野乃草

写真付きで日記や趣味を書くならgooブログ

姫 動物病院へ

2015-07-30 13:55:09 | 

  松葉ぼたんの咲くころはいつもおひでり経木帽、、、、詩を思い出す。7 5 7 5の良きリズムのこの詩は、(夏休みの友)を抱えて宿題に励んでいた、私の小学生の頃のイメージが浮かんでくる。松葉牡丹は爪切草、日照草とも言い、葉の付いた茎を、爪で摘んで挿しておくと、次々と芽が出てくると言われていた。何度か、茎を摘んで、土にさしたが、私の場合は一度も成功をしなかった。
小形だが、花が牡丹のように美しいのでこの名がある。



      ☆   松葉牡丹子の知恵育つ睡る間も   古賀万里子 

      ☆   松葉牡丹玄関勉強腹這ひに   中村草田男 



 姫 を病院に連れて行く。
ギャング猫に2回目に襲われた時、一日めは死んだようになっていた。二日めは少し元気を取り戻し、三日、四日は普通のようだったから安心をしていたのに、昨日急に、びっこを曳いて歩けなくなる。
今朝は、何を於いてもと、一番に、病院に連れて行く。
診察の結果、骨には異常はないのだが、噛まれたところがはれて、化膿をしている、、と。
 姫 はいつも診察中に、フーウ、ウウウーと唸り出し、手が付けられなくなる。今日も、お尻から体温計を入れて、熱は測ることができた。  がそれからが大変。噛まれた足を診ている先生に、爪をたてる、私に噛みつく、ライオンに豹変した。
頭から、すっぽりとバスタオルをかぶせて、暴れないようにして、注射をやりかけたが、タオルの下から、私に噛みつく、かきむしる、、、で手の甲から血が出る。
注射を終えた先生が、これだけ元気があれば大丈夫と、おしゃる。そして、この調子でギャング猫をやっつけるといいのに、ですって。
まあ、骨に異常も無かったし、日にち薬で良くなってくれればよい。



   カルピスや青いカバーの文庫本
   糸の縒り弾いてもどす夜の秋
   実盛祭棚田降りくる火のうねり
    
オソマツ




コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

ラグドール の 姫ちゃん

2015-07-29 14:39:35 | 


7~8年前の 姫 と 最近の姫

 人間だけでなく、猫も歳をとる。勿論だが、猫は人間社会の普通の一年が6歳にあたいする。
比べて写真を見ると、このおおきな違い。
しかし、おつむの方は、小さい頃に比べるとそれなりに、賢くなっている。まあ、人間の目顔を見るのに、長けたってことか?


 初めて我が家に来たのは、10年程前。知り合いが、転勤で、赴任地では、飼うことができないのでと、餌とトイレ用具一式で、お嫁?に来た。
ペットショプで、買った時、高価で、他の猫は売れてゆくのに、 姫 だけは売れ残っていたそうだ。次、ペットショップに行った時も少し大きくなって、売れ残っていたそうだ。
縁があったのか、今では、我が家の女王となり、わがままいっぱい、この世を謳歌している。



 ラグ、ドールは、アメリカの種で 縫いぐるみ と銘を付けられている。人間になつくように、なつくように、可愛い猫どうしを、何回も何回も掛け合わせて、甘え上手な猫にした。
今、飼い猫の中では一番人気だそうだ。時々「売れ残りの 姫 ちゃん」とからかっても、「ニャー~」と応えるのみ。その可愛いこと、からかわれているなんて思ってもいない。
「テレビのコマーシャルに出ている猫のように、餌代くらい稼いで来たら」と言うと「イヤーニャー」と言う。
 朝は、必ず、お早うの挨拶ができる「にゃ~」と声をかけて、寝室のドアを鼻で押して入ってくる。「姫 お早う」と声を返す。2~3度返事を返えさず試みたことがあった。姫 が「にゃー」「ニャ~」といつものように鳴く。返事をわざとしない。
「ニヤアア」「にゃあ」「ニャーー」と 16回。声がかすれるまで 鳴き続けた。「やっと気が付いた風に「姫 ちゃんお早う。」と言うと、ベットに飛び乗って来た。これは、まぐれのことかと、同じ実験をやってみた。私が返事をするまで、顔を見ながらでも鳴き続ける。
朝の挨拶と夜寝る前は「ニャー」とは欠かさない優れ猫だ。
赤ちゃんの時は知らなかったから、どんなに可愛い猫だっかと想像する。もう食べたいくらい可愛いかったに違いない。
家族の一員として仲良くしょうね「 姫 」
 


    🐈   抱きしめて猫の鼓動や夜の秋

    🐈   松葉牡丹サンダル赤き子が通る

    🐈   河原茱萸村のはずれに鬼子母神

          


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

夏風邪

2015-07-26 11:37:18 | 


  どうも体の調子が悪い。安静にしていたが、ぬるめの番茶を飲んでも胃が痛く、腹がごろごろ音をたて痛くなる。夜中に調子が悪くなって、胃痙攣のような痛みがきても困るし。いまも時々痛みが胃と腹に指し込む。土曜日も5時、診療は午前で終わっている。、、、が。
電話をかけて、診てくれないか頼む。すぐ来てくださいとの返事。
いつも待合室は満員で、椅子に座れないこともある病院が、深閑とし人ひとりもいない。

夏の風邪がお腹にきているらしい。家で計つてはいなかった熱もある。
この症状で、今日も4~5人来ましたよと先生が言う。大学からのアルバイトの先生。
丁寧に診て下さる。
冷たい物が喉ごしが良いので、飲んだり食べたりしていた。風邪もさること、暴飲暴食が、ひびいている。



 姫 が、いつもの私でないことに気が付いている。椅子に座っている私を見上げて「ニヤー」と声をかける。膝の上にきて片手を私の胸に置きねっむてしまうのだが、今日はそれをしない。
夜、簡易ベッドで寝ている私のすぐ下でいる。私がぶらんと手をベットから垂らすと、すかさず指を舐める。
 姫 「お利口、お利口」と声をかけてやる。2日前は、枕を並べて寝て、姫 が吐いたのも知らずいた。一時も離れず、何時もだとベットに来るはずだ。
今朝は私が目を覚ます気配に気が付いたらしく、ベットの下へきて「ニャーー、ニャー」と声をかけた。



リクライニングの椅子は私の専用。私がいない時は 姫 もこの椅子が好き。空席だといつも 姫 が占領をしている。私が座ろうと思い 「姫 お母さんがそこ どいて」と言うと、すごすごと椅子から降りる。
背もたれを倒して、テレビを観たり、新聞を読む。いつの間にか、私のお腹の上に乗り、ごろごろと 喉を鳴らし寝ている。
子供だった頃は新聞を爪でひっかいたり、噛んだりしていたが、いつからかそれをやらなくなった。
今日は新聞を読んでいても、下から、私を見上げるだけ。「ニャーーー」と言うだけ。

夫の傍に行き、餌が無い、少し外に出たい、と「ニャーニャー」おねだりしている。夫も、まんざらではないらしく「オーオー」と 姫 に応えている。



    菩提樹の天辺に群れ夏の蝶   葉






コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

どら猫に右往左往

2015-07-23 11:03:27 | 

    ☆   どろぼう猫の眼と睨みあつてる自分であつた   尾崎放哉



姫は医者へ連れて行かなくてすんだ。
食欲旺盛。一日、死んだようになって、何も食べなかった分、取り返すように、食べるは、食べるは、私としては一と安心。
 階下で布団を敷いて寝る。餌は、キッチンに置いてあるし、猫トイレも一階に用意した。
私が、二階で寝ると、後を追って、二階まで来る。階段の上り下りが、辛いと思ってのことだ。
今朝は、又ギャングが来たらしい。塀の上に並べていたペットボトルが、2~3本庭に落ちていた。いやな猫。困った猫。どう形容しようか、とにかく、どら、ギャング、、て言うところか。



 三里に灸をすえている 。かの芭蕉翁も、奥の細道の旅立ちの折りは、三里に灸をすうるより。。。。。。。。と書き出している三里の灸である。
冷えた足に良く効く。近頃は、(千年灸)なる、もぐさが台に乗った、じわじわと効く痛みの無い灸が売り出されていて、これが簡単で良い。
姫 は灸の煙が嫌いで、私が灸をすえだすと、いつの間にか居なくなる。
梅雨が明けてから 蝉が鳴きだした。今日で5日目。凄まじい蝉時雨だ。

   蝉しぐれ玉音放送ふと思ふ   オソマツ
   夏灸や目で追う煙のゆくえかな


しり取り俳句から
      夏の星旅の鞄を用意して
      間違いの電話気になる端居かな


         オソマツ

     
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ギャング猫

2015-07-22 10:48:11 | 


 姫 が又襲われた。
2ケ月くらい前、庭でいる時、お隣の猫に襲われて瀕死の状態になった。どこかの野良と、思っていたのだが、どうも、すぐの隣の飼い猫らしい。

 昨日の朝5時ごろ、寝ている私のベットに来て、顔にキスの連続。

姫 にお腹が空いた時とか、窓を開けて欲しい時は キス をするよう、ことあるごとに教えた。
私にキスをした時 餌のお皿を見ると、皿が空っぽになっている。
「 姫 まんま ほしいん?」
「ニヤーン」
会話成立。 姫 が餌を置いている場所に先導。

「ニャーニャー」
と胸に来てキス。
「何」
玄関に先導。玄関の扉を開けると、指定の場所に行き、外を通る人を見ている。

 昨日の朝も、キス キス。 姫 に付いて行くと、窓を開けてくれと言う仕草。
寝室の隣の窓を開けてやる。ベランダに出て行ったのを見て、私はベッドの戻り又眠りに、、、。
6時頃、夫がベットから、とび降りて大きな声で何やら叫びながら窓から出て行った。
何ごとが起こったのか、私も目が覚める。
「姫 の悲鳴が聞こえたので、ベランダを見ると、姫 がやられている。」
咄嗟に気が付いた夫の、これも悲鳴に近い声。
ベランダには 姫 の抜けた毛が散乱している。
姫 はぐったりして起き上がることも出来ない。足から、血が出ている。

2階のベランダだ。不法侵入もいいとこ。人間だったら、警察に。。。
庭で喧嘩をしてからは、デッキと私達を従えてしか庭に降りることもしなくなっていた。
スカートをひぱって
「ちょとちょと母さん、、、ニャーニャー」
と言うおねだり。退屈していると思い、抱いて外を少し歩いてやる。
過保護だと思うが、ギャング猫に襲われてからは、まことに気弱になっていた。
まさか、それが、2階にまで、どうやって登って来たかしれないが、夫も私も 姫 も、2階は安全な場所だと思っていたのに。



姫に 触ろうとすると蚊がなくような小さな声で
「ニ~~ヤ~~」
びっこをひいてお仏壇の後ろに隠れてしまった。出てこない。2階に 姫 のトイレがあるから、急きょ 1階にもトイレをつくる。
お仏壇の後ろから、這って出て来た。骨折しているかも知れないから、医者に行こうと抱こうとすると、触れるだけで悲鳴をあげる。どうしょう、おろおろ。血が出ているところには、夫と二人がかりで、止血剤と傷薬を長い毛の上から塗る。いやがって、噛みつきにくる。姫 としては、そっとしておいてと、這って、納戸に入ってしまった。色々、使わないガラクタを積んでいて、隠れるのに、納戸の中が好きな 姫。

今朝は 一番に動物病院に連れて行く と予定をたてていたのだが、そろそろと歩き、餌の皿の前に行き、後ろを振り返り、私を見上げて
「ニャーーニヤー」
「姫 まんま」
「ニャー アアー」
とりあえず、お腹が空いたことは、少し元気を取り戻したみたい。

ギャング猫め。許さないぞ。今度、家に来たら 水 ぶっかけてやるから。  ああ腹が立つ。庭ならまだしも、2階まで来て悪さをするとは、、、、、、
様子を見て病院へ。

 毎日の生活ではいつなんどき、何が起こるかも知れない。 姫 にとってはえらい災難だった。


      石橋をはさみ二艘の藻刈り舟   オソマツ

コメント
この記事をはてなブックマークに追加