Movies!!

映画感想ブログです。3周年を迎えました♪
相変わらず、日本映画と香港映画が好きです。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女(ジャパン・プレミア試写会)

2006-02-17 21:49:11 | 映画(な行)
ウィリアム・モーズリ-、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、ティルダ・スウィントン出演。声の出演:リーアム・ニーソン。アンドリュー・アダムスン監督作品。

公式サイト

第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の子どもたち、ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人は、ロンドンの空襲を逃れ、田舎のカーク教授のもとに預けられる。古くて広い教授の屋敷を探索していた末っ子のルーシーは、空き部屋で大きな衣装だんすを見つけ、何かに導かれるようにその奥へと進んでいく。そして、ふと気づくとルーシーは雪に覆われた森の中に立っていた。そこは、言葉を話す不思議な生きものたちが暮らす魔法の国“ナルニア”。偉大な王アスランが作った美しいこの国は、冷酷な白い魔女によって100年もの間冬の世界に閉じ込められていた。ナルニアの住人たちはひたすらにアスランの帰還を祈り続けていた。やがてペベンシー家の4人の幼き子どもたちは、この国の運命が自分たちの手に託されたことを知るのだった…。(allcinema onlineより)

ジャパン・プレミア試写会に行ってきました。日本武道館で映画を観るのは初めてでした。いやぁ、肩が懲りました(苦笑)。やっぱり映画は映画館で観るもんだよ・・・。
画像は武道館正面です。
14:30からチケットの引き換えという事でしたが、普通に仕事を終えてから行ったので、2階席の後ろから数えた方が早い列でした。遠い席であることは覚悟してましたが、スクリーンはデカくて、字幕もよく見えたし、音響もまぁまぁだったのでそれは大丈夫でした。けれど、武道館に行った事がある方は分かると思いますが、椅子が硬いし、武道館で2時間とか座り続けた事は皆無なので(笑)、お尻が痛かった・・・
しかも、近くの席に映画が始まる前からずっとしゃべり続けていたちょっとイッちゃってる女子高生が近くに座っていて、案の定、映画が始まってもしゃべり続け、大迷惑でした。周りの人達もジロジロと非難の目を向けていたようですが、絡まれるのが嫌なので、注意はしていなかったようですね。私は彼女たちより前の席だったので、自分の席からもっと遠い位置に座っているのかと思っていたのですが、終わってみると思っていたより近くに座っていたようでした。でも注意するのって勇気がいるよね・・・金払って観てたら注意するか、もしくは劇場の人を呼んでくるかもしれない。それくらい迷惑でした。映画が始まったとたんにお菓子(?)を食べ始めるし、ゴミは全て置いていくし・・・ロクな大人になりませんね、あれじゃ。
と、長々と愚痴を書いた所で(苦笑)、ジャパン・プレミアの舞台挨拶の様子ですが、今朝のめざましTVで報道されていたように、舞台挨拶の前に芸能関係者がアリーナ席のレッドカーペットを歩きました。しかし、拍手がまばら(爆)正直、あんまり興味がなかった・・・
でも、大魔人佐々木とエノカナ夫婦が来たのにはびっくりした。マスコミの前に出てくるきっかけを待ってたのかしらね・・・。個人的には特に好きな人は来なかったので、時間だけかかって、帰りが遅くなり、ちょっと嫌でした(関係者の方、ごめんなさい)。
タッキーが来てるという噂があったんですが、レッドカーペットは歩きませんでしたね~。
舞台挨拶はTV報道にもあったように、大地真央さんが宙に浮いたり(笑)、ジョージー・ヘンリーちゃんが覚えたての日本語のコメントを忘れて泣いてしまったりしていました。ジョージーちゃん可愛い!!一番年下なのに、日本語を覚えてコメントを言おうとしてくれただけでもかなり好感度アップですよ。

さて、やっと映画について触れますが(いつも通り、前置きが長いな)。
私は原作を読んだことがありません。一緒に観に行った友人は子どもの頃、原作を読んだとの事でとても楽しみにしているようでした。実は私は映画化を知った時に初めてタイトルを知ったくらいで、本当に何の知識もありませんでした。かなり有名なようですね。私、「指輪物語」も知らなかったくらいだからなぁ(苦笑)。
原作が好きな人は、映像化して見るとイメージが違ったりして、受け付けない人もいるでしょうね。その点、私は真っさらな気持ちで観る事が出来ました。

予想通り、映像は凄いです。さすがハリウッド、そしてディズニーという感じです。CGにもお金かかってそうです。ライオンの鬣の質感とか素晴らしいし、動物たちもほとんどCGなんでしょうか?ビーバーがとても可愛かったです。白い魔女の城の外観もCGだと思いますが、やっぱり綺麗です。形がディズニーランドのシンデレラ城の氷版みたいな感じでした。

主役の子どもたち4人はオーディションで選ばれたそうですが、末っ子のジョージーがやはり一番いいなと思いました。表情がとても可愛いです。演技もなかなかだと思いました。魔女役のティルダ・スウィントンは、「コンスタンティン」で天使ガブリエル(ハーフ・ブリード)役をやった女優さんです。なかなか迫力ありましたよ。

以下、ストーリーに触れますので、ネタばれ嫌な方はご注意願います。

私はほとんどストーリーを知らなかったので、「アスランって誰だろう~♪」と観てて、普通にサプライズでした(笑)。なるほど~それでタイトルが「ライオンと魔女なのか~」と。気付けよって感じですけど。こういう風に普通に驚ける自分も好きだったり(大笑)。
ストーリーとしては、疎開先の屋敷の空き部屋にある衣装タンスを扉を開けたら、奥がナルニア国に繋がっていて、100年間白い魔女によって冬に閉ざされたこの国を兄弟姉妹4人が救う、というものです。ファンタジーなので、このありえないストーリーに乗れるかどうかが、この映画を受け入れられるか否かにかかっていると思います。
戦闘シーンはなかなか迫力があって、観ていて肩に力が入り、気が付くと、手を強く握ってたりしました(笑)。ただその他のシーンがややダラ~とした印象を受けました。でもこの映画は子ども向けというのが大いにあると思うので、たぶん、これくらいがちょうど良いのだと思います。
途中でアスランが死んでしまい、どうするんだろ~と思って観ていたら、生き返ったので、「はい??」とは思いましたが、ファンタジーなので、文句を言うわけにも行かず(苦笑)。なんかその生き返り方ちょっと・・・と思うということは、そこまで映画の世界の入り込めなかったということなのかもしれませんね。
なので、ストーリーうんぬんよりも、映像が綺麗だったね、という印象が残った映画でした。
次回作を撮ることが決定しているらしいですが、今回のはまだ序章って感じなので、次からの方がストーリー的には面白くなるんじゃないでしょうか。
ちなみに私は「ロード・オブ・ザ・リング」の方が面白いと思いましたね・・・
『映画』 ジャンルのランキング
コメント (10)   トラックバック (28)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 忘れえぬ想い | トップ | シークレット ウインドウ »
最近の画像もっと見る

10 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんばんは (いも)
2006-02-22 02:39:38
いつもTBでお世話になっております“いもロックフェスティバル”のいもです。

コメント有難うございます(^^)

大阪の試写会のゲストはオール吉本だったのですが、東京はやはり違いますよね~!

忠を舞う大地真央・・・。

ジョージーちゃんが泣いてしまったエピソードは可愛いですネ(^^)



私も原作は読んでなくて、同じく「指輪物語」も映画が公開されて初めて「原作が児童文学」ということを知ったぐらいなんです。

それで特に期待もせず観たのですが、想像してたよりも楽しめました☆

一話完結みたいな終わり方だったから、次がどんな風に展開していくのか想像がつかないのですが、とりあえず次作も観たいなと思います。



またこれからも寄らせていただきますので宜しくお願いします(^^)
>いもさん (hi-chan)
2006-02-22 10:39:59
こんにちは。コメントありがとうございます。

大阪の試写会はオール吉本だったんですか!それはそれで面白そうです。

大地真央はびっくりしましたね。かなり高く吊り上げられてたので(爆)

出演者もびっくりだったと思います。

これから面白くなりそうな感じがしたので、次回作も観てみたいです。

こちらこそ、よろしくお願いします。
ジャパンプレミアム (ゆづ)
2006-02-26 16:36:28
こんにちは。

ジャパンプレミアムに行かれたのですね。すごいなぁ。

私はテレビで観ただけですが、

ジョージーちゃんが泣いてしまった場面に、かわいいなぁと思いながらも

いろいろな国を回ってストレスになっているのだろうなぁと

ちょっとかわいそうにもなっちゃいました。

しかし、映画の中ではジョージーちゃん演じるルーシーの表情が豊かなことにびっくり。

いい女優さんになるといいなぁと思いました。

>ゆづさん (hi-chan)
2006-02-27 10:59:15
こんにちは。TB&コメントありがとうございます。

ジャパンプレミア、楽しかったですよ。映画はちょっと観づらかったですが・・・(苦笑)

確かにストレスもあったでしょうね。武道館ですから、たっくさんの人の前でコメントを、それも日本語で言おうとしてましたから。でもきっといい経験になったのではないかと思います。

ジョージーちゃん、映画の中で、表情豊かでしたね。一番魅力的でした。ほんと、いい女優さんになると思います。
ファンタジーは好きです (きいこ)
2006-03-07 09:12:51
親子で楽しみました。最近は、子供のためにか、日本語吹替え版をやってくれる劇場が多くて助かります。

ファンタジー好きなので、アスランが生き返っても違和感はありませんでしたが、大人になるまでナルニアにいるとは思いませんでしたね。すぐに帰ると思っていたので。でも帰ったら子供にもどってて、長い長い夢だったなぁって感じでした。

息子は「ハリー・ポッター」の方が面白いと言ってましたが、飽きずに見てたので良かったです(笑)
>きいこさん (hi-chan)
2006-03-07 17:14:12
私も大人になるまで・・・というのは、びっくりしました。

唐突だったし。



私も「ハリー・ポッター」の方が面白かったですね・・・

でももっと面白くもなりそうな気がするので、次回作も見てみたいです。

観て来ました! (micchii)
2006-03-09 12:17:19
hi-chanこんにちは。

自分も原作は読んだことがありませんが、思っていたよりずっと楽しめました。

『ロード・オブ・ザ・リング』の方が好きですが、『ハリー・ポッター』よりはこっちのが好きです。(この位置付け微妙ですが・・・)



最初の、タムナスさんとルーシーちゃんの出会いのシーンが素晴らしかったです。

“別の世界同士の出会い”が見事に出ていたと思います。



そして、なんといってもルーシーちゃんが抜群にいいですね。

あんなに感情表現豊かな子役久しぶりに観ました。

彼女の表情を見ているだけでも、時間が経つのを忘れてしまいました。



アスラン、無抵抗であんなあっさり死ぬのはどう考えてもおかしいだろ!と思ってたら、案の定生き返りました(笑)
>micchiiさん (hi-chan)
2006-03-10 13:18:40
こんにちは。ご覧になったのですね~

私は「ロード・オブ・ザ・リング」と「ハリポタ」の方が好きでしたが、(やはりこの映画が一番子ども向けに感じたので)この映画も十分楽しめました。

ルーシーちゃん、良かったですよね!

ジャパン・プレミアの舞台挨拶でも非常に好感が持てました(笑)



アスラン、私も疑って観てました。

思っていたよりも、もったいぶってましたけど(笑)。
観ました (をかもと)
2006-03-22 23:05:50
いやいや、ティルダ・スウィントン演ずる白い魔女の魅力にやられっぱなしでした。

映画も原作どおり7章までやるのであれば、次作も楽しみではあります。
>をかもとさん (hi-chan)
2006-03-23 14:54:34
ティルダ・スウィントン、良かったですねぇ。子どもたちが主役なので、脇役がしっかり演技出来てないと、シマリがなくなりますよね。

これは序章みたいな感じなので、次からの方が面白くなるんじゃないかなと思ってます。次作も見てみたいです。

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

映画(な行)」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事

28 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • このブログへのリンクがない記事からのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
映画「ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女」最速試写会レポ (いもロックフェスティバル)
 「ナルニア国物語/第1章ライオンと魔女」の試写会に行ってきた。 (2/8(水
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女-(映画:今年29本目)- (デコ親父は減量中(映画と本と格闘技とダイエットなどをつらつらと))
監督:アンドリュー・アダムソン 出演:ウィリアム・モーズリー、アナ・ポップルウェル、スキャンダー・ケインズ、ジョージー・ヘンリー、ティルダ・スウィントン 評価:79点(100点満点) 公式サイト (ネタバレあります) よくできたファン.
ナルニア国物語/第一章:ライオンと魔女 (悠雅的生活)
真冬のナルニア国、伝説の子どもたちと、アスランのいる春
■ナルニア国物語 第一章ライオンと魔女 (ルーピーQの活動日記)
第二次世界大戦下のロンドン。ペベンシー家の4人兄妹は、疎開のため田舎の古い屋敷に預けられる。長兄のピーター(ウィリアム・モーズリー)、長女スーザン(アナ・ポップルウェル)、次男のエドマンド(スキャンダー・ケインズ)、末っ子のルーシー(ジョージー・ヘンリ
「ナルニア国物語/第一章ライオンと魔女」 (●○ゆるゆるシネマ感想文○●)
「ナルニア国物語/第一章 ライオンと魔女」 公式サイト 劇場鑑賞(先行上映)  ゆづの好き度 ★★★   (満点は★5個、☆=★×1/2) 2006年3月4日公開 上映時間140分 ルーシー役のジョージーちゃん! 彼女の演技はとてもかわいかったです。
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女(先行上映) (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★☆☆☆  フウ・・・参った。    
ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女 (八ちゃんの日常空間)
本年度映画鑑賞80本目、うち、劇場鑑賞32本。先行ロードショーを決定時から狙っていただけに、本当に明日(今日)が休みになってラッキーだった。いろいろどこで観ようか迷ったのだが、時間的にゆとりのある六本木に決定。1時台だというのに一番大きな7番スクリーンで、7.
ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女 (アニメって本当に面白いですね。)
ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女   評価:2.0   [ファンタジー]   3月4日(土曜)全国ロードショウ   (この記事はネタばれはありません)  早くも、話題の『ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女』を見ました。我が家では3人が見ました.
★「ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女」 (ひらりん的映画ブログ)
久しぶりの先行上映に行ってきました・・・ といっても、いつものようにナイトショウ・・・ 上映時間の設定の関係でAM1:20からの回。 きっつい時間だけど・・・とりあえず。 にもかかわらず100人近くは入ってたんじゃないかな・・。 前評判良さそう・・・世間
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女 (郎女迷々日録 幕末東西)
先週の土曜日、先行ロードショーで見てきました。 一言で感想を述べるならば、イギリスの田舎へ旅に出たはずなのに、そこはディズニーランドだった、という感じ、です。あるいは、イギリスの素朴な田舎料理を食べに出かけたら、ファーストフードが出てきた、とでも。 いえね
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (とにかく、映画好きなもので。)
     第二次世界大戦中のロンドン。  ベンジー家の四人兄妹は、田舎のとある教授の家に疎開する事に。  そこの執事に家の中では静かにするように厳しく言われる四人だが、そこは無邪気なもので、長男ピーター、長女スーザン、次男のエドマンド、末.
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女 (Saturday In The Park)
アメリカ  監督:アンドリュー・アダムソン 出演:ウィリアム・モーズリー     アナ・ポップルウェル     スキャンダー・ケインズ      ジョージー・ヘンリー 第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の子供たちピーター&スーザン& エドマンド&ル
Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardroab(2005,U.S.) (The Final Frontier)
英国ご贔屓(英国マニア)なDeannaです。こんにちは。マニアなので,英国児童文学の最高峰と言われる本作品の映画版を観ないはずがありません。昨夜,先行上映で気合入れて観てきました(笑)。昨夜のうちにレビューを書く予定だったけれど,他にも1本 映画を観て 頭の中がパ
『ナルニア国物語~ライオンと魔女~』(C.S.ルイス作)感想(^^)☆ (『ラスト・ワールド』(奥の寄り道☆))
 やはり、打倒『ハリー・ポッター』なのかー!?!  ★映画の解説★  第二次世界大戦下のロンドン。ベンジー家の4人兄妹は、疎開のため、田舎の古い屋敷に預けられる。長兄のピーター、長女スーザン、次男のエドマンド、そして、無邪気な末っ子のルーシーは、屋敷の中で静
ナルニア国物語・第1章ライオンと魔女 評価額・720円 (Blog・キネマ文化論)
●ナルニア国物語・第1章ライオンと魔女をTOHOシネマ浜松にて鑑賞。 第2次大戦
ナルニア国物語 ライオンと魔女 2006-12 (観たよ~ん~)
「ナルニア国物語 ライオンと魔女」を観てきました~♪ 第二次世界大戦中のロンドン、ドイツの空爆が激化し、ピーター(ウィリアム・モーズリー)、スーザン(アナ・ポップルウェル)、エドマンド(スキャンダー・ケインズ)、ルーシー(ジョージー・ヘンリー)のペベンジ
C.S.ルイスの生きた時代/ナルニア国物語 其の2 (活字はこう読む? 雑・誌・洪・積・世)
●ナルニア国物語● 全7巻 岩波少年文庫 C.S.ルイス著   瀬田貞二訳 親愛なるルーシィ ぼくはこの物語をきみのために書いた。でも、書き始めた時には、本より女の子の方が早く成長するとは思っていなかった。だからきみは、いまさらおとぎばなしでもない年.
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 ☆今年16本目☆ (honu☆のつぶやき ~映画に恋して~)
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』 公式サイト:http://www.disney.co.jp/movies/narnia/shell_content.html原題:THE CHRONICLES OF NARNIA: THE LION, THE WITCH AND THE WARDROBE製作:2005年アメリカ監督:アンドリュー・アダムソン出演:ウィリアム・モー.
ナルニア国物語〔第一章〕ライオンと魔女 (UkiUkiれいんぼーデイ)
《公式ホームページ》は↑こちらから 観ようかどうしようか迷ったんですけど・・・“世間の話題”に、ちょっと乗っかっとくかぁ~と思い観賞。 原作なんて見たことなかった・・・というか、映画になるまでその存在すら。。。[:ショック:] 観賞前にチラシをちょこっ
ナルニア国物語-第1章:ライオンと魔女- (Alice in Wonderland)
一日経った今日もまだ少し興奮気味な私・・・やっぱりファンタジーがすごく好きみたいです。『ロード・オブ・・・』も『ハリー・ポッター・・・』も大好きで何度も観てるくらいだからね。 第二次世界大戦下のロンドン。ベンジー家の4人兄妹は、疎開のため、田舎の古い...
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』2006・3・5に観ました (映画と秋葉原とネット小遣いと日記)
『ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女』    公式HPはこちら ●あらすじ 第二次世界大戦下のイギリス。ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人の子供達は、ドイツ軍のロンドン大空襲を逃れ、田舎のカーク教授の元に疎開する。ある日、古い屋敷の中
ナルニア国物語/第1章:ライオンと魔女(映画館) (ひるめし。)
それは一生に一度だけ出逢える 「本物」のファンタジー。 CAST:ジョージー・ヘンリー/ウィリアム・モーズリー/ルパート・エヴェレット/ティルダ・スウィントン/ジム・ブロードベント 他 ■アメリカ産 140分 どこでもドアじゃなくて衣装タンスを開くとそこはナルニア
ナルニア国物語 第一幕 ライオンと魔女 (システムエンジニアの晴耕雨読)
「ナルニア国物語」見てきました。C.S.ルイスの原作は、「ロード・オブ・ザ・リング」と双璧とのことで、昨年来、ずっーと心待ちにしていました。期待値が高すぎたせいか、ディズニー映画だったためか、花粉症で少し疲れ気味たったせいか、少し肩透かし・・。2時間半...
ナルニア国物語 第1章ライオンと魔女 (映画、言いたい放題!)
子供の頃、この本が家にあり、読んだのですが、 ちっとも面白くありませんでした。 映画化されたということで、ちょっとびっくり。 観てみることにしました。 映画館で鑑賞。 第二次世界大戦下のイギリス、 ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーの4人の兄妹は、
Chronicles of Narnia: The Lion, The Witch and The Wardroabe (独断と偏見の何でもレビュー)
ナルニア国物語 第1章:ライオンと魔女  出演:ジョージー・ヘンリー,ウィリアム・モーズリー,スキャンダー・ケインズ,アナ・ポップルウェル,ティルダ・スウィントン  監督:アンドリュー・アダムソン 第二次大戦下のイギリス、ベベンシー兄妹が疎開先の屋敷
私を箪笥の奥につれてって【ナルニア国物語】 (犬も歩けばBohにあたる!)
今から二十数年前、私が小学3年生の夏休みに「ナルニア国物語」全7巻を一気に読ん
「ナルニア国物語」の感想。 (GOOD☆NEWS)
「ナルニア国物語」は公開の初日に観ていたのですが、私の仕事が忙しかったというのと、WBC関連の話題に追いやられて中々感想を書けませんでした。仕事も一段落して、やっと心の平穏を取り戻したので、ゆっくり思い起こして感想を書きました(^_^;)。 ■ストーリー抜粋≫
『ナルニア国物語第1章ライオンと魔女』’05・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじドイツ軍の空爆が激化する第二次大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人の兄妹ピーター、スーザン、エドマンド、ルーシーはロンドンの空襲を逃れるため、田舎に住むカーク教授の邸宅に疎開する。やがて4人は、その屋敷の古い衣装だんすの奥の中にある不思 ...