Movies!!

映画感想ブログです。3周年を迎えました♪
相変わらず、日本映画と香港映画が好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ワイルド・ブリット

2005-05-24 10:22:57 | 映画(わ行)
トニー・レオン、ジャッキー・チュン、ワイズ・リー出演。ジョン・ウー監督作品。90年。

67年、香港。スラム育ちのベン・フランク・ポールは、ある事件をきっかけに追われる身となり、ベトナム戦争下のサイゴンへ逃げる。しかし、そこで彼らを待ち受けていたのは、想像をはるかに越える現実だった。(amazonレビューより)

見始めた時は、青春映画かと思いました(笑)
それくらい、ベン(トニー)、ジャッキー(フランク)、ポール(ワイズ)が楽しそうで、男の友情っていいね!ってな感じでしたが、ある事件がきっかけで状況が一遍します。
香港を脱出し、サイゴンへ渡る3人ですが、そこはベトナム戦争真っただ中で、彼らは否応なく、巻き込まれていきます。
戦争の悲惨さ、その極限状態の中での友情が描かれていました。
金に執着するポールに、途中「しつこい(笑)」と言ってしまったりしましたが…

トニー、3人の中で、一番の色男ですね(笑)結婚するのもトニーだし、サリーにも惹かれるという。結局サリーは、ルークと恋仲でしたが。
しかし、サリーの存在を忘れてしまうくらい、その後のシーンが凄かった。処刑シーンや銃撃戦などなど…

長い映画(2時間10分)なので、途中ややダレた感じもしましたが、ラストの方で、フランクに昔の話をするトニーには泣けました。やっぱり男の友情っていいなぁ。

さすがジョン・ウー監督。銃撃戦などのアクションシーンは素晴らしいです。見ごたえがあります。
ただあまりに悲惨なので、何度も観たいかと言われると、ちょっとキビシイ。
観ていて、力が入るので、疲れます(苦笑)
この監督、「新・男たちの挽歌」も撮っていて、トニーが出ているので、いずれ観ると思いますが…心して観ないとまた疲れそうですね。

ジョン・ウー監督作品はハリウッドの作品を観た事ありました。
「MI:2」とか「フェイスオフ」とか。
「ウィンドトーカーズ」もこの間TV放映した時に観ました。
私は「MI:2」が一番好きかな。
ジャンル:
ウェブログ
コメント (10)   トラックバック (1)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« ロンゲストナイト | トップ | 非情城市 »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
重いけど好き (めりぜ)
2005-05-25 15:43:19
こんにちわ!

昨日はお休みだったのでPCに触れず今読ませてもらいました。・・hi-chan、すごいスピードで観てますね・・驚きです。



重くて何度も見るには・・って気持ちすごくわかるんですけど、実は私、この映画、トニー作品の中で好きな作品ベスト5に入れてもいいくらい好きなんです。



トニーが監督(ジョン・ウー)に芝居が大げさすぎないか?もっと自然な方がいいんじゃないか?と意見したというだけあって、とにかく"派手"ですよね(火薬の量も含め)でも、あの3人の行動自体がフツーじゃないですから(国外脱出も原因はささいなことだし、お金のためとは言え危ない橋を渡りすぎてるような・・汗)



あれくらいで丁度いいと思うんです。それに、ベトコンに捕らわれて生きた心地のしない状況がすごくリアルで(想像の域ですが)お芝居に見えないくらいよく出来たシーンですごく惹かれました・・



一命を取り留めてルークの家で再会を果たした(ベンとルーク)シーンも好き。hi-chanが書いてるフランクに昔話をするベンのシーン、私も泣きました・・大泣き。ルークは黙って拳銃を渡したけど、フランクの死は3人(本人含め)が選んだ答えだったんだね・・悲しすぎるよ。



ポールの元へフランクの頭蓋骨を突きつけて謝るように迫ったベンだけど、あそこで謝ってたらポールを許したのかな?ポールがフランクを撃った事実があっても最後の最後までベンはポールを信じたかったんだろうね・・でも、ポールは・・・お金って魔物だよね。



ジョン・ウー作品、「ロンゲスト・ナイト」で少し書いたけど「ブロークン・アロー」もその1つで、私、実はこの「ブロークン・・」劇場へ6回も観にいったんですよ(笑)クリスチャン・スレーターが大好きで(彼、出てるんです)このジョン・ウー節が効いた男臭さが大好きでめちゃくちゃハマってました(遠い目・・・)



「ハードボイルド」は是非是非観てください!

「インファナル・アフェア」と同じく潜入捜査官を演じるトニーですが(アンソニー・ウォンが出てるのもオイシイ)ま~~とにかく若くて可愛いですわ・・よく動くし(笑)ジョン・ウー作品ですからね、火薬の量は覚悟してくださいね・・(監督自ら出演してるし)冒頭の酒場の銃撃シーンには日本の俳優さん国村隼(←お名前に自信がありません;;;)さんがチラッと出てますよ。



すごいスピード (hi-chan)
2005-05-26 11:16:20
こんにちは!コメントありがとうございます!

すごいスピードで観るのは、本当はあまり好きではないんです。1本の映画の印象が薄れてしまうので。

でも我慢できないんです(笑)あれもこれも観たくなってしまって・・・(^^;

でもこうやって感想を書いておく事で、後になっても思い出せるので、便利です♪

気になってしょうがない映画はたぶんDVDを買うでしょう・・・



めりぜさんは、この映画好きなんですね。エンターティメントとして、男臭い映画として、私もいいな、と思いました。またしばらくしたら、観てみたいです。感想も変わるかもしれないし。

めりぜさんのトニー出演作品ベスト5ってなんだろう?

良かったら教えて下さい。



フランクが死ぬシーンは観ててせつなかった~。

その後、せっかく香港に戻って、家族にも会えたのに、このまま普通に生活していけそうなのに、でもやっぱりポールに会いに行くのか・・・と思うと、それもせつなかったですね。



「ブロークン・アロー」、6回も行ったんですか!凄いですね。私は4回が最高かな。プラス試写会1回観たので、全部で5回というのはありました。

安藤くん出演の「DRIVE」という映画です。あの頃、ハマったばかりで・・・(笑)



「ハードボイルド」は観ますよ~

國村隼さんが出てるんですかっ。

確か「キルビル」にも出てましたね。渋い役者さんです。
観ました!! (micchii)
2005-09-27 14:30:13
こんにちは、micchiiです。

これ、重すぎないですか?(笑)

ベトナムでベンがフランクに銃を向けた時の、二人のイッちゃった目つきは凄かったです・・・。

それにしても、ポールのむかつくことむかつくこと(笑)

でも、ベンがフランクに昔話をするシーンは泣けますよね。

あと、サイモン・ヤムってこんなにかっこよかったんだとびっくりしました(笑)

戦争が絡んでいるとはいえいくらなんでも派手にしすぎで、図らずも『ザ・ミッション/非情の掟』の凄さを再認識しました。

ジョニー・トゥ作品ばっかり観てたので、130分という長さもちょっぴり苦痛でした・・・。
>micchiiさん (hi-chan)
2005-09-28 10:55:06
こんにちは。ご覧になりましたか。

確かに重いです。映像はそんなに暗くなかったと思いますが(「ロンゲストナイト」を最近見直したんですが、あまりの映像の暗さと内容の救いのなさに、あらためて驚きました・笑)、内容は重いですよね。

最初の青春映画みたいに自転車に乗って走る3人が嘘のよう(苦笑)。



>あと、サイモン・ヤムってこんなにかっこよかったんだとびっくりしました(笑)

そうですよ!あれ、サイモン・ヤムじゃないですか!!!(って今気付きました)

「ザ・ミッション/非情の掟」を観た時にどこかで観た人だと思ったんですよ(笑)。

この映画の中で一番かっこいいキャラなのは、サイモン・ヤムですよね。



私もこの映画の長さはちょっと辛かったです(^^;
こんにちは! (ゆうこ)
2006-05-19 14:32:42
トニーとジャッキーの友情がいい!!

泣きました。

すごい状況の中での、友情っていっつも見ごたえありますよね。

ほとんど死にかけていたのに、あえて、生かして、また、やるんかい!?って思いました。(ジャッキー)

ジョン・ウー監督の作品、あんまり観ていないですが、やっぱり好きだなぁと思いました。
>ゆうこさん (hi-chan)
2006-05-22 11:15:02
トニーとジャッキーの友情良かったですね!

ジョン・ウー監督の映画はハリウッド映画の方を先に観てました。

ハリウッドでもなかなか凄いですが、香港映画はそれに輪をかけてアクションが凄いですよ。俳優が危険にさらされるくらい(笑)。
できればもっと (junec1)
2006-07-19 20:53:45
TBとコメント有難うございました。

軽薄より重厚なほうが好みなので、ジョン・ウー最高傑作に認定。できればもっと救いがないほうがいいんですが(笑)



2回試みましたがTBできません _| ̄|○
>junec1さん (hi-chan)
2006-07-20 11:19:03
もっと救いがない方がいいんですか(笑)。

私は暗くて重い話、結構好きなんですが、ラスト希望はあった方が好きなんですよね~



TB、最近調子がよくないみたいで、すみません。

また気が向いたら、試してみてください。
この間、 (ゆうこ)
2007-10-19 16:56:33
もう一度見直したんですけど、1回目みたほど、お~~!!ってならなくって、hi-chanが前におっしゃっていた、1年に1度くらいでいい、というお言葉をずっと思い出しておりました。(笑)
確かに、コンディションによって、全然感じ方が違う作品だなと思いました♪
>ゆうこさん (hi-chan)
2007-10-20 21:58:36
この映画、重いし、長いし、銃撃戦は凄いし、という感じなので、見てて疲れるんですよね(汗)。
なので1年に1度くらいでちょうど良いです。
できれば元気な時に見たいです。
ただ、だんだん重くて多少グロい映画にだいぶ慣れてきたので、また違った印象を受けるかもしれません。
以前は「バトル・ロワイアル」という映画を見ると具合が悪くなってたんですが、最近見たら、全然平気だったので…

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
154本目「ワイルド・ブリット」(1990年・香港) (★にわか香港映画ファンの映画ノート★)
ハピネット・ピクチャーズ ワイルド・ブリット BULLET IN THE HEAD 製作年度:1990年 製作国・地域:香港 上映時間:131分 監督:ジョン・ウー 製作:ジョン・ウー 脚本:ジャネット・チェン、ジョン・ウー、パトリック ...