何かをすてて何かをひらおう

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

一期一会

2017-05-29 09:32:28 | 日記
    

讃岐の奥座敷と呼ばれている温泉場がある。
そこへ、日帰りの入浴に行ったのであるが、残念なことに、建物の改修中であった。
市内より一~二度気温が低く、冬は寒いが夏は涼しくてよい。
天然温泉とうたわれていが一度お湯を沸かさなければならぬ。
しかし別荘や温泉つきマンションなどもあり山間部の町であるけれど結構賑わっている。

     

歩いて七~八分の美術館へ行く。
小さな黒い建物の美術館があって、眼前にはもうすぐ蛍が飛び交う清流が流れている。
そこには、金子兜太、桂信子、有馬朗人 の句碑が建てられている。

      ☆   老鶯や奥座敷てふ湯治宿 

      ☆   字は体を表し兜太句碑涼し

兜太氏の堂々とした書体の直筆の句は名は体を表している。   

     

美術館では、20センチ四方に描かれた毎日の出来事、いわゆる作者の日常を絵日記風にして展示してある。
すばらしい、共感を呼ぶ毎日の記録が絵に描かれていて、楽しく鑑賞をする。   

  

猫ちゃんが腹の上に乗って遊んでいたり 犬と戯れる一コマであったり、他に楽しい作品が沢山あるのだけれど、どうしても私は、まず猫と犬に目がいってしまう。

      ☆    薫風や一期一会の絵日記展

      ☆    山椒の実喉越し悪ろき二八蕎麦

      ☆    花は葉にタイムカプセル眠りをり

      ☆    芹の花覆うせせらぎ山の影

      ☆    まなうらに河鹿の声や足湯せん

生意気だけれど、我が結社では一句も選をされないけれど、どっかの句会ではせめても二~三句抜けるんじゃない~と思いつつ、マタマタ吟行をしちゃった。           

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

猫 ねこ ネコ    🐈   😹

2017-05-28 08:47:12 | 日記

       

散歩の帰り。
猫や犬のお好きな奥さんと立話し。
今は葡萄の世話で忙しく、めったに逢わない。

昨日は
「ちょっと 殿ちゃんのママ いいもの見せてあげる」
と声をかけられた。
納屋に燕が巣を作っている。

殿 は亡くなって二年以上もたっているのに 「殿 のママ」だなんてうれしいやら悲しいやら。複雑だ。   (-。-)y-゜゜゜

     

「わー 珍しい」、、、燕の話をしていると

「コンニチワ ニャアーンー」

若い白い猫にご挨拶をされる。



広い庭の草むらに ふじの猫。

奥さんが抱き上げて
「今日は ブスオ で~す」

なんと ブスオ。もう一匹 ブスゾウ と云う名の猫もいるらしい。
 
     

この猫も名前を呼んでいたが記憶に無い。
「一回聞いたら忘れられない名前ね ブスゾウ だなんて」

    

次から次と猫ちゃんのお出まし。
まだまだいるらしいけれど、どこかで隠れているかお昼寝をしているらしい。
八匹も飼っているとか。  

     

みんな 仲良しだ。
良くある光景か?
お尻をナメナメとやっている。
別に嫌がる様子もしない。

       

動物好きということもあるなだろう。
この猫を飼うまで鼠が沢山いたけれど一匹もいなくなったと、、、



中には 猪か他の動物の捕獲罠にかかって三本足の猫もいるとか。
それは可哀想だった。足を無くして帰って来た時は。
動物病院に三ヶ月も入院をして帰って来た事を今でも鮮明に思い出すと云う話も。

我が家の 姫 の話も。
罹りつけの動物病院が同じであるから 話が弾む。

      

ねえね、、おいらだってここの家族だワン」
と 犬が鳴く。
美形の ワンコ が存在をアピールしている。
君だって可愛いよ。

「しりとり俳句コーナー」

    😹    青蜥蜴きらいなものは嫌いです

    😹    巣燕や昼も灯せる納屋の奧    
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

リメイク   、、の間に、、、、

2017-05-27 11:42:03 | 日記
     

いつものように。買い物の帰りに散歩。ダム湖をひと巡りする。
昨日はダム湖周辺の草刈作業であったらしいく 人が沢山出て草刈作業をしていた。

あずまや風の休み場所が湖の周辺には、いくつもある。
いつもより草刈の作業をしている他には人がいず草刈の機械の音以外は鶯の声だけ。

頭上で鶯が鳴いているが、目には入らない。
まさに鶯の谷わたりとおもえることが、、。
木の枝がパタパタとしたと思うと、鶯が湖を越えて向かいの湖畔に移ってゆく。
声が小さくなる。その間も姿は見えなかった。

     

向かいの公園で夫が車を止めているのが見える。
私の散歩が終わるまで、いつもこうやって待っていてくれている。

          
     蛇いちご。       種が飛んできて生えた花。山野草とは違う。

二日前に来たから、とりたてて珍しい花に出会うことがなかった。
さしている日傘が飛ばされそうになる。
湖からの風がきつい。涼しい。
付近に住んでいる住人やこの街の人はこんな良い場所を宝の持ち腐れにしている。
この奥に温泉施設があり、ちょっとした食事も出来る。そこは、そこそこ人も集まってるのだけれど、、、。

          

リメイクで、ブラウスを作った。
フレアーのスカートであった。
10年ほど前に2回はいた。
デパートで衝動買いをした。素材は麻100%で少し厚めの生地だった。
気にいったものの、フレアーが腰になじまず太く見える。
かなりの値段であったから、断捨離ができないでいた。
下着はブラだけでもこれだとシャリ感があり型くずれもないと思いつき、ブラウスに、、、。
ダブルガーゼと同じ型。
夏は涼しいのがモットーだし、シンプルが好きだから、これで結構。

着物でも洋服でも素材が良くなくてはリメイクの手間がもったいない。
雑巾になる運命の物もあまたある。

手芸をして、肩が凝りそうになると散歩をして、、、貧乏暇なしとは言えど幸せだな~。
好きなことをして。

     ☆    竹落ち葉帽子の鍔にかかりけり

     ☆    青嵐や眼下に恙なき山と里
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

たてば芍薬すわれば、、、、

2017-05-26 06:29:21 | 日記
   

美容院へ行ったときのこと。
カットをやってもらいながら花の話に。
牡丹の花が終わって、芍薬が咲き出した話に。
美容師さんが芍薬の花は知らないと云う。
「立てば芍薬 座れば牡丹 歩く姿は百合の花  って云うあの芍薬の花よ」
と私が云うと
「その言葉はどんな意味ですか?」
と美容師さん。40歳前後の元気な女性。

           

「美人を形容した誉め言葉じゃないですか?」
「どうして?」
「立っている姿を見ると 芍薬の花のように美しく、座っている姿は、はなやかで牡丹のように綺麗だ、、、ってことじゃないかしらね~」
「へ~、知らなかった。教えてくれて有難うございます」
だって。

      

我が家の夫は 芍薬と石楠花の言い間違いをする。
(しゃく。。。。)  と最初の発音が似ている。
そんなもんだ。
普通の人の花に対する興味や知識は。
ガーデニングが趣味の人は、通信販売で珍しい外国の花の品種改良をされたのを求めたりしているし、一度で憶えられないような名前をすらすらと教えてくれる。
興味や趣味がなければ、花にしても、スポーツのルールにしろ知らないし解らない。
そんな事を思った美容院での会話であった。

「しりとり俳句コーナー」

     ☆    竹皮を脱ぐ昼鳩の遠き声

     ☆    成長期の人の匂ひや栗の花

     ☆    谷うつぎ湖に舞ふ鳶の影





コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

道の駅

2017-05-25 15:11:04 | 日記
 

今日も病院。
夫は胸に付けていた 心電図を記録する器械を病院に外しに行く。
私は、難病の眼科の定期健診に、途中にある病院まで送って行ってもらう。
二人揃って医者通い。

帰りに道の駅で食事を。
ここの食堂はお魚が主流で、ドライバーやお遍路さんでいつも賑わっている。
手ごろな値段であるから C級グルメとして私達夫婦も良く利用をする。

   

広い公園の端に行くと、志度湾が一望できる。
庵治石の産地に近いこともあって、石のオブジェだここかしこ置かれている。
「風を呼ぶ」とユーモラスな名のついた石の置物。
後ろに回って、風の通る穴から広場を覗く。
何か災害が起こった時に付近の住人の避難の拠点場所になっており、広い芝生になっていて、備蓄品も備えているらしい。

      

志度線を走る電車がやって来る。
のんびりとゆっくりと、走る。
志度線の景色でこの場所が私は一番に好きである。
今日は朝から降っていた雨が上がった。まだ空には雨雲が残っているらしく、海の色もぼんやりとしている。
潮風に吹かれていると、病気のことはしばらく忘れた。


          

昨日 仕上げた ダブルガーゼ で縫った夏のブラウス。
色は紫。襟ぐりを大きく、肌ざわりが良く、軽く 暑い夏には最適の着ごこちである。
次は何を縫おうか?


     ☆    潮風の涼し雨雲とほざかる

     ☆    お父さんお帰りと刻む碑の涼し
コメント
この記事をはてなブックマークに追加