hasamino図書館

同人作家・はさみのなかまが、これまで読んだ本のなかでも、とくに面白かった! とおもった本を随時ご紹介させていただきます。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

体育館の殺人 青崎有吾 (創元推理文庫/東京創元社)

2017-07-31 09:50:58 | ミステリー
あらすじを説明する前に。
面白いんですよ、このシリーズ。
著者の文章力・構成力もたしかで、キャラクター造形もきわめて魅力的。
ミステリーなのに、「なんかワクワクする」そういうシリーズなんです。
こういう青春時代を送って見たかった、という感傷も通り越し、なんだか生徒の一人になって、事件を見ているような気分にすらさせる本。
でも、どういうことなのか、「青崎有吾」さんの名は、思っている以上に高くない。
ふしぎすぎる、もっと売れていい作家さんの一人だとおもうのですが。

さて、この「体育館の殺人」の内容は、というと。
風が丘高校の旧体育館が舞台。
主人公で卓球部に所属する袴田柚乃佐川奈緒がいつもどおりに部活に励んでいたところ、突如としてドーン、ドーン、という太鼓を叩いたような怪音が体育館に響き渡り、そして閉ざされていたステージの幕の向こう側から、放送部部長の刺殺体が発見される。
しかも、状況から、密室殺人ではないかとなり、警察も学校もパニック。
警察はあろうことか、卓球部部長の佐川奈緒を疑い始める。
理由は、佐川奈緒は早めに授業を終えて、現場の体育館に一人でいたから、というもの。
敬愛する先輩を助けるため、主人公の柚乃は、学内一の天才と呼ばれる裏染天馬なる少年に助けを求める。
学校の部室に住み、アニメをこよなく愛する、見た目はいいけど、性格にやや難ありなこの学園探偵は、果たして事件を解決できるのか?
というか、なんだって学校に住んでるの?

この本には、ミステリファンにはうれしいことに「読者への挑戦」があります。
挑戦を受けてみましたが、てんで歯が立ちませんでした。
ラストで犯人とトリックがわかったときは、その鮮やかさに、やられたー!と叫びましたねー。

登場する生徒たちもさまざまに事情を抱えていて、ちょっとした青春群像劇としても楽しめます。
裏染天馬自身の謎は、シリーズをとおして、徐々に明らかになる……?
続刊に「水族館の殺人」「風が丘五十円玉祭りの謎」「図書館の殺人」があります。

この作家さんの本は、追いかけてみようとおもっています。
底知れぬパワーを感じられるからです。
いつか、どかーんと大きくヒットを飛ばしてくれるんじゃないかしらん。
その日がたのしみだ!

(興味を持たれた方で、ハイブリッド書店hontoのアカウントを持っている方に朗報!
東京創元社無料読本に、「青崎有吾の挨拶」があります。
なんと、0円で「体育館の殺人」のお試し読みができるほか、
「もう一杯食べれる丼」(「風が丘五十円玉祭りの謎」収録作品)をまるまる読める。
殺人というきわめて物騒な事件だけではなく、日常の謎解きも面白い。
しかもこの無料冊子、作者の対談も載っているおまけつき。
これまた笑える対談になっておりますよー。
お得です。読んでみてくださいませね。)
『小説』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 本の「使い方」 1万冊を血... | トップ | 一八八八 切り裂きジャック... »

コメントを投稿

ミステリー」カテゴリの最新記事