顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

●太いの堅いの #327 宝塚記念

2016-06-25 21:27:32 | 競馬
土曜日は重まで回復。日曜も好天らしいので、時計を要す良馬場くらいまで回復するのではないか。レコード決着になった鳴尾記念組は無視し、パワー重視の予想で。

宝塚記念
ドゥラメンテ
シュヴァルグラン
マリアライト
ラブリーデイ
フェイムゲーム
アンビシャス

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。



中山記念の内容からも、まともに走ればドゥラメンテが2枚くらい強い印象なので中心視する。ただ、今回は海外遠征帰りのうえ、これまで2回とも4コーナーで粗相を犯している右回りが心配材料。中山記念では皐月賞ほど膨らまなかったものの、まだ手前の変え方がギコちなく、当時よりレースの中身が厳しくなる今回は皐月賞の再現もやりかねない。最悪、降着や失格まであり得るのでタテ目や他の単複は押さえたい。


単複勝負してみようと思っているのがシュヴァルグラン。正直、勝ち切れそうなイメージは湧かないものの、唯一のG1勝ちが宝塚記念になる史実には当てはまる資格を有している。天皇賞は鞍上が下手に乗った分の負けだったし、何より調教の動きが良かった。上がりを要すレース傾向もスタミナ志向のこの馬には合っているだろう。

最近の宝塚記念では牝馬の活躍も目立っているので、パワー兼備のマリアライトを単穴に。外枠を引いたが、最近5回中4回は2桁馬番が勝っているので心配はないか。馬場の内目が傷んでおり、外枠から揉まれずにいけるのもプラスになりそう。


連覇を狙うラブリーデイも侮れないが、昨年と比較して相手関係が骨っぽい。人気はないので鞍上が無欲で乗れれば。フェイムゲームはシュヴァルグランと同じハーツクライ産駒で、狙う動機も似たようなもの。年齢の分だけ評価を下げた。アンビシャスは中山記念でドゥラメンテに完敗し、大阪杯でもキタサンブラックとクビ差。どちらも2キロ以上もらっており、よほど展開がハマらないと勝つには至らないのでは。
Comment   Trackbacks (8)
この記事をはてなブックマークに追加

●太いの堅いの #326 安田記念

2016-06-04 23:34:31 | 競馬
土曜は広島のデーゲームがコールドになった。日曜はメインの頃に野球をできないほど雨が降るのかもしれない。馬場状態がよく判らないが、良から稍重の間くらいを想定する。

安田記念
モーリス
イスラボニータ
クラレント
リアルスティール
ロゴタイプ
フィエロ

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。



一流馬は好調でなくとも普通でさえあれば良いという。モーリスは香港帰りで東京競馬場在厩という異例の調整過程が不安視されているが、初めて香港に行った際はイレ込みが酷く、まともに馬場入りもできなかったと現地で取材した知人から聞いた。それに比べれば、今回は馬体にも張りがあるようでだいぶマシ。ならば問題ないだろう。


ペースは速くなりそうにないが、頭数が少なくて駆け引きはし烈。中盤からゴールにかけて厳しい我慢くらべになると予想されるだけに、ある程度の位置につけられて距離もこなし、末脚も切れるイスラボニータに展開が向きそう。マイルCSでは出遅れながら3着。天皇賞・秋で2年連続3着とコース適性も高く、状態さえ整っていれば好勝負になるだろう。

クラレントは左回り巧者のうえ、1番枠なら逃げる手もあるか。昨年は同厩舎の半弟レッドアリオンを先に行かせたが、近走冴えないだけにクラレントが逃げ、レッドアリオンが2番手で壁役に回るようなら残り目はある。


打倒モーリスの期待がかかるリアルスティールだが、ここまで強いと感じたことはないし、国内のG1を勝てるような迫力を感じさせない。ドバイターフの相手も軽かったし連下まで。本音では勝ってほしいロゴタイプだが、府中の長い直線ではキレ負けしてしまう。フィエロは堅実性と鞍上強化で変わり身ありそう。
Comment   Trackbacks (6)
この記事をはてなブックマークに追加

●太いの堅いの #325 日本ダービー

2016-05-28 20:31:47 | 競馬
皐月賞が1分58秒台で決着した場合、その上位3頭はダービーで[2.1.0.11]なんだとか。高速決着の皐月賞はマイラーに有利という説の通りで、1分57秒9のレコードで決まった今年の上位馬にも隠れマイラーが潜んでいるのではないか。

日本ダービー
リオンディーズ
ヴァンキッシュラン
ディーマジェスティ
サトノダイヤモンド
スマートオーディン
マカヒキ

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。



皐月賞で本命にしたリオンディーズだが、あり得ないような暴走をしでかし自滅してくれた。しかし、超ハイペースを演出しながら差のない5着に踏ん張ったあたりに潜在能力が表れており、しっかり折り合ってくれさえすれば、の望みを捨てられない。デムーロは昨年も気難しいドゥラメンテをダービーで行儀良く走らせたし、一変の走りを見せてくれることも。


勝てそうな感じはしないものの、馬券の軸に最適と思っているのがヴァンキッシュラン。今年は複勝で四半世紀ぶりのダービー勝利を味わえると信じている。2400mでは実質3連勝で、そのうち2つはダービーと同舞台。何より青葉賞を2分24秒台で勝った馬のダービー成績が素晴らしい。いわゆるダービーポジションで流れに乗れる脚質にして人気も手頃。何とかしてくれるはず。

皐月賞は迷った末に印を回せず後悔したディーマジェスティ。仕掛けてからズブい面があり、その辺りを小回りで心配したのだが、物の見事に差し切られてしまった。しかし、展開がハマったのは事実だし、中間に一頓挫あったというのも不安材料。当初は本命のつもりだったが、リオンディーズと入れ替えることにした。


サトノダイヤモンドの素質は世代筆頭と評価しているが、皐月賞では坂上のストライドが上位2頭より小さく、当初から未完成と感じていた面がはっきりした。スマートオーディンは走るごとに内容が良化しており爆発力が脅威だが、ここまでは相手にも恵まれた。冒頭のマイラー説を最も危惧しているのがマカヒキ。全姉ウリウリはマイルすら怪しく、自身も行き脚がつかないタイプで差し届かずとなるのでは。
Comment   Trackbacks (10)
この記事をはてなブックマークに追加

●太いの堅いの #324 オークス

2016-05-21 21:13:03 | 競馬
桜花賞馬も、その1番人気馬も不在。もともと小粒に見えていた世代だし、過酷な2400mで波乱必至ではないか。

オークス
ペプチドサプル
シンハライト
デンコウアンジュ
ビッシュ
チェッキーノ
フロンテアクイーン

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。



ペプチドサプルはデビュー2戦目からデンコウアンジュ、シンハライト、チェッキーノ、ロッテンマイヤーの順に連敗してきたが、その間、阪神ジュベナイルFを含め掲示板をはずしていない。しかも、ここ2走は距離を延ばして内容が良化している。相手が軽くなった恩恵はあっただろうが、配合的にも距離延長で良さが出てきた印象。一瞬の脚がないマンハッタンカフェ産駒だけに大箱コースは合っているはずだし、母の父ブラッシンググルーム系というのは東京の長距離レースで力を発揮する。単複から狙い目十分。


シンハライトは桜花賞で惜敗も、メジャーエンブレムを負かしにいった展開のアヤ。相手が思いのほか伸びず、早く1頭になったところを差し込まれてしまった。内容的には最も強い競馬をしていたし、むしろ受けて立つくらいじっくり乗れた方が良さそう。ただ、調教後に体重を減らしていたのは気になり、当日の気配次第で切ることも。

桜花賞のデンコウアンジュは鞍上が下手すぎてガッカリ。引き続き川田騎乗で不安が先立つが、アルテミスSの勝ちっぷりからもやはり軽くは扱えない。ここまで唯一の左回りだけに、近走の煮え切らない走りから一変する可能性がある。あとは川田が田辺のように思い切り良く乗れるかだが…。


ビッシュはトライアル1番人気だったし、人気落ちの差し馬にミルコなら押さえたい。チェッキーノはG1で足りなくなる母系なので中心視はできない。フロンテアクイーンは堅実性と距離延長で。
Comment   Trackbacks (8)
この記事をはてなブックマークに追加

●太いの堅いの #323 ヴィクトリアマイル

2016-05-14 20:04:41 | 競馬
ヴィクトリアマイルで優勝するにはマイルG1での入着実績が必要とか。唯一の例外が2008年のエイジアンウインズで、当時は該当馬がウオッカとピンクカメオの2頭しかいなかった。今年は5頭もいる上に人気上位馬をアテにしづらく、データ通りマイルG1実績馬を狙っていきたい。

ヴィクトリアマイル
レッツゴードンキ
ストレイトガール
レッドリヴェール
スマートレイアー
ミッキークイーン
クイーンズリング

後輩がかわいい馬キャラクターのLINEスタンプ“馬~くん(まーくん)”を作りました。ご利用いただけたら幸いです。よろしくお願いします。

知人が運営する優れモノの競馬予想ツール「トレンド競馬」です。JRA-VANのデータ使用で月額450円。縦・横印刷での出力も可能でお得。



レッツゴードンキは展開に恵まれたとはいえ桜花賞馬。ただ、G1は恵まれただけでは勝てないし、何はともあれ格が備わっているのは大きい。今回は武豊(スマートレイアー)が先行すれば押さえつけるだろうし、型通り前で受ければチャンスがあっても。高松宮記念は行き脚が今ひとつで後方からになり、直線も詰まって参考外。マイルCSの相手関係より遙かに楽だし見限れない。


ストレイトガールも人気がないなら買いたい。引退撤回の経緯もあり人気落ちしているが、去年は1頭だけ終いの脚が違う勝ち方だったし、一昨年も脚を余した末の3着。そもそも6歳でG1初制覇を飾った晩生のタイプだけに加齢を気にすることもない。レッツゴードンキとは同じ馬主というのも臭い。

レッドリヴェールは殿人気もありそうだが、阪神ジュベナイルF勝ちに桜花賞2着、去年のヴィクトリアマイルでも4着と、牝馬限定のマイルG1なら実績は屈指。前回は休み明けで自己最高体重だったが、ひと叩きした今回はブリンカー着用で内枠も引けた。人気薄で気楽に乗れるし、石川のような若手でも何とかなる。


スマートレイアーは枠順や鞍上を考えれば下手な競馬にはならないだろうが、G1を勝ち切るまでの格が足らないように思う。ミッキークイーンは桜花賞に出られなかった程度の馬。人気もしてるし押さえで十分か。クイーンズリングも同様。
Comment   Trackbacks (8)
この記事をはてなブックマークに追加