くらしのタネ


原田 晴子
やきものやる日々

次の事。

2017-03-18 | 日記

本日より東京 玉川田園調布のインマイバスケットさんにて珈琲のイベントにモノたちが

参加しております。

http://www.inmybasket.net/event/Copy%20[64]%20of%20Copy%20of%20event%202.htm

50くらいでいいよって言われてたのに、ついあれもこれもと

先日久しぶりにお店にお邪魔してお話したものだからこれもみてください!!的な貪欲さが出た。

こんなさわやかシリーズとか、

やっとコンスタントに作れるようになった化粧もの。

最近模様シリーズがようやく落ち着いてそれほど失敗も少なくなってきたばかり。

だけど、かわいいものばかりじゃなくて、シックな感じのものも作りたい。

両方つくればええが。ということだが、体力と時間がない。

そんなわけで、シンプルなのでいいよ!と言ってくれるお店なのでよし!!ってわけで。

本当に今、時間は有難いことに子供たちは晩御飯後コソッと仕事場に消えていく母に

じゃあ、お風呂入るね。とか、がんばってね!とか言いつつ(毎日だとたあちゃんから物言いがつくが)

自分たちで寝てくれるほどに成長。お迎えやら学校行事やらで時間が昼間さかれても

少なくとも7:30~10:30くらい(延長で11時もあり)の夜勤ができて、夜子供たちを

寝かしつけてうっかり小一時間寝ちゃってからまた10時から仕事・・・なんていうことを

しなくて済むので体も楽。ついでに夫君もえらく協力してくれるので月曜にはバレーを

8時から9時半までやったりして、なんだか充実。あんまりボールを深追いしないことに

気を付けさえすれば、痛めた股関節もどうにか・・・。腹回りの浮き輪も個展仕事がつづくと

時間に追われるストレスでつい口になにか入れてしまうのではたと気が付くと体重増加。

それより先日の確定申告漬けの日々はきつかった。

毎年ああ、毎月ちゃんとしよう。って思うけど。。。

お次は熊本の 織庵 おりあん さんでの長谷川くんとの二人展。

震災復興で熊本からまたがんばりたい。とオーナーさんが展示会を企画してくれ、

それに私が参加させていただけるのは本当にありがたい。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ある日曜。

2017-03-12 | 日記

本日上の娘は名古屋ウィメンズマラソンのボランティアでガールスカウトとして参加。

おにぎり持って、世界のトップランナー達を間近で

見て…なんていい経験だな〜。

そして、下の娘は一人って事で、五歳のお誕生日会を

する事に。この子とこの子と〜…

と、なかなか厳しいセレクト。

私の呼びたいお友達はヤダって言うし

しっかり自我があるのでもうなんでも

はーいって言ってくれるたあちゃんでは

ないのだな…と改めて。

チビッコの事とて少しおもちゃでも

用意すれば勝手に遊んでいるし

メインはブラウニーでも作ってパフェつくりしやうかなと思ったが、クレープがよい。というので

お客様にフルーツやトッピングのモノを持参して〜とリクエストし、昼時過ぎたらせっせとホットプレートてクレープ作りする予定。

メインイベントは…

バースデーピニャータ!メキシコのクリスマスには

欠かせない本当は陶器で作られているらしいが

お菓子を詰めた紙袋のハリボテをチビ達に叩き割らせてお菓子が降ってくる…予定。

うさぎちゃんがいい。というのだけど、正に袋叩きに

する…と思うと、う〜む…。

イタズラウサギをこらしめる。というストーリー設定で行こう。ふとどきな感じのウサギにしてみた。

棒で叩かれ、破れる前にドタっと落ちる可能性も大。

どうなるやら。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

平岡 仁 展へ。

2017-03-10 | 日記

京都五条坂陶器市からすっかり1ファンとなった

平岡 仁氏の展示会が東京ー名古屋で二本立てします。とお便りをいただき、浮足立ってわざわざ瀬戸に下絵具を買いに行く日を今日に設定し、まずは

瀬戸の梶田絵具店へ。相変わらず丁寧に説明をしてくれ、相談にものっていただける。いつもは電話して送ってもらうばかりたけど、やっぱり色は見なくちゃわからないし、行って良かった!

この後の18日から東京 田園調布の

インマイバスケットさんにて珈琲のイベント

へ参加。その時に少しだけ新作を出したいので

これで一気に進められる。ウキウキ。

そんでもって、名古屋の東区にある

ORIBE NAGOYA にて行われている

平岡 仁 陶展 酒食同仁  へ。

京都でお会いした時からちょっと周りにいない感じの

濃い感じの好青年ぶりにオバハン根性で

キャッキャしているわけで。

ここの所な~ンとも思うことがなかった薪窯の焼き物

なのに、彼の焼き物を見て久しぶりに

あ〜…私そういや元々薪窯志向だったっけ…

て思い出した。

作りも結構柔らかい。

鯉江良二氏のぐい呑と一緒にコレクションにしよかな

とぐい呑をゲットしたいなとは思っていた中、

ひとつだけ四角い引き出し黒のモノが目に止まる。

期せずして、鯉江さんのも引き出し黒。

寒い時に少しだけしか日本酒は呑まないけど

 

これは色々活躍しそうである。

残念ながら握手会はなかったが、少しお話もして、

ルンルンなのである。

チョロいオバサン…

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

もう5年。

2017-03-08 | 日記

五年 と一週間ほど前。このブログで毎日出ないでないまだでないと、わが子の出産を

まさにウンウン言いながら待っていたのであったが、とうとうこの日はやってきた。

そんなわけで昨日、つつがなく5歳のお誕生日を迎えました。

 晩御飯はハンバーグ。ご飯はみどりで木の形にしてね”という強い

リクエスト。??と思いつつハイハイ。

そしてケーキは、どうする?買ったのにする?作る?というと、たあちゃんはつくる~。

という。違うな~。姉妹でも・。上の子はふんだんに焼き菓子を焼く母のケーキはそれほど

見向きもせず、どちらかといえば買ったのが欲しいなどというやつで、下は作って!というのでなく

一緒に作りたいという。ま、面倒といえば面倒。いいけどね。

そんなわけでリクエストはウサギ。スポンジを言うがままに切り、デコレーションは娘たちに

させた。勿論母監修ですけど。 ハッピーバースデー。

さて。クリスマスからどうしてもほしいと言い張っていた生まれてウーモというおもちゃ。

クリスマス時にはなんと定価の三倍ほどになってネットで売られており、ばかばかしいと

やめたのであったが、ここのところなんとか熱もおさまってきている様子。ぽちっとな。

 紙コップ二倍くらいの高さの卵からペンギン風のお人形が生まれてくる。

ピンクの卵からは二種のウーモが生まれてくるが、どちらが生まれるかはお楽しみ。な~んていう代物。

下の部分を撫でていると、キューキューキャッキャいいながら、なんとくちばしで卵をつつき割って

出てくるのである。出てからはしばらくは赤ちゃん。少し遊んでやっていると、目のライトが光りだし、

勝手にハッピーバースデーを歌って成長。今や歌もダンスもできたりする。

おもちゃメーカーも考えるな~・・・・

すごいわ。でもなんか、おもちゃ高級化しているなって思う。なんとなく慣れてきていたけど

素焼きにやってきていたじゅんちゃんに五歳の子に、高くない?と言われ、あ~ほんとだな~・・・と。

なんだか世の中おかしくなってきてるのかな・・・・

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

こんな季節

2017-03-06 | 日記

 春のお祭りに向け、子供たちのお囃子の練習がはじまりました。

今年は4年に一度の北祭というほかの地域と合同で山車が集合する大きな祭りで、時期もちょっとだけ

早くなる。お囃子を始めて上のムスメは4年になるが、難しくて音を出すのも大変だった笛も、完全に

音符も何もなく、口伝えに教わる祭りの旋律もできるようになっているのが本当に驚き。

子供の力ってのは親の想像以上なのかもしれない。

なんだかここのところ疲れが取れない。眼もしょぼつくし、頻尿だし。イライラして子供をしかり飛ばして

ばかりいて、これはいかん。と気づく。

そういや、まともにここのところ休みってとってないな。と思いつつ日曜は子供たちがガールスカウト

に出かけたのをいいことにまた仕事・・・でも4月に熊本で二人展と理解していたのになんと

搬入が今月21日だったことに戦慄を覚えた今、確定申告だってあるし、休んでいる場合でないのである。

でも。ちょっとだけ。と午後からは今更ながら観てみたい。と 君の名は をチョイス。

たまには夫君も誘って、奴は30分遅れの クリミナル をそれぞれ観て、ちょっと休日気分、。

さて、泣くのかな?と思いきや、不思議な話。でも、面白かった。 こうなると この世界の片隅で も

観たい。しかし明日で5歳のたあさんにはちょいと早い。君の名は でもあと40分・・てとこで

ちゅまんない・・・となってしまった。

でもな~。。。かといってわざわざ映画館でクレヨンしんちゃんとか観るのはワタシがちゅまんないんだよね~。

ま、すこしだけ息抜きしました。

そして、疲れがとれないので早く寝ることに。久しぶりにたあちゃんと一緒にベッドに入り、

この間買ってあげた 楽しい幼稚園 。どれだけ読めるかな?と読んであげることにした。

すると・・・なんと!今現在やっている キラキラプリキュアアラモード。 名前がながい・・・

この返信のセリフが レッツ ラ 変身~!!というのである。

レッツラゴー を知っている世代には違和感。

時代は回ってやってくるのね・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加