因幡屋ぶろぐ

劇評かわら版「因幡屋通信」主宰
宮本起代子による幸せの観劇記録。
舞台の印象をより的確により豊かに記せますよう・・・

楽園王創立25周年記念公演 『楽屋』

2016-06-10 | 舞台

*清水邦夫作 長堀博士演出 公式サイトはこちら サブテレニアン 12日で終了
 『楽屋』をはじめてみたのは、1992年夏、群馬県前橋市での「とろんぷるいゆ」旗揚げ公演であった。その後、1998年9月、ベニサン・ピットでのT.P.Tフューチャーズプログラムより鈴木裕美演出の舞台、もっとも近い観劇では、2009年6月上演の海千山千プロデュース、西沢栄治演出の『楽屋』がある。今年の5月には梅ヶ丘BOXにおいて、18の劇団が競演する「楽屋フェスティバル」が開催され、とろんぷるいゆが参戦している。これを見のがしたのは非常に残念であった。

 さて楽園王は、これまでさまざまな公演の折込のなかに何度もチラシを目にしてきたが、あとひと息観劇のアクションを起こせなかった。何らかの理由があって避けたり保留にしているわけではなく、おそらくべつの公演と期間が重なっていたりして、機会を逃していたのだろう。今年で創立25周年の今年は「祝祭」の意味と、次への「布石」として、合計8本の上演を予定しているという(サブテレニアンの10周年記念月間公演リーフレットより)から、これはすごい。

 舞台における音楽は非常に重要であり、ときに舞台そのものよりも強い印象を観客に与えることがある。たとえば新感線では開演直前に、あのビートの効いたおなじみの曲がおなかの底にずしんと響くような音量で流れる。これを聴くと、「いよいよはじまる」と観劇前の気分はますます高揚する。カーテンコールも非常に盛り上がり、何度もアンコールののち、「もうそろそろお開きかな?」と感じるあたりで、テンポの良いエンディングの曲で幕となる。選曲のセンス、タイミングなどの使い方、いずれも巧みである。
 サブテレニアンは床も壁も黒く、喧噪よりも沈黙が似合う空間である。今回客席は舞台に向かって2列のみ、いつにも増して鎮まりかえっている。テーブルに椅子、洋服掛け、鏡を思わせる白い枠がいくつか置かれただけの舞台には、「演じる」ことに憑りつかれた女優たちの登場を不気味なまでの静けさで待ち構えている。客席も息をひそめざるを得ない空気だ。

 と、そこにサイモン&ガーファンクルの「冬の散歩道」が流れ、劇場上手の壁には出演女優たちの顔が次々に映し出される。この「冬の散歩道」を聴くと、TBSドラマ『人間・失格』がすぐに思い浮かぶ。子どものいじめや自殺などがこれでもかというくらい陰惨に描かれたドラマにはなじめなかったが、激しく狂おしい感情のたぎりを懸命に歌っているこの曲には好ましい印象がある。それをまさか楽園王、『楽屋』で聴くとは。

 意外なオープニングであったが、これからはじまる舞台への期待が一気に高まり、1時間30分を集中して観劇するのに、非常に効果的であった。演出の長堀博士は「言葉の意味や内容より“音”に注目し、様式美にこだわった作品作りをする」とのこと(上記リーフレット)。さらに『楽屋』は、当初2011年春に上演を予定していたが、3月11日の東日本大震災で、「この時期は演劇の時期ではない」と判断して中止にしたいきさつがある。「中止を余儀なくされた」のではなく、増して、「こんなときだからこそ演劇ではないか」と多くの演劇人が奮い立ったあの時期に、「そうではない」と判断した長堀の良識と感覚を、もっと知りたいと思う。

 『楽屋』は、『かもめ』の楽屋が舞台である。四十を過ぎてニーナ役を演じる女優の楽屋に、その他大勢役しかできずに生涯を閉じたふたりの女優の幽霊が棲みついている。そこへ病気で降板した女優が「ニーナ役を返して」と枕を抱えて現れる。生きている女優、死にそうな女優、死んでしまった女優が三つ巴に繰り広げる「業」の物語である。華やかで自由と見える女優の世界の裏の裏、嫉妬や羨望、諦めなどが生々しく息づく本作は、時代は変わっても俳優という職業のある面の普遍性を描いており、なかなか「イタイ」物語だ。同業者はもちろんのこと、演劇に限らず仕事をする、生きていくうえで、志や希望がじゅうぶんにかなう人はごくわずかであるからである。

 「枕」の女優も病院で息を引き取ったらしく、霊魂として楽屋を再訪する。主役を演じられなかった女優たち3人が、『三人姉妹』の終幕の台詞を言う場面。台詞の「音」の面にこだわる長堀は、長女オリガの台詞を3女優の割り台詞に構成した。朗々と発せられる台詞ではなく、少しずつ重なったりずれたりしながら続く台詞は、目の前にいる3人だけでない、この台詞を言えなかった古今東西あまたの女優たちから発せられるようであった。

 暗転してカーテンコール。ここで再び「冬の散歩道」が流れる。何というか、「やられた」感覚である。この爽快な気分は何だろう?生きている女優は年齢に合わない若作りを嘲笑されようと、ニーナ役にしがみつくだろう。そして魂となった3人の女優たちは、生きている女優に小さないたずらをしかけつつ、死んでも生きつづけるであろう。みじめというより、むしろ天晴ではないか。清々しい心持ちの帰り道、楽園王デヴューが嬉しい一夜であった。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

green flowers vol.17『さい、なげられて』

2016-06-08 | 舞台

*イトキチ作 内藤裕子演出 公式サイトはこちら 中野/劇場HOPE 12日まで (1,2,3,4,5,6
 劇作家イトキチの冠婚葬祭三部作の最終作品は、一家のあるじの四十九日法要をめぐる1時間40分の物語だ。

 渡辺家は父親が亡くなって四十九日を迎えたが、母親は法要も納骨もしたくないと言っている。対策を講じるために、また肺がんの手術が終わって退院して間もない母親を案じて、子どもたちが集まってくる。長男(高井康行)一家は同居しているが、長男の妻が脳血栓(脳溢血だったか?)で入院しており、登場しない。孫の歩(伊東彩)はしっかり者、二―トだったその弟の望(坂本晃)はようよう仕事を決めて、もうじき家を出る予定だ。次男(吉舍聖史)は茅ケ崎に家を構えており、妻を説得して、ひとり身になった母親を引きとろうとしている。長女(茜部真弓)は病後の母に替わって台所はじめ家事を担う。末弟(諸岡貴人)は居酒屋を経営し、すでに身重の恋人(深見由真)ともうじき正式に結婚する予定だ。そこへ何の前触れもなく、奇妙な青年(鍋嶋大輔)がやってきて、渡辺家は大混乱に陥る。

 グリフラの舞台についてブログを書くとき、いつも悩ましいのは「どこまで書けばよいのか」ということである。どんな人物が登場し、どのような話が展開する のかをあまり詳しく書くと「ネタばれ」になり、といってある程度は書かなければわけのわからない文章になる。これから観劇を控えて楽しみにしておられる 方、今回は見られないけれども、もしかすると興味を持って次の公演に足を運ぶかもしれない方。どのどちらにも読んでいただけるもの、願わくば、おもしろく 読んでいただければなあと、身の程を知らぬ野望を抱いてしまうのだ。
 この青年が何者であるかをひと言書いてしまうと、あとはもう情報だだ漏れになりそうで、大変もどかしいが今夜はここまでとしておきます。

 当日リーフレットの挨拶文において、作者のイトキチは自分自身は心が小さく、「すぐいっぱいいっぱいになります」と記す。だからささいなことが大きな悦びにも、大きな傷にもなる。「なんてことないが、特別で、たいせつな、そういう話です」と。そして演出の内藤裕子は、盟友であるイトキチの作品を「戯曲を通してしか語ることの出来ない思いが詰まった作品です」と信頼を寄せる。

 葬儀や法要に、謎の人物が現れて一族が大騒ぎという話には、たしかに既視感がある。その人物の登場によって、それまであやういながらも保たれていた家族のバランスが崩れ、思いもよらない本音が飛び出したり、傷つけあったり、泣いたり笑ったりのあと、どうにか大団円というパターンは、映画やドラマにいかにもありそうな物語だ。けれども本作にあるのは「戯曲を通してしか語ることのできない思い」であり、それが「あの場面のあの台詞に、このように示されている」と具体的に提示できないけれども、自分も客席に身を置くものとして、確信できる。

 本筋ではなく、あまり差支えないと思われるところで少々。母親が家出をしたと見えて実は・・・というくだりは、「じゃあいったい今までどこで何をしていたのか」という説明的なやりとりになってしまった印象もあり、ここはツイッター通り、思い切って信州なう!としてもよかったのではないか?いや、そうするとラストシーンにお母さんがいないのはやっぱりさびしい。家族ぜんいんでお父さんの作ったすごろくをする場面の温かさは、何にも変えられないと思いなおす。だが、母親が俳句を嗜んでおり、ツイッターにも俳句の話題が多いというなら、ツイートのなかに一句や二句あってもよいし、自作を披露しない主義であるとしても、2000人もフォロワーがあれば、そのなかには相当な心得の俳人もいるはず。俳句を通した母の心象を描くというのも味わいが増すのではないか、と欲が出てきてしまう。いい初日だったと満足しながら、もっと、さらにと願えるのは、やはり幸せなことであろう。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

JACROW#21 『くろはえや』

2016-06-07 | 舞台

*吉水恭子作 中村暢明演出 公式サイトはこちら スペース雑遊 11日まで (1,2,3,4,5,6,7,8,9,10,11) 
  吉水恭子の作品の過去記事はこちら(1,2 1はJACROW過去記事11に同じ)

 本作は平成18年(2006年)7月、長野県で起きた豪雨災害がモチーフになっている。未明に降りはじめた雨が記録的な降水量に達する勢いのなか、町役場に設けられた特別対策室を舞台に、総務部と土木水道課の職員たちが喧々諤々の議論を交わす90分の物語である。
 本記事の台詞、物語の流れは記憶によるものです。またネタバレ内容も含んでおりますので、未見の方はご注意くださいますよう。

 ずっと地元で職員をしている守屋敬一郎(谷仲恵輔)や守屋明美明美(蒻崎今日子)、東京からUターンした守屋徹(小平伸一郎 これら3人は守屋家の親戚)、経緯は不明だが(台詞にあったかもしれないが聞き逃した)、東京から来た御子柴沙也加(森口美樹)たちという図式があり、さらに親戚どうしだったり、現在は認知症を患っている父親がかつては土木科の職員で、その部下だった五味信一(菅野貴夫)もいる。彼は今夜のような大雨の日に野外で作業をしていて怪我を負った。

 いま、まさに起こっている暴風雨、次々に報告される土砂崩れや県から入る避難勧告の通知など、即座に対応しなければならない大問題へ忙しく対応しながら、数年前のダムの建設をめぐる確執がいまだに尾を引いて、何かというと議論が中断したり、職責のちがいによる対立に、地縁血縁の濃いまじわりが絡み、小さな会議室は一筋縄ではいかない様相を呈している。そのうち、認知症の父親が行方不明になったと徹の妹・敏子(鍋島久美子)が会議室に駆けこむ。土木課の花岡(澤井裕太)は若くて可愛い御子柴さんが、敬一郎にばかり親切にするのが気になるらしく、土木課の課長武居(根津茂尚)は、これまで二枚め役が多かった根津が地元なまりまるだしのおじさんぶりを発揮している。

 雨が収まった翌日、 会議室の片付けをしながら「町議に出る」と宣言した明美は、「そうか、大変だぞ」と応じる敬一郎を、「しらばっくれて」と見据える。彼は何も答えないが、おそらく対立陣営から出馬するのであろう。親戚であり、同じ部署で助け合って働く仲間でありながら、これを機につぶしてしまおうという意図があるとも考えられる。自治体と血縁が混然一体となったこの町は、いったいどうなるのかと、不安とともに物語として新たな期待を持たせて場は暗転する。
 とそのあとに、暴風雨のなかヘルメットと合羽すがたの敏子と敬一郎(だと思うが、徹かもしれない)が父親を探して大声を上げている場面で幕となる。この流れについては、観客によって受けとめ方が分かれるであろう。

 嵐の夜のことであるから、時制から言えば逆行する。敢えてそうしたことに、どのような意図があるのか、図りかねるのである。会議のさなか、何度も話題に登場した守屋家の父親は、この町の行政に土木科の職員として長くかかわり、おそらく心血を注いで仕事にあたってきたことと思われる。町を大切に思い、将来を案ずる気持ちも並々ならぬものがあることだろう。しかし最後まで登場しない。認知症を患い、嵐のなかを車を走らせた老父が、もしかすると本作を深いところから支える存在であり、そこへ踏み込むことによって、劇世界を展開させる可能性があったのではないだろうか。

 時制に沿って父親探索の場面を入れる場合、背景には会議室のデスクやボードなどが見えてしまうことへの懸念はたしかにあるだろう。だが、暗闇のなかで父親を読んでいるふたりをみれば、「うしろにデスクがあるのが不自然だ」とは思わないのではないか。むしろ、要領よく片付けられないで見えるままにあるほうが、緊張感が高まり、演劇ならではの効果が出るとも考えられる。
 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くちびるの会第4弾 『ケムリ少年、挿し絵の怪人』

2016-06-04 | 舞台

*山本タカ作・演出 公式サイトはこちら 吉祥寺シアター 7日まで 
 大学時代に旗揚げした「声を出すと気持ちいいの会」(1,2,3,4,5,6,7,8,9)を経て、新ユニット・くちびるの会公演(1,2,3)第4弾にして、吉祥寺シアターに進出したことをまずは喜びたい。 
 本作は江戸川乱歩の「少年探偵シリーズ」がベースになっており、公演チラシのデザインからもノスタルジックななかに、禍々しく危うい空気が伝わってくる。

 「はっぴーろーど泥沼」という名の町を舞台に、少年コバヤシ(小林少年、ではないのだ。しかもカタカナ)、親友のしんぺい君をはじめ、町の子どもたち、小林を慕う文房具屋の娘チヨコ。チヨコの両親や豆腐屋のあるじ、警官や明智小五郎、怪人二十面相など、コバヤシとしんぺい君以外の俳優は、大人と子どもを二役で演じ継ぐ。世の中の動きから取り残されたようにさびれた町で、大人たちの様子はどこか生々しく、唐十郎の作品世界を思わせる。吉祥寺シアターのステージを高さ、横幅、奥行きも大胆に思い切り使って、のびのびと作られた舞台である。

 今回とくに目を引いたのは、コバヤシ役のコロと、ケムリ役の傳川光留である。コロが男性の役を演じるのは以前にも見たことがあるが、 傳川のケムリの演技については、このように動きを見た記憶があるかと必死で過去を振り返ってしまうくらいみごとであった。羽のように軽やかに飛び、床を滑る。かなり細かに作りこんである舞台美術だが、まったく意に介さない。障害物をよけるのではなく、劇作家に言わせると、舞台美術や装置と「仲良くなれる」という俳優とのこと。もともとの適性に加え、想像できないほどのトレーニングを積み、からだを鍛えているのだろう。彼の動きをみるだけでも、本作一見の価値ありである。

 物語の筋や起承転結、人物の相関関係は正直なところきちんと理解できず、まさにケムリにまかれたような110分であった。吉祥寺シアターに進出することを知ったとき、「ずいぶん大きな劇場でやるのだな」と思ったが、まったくの杞憂であった。今回の作品であれば、劇場の広さを選ばず、たとえば野外ステージやテントでも上演は可能では?

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

文学座公演 『何かいけないことをしましたでしょうか?と、いう私たちのハナシ。』

2016-06-03 | 舞台

*中島淳彦作 鵜山仁演出 公式サイトはこちら 紀伊國屋サザンシアター 12日まで 6月22日、23日は尼崎市のピッコロシアターでも上演
 本作には、30年以上前の「イエスの方舟事件」(Wikipedia)に着想を得て、中島淳彦が書き下ろし、2004年に初演された『プカプカ漂流記』という先行作がある(筆者未見)。今回は、東京オリンピックを間近に控え、高度成長期のただなかにありながら、世間の喧騒から切り離されたかのような小さな漁村が舞台である。「イエスの方舟」とは時代の設定が大きく異なり、登場する女性たちも戦災孤児であったり、戦争中は厳しい軍国夫人であった母親が、戦後はまったく「同じ顔をして」平和を訴えていることに耐えられなかったり、小学校教師の仕事に挫折したりなど、戦争体験をリアルに背負っている。

 家族やそれまでの生活を捨てて「おっちゃん先生」のもとに走り、集団生活を送る彼女たちへの世間の目は好奇に満ち、マスコミは「ハーレム教団」と糾弾し、家族たちは警察に訴えて娘を取り戻そうと躍起になっている。彼女たちは病気で入院したおっちゃん先生を東京に残し、つてを頼ってこの港町にやってきた。おっちゃん先生の妻・春子(塩田朋子)をリーダーに7人の信者たち、かつてともに聖書を読み、いまはこの町の保育園の園長をしている島崎(名越志保)が世話役をし、手伝いにと見込まれた地元の漁師の女房・小玉(目黒未奈)など合計9人が登場する。おっちゃん先生は入院中で登場しない。

 適材適所の好配役で、若手がのびのびと動く舞台を中堅が導き、ベテランが安定感で支えている。劇中いくつも歌を歌う場面があるが、ユニゾンでもコーラスでも自然な歌いぶりは好ましい。そうとうに練習したのでは?

 タイトルの「何かいけないことをしましたでしょうか?」というのは、家族の混乱やマスコミのバッシングに対しての彼女たちの率直な疑問である。たしかにいささか怪しげな集団ではあるが、オウムのように猛毒サリンを製造するわけでもなく、教祖が選挙に出たり、取り戻そうとした家族が拉致されたりなどしていない。そしてこの文言は、戦争でおびただしい人々を死に追いやり、家庭の温かさを知らず、豹変する大人に翻弄される子どもたちを生んだことに対して何の謝罪も、言及すらしないまま、けろりとして「何かいけないことをしましたでしょうか?」と言わんばかりに東京オリンピック開催に浮かれている世間の声でもある。

 本作のキーワードは「東京オリンピック」である。1964年の世相を言いあらわすものでもあり、2度めの東京オリンピックを数年後に控えている日本の現状を否応なく観客に想起させる。東日本大震災から5年後、いまだ仮設住宅で暮らす方々がおり、原発事故は解決の糸口が見えないままである。東京都知事は多額の政治資金を私的に流用した疑いで、政治生命は風前の灯。なのに東京オリンピック?
 かといって舞台の時代と似たような空気がいままさに日本に漂っていると危機感を喚起したり、今日性をあぶりだしたりするほどの強い主張は持たない。このあたりは「なぜ舞台の設定が東京オリンピック開催前なのか」、「なぜイエスの方舟事件なのか」という視点で考えた場合、ものたりない印象になる可能性はある。

 物語の圧巻は、女性たちが派手なドレスに着替え、島の民謡をゴスペルのように力強く自由に歌い、踊る場面である。なぜそのような場面になるかは、ネタばれになるのでご容赦を。劇中まったく気の緩むことなくほどよい緊張感をもって舞台に見入りながら、「しかしいったいこのハナシをどう終わるのか」が心配であったが、なるほどこう閉じるのだな。 

 あくまで想像だが、舞台稽古やゲネプロなど、客席が無人、つまり無反応状態で演じる場合、俳優さんは非常に演じにくく、本番を迎えるまで「果してちゃんと客席に伝わるだろうか」と不安なのではないかと思う。初日の今夜は客席の反応もよく、それを受けて舞台の女性たちも生き生きと演じていた。カーテンコールもダブルで盛り上がり、よい初日だったのではないか。しかし当然のことながら、客席の空気は毎回異なる。ゆうべ受けたところが無反応だったり、予想外のところで部分的な笑いが起こったり、リズムやテンポに破調をきたすこともあるだろう。

 だが負けるな、箱舟の女たち。千秋楽まで泳ぎ切れ!と爽快な気分で帰路に着いた。しかし平成の女性たち、つまり自分は、いささかやぶれかぶれでも、このように力いっぱい歌えるのかと寒々とした心持に。リラックスして楽しめるけれども、なかなかに深く恐ろしいものを秘めた、複雑なハナシなのである。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加