風来坊参男坊

思い付くまま、気が向くまま、記述する雑文。好奇心は若さの秘訣。退屈なら屁理屈が心の良薬。

男性が輝く社会

2017年04月24日 03時43分22秒 | 随想

亭主は家を出ずれば七人の敵あり、故に女房は内助の功に徹すべし。

戦前の家族の価値観だったのだろうと想像する。

敗戦で西洋思想が大和魂を凌駕し、欧米の紳士が淑女を優先して丁重に扱う文化に蹂躙され、ようやく完成した。

曰く、女性が輝く社会、首相夫人、都知事や防衛大臣など大活躍。

女性優先思想の由来を最近知った。家を出れば野獣に遭遇する狩猟民族男性は怖気好き、女性を盾にするのがレディーファースト。

艱難辛苦の悲哀を体験し、農耕民族女性が教育勅語の時代を懐かしみ、内助の功に価値を見出すなら、善かれ悪しかれ祖国は変わる。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忖度は八百屋の長兵衛 | トップ | 優先する制動装置 »

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

随想」カテゴリの最新記事

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。