恐山あれこれ日記

院代(住職代理)が書いてます。

思考のお遊び

2016年02月10日 | 日記
 扱うのが面倒な物事を考えるときには、より単純にモデル化して、「見取り図」めいたものを頭の中に作ると便利な場合があります。

 いわゆる「形而上学」的思想、すなわちこの「世界」や「自己」の実存に対して、それに根拠を与える超越的理念(「絶対神」とか「イデア」など)を設定するようなアイデアも、過去から今に伝わるものだけでも多種多様で、今なお生まれつつあり、これからも増殖していくことでしょう。

 私はこういう思想の問題を考えるとき、超越的理念と実存の関係を、以下のようにモデル化して、その後の議論に見通しをつけることが多いです。

 まず、理論的、あるいは認識論的に、思想を大きく二つに分けます。

 一つは、「浮世は夢」型です。

 これは、この世に存在するすべてのもの・現象(実存の在り方)は、すべて夢幻のようなもので虚構に過ぎず、愚かな我々は通常「本当に存在している」と錯覚しているだけだと考えます。したがって、「真に存在するもの(超越的理念)」は実存と隔絶していて、我々が日常で機能している認識能力では、把握も理解もできないということになります。

 もう一つは、「真理は丸出し」型。

 このアイデアは、超越的理念は実存にありのまままに現れているか、部分的に反映していると考えています。したがって、我々の持つ認識能力を一定の方法で訓練すれば、超越理念へのアプローチは可能です。

 次は、実存が超越理念に対してとる態度や行為、すなわち実践様式で分けます。

 第一には、「信仰・祈願」様式です。

 これは、超越理念に対して実存者がまったく無力であることを前提に、ひたすら超越理念の降臨や啓示を期待して、それに随順する意思を示し続けることで、自らを根拠づけようとする行為です。

 第二は、「変身・合一」様式です。

 このアイデアは、基本的に超越理念と実存は「本当は同じだ」と考えます。だから、特殊な訓練(「修行」)をすれば、超越的理念そのものに「なる」か、それと「一体になる」と考えます。つまり、実存は根本的に変容しうるというアイデアです。

 第三は、「観照・研究」様式です。

 この実践は、「変身・合体」などという実存の変容は決して起らないが、なんらかの方法で実存は超越理念を認識できる考え、そのための方法を提案します。多く採用されるのは瞑想などの自意識の操作であったり、ある種の直感を根拠にした知的考察です。

 私は普段、この二つの理論類型と三つの実践様式を何回か組み合わせることで、ものを考えることあります。

 たとえば、古代ギリシャで言えば、プラトン系は「浮世は夢」型、アリストテレス系は「真理は丸出し」、実践様式はともに「観照・研究」が主であり、前者は観照、後者は研究に重心がかかってます。

 中国では、いわゆる老荘思想は「浮世は夢」型で「観照・研究」様式、観照重視でしょうが、孔子孟子のアイデアは「真理は丸出し」型で同じく「観照・研究」様式、研究重視だと思います。

 ところが、時代や場所が変わると、最初の基本型や基本様式に、さらに型と様式を掛け合わせて、独自の思想に仕立て、流派を立てて分岐していくという現象が阿起ります。

 孔子孟子の思想の後には、「真理は丸出し」「観照・研究」ラインを押し通す朱子学に対して、「変身・合一」様式を取り込んだ陽明学が現れてきます。

 キリスト教も似たことが起こります。キリスト教は「浮世は夢」型「信仰・祈願」様式の典型でしょうが、カトリックになると、教会体制の強大化にともなって次第に「真理は丸出し」的色彩が強まり、アリストテレスを応用したトマス・アキナスのごとき、驚くべき学的体系が成立したりします。ところが、トマスとほぼ時代を同じくして、マイスター・エックハルトが極めて「変身・合一」的な様式を提案して、異端とされています。

 また、プロテスタントは、「真理は丸出し」的カトリックに対する、「浮世は夢」型「信仰・祈願」様式への揺り戻しだと、思想モデル的には考えられると、私は思います。

 ゴータマ・ブッダの言説として語られる仏教は、もともと「形而上学」を持たない、唯一の例外的思想・実践体系です。私は以前、そうした仏教の特異性を「形而外学」と称しました。

 この「形而外学」は、パターンとしては、古代インド思想の主流である「浮世は夢」型「変身・合一」様式に見えますが、とにかく「ニルヴァーナ」にしても「悟り」にしても、出来事の正体が不明なため、何かに変身するとも、何かと合一するとも、確かなことは一切言うことができません。これでは端から「形而上学」にならないのです。

 ですが、何分にも、「形而上学」的思考は本来我々を強力に拘束しますから(言語の機能そのものが「形而上学」的)、仏教にもそれが強力に作用して、古来「形而外」であるはずの考え方が「形而上」化する事例が多々出てきます。(理論のコンテクストにおいて、「悟り」「涅槃」「空」などが「絶対の真理」や「万物の根源」の意味として機能する)。

 たとえば、上座部の論書は「丸出し」型「観照・研究」様式の「形而上学」に大きく傾いています(でなければ、アビダルマになるまい)。

 大乗経典では、特に初期の般若経典が「実体」論的思考を拒否することにおいて「形而外」に踏みとどまるのに対して、法華経には「真理は丸出し」的傾向の言説が散見され(「久遠実成の仏」など)、華厳経典は「浮世は夢」型のアイデアが仕掛けられています(「法身毘盧遮那仏」「三界唯一心」)。

 また「形而外学」理論としての中観思想は、言語批判を通じて「実体」思考を徹底的に解体し、「浮世は夢」であることラジカルに理論化しましたが、唯識思想になると、「夢」的現象世界が成り立つ理屈を提出する過程で、「阿頼耶識」という「形而上学」的に「実体」化して語られやすい概念が導入されています。その結果、華厳思想にも密教にも馴染みのよい道具立てになっているわけです。

 浄土経典は「最後の審判」無き一神教のごときパラダイムですし、密教などは ブラフマニズム同様、「浮世は夢」型「変身・合一」様式の形而上学そのものでしょう。

 中国における天台と華厳の思想的差異は、「空」「縁起」を解釈する上での、「丸出し」要素と「夢」要素の配分具合や濃度差に比定できるでしょう。そして、中国の禅思想は、仏教本来の「浮世は夢」を「真理は丸出し」に改訂して、さらに「変身・合一」様式を採用するという、あまり例のないタイプのアイデアに、私には見えます。

 こういうモデルの利用は、思考の遊びのように見えるかもしれませんが、大げさに「絶対の真理」を吹聴する輩のアイデアを、思考パターンとして相対化する方法としては、けっこう便利に使えるような気がします。よろしければ、お試しあれ。

 ところで、道元禅師の思想は? あるいは親鸞聖人の思想は?
ジャンル:
ウェブログ
コメント (167)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ご意見番 | トップ | 「いいなあ」4話 »
最近の画像もっと見る

167 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2016-02-10 00:40:59
ふふ。(^w^*)

最後のオチが
和尚さんらしいですね。
Unknown (元)
2016-02-10 07:16:18
おはようございます!

仕様書及び設計書のようなご説明に、感謝申し上げます。

思考の取説とでも、言えましょうか。
Unknown (Unknown)
2016-02-10 10:54:40
道元禅師の思想は、様々に解釈されていて、断定しにくいですね。一般的には「真理は丸出し」型の「観照・研究」様式であると考えられているとは思いますが、それだけではないようにも思います。道元禅師ご自身「禅宗では無く、仏心宗と言うように。」とおっしゃったらしいですから、禅宗ですらないのかもしれませんし。

著作を書かれた時期によっても、道元禅師のお考えが変わっていることも多々あるのではないか、と思いますが、どちらかと言えばあえて思想性を固定しないようにされているようにも見えます。形而上学スタイルをキープしようとされたのでしょうか。随分勉強家だったであろう道元禅師の思想には、その全ての知識が織り込まれているのかもしれません。

坐禅中の感覚は、様々に解釈出来ると思いますが、一般的にはそこに思想性を入れないように指導される老師が多いようです。現実との接点を失わない事、個人が世界感の選択ができる余地を残すこと、を重視しておられるのかな、と思っています。

ところで道元禅師と親鸞聖人は同じことを真逆のベクトルで語っておられるようにも思います(親鸞聖人はジャンルとしては「浮世は夢」型の「信仰・祈願」様式ですよね?)。あまり浄土真宗のことはよく知らないので、いい加減なことは言えませんがどうなんでしょう?自分の薄い知識では、たまにそのように感じる時があります。

道元禅師の教えは極めてハードですが、親鸞聖人の教えは逆の意味でそれ以上にハードだと思います。とても易行とは思えませんね。自分にはとても勤まりません。個人的には道元禅師の思想を知り、本当に救われたな、と実感する今日この頃です。
「形而上学」を「形而外学」に訂正します。 (Unknown)
2016-02-10 11:30:10
先程の文面、

著作を書かれた時期によっても、道元禅師のお考えが変わっていることも多々あるのではないか、と思いますが、どちらかと言えばあえて思想性を固定しないようにされているようにも見えます。形而(上)学スタイルをキープしようとされたのでしょうか。随分勉強家だったであろう道元禅師の思想には、その全ての知識が織り込まれているのかもしれません。



「形而上学」を「形而外学」に訂正します。

真逆の意味に書いていました。訂正してご理解ください。
Unknown (Unknown)
2016-02-10 13:42:41
アメさんの解答に期待。
Unknown (アメ知ろう途)
2016-02-10 14:57:48
今回の記事「目から鱗」の、私にとっての必須の仏教ガイドでした。有難うございます。

それで思い出したのですが、漱石研究論文(作品解説)の『夏目漱石の継承』(ネットでの論評です)において、
第15章「彼岸過ぎ迄」第8節「ユングのタイプ論」(人間の性格分析についての分類化)の凄さと、
漱石が同じ頃独自に「文学論」に於いて、既にユングと同じ結論を洞察しており、今回南師・ユング・漱石三者の分析力の凄さに舌を巻く感じとなりました。

「形而上学的思考モデル、超越理念と実存の関係性」、纏めてみましたが間違いあれば是非御指摘下さい。

①.「浮世は夢」型「信仰・祈願」様式
  イエス・キリスト、
  プロテスタント(揺り戻し現象)
  
②.「浮世は夢」型「変身・合一」様式
  古代インド思想の主流、
  浄土経典(最後の審判無一神教)、
  親鸞聖人、
  密教(ブラフマ二ズム)、
  華厳経典(三界唯一心)、
  唯識(阿頼耶識)(華厳と同じく
         形而外学より変化)

③.「浮世は夢」型「観照・研究」様式
  プラトン(観照タイプ)、
  老荘思想(観照重視)、
  龍樹(実体解体、研究タイプ)、
  道元禅師(二元論の否定・研究タイ  プ、中観と同様形而外学より変化)

④.「真理丸出」型「信仰・祈祷」様式
  カトリック、
  法華経(久遠完成の仏)

⑤.「真理丸出」型「変身・合一」様式
  中国の禅思想、
  陽明学(孔子・孟子より変質)、
  マイスター・エックハルト(異端
             とされた)
  
⑥.「真理丸出」型「観照・研究」様式
  アリストテレㇲ(研究タイプ)、
  孔子・孟子(研究重視)、
  朱子学(孔子・孟子を継承)、
  トマス・アキナス(カトリックに
      アリストテレス応用)、
  上座部(アビダルマ)

⑦.形而外学 
   ゴータマ・ブッダ(パターンは浮   世夢型変身・合一なのだが内容    不明故に形而上学とならない)、
   大乗の初期般若経典

⑧.注;中国の天台と華厳の差は「空」
   「縁起」の解釈に於いて「真理
    丸出」「浮世夢」の配分具合
     や濃度差に比定する)
  
  
   
Unknown (Unknown)
2016-02-10 16:30:43
アメさんスゴいね!
纏めてくれて、ありがとう。

南師やユングや漱石は、どの分野になるんでしょね。


今から坐ります!
Unknown (Unknown)
2016-02-10 17:30:52
茶道を習い始めました。やはり、参禅の時の食の作法とすごく似ていて、カッコよかったです。さっきネットで調べたら、やはり、茶礼の作法のベースは道元禅師が創られたようですね。永平清規を読んでみようと思います。

結跏趺坐には随分慣れましたが、2時間半の正座はキツかったです。でも気軽に禅マインドに触れられて、結構楽しかったです。はやくお手前をやってみたい。
Unknown (Unknown)
2016-02-10 20:41:03
茶道も、これぞ日本美!みたいで、興味深い世界観だよね。
正座の2時間半は、さすがに足が痺れちゃうよね。
(^^;)

坐禅は、30分後くらいから、足が痺れてくるね。

その後、ベタっと真っ直ぐ横たわって、足を伸ばすと、あの強烈なジンジンは、感じなくて済むね。
即座に血流を、足にスムーズに流してあげると、アーっていう痺れは回避されるようだね。
Unknown (Unknown)
2016-02-10 21:24:14
思考パターンとして相対化する方法のご提示、大変助かります!書き出してあれこれしてみたいと思っています、ありがとうございました!
Unknown (Unknown)
2016-02-10 21:35:06
茶道で使用する道具も洗練されていて素敵だよね!
Unknown (Unknown)
2016-02-10 21:41:16
うん!
茶器って何か、眺めるだけでもいいよね。

置物としても、存在感があるというかね。
Unknown (Unknown)
2016-02-10 23:58:32
使用した時の熱の回りが早い、冷めにくいや、基本鉄製品は修理が出来て永く使えるなどEcoで、使い捨てない優れモノだったのだね!
Unknown (Unknown)
2016-02-11 07:14:16
お恥ずかしい。鉄製品とは、茶の湯の釜や鉄瓶の事が言いたかったのです。。
千の愚休 (Unknown)
2016-02-11 10:55:32
いえいえ、こちらの方がお恥ずかしい。。

火鉢なども使用されてるんでしょうか。
昔、実家で火鉢を利用してた事があるのですが、趣がありました。

鉄の急須もあり、重くはあるのですが、頑丈でした。。
宗教の目的とは? (すけのじ)
2016-02-11 20:55:39
今回の記事、とても興味深く拝見させて頂きました。

そこで、ふと感じたのですが結局のところどの根本的な宗教を選択したとしてもその宗教の中では様々な変遷があり、固定的な真理などは提出できないということになると思います。
つまり、和尚さんが言われているように、宗教は普遍的な真理を示すものではなく、各人が自分の信仰を深めるためのいわば「思想の雛形」のようなものだと感じました。
その雛形をもとに自分が納得できる生き方を追求していければ、それで良いのだと思います。

今後ともこちらのブログを拝見させて頂きます。よろしくお願いします。
生まれ変わり? (Unknown)
2016-02-11 23:27:09
以下抜粋

『人は生まれ変われる。』(池川明・大門正幸/ポプラ社)

 人は死んだ後どうなるのだろうか? 実際のところは、死んでみなければわからない。また、信じている宗教によっても、考え方は違うだろう。しかし、世界中で宗派を問わず、ひとつの可能性として信じられているのが、「生まれ変わり」だ。

この「生まれ変わり」を、オカルトにならないように、科学的見地から慎重に研究を進めているのが、大門正幸氏。

中部大学教授やアメリカのバージニア大学客員教授を務める、脳と意識と言語の研究者だ。氏が、胎内記憶を研究する産婦人科医、池川明氏と共著した、『人は生まれ変われる。』(ポプラ社)から、「生まれ変わり」の実際に踏み込んだ。
大門氏は、世界各地から、過去生(前世)記憶をもつ子供たちの証言約2600例を収集。これらの証言を分析すると、若干の地域差はあるものの、次のような傾向を導くことができた。

・過去生について語り始める平均年齢は2歳10カ月。話さなくなる年齢は7歳4カ月。

・死んでから生まれ変わるまでの期間は、平均4年5カ月。

・同じ宗教内での生まれ変わりが多い。
・過去生にあたる人物が実際に存在したことが確認できた例は、72.9%。

・過去生で非業の死を遂げたのは、67.4%。

・経済的環境や社会的地位が向上するかについては、一定の法則性は見つからない。

 過去生を語る子供に対して、解離性障害などの精神障害を疑う見方もある。しかし、一般的には、こうした証言をする子供は、記憶力が優れていたり、知能指数が高かったりする傾向がある。

日本にはかつて、障害をもって生まれてくる赤ちゃんを、観音様の生まれ変わりと考える習慣があった。身近に障害者が居ると、自然と他人を助けるので、仏教の修行のひとつである利他業(りたぎょう)を修めることができる。その赤ちゃんは、人々に功徳を積ませる役割を担って生まれてきたというわけだ。

確かに、過去や未来という目には見えない大きな流れの中で生きているという意識は、自己責任という言葉ですべてを背負わされてしまう現代の私たちに、一服の休息をもたらす効果がありそうだ。著者の大門氏は、こうした過去生を信じることの影響を、「心のクスリ」と呼んでいる。実際に「生まれ変わり」がある
どんな人も生まれる前にすでにさまざまな経験を積み、色々なことを学んでいる立派な人格であるという見方が根本にあるからだ。

生まれ変わり2 (Unknown)
2016-02-11 23:35:09
つづき。


もし、自分の子供が、過去生を語りだしても、まずはむやみに驚かず信じて聞いてあげる心の余裕をもっていたい。事実かどうかよりも、子供の言葉にうなずくことで、親子の信頼関係が深まる方が大切だろう。
余談だが、北米の先住民は、子育てでの親の役目を、その経験や学びを思い出させることだと考えている。


普段は鼻で笑っていたとしても、人生の不条理に傷ついた時、試しに信じてみるくらい、悪くはないのでは?

以上。


試しに信じてみるくらいって、かなり適当すぎません?

説得力無さ過ぎます。
(笑)
Unknown (Unknown)
2016-02-12 01:00:18
「生まれ変わり」で私もひとつ。
また素粒子の話になっちゃうけど。。
人間が死ねば、物体としての私の大部分は無くなりますが、細かくバラバラに分解しただけで「元私」が散らばっているのでしょう。
それは、木になったり魚になったりミジンコになったり、運良く人間の爪になったり。
もし、私の脳ミソの一部を構成していたある程度の量の物質が、回り回って妊婦さんの体内入り生まれてくる赤ちゃんの脳の一部としてある程度の大きさで再構成されたら、生前の私の記憶を再生出来るかもしれません。
それを「生まれ変わり」と勘違いしているのかもしれませんね。
って言う俺のファンタジー脳ww
Unknown (Unknown)
2016-02-12 02:15:04
そだね。
イメージとしては
塵が風で吹いてきて、色んな要素(因縁)で、構成されてる感じかな。

だから親も知らない事を、子供が話しても、おかしくないって事になるのかもね。
Unknown (アメ知ろう途)
2016-02-12 03:33:29
今回も此のブログを経由して様々な新思考が湧きました。感謝です。

「誰にも邪魔されない自由な時間を、
どれだけ豊かにしようかと真剣に考える処から、人生の愉しみが広がっていく」

「すけのじ」さんに同感。今回の南師の記事を一覧表にして鳥観(俯瞰)して見るとまさにそんな世界観が出て来ます。

「生まれ変わり」コメあげて下さった方に感謝。新たな分野への興味を掻き立てます。キューポラ・ロス、立花隆の臨死体験研究と絡めて・・・。

前回、茂木さんのセミナー(?)で南師がお話しされている事を知らせて下さった方にお礼いたします。ユーチューブ昨夜聞きました。
特に南師が言われた「どの宗教にも人間(人間性)を否定(=断罪?)する側面がある」との言葉がとりわけ印象的でした。

それが前回ZIPさんと論議した「負の感情」と密接につながっており、ZIPさんの御指摘通り、人間の設計基準書・メインテナンスガイドに「負の感情の取り扱い説明書」をどう書くべきなのか?色々論理の整合性を求めて再考してみたい事ばかりです。

「負の感情」「(宗教に於いて)人間(性)を否定する」の概念は何故脳の中に発生するのかの「問」は熟慮に値すると感じました。

対人関係に於ける優劣の競い合い・較べ合い(優越感・劣等感の他省的観念、ソーシャル・ダーヴィ二ズム)と、
不老不死願望が満たされない不満感(自省的観念)を引き起こす事、
がキーになっていると感じます。

まさに釈迦が言う通り、自分が「アートマン」で無いという事、即ち、「(自)我の思い通りになる本人(世界)」ではないという人間の設計限界をどう解釈するのかという事なのでしょうか。

DNAの自己保全の設計基準書には、社会人として生きる事が設定(前提と)されており、右脳にある共感脳の部分で他者を見て(模倣して)「社会」「社会人としての自分」を学習するプログラムがあるが、
それは往々にして暴走し「負の感情」を引き起こす(ドーパミン、ノルアドレナリンの過多分泌状態)。
それを抑制しようと働くセロトニンには何故タイムラグがある様に設計されているのか??それと人の進歩心・向上心との繋がりは???人はそれ(神経系)を自己調整出来るのか??

それと道元禅師の「仏道を倣うとは・・自己を倣う、自己を忘れる、万法に証せられる、己の心身も他己の心身も脱ぎ捨てる」の意図は、
只管打座の坐禅修行を通して「無常」「無我」「縁起」の体感的習得(脳への刻印)がなされる事によって、「負の感情」の克服が完成されるとの解釈がなされ得れる、と思いました。

余談ながら強烈な自我・個性をもったアメリカの、ジョブさんやハイテク覇者やめざめた芸術家たちが坐禅する事の意味は「左脳を鎮めて、右脳の活性化を図ってヒラメキを得る」を最終目的にしたものであり、
それは道元禅師の「無我・無常・縁起」の体得迄を洞察したものとは最終着地点を異にする。何故なら「無常・無我・縁起」は初めに左脳的に習得されていないと、右脳という器へはブリッジされない、とアメとしては思う訳であり、
それを自我が強烈すぎる(それが彼らの文化だから)アメリカ人が理解(同意)するのは難い(多分??)と思うからです。

しかし他方に於いて彼らにはキリスト教社会の痕跡があって、多大な(お金による)寄付行為(日本の100倍?なんだとか)があるのも事実ですから、自我が強くても利他行・慈悲行は可能なのかもしれません(余分なお金が有ればの話ではありますが)・・・・

(文章長すぎました、すみません、ご容赦を・・・)。
前世についての科学観?? (アメ知ろう途)
2016-02-12 05:13:23
アメとしては、前世が誰だったか知りえると言う事は幻想だと思っていますが、科学的調査が何と言ってるのかはとても興味があります。本を読んだ方の感想をお聞きしたいですね。

アメの見解では、人が死んで素粒子となって宇宙(空、くう)に塵として浮遊していく場合、
個々の素粒子に意志の力が無い限り、或る素粒子同士が特定な選択・集合をして意味ある何かを再構築をして前世の誰それさんの意識を復活させる・・・、は在りえないと思っています。それは量子物理学者の「不確定性原理」からも言えると考えています。

一体、人の意志(心)とは微粒子の集合体のどの部分で発生するのかは、DNAを構成する蛋白質の立体構造に由来しており、それが論理回路の構成の基となっており、素粒子一つ一つには全く無関係だ、がアメの思考です。

ではアートマンが実在しており(=二元論)、人の死後、魂(というエネルギー)として宇宙に漂う(漂い得る)かどうかについては、
気のエネルギーや音のエネルギーで考えると、エネルギーは空中では拡散分離していく(神による意図的な凝縮作用が働かない限りは・・・)という事でアメとしては否定的です。(注;宇宙で起きているエネルギーの凝縮、例えば新星誕生は無差別的な素粒子の集合に過ぎない、即ち意志による選択みたいな作用は起こらない)。

例えば音声のエネルギーは近くの人には聞こえるけど、距離に三乗(?)して拡散して行くから遠くの人にはその声は届かない。人為的にはメガホンを使って、エネルギー(音波)が一方向にのみ行く様にして、遠くの人に届くように操作出来るが、
ある固有の人の魂エネルギーが拡散せずに纏まったまま互いに固まっていられるとすると、固まらせている外部からの力は何か???

唯一の可能性はブラフマンなりの天意・恣意と考えられるけど、それならブラフマン(=神)は天に在るスーパーコンピューターに、単に各人の生前の行状を
チヤチャッと記録しておけば良いだけの話であって、微粒子の塊としての実体的な魂の存在を必要としない。
一体全体その実存の魂のエネルギーと他者の魂のエネルギーをどうやって個別・識別化出来るのか、IDをどうやって振るのか、幾歳の時の魂なのか???疑問が限りなく出て来ます。

そ~そ~、思いだしましたが、臨済宗の小説家「玄侑宗久」さんの芥川(?)賞受賞作品の「中陰の花」とかに絡んで、「人は死ぬ時、体重が1グラム減るのである」(mmmmm???)「友達の物理専攻の人に計算してもらったら、それは(アメのうろ覚えでは)100メートル公式プールに満たした水を数プール分一瞬の内に蒸発させてしまう超絶膨大なエネルギーだ」そうです。玄侑さんはそれこそが魂のエネルギーだとか(当時は)論じていましたが、
アメの反応は、「もしそうなら、例えば殺人された被害者はその膨大なエネルギーで殺人鬼を焼き殺して仕舞える筈なのに何故それが起きないのか??」との不可解さにしばし絶句した事がありました。人色々です。形而上学は本当に厄介です。

アメさんへ (Unknown)
2016-02-12 06:26:14
アメさんは、スティーブジョブズ達のようなIT業界を立ち上げた人達が影響を受けたヒッピームーブメントの原型であるビートニクが、禅から多大な影響を受けていることをご存知ですか?

東洋文化に影響を受けた彼らは、右脳の活性化以上に、西洋文明への不信感が活動のモチベーションになっていたと思います。

よくIT業界の人は、このプランで世界はもっと近くなるよね、とか、世界はもっと良くなるよね、という言い方をしますが、やはり、スティーブジョブズの精神を受け継ぐ彼らは、仏教の無我の影響が、大きいのだなあ、とよく思います。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 07:12:44
アメさんは重要な誤解をしている。

人間性の否定は、負の感情に直結しません。

まだ、仏教のことが、感覚的に全く理解出来ていないようです。
Unknown (アメ知ろう途)
2016-02-12 10:52:28
前お二方のコメントは傾聴に値します。
有難うございます。以前どなたかに、アメさんは我が強すぎるから仏教をやる資格が無いとか、我を失くしてから仏教に入って来いとかの批評があったモノですから、私の我を5とすれば、皆様の我は多分その半分、一方アメリカ人の我は普通10位、ベンチャー企業のアメリカ人の我は15位と見立てての言及でした。再考して見ます。

人間性の否定が負の感情に直結しないについてはもう少し敷衍して何故故にと説明して頂ければアメとしても納得できるとおもいます。その場合負の感情とはどこから出て来るのかの考察も添えて下されば大きく思想の進化に繋がると期待しています。アメの仮説がもっと真実味を帯びて来る筈です。何卒宜しくお願いいたします。

Unknown (Unknown)
2016-02-12 11:02:27
仏は人間ではありません。
Unknown (アメ知ろう途)
2016-02-12 11:08:17
ごくごく一般論で言うと、仏教が厭世主義とか、ニヒリズムだとか言われてしまう傾向があるので、それが負の感情になるかもという
仮説の立てかたです。
仏教の神髄を自覚している皆様がもっと声を大にして、世に訴えて誤解を溶く必要を提唱したという意味です。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 11:17:35
なるほど。仏教がどのようなものか、もう一度文献を調べ、勉強し直されたらよいかと思います。ご健闘を祈ります。
Unknown (アメ知ろう途)
2016-02-12 11:31:49
スティーブジョブと言えば、かなり我が強い人で、創立会社を追放されたり、その後も自己主張を繰り返して自我を押し通して、たまたま成功したという印象をもってます。
「無我」の人とはある意味対極にあるとも感じますね。

処で「仏は人間ではありません」、という場合、では仏は何??の解説が必要となりますね。人間の域を超えた超自然力を持った方、という意味でしょうか??
Unknown (Unknown)
2016-02-12 11:39:55
ご自分で文献を調べてみては、どうでしょうか。
Unknown (アメ知ろう途)
2016-02-12 12:57:03
ユーチューブで茂木さんと彼のセミナーの方々(非仏教徒者)の質問に対して、南師ははっきりご自分の言葉で説明をされていましたね。
つまり仏教者は質問者や、仏教を誤解している人に対して、おのずから説明責任が生ずるという事を意味していると思います。他者を無明から引き上げる利他行と考えて良いのでは無いでしょうか。

例えば、仏教者の皆さんが海外伝道隊員となって行く時、無明の人に対して「自分で調べよ」とか「自分で文献を調べて(=探して)、勉強し直せ」とかは言えない筈ですよね。隊員としては自分のベストを尽くして説明しようとする筈です。結局日本国内でも同じ事になる訳です。

今回の南師の記事にもあるごとく、同じ仏教でも思想の変遷は著しく、
迷う未信者に自分で調べろと突き離すのが仏教者の取るべき道なのかという疑問が出て来る訳です。
自分の信じる仏教はこういうモノなのだと、ご自分の声を出すのが大事だとアメは思う訳ですね。

ほかのサイトでも同じ傾向がありますね。「無我」とは何かを聞いて来た質問者に対して、回答する仏教専門家の決まり文句は「貴方が禅定に達しない限り
無我を理解する事はできない。無意味な
質問をするな」とか切り捨てるわけです。
これは此のサイトでも繰り返し繰り返し出てきた問答でしたね。皆様ご自分の言葉で答えるのは無意味と思っていらっしゃると言う事なのですかね。
南さんは何の為に、茂木さんのセミナーにゲスト出演されたのでしょうか??
Unknown (Unknown)
2016-02-12 13:31:11
相変わらずですね(笑)。まず、ご自分でお調べください。それが、ご自分の理解につながります。
Unknown (アメ知ろう途)
2016-02-12 16:03:49
帰国子女がクラスで浮くように私もここでは弾かれる事はずっと前からすでに織り込み済みです。
私が同じハンネを続けたのは自分の出した言葉に対して引責を感じていた為です。
このサイトをご覧の方の中には私と同じような疑問を持つ方がおられるかも知れないからという代表質問の形態をとっていたつもりもあります。

コメントを寄せる皆さまへ質問、と言うよりは、背後におられる南師に質問していたのです。
私自身は当然自分で探求する事の楽しさを充分満喫しておりますから何の問題もありません。
今後は無名で,毒にも薬にもならない、よいしょ記事だけ書きましょう。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 17:48:59
ご自分にとっての真実は、ご自分でしか分からないものです。人からコメント程度で聞いたにすぎない言葉が、あなたの真実であるはずがありません。その程度のことはそろそろお分かりになるのではありませんか?
Unknown (Unknown)
2016-02-12 17:52:51
「負」に執着してませんか?
そんなに悪いもんじゃないよ。仲良くしなよ。
あめ (Unknown)
2016-02-12 18:13:42
弾かれている、と思うあなたの心が囚われているだけではないですか?
Unknown (Unknown)
2016-02-12 18:18:02
仲良くしていきたいです!
Unknown (Unknown)
2016-02-12 18:23:28
結果や結論が欲しくてココに出入りしている人ばかりではありません。ゆるく、ホッコリコメントしている方もいます。
仏教に寄り添い、問いをポケットに忍ばせて、世の荒波を毎日必死で泳いでいます。
論理だけで物事を考えると、隙間のないガチガチの答えが出るだけです。
隙間の方に問いがあると、皆さん肌で感じているのではないでしょうか。
アメさんへ (嘘つきZIP)
2016-02-12 18:26:43
自己に課した禁を破る。

アメさん、それが負の感情ですよ。
負けてはならない。
アメさんが言うところの揺らがない基礎が試されているのです。私がアメさんに
負の感情を前提条件として位置付けては
どうか?と言ったのは正にこの事態を想定して言ったのです。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 18:42:27
南さんの「お話」って

好き嫌いで言うと、まあ、嫌い。
文体が苦手、程度の意味だけどね。
何言ってるのかわからないところも。

茂木さんとの対談?聴いたら、
わかったのは「あまり長くない自分の父親も救えない」ってところぐらいだった。

あ、でもまだ会場の聴衆からの質問に答えるコーナーまで行ってないわ。
もうちょっと頑張ってみる。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 18:58:05
あー、この話、前にも聴いたことあるわ。
もっと断片的なというか、ショートバージョンというか。
奥さんの話とか、これだったんだ。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 19:05:17
南さんて、基本、話してるようにここに書いているのね。

お、きた。質問コーナー!
Unknown (Unknown)
2016-02-12 19:13:37
あ、また真面目そうないいトシっぽい男が質問してる。
へえ。
おおおデモクリトス?なんすかそりゃ?
Unknown (Unknown)
2016-02-12 19:25:39
ああ、道元てなんか延々そういう感じで言ってた(書いてた)気がする。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 19:26:48
そだ。短く頼む。

なんかみんな真面目そうだね。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 19:35:01
youtubeにアップしていた茂木さんの講義での南さんのお話の中の、奥さんの話を聞いて、ほっこりしました。
いい人に出会われましたねえ。

私の尊敬する老師が以前、このように言われてました。

大乗は菩薩となることを目指すのだから、光の中だけにいてはならない。半身を世間の泥に、半身を仏の光に晒し、両方を生きなければければならない。でなければ、衆生を救えない。

個人的には、南さんが永平寺から出られて、良かったなあ、と思います。でないと、南さんの著作が、自分を救う事はなかったかもしれません。

素晴らしい奥さまに感謝です。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 19:38:59
西武時代って南さん、どんなふうにしゃべってたんだろう。
Unknown (Unknown)
2016-02-12 19:40:27
以上!
Unknown (Unknown)
2016-02-12 21:09:10
大乗最高!
Unknown (Unknown)
2016-02-12 21:21:29
ヒャッホー!
Unknown (Unknown)
2016-02-12 21:34:36
永平寺の南さんは鬼軍曹、だったらしい。
衆生である我々に、ヒューマンタッチに語ってくれたりしなかったであろう。
Unknown (Unknown)
2016-02-13 00:22:32
誰だって
立場や相手によって、話し方は違うんじゃない?

「未完成の完成」「佛向上事」、…それは「只管打坐」 (イエスちゃん)
2016-02-13 02:24:35
★『ところで、道元禅師の思想は?』★


「未完成の完成」「佛向上事」、…それは「只管打坐」

道元和尚には「所謂、悟り体験がない」ことが重要。
主流であった、当時の宋代の臨済禅は、公案禅であり、悟りの強調の絶頂期であったが、 それの対極にあった。

(だから、後世になって「悟り体験の作り話」が出現してきた。
これは道元和尚の弟子たちの伏流であった日本達磨宗の顕在化であった。瑩山禅師がそれの典型。つまり、双頭の鷲になった。イエスとパウロとの矛盾。)


正法眼蔵 第一 現成公案

「身心に法いまだ參飽せざるには、法すでに足れりとおぼゆ。
法もし身心に充足すれば、ひとかたは足らずとおぼゆるなり。」

正法眼蔵 第十七 恁麼(いんも)

 雲居山(うんごさん)弘覚(ぐかく)大師は、洞山(とうざん)の嫡嗣なり。釈迦牟尼仏より三十九世の法孫なり、洞山宗の嫡祖なり。

一日示衆に云く、
欲得・恁麼事(よくて・いんもじ)、
須是・恁麼人(しゆぜ・いんもにん)。
既是・恁麼人(きぜ・いんもにん)、
何愁・恁麼事(がしゆう・いんもじ)。

 いはゆるは、
<恁麼事をえんとおもふ>は、
すべからくこれ恁麼人なるべし。
すでにこれ恁麼人なり、
なんぞ恁麼事をうれへん。

この宗旨(そうし)は、
直趣無上菩提(じきしゆむじようぼだい)、<しばらく>これを恁麼といふ。
この無上菩提のていたらくは、すなはち尽十方界も無上菩提の少許(しようこ)なり。
さらに菩提の尽界よりもあまるべし。
われらもかの尽十方界の中に<あらゆる調度>なり。
なにによりてか、恁麼あるとしる。
いはゆる身心ともに尽界にあらはれて、
<われにあらざる>ゆゑに、しかありとしるなり。

 身すでにわたくしにあらず、
いのちは光陰にうつされて、しばらくもとどめがたし。
紅顔いづくへかさりにし、たづねんとするに蹤跡なし。
つらつら観ずるところに、往事のふたたびあふべからざるおほし。
赤心もとどまらず、片々として往来す。
たとひまことありといふとも、吾我のほとりにとどこほるものにあらず。

恁麼なるに、無端に発心するものあり。
この心おこるより、
向来(きょうらい)もてあそぶところをなげすてて、
所未聞(しょみもん)をきかんとねがひ、
所未証(しょみしょう)を証せんともとむる、
ひとへに、わたくしの所為にあらず。

しるべし、恁麼人なるゆゑにしかあるなり。
なにをもつてか恁麼人にてありとしる。
すなはち<恁麼事をえんとおもふ>によりて、
恁麼人なりとしるなり。
すでに恁麼人の面目あり、
いまの恁麼事をうれふべからず。
うれふるもこれ恁麼事なるがゆゑに、うれへにあらざるなり。
又恁麼事の恁麼あるにも、おどろくべからず。
たとひおどろきあやしまるる恁麼ありとも、さらにこれ恁麼なり。
おどろくべからずといふ恁麼あるなり。

これただ仏量にて量すべからず、心量にて量すべからず、法界量にて量すべからず、尽界量にて量すべからず。

ただまさに
既是恁麼人(きぜいんもにん)、
何愁恁麼事(がしゅういんもじ)なるべし。

このゆゑに、
声色(しょうしき)の恁麼は恁麼なるべし、
身心の恁麼は恁麼なるべし、
諸仏の恁麼は恁麼なるべきなり。

〇 〇 〇

一生涯、「未完成の完成」を行ずる。

「ひとかたは<足らず>とおぼゆるなり」
「<恁麼事をえん>とおもふ」


★『ところで、親鸞聖人の思想は?』★

「自然法爾」
「自分が信じる事は不可能と放棄した。普通の信仰の崩壊。」
「逆に阿弥陀如来が、信じろと命令して、自分に与えた信仰で、生きる。
自分の計らいは一切捨てた。」

ここでは、自分の体験を根拠にすることは一切できなくなる。

これでは誰も理解できなくなる。
だから、蓮如上人が、理解できる形に変えた。
その結果、抜け殻になった。
嘘つきZIPさん (嘘つきアメ知ろう途)
2016-02-13 02:40:29
嘘つきZIPさんの言われる意味がよく解りました。人の交遊に際し必ず「負の感情」(今回の場合は対抗心か?)が起きるという訳ですね。納得です。

私の現環境下では、交遊するべき絶対的必要性の無い自在生活ですから、このサイトでそれを体験させて頂けたのは良い機会でした。

アメリカンは自分の二本足でスックと立って大地をしっかりと踏みしめて未知へと向かって前進する。(いくら坐禅してもその気風はかわらない)。「自我」の臭いを嗅ぎつけて寄って来た蚊も即座に叩き潰される。

坐禅仏教者は、ジッと不動の構えでただただ坐って、坐禅者同士寄り添って、蚊が寄って来ても「無我」と化した群れの姿が見当たらず、獲物を得ずに餓死してしまう。

蚊にとってはどちらも迷惑だ。生存権侵害だ(冗談です!!!)

それぞれに長所もあれば短所もあると言う事で、競い合ってもしょうがない。
お互い目指すところは「自我の確立」、「無我の体得」。それぞれ自らの世界を行くのみ!!!

アメとしては貴重な勉強をさせていただきました。有難うございます。また何か
縁起のめぐり合わせで再会も在るかも知れません。その節はmmmやはりお邪魔虫かな???

アメさんへ (Unknown)
2016-02-13 04:52:45
どんな意図で相手が語っているか、想像力が働ききらないために、仏教が理解出来ないのでしょう。あまりに、理解が浅い。

残念なことです。
あなたに知らせようと、皆さんあんなに丁寧に語っているのに。

臨済録でも、読んでみられたらいいのではないのでしょうか。少しは感覚が掴めるかもしれません。
Unknown (Unknown)
2016-02-13 05:01:51
臨済録はアメさんには必要。彼は坐禅をする気がないから。

今のままだと、永久に薄っぺらな表層理解に終わると思う。
Unknown (ゆるホコ)
2016-02-13 12:16:10
まあまあ。

みんな弱いんだから、人のあら探しはやめて、まずは、自分の弱さに目を向けましょうよ。

親切なのかもしれないけど、わざわざ、目についた事を言わなくとも、此処で学んでたら、自ずと気づかされるよね。

みんなのバックには
仏様の教えがあるんだからね。。

Unknown (Unknown)
2016-02-13 12:23:40
だね。

アメさん、全然気づきが無いからさ、つい言っちゃうんだよね、多分。
Unknown (ハレ子)
2016-02-13 13:17:42
アメちゃんは、気付いてると思うよ?

あまり変な言い掛かりつけて、呼び出そうとしないようにね?

読書の邪魔するのは、よくないよ?


アメちゃん。
皆が勝手なこと言ってるみたいだけど、構って貰いたいだけかもしれないので、気にせず、自分の時間を大切に使ってね!

Unknown (Unknown)
2016-02-13 14:40:16
たまたま、こころの時代の番組で、

「仏性を見いだし、人を育てる」を、途中からですが少し観ました。

すると、教師を辞めて、駒沢大学で学び、道元禅師に出逢われたと、いわれるではありませんか!

そこで、正法眼蔵随聞記の「学道の人」が、紹介されていました。


「道を学ぶ者は、師に参じて法を聞くとき、よくよく徹底して聞き、重ねて聞いて、分からなかったことをはっきりわかるようにすべきである。

問うべきことを問わず、言うべきことを言わずして、その場を過ごしてしまったならば、自分の損である。…」

戦後日本は、所得倍増や点数至上主義になり、心の豊かさが無くなったことを、指摘されてました。
―子供達は、一方的に知識を押し付けられるため、疑問を質問できない状況となっている。

流れに付いて来れない者は、振り落とされ、落ちこぼされてしまう。―

成住壊空(全宇宙)

自分自身の仏を発見することが、「仏性」と思う。

また、認知症の寝たきりの奥様を、24年間介護されているようで、大変なことだけども、これも修行、人間を成長させてもらってるんだ、のように言われてました。

Unknown (Unknown)
2016-02-13 22:49:54
神様だなんだとか書いたものですが
ぶっちゃけ信じていませんし期待もしません
宗教観に合わせてかきました
哲学的思考を信じてるかもわからない
なんでもありです闇なべです
Unknown (Unknown)
2016-02-13 23:15:50
みなみさんの難しい文章を読むこつがわかってきました
頭のなかにみなみさん単語集を作っておいて、変換しながら読むと意外と楽ですよ
Unknown (Unknown)
2016-02-14 00:27:56
ふうー面白かった
観照のとこは
何をみるのですか?
Unknown (Unknown)
2016-02-14 00:57:30
おっ!(゜w゜)

久々の「ふ~」
出ましたね!


照らして観る、か~。

仏性?
Unknown (Unknown)
2016-02-14 10:15:46
単語集って、どんな感じのものなんでしょう?
教えて下さい (Unknown)
2016-02-14 19:36:33
2/12の19:35投稿のunknown さん、その茂木さんのYowtubeはどうやったら見れますか?
Unknown (Unknown)
2016-02-14 20:19:41
見れません。音声だけのアップみたいです。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 01:43:02
「人は死ぬから生きられる」の本とはまた、違った内容なんでしょうか。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 03:26:23
あの人達は、なぜ辞めてしまったのでしょうか。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 03:46:18
もう随分前、集まりの時にその衆だけの会話を聞いたことがあります、たった一回だけ。
今思えば、知らせてくれていたのだったなと思っています。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 04:38:33
今日は、涅槃会ですね。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 05:06:01
帰りに寄ってこよう、では。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 06:12:27
>久々氏
よくお昼の脚本みたいな会話なさるときがあるでしょう
言われた方は異次元感覚に困った結果スルーしてしまうが、
それもわかってて発言されてるのか??
試してるのか?凄いな悟ってんな
この国のかたち (Unknown)
2016-02-15 07:34:57
週末に司馬遼太郎の残した文書を元に、日本人を考察する番組をやっていた。その中で示された3つのキーワードがあった。

好奇心
無思想の思想
名こそ惜しけれ

つまり、
特定の思想を絶対視せず、新しいものに眼を向ける。そして、人として正しくないことを行うことを恥とする。

これが、日本人の思想の原点だそうだ。

釈尊の思想と随分オーバーラップする。長い年月の間、仏教を自己流に咀嚼した日本は、生活の中に仏教を浸透させていたのだろう。

戦後、奇跡的に一度も戦争に巻き込まれず、これだけの人口で格差が少なく、治安良くあった国は、多分人類の歴史上、初めてだったのではないだろうか。その奇跡を日本人は自覚なく生きている。

高度成長期以前を知らない若い世代は、不満はあれど、日本の良さを当たり前のものとしている。前の世代がどれほどの努力で今を築いたか知らずに。

世界が大きな変化をする今。
鎖国など出来ない日本も否応なく変化するだろう。
日本の精神は守られるのだろうか?
Unknown (Unknown)
2016-02-15 09:04:05
最近の偉人にあこがれる20代~おっさんがおおいが
ほんとにああなりたいのか?とききたい
承認欲求ばかりが先んじてて
自己の根幹が満たされてないのだとおもう
Unknown (Unknown)
2016-02-15 09:11:03
離婚によって、幼い時に子と別れた親が、子の冠婚葬祭などに現れるのは、如何なものか?

Unknown (Unknown)
2016-02-15 09:40:29
70年にわたる、WGIPの完成。
既に若い世代は、自分が支配されていることに気がつかない。
残念なことです。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 09:42:32
まあ、フラフラしているニートよりは、随分昔の偉人の方が尊敬出来るかな。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 09:49:20
宗教のおしえって情操教育とか日常生活に浸透してるんだよね
世界神話や童話なんかも
大人になってありがたがるのは
スタートダッシュが遅れてることに焦ったほうがいいんだよ
子供に威張るのは論外ですよ
担任や校長の話とか無駄に長くて馬鹿馬鹿しくて聞きたくないのはわかるけれども
Unknown (Unknown)
2016-02-15 09:54:19
仏教で言えば
国家論も人間関係の問題も
因果

よくしらないけど

むずかしく考えると損ですわよ
Unknown (Unknown)
2016-02-15 09:54:40
て言うか、威張ってるんじゃなくて、危機感でしょ。昔の人は危機感があった。

今の日本が崩壊寸前であることに対する危機感が、全般的に無さ過ぎるから。

分かってる?、今の日本の状況。
国が崩壊したら、グローバルに動いてる人以外は、全員影響受けるんだよ?
なんか、対策してる?
Unknown (Unknown)
2016-02-15 10:00:18
洗脳は根深いからねえ
無理でしょう
IWGP
ありがとうございました
すいませんでした
Unknown (Unknown)
2016-02-15 10:00:59
問題意識をもつときは
表面だけみてても意味ないぜ
Unknown (Unknown)
2016-02-15 10:02:50
威張っているっていうのは
政治の話じゃないよ
自己啓発ぜんブームのこと
Unknown (Unknown)
2016-02-15 10:04:51
まず、自分の人生に関係している、という意識を持つことが必要でしょうね。

自分が大きな影響を受けるんだよ、これから。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 10:09:33
コイツ、自分に関係ないと呑気だな
と勝手に思い込んでる時点で
なにも見えてないのですわよ
Unknown (Unknown)
2016-02-15 10:09:43
自己啓発っていうか、精神的な支柱があるか無いかは、政治的な強さに直結するよ。当たり前の話。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 10:44:43
釈尊の思想を最も体現してるのは、多分日本。

表層的な宗教的な伝統とか、薄っぺらいところより、ずっと仏教的。

無思想の思想って、まさに仏教。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 11:08:16
ご無沙汰しているから、墓参りに行きます!
Unknown (jp)
2016-02-15 11:12:03
垂れ流しの掃いて捨てるような感覚的な思考の連鎖を「哲学」と呼ぶ人とは、死ぬまで分かり合えないだろう。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 11:18:00
養老先生が、「日本は無思想教信者だから、思想を信じる人と意見が合わない。世間の殆どの人と議論をすると、それは哲学でしょ、とか、それは宗教でしょ、と言われて話を聞いてもらえなくなる。それは無思想教信者だから。」とか言ってた。

まさに戯論をやめるように語った釈尊のようだ。日本には仏教が定着し過ぎていて、誰も意識出来ないレベル。

原理主義的な上座部なんかよりも、ずっと仏教的。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 12:13:31
みんな仏の子なんだよね。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 13:32:39
以前も言ったけれど、出家?ありえませんね、家族捨てられませんから。
これも以前言ったけれど、家+小さくていいから畑を借りて移り住む、完全自給自足でなくても半でもいい、これを考えています。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 13:44:20
南さんも永平寺にいる方が慣れたらずっと楽、とか言ってたよね。欲望にとらわれることがないからって。永平寺にずっといると、小乗(多分、昔の説一切有部のこと。)みたいに傲慢になる、と。

世間の泥にまみれながらも、無思想の思想に従いながら正しく生きる事は、超ハード。でも、それを通して生き抜けることが出来れば、釈尊は褒めてくれそうな気がする。

半自給自足、いいんじゃない?
Unknown (Unknown)
2016-02-15 18:50:05
半でもいいから、畑の自給自足での生活、憧れますね!

体力と自然と管理など
何かと大変だろけどね。
Unknown (嘘つきZIP)
2016-02-15 19:14:45
自給自足より専業農家を勧める。
都会で行われている就農支援相談会などに参加してみる事をお勧めする。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 20:02:13
日本の国の総理大臣も、農村地に住み半農、半総理くらいやったらインパクトがあんのにね!
沖縄担当大臣は、沖縄に住まなくちゃいけない!とか。
水産大臣は、漁港に住まなくてはいけない!とかね。。

就農支援相談会ね、ZIPさん、情報ありがとう!
どういたしまして (ZIP)
2016-02-15 20:13:02
一つ注意しておきたい。
就農支援は基本的に県単位で行われている。
あくまで県の都合が優先されている。
県の都合とは何か?
まず第一に過疎対策である。
過疎対策の一環として就農支援があるのである。
Unknown (Unknown)
2016-02-15 23:03:18
やり方次第では、孤立化を防げるような気がする。

昔はご近所同士で、食物のやり取りがあったりしてたよね。
今は食物も、すぐに買えたり配達できるから、軽薄な感じになってる気もする。
便利と交換に、人間関係が、不便になってるのかも。
Unknown (ZIP)
2016-02-15 23:54:53
孤立化の心配はしなくてよい。
本当に興味があれば就農支援相談会に行ってみて情報収集だけでもしてみるのもいいかもしれない。体験ツアーなどもあるはずである。
Unknown (Unknown)
2016-02-16 04:07:36
町、村単位でも移住の為の農業体験ツアーは調べてみれば、あちこちでやっていてそれぞれの村にはそれぞれのルールがあるから皆んなで村を管理しなくてはいけない。
ただ作物を作って終わり、だと都会の生活と変わらないので上手く行かないケースもあるんだそう。そこも含めたツアーをNPOがやっていたりもする。
じつは、それに参加しようと考えていました。

そこが出来れば、出来た作物は、都会で貧困から食べる事に事欠く子ども達に食事を皆んなで作って皆んなで食べる、というボランティアをしてるようなところに贈る事も出来るよね。
Unknown (Unknown)
2016-02-16 04:17:42
追加。
この方法なら自己負担分の初期費用は少なくて済む、の一例です。
Unknown (Unknown)
2016-02-16 11:40:49
関係ないけど嫉妬心って必要なのかな
争いの種になる感情だろう。
国が富む活力になる
あ、オレは嫉妬心は薄いけど競争心は強いよはたらくよ
星はなぜ嫉妬の感情を作ったのか
頭いい人にきいたらすぐ答えてくれそうだが
忙しいしなみんな
Unknown (Unknown)
2016-02-16 13:13:19
校長の話を面白がってまじめに聞くけど
クラスで浮かないように、よそ見をして
聞いていない演技をするいやらしいタイプです
あのくだりに不快に思われた方がいたようなのですいません
Unknown (Unknown)
2016-02-16 18:38:38
偉そうな生活指導担当の話を、よそ見して聞いてなかったら、全校生徒の前で注意され、名前まで言わされた。
(笑)
Unknown (Unknown)
2016-02-16 18:47:24
そうだね。
大臣達が率先して行動すれば、この国も少しはマシになるんだろうけどね。
Unknown (ZIP)
2016-02-17 00:56:46
Habits of the Heart
拾い読み。
アメさんの言わんとすることが理解できそうです。
Unknown (Unknown)
2016-02-17 02:01:47
嫉妬の感情をつくったんでしょうか?

なぜ?と考えるからじゃないでしょうか?

なぜあいつにはあるのにおれにはないのか
なぜここにはないのにあそこにはあるのか

なぜ?

理由なんかあるんでしょうか?

Unknown (Unknown)
2016-02-17 02:07:36
きましたね
自称僧侶
心の習慣 (Unknown)
2016-02-17 02:32:15

アメリカ個人主義のゆくえ
HABITS OF THE HEART

〈個人主義〉はアメリカン・ライフスタイルの支柱である。“独立独行”や“セルフ・ヘルプ”が彼らの美徳であり、カウボーイやハードボイルドの探偵など、社会の悪と孤独に闘う〈自由〉のヒーローもそこから生まれた。

しかしいま、個人主義はミーイズムとほぼ同義語になり、この負の側面だけが“癌的な増殖”を続けているように見える。

大半の問題は個人の好みと選択の問題に還元され、人々は孤立化し、不安や孤独からセラピーに助けを求める。

〈個人〉と〈社会〉の関係を考えるための言葉は失われつつある……

本書はビジネスマンやセラピストなど、アメリカ中産階級の人々200人余りにインタビューをし、家族、仕事、宗教、地域活動などの具体的な物語を抽出する。そしてそこに現われた人生観や願望を読み解き、彼らがアメリカの文化的伝統――共和主義と聖書と個人主義の系譜――をどう継承しているか、どう失ったかを探る自己理解の書である。


〈心の習慣〉とは、フランスの社会哲学者ド・トクヴィルが名著『アメリカの民主主義』で用いた表現である。本書は、この言葉を鍵に現代アメリカ文化を分析し、その深さと複雑さを理解させてくれるとともに、明日の日本にとって重要な問題を示唆するだろう。

(引用)
zipさんhe (Unknown)
2016-02-17 06:22:24
アメリカ人自身も苦労している、欠陥だらけのアメリカのシステム。アメリカ人ではない日本人がそのまま乗っかって行って、うまく行く訳、ないよね。上手に調整していかないといけないね。
Unknown (Unknown)
2016-02-17 11:44:11
そだね。
だからアメちゃんは、人知れない苦労を、されてきたんだろうと思うよ。


ただ、そのまま日本にいたら、違う意味の苦労(心身に異常をきたすような)を、されていたかもしれないね。

同じ苦労でも、環境や人によって、生きづらさが、全然違うんだろうね。
Unknown (ぐしゃ豹変アメ知ろう途)
2016-02-17 13:17:32
DNAの設計基準書が、自己生命の生存と、子孫への自分のDNAの伝達にあるならば・・・、
より良く有利な自己の生存と、より良く上等な子孫を残す事を意図する意識が生じて、
競争原理が利己的に暴走する脳意識が出来上がって行く。右脳の共感脳で他者を模倣して学習する機能は、自分が他者より劣ると認識した時劣等感を発症させ嫉妬心(負の感情)を引き起こす。

多分これは協調心(取り分が少なくてもお互い分け合う、お互い譲り合う、自らに足るを知る)よりも脳意識としてより強く働くという事であり、アメリカ個人主義の負の側面とも言えるのでしよう。

これは快楽ホルモンのドーパミンや恐怖ホルモンのノルアドレナリンの過剰反応で、セロトニンの抑制・調節作用が不十分だったり、セロトニン分泌が時間遅れで作用する形と相関関係にあると思われます。

セロトニンが活性化すれば、(集団としての)生き残りの為の最善方法(メインテナンスガイド)はゲーム理論(戦略的意志決定の数理モデル、囚人のジレンマ)とかで証明されている様に、お互い少しの利益で我慢しようとか、協調しあった方が上手く行くとか、足る事を知るとかがベストのDNA生き残り論で在る訳ですが、
そういう事に気付く事の大切さを教えるのが仏教のテーマでもあり、只管打座の効果(縁起の世界での無我の体得)とも言えそうです。
Unknown (Unknown)
2016-02-17 13:26:16
アメリカの歴史なんか、所詮数百年だからね。荒削りなのは当然。仕方ないことなんじゃないかな。

雑なのはガマンするから、欲望のまま、人類を壊滅させないように気をつけてほしい、とは思う。
Unknown (Unknown)
2016-02-17 13:37:35
歴史を引き合いに出すなら、中国は4千年の歴史だよ。

で、現状どうよ?
Unknown (Unknown)
2016-02-17 13:48:16
メインの文化が継承されてる国単位の話してんの。結構、日本の特殊性を自覚してない人、多いよね。日本だけ、突出して長いんだよ。調べてごらん。

中華人民共和国は、建国して何年たってると思ってるの?
C43H66N12O12S2 (ZIP)
2016-02-17 15:53:05
セロトニンもいいけど、こっちはどう?
TED ポール・ザック
Unknown (Unknown)
2016-02-17 19:15:17
そもそも、大国と島国という違いもあるしね。

日本のような情緒ある文化は、そうそうないんじゃないかな。
Unknown (Unknown)
2016-02-17 20:27:03
小さいとは言え、まだまだ世界第10位の人口ではあるけどね。
Unknown (Unknown)
2016-02-17 20:58:21
アメリカはやっぱ、特殊。まだまだ、精神性という意味では浅いよね。

ヨーロッパの方がまだ共感できる。
Unknown (Unknown)
2016-02-17 21:09:39
アメリカの精神性って何?
是非聞かせて欲しいね。
浅いって言うからには比較対象があるんだろうね?
Unknown (ZIP)
2016-02-17 21:10:09
アメリカの精神性って何?
是非聞かせて欲しいね。
浅いって言うからには比較対象があるんだろうね?
ZIPさん (アメ知ろう途)
2016-02-17 21:11:28
成程、「信頼と道徳性」に関係すると言うホルモンのオキシトシンですね。「善の根拠」と「脳科学」の関連性ですね。情報有難うございます。

以前、スピ系の方が言うには、
松果体に『アートマン(永遠の魂・観照者)』が居て(注;デカルトはここを魂のありかと言っていたそうですが)、

対する脳下垂体には『現在意識(現在の私)』が居る場所であるとの解釈で、
その脳下垂体からは実に様々なホルモンが分泌されており、そのなかにオキシトシンも含まれている。

で、オキシトシン(社会性要素)も含めると心の4原色になるはずだけど、

東京で「セロトニン道場」を開いている有田氏は坐禅者研究によってセロトニン分泌の発見をして、それがドーパミンとノルアドレナリンの抑制効果在る故に「心の三原色」となずけた訳です(自己的要素)。

では坐禅によって社会的要素のオキシトシンも分泌されるのか、オキシトシンはいかなる条件下で分泌されるのか???
それがDNAの設計基準(或いはメインテナンス・ガイド)の中においてどういう立ち位置を占めるのか??
更に考えて見るのは大変(人間を知る上で)興味があるところです。何かお考えがあれば是非御伝授下さい。

私の基本的な考えでは、
DNA1.0では、自利行(自己的要素)が本能的に優先し、
それでは社会的動物として生きていけない事を知りDNA2.0である利他行(社会的要素)を学習するに到った。

つまりゲーム理論「戦略的意思決定数理モデル」において、最終的な最適解を得るために多世代に渡る試行錯誤の戦闘ゲームを通して後天的に習得された。

つまりDNA設計基準の「進歩の軌跡・継承」みたいな感じかと思っています。
アメさんへ (ZIP)
2016-02-17 23:48:35
アメさんの設計基準にお役に立てればと思いコメントしました。自分は脳内物質とかさっぱりわからんのです。医療に携わったアメさんの方が専門家ですからお任せします。オキシトシン(シャスティン・ウヴネース・モベリ著)という本の
中にはストレスに対処するフィードバックとしての神経系統にオキシトシンが関わるそうです。
セロトニンにはオキシトシンの放出を促進し、ノルアドレナリンもオキシトシンの放出を促進する。リラックス、くつろぎ、スキンシップなどの行為と関わるのだそうです。ヨガ・瞑想との直接関連は証明されてはいないが状況証拠として扱われている様です。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 03:22:58
最近、禅のことが分かってる、以前からずっと書き込みしてる人がコメントしなくなって、寂しいなあ。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 03:35:31
参上!

おはようございます!
Unknown (浅野)
2016-02-18 05:43:27
こういう風に相対的に考えられるモデルを学ぼうと思えば、安易に信じたり、詐欺や騙されることも減ると思うのですが、安易に信じたい、騙されたい、という欲望もありますからね(幻想願望)。
考えることで、自意識は鋭敏になると思いますが、それを身体の方に意識を戻す作業も同じく大事だと感じます。ネルケさんは、座禅した際に、身体全体を初めて感じたようですよ。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 06:23:21
仕組みが分かっても、何の意味もないしね。使えなければ。
ZIPさんへ (アメ知ろう途)
2016-02-18 07:32:47
オキシトシンがストレスを脳が感知した時分泌されるというのは脳回路を考える上で非常に面白いですね。深追いして見ます。

私が人間の設計基準書、メンテ・プロシージャーという考え方を書いたのは40年前の米国大学でのEnglish 2Aクラスで書いた作文に於いてです。
(注)アメリカの大学では、キチンと論理的な文章を書け、自分の言葉でスピーチ出来る能力を付けさせる為に幾つかの英語(国語)教育が必須となっています。こうやって自己表現力を高めているとも言えます。また建国がヨーロッパから渡って来た清教徒に依るものであり、自由独立を勝ち取る為に英国と戦った事が基礎になっていますから、自由を守る為には自らの命を捧げ得る精神性は今だ残っている筈です。

で、私の作文のテーマは;
キリスト教の聖書作家曰く、イブのそそのかしによってアダムがリンゴを食べて神に背いたから、罰として人は(新たに)死ぬ様に成った、女は生み(出産)の苦しみを(新たに)与えられた、という「足し算」的説明がなされているが、この考え方はおかしいのではないかという疑問提起でした。

つまり人体の仕組み・脳の働きを考えれば考えるほど、人は最初から死すべき事を前提として設計されており、なるべく死なないように体が自分を守っている。

これは、罪の結果云々の『足し算』としての死の付加では無くて、
罪を犯さなかったら神の最初の意図通り永遠に生きて居られたのだ。死とは人間が自ら選んだ「引き算」としての「不死の機会の喪失」なのだ、という論旨でした。

例えば食物を取ってエネルギーを補給するのが生命の基本設計だと言う事は、食べなければ死ぬという前提が初めっから存在している訳ですが、細胞や免疫力の劣化が無ければ、
メンテ・プロシージャーを正しく行なって永遠に生きる事は可能であったのだ、という意味となります。

出産の苦しみ付加云々も「犯罪の陰に女在り」的な聖書解釈は在る意味女性蔑視でもある訳です。

で、仏教に於いては、釈迦当時のインド哲学で突然「身体不浄論が一世を風靡」し仏教もその影響を受けた。
ある経典に於いて、わざわざ女比丘に我が身の不浄さを嘆かせる文章をものした、のは現代医学で考えるとやはり視点がおかしい女性蔑視論に繋がっているとアメは考える訳です。
アメとしては、四諦を論じる時に身体不浄論を教義に持ち込む事は不要であると思う訳です。

ついでながら仏教にも出て来る女性の身体不浄論は、出産現場を穢れた輪廻の表象と見たてた当時の古代インド輪廻思想から来ており、奇しくもキリスト教の罰としての女に課せられた「出産の苦しみ」と言う事で、
やっぱりどこでも男の描く世界はどこか「へんちくりん!!」という事になるのでしょうか。
もっとも、古代ニッポンでは天照大見神が女性であったという女性礼賛気質があった訳ですから、日本人はマシだったのですかね???
Unknown (Unknown)
2016-02-18 07:54:22
アメさんとZIPさんの、愛の掲示板。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 09:45:32
養老先生は、日本的知性を英文化することの不毛さを確信して、論文を英文にするのをやめたという話は有名。

まあ、元々重要と考える部分が真逆だから、当然といえば当然。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 13:14:53
スキンシップって大事なんですね!
Unknown (Unknown)
2016-02-18 13:45:54
少しずつ不器用に育まれる、シニア同士のインターナショナルな愛の形を拝見しました。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 18:05:50
キリスト教の最終目標は何でしょうか?
終末後に生き返る事でしょうか?

生き返る為に隣人を愛するのでしょうか?
自分が生き返る為の慈悲でしょうか?

ハリウッドスターが多額の寄付をするニュースをたまに見ますが、心が荒んでいる私個人の感想としては、慈悲より庶民の嫉妬、やっかみの回避に見えます。
人助けは気分が良くなる時があります。
無我故の利他なんて、考えながら生きる事の難しさを感じますね。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 18:11:17
ノブレス・オブリージュ。
カルマヨーガ。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 18:29:05
多額の寄付は税金対策になります。
お金が余ってる仏教者も布施をするべき。
Unknown (ZIP)
2016-02-18 19:02:02
不死の機会の損失・・・ですか・・・
それより自分の寿命が分かった方がありがたいですね。
要らぬ心配はもうしなくていいし、争い揉め事も減るのでは?
テロメアの研究が進めばそのうち人間が寿命をコントロールできる様になる日が来るかもしれませんね。不死とはいかないまでも3~4割増しに寿命が延びるとか平均寿命120歳!ちと長い。
当然 人口調整もしなければならないでしょうけど。
社会構造や医療、財政も計画的に運用し易くなるでしょう。地球環境物理学から
気候の大まかな予測ができたとして、食糧生産のメドがつき、それに合わせて新生児の出産数、寿命をコントロールして財政計画を立てる。天変地異による局所的な人口減少で生じた余剰分は積み立てにまわすとか、戦争や国際紛争も意味無いし、ストレスも不安もなく結構幸せなんじゃないでしょうか?
Unknown (Unknown)
2016-02-18 19:32:54
とりあえず、アメリカ式グローバル経済による経済格差が拡大し続ける現代。

殆どの人が搾取される側になるんでしょうね。アメさんも、ZIPさんも、そうなのかな?
Unknown (Unknown)
2016-02-18 19:37:40
誰か禅らしい話、書き込みして!
寂しいよ~。
日米会談ばっかり。
Unknown (Unknown)
2016-02-18 19:39:41
ここはアメさんとZIPさんの愛の巣だよ!禅の話なんか、しないの!
ZIPさん&皆様 (アメ知ろう途)
2016-02-19 03:42:51
キリスト教学的には、「最初神は永遠に生きる楽園として人間に地球を与えた。人間設計基準書、メンテ・ガイドを、人の自由意志でフォローする事を望んだ。しかし人はそのメンテ・ガイドを破ったので、自己崩壊するに至った。結果苦の巣窟と化したこの世を信仰を守って耐え忍ぶ人を天国に迎え入れて平安と永遠の命を与える」というのがキリスト教学の核心だと思います。(注;自由の定義上、神も自らの眼をつぶって、人間の選択結果を予測しない事を自ら課した・・私見です)。

他方釈迦は、その苦の巣窟の地上生活において、いかにしたら生きたまま「苦」の滅失が図れるかの方法論を開発しようとした。自死を選べば全て苦も終わりになるが、生きたまま苦の滅失が出来ないか、が釈迦のポイントなのである。
で、四諦理論の発見で釈迦は喜びに輝いて生き甲斐を見出した(私見)。

ところでオキシトシンについてのテッド・ポールの演説草稿(日本語訳・解説)を読みました。彼曰く、
「速効性のあるオキシトシンが親玉で、それがセロトニン分泌を誘発させる・・」、という事であれば、

只管打座でのセロトニン分泌は科学的に証明されている訳だから、そのセロトニン分泌に先立ってオキシトシンも分泌されてる筈と考えてもよさそうですね。
但しオキシトシンが効果あるのは定常血中量では無くて、急激に上昇する変化度合いだと言う事は、坐禅前と坐禅後での濃度変化を見る為に二度採血をしないといけませんね(いッ~たそ~!!!)。

つまりオキシトシンは速効的な急激な立ち上がりで効くわけだから(加速度認知)、すぐmaxに達し効果無くなるという意味であり、セロトニンが後を引き受け、ドーパミンないしノルアドレナリンの暴走を抑える働きをする(負の感情・渇愛感情の抑え込み。貪瞋痴よさようなら、坐禅万歳!!!)。

之で速効性のオキシトシン、遅効性のセロトニンの役割分担のメカニズムがスッキリ理解できる感じです。

さらに面白かったのは男性ホルモンのテストステロンがオキシトシンの分泌を抑制してしまうので、何故男脳(左脳型解決脳)と女脳(右脳型共感脳)の違いが出るかがよく理解出来ますね。
つまりすべてオキシトシンとテストステロンのせめぎ合いから来るわけです。(注;テストステロンは男性ホルモンで女性の10倍分泌される。女性の競技選手では非常に高濃度のテストステロン分泌が測定される)。

ほんと人間設計基準書を読み解く事は
無限の興味を引きます。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 05:13:42
ZIPさんへのラブレター。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 05:41:28
アメさん、ピケティでも読んで、現実感取り戻したら?
Unknown (Unknown)
2016-02-19 06:19:17
歓びに輝いて生き甲斐を見出した!ココ、共感するなぁ。
この現実の世界に一つでも見出せたなら、ラッキー!!と思う。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 06:54:47
アメさんは、ZIPさんという、世界で一人だけの話し相手を絶対に離したくない。どんな手段を使っても。

自己愛から現れた、執着した愛の形。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 07:27:46
今夜、空けといて!って話しじゃん!!
Unknown (Unknown)
2016-02-19 07:29:13
寂しい思いをしてるの?

だからといって、アメちゃんに、八つ当たりしたらダメだよぉ。

それに、ZIPちゃんと変な関係にしちゃいけないでしょ(笑)
Unknown (Unknown)
2016-02-19 07:31:12
今夜は、更新日~♪
Unknown (Unknown)
2016-02-19 07:34:33
私はアメさんでもZIPさんでもないもん!部外者は退散!じゃね!!
Unknown (Unknown)
2016-02-19 07:38:01
ヤキモチ焼かないの!

まあ皆さん
遠慮なくコメントされて下さいね!

南さんは、なんと寛大なお方なのでしょか!
Unknown (Unknown)
2016-02-19 09:39:41
アツアツぶりにあてられちゃうって感じかな?
Unknown (Unknown)
2016-02-19 10:07:09
いいじゃん!いいじゃん!

アツく語らおうよ♪

若者がオされてどうする!
Unknown (Unknown)
2016-02-19 10:09:22
老いらくの恋。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 10:16:55
アメさんとZIPさんの愛の語らいの邪魔出来ないよお。専用掲示板でしょ?
Unknown (Unknown)
2016-02-19 13:19:37
えっ!

どちらも男性のような気がするんですけど。。

それもアリ?
Unknown (Unknown)
2016-02-19 13:22:22
今日は、食育の日かな?
19なだけに。。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 14:24:41
アメさんとZIPさんの、微妙な押しつ押されつの駆け引きが、ウブな初恋の始まりを思わせる。切ないねえ。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 15:38:25
初恋って!?(笑)

そんなに甘酸っぱい感じだったんだね。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 16:22:57
切ないよね~ホントに(笑)
てい (Unknown)
2016-02-19 16:59:22
「ほぉ~、ここが地球の保育園か~」
という本、ホッコリするよ♪

今時の?園児の話もり沢山ですた(笑)

ご無沙汰しています (たか!)
2016-02-19 17:36:50
赤坂のあれこれ解釈を楽しく聞きに行っていた坊主頭のタイ人妻持ちの会社員です。
久々ブログ拝見し、日常の中の禅と赤坂のお話がオーバーラップして楽しく拝読しました。南さんが、道元禅師に博打を張りながらも、親鸞の考えもまたありは今回もあの時も強烈に残っています。
我が家は浄土真宗ですが、私は隠れ道元禅師シンパ(笑)檀家制は便利で不便です。
プログ本を一節1日一回で心落ち着かせております。
またお会いできる日をたのしみにm(_ _)m
Unknown (Unknown)
2016-02-19 20:21:49
久々に懐かしい名前を見た。みんなどこにいっちゃったのかなあ。
Unknown (Unknown)
2016-02-19 20:22:57
敬老のために、遠慮してるのかな?
Unknown (Unknown)
2016-02-19 20:38:39
うちも浄土真宗だよ。
阿弥陀如来が法蔵菩薩だった時のお経、面白いよね。
浄土なんか、中間処理施設みたいにかんじちゃうよね。
Unknown (にこん)
2016-02-19 22:06:20
「而今の山水は、古仏の道現成なり。

ともに法位に住して、究尽の功徳を成せり。空劫巳前の消息なるがゆえに。

而今の活計なり。

朕兆未崩の自己なるがゆえに、現成の透脱なり。

山の諸功徳高広なるをもて、乗雲の道徳、かならず山より涌達す。

順風の妙功、さだめて山より透脱するなり。」

(正法眼蔵九十五巻)
グルテン (Unknown)
2016-02-20 00:32:42

小麦粉の中に含まれているグルテンにより、引き起こされる、グルテン不耐症を、ご存知でしょうか?

慢性疲労や抑鬱、偏頭痛など、様々な要因があるそうです。
米国では、人口の15%が「グルテン過敏症」であると、推定されてるそうです。
疑いのある方は、2~3週間グルテンを抜いた食事をして、試してみましょう。
小麦粉の代わりに、米粉を使うとよさそうです。

Unknown (Unknown)
2016-02-20 02:39:42
疑似科学 登場

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 30日以上前の記事に対するトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。