Joe's Labo

城繁幸公式。
というか避難所。移行か?
なんか使いづらいな・・・

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ホワイトカラーの生産性が低い理由

2009-06-30 12:40:01 | 経済一般
以前、残業が増えるメカニズムと、
(国民全体で頑張っているというよりは単に仕事が偏っているだけなので)経済全体も
ぱっとしないという話を述べた。

では、ホワイトカラーの生産性まで低いのはなぜだろうか?
家庭が崩壊しようが、会社の隣で失業者が倒れていようが、正社員はいっぱい働いて
いるわけだから、労働生産性自体は上がっていてもよさそうな物だが、実際には
むしろ逆である。要は無駄が多すぎるのだ。

これについては諸説あって、たとえばヨーロッパやアメリカには就労者にカウント
されない不法移民がいて、生産性がかさ上げされているとか、日本にはいわゆる
ノンワーキングリッチがいるからといった議論がある(両方、真実だろう)。

ただ、個人的には本質的問題はもっと深いところにあると考えている。
それは、現場レベルでの思考停止だ。
なにをしようが、処遇が大きくは変わらない状況で、人はどうなるだろうか。
何もしない、考えないというのが一番合理的であり、長くいれば大半の人間は
そうなるはずだ。
たとえば僕の知り合いの35歳の官僚は、自分が事務次官や局長にはなれそうに
ないことを直感的に理解しているが、かといって転職などは考えていない。
やれやれ、しょうがないなと自らに言い聞かせつつ、消化試合を淡々とこなす日々だ。
(まだ35歳なのに!)
別に「お国のために死ぬ気で働け」と言っているわけではない。
ここで重要なのは、彼のモチベーションだ。
果たして今の彼が、何か新しい価値を生み出そうと考えるだろうか?
ついでに言えば、彼は22歳の頃は、わき目もふらずに忠実に“言われたことだけ”を
こなす良い若手だった。自分がそこそこの仕事を任されるには、あと10年程度の
下積みが必要であり、それ以外のことは今は求められていないと知っていたから。
ひらたく言えば(そこそこいいエンジン積んでいるだろうに)ギア3速に入れっぱなし
のまま、最後までチンタラ走ってしまいそうなわけだ。
(しかも、あと10年ちょっとで天下りとして放出される)
これはとても虚しいことだ。人生にとっても社会にとっても。

年功序列型のシステムには、個人の創造力や爆発力といったものを眠らせてしまう
側面が、多かれ少なかれ必ず見られる。前例踏襲主義、お役所仕事、大企業病…
いろいろ呼ばれるが、中身は同じものだろう。

とはいえ、個人が好き勝手に振る舞うよりも、組織として統制が取れていたほうが合理的
であることも事実だ。実際、そういった組織力は、長く日本企業の強みとされてきた。
この場合、組織自体の方向性を考え適時修正するのは、経営陣を頂点とした管理部門
である。

ただ、彼らも万能ではないし、そもそも現場までは見えないから、必ず現実と業務
の間にズレが生じる。そもそも、管理部門というのは現場以上に前例主義に毒されて
いる傾向があるし、サラリーマン経営者の中には、自身が既に思考停止状態の人も
少なくない。
こういった、組織に蔓延する思考停止状態から生じるズレこそ
無駄の正体なのだろう。


人事部門で言うと、技術職として偏差値の高い大学の理系修士を採用し、配属先も
割り振るが、技術内容なんて人事にはチンプンカンプンなので、必ず現場からクレーム
がくる。
「おまえら、全然わかってないだろ」
「これじゃいかん」と技術部門の役員を入れて面接したら、もっとクレームが増えたり。
要するに、中央に近い人間が統制するのは、ある程度の規模以上の企業では無理なのだ。
ということは、意思決定機関が現場に近いほど個別対応力がありフットワークに
優れているわけだから、突き詰めれば各自が一定の裁量と責任を負い、柔軟に処遇
される組織が適応力が高いということになる。
少なくともマーケットインを意識している業種であれば、進むべき道は明らかだ。

僕がこの構造に気づいたきっかけは、佐藤優の「自壊する帝国」を読んだ時だった。
ソ連末期、既に社会経済・政治と言ったシステムが形骸化する中、ただ人々だけが
ソ連人として、上辺だけの国家を黙々と演じ続けている様子が描かれる。
建前と本音の交差するソ連ごっこの中、状況の変化に対処できぬまま崩壊していく
巨大な帝国。
そこに、なんとなく日本企業と同じ空気を感じてしまった。

考えてみれば、旧共産圏の計画経済と大企業の終身雇用というのは、似た点が多い。
大学卒業後、配属先や異動先を中央が決めるシステムは、既に中国ですら消滅したが、
日本企業内ではいまだに健在だ。終身雇用を前提とした閉鎖的なシステムも、同じ
といえば同じである。

ところで、霞ヶ関の若手官僚にも、佐藤優の一連のソ連本を読んで
「うちの職場みたいだ」
と言ってる人は多い。
官僚機構なんてどこもそうなのか。
それとも、日本も緩やかに崩壊しつつあるのだろうか。



自壊する帝国 (新潮文庫)
佐藤 優
新潮社

このアイテムの詳細を見る
ジャンル:
ウェブログ
コメント (21)   トラックバック (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 映画 『精神』 | トップ | 階級闘争という虚構 »
最近の画像もっと見る

21 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (野田一丁目。)
2009-06-30 14:46:39
>(まだ35歳なのに!)

問題はラインから外れても正社員様なら人並み以上の給与が貰えることですかね?(笑)出世コースから外れた→非正規雇用!とする法律を作ってしまえば、みんな必死になって働くか転職活動するかのどちらかになるでしょう。
合成の誤謬 (ぽょぽょ)
2009-06-30 16:04:27
それぞれの個々人は、社会の全体性など考えず、個々が与えられた環境の中で合理的な行動選択をしているので、「思考停止」といえば「思考停止」ですが、当の本人からしてみれば、「よく考えて」行動選択をしているわけです。
現状の均衡点が変わらなければ、合理的な判断による行動選択は変化しないのですが、1人で「全体性のなかでの望ましい選択」をすると、普通、不利益変更になってしまう。
城さんのようなお仕事をするにも会社員なんかとは比べものにならない位のスキルや営業力が必要になるのに、賃金は低下する可能性が低いですから、そちらを選択するほうがどうかしてる……と大部分のサラリーマン連中は思うわけです。
そうこうするうちに、全体としては沈没しそうですが、サラリーマンのかなり多くの人が解雇されるような状況にでもならなければ、どうにもならないんじゃないでしょうか?
もしどこかの政党が雇用流動化政策をかかげたとしても、不人気になるので、無理だろうしね。

しかし、流動化によってクビを切りたい低生産性人員の整理解雇が行えるようになると、不況時の失業率は今回程度ではすまないような気もします。
Unknown (MICHI)
2009-06-30 21:29:00
私が以前働いていたアメリカでの話ですが、
当然通年採用ですし、日本のような人事部ではなく、各部署の上司になる人物が直接採用するので、
個人の専攻や能力と、職務内容がミスマッチを起こすことなどありえないのですよね。
そう考えると、日本企業は多くの人材を無駄にしてしまっているのではないかと感じます。
日本では「やりたくない仕事でも我慢してやる」ことが美徳みたいになってますけど、
能力があるのであれば、当然それを活かせる職場、部門に行くべきです。
これも雇用が流動化していないために起こるですよね。
完全失業党 (patrasche)
2009-06-30 22:45:44
>サラリーマンのかなり多くの人が解雇されるような状況にでもならなければ

東ティモールは一時期、失業率97%でしたが、自殺大国だという話を聞きません。自殺と国民性の関連はもっと論じられてもいいし、「人生は働くことがすべてである」という日本独自の陰湿な精神主義を打破したほうがいいのではないかと思う。

流動化すれば「忙しい人」と「ひまな人」の二極化は拡大するように思う。価値観は多様にしておかないと、今の価値観では持ちこたえられないだろう。
無駄こそ収益です。 (KKMM)
2009-06-30 23:23:25
ソフトウェア関連の中小企業で働いています。
ご多分にもれず、他の会社に出向しています。
お客から払われるお金は、勤務時間で計算されます。
仕事の成果ではありません。

最近、収益が悪化しています。
収益を上げるために、社長は言いました。
「客先で残業しろ」

これが、多くの会社の現実だと思います。
少子化も・・・ (りゅう)
2009-07-01 00:11:58
生産性の問題が大きいでしょうね。
本来あるべき生産性の問題がないがしろにされ、古き全体主義体質が蔓延しているから、一向に生活の豊かさが感じられない。
東京都内の通勤ラッシュは殺人的な状況で、これが40年続くと考えると、多くの人間はやはり正気ではいられないでしょう。
ふっと飛び込みたくなる気持ちも分からないではありません。

大手都銀に勤める友人は海外との遣り取りが主ですが、やはり勤務時間は他の人間と変わらない。一日の大半は無駄に会社にいなければならないことを嘆いています。
そうまでして守らなければならない和とは一体なんなのでしょう。
間違えてる・・・ (ぽよぽよ)
2009-07-01 00:49:13
賃金は低下する可能性が低い
  ↓
賃金は低下する可能性が高い

patrascheさん (ぽょぽょ)
2009-07-01 00:53:32
裏山でパイナップルやマンゴー、バナナがなってて、海いきゃいくらでもサンゴ礁のお魚がいる国とは比べもんにならんでしょ。
「仕事がなくても、まあ、食っていけるしね」という状態にしてあげれば日本人もそうなるとは思いますけど、裏山にはバナナがないので社会保障費でってことになると、それはそれは大変なことになりまする。
いまどきだれも「働くことがすべてだ」なんて思ってませんよ。
ただ滑り落ちるのが怖いから、いいなりになっているだけなのであって。
年功序列 (おさる)
2009-07-01 10:01:55
城さんの言うような年功序列企業ですが、税金使ってるところ以外であるのかと不思議に思っていました。

金額交渉がないとか、目標未達でも給与据え置きで下がることがない、役職に基準年齢がある、業績が悪くても解雇されない、結局個人の評価よりも部署や会社の業績で賞与が決まる、などの人事制度をもっている企業は、広義の年功序列企業ということですね。
Unknown (マツケン)
2009-07-01 10:22:02
少ないお金でも大きな満足感。大いに結構です。
個人的には大賛成です。

ただ大切なのは価値観を変えることであって、そこに時間がかかると思います。
結局女は金のある方ばかり向いて、価値観がどうとか言う人はしばらく結婚に不自由しそうな予感がします。
組織論として (松本孝行)
2009-07-01 10:40:36
組織論で話をすると、日本は職能別組織で、アメリカは事業部制組織ですからね。事業部制にすれば、事業部ごとに財務・人事・営業などの権限が与えられ、事業部長は擬似社長のような状態になります。

しかし不思議なことに日本では事業部制をさらに進めてカンパニー制にしている企業であっても、人事部が中心となって採用活動を行って、配属を割り振ると言うことをしています。採用の可否は事業部長に権限があるんですが、それを配属する権限がないわけです。新卒で大量に採用しようとするからこうなるわけなんですけどね。随時採用が主体の欧米では事業部制で事業部で人材が必要と判断した時に採用活動を行いますから、新卒採用が主体であるか否かで採用権限が現場にあるかどうかも影響するのでしょう。
RE:patrascheさん (ぽょぽょ) (patrasche)
2009-07-01 11:12:03
お返事どうもありがとうございます。

>裏山でパイナップルやマンゴー、バナナがなってて、海いきゃいくらでもサンゴ礁のお魚がいる国とは比べもんにならんでしょ。

全ての国民が農産物・水産物を無料で入手できるのですか?バナナだけ食べて生き延びられるものでもない気がしますが。おそらく東ティモールにも生保に似たシステム(あるいは失業保険)はあると思います。日本でも自宅などで菜園を持っている人も多いです。

>「仕事がなくても、まあ、食っていけるしね」という状態にしてあげれば日本人もそうなるとは思いますけど、

生保で単身者なら12万ぐらいはもらえますので、役所と交渉する気力があれば、「仕事がなくても、まあ、食っていけるしね」ではないでしょうか。生保もらいながら仕事してる人も大勢いますが、全く労働していない層も多いですしね。

>いまどきだれも「働くことがすべてだ」なんて思ってませんよ。

数日前の新聞の読者欄に「人生とは働くことがすべてである」という投稿が載っていました。はっきり言わなくてもそう思っている人は意外なほど多いですよ。昼間っから若いもんがぷらぷらしてたらかなり冷たい目で見られる。

あ、首都圏はそうでもないかもしれないです。地方都市の一般大衆の話です。

戦争 (kenji)
2009-07-01 12:01:16
>私が以前働いていたアメリカでの話ですが、
当然通年採用ですし、日本のような人事部ではなく、各部署の上司になる人物が直接採用するので、
個人の専攻や能力と、職務内容がミスマッチを起こすことなどありえないのですよね。

 その昔軍隊の人事において、アメリカは直属の上官が、昇進を決めたが日本軍は異なっていた。
 そのため亜米利加では能力を発揮するとすぐ上へ行き、そこで発揮するとさらに上へ行き、それで将軍とよばらるひとでも、一兵卒から昇進した人もいたが日本軍は海兵か士官卒でしかも海大、陸大卒でないと将官になれなかった。
 また将校でも同じで、学歴がないとなれなかった。
そのため二等兵から少尉、中尉、大尉になった人と学卒でなった人とは位は同じでも、仕事においては三段階くらい異なっていたそうである。
 その体制で戦争をして負けたから、今も同じなら、我が日本は負ける。戦争は新しい状態が出現するから、偵察、認識、対策、目標 攻撃、と新しいことをしないと持久状態になったら、ソレヲする必要がある
 其れと同じことをしなければなら無くなると、実質何もしなかった。ところが口ではきわめて正確に話していた。もっともこそこそ出会ったが
カンパニー制 (城)
2009-07-01 12:32:49
>しかし、流動化によってクビを切りたい低生産性人員の整理解雇が行えるようになると、不況時の失業率は今回程度ではすまないような気もします。

90年代、労働者の雇用を守ったら氷河期世代が生まれた。結局、人件費の原資総額は変わらないのでどこかにツケが出る。それだったら競争させた方が企業業績は上がって結果的にパイは増えるでしょう。

>しかし不思議なことに日本では事業部制をさらに進めてカンパニー制にしている企業であっても、人事部が中心となって採用活動を行って、配属を割り振ると言うことをしています。

そう、あれは不思議でしょうがない。
日本企業のカンパニー制なんて賃金ベースも同じ横並びだし、採用窓口を分けて仕事を増やしているだけ。そんなもの今頃言い出した日立は大丈夫か。
Unknown (Unknown)
2009-07-01 19:38:49
>そんなもの今頃言い出した日立は大丈夫か。

マジですか?(笑)カンパニー制など何も機能しないことは判りきっているのに。

>事業部長

昭和40年生まれの私には憧れの存在でしたね。大学教授よりお金が使えて自由自在に事業が出来てリスクがない。(苦笑)今は普通の中間管理職になってしまいましたけどね。
Unknown (lc)
2009-07-01 20:39:42
だがしかし、氷河期のように排除の論理でムラ八分のムラ社会日本では、
競争敗者をグッドルーザーと丁重に扱い、包含することは難しいのが悩みどころ。大体競争苦手なのは日本中に最低2割はいるでしょう、なんとなく。

自己責任は無限責任、死ぬまで責任を問うわけで。それはすなわり無責任が合理的になる裏返し。
人件費 (ぽょぽょ)
2009-07-01 23:10:46
>結局、人件費の原資総額は変わらないのでどこかにツケが出る。

これが本当なのかなあ?っていうのが以前からよく分からないんですよね。
好景気時に採用抑制をしなくなるというのは言いと思うんですが、不景気時に今回なんかは切りたくて切りたくて仕方ないクビがいっぱいそのまま雇用されているわけですが、その人たちのクビまで正しく飛んじゃってるはずなのですが、整理解雇4要件のお陰さまをもちまして、クビを切れないでいるわけです。
不景気時には人件費原資をもっと抑制して、赤字幅を最小限にとどめようとするんじゃないかと。

patrascheさん

東チモールは、労働組合も労働法もまともに機能していないような、この間まで戦争やってた国ですので、社会保障とかそんな悠長な世界ではないと思いますが、実際はどうなんでしょうか?
しかし、労働組合っちゅうのは全く機能しなくても、過剰に機能してもロクなことにならないので、難しいですね。

生活保護ですが、日本の場合にはそれでやっていきますという覚悟を決めちゃえば結構悪くないですよね。
ただし、「お前は国のゴクつぶしだ」といわれる覚悟を決めるのってのは案外簡単じゃないですよね。

城さんのご意見を強く支持しつつ (社内失業中)
2009-07-01 23:16:56
表現の問題ですが、日本の経済力(潜在的成長率)と生活の豊かさを向上させる意味で、ホワイトカラーの潜在的能力を発揮させることが重要で、それがひいては彼らのやり甲斐や創造性ある生活のためになる。だから、労働制度改革が必要だと強調すれば賛同者が増えるのではないでしょうか。
合成の誤謬のお話がでていましたが、パイの取り合いのお話ばかりではナッシュ均衡を抜け出せません。
中高年だって自分達の能力が活かされる仕事につければ満足ですし、それが社会に還元されれば、みんなのためにもなるわけです。
パイの分配の不平等さを煽るだけでは解決に動き出すのに、世代交代かもしくは経済が窒息するまで10年から20年かかっちゃいますよ。
ビジョナリーな政治家が出てくれば話は別ですが、国民のレベル以上の政治家は生まれませんからね。
ブルーカラーとの比較論という前提で (課長007)
2009-07-02 00:54:56
日本は米国に比べてブルーカラーの賃金が低いが、製造業や建設業の円建て単価は高いので、結果としては労働生産性は高くなる。
ということを、GM破綻の渦中に米国製造業の賃金・年金の高さを知って気付かされました。
ITエンジニアのように単価の高いブルーカラーがいる第三次産業の特定業種で比較してみると、実は日本のホワイトカラーの方が生産性が高いというデータも見たことがあったような?
一つの見方 (kenji)
2009-07-02 08:20:14
 ここのコメントを読むと、戦前のわが国は移民をしていた、いや1972年ころまでブラジル移民をしていたことを忘れている。
 この意味を考えることである。結論は敗者復活戦は難しいと言うことである。個人も企業も同じである。
 これから其れが表に出てくる。

 韓国、中共を潰せば素の芽も出てくるがこれは外交問題で、韓国中共はそれを知っているが、わが国側が知らないというより報道されていないだけである。
 それをすればたちどころに、それで飯を食っている人々が食い上げになる。
 結論は外国へ行く力をみにつけるか、会社にしがみつくか、独立と言う小判鮫のような商売をするしかない。
 新たに起こせた産業は新規のものばかりで、のれんわけは難しくなった。

 大仕掛けなわが国の産業、世間の仕組みを知らないと、痛い目を食って、ほとんど再起不能になる。
 其れが表にきちんと表れて、考えるために良いことは、相撲の大麻汚染である。
 法律も、相撲の実力も、何もかも力を発揮していない。あそこで相撲界に残ることができたのは何が元かを考えればよい。
 その時出てくるのがわが国世界の基準である。
カフカ的世界 (まさき)
2009-07-02 19:34:43
連邦時代ある空港に行ったら女子事務員が一生懸命長時間電話で何かの交渉をしていたそうです、電話線が繋がっていないのに。
私の経験では仕事中息を止める、約75秒強。回復するのに60秒強、何やかやで30秒強。
これを10回繰り返したら30分すぐ過ぎます。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

2 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
ホワイトカラーの生産性が低い理由 (佐藤尚弘のブログ(案))
http://blog.goo.ne.jp/jyoshige/e/0020d904d394fbb6bf6ee42cd3365db9 それは、現場レベルでの思考停止だ。 なにをしようが、処遇が大きくは変わらない状況で、人はどうなるだろうか。 何もしない、考えないというのが一番合理的であり、長くいれば大半の人間はそうな...
つらい仕事か、むなしい仕事か (雑談の達人)
城繁幸氏のブログ記事「ホワイトカラーの生産性が低い理由」を読んで、自身の経験とも照らし合わせてふと考えた。世の中には、「つらい仕事」と、「むなしい仕事」の二種類の仕事しかないのではないかと。 (本ブログ「雑談の達人」の)筆者は転職を経験している。以前の...