顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

●太いの堅いの #362 天皇賞・秋

2017-10-28 21:20:12 | 競馬
菊花賞はボックスにしていれば当たっていたのに単複勝負が完全に裏目に出た。また馬場が悪くなりそうでよく判らないし、何はともあれガイジン買いだろうか。

☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(アプリ)誕生!

天皇賞・秋
リアルスティール
キタサンブラック
レインボーライン
シャケトラ
ネオリアリズム
ステファノス


リアルスティールには良馬場の経験しかなく道悪の巧拙が不明。全弟プロディガルサンは先週の東京で勝ちに等しい2着だったが、全兄ラングレーは道悪での成績が芳しくない。同じディープインパクト×ストームキャットのキズナは下手ではなかったし、リピート率高い天皇賞・秋の昨年2着馬でもあるので本命にはしてみたものの不安も結構ある。


キタサンブラックは昨年後半から国内のトップに君臨しているが、どんな馬でもピークは1年が限界だった。天皇賞・春から宝塚記念の急降下で終わった可能性もあり、少なくともここで勝ち切るのは難しいような気がしている。大した相手関係にも見えないので対抗以下には落とせないが、馬券にならなくても驚きはしない。

馬場が極悪化すればレインボーラインの単複もアリか。菊花賞では道悪のステイゴールド産駒狙いが注目を集めながら不発。しかし、レインボーラインは前売りで単勝70倍を超えており、1週間で同理論が盲点化している。ジリっぽいので良馬場よりチャンスはあるはず。


シャケトラは不利な大外枠も、馬場が悪化してしまえば関係なくなることも。菊花賞でも不利とされる外枠勢が上位を占めた。ネオリアリズムはシュタルケと手が合わなそうな印象。ステファノスも前2年以上の結果は難しいだろう。
『競馬』 ジャンルのランキング
Comment   Trackbacks (4)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●太いの堅いの #361 菊花賞 | TOP | ●太いの堅いの #363 エリザ... »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

4 Trackbacks

天皇賞(秋)最終決断 (浪花のクマさん 穴馬券)
◎は最強馬、キタサンブラック
天皇賞はリアルスティール (【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど))
毎日王冠の勝ちっぷりからリアルスティールを本命とした。馬が本格化してきたようで2000mまでなら無敵となる日も遠くないであろう。対抗はソウルスターリング、早熟ではなさ......
【競馬予想】天皇賞・秋 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
◎〔6〕ディサイファ ○〔18〕シャケトラ ▲〔4〕リアルスティール △〔2〕サトノクラウン △〔3〕ネオリアリズム △〔9〕ソウルスターリング ≪馬連≫ ≪ワイド≫ 6......
天皇賞・秋予想 byびぜんや (週刊萌馬)
プロバイダのホームページ公開代行サービス終了に伴い、コミック紹介サイト「3:31a.m.」を移転することになりました。 18年半前に創業したこのサイト、やがてその分館......