雲上の楽園通信

悔いのない人生活にとデジカメお伴にウオーキング【雲海・野鳥・野の花など】の撮影・・・!

アトリとやっと出会えました

2017年03月25日 | 野  鳥 

 お天気が悪い、でも何とかアトリらしいと撮影をしました。
空は薄暗くて・・・でも何とかアトリだと分かる程度の写真となりました。今年はじめて撮影ができましたアトリの横顔です。

 

アトリの横顔

 

 

 

 

 

 

コメント

ヒメオドリコソウの花も開花して

2017年03月24日 | 野の花・果実

 ヒメオドリコソウ【姫踊り子草】は、別の名をサンガイグサ【三階草】とも呼ばれていますね、群生をすると赤紫が目立ちますよね、花へアリが運ばないと発芽しないそうで、珍しい現象ですよね。
 ヨーロッパ原産の植物でシソ科オドリコソウ属で花言葉もありまず【春の幸せ】です。
撮影の時点では、花へアリの姿は見えませんでしたよ・・・撮影の時間が早朝だったからかもlね~~~! 朝早く・・・何故って、市議会議員選挙のために広報車が煩すぎて・・・野鳥も逃げてしまうからですが、今週末でその騒音も終わりです!

 

ヒメオドリコソウの花

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (4)

ジョウビタキ♂の横顔

2017年03月24日 | 野  鳥 

 ジョウビタキメスとの出会いは少ないですが、ほぼ毎日ジョウビタキオスとは出会いがあります。
そのジョウビタキ♂の横顔です。

 

ジョウビタキ♂

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

アセビの花二種

2017年03月23日 | 野の花・果実

 アセビにも二種類の花が咲きますよね!
ところが開花の時期が少しずれているようです、止む無く両方の花を撮影をしましたが・・・その違いを全体の花でご確認下さいね。 アセビ【馬酔木】は、和名で東菊・都忘れ・野春菊とも呼ばれているようです。花言葉も有り【清純な愛・犠牲・献身】です、また3月9日、3月15日生まれの方の誕生花です。
 このアセビの蛇足ですが、私の父は生前この葉を摘み取って熱湯でこの木の成分を取り出して、野菜の虫よけに使用をしておりました、野菜はいつまでも毒性を保持しているわけではありませんから、食すことに問題点はありません。昔の人は、色々と考えていたのですよね!
 他に、珍しい情報を・・・それは、このアセビの木の有る近くでは、秋になるとカワタケ(食用になる茸)ですが、多く茸が収穫できます。私もこのアセビの木を探してその近くで茸を収穫しました。(この知識は、過去に勤務していた先で教わった知識です、是非参考にしてくださいね)

 

アセビ【馬酔木】二種(撮影順です)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

白梅を吸蜜のメジロの動き

2017年03月23日 | 野  鳥 

 白梅なども開花の速いもの、遅れて開花するものなどが有りますね。
我が家の白梅は、開花がやや遅めです・・・でもその花は、とても少なくて見栄えが悪いです。ウオーキング路の梅圃が通路の下に開花する白梅などが有ります・・・この梅の木へメジロが来ないと思っていましたら、やって来てくれました。
 私の撮影に合わせたように多くのメジロがやって来ました、難しいですね小さな体のメジロ、花の影となって動きを撮影することが大変でした。しかし、その撮影がまた楽しいです。アップをしたメジロ以外にも多くの動きが撮影できましたから、機会を見てまた紹介します・

 

白梅の小枝にて吸蜜のメジロ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

吸蜜中のメジロの横顔

2017年03月22日 | 野  鳥 

 花もそろそろ終りと思っていましたら、まだ新しい花が咲いておりました。
やはり私の感覚以上にメジロは、そのことをわきまえているようで吸蜜にやって来ました、近くには白梅があるのですが、この花が蜜が多いようですね。
 今季はでも、メジロの吸蜜もこの琵琶の花が最後となりそうです。 

 

相変わらずの目白押の枇杷の花の吸蜜です

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント (2)

ノゲシ【野罌粟】の花も咲き始めて

2017年03月22日 | 野の花・果実

 ノゲシ(野罌粟)が開花しておりました。別の名前をハルノノゲシ(春の野罌粟)とも呼ばれるのですね。葉の形がケシの葉に似ており春に開花するためのこの様に呼ばれるそうです。
 このノゲシは、キク科ノゲシ属でした。花言葉もあります【見間違っては嫌・追憶の日々】だそうです。また、5月24日生まれの方の誕生花です。
 このノゲシの花の近くへタンポポが有りましたので、追加をしております。
帰宅をすると我が家でも少し花が咲き始めており、カタバミも咲きハナニラも花の数が増えておりました。

 

ノゲシの花

 

 

 

 

 

次はタンポポ

 

カタバミ

 

 

 

 

 

コメント

本日午後の溜池の鴨の飛翔

2017年03月21日 | 野  鳥 

 昨夜深夜から雨となりかなり深夜には、強く雨が降りました。
夜明けとなりまして雨も弱まりましたが、降り続いておりました。お昼過ぎには雨もあがり始めたために溜池を覗きましたら真鴨が遊泳中でした。ところがこの溜池の近くへお住いの方が屋外へ出たためでしょうか、鴨は飛び立ちました。
 因って、溜池の鴨の遊泳と飛びたった鴨の姿です。
午後には、相変わらずの歯科医院へ出掛けて診察受けて帰宅です。孫の卒業と就職が決まったことから、お祝いをと、お金を郵便にて送りました。私の体調のことを考えての郵送です。
 面倒を見てくれた親への感謝の言葉を何時か必ず伝えるようにとのメッセージを同封です、年寄りの注文です。
明日には配達されるので、多分?受領の電話が届くでしょうか!

 

溜池の鴨と飛翔風景

 

 

 

 

 

 

 

コメント

梅の花の蜜を吸うヒヨドリ

2017年03月21日 | 野  鳥 

 ヒヨドリの写真などは、ほとんど方がアップをされておりませんよね。
私もあまり撮影をしておりませんが、昨日はヒヨドリが梅の花の蜜を吸う光景が見られましたから撮影をしました。メジロなどと比べると大きめの体形ですが遠くて・・・また、逆光であったために表情の詳細が見ずらいと思いますがご容赦くださいね。

 

吸蜜中のヒヨドリ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメント

カラスノエンドウの花も咲きはじめ

2017年03月20日 | 野の花・果実

 先日からカラスノエンドウが弦が伸び始めておりました。
何時になったら開花するのだろうと思っておりましたら、本日日当たりの良い場所では僅かながら開花しておりました。
  カラスノエンドウは、別の名をイヌソラマメ(犬そら豆)とも呼ばれているようですね!スズメノエンドウよりも一回り大きいために、カラスノエンドウと名づけられた様です。カラスノエンドウは、マメ科ソラマメ属の二年草です。花言葉は、【小さな恋人たち・喜びの訪れ・未来の幸せ】でした。又、3月27日・4月23日生まれの方の誕生花です。

 

カラスノエンドウの花

 

 

 

 

 

 

 

コメント