技術士(道路)を目指そう!

技術士【建設部門:道路】合格に向けた情報発信!
子ども達の成長記録も連載中!
“いなかもの”をよろしくお願いします.

平成28年度 技術士第二次試験筆記試験合格発表

2016年10月27日 07時39分04秒 | 試験全般
■今年の筆記試験の合格発表がありました。
見事に筆記試験を合格された皆様、おめでとうございます!

次はいよいよ口頭試験です。
模擬口頭試験は必須です。
らがーさんの添削講座を受講されている方は、絶対、模擬口頭試験を経験された方が良いですよ!
私いなかものが保証します!!

■今回残念ながら番号がなかった人、あきらめたらそれで終わりです。
あきらめずに勉強を再開してください。
今すぐは無理でしょうから、気持ちの整理が付いてからでもいいでしょう。


ナポレオン・ヒル「成功哲学」

もし、あなたが負けると考えるなら
あなたは負ける。
 
もし、あなたがもうダメと考えるなら
あなたはダメになる。

もし、あなたが勝ちたいと思う心の片隅で,無理だと考えたなら
あなたは絶対に勝てない。

もし、あなたが失敗すると考えるなら
あなたは失敗する。

世の中を見てみろ。
最後まで成功を願い続けた人だけが
成功しているではないか。
すべては「人の心」が決めるのだ。

もし、あなたが勝てると考えるのなら
あなたは勝つ。
「向上したい」、「自信を持ちたい」とあなたが願うのなら
あなたはそのとおりの人になる。

さあ、出発だ!
強い人が勝つとは限らない。
すばしこい人が勝つとも限らない。

「私はできる」
そう考えた人が結局は勝つのだ!




 
★ さぁ、出発だ!

★ Never Give Up

★ あきらめたら終わりだ!

 
    



    

  
あなたの応援クリックが、ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます。
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています。 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「らがーファミリー懇親会2016 in 京都」に行ってきました!

2016年10月24日 20時48分50秒 | らがーファミリー懇親会
■京都へ行って来ました!
悲願の京都です!

昨年の懇親会において、オールAさんにご無理申し上げて実現した京都です。
私は生まれて初めての京都観光でした。
私と同じように京都初体験の方は数名おられ、ほとんどの方は修学旅行などで訪れていたようでした。

雨男が居たにも拘らず、雨は一滴か二滴ほど落ちてきた程度でした。
天候には本当に恵まれました。
その代わり、私の田舎は土砂降りだったようです。

それで、京都の感想ですが、私としては期待以上に素晴らしい体験をさせていただきました。
やはり、街並みがとても美しい。
この一言に尽きます。
日本の原風景とでも言いましょうか。

オールAさんは、今日は観光客が少ないと言われていましたが…。
わが故郷の観光地の年間観光客数に匹敵するほど、人の多さには驚きました。
さすが日本を代表する観光地「The京都」です。


■当日の観光コースは、総監技術士のオールAさんらしく、「QCDバランスの最適化」を検討されたようです。
その結果、【琵琶湖疎水 → 南禅寺(水路閣) → 哲学の道 → 銀閣寺】のコースを意思決定されたそうです。

まずは、琵琶湖疎水です。
記念館もあったのですが、これが無料とは太っ腹です。
さすが京都市上下水道局です。

らがーファミリーは、建設部門の技術士がほとんどでありますので、皆さん、興味津々だったようです。
これこそが研鑽です。

次は、水路閣です。
歴史的な土木構造物です。
見事に周辺の景観と調和していました。

「すごい!」
正しく「百聞は一見に如かず」です。

最後は銀閣寺です。
入場門をくぐると、いきなり銀閣寺が目の前に登場しました。

これが銀閣寺か!と感動しました。
やはり写真とは違い、実物は迫力が違います。

途中休憩()もありましたが、とにかく歩きました。
ふくらはぎがもうパンパンです。
一万歩以上は歩いたでしょう。
仕事柄デスクワークがほとんどなので正直堪えました。


 予定通り4時頃には観光巡りが終わりました。


■ところで、関西Grでは、迷子対策として「6つの班」を組まれておられました。
これは素晴らしいアイデアでした。

関西Grは、年内に反省会(通称:打ち上げ)を実施されるとお聞きしています。
その場において「PDCAサイクル」を回されると思います。
今後も顧客満足度の向上に向けて、さらなるスパイラルアップされることを大いに期待しております。


■午後6時、いよいよ夜の部、懇親会が始まりました。
お酒を飲むために、毎日、仕事をしているようなものです

懇親会の写真は個人情報満載のため、ブログにアップすることはできません。
そこで、流れだけご紹介します。

一次会の場所は、四条河原町の「祥風楼」でした。
私が購入した本でも紹介されている京都らしい上品なお店でした。
女将さんがとてもいい人だったように記憶しています。

全員そろったところで、代表幹事オールAさんの司会進行により懇親会が開始されました。
まずは、会長の「らがーさん」による乾杯のご発声により、宴がスタートしました。

しばらくして、28名の名刺交換、そして恒例の自己紹介です。
情報管理は皆さんきっちりお願いします。

自己紹介は、らがーさんに始まり、私が最後でありました。
それは、皆さんが心待ちにしている次期開催地の発表があるからです。

次期開催地の瞬間は、歳を重ねても緊張するものです。
ここで、懇親会開催地のルールがありますので、ご紹介しておきます。

------------------------------------------------------------
    【懇親会開催地のルール
 ① 本懇親会の開催地は、交通手段、宿泊及び懇親会場を考慮し、東京都、大阪府、愛知県及び政令指定都市を有する道府県とする。
 ② 次期開催地を決定する際は、原則として、その開催地に居住している幹事候補者等が、本懇親会に出席していなければならない。

------------------------------------------------------------

今回は、代表幹事候補者のよっし―1号さんが不在の中、「福岡市」を発表させていただきました。
もちろん、幹事候補者には、事前に確認させていただいておりましたが、異例のことでした。

よっし―1号さん、怒ってないですよね?
当然いつかこの日が来ることについては、リスク管理されていましたよね?

ということで、来年は「福岡市」に決定しました。
九州グループの皆様、ご理解・ご協力をお願いします。
よっし―1号さんを助けてあげてくださいね。
よっし―1号さん、プロジェクトチームの統率など、リーダーシップの発揮をよろしくお願いいたします。

本州から離れて初めての九州開催となります。
九州グループ頼みますよ~!

また、今回は予約ということで、福岡市の次は「横浜市」ということも発表させていただきました。
横浜市は、過去の実績もあり、なおかつ人材豊富なので、問題ないと思っているところです。
正式には、来年の懇親会の場で提案させていただきたいと考えているところであります。


■参考までに、これまでの開催地を以下に列挙します。
 ① 2009 大阪府(大阪市)【幹事:関西Gr(オールAさんほか】
 ② 2010 愛知県(名古屋市)【幹事:とんぼさん】
 ③ 2011 神奈川県(横浜市)【幹事:コックンさん、補佐:りえ蔵さん】
       ※ 2011より、りえ蔵さんは「永久補佐人」に任命されました。 
 ④ 2012 東京都【幹事:ミレイパパさん、補佐:アマテラスさん、りえ蔵さん】
 ⑤ 2013 兵庫県(神戸市)【幹事:FURUさん、補佐:ブラザーさん、りえ蔵さん】
 ⑥ 2014 広島県(広島市)【幹事:うどんさん、補佐:ブラザーさん、りえ蔵さん】
 ⑦ 2015 愛知県(名古屋市)【幹事:大やかんさん&愛知Gr、りえ蔵さん】
 ⑧ 2016 京都府(京都市)【幹事:オールAさん&関西Gr、りえ蔵さん】

 ※来年以降
 ⑨ 2017 福岡県(福岡市)【幹事:よっし―1号さん&九州Gr、りえ蔵さん】
 ⑩ 2018 神奈川県(横浜市)【幹事:コックンさん、りえ蔵さん、ミレイパパさんほか】
      (注意)横浜市は予約です。


■次期開催地の発表が終わり、緊張から解放されたせいか、その後の記憶がまったありません。
従いまして、これ以降の記事が書けません。
申し訳ございません。

集合写真を撮ったことすら覚えておりません。
何か失礼なことがありましたならば、この場を借りて謝罪します。
恐らく飲み放題の冷酒が効いたのでしょうね。


■そして、翌日です。
なんと4時30分に目が覚めました。
なぜでしょう?
歳のせいか?

7時に朝食を取り、今日の観光巡りなどを確認してからフロントへ行きました。
ルームキーを渡し、チェックアウトする際、フロントの係員から「4,500円頂きます。」
私は思わず耳を疑いました。
 
 はっ?

何と、私は昨夜、マッサージを発注したそうです。
マッサージしたことすら全く記憶にございません。
ここで支払わないこともできないので、「大人の対応」により、冷静な顔をして乗り切りました。


■恒例となった翌日観光は、オールAさん、りえ蔵さん、にぱーさん、そして私の4人でした。
本日の目的地は「清水寺」です。
ここは押さえておきたい世界遺産です。

やっぱり、本物は違います。
よくぞこういう木造建築物を造ったものだなぁ~と感動しました。
すごすぎるぞ!
宮大工!


■清水寺を後にして、昼食を摂ることになりました。
にぱーさんのご希望により、ラーメン屋さんへ行くことになりました。

ラーメンを食べた後、りえ蔵さんと別れました。
それは、りえ蔵さんが、らがーさんから頂いたお土産をホテルに忘れられたからです。

お土産を忘れるなんて!
このような無礼があったことに対しまして、「いなかもの」が本人に代わってお詫びいたします。
申し訳ございませんでした。

その後、3人で京都駅に行って解散となりました。
皆様、2日間本当にお世話になりました。
来年は九州博多で再会しましょう!


■皆さんと別れた後、時計を見ると、飛行機の出発時間まで余裕がありそうでしたので、「晴明神社」に行くことにしました。
妻と娘から、晴明神社の御守りが欲しいと言われていたためです。
晴明神社は秘かなブームだそうで、観光客もたくさんおられました。

晴明神社を後にして、再び京都駅に向かいました。
家族のお土産も購入しなければなりません。

八ツ橋のチョコレートと金平糖がリクエストでした。
お土産を購入してから、空港リムジンバスで伊丹空港へ向かいました。


■オールAさん、関西Grの皆様、そして、りえ蔵さん、本当にお世話になりました。
今回は、我がまま言わず、行程通り観光させていただきました。

京都は一日や二日で回れるものではありません。
最低でも1週間は掛かるでしょう。

定年退職後、妻と二人でのんびりと京都観光するのも良いかなぁ~と思っているところです。
それとも、オールAさんが元気なうちに京都で懇親会をやる!というのもアリだなぁ~と考えています。


■懇親会が終わると、数少ない生き甲斐が一つなくなり寂しくなります。
何を糧にして生きて行けばいいのでしょうか?
決して大げさではなく、正直な気持ちです。

それにしても、この会は不思議だなぁ~。
年に一回しか会わないのに、まるで同窓会の気分です。
確かに、らがー先生の生徒だから同窓会と言っても過言ではないでしょう。

それにしても一年は長いよなぁ~。
そろそろ世代交代の時期かもしれないなぁ~。

らがーさんが添削講座を継続されている限り、この懇親会は開催する予定にしています。
しかしながら、私の身体が持つのか、という不安があります。
まだまだ若いつもりでいますが、身体が言うことを聞いてくれなくなる時期も近いのかなぁ~なんて弱気な自分がいます。


■今年の懇親会は28名参加で過去最高でした。
そのうち女性は3名、初参加者は5名という結果でした。
2009年は11名でしたから、感慨深いものがあります。

これまで参加されていない方、来年は九州開催です。
ぜひ都合を付けて参加してください。
特に九州の方はこの機会を逃さないようにお願いします。


■最後に…
オールAさん、懇親会というプロジェクトマネジメントたいへんお疲れさまでした。
限られたリソースのなか、QCDバランス最適化した観光コースだったと思います。

雨に備えた別コースの設定など、そのリスクマネジメントはさすがと言わざるを得ません。
また、関西Grを一つにまとめるなど、その力強いリーダーシップは見習うべきものがあります。

今回、我々ファミリーの満足度は相当高かったことは間違いありません。
しばらくは、メンタルヘルスに留意されながら、溜まっている仕事の優先順位を明確化して裁いてください。

他にも言いたいことは山ほどあるのですが、総監キーワードが思い付きませんので、この辺にしておきます。

長文になりましたが、ブログ更新が激減している「いなかもの」ではございますが、今後ともよろしくお願いします。
以上をもちまして、「らがーファミリー懇親会2016 in京都」の報告とさせていただきます。



【以下、時系列により写真を掲載します。】

 私が懇親会三日前に購入した京都のガイドラインです。○○さんと同じだったのには驚きました。
 数ある選択肢の中から同じ本をチョイスしているとは・・・さすが技術士、判断基準が同じなのでしょう。


 本日最初の生です!空港です。

 
 大阪空港です。


 バス乗車券






 約50分でJR京都駅到着です。


 この通路を渡って、待ち合わせ場所の中央口に行きました。


 午後0時 昼食会場です。


 すごいご馳走でしたが、生ビールの発注はありませんでした。不思議でした。


 ここがインクラインです。


 模型です。














 これが水路閣です。古代ローマの水道橋を参考にしたそうです。




 水路閣の上部になります。水が流れている様子です。漏水はありませんでした。


 インクラインの模型です。




 「哲学の道」です。約2㎞あります。歩きましたよ。


 銀閣寺入口です。








 向月台です。180㎝あるそうです。


 これが銀閣寺です。






 私が宿泊したホテルです。


 一次会の場所です。黄桜直営店「勝風楼」です。何を食したか、定かではありません。


 八坂神社です。


 舞妓さんもどきの撮影風景だと思われます。


 地元では有名なお店らしいです。針金一本で作成されているそうです。お店の名前は「Happy Bicycle」です。




 取材も多いようです。


 遂に「清水寺」に来ました。外人さんが多い、多い。


 ここが有名な「清水の舞台」


 左側に赤色の「三重塔」も見えます。


 「清水の舞台」の基礎です。


 昼食のお店、「天天有」四条烏丸店です。


 頂いたラーメンです。オールAさんと私は生も頂きました。


 ここからは「晴明神社」です。


















 京都駅に到着しました。 


 京都駅内で発見しました。
 レゴブロックが制作した「京都駅ビル100分の1モデル」です。
 京都駅ビル東広場 The CUBE地下一階にあります。






 京都駅ビルの開業15周年と レゴブロックが日本に来て50周年を記念して制作されたそうです。


 お土産を買ったお店です。








 大阪空港に到着しました。


 大阪空港の生です。


 帰りの電車内で「角ハイボール」です。


 これでおしまいです。



 ★ 目指せ、第一志望大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

「らがーファミリー懇親会2016 in 京都」は今週末!

2016年10月17日 07時43分03秒 | らがーファミリー懇親会
■おはようございます。

気が付けば10月も中旬です。


10月といえば、らがーファミリー懇親会です。

今年は、京都です!

ずっと以前からお願いしていた京都が実現しました。


私は、京都には一度も行ったことがありませんので、とても楽しみです。

オールAさんをはじめとする大阪Grの皆様お世話になります。

マジで遠足を待つ純情な子供の心境です。


いよいよ今週末です。


■ところで、来年の開催地はどこになるのだろう?

ここ最近、関西が続いたので関東だろうなぁ~?




 ★ 目指せ、第一志望大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.


コメント (7)
この記事をはてなブックマークに追加

とと姉ちゃん

2016年08月05日 05時55分30秒 | 徒然日記
■いなかものファンの皆様、本当にお久しぶりです。
ゴメンナサイ、本当に申し訳ない。

28年度になって、公私共に色々と忙しくなりました。
らがーさんのブログにコメントもできないくらい…(これは言い過ぎかも…(^^ゞ)

この間、技術士試験が終わり、世の中も悲惨な事件や事故が多々ありました。
私は、日々の生活を慌ただしく過ごしていましたが、ようやくブログに向き合う余裕が少しできました。
ただ、更新は頻繁にできませんが、最低でも月一ぐらいを目標にしていこうと思っています。


■さて、タイトルです。
NHKの朝ドラ『とと姉ちゃん』に見事にハマってます。
これは『あまちゃん』以来のことです。

朝ドラにハマったら、それは歳を取った証拠だそうです。
妻がそう言いました。

それはそれで構いません。
だって事実ですから。

ただ、『とと姉ちゃん』のドラマはもちろんですが、
このドラマの主題歌である、宇多田ヒカルさんの「花束を君に」が、マジでお気に入りなんですよ~。

この曲を聞いていると、なぜか泣けてくるんです。
それも亡くなった母のことを思い出して…。

これです。

歌詞はこちら


PS
あっそういえば、今年の懇親会の名簿に「とんぼさん」の名前がなかったような気がしますが、勘違いでしょうか???
とんぼさんの身に何かあったのでしょうか?

懇親会の話題は、次回以降に書きます。


ではまた。



 ★ 目指せ、第一志望大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

予備校始動

2016年04月20日 07時12分45秒 | 子どもの成長
■皆様おはようございます。

熊本県や大分県が非常に厳しい状況です。
今更ながら、自然の恐ろしさを感じているところです。
亡くなられた方のご冥福をお祈りいたしますとともに、
避難所で不安な日々を過ごされている方々の一日も早い帰宅を願っております。

さて、こういう状況であるため、記事をアップするのも気が引けるのですが、
とりあえず、息子の近況だけでもお伝えしようと思います。

息子は、元気に予備校に通っています。
朝6時半に家を出て、夜10時半ごろ帰宅します。


 ★ 目指せ、第一志望大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子の結果

2016年03月25日 03時41分56秒 | 子どもの成長
■おはようございます。

前回の投稿から随分と時間が経過しました。
いろいろとバタバタしており、気持ちがブログに向きませんでした。

結論から言うと「全落ち」でした。
それで、もう一年受験勉強することになりました。

現実は厳しい。
甘くはありませんでした。

息子もいい経験したと思います。
これで本気になれるかどうか。
これに掛かっています。

親としては出費がかさみますが、仕方ありません。
だって親ですから。

これからも息子の幸せのため、精一杯支援していきたいと考えています。


 ★ 目指せ、第一志望大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

息子~2016センター試験~出願(最終章)

2016年02月24日 04時34分49秒 | 子どもの成長
出願

前期・後期どちらも郵便局で出願を済ませた。
あとは息子が勉強するだけです。
ビリでもいい。
合格してくれればそれでいい。
それが今の偽ざる心境です。


もしも・・・

国立大学が不合格だったらどうするのか。
親としては、浪人してでも国立大学を目指してほしいと考えている。
息子にはそう伝えた。

だが、息子はこう言った。

浪人はしない。」

そりゃそうだろう。
精神的にも厳しいから。

親としては、学費の高い私立大学(理系)への進学は経済的に厳しい。
大学進学が息子一人だけなら何とかなるが、2年後には娘も大学へ行く予定だ。


だから、覚悟を決めて息子に親の本音を伝えた。

もしもの場合、一浪して志望校目指してみないか。

将来の就職のこともよ~く考えてほしい。
だが、その一方で、浪人すると生涯賃金の損得とかの話もある。
そんなことを腹を割って話した。

このことについては、また近いうちに話す機会が来るだろう。
そのとき再度、家族で話し合おうと考えている。

今後、私立大学の発表がある。
そのとき入学金の納期もある。
これは避けて通れない問題だ。

いよいよ、明日の2月25日が前期試験です

 シリーズ化した「息子~2016センター試験~出願」は、これで最終章です。


  to be continued…



 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子~2016センター試験~出願(その6)

2016年02月23日 03時39分38秒 | 子どもの成長
三者面談

1月24日、自己採点を終えて迎えた三者面談。
この日は記録的に寒い日だった。
息子、妻、そして私、この3人で臨んだ。

冒頭、担任から「厳しい状況ですね。」という説明があった。
親としても、もちろん承知している。

担任は、息子に「どこを受験するの?」と聞いた。
息子は、家族会議で決めた通り、前期と後期、それぞれの大学名を答えた。
国立大学の願書は、過去の模試から想定していた6大学を取り寄せていた。

担任からは「妥当な線でしょう。」と一応了解を頂いたが、ほかの公立大学も薦められた。
だけど、そこは断った。
もちろん、そこもE判定には変わりなかったのだが…。

前期の受験大学はE判定だが、募集人員ギリギリに入っているということだった。
これは学校側(予備校の資料)が把握している情報であり、ネットでは公開されていない。
私の読みも中々だと思った。

しかし、危険な状況には変わりない。
二次試験で逆転しなければならないのだ。
合格最低点から計算すると、二次試験で62%以上の得点が必要だ。

前期・後期とも、二次試験は数学と物理の2教科だ。
息子の成績から考えてみれば、62%以上なんて簡単なことではない。
不可能に近い数字だ。
でも、センターの結果を挽回するためには、二次試験で奇跡を起こすしかないのだ。

ただ二次試験まで1箇月もある。
赤本で過去問の傾向を研究すれば何とかなるかもしれない。

出願大学が正式に決定したので、私は交通手段やホテルの予約に集中した。

とにかく残された1箇月、人生を賭けてやるしかない。
大学で人生は決まらないが、ある程度の進路は決まってしまう。


 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

息子~2016センター試験~出願(その5)

2016年02月15日 04時24分02秒 | 子どもの成長
自己採点

センター試験が終わった翌日は、学校で自己採点です。

この日、私は仕事が手に付かなかった。
息子には、結果が分かったらメールするよう言っておいたが、結局来なかった。

 ~不安が頭を過る~

仕事が終わり、妻から自己採点の結果を聞いた。

 愕然とした。
 初日はできた、と言っていたじゃないか。

 ヤ・バ・イ

目標であった国立大学が遙か彼方に遠のいた点数だった。
受験できる国立大学がない。
土俵に立てない。

大手予備校で調べてみると…。
息子が希望していた国立大学の合格可能性は「すべて判定」だった。

だが、ここで諦めるわけにはいかない。

E判定にもいろいろある。
つまり、まったくダメなE判定もあれば、D判定に近いE判定がきっとあるはずだ。

そう!
D判定に一番近いE判定校に出願すればいいじゃないか。
第一志望だった国立は「正真正銘のE判定」だったので、さすがに断念するしかない。

予備校の判定以外に、センター試験二次試験比重も判断材料になる。
加えて、合格最低点のデータも重視する必要がある。

三者面談まで時間がない。

私はエクセルを駆使し、個別試験で何点取れば合格最低点に届くのか逆算した。
その点数が最も小さい国立大学に出願すればいい。

要するに、個別試験で取るべき点数の低い大学、すなわち「合格する可能性が高い大学」と考えた。
息子にその旨説明し、息子も納得した。
なお、この際、個別試験の問題レベルは無視している。

どの大学もE判定なんだが、前期・後期それぞれ調査し、合格可能性の高い大学を選んだ。
一流大学(旧帝など)以外の国立大学は、どこもそれほど差はないだろう。

大学で何を学んだか、これが大事なんだ。
自分にそう言い聞かせた。


 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子~2016センター試験~出願(その4)

2016年02月09日 04時30分10秒 | 子どもの成長
センター試験2日目

今日が正念場だ。
難関の理系4科目、数学Ⅰ・A、数学Ⅱ・B、物理、化学である。

午前7時、息子たちを乗せたバスはセンター試験会場へ向けて出発した。
私は、息子を送り出した後、パソコンの前で大手予備校のセンター速報を見ていた。

その速報によると…。
数学Ⅰ・Aはやや難化したそうだが、数学Ⅱ・Bは昨年より少し易化とのことだった。
私としては難化した方が好都合なのだが…。
なぜなら、問題が難しいと平均点が下がるため、数学が苦手な息子には有利に働くからだ。
そんなことなどを一日中考えながら、時は流れ、我が家初のセンター試験は終了した。

息子が集合場所に戻ってきたのは午後7時過ぎ。
センター最終日は家族全員で迎えに行った。

バスから降りてきたばかりの息子に私は聞いた。
「お疲れのところ申し訳ないが、試験の出来はどうだった?」

予想通り「数学はできなかった」とのこと。
本人曰く「去年の問題より難しかった」と…。
物理と化学も微妙だったらしい…。
理系科目は恐らく平均点以下だろう。

まぁ~何はともあれ、センター試験はすべて終わった。

その後、息子の慰労会ということで、息子が気に入っている店に行き、夕食を食べた。
私は複雑な心境の中、料理を味わう気分ではなかったが…。

試験も終わったので、明日の自己採点が気になるところだが…
結果を見てから次のことを考えよう。

とりあえず オツカレ!


 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子~2016センター試験~出願(その3)

2016年02月05日 05時23分34秒 | 子どもの成長
センター試験1日目

さぁーいよいよセンター本番だ!
1日目は文系科目。
世界史B、国語、英語(リスニング含む)の3科目です。

息子としては、今日の試験で点数を稼ぎたいところ。
なぜなら、息子は理系なのですが、理系科目より文系科目の方が成績が良いからです。
特に国語の成績が良い。
良いと言っても平均点を少し上回るレベルなのですが…(^^ゞ。

この日私は、朝4時に目が覚めました。
再度チェックリストで息子の持ち物を最終確認しました。

6時30分、息子を集合場所まで車で送っていった。
すでに多くの同級生が集まっていた。
担当の先生が、バスの前で受付をしている。
息子も受付を済ませ、バスに乗り込んだ。

7時、いよいよ出発。
祈るような気持ちで息子の乗ったバスを見送った。

 ~~何とか文系科目で点数を稼いでくれ~~。

自宅に戻ってからは、一日中、大手予備校のセンター試験速報を見ていた。
国語は易化…との情報が入った。
そうなると他の受験生と差が付かない。
ちょっと残念な気持ちだ。

夜8時前、集合場所に迎えに行った。

 試験の結果は聞いてはいけない!

分かってはいたが、恐る恐る今日の手応えを聞いてみた。
息子曰く「多分できたと思う。」
息子の心強い言葉だった。
・ただ、英語は時間が足りなかった。
・国語は簡単だった。
・世界史Bはまぁまぁ~
あくまでも息子の個人的な感想です。

大手予備校から解答速報が発表されていたが、答え合わせはしない。
これは学校からも通知があったが、受験の鉄則です。
出来が良くても悪くても、翌日の試験に影響を与えるからです。

息子としては、予想以上に出来た!と根拠のない自信が…このときまではあったのだが…。

とにかく一日目は何事もなく無事に終わった。
息子は夕食をとり勉強部屋へ…。
明日の理系科目に備え、最後の追い込みをしているだろう。


 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子~2016センター試験~出願(その2)

2016年02月04日 04時25分14秒 | 子どもの成長
センター試験前日

正月もあっという間に過ぎ去り、気が付けばセンター試験の前日になっていた。
息子は息子なりに正月気分返上で頑張っていたようだ。
当然と言えば当然だが、いま頑張らずにいつ頑張る!

受験生の親としてできることは「お金を出すこと」と「息子の後方支援」ぐらい。
勉強はさすがに見てやれない(もう解らない、無理)から、参考書や赤本を買ってやるぐらいだ。
私はそれらに加え、試験当日に忘れ物がないように、持ち物のチェックをした。
大手予備校が公開しているチェックリストに沿って入念にチェックしました。

【チェック項目】
・受験票
・写真票
・受験上の注意(大学入試センター)
・学生証
・黒鉛筆(HB)1ダース(キャップ付き)
 ※ センター試験ではシャープペンシルは使用不可です。
 (理由)※ 大学入試センターQ&Aより
  シャープペンシルを使用してマークした場合には、解答が読み取れないことがありますので、使用しないでください。
  ただし、メモや計算に限ってはシャープペンシル(黒い芯に限る。)を使用しても差し支えありません。
・プラスチック製消しゴム2個
・鉛筆削り(手動式)
・腕時計(※ 昨年の推薦入試時に買ってあげたものです。電波・ソーラー腕時計)
・弁当
・水筒
・ハンカチ
・ティッシュ
・マスク
・参考書やノート(1日目と2日目の分:2日目の分は帰りのバスで読む)
・眼鏡
・目薬
・カイロ
・雨具

 以上をチェックして、眠れない夜を過ごしました。


 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

息子~2016センター試験~出願(その1)

2016年02月02日 06時02分12秒 | 子どもの成長
■ご無沙汰しています。

前回の記事から本日まで、息子の受験に関してバタバタしておりました。
その関係上、ブログを更新する余裕が全くありませんでした。

そういう状況ではありましたが、何とか出願を終えて、最近ようやく落ち着いてきました。
そこで、これまでの出来事について少しずつアップしていこうと思っています。

よろしくお願いします。



 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

センター試験まであと1週間

2016年01月09日 17時55分43秒 | 子どもの成長
■新年明けましておめでとうございます。
今年もよろしくお願いします。


■さて、大学入試センター試験まで、あと1週間です。
親子共々、国立大学が第一希望ではありますが、最悪の事態に備え、センター試験が利用できる私立大学の願書も数校提出しました。
親がいくら心配してもどうしようもないのは解ってはいますが、落ち着きません。


 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

推薦入試の結果

2015年12月14日 06時07分41秒 | 子どもの成長
■推薦入試の結果が発表されました。

しかし、息子の受験番号はどこにもありませんでした。

非常に残念でしたが、これが現実です。

仕方ありません。



翌日、息子には、「気持ちを入れ替えてセンター試験に集中しろ」と言いました。

何といってもセンター試験です。

すべてはセンター試験の結果で決まります。


私は、息子に「センター試験の過去問5年分、5教科7科目、100点取れるまで繰り返せ」とアドバイスしました。

恐らく無理だとは思いますが、それぐらいの覚悟は必要だ。

細かいスケジューリングは息子が考えるでしょう。


先週末、センター試験も始まらないこの時期に、担任から「センター試験後の三者面談」の日程が届いた。

センター試験が終了して1週間後だ。

要するに、その間に家族でどこを受験するのか決めておいてください、ということなんだろう。



 ★ 目指せ、国立大学!
 
 
   


    

  
あなたの応援クリックが,ブログ継続に対するインセンティヴになります.
▼ いつも応援ありがとうございます.
 
▼ 皆様からのコメントやメッセージお待ちしています.
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加