現実ブログ 「遺品が語る真実」 遺品整理ブログ
遺品整理屋は見た”天国へのお引越しのお手伝い” 孤独死 自殺 遺品整理 不用品 遺言 ・・キーパーズ




先日のお見積もりの出来事でした。

私がお伺いするとたいそう恰幅のよい男性が怖そうな目つきで出迎えてくれました。
お部屋に通されて見るとそこには女性の写真立が沢山置いてありベットには、お花が添えられお部屋は大変綺麗な状態でした。

私は、声をかけました。
「ご主人様ですか?」
「お亡くなりになったのは、奥様でしようか?」

ご主人はまだ怖そうな目つきをしています。

私は、しばらく無言でご返答を待ちました。

「・・・・・・・・・・・・」

数分経った頃でしょうか御主人がお話になりました。

「お宅は何を商売にしているのですか?」

私は、

「故人の残された家財をゴミではなく親族へ残された形見の品として丁重に扱いお届けするサービスをさせて頂いております。」

とお答え致しました。


「そうですか、では御社にお任せしますのでよろしくお願い致します。」

ご主人はと仰いました。

「まだお見積もりをさせて頂いていませんので、金額やサービスの詳細を聞いていただいてからお申し込みください。」

とお伝えしましたが、ご主人は私に

「ホームページに書いてある、『天国へのお引越しのお手伝い』が本当かどうか聞いてみたかったんだよ。」

と言って笑顔を初めてみせてくださいました。

この方にとっての奥様の遺品は全て大切な大切な形見の品なのです。

それから私は、会社の出来た経緯や仕事に関する考え方などをお話させてもらいお見積もりをしお申し込みを頂きました。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



形見の品は、この世に二つとない大切な品物ばかりです。

責任重大なお仕事ですが、本当に良い仕事なんです。


『天国へのお引越しのお手伝い』を、今後本当に役立つサービスとして多くの方にご提供できるように頑張っていきたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ホームページをご覧になり、しっかりと内容を読んでくださる方も沢山おられる事を嬉しく思えました。























コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )



« 殺人現場の遺... 勇気を出して... »
 
コメント
 
 
 
はじめまして! (沖縄の安里)
2006-03-30 00:11:25
はじめまして!トラックバックありがとうございました。本当にやりがいのある素晴らしいお仕事ですね。大変なときもあるかも知れませんが、悲しみのどん底で心傷つき、孤独に苛まれる多くの方々の心に温かい癒しをもたらす素晴らしい取り組みです。心から応援しております。頑張ってくださいね。
 
 
 
ココロ (rei)
2006-03-30 13:10:17
ああいう場面でそうゆう一言が言えるというのは、すごく大事だと思いました。

大切な行事や冠婚葬祭などはサービスする側も同じ目標に向かっているというような姿勢が感じられなければ後悔することにも繋がりますから・・・

その旦那様もそうゆう姿勢をココロに受け止めた上での依頼だったんでしょうね。

お仕事がんばってください。応援してます。
 
 
 
コメント有難うございます (管理人)
2006-03-30 20:32:55
reiさま

コメントありがとうございます。



いつも何をするためにこのサービスを提供しているのかを意識しながら頑張っています。

このご遺族のような方に教えられながら本物のサービスを追及して行きますので、今後とも応援よろしくお願いいたします。
 
 
 
考えさせられました (かおる)
2006-03-31 13:45:53
はじめてこのブログを読んだときは

「このサービスは今後需要があるから伸びるわ」とひとごとのように思っていました。



が読むたびに、そんな表面ごとではないことにすぐ気づかされました。反省しました。ここは貴重なブログです。今後もいろいろ勉強させていただきます。



 
 
 
はじめまして (kasaru_2005)
2006-03-31 14:52:14
 一介の僧侶です。

 我々の仕事も人のこころに伝えるものです。

 逝く方も、残る方にも同じような慈悲の心を伝えるべく、日々精進しております。

 貴社の精神もまた、人生の縮図を垣間見、

残された人の思いを繋げるお役目・・・

 仕事とはいえ、頭の下がる思いです。



 息抜きに お時間のある時に遊びにいらして下さい。生臭坊主の戯言を記しております。

 御体御自愛下さいませ。
 
 
 
応援しています (ジャイ子)
2006-03-31 15:09:12
こちらのブログでは、本当に勉強になることばかりです。

故人の遺したものの数々を、単なるモノとしてではなく大切な遺品として扱ってもらうことにより、

遺族の悲しみも癒されるのではないでしょうか。

キーパーズさんのお仕事に取り組む姿勢、言葉遣い、服装などなど、あらゆることから遺族の方は誠意を汲み取ったのでしょう。

これからも頑張ってください!
 
 
 
ありがとうございます。 (管理人)
2006-03-31 19:36:32
かおるさまコメントありがとうございます。



私もはじめはここまでのことは想定しておりませんでした。

実際にいろいろな現場を見ると責任重大だなと思うようになり、頑張っております。



今後とも宜しくお願いします。
 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
 
この記事のトラックバック Ping-URL
 


ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません
 
・30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております
・送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。