サーカスな日々

サーカスが好きだ。舞台もそうだが、楽屋裏の真剣な喧騒が好きだ。日常もまたサーカスでありその楽屋裏もまことに興味深い。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

mini review 10507「ザ・ウォーカー」★★★★★★☆☆☆☆

2010年11月29日 | 座布団シネマ:さ行

世界が崩壊した近未来を舞台に、この世に一冊だけ残った本を運び、ひたすら西へと孤独に旅する男の姿を描くサスペンス・アクション。主人公イーライを演じるのは『クリムゾン・タイド』のデンゼル・ワシントン。本を探すもう一人の男を『ダークナイト』のゲイリー・オールドマンが演じる。イーライはなぜ旅するのか? 本には何が書かれているのか? といった謎に満ちた展開と、その先に待ち受ける衝撃のラストに注目だ。[もっと詳しく]

はじめに「言葉」ありき。

ノストラダムスやマヤの予言によるような天変地異のひっくりかえりでも、未知のウィルス感染による一挙的な人類の死滅でも、宇宙人の到来による地球攻撃でも、人間同士の愚かな核戦争が引き起こしたものでもいいのだが、終末と廃墟、そこに生き残った少数の人間たちというのは、映画の恰好のテーマではある。
「映画批評空間」さんが、終末を描いたSF映画を丹念に拾い出してくださっているので、
参照されたい。



廃墟となった世界では、『ターミネーター』のように過去の世界に遡ってその原因を取り除こうとしたり、『猿の惑星』シリーズのように人間以外の種族の歴史を仮構したり、数多いゾンビ映画のようにひたすら亡霊に追いかけられたり、『マッドマックス』のように荒れ果てて野蛮なコミュニティが横行するような文明の退化があったりするのだが、多くは生き残った一握りの者たちのコミュニティの再生に希望を託すことになる。
つまりは、旧約聖書に見られる「創世記」のリセット版ということになる。



ザ・ウォーカーと呼ばれる男(デイゼル・ワシントン)は、30年にわたってひたすら「西」を目指し、最後の一冊の本を運命の指し示すままに、どこかのだれかに届けようとしている。
失われた世界の汚染水域からのがれた水脈を支配する独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)は、自分の支配が残った世界を覆うためには、その本が必要と考えている。
そしてこの二人は出会い、対決することになるのだが・・・。



アルバート&アレンという双子の兄弟監督の見どころといえば、崩壊後の廃墟のランドスケープの描写である。
このあたりは、この双子監督が大友克彦の『AKIRA』の映像化にあたって、実写監督の候補としてあげられていることでもわかるように、なかなか廃墟のリリシズムといったものをよくわかった監督であると思われる。



さまざまな遭遇者から「本」を護るために、どこで訓練したのかしらないが、ザ・ウォーカーが短刀や拳銃を繰り出して、敵を秒殺するアクション・シーンは見事ではあるが、ストーリー的にいえば観客サービスに過ぎない。
「第2のアンジェリーナ・ジェリー」とも期待され、なかなか魅惑的なソラーラという少女役のミラ・クニスの起用も、もちろん観客サービスである。
この映画の本質は、やっと「約束の地」にたどりついたザ・ウォーカーが、後生大事に護ってきた「本」そのものではなく、自分の記憶から言葉を紡ぎ出し、それを印刷技術を復活させた人々のために、口述筆記させる場面にある。
もちろんそれは「聖書」であり、まずザ・ウォーカーの語りは、旧約聖書の創世記第一章から始まることになる。

初めに、神は天地を創造された。
地は混沌であって、闇が深淵の面にあり、神の霊が水の面を動いていた。
神は言われた。「光あれ。」こうして、光があった。
神は光を見て、良しとされた。神は光と闇を分け、
光を昼と呼び、闇を夜と呼ばれた。夕べがあり、朝があった。第一の日である。



僕たちもいつのまにか暗記してしまっている、天地創造の六日間の第一日目の記述である。
ザ・ウォーカーはどうして「西」を目指すのか?
まるでアメリカの西部開拓の男たちのように。
むろん、約束された土地は、西方にあるからだ。
そして、東方から使者は来ることになる。
「東方」の三賢人のように。
宗教はやはりその起源が重要になる。
つまりは「創世記」だ。その「創世記」にはこんな言葉もある。

神は、東の方角にエデンの園を設け、自ら形作った人をそこに入れた。



六日目に人間は登場するが、その一人は「西」にいる。
そして「旧約聖書」では、かつて人類はひとつの共通の言葉を話していた。
人間は東からやってきて街をつくり、それが傲慢にも神に成り代わろうと「バベルの塔」を建設することになる。
神は人間の言葉がひとつだから問題なのだと考え、言葉をばらばらにしてしまった。

こういうわけで、この街の名はバベルと呼ばれた。神がそこで言葉を混乱(パラル)させ、また、神がそこから彼らを全地に散らされたからである。



ザ・ウォーカーはもう一度人間の過ちをリセットしようとしている。
はじめに言葉ありき。彼は、延々と口述を続ける。
彼が護ってきた鍵付きの「本」は点字の聖書であった。
言葉は読み取れなければ、単なる記号に過ぎない。
カーネギーの情婦でソラーラの母である盲目のクローディアだけがその「言葉」を受容でき、そこでカーネギーと立場が逆転する。
独裁者カーネギーは最後の本を物神化したが、それは誤っていた。
神の言葉を、独り占めすることなどできない。
印刷という手法によって、アウラ(複製)化され、人々に等しく降りていくことになる。
現在でも「聖書」は2000の言葉に翻訳され、毎年5億冊が出版されている。
無神論者の僕でさえ、「聖書」の普遍の言葉は、奥行きに満ちていると感じられる。

 





 

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   トラックバック (54)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 204日目「セーヌの流れに沿って... | トップ | 別れても好きな人/シルヴィア(... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
似たような (sakurai)
2010-12-05 17:39:17
シチュエーションの作品が多いのは、作らせようという何かの力が作用しているのでしょうかね。
マルコム・マクダウェルが、いかにも聖人っぽいのに、時代の流れを感じました。
3昔前だったら絶対にあり得ない配役でしたね。
sakuraiさん (kimion20002000)
2010-12-06 00:12:56
こんにちは。
なんらかの意図はあると思いますね。
僕はあまり宗教の起源には詳しくは無いのですが、たぶんいろんな暗喩が散りばめてあるのかもしれません。

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

54 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
劇場鑑賞「ザ・ウォーカー」 (日々“是”精進!)
 「ザ・ウォーカー」を鑑賞してきました「フロム・ヘル」のヒューズ兄弟がデンゼル・ワシントンを主演に迎えて描くSFサスペンス・アクション。文明が崩壊した終末世界のアメリカ...
映画「ザ・ウォーカー」感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『ザ・ウォーカー』を本日鑑賞。本日初日1回目で観客は20名ほど。 採点は、★★☆☆☆(5点満点で2点)。100点満点なら45点。 ざっくりストーリー 世界が一度崩壊した(らしい)近未来。(なぜか)この世に一冊しかない『本』を持って、西に歩き続ける主人公イーライ...
ザ・ウォーカー (ともやの映画大好きっ!)
(原題:THE BOOK OF ELI) 【2010年・アメリカ】試写で鑑賞(★★★☆☆) 世界にたった1冊だけ残された本を巡って繰り広げられるサスペンスアクション。 文明崩壊後のアメリカ大陸。ウォーカーと名乗る男(デンゼル・ワシントン)は、世界でたった1冊残る本を運び、...
ザ・ウォーカー (佐藤秀の徒然幻視録)
公式サイト。原題:THE BOOK OF ELI。アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ監督、デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・クニス、レイ・スティーヴンソン、ジェニフ ...
「ザ・ウォーカー」感想 (狂人ブログ 〜旅立ち〜)
 「マトリックス」のジョエル・シルバー制作。ハリウッドを代表する二大スターが競演する事でも話題の本作。 主演のデンゼル・ワシントンは「サブウェイ123激突」の信楽焼のタ...
ザ・ウォーカ―(2010)THE BOOK OF ELI (銅版画制作の日々)
運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。
2010-17『ザ・ウォーカー』を鑑賞しました。 (はっしぃの映画三昧!)
映画を鑑賞しました。秊 2010-17『ザ・ウォーカー』(更新:2010/06/19) 評価:★★★☆☆(★★★★☆との間) 今週の映画で期待度ナンバーワンとか。 デンゼル・ワシントンが主役なのだか、現役フットボール選手の息子共...
『ザ・ウォーカー』 (こねたみっくす)
世紀末西部劇。のような雰囲気はあるので、それなりには面白い映画でした。ただ『許されざる者』や「北斗の拳」のような突き抜けた格好よさというか面白さというか、とにかくキレ ...
【ザ・ウォーカー】 (日々のつぶやき)
監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス 「戦争で地球が焼けたただれ、人口が減ったアメリカをイーライはただ一人旅を続けていた。 途中ある町に立ち寄った。そこで男たちに絡まれたイー
ザ・ウォーカー (悠雅的生活)
荒廃した大地。西へ往く男。‘両刃の剣’。
ザ・ウォーカー / The Book of Eli (勝手に映画評)
“何らか”の原因に依って文明が崩壊してしまっている社会が舞台。 とは言うものの、“何らか”が示すものは、核戦争である事を映像的に表現しています。“何らか”と記したのは、明示的に台詞として語られていなかったから。冒頭のシーンから、核の灰の降るシーンです.....
ザ・ウォーカー/デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン (カノンな日々)
『ハリポタ』でのシリウス・ブラック役もお気に入りですが、やっぱりこの人には強烈な悪役を演じてほしいゲイリー・オールドマンと対照的に正義の味方が似合いそうなオスカー俳優 ...
[映画『ザ・ウォーカー』を観た] (『甘噛み^^ 天才バカ板!』 byミッドナイト・蘭)
☆どうあっても、B級にしか為り得ない、最終戦争後の時代の戦いの物語を、思った以上に格調高くセピアチックに撮り、見せ場もふんだんで面白かったのではないでしょうか?  アクションが西部劇スケールなので、『マッドマックス』よりも表現が退化したと思われ...
ザ・ウォーカー (だらだら無気力ブログ)
文明が崩壊した近未来の世界を舞台に、一冊だけ残ったある本をひたすら西 へと運ぶ男の姿を描いたSFサスペンスアクション。 主演の本を運ぶ男には『サブウェイ123 激突』のデンゼル・ワシントンが 、共演の本を奪おうとする男には『レイン・フォール/雨の牙』のゲ...
ザ・ウォーカー (とりあえず、コメントです)
デンゼル・ワシントン主演の近未来サスペンス・アクションです。 色を落とした映像の予告編を観て、面白そうだなあと気になっていました。 シンプルなストーリーと共に映し出された荒野に、彼はどこまで行くのかなあと思いながら 黙々と歩く主人公の姿をじっと見つめてい...
ザ・ウォーカー (映画鑑賞★日記・・・)
【THE BOOK OF ELI】 2010/06/19公開 アメリカ PG12 118分監督:アレン・ヒューズ、アルバート・ヒューズ(ザ・ヒューズ・ブラザーズ)出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、 ...
映画「ザ・ウォーカー」 (ITニュース、ほか何でもあり。by KGR)
2010/6/23 ユナイテッドシネマ豊洲。 ここは肘置きが各椅子の左右に一つずつついている。 つまり、椅子と椅子の間の肘置きが2つあるので、肘置きの取り合いにならなくて済む。 とはいっても、他の映画館に比べ椅子の間が10cmほど広いだけで、そんなに違...
ザ・ウォーカー (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ〜)
評価:★★★【3点】 西へ西へって、最後は東から現れるパターンではなかったのね。
ザ・ウォーカー (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
ザ・ウォーカー [DVD]文明が崩壊し、荒廃した世界で、一冊の本を運ぶ孤独な男の物語には、ラストに驚きが隠されている。すべてを失った近未来。イーライはこの世に一冊だけ残る本を ...
ザ・ウォーカー (そーれりぽーと)
久々の極悪人役を演じたゲイリー・オールドマン目当てで『ザ・ウォーカー』を観てきました。 ★★★
♯33 「ザ・ウォーカー」 (ここはここ)
映画 「ザ・ウォーカー」 THE BOOK OF ELI を観ました       アルバート・ヒューズ / アレン・ヒューズ監督 2010年 アメリカ いつもなら映画を観る前には、できるだけ避けてるネタバレ記事。今回は我慢できずに、ちらっと拾い読みした...
★ザ・ウォーカー(2010)★ (CinemaCollection)
THEBOOKOFELI運べ、西へ。世界に残るたった一冊の本を──。映時間118分製作国アメリカ公開情報劇場公開(角川映画=松竹)初公開年月2010/06/19ジャンルSF/アクション/サスペンス映倫PG12...
「ザ・ウォーカー」 信じるものは救われる、信じないものは・・・ (はらやんの映画徒然草)
<今回はネタバレ含みますので、観ていない方はご注意!> 原題は「THE BOOK
『ザ・ウォーカー』・・・終末の先に (SOARのパストラーレ♪)
事前情報をほとんど入れずに鑑賞。正直思っていたよりはるかに地味な作品だった。しかしながら切って捨てるにはもったいないだけの魅力も十分にあり、見応えはなかなかのもの。テイスト的には平日昼過ぎのテレビ東京行き確定のB級作品なのだが、そこはデンゼル・ワシント...
ザ・ウォーカー (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
世界的戦争の後、荒廃したアメリカ大陸を旅する一人の男。その男が持っているのは世界に秩序を持たらす絶対的存在だ。最後のオチは予想外だったけど、爽快な気分と充実感が得られた。デンゼル・ワシントンの演技がすごい。
タイトルデザイン_17・ザ・ウォーカー・Prologue Films (映画雑記・COLOR of CINEMA)
注・ネタバレ、内容に触れています。物語・世界崩壊後の近未来。世界に一冊だけ残された本を運び西へ向かう男イーライ(デンゼル・ワシントン)。そして同じく本を探す男カーネギー(ゲイリー・オールドマン)。果た
ザ・ウォーカー (心のままに映画の風景)
世界で一冊だけとなった本を西へ運ぶため、30年間歩いて旅をしているイーライ(デンゼル・ワシントン)は、立ち寄ったある町で独裁者カーネギー(ゲイリー・オールドマン)と出会う。 文明が崩壊した終末...
ザ・ウォーカー (★YUKAの気ままな有閑日記★)
デンゼル主演の期待の新作だったんだけど・・・【story】世界で一冊だけ残る本を運び、30年間旅をしている男イーライ(デンゼル・ワシントン)。本に触れる者をためらわずに誰でも殺すイーライだが、彼は旅の目的地を知らず、「西へ向かう」という手掛かりだけを頼りに歩...
ザ・ウォーカー (風に吹かれて)
30年もかからないでしょう 公式サイト http://www.thewalker.jp製作: ジョエル・シルバー監督: アレン&アルバート・ヒューズ  「フロム・ヘル」大規模な戦争により文明が崩壊した
【映画】ザ・ウォーカー…邦題がウォーカーなのは配給会社が角川だから? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
またまた昼過ぎまで寝てしまったピロEKです そこから今までの時間「たかじんのそこまで言って委員会」を観た以外には何もしていません。 …天気良いのになぁ というこ...
西へ旅する者〜『ザ・ウォーカー』 (真紅のthinkingdays)
 THE BOOK OF ELI  近未来。戦争によって「空に穴」が開き、人類がほぼ滅亡した後の地球。一人 の男が、アメリカ大陸を西へ向かって歩き続けていた。彼が持っているのは、た だ一冊だけ地球上...
ザ・ウォーカー (迷宮映画館)
狙ったわけじゃないんですよ。・・・「座頭市」と続けて見てしまったあたし。
映画「ザ・ウォーカー」 (FREE TIME)
先日、映画「ザ・ウォーカー」を鑑賞しました。
ザ・ウォーカー (メルブロ)
ザ・ウォーカー(原題:THE BOOK OF ELI) 322本目 2010-26 上映時間 1時間58分 監督 アレン・ヒューズ 出演 デンゼル・ワシントン(イーライ) 、 ゲイリー・オールドマン(カーネ ...
ザ・ウォーカー (The Book of Eli) (Subterranean サブタレイニアン)
監督 アレン・ヒューズ/アルバート・ヒューズ 主演 デンゼル・ワシントン 2010年 アメリカ映画 118分 SF 採点★★★★ 中・高・大学とミッション系の学校に通ってたせいか、それこそ何度も何度も聖書を読んだ私。様々な角度から聖書を読みとる宗教学の授業も、...
ザ・ウォーカー (キノ2)
 文明が崩壊した近未来のアメリカを舞台に描く西部劇風サスペンス・アクション。  仕掛けが面白く、深読みが可能で、主演のデンゼル・ワシントンがかっこよく、悪役のゲイリー・オールドマンが如何にもかれらしい演技を魅せてくれる、なかなか楽しい一作であります...
ザ・ウォーカー (りらの感想日記♪)
【ザ・ウォーカー】 ★★★★ 映画(34) ストーリー イーライ(デンゼル・ワシントン)という名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に
ザ・ウォーカー☆独り言 (黒猫のうたた寝)
デンゼル・ワシントンにゲイリー・オールドマン舞台は近未来・・・人類は一度滅亡しかけ生き残った人々一人の男がひたすら西に向かって旅を続ける。Gyaoで冒頭7分くらいの映像公開してまして・・・あ、たぶん寝るかもという懸念抱きつつ鑑賞してました。あぁ、やっぱり途...
「ザ・ウォーカー」スタイリッシュな映像 (ノルウェー暮らし・イン・London)
機内上映2本目は「ザ・ウォーカー」 こちらも、ただカッコイイだけという前評判だったので、期待しすぎないように気をつけて鑑賞。 なるほどー、確かにカッコイイ!! まるでモノクロの写真集をめくっているような映像と、無駄のないシャープな動きが、単純なストーリ...
ザ・ウォーカー 感想書いたらネタバレなるから自粛・・・ (労組書記長社労士のブログ)
【{/m_0167/}=31 -10-】 今日は訳あってTOHOシネマズ川崎にて鑑賞、そのわけはまた書きます。 で、観た映画は「ザ・ウォーカー」、原題は「The Book of ELI」(イーライと発音するようだ)。 原題が大事、なぜ邦題をザ・ウォーカーにしたのかは不明、少なくても原題の方...
【ザ・ウォーカー】 (日々のつぶやき)
監督:アルバート・ヒューズ、アレン・ヒューズ 出演:デンゼル・ワシントン、ゲイリー・オールドマン、ミラ・キュニス 「戦争で地球が焼けたただれ、人口が減ったアメリカをイーライはただ一人旅を続けていた。 途中ある町に立ち寄った。そこで男たちに絡まれたイー
ザ・ウォーカー (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
世界はすべてを失った。残されたのは、たった一冊の本!男はそれを抱え、ひたすら歩き続ける。運べ、西へ。その本を__。 男はなぜ、歩むのか?、何が書かれた本なのか?、戦慄の ...
ザ・ウォーカー (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】アルバート・ヒューズ/アレン・ヒューズ 【出演】デンゼル・ワシントン/ゲイリー・オールドマン/ミラ・クニス/レイ・スティーブンソン/ジェニファー・ビールス/エバン・ジョーンズ/ジョー・ピン...
★「ザ・ウォーカー」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みにTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 予告編を観て、30年間ひたすら西へ・・・なんて言ってたもんだから、 世界一周出来ちゃうぞ・・・と、ツイッターでツッコミを入れといたけど。
ザ・ウォーカー (5125年映画の旅)
終末戦争で文明が崩壊した世界。一人の旅人<ウォーカー>が、一冊の本を抱えて30年の長い旅を続けていた。旅の途中、ウォーカーはとある街を訪れ、街の支配者カーネギーに目 ...
ザ・ウォーカー (ケントのたそがれ劇場)
★★★★  ネットでの評判が思ったより良くなかったので、今まで見送っていたのだが、終映間近になってやはり観ておこうと思い直した。 終末戦争後の荒れ果てた世界で、この世に一冊だけ残った「ある本」を届けようとする旅人が、ひたすら西に向って歩き続ける。そして...
ザ・ウォーカー (C note)
デンゼル・ワシントン主演のSFアクション。 少なくとも今よりはテクノロジーが発達
10-177「ザ・ウォーカー」(アメリカ) (CINECHANが観た映画について)
本を西へ運ぶ者  イーライという名の謎の男は、崩壊したアメリカ大陸の荒野を西に向かって歩き続けていた。ある本を携えて。その本は、いまや世界にこのただ一冊となっていた。イーライは、その本に近づこうとする者は容赦なく斬り捨てた。  そんな中、とある町に立ち...
道を歩く (Akira's VOICE)
「ザ・ウォーカー」 「ザ・ロード」 
ザ・ウォーカー (うろうろ日記)
試写会で見ました。本を運ぶためにひたすら西へ向かって歩いている話です。冒頭の森の
喪中映画評「ザ・ウォーカー」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
現在喪中であります。喪失感以上に罪悪感に苦しめられております。為に理解もままならない状態で鑑賞したり、頭が整理できないまま書いたものは“喪中映画評”というタイトルとし、他の映画評とは区別することに致しました。そんな状態で映画評などと称するのも甚だ失礼と...
「ザ・ウォーカー」(THE BOOK OF ELI) (シネマ・ワンダーランド)
デンゼル・ワシントンを主演にした近未来アクションドラマ「ザ・ウォーカー」(原題=イーライの本、2010年、米、118分、ヒューズ兄弟監督作品)。この映画は、文明が崩壊した終末世界のアメリカ大陸を舞台に、世界に1冊だけとなったある本を襲撃者から守り、西へ...
ザ・ウォーカー (食はすべての源なり。)
ザ・ウォーカー ★★☆☆☆(★2つ) 公開後の評判が全く聞こえてこなかった本作。 期待していなかったけど、やっぱり・・・ 一言で言うと、「地味」。それに尽きます。 世界を救う一冊の本。世界を絶望から救い、再び文明を再興させる・・・。 「聖書」 はい。...
世紀末救世主デンゼル ザ・ウォーカー (RISING STEEL)
ザ・ウォーカー / THE BOOK OF ELI 文明が崩壊した近未来。 弱者は強盗の餌食となり、食糧難から人肉に手を出すことも厭わない悲惨な世界。 そんななか、一人の男が歩き続ける。 「俺に触れるなよ 死ぬ...