顔出しNG presents 太いの堅いの

負け前提、予算制勝負師の私こと顔出しNGが、基本は太く、時には堅く、臨機応変(無節操)に楽して儲けんとする妄想録

●太いの堅いの #361 菊花賞

2017-10-21 22:10:42 | 競馬
秋華賞のモズカッチャンは実に惜しかった。今週もソコソコ自信あるが、望外に人気がないし単複1本で。単勝はともかく複勝は返してもらえるだろう。

☆あなたの予想が売れる馬券カフェ(アプリ)誕生!

菊花賞
ベストアプローチ
サトノクロニクル
ポポカテペトル
キセキ
ウインガナドル
クリンチャー


ダービーよりも前に2200m以上の条件で勝ち負けしていた馬は菊花賞で狙い頃。ベストアプローチには勝ち鞍こそないが、青葉賞で2着の実績がある。春は大崩れしない一方で瞬発力が足りず勝ち味に遅かったが、その弱点も道悪確定で補える。父ニューアプローチの現役時代は道悪の鬼。この馬の最終追い切りも芝コースで上々の動きだったことから、適性を受け継いでいると信じる。


サトノクロニクルの着外はトップハンデを課されたラジオNIKKEI賞のみ。小回りの1800mという条件も合っていなかった。決め手に欠けるので距離延長はいいだろうし、京都外回りで3戦2勝、2着1回(=G2)という相性を評価。

ポポカテペトルは3月に2400mのゆきやなぎ賞を勝ち、青葉賞ではベストアプローチと0秒2差の4着。全兄マウントロブソンは菊花賞で7着だったが、ここまでの戦績から兄以上に距離の融通性を感じさせる。兄は先週に重馬場でオープン勝ちしており道悪も問題なさそう。


キセキはミルコが怖いが、父同様にレースぶりに器用さがなく、G1では足りなくなってしまうタイプではないか。ウインガナドルは古馬相手のG3で入着の実績が魅力も、古くはナイスネイチャ(小倉記念)、サンエイサンキュー(札幌記念)など、夏場のローカルG3を勝った馬でさえ秋はG1に届かなかった。クリンチャーはすみれSでの粘り腰が印象的。皐月賞だけ走れれば。
『競馬』 ジャンルのランキング
Comment   Trackbacks (5)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ●太いの堅いの #360 秋華賞 | TOP | ●太いの堅いの #362 天皇賞・秋 »

post a comment

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

5 Trackbacks

Trackback  Ping-URL
菊花賞 最終決断 (浪花のクマさん 穴馬券)
道悪歓迎・・ウインガナドル
菊花賞予想 byびぜんや (週刊萌馬)
松本市に「イオンモール」がオープンし、1か月が経ちました。 駅前にあった「アリオ」が「イオンモール」の開業を機に、敵前逃亡ともいえる撤退をするなど、近郷近在の商圏地......
複数頭出し厩舎は人気薄が来る、サトノクロニクル? (【本音トーク】パート2(ご近所の旧跡めぐりなど))
複数頭出しの厩舎がある場合、その厩舎の人気薄の馬が来るといわれている。今回の菊花賞は3頭だしをしている厩舎がある。池江厩舎である。そしてその3頭とも10番人気以内にい......
菊花賞をダウジングで予想 (御気楽猫生活2)
 今回のダウジングでの競馬予想は 菊花賞を予想してみたいと思います。
《きっどさんのG1予想》第78回有馬記念(2017年)予想 不良馬場をウィンガナ...... (しっとう?岩田亜矢那)
台風襲来、 その前から秋雨前線の影響で、もう1週間も雨が降り続いている印象。 淀のターフも、CS1st.Stage第2戦並のドロドロと考えよう。 なら3000mであろうと、 あのニホ......