かずの里山ハイク

山や花、日常の出来事などの気まぐれブログ

四古谷川ミニ遡行

2016年08月23日 | 山歩き

森林セラピー基地の新たな魅力を開拓すべく(笑)、去年から気になっていた四古谷川をミニ遡行した。
初心者の方が気軽に、涼しさや沢歩きの魅力に触れ合える場として、いいのではという思いもあった。

結論から言えば、上り 1時間 林道下り 30分で、沢歩き入門の場としては、うってつけの沢だった。
歩行距離は往復で約2.4km 途中でスイム、ドボン、シャワークライム、スライダーなど織り交ぜて
3~4時間みておけば、遊びの要素も取り入れて楽しむことが出来るだろう。

また、このルートの良い所は、愛鳥林駐車場から歩いて5分の野谷石風呂下から入渓できるアプローチの
少なさ。車も止めやすいし、集合もしやすいし、いいことずくめだ。

中、上級者にとっては物足らない沢だろうが、初心者向けとなるとそれなりという感じになる。

駐車場から歩いてすぐの林道四古谷線入口

少し歩くと野谷石風呂、この下より入渓できる。





ミニスライダー



ミニゴルジュを上から。今回右岸を巻いた。直登りすればシャワークライムに。

ドボン、スイムしても楽しそうなミニ滝

4年前に大堰堤が出来ていた。右を高巻し、堰堤を渡って林道に戻る。
この上流も遡行可能だが、今回はここまでとし、林道をゆっくりと戻った。

ヤマハギ

チョウと戯れる。ミヤマカラスアゲハ?



ヒゲモジャのアキノタムラソウ、暑くなかったので無飲食で歩き終える。

帰途、とりたまの里でやや遅めの昼食。

味噌汁以外はおかわり自由、私は1度おかわりをして満腹に(¥410)。
受付の方のお話しでは、9杯お変わりをした方も、とてもかなわん。
土日祝の昼時など結構込み、待ち時間も生じるらしい。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加