くらしのタネ


原田 晴子
やきものやる日々

日曜のイベント。

2017-04-23 | 日記

本日は大曽公園でのフリマにじゅんちゃんと参加。

ほんの少し服とか、B品市なんぞをして、

お天気もいいからなかなか楽しく過ごせた。

お客様の娘さんとたーちゃんが仲良く遊びはじめ、それはそれで助かるのでバックヤードで二人で何かとお話しているのが聞くともなしに聞こえてくる。

お母さん、かわいいお皿とか作れてスゴいね!

あのね、私も大きくなったら作家さんになるんだ。と、うちのたあちゃんにお話してくれたかわいい女の子。話すことから察するに、うちのたあさんよりは大きい子だろうと思われるが、

母を褒めてもらった当のたあちゃんは、作家さんじゃないよ、お皿屋さんだよ!

と一生懸命お話してくれていた。

たあちゃんよ…かあさん、作家さんなのだよ…

なかなかそんな言い方を我が娘にする機会もないので、娘にしてみたら初めて聞いたのであろう。

勉強になったね…

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

それぞれに。

2017-03-21 | 日記

少し前のこと。

日曜から上の娘はガールスカウトの旅行。進級して、ブラウニーからジュニアスカウトとなり、真のスカウト活動のお楽しみは正にこれから。

今回は自転車旅行である。

私が子供の頃などは近所をひたすら走り回ったりしたものだったが、このインドア娘は滅多にしないので、

本当にいい機会。鼻血を出しながら頑張って

私なぞは小学生時代自転車をあほのように乗り回し、近所のロータリー的な場所をひたすら円を描くように走ってみたり、犬の散歩までこなしていたものだが、

どうにもインドアな娘は、行くよ!と声をかけなければ自ら自転車を走らせる事もない。

しかも今となっては母は面倒臭くてあまりいちいち自転車で遠出などしたくもない。となっている。

こんな状態なので、ああ、やはりガールスカウトに

入れてよかった。と思う。2時間ほどの距離を

途中、海で清掃活動したり、醤油の工場見学などを、皆で計画し、旅立った。

2日目にはなにやら鼻血ばかり出てしまい、みんなに迷惑をかけてしまったなどと言っていたのであったが、皆が大丈夫!と助けてくれたのだ。と

帰宅後嬉しそうに語るガールは眩しい。

一方、一人残った娘たあちゃんは、一日目は

お友達も誘ってプールなどへ連れていき、

夫君と夜ご飯のときに、なんだかたあちゃんが

生まれる前みたいだね。と上の子と三人暮らしだった事を思い出して懐かしく思ったりするのであった。

しかし。我が子ながら、ああ、もう違う一個人だなと思う。娘らは、なんとも 家族 が好きなのである。

何かというと、家族が大好き!と言うし、ああ、美しい事だな。とは思うし、コレも己の努力の賜物だと自らを褒めてもやりたい。

三人兄妹の末っ子で、大して構ってももらえなかった。そんな時代。仕方がないけどね。

そして上の子はフラを始め、楽しくてしかたがないようなのである。娘がやっていれば、多少見る機会もあるのだけど、な〜んかね〜…

私は無理だな〜…ほんわかした音にのり、祈りを捧げる的な踊り。子供のはかわいいなって思えるけど、大人のはどうも直視に困る。

心底皆で踊る踊りに向かないひねくれものだと

再確認。キャーキャー言いたくてたあちゃんは

ヒップホップにいれてみたが、小さいうちはかわいいけど、やめたい。と言えば別にいいよって思う。

子供の頃色々やらせてもらった。そして小さい頃しかいろんな事って試せないよなって思う。

どんどん忙しくなるし、自分の中ですき嫌いも出て

くるし。色々やる中で、自分に残るものがあれば

いいなと思う。仕事に結びつかなくたって

人生を豊かにするものだろうから。って思う。

そして。上の子はもう3年お祭りのお囃子をしているのだけど、週に一度、口伝のみで練習し、祭囃子の

旋律を覚えて出来るようになっている姿には

おどろくばかり。この子はこういう事好きなんだなあと思い、常滑市がやっている吹奏楽部へ知人から

お誘いを受けたので入る運びとなった。

下のたあちゃんだって、私が見向きもしなかった

あやとり が上手だったりする。

身一つだったものが、2つにわかれ、それぞれ

どんどん違うものになっていくのだと実感。

 

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

次の事。

2017-03-18 | 日記

本日より東京 玉川田園調布のインマイバスケットさんにて珈琲のイベントにモノたちが

参加しております。

http://www.inmybasket.net/event/Copy%20[64]%20of%20Copy%20of%20event%202.htm

50くらいでいいよって言われてたのに、ついあれもこれもと

先日久しぶりにお店にお邪魔してお話したものだからこれもみてください!!的な貪欲さが出た。

こんなさわやかシリーズとか、

やっとコンスタントに作れるようになった化粧もの。

最近模様シリーズがようやく落ち着いてそれほど失敗も少なくなってきたばかり。

だけど、かわいいものばかりじゃなくて、シックな感じのものも作りたい。

両方つくればええが。ということだが、体力と時間がない。

そんなわけで、シンプルなのでいいよ!と言ってくれるお店なのでよし!!ってわけで。

本当に今、時間は有難いことに子供たちは晩御飯後コソッと仕事場に消えていく母に

じゃあ、お風呂入るね。とか、がんばってね!とか言いつつ(毎日だとたあちゃんから物言いがつくが)

自分たちで寝てくれるほどに成長。お迎えやら学校行事やらで時間が昼間さかれても

少なくとも7:30~10:30くらい(延長で11時もあり)の夜勤ができて、夜子供たちを

寝かしつけてうっかり小一時間寝ちゃってからまた10時から仕事・・・なんていうことを

しなくて済むので体も楽。ついでに夫君もえらく協力してくれるので月曜にはバレーを

8時から9時半までやったりして、なんだか充実。あんまりボールを深追いしないことに

気を付けさえすれば、痛めた股関節もどうにか・・・。腹回りの浮き輪も個展仕事がつづくと

時間に追われるストレスでつい口になにか入れてしまうのではたと気が付くと体重増加。

それより先日の確定申告漬けの日々はきつかった。

毎年ああ、毎月ちゃんとしよう。って思うけど。。。

お次は熊本の 織庵 おりあん さんでの長谷川くんとの二人展。

震災復興で熊本からまたがんばりたい。とオーナーさんが展示会を企画してくれ、

それに私が参加させていただけるのは本当にありがたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある日曜。

2017-03-12 | 日記

本日上の娘は名古屋ウィメンズマラソンのボランティアでガールスカウトとして参加。

おにぎり持って、世界のトップランナー達を間近で

見て…なんていい経験だな〜。

そして、下の娘は一人って事で、五歳のお誕生日会を

する事に。この子とこの子と〜…

と、なかなか厳しいセレクト。

私の呼びたいお友達はヤダって言うし

しっかり自我があるのでもうなんでも

はーいって言ってくれるたあちゃんでは

ないのだな…と改めて。

チビッコの事とて少しおもちゃでも

用意すれば勝手に遊んでいるし

メインはブラウニーでも作ってパフェつくりしやうかなと思ったが、クレープがよい。というので

お客様にフルーツやトッピングのモノを持参して〜とリクエストし、昼時過ぎたらせっせとホットプレートてクレープ作りする予定。

メインイベントは…

バースデーピニャータ!メキシコのクリスマスには

欠かせない本当は陶器で作られているらしいが

お菓子を詰めた紙袋のハリボテをチビ達に叩き割らせてお菓子が降ってくる…予定。

うさぎちゃんがいい。というのだけど、正に袋叩きに

する…と思うと、う〜む…。

イタズラウサギをこらしめる。というストーリー設定で行こう。ふとどきな感じのウサギにしてみた。

棒で叩かれ、破れる前にドタっと落ちる可能性も大。

どうなるやら。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平岡 仁 展へ。

2017-03-10 | 日記

京都五条坂陶器市からすっかり1ファンとなった

平岡 仁氏の展示会が東京ー名古屋で二本立てします。とお便りをいただき、浮足立ってわざわざ瀬戸に下絵具を買いに行く日を今日に設定し、まずは

瀬戸の梶田絵具店へ。相変わらず丁寧に説明をしてくれ、相談にものっていただける。いつもは電話して送ってもらうばかりたけど、やっぱり色は見なくちゃわからないし、行って良かった!

この後の18日から東京 田園調布の

インマイバスケットさんにて珈琲のイベント

へ参加。その時に少しだけ新作を出したいので

これで一気に進められる。ウキウキ。

そんでもって、名古屋の東区にある

ORIBE NAGOYA にて行われている

平岡 仁 陶展 酒食同仁  へ。

京都でお会いした時からちょっと周りにいない感じの

濃い感じの好青年ぶりにオバハン根性で

キャッキャしているわけで。

ここの所な~ンとも思うことがなかった薪窯の焼き物

なのに、彼の焼き物を見て久しぶりに

あ〜…私そういや元々薪窯志向だったっけ…

て思い出した。

作りも結構柔らかい。

鯉江良二氏のぐい呑と一緒にコレクションにしよかな

とぐい呑をゲットしたいなとは思っていた中、

ひとつだけ四角い引き出し黒のモノが目に止まる。

期せずして、鯉江さんのも引き出し黒。

寒い時に少しだけしか日本酒は呑まないけど

 

これは色々活躍しそうである。

残念ながら握手会はなかったが、少しお話もして、

ルンルンなのである。

チョロいオバサン…

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加