因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

TRASHMASTERS vol.25『殺人者J』

2016-07-23 | 舞台

*中津留章仁作・演出 公式サイトはこちら  24日まで 下北沢/駅前劇場(1,2,3,4,5
 作・演出の中津留章仁は、秋に劇団民藝への書き下ろし上演(演出も担当!)『箆棒』を控えている。その助走として今回の観劇を決めた。前回と同じく、チケットの予約に出遅れてまたも最前列の座席に。中津留の芝居は休憩がなく、2時間越えはあたりまえだ。だいぶ慣れたとはいえ、今回も2時間20分休憩なしとのこと。背筋を伸ばして観劇に臨んだ。

 観劇の体感からいうと、途中わずかに眠気を催したものの、あまり長尺とは感じることもなく、集中することができたと思う。終演後も疲労せず、すっきりとした気分であった。しかしそれならば本作を楽しんだのか、理解できたのか、受けとめられたのかと考えると、正直なところよくわからないのである。

 舞台は参議院選挙が済んだあとらしき、リアルな現代日本の警備会社である。やり手の社長が一代でつくり上げ、跡継ぎの息子が常務を務めているが、あとは社長と長年懇意にしてきた部長、病身の母の治療のために賞与の前借りをしている秘書(男性)ほか、女性社員ふくめて登場するのは9名、あとは営業に来る他社の社員がひとり。舞台上手が会議室、下手に社員たちのデスクがある。社長は海外で頻発するテロ事件から、現地にある日本企業やその家族たちを守る需要を見込んで、傭兵部門を設立しようとしており、冒頭、会議室で行われるのは、武器の製造をしている企業の営業マンとの面談である。
 国会で安保法案が可決され、自衛隊志願者が減る一方で、海外の危険地域への派兵を避けようと退職者が増えている。今こそ民間企業が国を守るべきではないかという意見と、他国の人を殺す可能性がある傭兵に反対する意見が真っ向から対立する。まさにいまの日本で起こっている問題を舞台で鋭く提起する作品だ。

 明日まで上演があるため、詳細を書かないほうがよいのだが。

 だが、この会社が厄介なのは、社内の人間関係がめちゃくちゃなことである。ふたりいる女性社員のうち、ひとりは長いあいだ社長の愛人であった。が、その関係が社長夫人に知られてしまい、別れることを余儀なくされた。そうすると社長からのお手当がなくなり、生活に困窮、やむなく風俗を副業にしているという。さらに彼女へのお手当のために、社長は会社の金を不正に流用しており、前述の秘書の男性が社長のパソコンにアクセスしてその事実を突き止めた。

 舞台終盤は、国と国民を守るために武器を取るべきか否かという議論が繰り広げられるのだが、前述のような痴情のもつれが絡み、不倫をするような人間に発言の資格はないと糾弾する者あり、女性は誰でも不倫の恋をする可能性はあると一歩も引かず、ビジネスについての議論が、互いに大声で相手を罵倒する愁嘆場と化す。

 中津留章仁作品の特徴として、上演時間中緩みがまったくないことが挙げられる。本作も同様で、登場人物たちは非常に激しやすく、感情をむき出しに猛り狂う。相当入念に稽古を積んだことが窺われる熱演で、2時間を越える作品を緩みなく一気に見せるのであるから、作品、演出、それに応える俳優陣の力量には圧倒される。

 しかしながら、何を演劇として舞台にしたいのか、観客に示したいのかという根本がどうもよくわからないのである。彼らは日常会話とは言いがたい、むろん日常においても激昂や号泣、罵詈雑言の場面はありうる。しかしながら、舞台上の彼らのことばは、そう、まるで芝居のような台詞であり、議論が紛糾したあげく女性社員の号泣の声の出し方や、冷静で温厚と見えた常務が鬼畜のように暴力的な振る舞いに及ぶさまなど、「劇的」といえばそうなのかもしれないが、どうにも受けとめようがないのである。

 中津留章仁の創作へのエネルギーは凄まじいものがある。ほかの劇作家が真似しようとして簡単にできるものではないだろう。だがそのエネルギーを注ぐ方向、エネルギーの描写について、自分は非常に困惑してしまうのだ。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

PARCOプロデュース『BENT』

2016-07-20 | 舞台

*マーティン・シャーマン作 徐賀世子翻訳 森新太郎演出 公式サイトはこちら 世田谷パブリックシアター 24日まで その後全国を巡演
 ナチスドイツによる迫害が次第に強まるなか、1934年6月、血の粛清、いわゆる「長いナイフの夜事件」(Wikipedia)が決行された日の午後、ゲイのカップル・マックス(佐々木蔵之介)とルディ(中島歩)が暮らすアパートに物語ははじまる。国内を逃亡するうち、1936年、遂にナチスに逮捕され、移動列車のなかでルディは虐殺される。ダッハウ強制収容所に送られたマックスは、列車で自分を助けてくれたホルスト(北村有起哉)に再会する。

 はじめて『BENT』を見たのはたしか80年代、劇団薔薇座の公演である。以来加藤健一事務所公演や鈴木勝秀演出など、今回で4度めになるだろうか。いつも思い起こすのは、アウシュヴィッツ絶滅収容所において、脱走者の見せしめのために餓死刑に処せられる仲間のひとりの身代わりになって亡くなったマキシミリアノ・コルベ神父(Wikipedia)のことばである。「愛がなければ、愛をつくる」。

 ホルストは愛の人である。対してマックスはどうであろうか。まだ少年のとき、自分のセクシュアリティに気づいた彼は、父が営むボタン工場の職人と愛し合うが、彼は父が金をやって辞めさせた。以来、酒とドラッグで享楽的な日々を過ごし、ルディと同棲しながらしょっちゅうちがう男を連れ込むありさまだ。しかしまったくの冷血ではなく、おじのフレディ(藤木孝)に用意してもらった外国逃亡の切符と書類が一人分であると知ると、「あいつを置いてはいけない」と頑なに拒む。絶望を思い知るための作品というものもたしかにあるが、『BENT』もそうなのだろうか。いや、そうではないと否定しつつ、「すべての人間性を剥奪される極限状態にあってなお、愛を貫いた崇高な物語」と美しくまとめるのもちがうような気がするのである。

 ホルストの咳を治そうと、マックスは収容所のナチス大尉(石井英明)に辱めを受けてまで、薬を手に入れた。しかしその行為の事情を見透かされ、ホルストは殺されてしまうのである。愛は人を助け、守る。しかしマックスの愛のために、ホルストは死ぬことになる。彼の愛は成就しない。この作品が観客に何を与えるのか。マックスとホルストがともに死ぬことを考えると、「愛は勝つ」という高らかな讃美よりも、愛を持った人間が無残に死ぬ様相が否応なく突きつける絶望のほうが強い。

 今回森新太郎の演出は一つひとつの場面をじっくりと丁寧に描いている印象を受けた。

 ホルストを葬ってから、マックスは再び石を運びはじめる。が、やがて作業をやめてホルストを投げ入れた穴にゆき、ピンクの三角がついた彼の上着を取る。そしてマックスは舞台正面に立ち、上着を着替える。この立ち位置もさることながら、ここでの佐々木蔵之介の「立ち方」、からだや表情など彼ぜんたいから、客席に「見せる」という意識が強く発せられていたように感じたのである。歌舞伎のように見得を切るわけではないにしても、これからものすごいことを見せる光線があまりに強烈で、むろん舞台で起こることを客席に見せるのが演劇なのだから当然といえばそうなのだが、自分には違和感があった。そこからマックスは高圧電流の通る有刺鉄線に向かってゆっくりと歩んでいく。ホルストはゲイであることを隠さず、マックスと愛しあったがためにナチス大尉にゲーム感覚で殺された。触れあったことはなくても、まぎれもなくホルストはマックスの恋人であり、愛のない収容所で、愛をつくり上げた人であった。「どんな手段を使っても生き延びる」と決意していたマックスが、ホルストに殉じるかのように自ら死を選ぶのは、一種の信仰告白とも言えよう。

 ラストシーン、戯曲にはマックスの動作が淡々と記されている。彼がどんな表情か、どのように歩くのかなどは、演出と俳優に委ねられているわけだ。ここでも佐々木は非常にゆっくりと歩いていく。不気味な音が次第に高まるなか舞台が暗転、明るくなると、マックスは正面を向いて舞台に立っており、カーテンコールで中央に走り出る。ここでも自分の戯曲の読み方としては、マックスが舞台から消えているほうが好み(という言い方は適切でないか)なのだが。

 見る側としては、違う翻訳、演出、さまざまな座組みを味わいながらも、見るたびに課題が与えられる作品と言えよう。たとえばはじめて見たときは、石運び作業の休憩3分のあいだに二人がみごと愛を交わす場面に衝撃を受けた。しかし今回は、2度めに交わろうとしたとき、マックスがいささか乱暴な行為を試そうとする。それに対してホルストが切ないほど「優しくしてほしい」と訴え、マックスがそれを受けとめる場面のほうが心に響いた。
 できることなら今回の森演出、佐々木蔵之介と北村有起哉の舞台をもう一度見られたらと思うし、いつの日か、また新しい『BENT』に出会えることを願っている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

「かぐや姫伝説」より『月・こうこう,風・そうそう』

2016-07-13 | 舞台

*別役実作 宮田慶子演出 公式サイトはこちら 新国立劇場小劇場 31日まで
 昨年はじまった19団体21演目連続上演「別役実フェスティバル」最終演目である。パーキンソン病を患いながら来年齢八十を迎えんとする別役実、堂々の新作書き下ろしだ。タイトルにある通り「かぐや姫伝説」、つまり『竹取物語』を題材にした物語である。

 いつごろともわからぬ昔、竹林に暮らす老爺(花王おさむ)と老婆(松金よね子)が心中する場所を探してさまよ
 っている。ようよう「ここなら」と決めた死に場所に茣蓙を敷き、心中を前になぜか粟粥を食べようとしているところへ美しい姫(和音美桜)が現れる。「通りがかりのものです。助けていただけますか?」誰から追われているのか、どこから来て、どこへ行こうとしているのか、老夫婦の問いかけには「わかりません」と繰り返すばかり。

 別役作品といえば「街角、電信柱が一本、かたわらにベンチがひとつ、風が吹いている」といういつもの風景があり、そこへ男1、女2と名前を持たない人びとが現れ、お茶をのむのまない、バスを待っている、でも切符は持っていないなどとどこに着地するのかわからない会話を繰り広げるといったイメージが強い。

 それが本作は老爺に老婆、姫、盲目の女(竹下景子)、風魔の三郎(橋本淳)、ミカド(嵯川哲朗)など、年齢や役割、性質を明示された人物が登場する。さらに姫の追手の手下たち4名は文学座附属研修所や舞台芸術学院、新国立劇場演劇研修所を卒業し、TEAM HANDYというカンパニーで活躍する俳優で、劇中華麗なダンスのような殺陣を披露したりなど、これまでの別役作品のイメージをがらりと変える様相を呈している。知らなければ本作の作者が別役実だと気づかないかもしれない。

 物語は「かぐや姫」に終始せず、別役が過去に記した戯曲や童話、古事記、「落窪物語」、果てはギリシャ悲劇『オイディプス王』を想起させ、前述の配役にしても、観劇前はバランスが悪いのではないかと懸念したが、さまざまな出自と経験を持つ俳優たちは、別役作品の台詞に戸惑いながらも、自分の役が何をどのように必要とされているかを的確にとらえており、劇世界を客席に届けることに力を合わせている印象を受けた。

 花王おさむと松金よね子の老夫婦のやりとりはさすがベテランとうならされる。しかもその巧さが嫌味に感じられない。姫を追ってくる男(山崎一)と碁を打つ場面はコントのように客席をなごませる。出演俳優のなかではNHK朝の連続ドラマ『ちりとてちん』で、ヒロインの心優しい弟を演じた橋本淳が、強烈な野性味を発しながらふと繊細な面も見せる風魔の三郎役で健闘している。改めてプロフィールを読むと舞台出演も多彩である。おそらく作品によってつぎつぎに違う顔、新しい魅力をみせる俳優ではないだろうか。見逃した作品がいくつもあるのは残念だが、俳優に対して固定したイメージを抱くことを自戒し、今後の活動に注目したい。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

らまのだ2かいめ公演×終わってないし

2016-07-12 | 舞台

*南出謙吾作 森田あや演出 公式サイトはこちら 新宿眼科画廊・地下 13日で終了(1
 AAF戯曲賞OMS戯曲賞最終選考選出作の『ちゃんとした夕暮れ』と、希望の大地の戯曲「北海道戯曲賞」優秀賞『終わってないし』。南出謙吾の短編戯曲が一挙上演された。
 場面の様子や流れは記憶によるもので、正確ではありません。今回ほんとうに自信がない!
 『ちゃんとした夕暮れ』
 story1:『ちゃんとした夕暮れ』
 どこかのファミレスであろう。中年男性(滝寛式)と女子高校生(山田茉亜紗)が楽しげにおしゃべりしている。ふたりが援助交際(こういう言い方、いまもするのだろうか)のあいだがらであることはすぐにわかるが、離婚歴のある男性は彼女との真剣交際を望んでいる。女子高生は断固拒否か一笑に付すと思いきや、意外にも彼の申し出を受け入れる。しかしながらふたりの気持ちはなかなか一致せず、観客はテンポのよいやりとりに笑いながら、ふたりの思惑がテンポよくずれていく様相、年齢差が大きく、何より金銭が媒介する関係でありながら、相手を思いやり、理解し合っているかのようにみえる男女が、自分の心の隙間を埋める存在を求めながら、相手に対して自分はそのような存在になりきれないことの寂寥感が漂う。
 story2:『天気予報を見ない派』
 どこかのマンションの一室。十数年ぶりに再会した元恋人どうしが向き合う。同窓会を装って、女性(松本みゆき)が男性(塩原俊之)を招き入れたのだ。女性は男性と別れてから一度結婚したが、いまは独り身らしい。元カレとよりを戻したいのかと思えばそれほどでもなく、男性もまんざらでもなさそうだがはっきりしない。駆け引きを仕掛けている人というのは、下心や計算高さが透けて見えて感じのよいものではないが、不思議なことに舞台のふたりからはそのような匂いがしない。自分自身のほんとうの気持ちがわからず、相手を目の前にして困惑しているかのようだ。結婚相手がstory1の中年男性らしい含みがあり、2本の作品のゆるやかなつながりを嫌みなく見せる。

 『終わってないし』
 どこかのマンションの一室。バイトの応募のため履歴書を書いている男性(日下部そう)とソファで眠っている女性(中村美貴)の場面にはじまり、昔の友だち(宮島朋宏)、その女友だち(西井裕美)が出入りする。男性ふたりの同級生がゲームソフト会社の社長で、そこで開発されたゲームが物語のモチーフになっている。自分が所有する町に原発を誘致したり、「町友」となった相手に犬小屋をプレゼントしたりなど、何かの所有権を持ち、それらを自由に行使することで小さく満たされる支配欲や、それに反して現実の社会的ポジションに対するジレンマも感じさせる。

 演技エリアを客席が対面式にはさむ作りになっており、ただでさえ狭い劇場はいよいよ濃密になりそうなところであるが、いわゆる一杯道具のなかの密室劇であり、恋人、友人、もと恋人といったごく小さな交わりを扱った話でありながら、息苦しい印象がなかったのはなぜだろうか。彼ら、とくに『終わってないし』の日下部そうは登場人物のなかで部屋から一歩も出ず、お客様センターの仕事は無遅刻無欠勤とのことだが、自分以外のまじわりを感じさせず、一種の引きこもりの雰囲気を持つ。恋人はほかに相手を見つけて出ていき、いい感じでつきあいはじめた新しい彼女もほどなく友だちとつきあうという。彼は怒り狂い、友だちを殴ろうとするが逆に殴り倒され、クッションや本に八つ当たりして床に倒れ込む。そこへ元恋人がやってきて、もしかすると彼が外に出る(精神的な面も含めて)ことを予感させて物語は終わる。

 迷ったが、物販の上演台本を買わずに退出した。理由はもう少し舞台から生まれるものだけを考えていたかったからだ。それから一週間近くたって、ようようこの記事を書きながら、細かいところを自分でも愕然とするほど忘れていることに気づく。舞台をみている最中や直後は、何かもっと感じて考えていたはずなのに。やはり台本を読んだほうがよかったのだろうか。いや、しかし・・・と舞台と戯曲に翻弄されることをむしろ楽しみつつ、らまのだの3回目公演『にわか雨でなく(仮)』(12月1日~4日@下北沢の小劇場楽園)を楽しみにしている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

The Choice of しむじゃっくより 岸田國士 『村で一番の栗の木』

2016-07-03 | 舞台

しむじゃっくは、2008年、「観劇経験のない方でも楽しめる老若男女向けの娯楽作品を提供することを目的として杉山純じ作・演出作品を上演する演劇ユニットとして旗揚げ」した(公式サイトより)。今回のThe Choice of しむじゃっくは、「新進気鋭の若手団体をシャッフルし発展のきっかけを掴んでもらいます。親和性の高い団体を組み合わせお互いの良いところを吸収してもらい、お客様へは低価格チケットを用意し気軽に新たなお気に入りを見つけてもらいたいと思います」との目的で開催された。劇団肋骨蜜柑同好会の『街で一番の栗の木』と、KAMAYANの鎌田邦昭の作品を、しむじゃっくの杉山純じが演出する『間違ったチョイスの仕方』が十条の商店街にあるスタジオトルクで、7月3日まで12日間交互上演される。各1,900円、2演目セット券3,500円の良心的価格である。

 寡聞にてしむじゃっく、杉山純じ、スタジオトルクのいずれも今回はじめて知ることになった。昨年秋の出会いから一押しの劇団肋骨蜜柑同好会『村で一番の栗の木』(岸田國士作)を観劇した。出演予定だった杉浦雄介が体調不良で降板したため、演出のフジタタイセイ(1,2)が演出とともに出演も担うことになった。スタジオトルクは小さな空間だ。しかし演技エリアには中央に栗の木らしきオブジェ、周辺に多少の小道具、上手に長椅子があるくらい、客席に置かれた椅子も20脚置ほど。スペースからすれば、もっと詰め込むこともできそうに見えるが、後方には音響設備などが置かれていることもあり、ゆとりのある作りである。時間になると客席中央の通路からフジタタイセイ演じる亮太郎と、堀江麗奈演じる妻あや子が登場し、開演となる。

 東京で暮らす若夫婦が、夫の実家のある地方へ向かう場面にはじまる。実家の屋敷には大きな栗の木があるという。実家に逗留するうち、夫の両親や弟との軋轢が少しずつあらわになる。何が原因なのか、兄と弟にはどんな意見の食い違いがあるのか、詳しいことは描かれない。一箇所だけ弟が登場する場面があるが、兄役のフジタが兼ねるが、兄弟が諍いをする場面がないので、不自然な感じはしない。

 岸田國士による若夫婦の会話劇といってまっさきに思い浮かぶのは『紙風船』、つぎに『ぶらんこ』であろうか。日常のひとこまを淡々と描きながら、どこか幻想的で浮遊しているかのような雰囲気が漂う。今回の作品について言えば、フジタタイセイの演出は端正で、舞台には静かな時間が流れている。しかし夫婦の心は台詞として表出していない部分で千々に乱れていることが感じられる。それを想像すると恐ろしくもあり、見終わったあと、しみじみとした悲しい味わいが湧いてくるのであった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加