何かをすてて何かをひらおう

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

電車の中で

2017-04-19 23:11:54 | 日記
ホームで電車を待つ。
風が強く、そのことから何気なく同年齢の二人と言葉を交わす。
電車に乗り込んでからも、世間話をしていた。
路線の電車は対面式の座席である。
私が、座ると海が見えるからいつもこちらの席と云うと、並んで座った他の人もそうそう、そうなのよ と笑いあった。
窓にブラインドが下りていたから、もう朝日が射さないからブラインドを上げましょうと向かいの窓のブラインドを上げた。

桜はもう散りましたね~。
あら、ライラックが咲いている。
牡蠣の筏が見えると、もう牡蠣のシーズンも終わりましたね~。
走る電車の窓から見える景色をとりとめもなく話していた。

次の次の駅から乗って来た娘さんが、乗るなり、自分座った窓辺のブランド、私達の座っている窓辺のブラインド、すべて下ろしてしまった。
電車の中が暗く?なった。それは無いが私達三人は急に黙りこんでしまった。

娘さんはやおら大きな袋から化粧道具が入っているらしい小さなバックを出す。
一番にハガキ大の鏡を出して、顔を覗きこんでいる。
見ていた私と視線が合う。
目力がある大きい目でにらみつけられた。
急いで視線を外し、持っていた、本を出して読む、、、、が彼女のことに興味がわいて、本を読むふりをして、ちらちらと観察をする。

きれいにお顔が仕上がってゆく。
眉の色は、いまどきはこんなのが流行っているの。
最初に茶で描いてその上から赤を重ねる。歌舞伎役者の?隈取のような色。
じっと見ていたのに気づかれたのか ひと睨みされた。怖い目。
目に集中をして美しくやっているようである。
目バリ(アイライン)を描き次は小さな箱から つけ睫毛を出してしっかりと鏡を覗き口をゆがめて装着をしている。
怖いお顔をするけれど、目元は美しく出来上がった。笑顔になればもっとチャーミングなのになぞと思いつつ、身に着けているものを観察する。
黒い エナメル の靴。
黒いスパッツ。
白いブラウス。
模造の真珠の長い首飾り。

     

彼女の白い木綿のブラウスは 私が先日縫い上げたブラウスと同じような型。
今年の流行かしら?、襟を立てて着ている。

可笑しくなった。

電車が降りる駅に。
お二人に挨拶をして降りようとすると、一方も同じ駅で降りた。
行く先は同じ病院であった。

睨まれたけれど、今日のブログの ネタ を有難う娘さん。
お化粧をするのは、ブラインドを下ろしたほうがきれいにできるのかしらね~?光の加減もいるのだな~。
でも みっともないとしか云えない。お行儀の悪いこと。


ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« れんげ草 | トップ | 先が思いやられる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL