顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

●太いの堅いの #363 エリザベス女王杯

2017-11-11 23:42:09 | 競馬
本命と対抗はすぐに決まったが、3番手以下がなかなか難しかった。マイルールの6頭から漏れた中にも、3着ならありそうな後ろ髪引かれる馬が何頭かいる。

☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(アプリ)誕生!

エリザベス女王杯
ヴィブロス
モズカッチャン
クイーンズリング
ルージュバック
ディアドラ
リスグラシュー


ヴィブロスは泡沫候補と思っていたドバイターフでの勝ちっぷりが鮮烈。序盤は走りづらそうだったのに、直線で外に持ち出されてからの伸びは目を見張った。レースを投げ出さない根性は相当で、芯の強さを見直した。昨年との比較でも細身の馬体にも身が入って力強さを増した印象。ドバイで負かした相手関係を見る限り、ここでは役者が違うか。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

【壁掛】吉岡里帆(2018カレンダー) [ 吉岡里帆 ]
価格:2700円(税込、送料無料) (2017/11/18時点)



応援しているのはモズカッチャン。逃げ馬でもないのにオークスと秋華賞で一度は先頭に立っている訳だし、G1を勝てるだけの実力を秘めているのは間違いない。ただ、勝ち切れないのは脚を長く使えないからと見え、特殊な馬場状態でテン乗りだった前走から、ミルコがどれだけ手の内に入れられたか判らない。土曜のミルコがツキに見放されていたのも気になる。

昨年は超スローペースに恵まれたクイーンズリングだが、先導役が距離に不安のあるクロコスミアあたりなら今年もやれそう。短距離免許で来日してからクリスチャンには世話になっているし、今回は人気も大したことなくて気楽に乗れるので一発あっても。


ルージュバックについては非根幹距離で云々と取り沙汰されているが、要はG1を勝てるような底力に欠けているだけ。押さえには必要だが、ムーア騎乗で人気を吸ってくれるならありがたい。秋華賞のディアドラは展開からルメールの騎乗までハマりすぎでは。リスグラシューは崩れない走れる能力と器用さを評価。
『競馬』 ジャンルのランキング
Comment   Trackbacks (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●太いの堅いの #362 天皇賞・秋 | TOP | ●太いの堅いの #364 マイルCS »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

5 Trackbacks

エリザベス女王杯予想 byびぜんや (週刊萌馬)
女王杯デーの京都第9レースは黄菊賞。 ここにウオッカの仔、タニノフランケルが出走します。   この黄菊賞、かつては芝1800mで行われていたと記憶しているんで......
やはりヴィブロスが一番強い (【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど))
中牝馬Sは休み明け、そして久しぶりの国内競馬だったのでリズムがあわなかったのであろう。クビ差届かずの負けではあったが追い込みはまずまず、国内牝馬には負ける要素はなさそ......
エリザベス女王杯 最終決断 (浪花のクマさん 穴馬券)
◎ジュールポレール
【競馬予想】エリザベス女王杯 ( FUKUHIROのブログ・其の参)
◎〔15〕マキシマムドパリ ○〔10〕ミッキークイーン ≪ワイド≫ 10-15 ヴィブロス・ルージュバックは枠が外過ぎる気がする。 スマートレイアーは川田が何かやらか......
エリザベス女王杯をダウジングで予想 (御気楽猫生活2)
 今回のダウジングでの競馬予想は エリザベス女王杯を予想してみたいと思います。