hasamino図書館

同人作家・はさみのなかまが、これまで読んだ本のなかでも、とくに面白かった! とおもった本を随時ご紹介させていただきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

「禍いの荷を負う男」亭の殺人 マーサ・グライムズ(文春文庫/文藝春秋)

2017-08-08 09:50:37 | ミステリー
1985年に日本ではじめて紹介された、アメリカ人女性ミステリー作家マーサ・グライムズによる、イギリスが舞台のコージーミステリーです。
1985年当時は、まだコージーミステリーということばは一般的ではなかったと記憶しています。

シリーズものの第一作でして、ブログ主が以前に住んでいた町の図書館には、なぜかこれの第六弾『「悶える者を救え」亭の復讐』しかありませんでした。
しかし、なんとも魅力的なタイトルにひかれ、そのすでに茶色に変色していた文庫本を読んでみたところ…
おもしろい!
いきなり第六弾から読んだので、ところどころ人間関係がわからないところがあったものの、それでも魅力的なキャラクターたちにすっかり魅了されてしまいました。
はじめて手に取ったのが中学生のとき(歯の矯正器具が取れていないころだった!)でしたが、そのときからすでに、書店ではほとんど見かけない幻のシリーズとなっておりまして……全シリーズを集めるため、本屋という本屋をのぞきまくりました。
当時はネットなんて影も形もありませんでしたからねえ。
とうぜん、アマゾンもhontoもありませんでした。
文字通り、足を棒にして、日本で訳出されている文庫本はぜんぶ揃えました。
ミステリーでありながら、抒情的で、ときにファンタスティックにも、コメディにもなる、ほんとうに大好きなシリーズです。
それの第一作が、復活して文春文庫から再出版されたのが2014年。
だいじょうぶ、まだネットで買えます。

ともかくキャラクターがいいんですよ。
イギリスの「あー、こんな村、こんな町があったら行きたいな」というところが舞台。
それだけでも魅力的なのに、ふしぎの国の住人かのような、変わった人たちが繰り広げる人間模様。
事件を探るのは、警視リチャード・ジュリーと、第一作で友人となる元貴族のメルローズ・プラント。
元貴族ってなんだ? というところですが、貴族の地位を返上して、高等遊民として暮らすインテリ、それがメルローズなのです。
イギリス人らしくユーモアあふれる紳士で、ハンサムで独身、しかもお金持ち、最強!
ジュリーとメルローズがそれぞれ協力して事件を解決していくさまも面白いですし、続々と出てくる奇天烈な登場人物との掛け合いもたのしい。
主人公のジュリーもつ優しさと(優しすぎるくらい優しい人なのです)物悲しさが、シリーズにさらに奥行きを与えています。

タイトルが「〇〇亭」となっているのは、パブの名前です。
ものがたりのなかでパブが重要な舞台になるのです。
じっさいにあるパブも出てきているのかもしれませんが、とくに作者が想像で生み出しただろうパブは、ほんとうに、旅券さえあればすぐに行ってみたい、とおもわせるほど素敵なところばかり。
そして、このシリーズに登場する子どもたちやどうぶつの描写が、とくに魅力的で、大人たちより、ぐっと印象に残ります。
このシリーズを読んだおかげで、自分が趣味で創作をはじめたとき、「キャラクターはおもいきり弾けさせていい」という感覚をつかめました。
ブログ主にとっては、恩人のような作品です。

ただ、残念なことに、日本での紹介は途中で終わっていて、キャラクターたちがどうなったのか、わからない……英語ができれば、ネットで調べられそうですが……現段階では、ブログ主にはムリ;
文春さん、ぜーんぶ翻訳してくれないかなあ。
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 三國志群雄録 増補改訂版 坂... | トップ |   

コメントを投稿

ミステリー」カテゴリの最新記事