くらしのタネ


原田 晴子
やきものやる日々

台湾へそ曲がり旅後編

2016-06-28 | 旅行

二日目。早起きして、まずは龍山寺へ。そんなこと言ってたのに。結局起きたら8時くらい。

それならこのホテルで朝食を済ませて、あとはホテルに戻ってこなくてもいいように

しようか。そんなわけでビュッフェ会場へ。

写真にはクロワッサンだの素敵な写真が写っていたのにもろ大陸。大陸のお客様が

大半だっただけにあっちからもこっちからもなかなかに喧噪。でもちょっと頑張って

ガーデンテラス風にしてあるのがかわいらしい。定番のお粥にそぼろ風トッピング

干し豆腐の炒め物的なものをさらさらっと頂き、竹の子かな?っと思ってたぶつ切りは

しょうが。そんなかんじだが珈琲も飲めたし。ちなみに今回のホテルは素敵なカフェが

併設されていてそれがポイントで選んだ物件だった。

だのに朝からはやっていないし、

第一ずっと食いつかれした胃袋に珈琲はともかくクロワッサンやマフィンはちょっと・・・

なんにしろ二泊三日でバーゲンセールで一人8千円くらいの宿なのだから十二分である。

部屋の窓から見える光景。おっさんが庭の緑にそんなに???!!

と言うくらいひたすら水をかける。

最初は二日目台南へ行こう。今度こそちょっと・・なんっつってたのに結局1時間半の電車に揺られる

時間が惜しくなり、龍山寺の後、近くの薬草街で苦茶をなめ、青草茶をまたさらに頂き、目にいいお茶と

よく眠れるお茶をセレクトしてもらう。よく眠れるというのは”夜猫茶”だった。

本当は今回はよく寝られると聞いた”蓮の種のお茶”と肺にいいデトックス的な漢方でもありはしないか

と思っていたのだけれど、漢方薬屋らしきところで”旅の指さし会話”を取り出し、

”悪いと思う” ”肺”

と指さすと、店主は筆談で

”看 医者”

との返事。医者へいけってことかよ。それでもめげずに

”求 漢方”   と書くと、

”看 漢医”  (漢方医にみてもらえ)

と言われるしまつ。残念であった。ともかくそのまま地元マーケットをきゃあきゃあと

覗きながら楽しんで、歩きまくってたらじゅんちゃんがメモってた豆花屋さんにも行け、

その前にどうしてもと牛肉麺と皮蛋豆腐なんかもたべちゃったりして。

それでもこの後一応家族には仕事。と言った手前、台湾における日本陶器の市場調査的な。

政治家の海外出張みたい。

最近何人かこの台湾の 小 器 で展示会をすると聞く。ちょっと覗いてみたいよね。って

リクエストしてまずたどり着いたらなんとそこは 梅酒屋だった。ひとまず二人でお向かいの

ステキカフェで一服。 みんな珈琲飲んでるのに

二人は・・・・。ちなみにじゅんちゃんはライトビール?だったかホワイトビールだったかを

頼み、ほかには何がありますか?と店員さんに英語で尋ね、じゃあ、リッチビールで。

とたのんだらなんとライチビールが。想像つかなかった。

その後オサレなセレクトショップ 小 器 は案外近くにあり、視察も終えていったんホテルへ

そしてちょっと食べてみたかった、自助餐・・・というビュッフェスタイルのお弁当屋さん。

これから地下鉄にも乗るのにホテルの一杯の為にゲット。

十穀米くらいのごはんにへちまの炒めたのや、干し豆腐の煮もの、竹の子の炒め物、角煮なんかを

指さしでチョイス。おかみさんはよしよしとばかりに私たちに選んで盛ってくれようとした卵とトマトの炒めなど

をいらんいらんとすげなくかわし、ずうずうしくもこれね。あ~それはちょっと・・などと

言葉の通じないのもお互いに苦にもせずゲット。

こういうのが楽しい。 無事ホテルまで持ち帰ってさっそく。

その後じゅんちゃん曰く新宿っぽいとい西門の街へ繰り出し、カモを堪能。

 地元の家族連れや友人同士で来る店らしい。

早速ビール!というと、体育会系大学生バイト風が「セブン ・イレブ~ン」と歌った。

持ち込みなんだそうで。もちろんわたくし走りました。

・・・どんだけ飲んでるやら。とっもかく。正直今回もだけど地元スーパーや夜市で飲みに来たの。

私たち。リフレッシュなの。

そんな旅でした。歩いて。食べて。〆は足つぼ。翌日には早朝に起床し、常滑に戻ったわけです。

悔いはない。だってまた行くもん。いつかはわからないけど。

 

 

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

台湾へそまがり旅。

2016-06-27 | 日記

遅くなってしまったけど、21日からやっと台湾へ。

春からこのタイガーエアの激安チケット取って以来この日を励みに仕事をしてきた。

そして今年最も懸念事項だった(今のところ)フランジパニさんでの個展を終えて

やったった感半端ない。二週連続ながら心置きなくすべてを忘れて同業者Jさんと

テイク オフ!!!朝から雨の心配でじゅんちゃんと

もうどうしよう。長靴・・・履いていくか。あんまり足を冷やしたくないよね…

などと妙齢の女性ならではの心配でビーサンを持っていくけどどうも予報は雨っぽい。

スニーカーが濡れても・・・と最後の最後まで悩んでよし!長靴!!となった。

が。出かける寸前。J氏から「やっぱりスニーカー履く。」との決定が下される。

よしきた!!揺れ動くおOOOごころ。

すべてはここから始まった。

電車で落ち合うと私は青の帆布バッグ。j氏は赤。

ぐりとぐらか。

 

ともあれその後空港のチェックインカウンターで若いチャイニーズのお兄さんを茶化しつつ

まだ出国していないのにお買い物開始なんかもしつつ景気づけにビールをごくごく。

おっさんの様相。さすがに気恥ずかしいのでひっそりと空いているゲートで飲んでいたら

MRS、OOO?(私の本名)と先ほどのカウンターの男子に尋ねられる。

はい?と言えばなんとエアチケットをビールを購入した際落としていたらしく

搭乗ゲートで呼び出されているとのこと。あちゃ~・・・・・恥ずかしや!!!

しかし。これはその後待ち受けているあわわ旅の序章に過ぎないのはその時は知る由もなかった。

その後。無事に飛行機は離陸。今回は一回目と違ってお迎えもないかわりに土産物屋巡りもない

快適自由旅。前回は便利・安心ではあったが土産物屋巡りの為に二~三時間近く余分に取られる

という高級品をかうでもなくその時間コンビニで白きくらげジュースを飲んでいた私たち。

いらんね・・・と今回はすべて自分たちの責任。すべて自由。

がしかし。前回台湾はあまりにも外国感がなく、これなら大丈夫だね。と外国なのにまったく心配がなかった。

そしてやっぱり心配なかった。

高速バスに乗って駅まで行き、そして乗り換えして予約してあった西門のホテルへ直行することに。

そしてまた事件は起こった。駅構内を歩いていると「これっ!!」とばかりに台湾ヤングなメガネの女子が

なにやら私に差し出す。なんと私のパスポート!!!

あわわ!ありがとう!!ちょうど寸前に宿の予約表をコピーした用紙を挟んだファイルを取り出していて、

あ・・・パスポート・・と思ったところだった。

なんて優しい人達か!!!やっぱり台湾好き。そしてこの”やさしさ”は特に若い世代に顕著。

旅行中、何度も若い子たちがさっと地下鉄で年配者に席を譲り、大きな道路では盲目らしい

ホームレス風のおじさんがもう道を渡って歩き始めてしまったところを若い男の子がさっと

道を渡って手をとり、一緒に歩いてあげるというような場面に出くわす。

儒教がしっかし浸透しているんだろうな。台湾の未来はきっと明るい。

さて。まったく自分のあほうを嘆くばかりだが、台湾の素晴らしい若者たちに助けられなんとか

大きな事件はその後なく、なんとなくわかってはいたが晴れ子の実力で雨もほぼなし。

寸前での長靴却下は正解だった。行く飛行機でやっと二人でこの旅のプランを練るおとぼけな二人。

ホテルに荷物を置いて、前回ここは押さえなきゃいけなかったね。と小籠包の有名店ティンダイフォンへ

まずはタクシーで。これだけは覚えた

「ウォー シアンチュウ(思案中と覚える)OXOX。」OXへ行きたいです。

とティンダイフォンに行きたいことを告げると、いかにも下町っぽいタクシー運ちゃんのおっさんが、

えらい勢いで「ティンダイフォン?OOXOXOXOXOX!!!!」とまくしたてる。

笑っちゃうくらい何言っるかわからないのに意味は分かる。

あっちにもこっちにもティンダイフォンあるよ!どこにいくあるよ?と言う感じ。

本の中の地図を見せ、やっとおっさんも沈静化。可笑しくて仕方がなかった。

まずはビールをグビり!おつまみはきざみ湯葉の和え物や松前漬け様のもの。

まっていましたカニみそ小籠包・エビとへちまの小籠包・スタンダード小籠包X2.もち米の焼売。

そう注文したのであったが、きびきびと働く女子ウエイターに「オオクナイデスカ?」と

注意を受け、結局スタンダード小籠包をひとつにしたのであったが、最終的にはやっぱりもうひとつ

追加する。日本人おばさんの底力。食いしん坊万歳。

地下鉄の切符はなんとコイン。前回は結構タクシーを

利用したが、今回はあまりにも使いやすい地下鉄網を頻繁に使用。

結構な区間20~30元で行けるので、一日乗り放題150元のチケットも買わず。

あとはそのままディーホワチェ(漢方などの問屋街)へ流れ込み、初日とて少し抑え気味で

お茶を買い、もう真っ暗。でも、、、、あのあたりに駕籠屋さんあった・・・とじゅんちゃんが

言うので蒸籠がほしかった私はでも・・・もう閉まってるよねえ・・と言いながらも行く。

そして!!!奇跡的にお客がいてまだやっていた。

日本人がよく買うらしく店頭のメッシュの袋をもってオジサンが「カワイイヨ~」と言うも、

こちらは目的が違う。蒸籠をああでもないこうでもない。とあさり、竹のトレーを見つけて

おばさんと値段交渉。電卓を弾きあった。結局少し負けてくれたところでほかのお客のおばさんが

これ十分安いよ。と加勢され、あきらめる。そのときじゅんちゃんはしばしあきれ顔であった。

その後大きな荷物を持ち、通りがかりの夜市も覗いたりしてまた地下鉄に乗り、

コンビニでビールを買ってくたくたになったところでホテル近くの足つぼマッサージへ。

疲れていたので背・肩マッサージ付足つぼアロママッサージ30分500元で。と思ったが、

フロントの姉ちゃんが、60分のセット800元を50分で700元でいいよ。と言う。

ほんじゃあ・・・やってもらうか。ラベンダー足湯につかりお姉さんたちにぎゅうぎゅう

肩をマッサージしてもらって一日目は更け行くのであった。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

福岡滞在記

2016-06-19 | 日記

うっかりと一週間違えて飛行機のチケットを取ってしまったなんていう

大誤算もあったのだが空港からさらっと地下鉄で最寄りの駅へ。

三時ごろにお店についてしまってすでに並び終えた器たちとご対面。

その後オーナーの息子さん三年生も帰宅し、お勧めのおうどん屋さんへ。

名前にひかれて 丸うどんをチョイス。

美味しいお出汁にまるいはんぺんが。

うまい。しかしオーナーシュンイチロー氏が頼んだ冷やし天うどん。ボリュームがすごい。

ちょいもらったらこれもまた美味かった。三年生の男の子とていっぱい食べるかなと思ったのに

なにかお疲れだったようでご指名の 肉うどんもほんの少し。が。シュンイチロー氏は

天うどん大盛とエビ天丼のセットを頼んであり、嫁のともちゃんもそれぞれ天うどんを頼んであったので

どれだけ食べるのだ…と思ったのであったがやっぱりオーダーミスだったようで多いな~

と言いつつそれでもシュンさん平らげとった。ともちゃんの「頭おかしいよね。」の

冷たい言葉が上から降ってきたのはいうまでもない。

しかし。めぞん一刻の響子さんのテニスのコーチばりにははっと笑うと歯が光るようなイケメン店主は

気にしない。

出身は鹿児島でスポーツマンタイプ。さぞお酒も・・・と思ったが一滴も飲まない。

何たることだ。結局二泊三日でお世話になり一人で最初から最後まで飲んでいた。

そして毎日の〆は近所のスーパー銭湯。・・・最高です。

 福岡のジュース売り場にはマンゴーとイチゴのヨーグルトンが。

なぜ ン が付くのかはわからない。

初日のお客様との会話も弾み、7時を過ぎた頃。さすがに疲れたがそれほどのんびりする暇もなく、

かといって押し合い圧し合いでぎすぎすすることもなく。

店員と化して何を乗せたらいいですか?とのお客様の質問に 一礼して

「是非サーモンのポワレをのせてください。」

などと意表を突く答えで場を和ませてみたり、どれにしよう。と仰るお客様には

「是非棚ごと。大人なんですから」

など祭りセールストークを炸裂させたりと今までの私のキャリアを駆使。

方向性が間違っているかどうかはあえて考えるまい。

最後の朝は福岡のオサレパン屋さんでモーニング。

乙女なオーナー夫妻はミネストローネsoupとサーモンタルタルのサンドイッチと

生ハムとカマンベールのサンドイッチ。私は朝は珈琲が欠かせないのでカフェオレと

トマトとモッツアレラのフォカッチャサンド。そして。大好きなフルーツのペストリー

 さっぱりとしたクリームで美味。

満喫~!!!これで少しだけ飛行機の時間まで接客をと思ったらまだ最後ではなく、

近くの焼肉ランチがしめ。もうフラパニさんにお尻を向けて寝ることはできないのであった。

常滑ではジャー子が迎えてくれました。

コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

フランジパニ初日。

2016-06-16 | 展示会・イベント

おかげさまで朝からたくさんのお客さまにいらして頂く事ができて、ひとまずほっと一息。
かわいい!
(私の中ではいよっ!原田屋!と聞こえる。)
と声を出して頂き、皆さんあれもこれもと選んで下さってるのを見ながら頑張って良かった・・・と背中で泣く。
伊達に上腕2頭筋を大きくしたわけではなかった。
今回本当に勉強になったのは、展示のバランス。
要は数だけど、お客さまが来てくれて、DMだったりHPなどで見て買いに来たのにもうない。ではやはり申し訳ない。
例え色違いでもメインで出したものがしっかりと数ある事の大事さ。
毎回個展にはこれでいこう!とテーマを決めて臨みはするのだけど作り始めるともう夢中になってあまり考えずにやってしまっていることも多く、かなりの数を作った今回はかえって客観的に見る大切さを知ったかもしれない。
でも下の子が四歳になった今だからできたこと。頑張っていたら必ず必要な時に必要な事が起こるのかもしれない。
ともかく。福岡は暖かいところです。(気温じゃなく)本日の出会いに感謝。

 二階から会場を見る。あんなに数があったのに

すっきり収納。

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

無事、福岡入り。

2016-06-15 | 展示会・イベント
おうちギャラリーである福岡のフランジパニさんに到着。
すでに展示を終えて頂いていたので、色々とじろじろ見ながら、ああ我ながら頑張った。と思う。
明日は初日。お客様来ていただけますように。
前日である今はゆっくりさせていただいております。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加