かずの里山ハイク

山や花、日常の出来事などの気まぐれブログ

続 笠戸島

2016年12月07日 | 山歩き

昨日、西野カナのアルバム2枚レンタルしたものをナビに録音したく、適当な山を検討したところ、
再び笠戸島に行き、別コースを周回することにした。

本浦から奥畑道を経由して天狗岩へ、白浜を経由して瀬川遊歩道で戻った。東風浦から中腹の舗装道を
戻ることも出来るが、森の中の道はいささか飽きていたので、海岸沿いの道を本浦まで戻った。

奥畑道の奥はやや荒れ加減で、最奥部はエスケープして、天狗岩へ直接向かった。一部の分岐や
峠道はわかりにくいところもあり、地図読みやルートファインディングを楽しんだ。

なお、今日歩いた瀬川遊歩道も「笠戸島アイランドトレイル」準備のため、きれいにやぶ刈りされて
いました。

コースタイム 本浦P→(奥畑道)→天狗岩(50分)→白浜山(1時間10分)→(瀬川遊歩道)→
本浦P(2時間30分) 合計コースタイム 4時間30分 歩行 約10km 青線が今回歩行ログ

本浦より笠戸大橋方面を望む。

奥畑道は未整備だが、歴史を感じさせる里道だ。

天狗岩より白浜山方面

白浜山下山道より江の浦山、高壺山、尻高山方面を望む。

ウリハダカエデの黄葉を楽しむ。

白浜でちょっと昼休憩。

常緑照葉樹の森

峠ノ浦の砂浜に降りてみる。遠くに虹ヶ浜や峨眉山が見える。

一部薄暗い竹林を抜ける。

白浜山方面を振り返る。

東風浦方面

遊歩道と東風浦方面、瀬川遊歩道の一部は海景色が楽しめる。

今日も笠戸島で4時間半遊ばせてもらった。笠戸島は至るところで峠道や枝道が拡がり、里道の魅力に
あふれている。数年後また歩くことになるかも。

帰途ナビの録音が終わった西野カナのアルバム2枚を返却し、シェネルのアルバムを2枚購入した。
これもナビに録音するつもり、これって次期遠征の準備に他ならない。なぜかと言えば、単調な
長距離運転の気晴らしの一部に使うからだ。それにPキャン時でも楽しめるし。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加