くらしのタネ


原田 晴子
やきものやる日々

デビュ~か。

2017-05-23 | 日記

とうとう今週末。日曜にバレーの試合に出場することになってしまった。

ただでずっと練習に参加するってわけにもいかず、入部することとなれば

そりゃあ試合にだって・・・ってなわけと、メンバーが試合の日にお子さんの

ピアノの発表会だしってわけで、レシーバーが欠員。

あ、大丈夫です。行けますと返事をした以上やるのである。

だが、すこしだけ引っかかる事がある。

それは・・・・

このあたしがレシーバー?(上から目線はわかってます。)

あたくし、レフトエースしかしたことなくってよ。

って思っちゃったのである。驕り昂ぶりも甚だしいが、事実。

その上、ぶっちゃけかなり毎週の練習に通うごとに肩の調子も戻り、ボールの

あたる感触もよくなってきた。やべえ。アタッカーとしてまたイケルかも・・と

思ってきた矢先。が、こういっちゃなんだがレシーブだって悪いけど

ちょっとしたもんよ。ってなわけでがんばってみる。

そんなこんなだったのだけど、ふと、実業団の現役時代をふと思った。

大手地元企業へバレーの腕ならぬ肩を買われて就職。さっそくレフトエースのポジションを

勝ち取ったのであったが、同期に信頼のおけるまさに 守護神カズ。その人がいた。

長い髪をひとつにきちっと縛り、男性コーチだろうが、強豪チームのエースの

剛速球だろうがくるんとまわりボールを拾いまくる。彼女に任せればバックは安心。

同期で彼女がキャプテンとなり、私はサブを最終的に務めて私は会社を後にしたのであったが、

ふと思いだした。

彼女とて、小柄ながらそのジャンプ力と小回りの利くテクニックで、掛川東高校の

れっきとしたエースアタッカーだったのだ。

高校時代の静岡選抜メンバーで同じチームになり、もちろん私がエースとなったわけだが

会社では9人制の洗礼を受け、彼女は専属レシーバーとなったのだ。

・・・悔しかったかな。当時はよぎったことすらなかったが、なんだかそんなことまで

思いかえしてなんだか酸っぱい気持ちになった。

アタッカーには、正直すぐなると思う。勘が戻ってきたからね。でも、今回は

専属レシーバーとして全力を尽くしたい。そして結構楽しくなってきた。

そしてひとつだけ発見。

レシーバーはアタッカーよりちょっとらく。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バザー終了。

2017-05-13 | 日記

一番初めで一番大変な保育園のバザーがやっと終了。

結果はあと一歩。だった。がんばったんだけどね。何しろ三階お遊戯室。階段上るのも・・って

やめちゃう人もいるだろうし、年長児のわが組は非常に横繋がりが強く、ラインでこんなのあるよ!って

コマーシャルもし、雑巾大小セットやもろもろも、ちゃんと父母の会総会に出席して購入してくれる

人が多かったように思う。この総会の前に、保育参加があり、(要は参観会)それが終わると

父母の会に出席せずに帰ってしまう人がすごく多かった。なんていうか、保育園に子供を任せる以上

我らも保育にできるだけ参加するのだという意識が少ないひとが増えた。と思う。

お楽しみのはずのバザーも、上に子供がいて、役員などもやったので、バザーがどんなものか

知っているから来たという人はけっこう買ってくれる。安いし掘り出しものがいっぱい。

なんだけど、保育園に入りたての赤組さんや、乳児さんの保護者はまだまだ父母の会なんて

関係ないと思っているふしもあり、

早朝から夕方まで延長保育にして子供を預けている人達は、少し朝からショッピングを保育園で

しようなんて時間はない。一日目にあれ~・・・人少ないよね。とみんなで焦りを感じ

三階まで行かなきゃいけないからか?と会長自ら朝から玄関わきにバザー出張所を設けるなど、

涙の出るような努力はしたのだけど。

役員で手芸部を作ってつくったあれこれ。

首のところがゴムになってるかわいいやつ。

レッスンバッグとか、手芸好きは布持ち。惜しみなく眠っていたやつを

提供してくれた。そして、あ~また買っちゃう!!とうれしい悲鳴をあげる。

仕上がりのよいマスク。小学校で使えるナプキン。

などなど。いいもの買えたよ。みんな惜しいことしたよね。

ちぇっ。

上の子のママ友達がかえってメールすると駆けつけてくれたり、繋がりってありがたいな。と思う一週間だった。

そう。一週間。完全に滅私奉公。山は越えた。

多分。きぃぃっとお~(By 薬師丸ひろ子)

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれの道

2017-05-13 | 日記
上の娘が給食にでる揚げパンが好きだから作ってほしいとの事で、静岡の給食では見た事なかったが、愛知県ではよく懐かしの…とか聞いていたので興味はあった。しかしながらパンを更に油で揚げる…どんだけオイリーなモノになるのかが恐ろしくてやったことなかったのだが、外はカリッとして美味しい。きな粉ならまぁいいかってことで…
さてこのムスメ。お祭のお囃子を始めてから早五年となり、口伝のみの難しい横笛もなんとか一曲吹いて今年はいわゆるソロを任された。運動はムリだな〜…この子。って思ってたのが、あ、こういう事が好きなんだなって。
そして知人のオススメもあり、市の吹奏楽団へ入部する事に。昨日は早速2回目の練習で、まだ楽器が決まらないためリコーダーを持っていき練習。そしていよいよ楽器を決められる。
先生から前回の練習をみて、更に希望楽器を書いた用紙と照らし合わせながらこの子にはこの楽器をやってほしい。と、通達されるのだそうである。
そして娘は第一希望だったトランペットに決定。
お迎えに行き、うっかりと吹奏楽団総会を行われていた事実に動揺しながらも(仕事してたから…いいよね…)娘が他の新入部員とともに前に立ち、自己紹介。娘が小学校と名前と学年と、決まった楽器のパートを言うと、在籍部員の五〜六年生と思われる男の子がパッと後ろを振り返り、何人かの男の子、女の子と顔を合わせて嬉しそうに笑ったのである。(察するに同じトランペットのパートの子達と思われる)
その反応が母は嬉しくて、ここは彼女の居場所なのだな。と安心した。
ガチガチの体育会系母さんとしては、運動部でないとなると、あ、文化ケイね…と暗に楽でいーわね的な愚かな考えを持ってしまいがち。でも実際には楽器ができるって素敵だなって思ったりするのだ。
この吹奏楽団に見学に来た折、代表の方が 人生に音楽を と言っておられたのがとても印象深い。
新たな一歩。
送り迎えもがんばるわ…
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

本当にやばい。

2017-05-07 | 日記

なまけぐせってやつが嫌。GWに入ってから、家にいるのに仕事ができね~・・・とか、

ちょっとだけやったところで、難しいかな・・と仕事が手に付かない・・などのイライラ度は

急上昇していたのに、ほふく前進ばりのスローさで角皿は少し作れたものの仕事に手が出ない。

GW始まってすぐに祭りが終わってしまったので、まずは

洗濯物に追われ、工作へ行ったり、子供のお友達が

やってきて、ああ。家にいるけど仕事場にはいけない。。。と

娘たちが波に戯れる姿を見ながらビールをあおり、

たまには電車を使って・・・と大須へ繰り出してみたり。

やっと食べたバインミー。ベトナム屋台が出ていたのでゲット。

たあちゃんは大須名物のみたらし団子&きなこ団子。なのに上のムスメはどこでも食べられる銀だこ。

こ~ゆ~奴なんだよねえ・・・。

大須のごった返すジャンクな雰囲気を見て、「わ~!!東京みたい!」っていう娘。

こういった町歩きはそういえば、以前私が東京で展示会で夫君と原宿へ行った時以来なのかもしれない。

ここはいかにも名古屋!という感じなのにさ~・・・

たまにはこういうこともしないとね~。

MAPをみて発見したFUWA CANDY STORE で綿菓子ゲット。

三色の大きな綿菓子がなんと500円もしたのでさすがにおこづかいがなくなるのを恐れたムスメは

一色をチョイス。二人で分けて食べりゃいいのにさ~。

オープンな感じのワイン&北海道バーとか、ドイツビールの店とかあって、久しぶりに来た大須は

ステキさ。上のムスメが小さいときに電車に乗って大須に来たが、電車に酔ったムスメが駅で戻すわ高熱出すわ。

もう懲りてしまって、電車で行こうって思うことすらなかった。

しかし少し前に上の子がガールスカウトのボランティア活動で名古屋ウイメンズマラソンのお手伝いをするのに

電車で行った際、切符を受け取らずに行ってしまったり、いろんなハプニングがあったようで、

ただでさえ、心配性がひどいので慣れないことにはパニックになりがち。

色々と経験もさせとかなきゃな。と思ったりもしたので決行したけど行ってよかった。

休みが終わったら、切り替えられるかな~・・・・仕事必死にやらなきゃ大分まずい状態になってきたよね~・・・

とはいえ、10日には保育園の総会&バザーがある。これが最初の山場。

がんばらねばね・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

とうとうXイヤー

2017-04-28 | 日記

今年はいよいよたあちゃんが年長さんとなり、かねてから宣言した通り、保育園父母の会

会長となった。有言実行なのである。そして、この父母の会で行われるバザーというのが

ある意味一番のメイン・イベント。これで子供たちに人形劇一座を呼んだり、移動動物園に

来てもらったり、備品を新しく購入してもらったりするのである。

以前は自分でつくったもの・・といってB品の器を提供したりしたが、おかげさまで人気を頂き、

毎年頼りにされていた。が。しかし。卒園したら出す義理もないわけで、それでは収入源を

次の人たちが確保できるように・・と考え、まずはあと三人の役員のうち二人を親しい上に

手芸上手を引き抜きしておいた。

そして、きゃあきゃあと子供エプロン作っちゃおうか。とか、コップ袋大量生産~!!とか

バザー品の提供ご協力を募るなど、いろいろとハードルをくぐり抜けてきているわけである。

下手の横好き手芸の日々。

ついでにかねてから買ってあったけど使えてなかった布を駆使してbag in bag

な~んて作ってじゅんちゃんにも

プレゼントしたりして。

そしてもちろん内部の陳腐さに笑われる。

最初コップ袋をよっしゃ。と作成してみたら、手芸上手な役員のmちゃんに

「はっ!!!!これでいいんだ!!」と逆に感動される。

ラインの役員連絡で、なんか、縫ったけど辻褄合わなくてごめん!!というとにょんと伸びた

紐通し口をみて、「紐通しちゃえば大丈夫!!」とみんな優しい。

ふと思う。ああ。みんなできないからじゃなくて、上手じゃないからできません。と手を出さないのか。

ふつうはそうなのか・・・と。

でもさ。布も可愛いし、手作りなんかしないってお母さんもたくさんいて、こういう中で作られた

物とか、買えばそれが自分の子供を預けている園の為になるいいシステム。

こういうおバカさんが馬車馬のように働かなければなにか動いていかないよねって自分を慰める。

保育園のお母さん達はほぼフルタイムで働いている人達がほとんど。

時間が取れないので、特に年長以外の役員は早くやっておこう。という割とバリバリ働くやり手が

役につく。みんながいっしょに会議に出るのは難しいのだけれど、みんなバザーの日は父母の会総会が

あるので休みもとるし、頑張ります。と言ってくれ、なかなか平日時間の取れない人には

雑巾を縫ってもらったり、近くの掲示板にチラシを張り出してもらうなどの役割分担をし、

ラインで逐次意見交換や、会議をすることでなんだか少し一体感もできつつある。

伊達に長年キャプテンやら副キャプテンをやってきたわけではないのだなと何となくこのところ

40を超えて今までの人生を振り返ることが多い。折り返し地点なのかな。

仕事は若干犠牲にしている感があるが、私も保育園生活約12年の総括の年。

悔いのないようにやってやるさ!

みんな!ついてきて!!部品走りながら取れまくるぽんこつ車だけどね!!!

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加