼箱桁橋とから成っており、全長830m。酒匂川の美保ダムによる丹沢湖の水を飯泉取水せきで取水し、1日最大180万トンの水を相模原の浄水場に送る導水管が相模川を渡る水路橋である。新昭和橋の上流に位置し、広域水道企業団が管理している。水は高さ3・8m、幅3・4mの鋼箱桁断面の中を流れている。酒匂川の水が、1日に200万トン近くもこの橋を渡っていることは、土木事業の意義の大きさを感じさせる。
ふむふむ(..)φ

新昭和橋を渡り、相模川水路橋である(^^♪

新昭和橋の車と競うように相模川水路橋の水は流れる(^^♪

人は水なしでは生きてはいけない。
命を運ぶ橋は、堂々とたくましく、そして美しい。

浄水場へとまっすぐに!!

浄水場に行ってみよう(^^♪

その浄水場には、確か古墳もあるはずだ(^^♪
新昭和橋を相模原方面に引き返す。

まんま国道129号線沿いに新昭和橋側道橋が並走している。

グーグルマップのナビはまっすぐに行ってぐるりとまわれ!と言うが・・

「金山神社」という神社様が地図上にあった!
おお!金山神社様であるか(^^♪金山神社様は古墳とその時の権力と縁が深い。
よく毎度毎度無事に帰宅できると皆が呆れるほどの方向音痴なくせして、なぜだかそういう時だけは嗅覚が冴える(^^;
グーグル先生は無視。新昭和橋側道橋を鋭角に曲がる。

あーこの道は古墳にいくなぁ(^^♪

ここの金山神社はたいそうにシンプルであった。

けど、あった!裏側に(^^♪

この祠の横の盛り上がりもなんだか気になる・・

って・・相模川水路橋の根元(?)を探してきたんじゃあないか(^^;橋だ(^^;
おお!金山神社様の先にありました(^^♪

ああ!!ものすごくいい(^^♪

なんて素敵な橋なんだろう。しばし見惚れる。ここから水は命へとつながる。

古墳だ(^^;今度は古墳忘れている(^^;
浄水場へと向かう。

















コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加