くらしのタネ


原田 晴子
やきものやる日々

ニアミス。

2016-05-20 | 日記

現在、原田かつてない状況で個展のためのモノつくりに励んで

いるわけなのであるけど、ほぼいつもの倍作らねばならないので

それこそ朝も夜もひたすら作っていてもぎゅうぎゅうに詰めたら

なかなかいっぱいにならないわが窯にいらっとする。

いいことだけどさ・・・

この仕事のありがたいところであるが、ああ・・・もう作るなんてヤ!

そう思う頃今度は釉薬掛けになり、もうヤ!釉薬かけたくね・・・

と思う頃に窯が焚けて、今度はああ・・もう仕上げ作業って嫌い・・・

こんなふうにルーティンとはいえ違う作業をすることができるので

本気で嫌いにならずに済む。

そして見て頂いた方に「かわいい!」などと声をかけて頂く事が

できるありがた〜い商売なのである。

自分に対して言われたことのないこの 「かわいい!」とか【好評ですよ!」

なんていう言葉はワタシたちにとっては「よ!!原田屋!!!」と声をかけて頂いた

ようなもので、にこやかに笑ってありがとうございます。なんて言ってても

心の中では尋常じゃないくらいより目をして、大見栄をきってポーズをきめているのである。

ともかく。さて仕事が差し迫て来た。

ひたすら作業しつつも、これで足りてるか?もう少しつくるか?なんていう

事が目下の悩み。

しかしもう作り作業はリミット。そう思いながらまだも少し作っていると

ごちゃごちゃの仕事場は見ずにドアの向こう側

にご注目。かわいい声を出して性懲りもなく野良♂がプッチかジャー子を呼んでいるのである。

アンタ・・・入る気?とじっと見ていると お待たせっとばかりプッチが飛び出した。

そしてすりすりっと顔と顔をすり合わせ鼻をクンクン。なぬ!!

が!!その刹那。♂にゃんは鼻をひくっとさせたかと思うと背中の毛が逆立つ身振りをし、

だだだっと逃げて行った。

ふふふ。

ついさっきプッチとジャー子にノミ取り薬を投与したばかり。

アルコール性の鼻への刺激臭に千年の恋も冷めたのかもしれぬ。

ふはははは・・・

仕事場に勝ち誇った笑いが響いたのは言うまでもない。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

くすぶる。

2016-05-15 | 日記

次の個展へ向け、朝活もし、夜も子供たちが自分たちで風呂に入って

寝てくれるというナイスな状況ができるようになったため、夜も

できるだけ。はたと気が付くと特に晴れになってからは結構はかどっていて

ふむ。これなら一か月も切ったしDMをフェイスブックやブログにアップすっか。

そんな感じでとある朝、写真を撮ってさて、日付を・・・と思ったら

おかしい。一か月きってない。

そして気が付いてしまったのである。初日の日付を完全に間違えていたことを・・・

大馬鹿野郎である。

幸い、一週はやい予定で考えていてそのまた少し前に納品は終えてくださいと

言われていたのでそこはいいとして、問題は・・・・・

飛行機のチケット買ってしまってるよ〜!!!!

なにやってんだ!!私のあほう!

しかしどんなに悔やんでも仕方がない。ジェットスターでとっても安く購入できていたので

日付を変更してもまだお値打ち。そう思うしかないよ。

こんなことばっかり・・・

どうにも最後の詰めが甘い。

気ばかり急いて空回り。

もう一度言う。

どあほうである。

もう言わない。

ともかくもう一度ふんどしを締め直して(安心してください。はいてませんよ。)

確実に窯焚きの計画を実行し、遂行するのみである。

しかしちょっと勢いつけすぎたせいで疲れが蓄積中。両腕がパンパンに筋肉痛。

すでに200キロ以上の土を練っているせいだが、ちょっと休ませてやらないと。

そんなわけで本日は土を触らないと決めてみた。

子供と午後からはプールでも行く。

その後・・・できちゃったモノ・・・梱包しよかな・・・

はっ!!これ仕事じゃん!いかん!

ちょっとリフレッシュしなきゃね。とはいえ掃除と洗濯。

もうすぐ11時になろうとしてるのにまだやれてないよ。

やらなかんね・・・

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

原田晴子 陶展 フランジパニ 福岡 にて

2016-05-14 | 展示会・イベント

原田 晴子 陶展  2016.6月16日(木)  ー 21日(火) 作家在廊日 16日(木)

お花に鳥にしましまに。

楽しくなる器で、楽しい毎日を!

enjoy every day!

 

うつわ屋 フランジパニ

福岡市早良区南庄6-10-25  営業時間10:00-19:00 (水曜定休)

www.franjipani.com

かわいいDMを作っていただき、ちょっと感動。ちょっとプレッシャー。

頑張っております。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

母の日に。

2016-05-11 | 日記

たあちゃんからは保育園で描いた絵。

上の娘からは、夕食後に仕事場で作業をしていたら 後で見てね。と

一枚の紙が・・・

キラキラ妖精現る。

大きくなってやることも子憎い。

何かの絵を写した感があるけどなかなかに上手でほう。と思った。

轆轤の前に上の娘からのメッセージや絵が少しづつ増えていっている。

この娘は小さいころから工作やら絵を一緒に描いたりすることも

多かったせいか、そういったことが好きで上手。

保育園の時にはいつでも自分の絵はきっちり茶色でお顔を描き、

すごくみんなとの違いを意識しているのだなあとしみじみ思った。

たあちゃんはもっぱら遊びはお姉ちゃん担当。小さい子と遊ぶのも

好きな子なので一緒によく絵を描いたりしていてやっぱりたあちゃんも

絵が上手だなあ。と思ったりするのであるが、ハタとあれ?たあちゃんは

自画像・・・茶色で塗ってるかなあ・・・?と気づく。

自画像自体をあまりまだ描かないせいもあるだろうか。

しかし上の子は周りで自分だけが褐色の肌。

下の子は姉もいるという環境で意識の違いがあるのだろうか。

たあちゃんは茶色。とは時々言ってはいるのだけれど。

ともかく母の日。母さんになって約10年となる。

私は…と言えば月末にちょっとした手術をするので来てほしい。

そういう母に、う〜ん・・来月まではちょっと仕事がきつくて・・

う〜ん・・・と渋ると「まあ・・・お父さんはいるんだけどね。」

とのたまう母。

・・・お父さんいるならいいじゃん!!もう!

そう言った冷たい娘。

ちょっと反省して母の日に

「なんとか少しでも行けるよう検討します・・・」

そう電話をしたのであった。

 

コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

GWの終わりに。

2016-05-06 | 日記

気持ちは急くが、何しろGWであったので少しは家族サービスも。

なんて思い、思い付きで竹島へ行ってみようと。

最終日に実家へ子供を実家へ連れに行く予定が、二人から泣きが入って

夫君が連れに行き、とはいえおかげさまで窯の予定が早くできたので、まあ。いいか。

てなもんで。

そして着いたのは、蒲郡の生命の海科学館。

ここは結構よかった。石になった大木とか、隕石などを見る事ができて、

正直たあちゃんがごにょごにょ言ってろくに展示物も見られなかったが、

外で100円の木工教室が開催されていて、子供らはそこで結構満足した。

そして竹島へ行く前に腹ごしらえ。とばかりファンタジー館に隣接した

レストランで海鮮BBQ。すごい風の中、大あさりやらエビやらするめいかなぞ焼いて

いただいた。欲の皮が突っ張らかって、せっかくだから海鮮丼にウナギも・・・

ちょっとやりすぎた。

ここは少々観光客用っぽかった。

そんでもって竹島。

この橋を歩いて渡って竹島へ行く。

非常に風が強くて、頭の中で  この写真〜が〜一生残る〜と写真館のコマーシャルが渦を巻く。

 もうよれよれ・・・

でも子供とこうして岩を上ったり下りたりして、商売繁盛の神様を拝んできたりと

それなりに楽しい一日でした。

しかし。疲れがハンパでない。

年だな。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加