英語と書評 de 海馬之玄関

KABU&元KABUのブログ

AKB16期生公演 15人での出演・・・KABUはこの「結果」を支持します。雑感も<宝の山>、鴨

2017年07月30日 07時56分05秒 | アイドルグループ論

 

 

ある記事を読んで、人材育成・組織論・営業に関わるか、サービス業界に身を置いている方には参考になると思いました。でもね、人材育成や組織論や営業に無関係な方など現在の先進国にはほとんどおられないのではないでしょうか?  

まして、現在のビジネスはすべて<サービス業界>とも言えるような気もします。経営とか人材育成、起業とか教育に関心のある向きには最良とまでは言いませんけれども、参考になると思いリブロさせていただきます。この記事です(比較的短いものですので転記させていただきます)。

・AKB16期生公演 15人での出演

 http://ameblo.jp/hagiri-friday-blog-888/entry-12296768037.html

 

テーマ:AKB48

2017年07月29日(土) 20時40分00秒

昨日、初日を迎えたAKB16期生の「レッツゴー研究生!」公演の出演メンバーが、

メンバーのクオリティの問題により、当面は15人で行うことが発表されました。

 

参照記事

「レッツゴー研究生!」公演 出場メンバーについて

 

以下、雑感を書きます。

・「不完全の妙味」を味わうのがAKBの醍醐味の1つだった


・お客からお金を取るのに相応しくないパフォーマンスの質と運営は判断したのだろう

・公演プロデューサーの村山彩希は、

 「できない子をできないままステージに立たせるのは16期のためにならない」と説明している。 

 

・舞台に立つ厳しさを教える為&お金を払って観るお客に対する責任を教える為、

 舞台に立たせないという方針には一定の理解ができる。

・恐らくだが、この公演は16期研究生のセレクションになっているのだと思う。

 

・しかし疑問に思うのは、運営は16期生のクオリティを高める為に何をしてきたのか?

 振り付けDVDを見せて、「期日までに覚えてこい!」と言い続けたのではないか。

・運営は16期生にDVDを見せて覚えさせて、公演プロデューサーの村山彩希に

 振り付けの指導をさせているのかもしれない。

・しっかりと振付師orダンス指導者を用意して、振り付けや移動などを教えるべきだ。

・16期生のパフォーマンスが低い理由を村山彩希の「指導不足」として、

 運営は彼女に責任転嫁するようなことは絶対にするな。

 

・運営は今になってパフォーマンスのクオリティを追求するのか?

 ならば、正規メンバーのパフォーマンスと言動のクオリティを高めよう。

 そっちの方が重要だと思う。

・そして、運営こそが運営能力の質の向上をしなければならない。

 「クソ運営」と自嘲してやり過ごした結果、ファンは失望し、メンバーは腐った。

 

・今ならまだ間に合う。全盛期を取り戻すことは出来ないが、完全崩壊を防ぐことは出来る。

 AKSがAKBグループを使って金儲けをしたいのならば、

 運営陣とメンバーの規律を正し、統制を取れ。

・顧客(ファン)満足を高め、各メンバーの特徴を引き出す経営活動をしよう。

 (以上、転記終了)


 

【MV full】 フライングゲット (ダンシングバージョン) / AKB48 [公式]
それにしても、「前田敦子」てなんだったんだろう。<山口百恵>も<美空ひばり>も
結果的に超えていたよな。そのときは単なる一人の「アイドル」さんに見えたけど。

 

 

 

 

これは常識でしょうが、AKB48グループでは、①当初、2005年の創業から2010年前後くらいまでは、チーム単位(チームA+K+B)での専用劇場公演が基本の活動スタイルで、もって、「会いに行けるアイドル」の当初の「AKB48」のコンセプトを維持していました。②その後、――各チームからの選りすぐりの選抜メンバーが構成する、後には、名古屋のSKE48や大阪のNMB48とかの姉妹グループからの精鋭も含むようになる――「AKB48」自体がメジャーになるのにともない、逆に、専用劇場公演は、選抜メンバー以外の中堅以下や若手が――皮肉なことに、それと姉妹グループの精鋭が「兼任」という形式で――担うようになりました。

そして、③現在に至っては、専用劇場公演以外の大規模会場や地方公演の増加にともない、かつ、有名メンバーの卒業や有望な若手メンバーの速攻での離脱、加之、最大の要因として若手育成まで手が回らない運営サイドの無能無策もあって――私自身そのメンバーの彼女たちの不満を握手会で何度も聞いてきましたから!――専用劇場公演は各チームのメンバーだけではやれないくらいの「人手不足――お金をいただけるほどの、できるメンバーの不足」が深刻。

正直、④2017年の現状は、①の時代のチーム単位での専用劇場公演の活動スタイルは崩壊か崩壊寸前で――つまり、都道府県代表で構成され人数も一番多いチーム8を唯一の例外として、チームA・K・B・4のどのチームの公演も様々なチームからの混成メンバーで行われており――、もって、自分がお気に入りの(推している)「会いに行けるアイドル」という当初の「AKB48」のコンセプトの維持は――かつ、収益の維持は――、文字通り「テロの恐怖も感じないわけではない中での長時間労働」たる握手会が担っているの、鴨。

と、わたしがここでそう言っても、運営サイドも恥ずかしくて/現状が公になるのは勘弁だろうし、損害賠償にせよ名誉毀損なりで訴えることはほぼない状況だと思います。5~6年くらい前までは、――わたしがチームBを総体的に応援していたように――あるチームをまるごと応援するファン(箱推のファン)も少なくなかったのですが、今ではどうでしょう、かなり特殊なタイプのファンに彼等は分類されると感じます。実際、このような状況を――「メンバー不足➡チーム単位の公演の崩壊」の現状を、よって、そこにおける中堅以下のメンバーの苦境を――動画サイトで吐露するメンバーも出てきていますしね。

 

そんな中での「15人体制」の苦渋の決断。そう思いました。

やはり、ない袖は振れないのですよ。

しかし、あの須藤某にいまだに「卒業公演」をさせる方針らしいNMBとは、

やはり、「AKB48:本店」は違うよな、とも感じました。



・AKBは終わりました、以上。

 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/78799c7bb9ac3777b26578910b435b9f

・AKBはもうあの日に終わったけれど・・・、サッシーの言う通りだよ。(追記あり)
 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/8b64a655f6e7a8bed9dc8716cedc6572

・須藤凜々花が駆除されるまでの指針も同じかも
 ――侵入するヒアリ対策で絶対に今やってはいけないこと

 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/f482e4d39a2d6b0311c3bf6f5ce7d391

・オーストラリア:二重国籍発覚の議員が辞職。二重国籍は憲法で禁じられている

 ――須藤凜々花はいつ卒業するんだ❗

 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/3477b3fe6282ea9f624a98241fd91e1d

・須藤凛々花の駆除の日程決定――遅いわ❗ 「卒業公演」だぁ? ふざけんなよ❗

 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/aa4f5925e9a4457c8eba67111a4f424b

・NMBをよろしくだぁー? 

 なら、お前がさっさと「活動停止」してNMBをされ、須藤凜々花❗

 http://blog.goo.ne.jp/kabu2kaiba/e/38b497c3d746b0fc74453291ad49df4f

 

 

ジャンル:
おもしろい
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 「加計問題」――朝日新聞を叩... | トップ | 国民主権情報防衛戦の基本活... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

アイドルグループ論」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。