日本ラエリアンムーブメント 北海道方面 公式ブログ 

北の大地で活動している私達。よろしくお願いします!!

★4月2日 (日)札幌トランスミッション☆UFO科学展★ 

2017年03月16日 | イベント
★4月2日 (日)札幌トランスミッション☆UFO科学展★ 

地球人は科学的に創造された! すべての謎が今、明かされる!! 
パネル展示内容:  UFO・古代遺跡・ピラミッド・地上絵・ミステリーサークル etc 

メッセージ 『地球人は科学的に創造された』をお読みになり、 「地球上の生命、そして人間はエロヒムが科学的に創造された」と 理解された方には、とりわけ大切な行いとなります。
創造者エロヒムのコンピューターに貴方の細胞の設計図(個々人のDNA配列)を 伝送するイベントです。 

※トランスミッションについての説明はこちらをご覧ください。 
http://ja.rael.org/e107_plugins/faq/faq.php?cat.3.16= 

トランスミッションは午後3時に開催されます。 

上記、「地球上の生命、そして人間はエロヒムが科学的に創造された」 ことを理解された15歳以上の方は どなたでも無料で受けることができます。


[会場]かでる2・7  1階  展示ホールB  12:00-17:00 
     
[入場] ◎無料◎ 皆さま、自由にご観覧ならびにご参加いただけます。 

[主催] 日本ラエリアンムーブメント TEL0479-75-8030  

北海道支部 Email: rael.koichi@gmail.com 

皆様のお越しを心よりお待ちしております。 (*^ ^*) 
-------------------------------------------------------------------------

場 所 : 札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル かでる2・7 1階  展示ホールB  
交通情報: JR札幌駅南口:徒歩13分 
                 地下鉄           : さっぽろ駅(10番出口) : 徒歩9分、大通駅(2番出口):徒歩11分
                                         西11丁目駅(4番出口) : 徒歩11分 
       JRバス北1条西7丁目(停留所) : 徒歩4分、 中央バス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分 
     公共地下歩道(地下歩行空間から北1条地下駐車場連絡口をお通りください) 1番出口: 徒歩4分

地図:http://homepage.kaderu27.or.jp/intoro/access/


主催者: 日本ラエリアンムーブメント TEL0479-75-8030 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

終わりのない幸せ

2016年12月24日 | ラエルアカデミー (...
Be Happy to be happy, to be happy
(70-06-19)

”終わりのない幸せ”とは? 永遠に続いていく幸せの方法。。
https://www.youtube.com/watch?v=ZoIM1Y0knmI


字幕を見る方法は、画面右下の設定をクリック→字幕から 日本語を選択でご覧になれます。)

----------------------------------------------------------------
2016/07/13 に公開
Fresh from the last Asian Happiness Academy, Maitreya Rael gave us a surprised speech on this Sunday in Okinawa. He goes on to teach us that to be Happy you only need to be happy. Even you act happy it can bring you happiness. Giving the example that depressed people get more depressed by being depressed, you can also be happy by "acting" more happy than you really are!
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■若返りの泉?科学者達は、老化の原因となる細胞の損傷を除去する技術を開発

2016年12月24日 | ラエルサイエンス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラエリアン・ムーブメント
未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■若返りの泉?科学者達は、老化の原因となる細胞の損傷を除去する技術を開発
(Fountain of Youth? Scientists develop way to remove cellular damage that causes aging:11月24日 英語版配信分)

 ▼以下より英語版に関連する記事をご覧ください

 『CaltechとUCLA、細胞のDNA損傷を除去する技術を開発 - 老化防止に期待』
  http://news.mynavi.jp/news/2016/11/24/149/
  [マイナビニュース]

  [英語版 元記事]
  https://www.rt.com/news/367875-cellular-damage-aging-study/#.WDXoup-AhtM.facebook


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩・ラエルからの注意:
知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selected by RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味するものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行っていることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出した際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚かなラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。ですから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、あるいは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たちの読者の間でとてもうまく働いているものですが、それを使えば理解するには十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきりとさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、というのも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまります。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるいは一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているのではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知っておく事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を心に秘めながらです。『私はあなたの言うことには同意しませんが、あなたがそれを言う権利は、死ぬまで守るつもりです』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込もうとする最後のあがきにすぎません。
私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。
その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を解放するのです。
弥勒菩薩ラエル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
--
ラエルサイエンスに興味があるあなたの友人・知人に、このメーリングニュースへの加入をお勧めください。加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」とし、nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)
また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。
『Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』
http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja

日本語版ラエルサイエンスに関するご意見、ご感想は
nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までお寄せ下さい。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■幻覚を起こさせるドリンクはアルツハイマー病とダウン症候群と戦う。壮大な科学的画期的進歩

2016年12月24日 | ラエルサイエンス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラエリアン・ムーブメント
未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■幻覚を起こさせるドリンクはアルツハイマー病とダウン症候群と戦う。壮大な科学的画期的進歩
(Hallucinogenic drink fights Alzheimer’s and Down syndrome in spectacular scientific breakthrough:12月10日 英語版配信分)


 最新の研究によると、幻覚剤ドリンク、アヤワスカ(1)は脳を刺激し、アルツハイマー病およびダウン症候群と戦うのを助けるそうです。

アヤワスカは以前にうつ病と戦う能力について研究されてきましたが、PeerJに掲載された最新の研究では、アヤワスカに含まれる主な物質の1つであるハルミンがヒトの神経細胞にさらされました。

「抗精神病薬の作用は神経発生を誘導することによって作用することがげっ歯類で示されているので、向精神性の植物の煎じ薬アヤワスカの中で最も高濃度のアルカロイド(2)であるハルミンがヒトの神経細胞における神経発生を引き起こすかどうかを試験することにしました」 、Vanja DakicはScience Dailyに語りました。

結果は、アルツハイマー病およびダウン症候群に罹患した患者において過剰活性化されたタンパク質コード遺伝子DYRK1Aが、この物質にさらされたときに機能しないことを発見しました。

研究にも関与しているStevens Rehen氏は、その結果が、ダウン症候群および神経変性疾患で認められる認知障害に対する潜在的な治療上の役割について、将来の研究についての可能性を開いたと述べました。

ハルミンはまた、抗うつ薬と同じ効果をもたらしましたが、副作用はありませんでしたとRehen氏は述べています。

アヤワスカは、精神に接触し、友人や敵に良いことや悪い希望を広めるために、アマゾンの原住民によって何世紀にもわたり使用されてきました。 ブラジルの一部地域では、薬用目的でも使用されています。幻覚剤のジメチルトリプタミンと、ブドウのバニステロプシス・カピ(Banisteriopsis caapi)とを組み合わせたサイコトリア・ビリディスの葉から作られた飲み物は、6時間まで持続するサイケデリック(4)な経験を引き出すことができます。


(1)アヤワスカ(ケチュア語: Ayahuasca、Ayawaska)は、南アメリカのアマゾン川流域に自生するキントラノオ科のつる植物バニステリオプシス・カーピ(Banisteriopsis caapi、以下カーピ)のこと。または、カーピに、ジメチルトリプタミン (DMT) を含む植物(プシコトリア・ウィリディス Psychotria viridis(チャクルーナ)やディプロプテリス・カブレラナ Diplopterys cabrerana(Chaliponga))を加え、煮出して作られた向精神性の飲料。服飲すると、嘔吐を伴う強力な幻覚作用をもたらす。主にアマゾン西部の先住民族がシャーマニズムの儀式や民間療法、宗教儀式などに用いる。
wikipediaより引用

(2)アルカロイドは、微生物、真菌、植物、両生類などの動物を含む非常に様々な生物によって生産され、天然物(二次代謝産物とも呼ばれる)の中の一群を成している。多くのアルカロイドは酸塩基抽出(英語版)によって粗抽出物から精製できる。多くのアルカロイドは他の生物に対して有毒である。しばしば薬理作用を示し、医薬や娯楽のための麻薬としてや、幻覚儀式において使用される。
wikipediaより引用

(3)キントラノオ科のつる性の植物

(4)サイケデリック(形容詞 psychedelic)、サイケデリア(名詞 psychedelia)は、LSDなどの幻覚剤によってもたらされる心理的感覚や様々な幻覚、極彩色のぐるぐる渦巻くイメージ(またはペイズリー模様)によって特徴づけられる視覚・聴覚の感覚の形容表現である。しばしばサイケと略される。
wikipediaより引用

  [英語版 元記事]
  https://www.rt.com/news/369716-ayahuasca-alzheimer...


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩・ラエルからの注意:
知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selected by RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味するものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行っていることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出した際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚かなラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。ですから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、あるいは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たちの読者の間でとてもうまく働いているものですが、それを使えば理解するには十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきりとさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、というのも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまります。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるいは一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているのではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知っておく事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を心に秘めながらです。『私はあなたの言うことには同意しませんが、あなたがそれを言う権利は、死ぬまで守るつもりです』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込もうとする最後のあがきにすぎません。
私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。
その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を解放するのです。
弥勒菩薩ラエル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
--
ラエルサイエンスに興味があるあなたの友人・知人に、このメーリングニュースへの加入をお勧めください。加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」とし、nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)
また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。
『Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』
http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja

日本語版ラエルサイエンスに関するご意見、ご感想は
nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までお寄せ下さい。
  


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■現代の錬金術:ロシアの科学者が石炭から金を抽出する方法を発見

2016年12月23日 | ラエルサイエンス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラエリアン・ムーブメント
未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■現代の錬金術:ロシアの科学者が石炭から金を抽出する方法を発見
(Modern alchemy: Russian scientists discover how to extract gold from coal:11月24日 英語版配信分)
 
▼以下より英語版に関連する記事をご覧ください
 『ロシア科学アカデミー極東支部アムール学術センターの学者たちは、ボイラで燃焼させた石炭1トンから最大1グラムの金をとり出すことを習得した。』
  https://jp.sputniknews.com/science/201611213034779/
  [Sputnik]

  [英語版 元記事]
  https://www.rt.com/news/367821-coal-gold-technology-russia/


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩・ラエルからの注意:
知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selected by RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味するものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行っていることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出した際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚かなラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。ですから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、あるいは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たちの読者の間でとてもうまく働いているものですが、それを使えば理解するには十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきりとさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、というのも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまります。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるいは一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているのではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知っておく事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を心に秘めながらです。『私はあなたの言うことには同意しませんが、あなたがそれを言う権利は、死ぬまで守るつもりです』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込もうとする最後のあがきにすぎません。
私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。
その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を解放するのです。
弥勒菩薩ラエル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
--
ラエルサイエンスに興味があるあなたの友人・知人に、このメーリングニュースへの加入をお勧めください。加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」とし、nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)
また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。
『Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』
http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja

日本語版ラエルサイエンスに関するご意見、ご感想は
nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までお寄せ下さい。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■セックスの終わり

2016年12月23日 | ラエルサイエンス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラエリアン・ムーブメント
未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

弥勒菩薩ラエルのコメント : とってもバカなタイトル!有性生殖の終わりということはセックスの終わりということでは全くありません!その逆です:セックスの始まりです。快楽のためのみのセックスをもっとして生殖からは切り離されたものです!この題名からはこの著作者がとっても性的な罪を感じる教育、たぶん”セックスは生殖のみのために行うべし”のユダヤ・キリスト教的な教育を受けたことが分かります。

RAEL'S COMMENT: This is a very stupid title! The end of sexual reproduction doesn't mean the end of sex at all! On the contrary, it’s the beginning of sex, with more sex for pleasure only and disconnected from reproduction! This title shows that the author had a very sex-guilty education, probably Judeo/Christian, which says, “Thou should have sex only for reproduction."

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■セックスの終わり
(The End of Sex:11月28日 英語版配信分)

日本語訳

法律家のHenry Greely氏は、バイオテクノロジーの進歩が私たちが知っているような性的再生の必要性を取り除く世界を構想しています。

「素晴らしい新世界」(1)、「ガタカ」(2)と作家や映画制作者は、生殖技術がどのように人間性を改革するかを想像してきました。 現実世界では、ゲノミクス、幹細胞、着床前遺伝子診断(PGD)の進歩により、これから数十年の間に性的繁殖の遺伝的なあいまい性が解消され、致死的疾患から解放されるだけではなく、 慎重に選択された身体的および精神的特性も有する子供を授かることが出来るようになります。 セックスの終わりと人の生殖の将来において、スタンフォード大学の法学部のHenry Greely教授は、この不可避的な未来の科学的、法的、倫理的な影響を探究しています。

この本は、「来るべきセックスの萎縮」について紹介しています。 「 人々は休養としての性交を継続していますが、より良い健康の範囲、セックス、ある意味での人間の間では、今後20〜40年の間に、大部分が消えるか、少なくとも著しく減少すると期待しています。」 彼は続けます、 「ベッドの中、車の後部座席の中、または「草原の看板」の下で宿す代わりに、子供たちを診療所で妊娠するようになるでしょう」

Greely氏は、不妊治療の専門家が体外受精(IVF)のための卵を収穫する高価で面倒なプロセスとは対照的に、簡単な皮膚生検から派生された誘導性多能性幹細胞(iPS細胞)を用いてin vitro(3)下で雌雄配偶子(卵子と精子)を作り出す時期を想定しています。 結果として生じる胚は、現在よりもずっと安価で有益なゲノムサービスを用いてふるい分けられ、親は病気のリスク、性別、髪の色、運動能力、精神的能力などの形質に基づいて将来の子孫を選択する機会を得ます 。 Greely氏はこの戦略を「イージーPGD」と呼びます。

著者は、生殖、遺伝学、および幹細胞の背後にある科学を説明するために明快な散文を使用し、イージーPGDへの科学的、法的および政治的道筋を探究します。 彼は、この技術によって、裕福な国の大部分の人々が、クロスセックスの配偶子(男性から作られた卵子と女性から作られた精子)を介してゲイとレズビアンのカップルを含む遺伝的に自分たちの子供を育てることが可能になることを示唆しています。 しかし、彼はまた、子孫のためにすべての遺伝物質を供給することができる個人である「単子孫」のようなさらに予期しない可能性を想定しています。

Greely氏は安全性、倫理的配慮、アクセスの公平性、威圧(優生学の歴史に関連する)など、この再生可能な将来の道にある障壁についても探求しています。 彼は、宗教的または道徳的な異議が全面的禁止を正当化するために使用されるべきではないと主張し、この技術に対する社会的抵抗を予期しています。 最後に、彼は、このプロセスに必要な複雑な決定を行うために両親に十分な情報が提供されるかどうかについての懸念を提起しています。

Greely氏は、この勇敢な新しい未来がどのように展開されるのかを読者が決定するよう、行動を促す言葉で本を締めくくります。 「これらの問題に注意を払い、考えてみて、他の人と話をしましょう」と彼は書いています。 「これらの新技術が、人間に可能な限り、害を最小限に抑えながら多くの利益をもたらしてくれる世界を形作るために私たち全員をお手伝いします。

(1)オルダス・ハクスリーが1932年に発表したディストピア小説であり、ジョージ・オーウェルの『1984年』とともにアンチ・ユートピア小説の傑作として挙げられることが多い。

(2)1997年のアメリカのSF映画。2011年NASAにより現実的なSF映画1位に選ばれた。

(3)生物学の実験などにおいて、試験管内などの人工的に構成された条件下、すなわち、各種の実験条件が人為的にコントロールされた環境であることを意味する。語源はラテン語の「ガラスの中で(試験管内で)」。ちなみに体外受精を意味するIVFは In Vitro Fertilization(受精)の頭文字をとったもの。

  [英語版 元記事]
  http://www.the-scientist.com/?articles.view/articleNo/46086/title/Review--The-End-of-Sex/


弥勒菩薩・ラエルからの注意:
知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selected by RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味するものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行っていることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出した際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚かなラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。ですから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、あるいは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たちの読者の間でとてもうまく働いているものですが、それを使えば理解するには十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきりとさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、というのも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまります。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるいは一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているのではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知っておく事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を心に秘めながらです。『私はあなたの言うことには同意しませんが、あなたがそれを言う権利は、死ぬまで守るつもりです』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込もうとする最後のあがきにすぎません。
私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。
その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を解放するのです。
弥勒菩薩ラエル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
--
ラエルサイエンスに興味があるあなたの友人・知人に、このメーリングニュースへの加入をお勧めください。加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」とし、nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)
また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。
『Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』
http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja

日本語版ラエルサイエンスに関するご意見、ご感想は
nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までお寄せ下さい。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

■捕食性細菌は耐性菌スーパーバグをやっつけてくれるという研究結果が

2016年12月23日 | ラエルサイエンス
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
ラエリアン・ムーブメント
未来を恐れない人々へ : http://www.rael.org

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

■捕食性細菌は耐性菌スーパーバグをやっつけてくれるという研究結果が
(Predatory bacteria can wipe out superbugs, says study:11月26日 英語版配信分)

▼以下より英語版に関連する記事をご覧ください
『耐性菌スーパーバグなんて怖くない:それを食ってしまえ! 』
  http://hiroshinews.hatenablog.com/entry/2016/11/28/053645
  [Hatena Blog]
  [英語版 元記事]
  http://www.bbc.com/news/health-38077263


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
弥勒菩薩・ラエルからの注意:
知性を最大限に活用しない人々に告げますが、一部の記事にある『selected by RAEL』という標題は、その内容に同意したり支持していることを意味するものではありません。『selected by RAEL』は、人々が考えたり行っていることについて、この惑星の人々が知るべき重要なものであると思うもの、ということであり、たとえ彼らが考えたり行動していることが、まったく愚かで私たちの哲学に反する場合であっても、ということです。アメリカでの雨乞いという愚かなキリスト教原理主義についての記事を私が過去に選出した際、天気を変えるために祈ることを私が支持している、と考えるほど愚かなラエルサイエンスの読者が一人もいないことは、私も承知しています。ですから、薬物や反セム主義、反ユダヤ主義、人種差別主義、修正主義、あるいは宗教団体に対する憎悪感の扇動、などを支持する記事や、その他一切の愚かな記事を私が選出する際は、私がそれらを支持しているということを意味するものではありません。それは単に、すべての人間が知っておくべき重要なもの、ということを意味しているだけです。常識、これは通常は私たちの読者の間でとてもうまく働いているものですが、それを使えば理解するには十分です。薬物の非犯罪化に関する最近の記事のように、さらにはっきりとさせる必要がある際にはコメントを加えますが、今回の場合はとても明確なものでした。つまり、私はすべての薬物の非犯罪化を支持します、というのも、意気消沈して悲しみに暮れる人々(意気消沈して悲しみに暮れる人々だけが薬物を使用するのですから)を刑務所に送り込み、犯罪歴を残して彼らの人生を破滅させるのは愚かな事だから、ということです。それは、医療目的を除いていかなる薬物も使用してはならない、とはっきり述べている“メッセージ”に修正を加えることを意味するものではありません。同様の事は、絶対的なものでなければならない表現の自由についてもあてはまります。改めて言いますが、反ユダヤ主義、反セム主義、人種差別主義、あるいは一切の反ラエリアン主義に私が同意する、ということを意味しているのではもちろんありません。しかし、価値観に異を唱える人々や敵を知っておく事で、彼らと闘うためのより良い準備を整えておく事ができます。もちろん、愛と尊重、そしてフランスの哲学者であるボルテールの素晴らしい文を心に秘めながらです。『私はあなたの言うことには同意しませんが、あなたがそれを言う権利は、死ぬまで守るつもりです』

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
『倫理』とは、神を信じる保守主義者や伝統的宗教が、科学と新しい技術に対する大衆の恐れを上手く煽ることによって、人類を無知と蒙昧の中に囲い込もうとする最後のあがきにすぎません。
私たちの祖先が歴史と呼ぶものには輝かしいところは何もなく、それは過ちと非寛容と暴力の寄せ集めでしかありません。
その反対に、拘束に囚われない新しい技術と科学を信奉しましょう。それらは、架空に過ぎない神話・昔からある恐れ・病気・死・そして労働の汗から人類を解放するのです。
弥勒菩薩ラエル
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
--
ラエルサイエンスに興味があるあなたの友人・知人に、このメーリングニュースへの加入をお勧めください。加入にあたりましては、件名を「ラエルサイエンス配信希望」とし、nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までメール頂ければ結構です。(無料)
また、メーリングを介さず以下のウェブサイト上でも同様の情報を閲覧いただけます。
『Googleグループ  日本語版ラエルサイエンス』
http://groups.google.co.jp/group/rael-science-japan?hl=ja

日本語版ラエルサイエンスに関するご意見、ご感想は
nobby_k@jd6.so-net.ne.jp までお寄せ下さい。
  
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Kindness 優しさ

2016年12月19日 | ラエルアカデミー (...
”優しさ”とは・・・?

(69-08-17)
https://www.youtube.com/watch?v=iuXm-g08chs
(字幕を見る方法は、画面右下の設定をクリック→字幕から 日本語を選択でご覧になれます。)

私たちの住む環境によって、”優しさ”の定義のようなものは、様々かと思います。。

弥勒菩薩ラエルが説く、”優しさ”(Kindness)について どうぞご覧いただけましたら嬉しいです。。


”・・・私は弱すぎるから” と言われる方も、
”社会人なんだから、こうであるべきです・・・” と思われる方も、
”一体、優しいってどういうことなんだろう?” と立ち止まって考えている方も・・・

ホッと 温まる言葉たちをどうぞ。。

何かを感じることもあるかもしれません・・ね。 

今日も愛あふれる一日を・・
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

12月13日(火)UFOパネル展&TM

2016年12月19日 | イベント
いつも ラエリアン ムーブメント
ご賛同いただいております皆さま
そして初めて、またはリピーターの皆さま


12月13日(火)”UFOパネル展&TM”へ
平日にも関わらず、
ご来場いただき
誠にありがとうございました。

午前11時~午後5時 開催中、
たくさんの方々にご観覧いただきました。

これからも、オープンスペース、
自由な雰囲気作りを心がけ

UFO、ミステリーサークル、
”なぜUFOは現れるのか?”、
進化論は本当か?、
最新の科学ニュース等のご紹介、

ご好評いただいております 
”創造者達からのメッセージ”ビデオも
常時上映してまいります。

次回は、2017年4月1日(日)
開催いたしますが、
会場が決まり次第 
お知らせをいたします。

皆さまのまたのお越しを
心よりお待ち申し上げております。

 北海道ラエリアン ムーブメント
  スタッフ一同
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

トランスミッション札幌 UFO展&メッセージ上映

2016年10月24日 | イベント




月 日 2016-12-13
曜 日 火
時 間 12:00-17:00
イベント名 トランスミッション札幌 UFO展&メッセージ上映
イベント内容
1・UFO展&メッセージ上映 12:00~17:00(上映のみ 16:00)
2・トランスミッション   14:00~16:00

1・UFOはなぜ あらわれるのか!?
1973年12月13日、ラエルは宇宙人エロヒムより地球人類の過去と
未来に関する重要なメッセージを受け取りました。
そのメッセージには、私達人間を含む地球上の全ての生命は、
彼ら 宇宙人エロヒムによって創造されたと明かされています。

当日はUFOなどについての様々なパネルの展示およびビデオ上映を行います。

展示内容
UFO・古代遺跡・ピラミッド・地上絵・ミステリーサークルetc

2・トランスミッションとは、
創造者エロヒムのコンピュータに、自身の細胞の設計図(個々人のDNA情報)
を伝送するイベントです。
エロヒムはメッセージを理解した人達に、“彼らは私たちの創造者である”
という事を、生と死を通じて承認することを求めています。
このうち生を通じた承認がトランスミッションです
「少なくとも一生に一度は、ガイドの中のガイド、あるいは彼によって資格を
与えられたガイドに会って、エロヒムがあなたの精神を目覚めさせてくれ、
あなたが目覚めたままでいられるように手助けしてもらうため、
エロヒムに細胞の設計図を送ってもらうよう心がけて下さい。」
(「地球人は科学的に創造された」縦書版P142、横書版P183より引用)

「地球人は科学的に創造された」または「宇宙人からのメッセージ」
または「真実を告げる書」をお読みになられ、「エロヒムを創造者と認め、
神も霊魂も存在しない」と理解された15歳以上の方は、
是非トランスミッションを受けられますことをおすすめいたします。
(ラエリアン・ムーブメントに属していなくても受ける事が出来ます)
すべて無料でご参加頂けます。

どなたもお気軽にご入場いただけます♪
皆さまのご来場を心よりお待ちしています(*^ ^*)

◎無料◎ どなた様も自由にご覧いただけます。

場 所 札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル かでる2・7 展示ホールB

交通情報
JR札幌駅南口:徒歩13分 地下鉄   さっぽろ駅(10番出口):徒歩9分   大通駅(2番出口):徒歩11分   西11丁目駅(4番出口) :徒歩11分 JRバス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分 中央バス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分 公共地下歩道(地下歩行空間から北1条地下駐車場連絡口をお通りください)1番出口:徒歩4分

皆様のお越しを心よりお待ちしています(^^)

場 所 札幌市中央区北2条西7丁目 道民活動センタービル かでる2・7 展示ホールB

交通情報 JR札幌駅南口:徒歩13分 地下鉄   さっぽろ駅(10番出口):徒歩9分   大通駅(2番出口):徒歩11分   西11丁目駅(4番出口) :徒歩11分 JRバス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分 中央バス北1条西7丁目(停留所):徒歩4分 公共地下歩道(地下歩行空間から北1条地下駐車場連絡口をお通りください)1番出口:徒歩4分

Map  http://homepage.kaderu27.or.jp/intoro/access/

主催者 日本ラエリアン・ムーブメント(非営利ボランティア団体) TEL :0479-75-8030 FAX :0479-74-8007

問合せ 長谷山光一 rael.koichi@gmail.com
コメント
この記事をはてなブックマークに追加