今日のころころこころ

おばさんのつぶやき

2015・8・14 おばさんの橋 かながわの橋100選厚木市・森のかけはし&古道50選・巡礼峠

2015-08-14 19:19:33 | かながわの古道50選
今日も蒸すなぁ(T_T)やっぱ山方面かな。。

かながわの橋100選。厚木市・森のかけはし。

厚木市の県立七沢森林公園内に架かる橋で、優美な石橋のイメージを与えてくれる。構造は鉄筋コンクリートラーメン橋で、橋長75・5m、幅員3m。石張りが行われているため、アーチ橋のように見え、一般のコンクリート橋とは違った雰囲気を醸し出している。昭和62年の竣工。
ふむふむ( ..)φ

今日も大山フリーパスを買う。要は県立七沢森林公園に行けばいいのだからルートはいくつかあるが、小田急・本厚木駅から向かうことにする。。

なんだか駅前のバス停からは七沢方面には乗れないようだ。ところで、厚木バスセンターってどこだ(?_?)
交番で聞いて、イオンを目印に歩き出す。

あそこだな。。

厚木バスセンター。

9番乗り場からなのだが、なんせ広大な森林公園だからアプローチも何か所かあるようだが、森の里中学校の表示があるバスがかたいかな(?_?)で、来たバスにテキトーに乗る。。

森の里中学校前バス停下車。
本厚木駅からはかなり遠かったから山の中の小さな中学校と思いきや、新興住宅地だったんだ。。

来る途中に看板は見えていたから、本厚木方面に少し引き返す。

このこんもりが森林公園とわかっていても入り口がわからないから、隧道に入る。

抜ければ、どうやら入り口だ。。

おわ!もう橋が見えてきた(^^♪

森のかけはし(^^♪

橋の写真だけ撮ってもなんだから、とりあえず情報収集に管理事務所に向かう。

引き出しが多そうだなぁ(^^♪

管理事務所・森の民話館に入ってみる。

いくら県立でもなんでもかんでも無料は申し訳ないから、入場料代わりに予約無しで毎日やってる「クラフト体験」を申し込む。

半年有効の東丹沢七沢温泉郷6旅館と廣澤寺温泉1旅館の日帰り入浴割引券付きでした!(^^)!
始めようとしてハタと気が付いた^^;ここで作品Aなんぞを作ってしまったら持ち運びに気を使ってその後の行動が制約されるじゃん^^;橋だってちゃんとアプローチしてないのに^^;
家で作ることにして、公園の地理を教えていただく。ほんとうに色々とありがとうございました!

うかがいながら、んぎゃ!と目を奪われたのは「巡礼峠」の文字\(◎o◎)/!
巡礼峠ってあの巡礼峠か?!そう。「かながわの古道50選・巡礼往来の巡礼峠付近」だ。豆腐体力で自信が無くいくつか残してる古道50選のひとつだ。

資料を持ってきてないから歩けはしないが、行ってみよう!(^^)!
管理事務所からまずはバーベキュー場に向かう。

森のかけはしに出る(^^♪

鉄筋コンクリートだが、森林公園に溶け込むように工夫されて楽しい(^^♪

眺めは抜群(^^♪

渡って、さてさてその先は・・

いただいた地図とにらめっこして「森の小道(ななさわの丘コース)」をチョイス。巡礼峠をめざす。。

森のかけはしは日がさした方が綺麗だなぁ(^^♪

それにしても、昨日に引き続き登る^^;

案内板が親切で助かる(^^♪

歩く。。

おわ!また登る^^;

この黄色はオブジェじゃないよなぁ(?_?)登りついでに登る(^^♪

おお絶景(^^♪

歩く。

野外ステージ・・

歩く。

また展望の丘^^;

登る。。

あずまやの向こうも絶景(^^♪

もやってなければスカイツリーまで見えるようだ。

引き返す。

巡礼峠だ!(^^)!

案内板を見詰める・・・

やっぱ今日はあきらめよう(T_T)でも計画立てればなんとか歩けそうだな(^^♪

かながわの古道50選・巡礼往来の巡礼峠付近(^^♪

森のかけはしに帰ろう。。
「沢のさんぽ道」をチョイス。

沢からの涼風なんぞを期待していたが・・水流れてないじゃん(?_?)

でも、歩くうちに徐々に水が出てきた(^^♪

お!川に出た(^^♪

そうか・・枯れてるように見えても、水は流れてるんだな。そして集まっていくんだな。。

森のかけはしが見えてきた(^^♪

脇の階段を下りる。

日がさして来ないかなぁ・・

雲が憎たらしいなぁ。。でも素敵だな(^^♪

帰ろう。。今度は、七沢温泉入口バス停を目指す。

ふり返っても、橋だけ曇り^^;

ま。

64号線につきあたる。

時刻表見て絶望(T_T)

今日のかな中バスはお盆の土曜ダイヤ。厚木バスセンターでも愛甲石田でも伊勢原でもどこ行きでもいいんだけど、ちょうどタイミング良く無い(T_T)
時間潰し兼巡礼峠の情報収集に、消防署横の東丹沢七沢観光案内所に寄る。おねえさん色々とありがとうございました!

今度は、古道だぞ(^^♪巡礼峠だぞ(^^♪

厚木バスセンター行きが来た。。



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015・3・17 おばさんの道 かながわの古道50選・京鎌倉往還の旧相模川橋脚、鶴嶺八幡宮松並木付近

2015-03-17 19:14:56 | かながわの古道50選
かながわの古道50選・京鎌倉往還の旧相模川橋脚、鶴嶺八幡宮松並木付近・JR相模線小出踏切~

3・12に旧相模川橋脚より歩き始めたものの、JR相模線・小出踏切のあたりからますます自信がなくなって、リタイア。

今日は続きを歩く。

JR相模線・北茅ヶ崎駅下車。

横が神社様と工場にはいささか驚いた。。。

小出踏切に向かって歩き出す。

ここから再スタート!(^^)!

渡って、島忠ホームセンター前の横断歩道を渡る。

真っすぐに少し歩くと、謎の墓地。

たぶんこれが、御堂山墓地。たぶん。
御堂山墓地の前を右に曲がるのだが、八王子神社に寄ってみることにする。墓地の横まっすぐ。

歴史を感じるなぁ。。。

ん?この門なんだろう?

八王子神社様。

狛犬様に大胆なネックレス!(^^)!

そうそう。茅ヶ崎にはいくつかの八王子神社様があるが、この神社様は、江戸時代の茅ヶ崎村の鎮守だった八王子神社様。

大木様がそびえる。

関東大震災で崩壊した鳥居。

石の神様たちだ!(^^)!

お猿さんたちが見事。

それにしても、御堂山墓地なる墓地が気になる。
散歩な感じのおじさまにうかがう。そしたら、氏子様でした!(^^)!ほんとうにありがとうございました!(^^)!

散歩ではなく、当番に来ていたそうだ。宮司様は常駐せず、以前は老夫婦が住みこみでお守していたが今は完全な無人。氏子様たちが交代で午前中社務所に詰めておられるとのこと。

御堂山墓地に関してはご存じなかったが、様々なお話をうかがった。
隣はかつて幼稚園だったという。さっきの謎の門納得。今は廃園となり、近隣の方々の様々な活動に貸し出されているという。氏子様が当番時間過ぎてもおられたのは、使用予定のサークルがなかなか現れないからだったようだ。

この境も見事なんだよな。。

うかがってるうちに浜降祭のお話になり、なんと御神輿を見せてくださるという\(◎o◎)/!
この浜降祭というのは、関東三大奇祭のひとつで毎年海の日に開催される。ここの御神輿は、摂社八坂神社様の御神輿として参加。参加神輿中最大の600㎏を誇る大神輿という。浜降祭を観に行くチャンスなんて無いだろうなぁと思っていた私をあわれんでくださったのか八王子神社様。。。

わあ(*^_^*)

お礼を申し上げて、元の地点に引き返す。

墓地の前を右に曲がる。

地図を眺めていると、一本目を曲がるのもらしく感じる。

二本目を右に曲がる。

そうか。新しい道路が出来るんだ。

京鎌倉往還は進化し続ける。。。

その先の交差点もまっすぐに。

でも、海前寺様に寄り道。

大きなお寺様だなぁ。。。

そこ入るのか。

うわ\(◎o◎)/!グーグルだ\(◎o◎)/!初めての遭遇。。。

お!お地蔵様。

佐々木卯之助の供養塔。清廉潔白なお方だったんだろうなぁ。。。

海前寺様だ。

1591年草創の古刹だ。

ここで聞くしかないとインターホンを押す。ご住職様ありがとうございました!(^^)!とても勉強のいなったのです!(^^)!
あの謎の墓地は、やはり御堂山墓地だった。今は海前寺様と世話人様たちが共同で管理しておられるが、元々は村の共同墓地だったそうだ。だから今でも宗派等関係無いそうだ。道理で神道みたいな墓石もあったわけだ。納得!
ここでいきなし海前寺様のおへそ!(^^)!
1・佐々木卯之助の供養塔
2・くるま地蔵
3・旧寛永寺の石燈籠

4・ピストン堀口の墓

お礼を申し上げて、元の道に引き返す。本村四丁目交差点。

東へ。

少し曲がることもあるが。

あ!茅ヶ崎高校だな。

真っすぐに東へ。

松林中学校だ。

真っすぐに東へ。

面影・・・

少し曲がって、小和田地区コミュニティーセンター。

トイレをお借りする。
熊野神社様に寄り道。

お!水神様だ!

熊野神社様を出てまっすぐ。

今度は上正寺様に寄り道。

ここの石燈籠も寛永寺様から来た内の一基。

落ち着いた古刹だ。

ひと休み。

上正寺様の前は国道一号線。

再び古道へ。

面影。

少し曲がって少しまっすぐで、辻堂駅への道。

大きな建物が出来るのかな?

駅が見えてきた。

帰ろう。

気温はすっかり春だ。

付記
京鎌倉往還は、京都粟田口から琵琶湖を経て不破関を越え美濃路から東海道筋を東へ東へ。駿河から足柄を越え相模に入り、相模湾岸を進み片瀬・腰越を経て極楽寺に至った。


































コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015・3・12 おばさんの道 かながわの古道50選・京鎌倉往還の旧相模川橋脚、鶴嶺八幡宮松並木付近

2015-03-12 21:42:35 | かながわの古道50選
よく晴れたが、風が強い上に冷たい。でも、歩くにはいいかな。

かながわの古道50選。京鎌倉往還の旧相模川橋脚、鶴嶺八幡宮松並木付近。

この道は、西へ向かう途中で3本に分かれたと伝えられていますが、そのなかで旧相模川橋脚に至る道が選定されました。関東大震災の時、水田の中から直径50㎝もある檜の丸材が7本地上に出てきました。これは、稲毛三郎重成が北条政子の妹であった亡妻の供養のために建久9年(1198)に相模川に架けた橋の橋脚と考えられています。また、橋の幅は7m余りと推定されています。なお、源頼朝はこの橋の渡り初めを行い、その時に馬が暴れ相模川に入ってしまったといわれており、これが相模川の下流を馬入川と呼ぶ由来です。また、頼朝はこの時の落馬が原因で死亡したという説があります。
ふむふむ( ..)φ

辻堂から歩く方がいいのかもしれないが、逆光とのバトルがいろんな意味でめんどーなので茅ヶ崎から歩くことにする。
JR・茅ヶ崎駅下車。北口からどこ行きでもいいが、町屋バス停か今宿バス停を通るバスに乗る。たまたま平塚北口行きのバスが停まっていたから飛び乗る。
国道1号線を走って今宿バス停下車。

茅ヶ崎駅に引き返す方向に歩き出す。

目印は、二トリさんです。二トリさんの向かい側に旧相模川橋脚が保存されてる。

有名だから能書きは省く。

もう3度目になるかな。。。地震の液状化現象といえばそれまでだが、こうして旧東海道の長大橋が伝説ではなく実際に姿を現したという事実に、いつ来てもなぜだかじんわりときてしまうのです(^^)

桜はまだ。

歩き出す。

歩き出すって・・・おいおいどうやって国道渡るんだよ(?_?)信号なんか近くにないよ(?_?)

あ!お婆ちゃんが斜め横断した!私もと思ったが、そういえば歩道橋があったなといい子ぶって下町屋橋を平塚方面に引き返す。

いにしえの橋の方が立派だったんだろうなぁ。。。
行ってみたら歩道橋も国道の向こう側。結局は私も斜め横断。

歩道橋を渡り今度こそスタート。

と言っても・・・宅地化がそうとうに進んでいるから自信は全くない。たぶんで行く。

お!くるたびにお前らは悪さしとるな。。。

下町屋橋を茅ヶ崎方面に渡り、一本目の小道を入る。

おやおやいきなし分岐だよ(?_?)

ん?その幼稚園は梅雲寺様の経営なのか。右に行く。

お!梅雲寺様。

難除三宝荒神様が有名な古刹だ。

梅雲寺様の横の道が、そうだといわれている。
塀に添って曲がる。

古刹とはいえ梅雲寺様の建立は1599年だから、京鎌倉往還の頃の風景はずいぶんと違っていたんだろうなぁ。ランドマークみたいな山とか見えたのかな?
お!公園だ。

そうか。この赤い道は遊歩道か。さっきの幼稚園分岐直進でつながってるのかな?

いにしえもここらあたりで休憩していたりなんかして(^。^)y-.。o○
東に向かって歩く。

あ!見おぼえある道だ!

鶴嶺八幡宮様参道松並木(^^♪

でも今日は鶴嶺八幡宮様には寄らないの。遠くからご挨拶。

松並木を少し相模川方面に行き、行くんだよな(?_?)この大雑把な地図(?_?)

おお!なんかある!

残念でした。松並木の解説だった。

でも、この道ですかね・・・?

なんで鶴嶺八幡宮様をスルーかといえば、松並木を横切った先の方の矢畑肥地力の地に源頼義が戦勝祈願のために京都は石清水八幡宮を勧請したといわれてる。その後浜之郷に移したものが今の鶴嶺八幡宮様であるという伝説。そうならば確かに、この道と鶴嶺八幡宮様が離れているのも納得できる。
ま。案内板設置広場の横を行く。

畑の奥に石の神様たちが見える。

でも・・・ここまでが限界かな。地図の方も点線になってる。典型的な首都圏型新興住宅地だ。
スマホに茅ヶ崎市保健福祉事務所と打ち込んでナビで歩く。

ぐっと道が広くなった。

保険福祉事務所の信号を渡る。

橋だ。

それにしても不思議なものだな・・・古道は消滅しているのに、この鎌倉へ真っすぐ感はある。。。

ジャスコじゃないイオンと行政施設が向き合う。いにしえも賑やかだったのだろうか?

真っすぐに歩道橋を渡る。

中央公園の中を行く。

いい公園だなぁ(^^♪

公園終り。

真っすぐに東。

おお!JR相模線!

・・・渡らなきゃ・・
茅ヶ崎方面に踏切が見えた。

踏切を渡る。

渡ったが・・・たぶんその一本目の道を東に入る???

おおお!!墓地だ!この道でいいのかな??

それにしても、なんだ(?_?)この墓地(?_?)
たまたま墓掃除されていた若い女性におうかがいしたら、なんでも3つの寺の共同墓地ということだった。その方もそれ以上はご存じなかった。
かなり歴史ありそうな感じなんだけどなぁ(?_?)
墓地から印象的な大木様が見えた。たぶんこの道だろう。たぶん。

でももう完全に行き詰り感。
今日はここまで。
作戦タイムだなぁ。。。
また来週来ます。。。


























コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015・3・3 おばさんの道 かながわの古道50選・足柄古道の足柄峠付近の地蔵堂~

2015-03-03 20:57:37 | かながわの古道50選
本日まずは、ヒトミ先生にワダ様ありがとうございました(^^)(^^)(^^)


かながわの古道50選・足柄古道の足柄峠付近の地蔵堂~。

2月27日に行ったものの、足柄関所跡から夕日の滝付近でへたばり、金時山3000回様に助けられて新松田まで帰ってきた(T_T)

本日は地蔵堂から残りを歩く!(^^)!

時間を稼ぎたかったから大雄山線経由より早い路線バスで関本に向かうことにする。
小田急・新松田駅下車。箱根登山鉄道バス・関本行きに乗る。

松田町は桜まつりの真っ最中。河津桜が満開だ。

バスの運転手さんがなんだかノリノリな人でウッフォ♪てな感じで運転してる。とお\(◎o◎)/!お客さんが降りるバス停過ぎちゃって平謝り。ははは・・・
ま。20分で関本到着。早い。地蔵堂行きは50分発だから、とりあえず駅前のフードコートで小腹満たし、道了餅を買う。

地蔵堂行きに乗車。

とお\(◎o◎)/!50分発のはずが45分に出てしまった。運転手さんは見るからにベテランの落ち着いた感じの人だったから私が勘違いしていたのかと思って何も言わなかったが・・・やっぱフライングだった。

積み残しお客さんを乗せたバスと合流して受け取る。

運転手さん気の毒な位にしょげてる。
それにしても箱根登山鉄道バスは恵まれてるな。お客さんが優しい人ばかりだ。東急バスならクレームの嵐だよなぁ。。。
ま。
地蔵堂到着。

この地蔵堂。後でワダ様に指摘されて知った。地蔵堂とは地名で、かつて公民館のあたりに地蔵堂があったらしい。このお堂は誓光寺様とお寺様だったんだ。
うどん屋さん賑わってる。

夕日の滝方面に向かって歩き出す。

お!金太郎の遊び石だ。

金太郎さんの生家跡の前の橋を渡る。

金時山3000回様はあの道は箱根にいっちまうと心配してくださったが、すぐに分岐。

ん???どっちだろう?

小道の方を行ってみる。

おお!墓地だった。それにしてもなんて好い場所なんだろう。私もこんなところに眠りたいものだなぁ。

引き返して歩き出す。

結局は墓地からの道と合流だったが。

遊歩道を行く。

ん?あ!あれが頼朝のひじまがり松か。

どこにあるんだろう?

それ?かな。

まだ二代目は幼い感じで曲げなくても月が見られそうだ。桜の方が素晴らしいそう。

歩く。

道路から投げるのかな?ゴミが哀しい。

おおお\(◎o◎)/!城跡か!

どこにあったのかな?

ま。歩く。

下には狩川が流れてるのかな?

ひたすら歩く。

お!行き止まり。

と思いきや、道を渡り遊歩道が続く。

ここなんだろう?休憩所かな?

歩く。

お!県道78号線が見えてきた。

石の仏様がほほ笑む。

さてと・・・どこか切れ目(?)があるはずだ。

お!あそこだな。

家康陣馬の跡の案内板。

その横の道を入る。

せせらぎの音が響く。

とおお(T_T)行き止まり(T_T)

たまたま山作業されていたおじい様にうかがう。
ありがとうございましたワダ様!(^^)!

この道じゃない!説明するのもめんどーだし乗れ!とおっしゃる。おっしゃるうう\(◎o◎)/!
ワダ様の軽トラでご案内いただく。

あそこだよ!

そうか!78号線をもう少し下らなければならなかったんだな。
ワダ様が、地域の歴史とかあれは農協のトラックだとか豆知識をはさみながら丁寧に道を教えてくださる。さっきの墓地はワダ様たちのらしい。

お見送りいただいて、再スタート。

いい道だなぁ。。。

お!イノシシ避けフェンス!

ワダ様に教えていただいた通りに錠を開けて入りきちんと閉める。
歩く。

梅の香りがするその先は右。

78号線を関本方面に下る。

そろそろ終点・矢倉沢表関所跡。

とおお(?_?)わからない(?_?)なんの表示もない(?_?)

関本に向かって右手方向しかないから、県道の下を覗き込む。

農作業中のおばあ様におうかがいしたところ、わかった。県道の下の道だった。
ありがとうございましたヒトミ先生!(^^)!

矢倉沢表関所跡。

この地は矢倉沢往還・矢倉沢宿。かつて、足柄峠越えを前後に休憩や宿泊をとる旅人でたいそうに賑わった宿場だったそうだ。
立花屋・常陸屋・富士屋・江戸屋などの旅籠が軒をつらね、米屋・油屋・履物屋・豆腐屋などもあった。
当時流にいえば、ヒトミ先生は本陣・立花屋の大おかみさん。
最初は豪農の大おかみさんと思っていたが、語り口が知的で的確であれ?と思ったら、若い頃は教鞭をとっていたという。納得。
ヒトミ先生宅・立花屋さんにお邪魔する成り行きとなってしまった。すいません。

明治の大火災で焼け落ちた中で、立花屋の土蔵だけは残ったそうだ。宿帳などは無事で、矢倉沢往還を研究する方々の一級資料として活用されてる。今でも、たくさんの研究者たちが訪れるという。
こんな風来坊の私にまで丁寧に説明してくださった。

矢倉沢宿。

ここは常陸屋さん跡。

資料のコピーとみかんたくさんいただいて帰る。ひとみ先生が見送ってくださる。なせだか伯父を思い出して涙がにじむ。

また必ず来よう。
78号線に出る。

石の神様を見ながらひたすら下る。

お!足柄神社様だ。

ワダ様は足柄関所跡のところの足柄明神様を奥宮と呼んでいた。あそこから矢倉沢を経て今はこの地に鎮座する。

下りる。素晴らしい眺めだ。

もう歩けない。。。幸いにバスが来そうだ。

おお\(◎o◎)/!フライングでしょげていた運転手さんだ。頑張ってくださいね( ^^) _U~~
関本に着いたら目の前に新松田行きのバス。乗り換え楽で疲れた足には嬉しい。

足柄古道への興味は深くなるばかりだなぁ(^。^)y-.。o○



















コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2015・2・27 おばさんの道 かながわの古道50選・足柄古道の足柄峠付近

2015-02-27 19:17:19 | かながわの古道50選
そろそろ日も長くなってきたし・・・は甘かったなぁ(T_T)
まずは、夕日の滝でひろっていただいた鴨宮の金時山3000回様(名前教えていただけなかった)本当に本当にありがとうございました!無事に帰宅できましたのです!


かながわの古道50選・足柄古道の足柄峠付近。

足柄峠は古代では足柄道がかよい、そして近世では矢倉沢往還が通っていました。歴史も古く国境で、いろいろな史実、伝承が伝えられています。菅原孝標の娘は更級日記に『足柄山といふは、四五日かねておそろしげにくらがりわれたり。---』と書いています。万葉集の『防人歌』にもここを詠んだものが見られます。後北条氏は、武田氏に対する最前線としてこの足柄峠に足柄城を築きました。
ふむふむ( ..)φ

どのくらいの道なのかな?豆腐体力の私でも片道なら歩けるかな?
というわけでバスで足柄万葉公園まで行きたかったが、土日しか運行していない。こんな贅沢はバチがあたると思いながら今回はタクシーにすることにした。
伊豆箱根鉄道・大雄山駅下車。

タクシーで足柄万葉公園に向かう。

路線バスの方は時間間隔とか距離感覚にだいぶ慣れていたが、タクシーの方は自宅周辺感覚のまんまで気軽に乗ってしまったのだが、4060円なり。ははは・・・(T_T)
4人くらいのグループならひとり1000円くらいでいいかもしれないが(T_T)
恨めしや・・・

ま。足柄万葉公園。

足柄関所跡にむかって歩き出す。

おお!県境だ!静岡県になるんだ!

ん?神社様。

たぶん古道から入れる気がするから寄らずに行く。

お!トイレ。お借りする。

あそこだな。

まずは、足柄山聖天堂様にお参り。

道路を渡れば、そうか、ここから足柄城跡とか金時山とかに行けるのか。

今日はパス。

足柄関所跡。

なんだろう?この通行止め?

スタート。来た道を少し引き返す。

入る。

お!やっぱさっきの神社様に行ける。寄り道。

わお\(◎o◎)/!なんていい眺めなんだ\(◎o◎)/!

足柄明神様。正確には、跡。か。

再興悲願な感じだが、私はこの方が好きだなぁ(^^)(^^)(^^)
後は塚かな???いかん!また妄想にはまってしまう。足柄の神々はまた後日。

引き返す。

あ・・・木が倒れてる。。。

足が短いからくぐって行く。

お!分岐だ。

左手に金太郎の金ぶた石。どれだかわからない。

右手には源頼光の腰掛け石。

腰掛ければ、矢倉岳。

その分岐は右。

県道78号線脇を更に下る。

石畳!!!

思わず振り返る。

防人たちも歩いた石畳。どんな思いで越えたのか足柄峠。全員が帰還できたのだろうか?ここを歩きたかった。
78号線に出る。

渡って小道を入る。

さて?次はどこから入る?

お!あそこだ。

けっこうワイルド。

また78号線。

次はあそこから入る。

かなりワイルド。

またまた出た。

そこから入る。

またまたまた出た。

今度は案内表示が無い。ここから78号線かなぁとも思ったが、入れる感じだな。

正解。

お!なんか見えてきた。

そこでそろそろ古道らしきは終るのかな?

え?この石碑はなんだったのだろう?

ま。78号線を下る。

ランニングしてる人いる。

ぐっとカーブ。

それにしても矢倉岳が素晴らしい!(^^)!

徒歩徒歩と歩く。

ん?なんか違う気がするな(?_?)
この道は新しい。

もしかして平行してる上のガードレールの道!あれが旧道だったんかな?

確か分岐があって車両の進入禁止だったからクローズしてると思って選択しなかったんだよなぁ(T_T)
ま。ま。車道を行こう。これが車の往来が激しければ引き返すところだが、車道の真ん中を歩いても平気な程度にしか車が走ってない。
お!地蔵堂様への道路標識。

右に曲がる。

道なりに行く。

おやおや洒落たお店だ。

地蔵堂様だ。

本尊様たちは後。

やっぱあの上の白いガードレール沿いの道だったな。

ま。先を目指そう。

それにしても以外に食べ物屋さんがある。

それなりきに歩く人が多い道なのかな?この地蔵堂バス停までは平日でもバスが来ている。

夕日の滝方向に歩き出す。

なんだろう?

金太郎の遊び石!

遊んでる(^^)

ん?金太郎の生家(?_?)

こんなに拓けてなければありかな。ま。
その先の橋を渡ればいいのかな?

でもせっかくだから滝を見てからにしようか。

わ\(◎o◎)/!イノシシの毛皮\(◎o◎)/!

やっぱ金太郎の生家あったかもしれない。ま。

夕日の滝。

残念ながら曇ってきていて夕日はなかったが、清冽だ。

さてさて・・・
実は、この時点で体調がヤバかった。タクシーで行って下りてくるだけだからと昼飯代わりに電車の中でコンビニお握り食べただけだった。太れない体質で元々エネルギー貯金が出来ない。日が陰って気温が著しく落ちたこともあって体が動かなくなりつつあった。低血糖で倒れたらどうしよう(T_T)・・・地蔵堂までは歩けるかな?タクシーの名刺もらっておいたから呼ぶかな?
と、声をかけてくださったおじさま。さっき滝の下でクレソンを摘んでおられた方だ。自分ではちゃんと歩いているつもりがヨレていたのかもしれない。
日課の金時山登山の帰りにクレソン摘みに滝に寄ったが、道中で私をみかけていたという。人っ子一人いないこんな時期に地図見ながらふわふわとしていて心配だったという。もう今日はあきらめた方がいいよ!と新松田まで送ってくださるという。
本当に本当にありがとうございました!鴨宮の金時山3000回様(^^)(^^)(^^)

地蔵堂のところで、杖を持って歩く若い男性がいた。
あ~なんて日だよ!こんな時間にあの人どこにいくんだ?あんたと同じじゃないだろうな?!ひろうか!と車をUターンさせてこちらにも大声で問いかける。滝まです!との返事に安心して新松田にむかう。
駅前で降ろしていただいて、見送る。

ふと、防人たちを見守った足柄の神様たちを思った。
わ\(◎o◎)/!もしかして3000回様は化身だったのかな\(◎o◎)/!足柄の神々に会いたい会いたいと思っているが、まさか会えたのかな(*^_^*)
あんましイノシシには同情がなかったけど(^。^)y-.。o○
残り後半は来週にしよう。来週の火曜日は休みだ。
車がいいかとも思うが車まで戻らねばならぬ。大雄山駅前に駐車するなら電車の方が早い。地蔵堂までは平日でもバスがある。
足柄万葉公園からやり直しはきつい。タクシー代が。春・秋くらいは万葉公園までバスがあってもいいと思うけどなぁ。。。




















コメント
この記事をはてなブックマークに追加