海辺の家から、幸せさがし

海辺の家が建つ様子と、これからの自分らしい生き方・・・幸せさがし

今年のバラと、久々の遠征登山

2017-05-30 23:20:20 | 
剪定や肥料やりなど、ほとんどお世話してなかった我が家のバラだが
白バラはなかなかのアーチに育って咲き、他のバラ達も次々に咲いて楽しませてくれている。











28日、宇部山岳会の市民ハイキングに参加して、大型観光バスで大分県の「くじゅう」に連れて行ってもらった。

登ったのは「久住山」と「中岳」、計画コースはこのふたつだったけれど、ついでにという感じで目の前に
そびえていた「天狗が城」にも登って、下りに入った。
最近登ってなかったので、思った以上にきつく、40人近い団体のなかで、いつも最後尾に近いありさまだった。

ミヤマキリシマはまだ少し早かったが、それでも2分咲きくらいで元気をもらった。
情けないことに歩きが精一杯で花の写真を撮る余裕がなかった

お天気は最高だったし、最後まで頑張ったという達成感があり、きつかったが思い出に残る山行には間違いなかった。

仲良し山友さん、山岳会会員さん、大変お世話になりました。



「中岳」は九州本土の中では最高峰の山だそうです。
そんなことも知らないで参加し、鍛えられました






コメント
この記事をはてなブックマークに追加

春いろいろ

2017-04-17 06:13:28 | 我が家
春休みになってすぐに地元にいる次男一家が、神戸の長男一家の家に初めて行って来た。

孫6人勢揃い、賑やかで楽しいひとときだったようだ。


今年はソメイヨシノの開花が本当に遅く、また雨もよく降ったのでお花見のチャンスが少なかったが
曇りでも雨でも、仲間との時間が合ったときには強引に出かけた。

山陽病院
春休みの最後に2泊3日で勉強合宿に来た孫とルーちゃんと気分転換に友人が誘ってくれた。
気分転換の後は勉強に集中でき、宿題のドリル2冊、なんとかギリギリに仕上がって帰って行った。



山口、香山公園瑠璃光寺から一ノ坂川
去年退職した4人の友人と、やっとソメイヨシノ花見ができた。
毎年4月初旬は忙しい時期なので、八重桜花見しかできなかった。





散歩の後は「東京庵」の名物「蕎麦寿司」を初めて食べた。



宇部に帰ってからは大先輩のお家でお茶会をしてもらい、充実の1日だった。
記念の1枚。いつまでもお元気で、また行きますね。



我が家のソメイヨシノも咲いて、満月の夜、車のライトでライトアップして




次男家の次女の入学式は残念な雨だったが、次の日の地元夕刊にはバッチリ載って、いい記念になった。

入学前にはレッスンバックを作ってやった。





あとは去年取りかかっていたけれど、しばらく放っておいた「チューリップのタペストリー」を
頑張って仕上げた。



実家の父の調子が割といいので、手伝いに行かない日はこうして自分の楽しみを入れることができる。

それから資格を取ってもうすぐ6年になる「身近な人を綺麗にして喜んでもらう」エステの仕事も
頑張ることができて有りがたい。

最後は今年もルーちゃんと見つけた「ツクシ」の画像で。








コメント
この記事をはてなブックマークに追加

蕎麦ヶ岳山開き

2017-03-20 23:15:42 | 
春分の日恒例になった「蕎麦ヶ岳」の山開きに、これまた恒例のお仲間と参加した。
今回は集合直前に飛び入り参加者が来られたのだが、なんと8年前に秋吉台のオキナグサに
出会わせていただいたRさんだった。

それで一段と楽しい山登りができた。

下山後の蕎麦汁とおにぎりが最大の楽しみで今回も地元の方々の接待で
美味しくいただいた。

でも悲しいことに今回でこの山開き行事が最後になるということで
来年からはひとつお楽しみが減ってしまう

26年間、開催して下さった地元の方々、ご苦労様でした。

最後の4年間楽しませていただきありがとうございました。





今日のお仲間も大変お世話になりました。

やっぱり山で鍛えないといけませんね。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

2月のラインアップ

2017-03-07 06:38:29 | 
久々の登場になった。
東京旅行の2日間は何事もなかった父だが、帰ってすぐに夜中に転倒してけがをし
救急病院で手当をしてもらうというハプニングがあった。
真夜中にもかかわらず、訪問看護師さんが来て下さり、一緒に病院に同行してもらい
本当に助かった。感謝です。

幸い骨折してなくて、皮膚のけがだったので、医者の処置の後は家で訪問看護師さんが完治するまで
お医者さんと連絡を取りながら手当てしてくれて、すっかりよくなった。

その後も色々悪かったが、お医者さんの往診や訪問リハビリ、訪問看護さんたちのおかげで少しずつ
元気を取り戻している。

一番大変なのは母でだけど感心するほどよく介護している。
でも母も腰が痛くなったり、歯が痛くなったり、心身ともに疲れが出てきて
母のためにも実家通いが多くなった。

まあ家族と外部の支援で、できるだけ長く家で過ごさせてやりたいという気持ちが、
頑張れる元なのだろう。


そんな中、遠出はできないけれど、やっと初登りは地元、日の山へ。
山友さんちのリリーちゃんも、山デビュー。
ルーちゃんもみじかい足で大きな岩を興奮して登ってました。

千畳敷ではお抹茶席ができた。







こんな時間が一番の気分転換だ。

それからテレビで観た編み物の番組に影響を受け、少ない自分の時間に編んだ、編んだ、しばらくハマッていた。



母や孫や自分のマフラー、帽子...

写真の他にも、数点編んだ。

でももう季節は春になるから春らしいパッチワークに今は取り組んでいる。





それから誕生日と市役所時代の同期会

この歳でも祝ってもらえる幸せをかみしめて。

同期会は皆退職しても「元気かい?元気会」ってことで。
去年の最後の定年のお祝い会で、永久幹事に任命され、おしりをたたかれて実現の運びになった。
一年に一回と思っていたら、次回は夏のビールでって話になって
もう日取りまで約束して別れた。
みんなお堅い仕事から解放されて(まだ残って頑張ってる人もいるけど)いいおっちゃん、おばちゃんの笑顔です。

私は永久名誉幹事と乗せられて、元気な限りはお役に立ちたいと(ただ好きなだけ)思っています。







実家の河津桜、我が家のクリスマスローズ

父もベッドの部屋から歩行器を使って河津桜の見える居間に出て来れるようになって
花とメジロ、ヒヨドリを見ることができた。







ざっと2月はこんな感じで逃げていった。





コメント
この記事をはてなブックマークに追加

第16回東京国際キルトフェスティバル

2017-01-30 22:12:33 | パッチワーク
1月19日から25日まで東京ドームで行われた「東京国際キルトフェスティバル」

パッチワークの先生が「一度は行くといいよ」とおっしゃっていて、今年はついに思い切って
久々の東京に行ってきた。

去年の夏頃にEテレ「すてきにハンドメイド」でパートナーシップキルトの募集があって
お題は「恋するガーデン」だった。
15㎝角のトップのデザインを縫って番組に送ったら、向こうで作品を接ぎ合わせキルトして
大きい作品に仕上げて展示してくれるというもの。

あの頃から来年は行きたい!行くぞ!と思っていたから応募してみた。

開会前に「あなたの作品は24番です」と案内のはがきも来たし、
友達の東京にいる息子さんからは招待券をプレゼントしてもらったし
こりゃあ、何が何でも東京さに行かなくちゃと言うことで
楽天トラベルで搭乗券とホテルがセットになったツアーで23、24日に友人と3人で
行ってきた。

1日目は午後目いっぱいキルトフェスティバルを楽しみ
東京ドームホテルに泊まって、2日目は北鎌倉から鎌倉を歩いてお寺巡り、
最後に鶴岡八幡宮でちょうど見頃だった寒牡丹を見て帰った。

鎌倉はお天気最高でロウバイ、梅、スイセンなど楽しめた。
少し登った鐘つき堂では雪をかぶった富士山も見えて感激した。

かなり弱った父のことが気になったが、母が「もうずっと看病して親孝行してるのだから
何があっても行ってもいいよ」と言ってくれたので、2日間は父のことを忘れて
リフレッシュしてきた。

あ~お上りさんの珍道中、本当に楽しかった。

私の恋するガーデンはバラと虫だらけをイメージして。







ちなみに応募枚数は8910点
それを63枚のキルト作品に仕上げての展示だったそうです。
自分の作品を探すのにも一苦労^_^;

「オズの魔法使い」コーナー



三浦百恵さん、立派なキルト作家です。





絵本作家レオレオニのコーナー



「べっぴんさん」のコーナーも



鎌倉














コメント
この記事をはてなブックマークに追加