hasamino図書館

同人作家・はさみのなかまが、これまで読んだ本のなかでも、とくに面白かった! とおもった本を随時ご紹介させていただきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

本の「使い方」 1万冊を血肉にした方法 出口治明(角川ONEテーマ21/角川書店)

2017-07-29 11:12:37 | 読書論
どんどん本を読んでいこうという、かなりポジティブな気持ちにさせてくれる1冊です。
ライフネット生命CEOである出口治明さんの博覧強記ぶりもいかんなく発揮されています。
こういう読書家になりたいものです。

頭ごなしに「読まないとダメ」というふうに押し付けてくる本ではありません。
そのことは、「まえがき」にはっきり書かれています。

本を読むことは、教養を身に着けること。
いかにそれが人生にとって有用かということがていねいに書かれています。

注目ポイントは、著者が本を読むときに大事にしている「数字・ファクト・ロジック」という概念。
たとえば、昨今、時代小説の流行もあって、江戸時代は庶民には暮らしやすい平和な時代だったとおもれがちなところがありますが、著者はデータを見ることで、江戸時代の庶民は栄養失調に苦しみ、みんな低身長だったことを指摘。
幕府は国民を食べさせることには熱心ではなかった、つまり、想像以上にいい時代ではなかったのではないか、と述べます。
数字・ファクト・ロジックで物事を見ると、物事の本質が見えてくる、というわけ。

また、リベラルアーツ(自由七科)の重要性も説いています。
リベラルアーツとは、文法学・修辞学・論理学・算術・幾何・天文・音楽のこと。
知的エリートが身に着けるべき、基本的教養のことです。
日本の知的エリートには、この基本的教養が足りないことがあるそうで、そこは海外経験の豊富な出口治明さんならではの切り口で警鐘を鳴らされています。

中国でも、六芸(りくげい)といって、五礼・六楽・五射・五馭・六書・九数(漢代以降は詩・書・礼・楽・易・春秋)がありまして、やはりエリートに必須の教養とされていました。
現代では、「おとなの教養」(池上彰・NHK出版新書)のなかで、池上彰さんがリベラルアーツの重要性について書かれています。
まず、すべての教養の土台は本、というところが熱心に説かれています。

さて、この本のなかでは、本を読む人、読まない人の比較論もあります。
なるほど、そうだよね、とおもうことばかり。
本を読んだほうが、生きるうえで有利だというのは、説明するまでもないことです。
教養があれば、論理的思考が鍛えられているはずなので、詐欺にも引っかかりませんし、宗教の基本的知識があれば、あやしいカルトにも引っかからないでしょう。
さらに、著者は、教養があれば世界と渡り合えるし、なにより人生が楽しくなると主張します、ごもっとも。
ブログ主は、これにプラスして、豊富な教養があれば、生命科学の正しい知識も身につきますので、自分の健康にも気を付けるようになり、健全な生活を送れる可能性が大きいのでは、とおもいます。

また、「本」とひとくちにいってもさまざまで、どんなふうに「本」を選ぶかも書かれています。
とくに古典を読むべきと著者は主張します(「読書はアウトプットが99%」の藤井孝一さんもおなじ主張をされていました)。
なぜ古典なのかといえば、選び抜かれた人類の知の結晶だから。
ちなみに、現代の本なのに、内容がわかりづらい本は、著者がダメなのだとはっきり書かれているところも小気味よいです。
未知のジャンルに挑戦するときは、「難しい本」→「易しい本」と読んだほうが頭に入るとも主張されています。

ちなみにブログ主の経験からして、その方法は、たしかに基本的教養がしっかりある方なら、有用かもしれませんが、そうではなかったり、持っている知識がない場合は、挫折しやすい方法だなとおもいました。
「読書はアウトプットが99%」の藤井孝一さんは、これと逆のことを書かれていて、厚い本がむずかしすぎて、挫折し、手に取らなくなるようになったら、それこそ元も子もないから、「易しい本」→「難しい本」を勧めています。
両者とも、それぞれに長所と短所があります。
読んだ人間としては、自分の知識のサイズに合わせ、臨機応変に「難しい本」→「易しい本」と読み、もしそれで理解があまり進まないようなら逆を試してみて、自分に合わせていくのが一番だとおもいました。

さらには、この本は、著者の豊富な読書歴も披露されていて、参考になります。
また、目的別のおすすめ本の章もあって、おとくな一冊。
おもしろそうな本がいっぱいです。

このなかで紹介されていた長谷川町子さんの「いじわるばあさん」。
ブログ主の家には長谷川町子さんの漫画がそろっていたので、それこそ絵本代わりに読んでいました。
ただ、知っている方は知っているとおもうのですが、「いじわるばあさん」はファミリー向けの漫画ではありません。
子どもが見て、ぎょっとする4コマもじつは入っていたりする漫画なのです。
しかし、知ったかぶりして、「いじわるばあさん」を愛読していたブログ主。
おかげで、毒が回り、シニカルな子どもになりました……それがよかったのか、わるかったのか;

本書は、いろんな意味でおススメできる、良書です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

読書はアウトプットが99% 藤井孝一(知的生き方文庫/三笠書房)

2017-07-26 09:07:45 | 読書論
タイトルそのままズバリ!
読書はアウトプットが重要だ、と実感させてくれた本です。
本を読む(インプット)だけではなく、書く・話す・内容を実践する(アウトプット)。
そうすることで、本の内容は、真に血肉になります。

では、具体的になにをどう書き・話し・実践するか?
そのアイデアやヒント満載の本です。
当ブログを開設するきっかけになった本でもあります。

そも、ほかの著者による自己啓発本にも書かれておりましたが、「人は忘れるもの」です。
だから、忘れるのをを防ぐため、これぞとおもったことは、人に話したり、感想を書き留めてブログなどで発表したり、本の内容を実践したりすることが有効です。

これはTVの受け売りなのですが、ネタは三人の人間に話すと、自分のほんとうの知識として身につくものだそうです。
おそらく、三人にそれぞれどう面白さを伝えていくか、脳をフル稼働させて「要約」し、「トーク力」を発揮して工夫していくなかで、知識がガッチリ頭に入る、ということなのでしょう。

では、本書の内容は、というと。
知識は溜めない、
循環させる、
知識の出し惜しみをしない、
人の役に立たせる。
たとえば、「こんないいネタ、教えちゃうのはモッタイナイ!」とおもって抱え込まないようにする。
情けは人のためならず、いいかえれば、アウトプットは人のためならず、です。
知識を循環させていくと、やがて自分にもいい具合にもどってくるもの。
世の中には、こんな面白い話があるんだよと伝えていくことで、人を喜ばしつつ、自分を磨いていくわけです。
読書のアウトプットは、世の中の役に立つものなのです。
(ただ、創作のネタや、ビジネスのとっておきアイデアを披露しすぎるのは、ちょっと待った。
果たして、だれかにアイデアをとられても大丈夫なネタなのか? 
そのあたりの加減は、自分で慎重に考えたほうがいいと、ブログ主はかんがえます)

本は読者を鍛えてくれます。
本を読むと、物事の全体を俯瞰する力が身につくと、著者はいいます。
発想が豊かになり、自分がいましている仕事に、どんな意味があるかわかるようになる。
そうすれば、仕事や家事のストレスも軽減されていく。
非常に肯定的な読書論が展開されていきます。

また、どうやって本を読めばいいかのノウハウもあり。
ムリをしないで読み、合わないなと思った本は、読むのを途中でやめても良い。
斜め読みでも、本の内容の要点がつかめればOKと著者は書きます。
ただし、文芸書は精読をおすすめ。

本の選び方に関してもコツを教えてくれます。
著者のプロフィールは信用できるか?
本の内容は使えるか?
まえがきと自分のフィーリングが合うか?
などなど。
これらが合致すれば、まず間違いなく楽しい読書ができるはず。

ここで注意書きをば。
この本は、文芸書以外の本の読み方を教えてくれる本です。
文芸書(小説や詩など)に「役に立つか、立たないか」の観点はいらないものです。
文芸は、日常を少し変えてくれたり、あるいは肯定したりしてくれる分野で、実践的な知識が手に入るものは少ないです。
そもそも、「実践的な知識」はすぐに古びるものなので、このあたり、どう本から学んでいくかも、各自の力にゆだねられるとおもいます。
その判断力、嗅覚も、本を読みこなしていけば、身につくもの。
で、読書のたいせつさをあらためて確認するためにも、本書はおすすめなのです。

書評のコツも書いてありましたが、これは実際に、この本を読んで、みなさま、お役立てくださいませ。

さいごに。
「かっこいい書棚をつくろう」という提案が提示されています。
歴史好きのブログ主の本棚は、歴史書で埋まっております。
ふふん、けっこういい感じだよ、などと己惚れておりましたが、よーくよく本棚をながめていて、気づきました。
以下、わが本棚で、もっとも幅を利かせている歴史上の人物たち。
〇 諸葛孔明
〇 ジャンヌ・ダルク
〇 メアリ・スチュアート
〇 マリー・アントワネット
……やばい。
みごとに全員、悲劇の人だ!
やっぱり、本からの影響力って強いとおもうので、人生の成功者(この場合、安らかに終わりを迎えられた人)の本も集めようとおもいました。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加