ジャン・アレチボルトの冒険

ジャンルを問わず、思いついたことを、書いてみます。

白石18万、西野12万、飛鳥11万、乃木坂の写真集セールスは「総選挙」化しつつあるのか? [23Apr17]

2017-04-23 22:30:00 | 芸能

乃木坂46が参加する、注目の番組とイベント

(テレビ・ラジオ・イベント)

04月24日(月) [ラジオ_AM] 22:00〜24:00 RCCラジオ『RadiPrism』に、斉藤優里、寺田蘭世、星野みなみが出演

04月25日(火) [Book] 衛藤美彩の1stソロ写真集『話を聞こうか。』が、講談社より発売。シドニーなど、オーストラリアで撮影ロケが行われ、入浴ショット!もあるようです(笑)。なお、発売日に、福家書店新宿サブナード店において、『写真集お渡し会』が19:00より開催

04月28日(金) [ラジオ_FM] 7:30〜10:15 広島FM『GOOD JOG FRIDAY』に、斉藤優里、寺田蘭世、星野みなみが出演


乃木坂が出演する番組やイベントをさらに知りたい方は、以下のリンクをご利用下さい。

アレチの素敵な乃木坂業務連絡 19Dec16 〜 テレビ・ラジオ番組と重要イベントの日程 ['17Jan〜Mar]
アレチの素敵な乃木坂業務連絡 08Nov16 〜 テレビ・ラジオのレギュラー番組日程 ['16Nov]

「ブックマーク」内にある次のリンクは、乃木坂のスケジュールを、過去分も含めて、まとめたものです。「ブックマーク」は、PCでは左サイドバー、モバイルでは記事の最後に置かれています。

定期日程(@Nov16)
重要日程(Jan~Mar17)
重要日程(Oct~Dec16)
重要日程(Aug~Sep16)
重要日程(Jun~Jul16)
重要日程(Apr~May16)
重要日程(Feb~Mar16)
重要日程(Nov15~Jan16)



以前、ネットにこんな話が載っていました。

高山一実が、自身の1stソロ写真集「恋かもしれない」について、同時期発売の西野七瀬2nd「風を着替えて」はヨーロッパで撮影しているのに、どうして私は海外でないの?と、スタッフに訊いたところ、「ファーストから海外はちょっと」と言われた。

でも、生田絵梨花の「転調」は、1作目からドイツでロケしていると指摘したら、「生まれ故郷だから」との答え。


これを読んで、ソロ写真集の分析記事を書くのは、止めようと思いました(笑)。

かずみんとスタッフの間に、本当にそんなやりとりがあったのかどうか、定かではないけど、売り上げにせよ、ロケ地にせよ、ソロ写真集にまつわるデータは、メンバー間の「人気格差」につながりそうで、あまりに生々しくなる。

個別握手会の成績は、選抜構成を考える必須資料なので、シングルごとに、メンバーのランキング表を敢えて載せていますが、特定のセールス指標を基に、個々人に順位を付けるのは、もともと気が進まない。

写真集くらいは、誰がどれだけ売れたか気にすることなく、純粋に作品として向き合えば良いんじゃないかと。


ただ、秋元真夏の1st写真集「真夏の気圧配置」を、ニューカレドニアで撮ったと聞いたときは、思わず、かずみんの顔が頭に浮かびました(笑)。

まなったん、ニューカレドニアの生まれではないですよね(笑)。

さらに、桜井玲香「自由ということ」のマレーシアというのは、一瞬、「もしや?」と思わせるものがあるけど、衛藤美彩は間違いなく大分の出身で、「話を聞こうか。」のシドニーではない。

ソロ写真集に関しては、何かにつけて、かずみんの話が脳裏をよぎるので(笑)、とくにセールスについては、書かないつもりだったんですが、最近、白石麻衣の2nd「パスポート」を筆頭に、「乃木坂現象」と呼ばれるほど、出す作品、出す作品、軒並み売れ行きが絶好調で、さすがに、取り上げないわけにいかなくなってきました。

累計部数順に並べることはしませんが、何が起こっているのか、現状を少し紹介します。

(表1) 乃木坂ソロ写真集の直近3週にわたるオリコンランキング推移

凡例
[順位] 売り上げ枚数 (発売後経過週) : メンバー「タイトル」

# 順位、売り上げ枚数、発売後経過週は、左から、オリコン週間写真集ランキングの2017年4月10日付、17日付、24日付のデータ
#「売り上げ枚数」は千部単位
# この3週に渡ってTOP10にランクインした乃木坂メンバーのソロ写真集のデータを載せている

[02] 4.7 (08W) [01] 3.5 (09W) [03] 4.4 (10W) : 白石麻衣「パスポート」
[06] 2.1 (27W) [05] 1.5 (28W) [07] 1.0 (29W) : 西野七瀬「風を着替えて」
[05] 2.2 (10W) [04] 1.6 (11W) [06] 1.0 (12W) : 齋藤飛鳥「潮騒」
[08] 1.9 (06W) [07] 1.2 (07W) [09] 0.8 (08W) : 橋本奈々未「2017」


白石麻衣の「パスポート」は、発売8週目で4.7千部の2位、9週目が3.5千部1位、10週目は4.4千部3位と、べらぼうな売り上げを続け、現在、累計は18万部を越えています。

近年の女性写真集としては、おそらく驚天動地の売れ行きで、「21世紀最大のヒット」など、メディア記事の表現も、エスカレートしている。

また、売れ行きが凄まじいのは、まいやんの写真集だけではない。

西野七瀬「風を着替えて」は、発売が昨年9月であるのに、半年以上経った現在でも、週に1〜2千部を売り上げ、トップ10に入っており、累計は12万部に達している。

さらに、齋藤飛鳥「潮騒」も、順調にセールスを重ねて累計11万部、「卒業」ライブの日に発売された橋本奈々未「2017」ですら、まだ売れ続け、累計は8万部を突破しています。


電子書籍の台頭で、以前ほど、紙の本が売れなくなっている時代、出せば、確実に売れる乃木坂のソロ写真集は、大きな注目集めているようで、各出版社が、メンバーの争奪戦を展開しているとも言われています。

こういった流れを考えると、スポーツ新聞やネットメディアが、同じ出版関係者として、景気の良い「乃木坂現象」を盛んに取り上げるのは、頷けることです。

また、大手出版社がテレビ局の株主や番組のスポンサーであることも影響しているのか、乃木坂の写真集が、テレビで紹介されることが少なくない。

実際、白石麻衣と「パスポート」は、とくに最近、幾つかの番組でピックアップされ、かなりフィーチャーされています。


もともと好調だったセールスに、こういった分厚い宣伝が加わり、さらに売り上げが伸びているのだと思います。

しかし、一つ気になるのは、乃木坂ソロ写真集の売り上げの中に、どのくらい、大量買いや複数買いが入っているかという点です。

(表1)で面白いのは、最初の4月10日付チャートで、4つの写真集すべてが、高い売り上げを示し、その後、漸減の傾向を見せている。

発売から半年以上経過した西野七瀬「風を着替えて」ですら、同じ動きをしています。

4月10日付チャートの集計対象は03/27(月)から04/02(日)で、給料日の翌週に当たる人が多いと思われ、若いサラリーマンが、購買層の中心になっている可能性がある。


18万部も売れている以上、多くの人が「パスポート」を買っているのは間違いないけど、それが18万人かというと、ちょっと疑問を感じる面がある。

極端な計算ですが、3千人のファンが、1人50部ずつ買えば、それだけで15万部の売り上げになります(笑)。

1冊2千円として10万円掛かるものの、乃木坂の握手会に10万円使うファンは、決して珍しくないと思います。


例えば、土日に名古屋で行われる全国と個別の握手会に、東京のファンが参加する場合、往復の新幹線代プラス宿泊食事代で3万円、forTUNE盤20枚、初回限定盤20枚を用意すれば5万円。

つまり、名古屋の握手会に参加するだけで、8万円ほど掛かっておかしくないわけで、ここに関東会場の握手会を加えれば、10万円なんて、すぐに飛んでいくでしょう(笑)。

そして、熱量の極めて高いファンであれば、こんなもんじゃ済まない気がします。


白石麻衣、西野七瀬、齋藤飛鳥の握手会人気を考えると、10万円以上を使うようなファンは相当な数、存在すると思います。

しかし、直接本人に会って握手できるCDと違い、写真集は、お渡し会以外は、とくにイベントがない。

さすがに、メンバーを熱烈に「推し」ていても、特典イベントなしで、何万円ものお金を投入するファンは滅多にいない、というのが従来の見方でした。

そのため、ソロ写真集の売れ行きは、メンバーの純粋な「人気」を反映する、重要な指標と捉えられてきた節がある。


ところが、乃木坂の写真集を巡って、出版社間の競争が熱くなると、メンバーも売り上げを伸ばそうと、ファンに向かって盛んにアピールし始めます。

そして、「パスポート」のように、大きなセールスを挙げると、メディアが取り上げ、白石麻衣がいかに人気を集めているか、がんがん書いてくれるので、一般層への宣伝となる上に、グループ内でも、さすがは、まいやんという雰囲気が漂い、選抜で高いポジションを維持する確率が高くなる。

とくに、白石さんは、17枚目「インフルエンサー」の個別握手会を全欠席するので、写真集のセールスは、存在感を発揮するフィールドとして、通常以上に、意味を持っています。


もし、こういったメカニズムを念頭に置いて、数字を伸ばすために、コアファンが「推し」メンバーのソロ写真集を複数買っているとすれば、それはAKB48「総選挙」と同じ構図です。

握手という見返りはないものの、「推し」をより高い順位の椅子に座らせるため、毎年の「総選挙」に、とんでもない額を使うファンがいるのは確かです。

乃木坂のソロ写真集セールスにおいて、似た動きが起こっていれば、売り上げの中に、大量買いが占める割合は、結構、高くなっている可能性がある。


齋藤飛鳥は、1stソロ写真集「潮騒」が発売されて1ヶ月ほど経った頃、1人80冊買って!と、ついコメントしてしまい、物議を醸したらしいですが(笑)、この話は、写真集セールスを巡って、乃木坂内外において、テンションが高まっていることを象徴しています。

自分の写真集を出してくれた出版社の期待を背負って、メンバーは1冊でも多く売れて欲しいと望み、ファンは、何とか実現させてあげたいと思う。

とくに「潮騒」は、「パスポート」の前週に発売され、オリコンランキングへの登場時期がダイレクトに重なり、比較されやすい面があって、その分、あしゅの何とかしたいという気持ちが大きくなったのかもしれません。

ちなみに、「潮騒」、私は買いましたよ、もちろん1冊だけですが(笑)。


CDセールスの場合は、握手会の完売表やルックアップといったデータがあり、複数買いの程度を推測する手掛かりになる。

一方、書籍には、セールスを別角度から眺める数字がほとんど流布しておらず、一般人には、売り上げ部数しか分かりません。

従って、乃木坂写真集のセールスが「総選挙」化しているかどうか、どのくらい、大量買いが入っているのか、今のところ、具体的な話は出来ません。


ただ、10万部を越えるセールスを叩き出しているメンバーは、CMや広告のオファーが少なからず来るだろうから、その状況を通して、写真集「人気」がどう受け止められているのか、徐々に見えてくると思います。

スポンサーとなる企業の側は、購買層について、人数、男女比、年齢層など、多くのデータに基づいて検討する筈で、どういった会社から、どのくらいオファーがあるかは、「人気」構造を考える一つの目安になる。

もし、幅広い層の10万人がソロ写真集を買った結果の10万部であれば、そのメンバーの一般人気は極めて高いと言うべきで、今後、CM出演などが増えていくくでしょう。

実際、全盛期のAKB48は、ソロ写真集の売れ行きが素晴らしいと同時に、テレビCMにも多数出演し、両者の人気は連動していたように見えます。


ところで、5月24日(水)に発売される3rdアルバムの個別握手会について、以下のように、日程が発表されましたが、白石麻衣と松村沙友理は、17枚目に引き続き、不参加と告知されています。

3rdアルバム「タイトル未定」個別握手会
07月16日(日) 京都・京都パルスプラザ
07月17日(月祝) 愛知・ポートメッセなごや
07月23日(日) 千葉・幕張メッセ


7月後半まで、がっつり拘束される外仕事のようですが、未だに、内容がアナウンスされず、さすがに、ジリジリしますね(笑)。

「卒業」を心配する声も後を絶たず、少なからぬファンが、何となく宙ぶらりんの気持ちのまま、待ち疲れてしまっているんじゃないでしょうか。

まあ、乃木坂側の都合で動くわけにいかない仕事だと思うので、握手会欠席の理由が明かされるのを、結局、ひたすら待つしかないんですが。


ただ、白石麻衣は最新ブログに

次の全国握手会はゴールデンウィーク!名古屋!
お会いできるのを楽しみにしてます


白石麻衣の2017/04/17_13:55ブログ

と書き込んでいて、インテックス大阪に続き、ポートメッセなごやの全国握手会には、出席するようです、

5月6日(土)開催と、まだ少し先の握手会ながら、早々と参加を表明したのは、「インフルエンサー」オリコン累計の「ミリオン」達成にとって、名古屋の全国握手会が、一つのポイントになるからだと思います。


「インフルエンサー」のオリコン週間売り上げが、今、どうなっているのか、セールスの推移を紹介したいのですが、その前に、前作「サヨナラの意味」のそれを眺めておきましょう。

(表3) 16枚目「サヨナラの意味」のオリコン週間ランキング推移

凡例
[順位] 週間売り上げ (累計売り上げ) : CD発売後経過週 対象週の期間

#「売り上げ」は万枚単位

[01位] 82.8万枚 (82.8) : 01週目 11/07(月)13(日)
[04位] 03.9万枚 (86.6) : 02週目 11/14(月)20(日)
[04位] 02.7万枚 (89.4) : 03週目 11/21(月)27(日) 全国(幕張)
[08位] 01.0万枚 (90.4) : 04週目 11/28(月)04(日)
[16位] 00.7万枚 (91.1) : 05週目 12/05(月)11(日)
[06位] 01.2万枚 (92.3) : 06週目 12/12(月)18(日) 全国(なごや)
[22位] 00.4万枚 (92.7) : 07週目 12/19(月)25(日)
[14位] 00.4万枚 (93.1) : 08週目 12/26(月)01(日)
[07位] 00.6万枚 (93.7) : 09週目 01/02(月)08(日)
[06位] 01.5万枚 (95.2) : 10週目 01/09(月)15(日) 全国(京都)
[25位] 00.2万枚 (95.3) : 11週目 01/16(月)22(日)
[37位] 00.2万枚 (95.5) : 12週目 01/23(月)29(日)
[42位] 00.1万枚 (95.6) : 13週目 01/30(月)05(日) SPイベント応募締切
[50外] 00.1万枚 (95.8) : 14週目 02/06(月)12(日)
[50外] 00.1万枚 (95.8) : 15週目 02/13(月)19(日)
[23位] 00.4万枚 (96.2) : 16週目 02/20(月)26(日) 橋本「卒業」ライブ
[50外] 00.1万枚 (96.3) : 17週目 02/27(月)05(日)
[50外] 00.1万枚 (96.4) : 18週目 03/06(月)12(日)
[50外] 00.1万枚 (96.5) : 19週目 03/13(月)19(日)
[50外] 00.1万枚 (96.5) : 20週目 03/20(月)26(日)
[50外] 00.1万枚 (96.6) : 21週目 03/27(月)02(日)
[50外] 00.1万枚 (96.7) : 22週目 04/03(月)09(日)
[50外] 00.0万枚 (96.7) : 23週目 04/10(月)16(日)


全国握手会の行われた週、とくに発売直後のスタートダッシュが落ち着いた、6週目と10週目に、売り上げ枚数と順位が反転上昇し、その後、3会場がすべて終わった発売11週目から、急速にセールスが縮小しています。

10週目と最新の23週目の累計を比べると、この間に、1.5万枚を積み上げていますが、「サヨナラの意味」の場合は、16週目に、ななみんの「卒業」ライブという特別イベントがあり、通常より、3千枚ほどブーストされている。

従って、全国握手会がすべて終わった後は、1.2万枚が期待できる積み上げになります。


このことを念頭に置いて、17枚目のCDセールスを見てみます。

(表4) 17枚目「インフルエンサー」のオリコン週間ランキング推移

# 05週目以降の「00位 00.0万枚 (00.0)」は、まだデータが出ておらず、確定していないの意

[01位] 87.5万枚 (87.5) : 01週目 03/20(月)26(日)
[04位] 04.9万枚 (92.3) : 02週目 03/27(月)02(日) 全国(大阪)
[05位] 01.8万枚 (94.1) : 03週目 04/03(月)09(日)
[10位] 01.1万枚 (95.3) : 04週目 04/10(月)16(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 05週目 04/17(月)23(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 06週目 04/24(月)30(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 07週目 05/01(月)07(日) 全国(なごや)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 08週目 05/08(月)14(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 09週目 05/15(月)21(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 10週目 05/22(月)28(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 11週目 05/29(月)04(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 12週目 06/05(月)11(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 13週目 06/12(月)18(日)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 14週目 06/19(月)25(日) 全国(幕張)
[00位] 00.0万枚 (00.0) : 15週目 06/26(月)02(日) SPイベント応募締切


発売4週目現在の累計は95.3万枚で、「ミリオン」まで4.7万枚に迫っています。

すると、幕張メッセの14週目までに、3.5万枚より多く積み上げ、累計を98.8万枚以上に持っていかないと、100万越えが微妙になってくる。


ここで重要になるのが、7週目に予定されているポートメッセなごやで、この週、2万枚近い売り上げを叩き出せば、「ミリオン」がほぼ見えてきます。

逆に、1万枚程度に留まるようなことがあれば、ギリギリ、行くか行かないかというシビレる展開になる(笑)。

白石麻衣の参加アナウンスは、名古屋全国握手会を盛り上げるには効果的で、随分と早い時期に、ブログでお知らせしたのは、少しでも初回限定盤の売り上げ枚数を伸ばしたいという、運営の意図も背後に潜んでいると思います。


最後に、MV再生数ですが、公開47日目にして、「インフルエンサー」は、3週間後にアップされた欅坂「不協和音」に、累計で抜かれてしまいました。

(表5) YouTube公開MVの累計再生数において、欅坂直近3表題曲が乃木坂の同時期発売表題曲を上回った日付

凡例
乃木坂の表題曲欅坂の表題曲 : 日付
対象日の再生回数増加速度 (日終わりの累計再生回数) @ MV公開後経過日数

#「累計再生回数」は「万回」単位

裸足でSummer世界には愛しかない
03.1万回/日 (554.0) @ 79D04.3万回/日 (553.4) @ 75D : 09/24(土)
02.9万回/日 (556.9) @ 80D03.8万回/日 (557.2) @ 76D : 09/25(日)← 逆転

サヨナラの意味二人セゾン
03.4万回/日 (483.6) @ 50D11.5万回/日 (469.1) @ 23D : 12/09(金)
07.0万回/日 (490.6) @ 51D23.3万回/日 (492.5) @ 24D : 12/10(土)←

インフルエンサー不協和音
13.4万回/日 (859.7) @ 46D27.2万回/日 (857.3) @ 25D : 04/16(日)
10.1万回/日 (869.8) @ 47D19.1万回/日 (876.4) @ 26D : 04/17(月)←


「世界には愛しかない」が「裸足でSummer」を追い越したのが公開80日目、「二人セゾン」が「サヨナラの意味」を上回ったのが51日目と、3作連続の「逆転」です。

また、「不協和音」のMV再生数は、25日(火)未明にも1千万回に到達する模様です。

(表6) YouTubeに公開された「サヨナラの意味」MVの再生回数推移

凡例
対象日の再生回数増加速度 (日終わりの累計再生回数) @ MV公開後経過日数 : 日付

19.1万回/日 (876.4) @ 026D : 04/17(月)
19.7万回/日 (896.1) @ 027D : 04/18(火)
17.5万回/日 (913.6) @ 028D : 04/19(水)
17.0万回/日 (930.6) @ 029D : 04/20(木)
17.2万回/日 (947.9) @ 030D : 04/21(金)
19.4万回/日 (967.2) @ 031D : 04/22(土)
(予想)
17.0万回/日 →1.0千万回 @ 034D_033.1日 : 04/25(火)03:34


欅坂は、リリースした4表題曲のMVすべてが、1千万再生を達成することになり、2016年に引き続き、今年も、勢いが止まらないどころか、加速している感さえある、快進撃と言えるでしょう。

ただ、「インフルエンサー」のMV再生数も、今週の10万回/日を維持出来れば、5月初めには1千万に届く計算です。

(表6) YouTubeに公開された「インフルエンサー」MVの再生回数推移

10.1万回/日 (869.8) @ 047D : 04/17(月)
10.6万回/日 (880.3) @ 048D : 04/18(火)
09.1万回/日 (889.4) @ 049D : 04/19(水)
08.9万回/日 (898.3) @ 050D : 04/20(木)
09.3万回/日 (907.5) @ 051D : 04/21(金)
10.6万回/日 (918.1) @ 052D : 04/22(土)
(予想)
10.0万回/日 →1.0千万回 @ 061D_060.4日 : 05/01(月)10:11


最近、再生数の伸びが落ちつつあるので、上表のように5月1日(月)に1千万を越えるかどうかは、予断を許しませんが、オリコン累計の「ミリオン」と同じく、あと一歩のところに来ているのは間違いありません。

乃木坂の場合は、実現すれば、3作連続、4作目の大台到達です。

素晴らしい記録なんだけど、ことごとく欅坂に先を越されているので、楽曲人気を牽引して貰っている感が強く、手放しでは喜べない、微妙な気分になります(笑)。


関連記事

星野みなみを定期ライブで観たい、負担増で岐路に立つ握手会、正念場の「インフル」楽曲人気 [04Apr17]

坂道AKBがMステ出演日にiTunesランクTOP5達成、白石松村の全握参加は重要発表間近のサイン? [02Apr17]

乃木坂のイメージ戦略とインフルエンサー初動前作越え、Hot100動画ランクが示すヒットの法則 [30Mar17]

「インフルエンサー」デイリー累計は前作4.7万増の87.4万枚、AKB48Gからの人気移動が加速か [28Mar17]

裸足、サヨナラMV1千万再生の連続達成がほぼ確実、坂道AKBのMVは国内15位ランクイン [12Mar17]


// 過去の記事を読みたい方へ

アレチの素敵な乃木坂業務連絡10Jan17 〜 関連記事の目次 (03Dec16 〜)

「ブックマーク」内に、時期別に分けた目次記事へのリンクを掲載しています。 「ブックマーク」は、PCでは左サイドバー、モバイルでは記事の最後に置かれています。

記事目次(Dec16~)
記事目次(Sep15~Nov16)
記事目次(Jul14~Aug15)
記事目次(Nov13~Jun14)
記事目次(Apr13~Oct13)


// 特集ページ

「ブックマーク」内に、以下の特集記事へのリンクを掲載しています。

プリンシパルtrois
プリンシパルdeux
星野みなみ!
楽曲情報(11th~)
楽曲情報(1st~10th)
6thガールズルール
7thバレッタ
和田まあや!
えくせれんとブログ


# 記事中の青字部分は、テレビ番組、公式サイト、書籍、歌の歌詞などに、掲載されたものを、そのまま抜粋引用したことを表しています

『芸能』 ジャンルのランキング
この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« NGT48「青春時計」初動16.0万... | トップ | 「不協和音」MVが歴代最速の1... »
最近の画像もっと見る

あわせて読む