わが大地のうた♪

NPOグリーンウッド代表理事:辻英之(だいち)が今、南信州泰阜村から発信する炎のメッセージと…日々雑感!

【ベストセラーよりロングセラー】 ~そんな本でありたい~

2017年03月30日 | 奇跡のむらのモノガタリ
「奇跡のむらの物語~1000人の子どもが限界集落を救う!~」

私が6年前に出版した本である。

そもそもそんなに普及されるとは思っていなかったが、まあ、ボチボチ読まれてきたようだ。



先日、出版社から連絡があった。

増刷ということらしい。

10万部も100万部も売れているわけではないから、まあ増刷といってもロットは少ないんだろうな。

それでも、増刷と聞くと、書いた張本人としてはうれしいものだ。



東日本大震災の2011年に出版。

その後、毎年度増刷してきた。

連絡があったのが3月30日だから、今年度もギリギリで毎年増刷をクリアしたことになる。









まあ、私の本は、ベストセラーではない。

そんなわけがあるはずがない。

でもね、みなさん。

おおがかりな宣伝や広告をすることなく、静かにじわじわと読者が広がっていく様は、なんだか私たち泰阜村の生き様らしいではないですか。




出版から10年後に、読んだ人からの読みうつし、口うつし、手うつしで、この本がたくさん広がっているといいな。

そしてこの本に記された内容や想いも広がっていくといいな。

ベストセラーよりロングセラー。

うん、そんな本であってほしい。


代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【土に生きることだけは】 ~これが命の息吹~

2017年03月29日 | 自然のソコヂカラ
家の畑を耕した。

冬の間堆肥化してきた生ゴミも漉き込んだ。

土に鍬を入れると、まだまだ寒い信州だけれど、ジワジワと汗が噴き出る。

冬を越して白くなった肌。

その肌に春の陽射しがあたると、ふつふつとわきあがってくるなんとも言えないこの感覚。

これが春の息吹、命の息吹なのかな。

それを感じるからなんだろうか、若いころから農作業はまったく苦にならない。

親父もおふくろも農家に生まれた。

両親のDNAが、そうさせるのかもしれない。


▼夜明けの泰阜村





やっぱり、土に触れていると、ワケもないけど心地よい。

やっぱりそうか。

どれだけ忙しくなっても、土に生きることだけは、失いたくない。

今年も土と向き合おう。

次男(高2)の弁当を彩る野菜を創るぞ~。



代表 辻だいち



この記事をはてなブックマークに追加

【それもいいよね】 ~犬一倍強いタロのモノガタリ~

2017年03月22日 | 私のルーツ・私の物語
今日もまた命日。

4年前に他界した愛犬タロ。

15歳で永眠した。

橇引きのアラスカンマラミュートを母にもつ超大型犬。

父は雑種だったが。

橇引き犬だけに、忠誠心が高い。

非常に利口で、温和な性格だった。

でも、ちょっと間抜け(笑)

そこがかわいい。





一方で仲間のコミュニティを守る意識は「犬一倍強い(笑)」。

敷地に一歩でも入ろうとする人にも猛然と吠え続けた。

私たちをどこまでも守り抜く気概の持ち主だった。






同じ年に生まれた長男と、なぜか今日は一緒にいる。

もちろん、タロに献杯だ。

タロ、天国でも豪快に走ってるか。

いつかまた逢おうな。




個人的な記事でした。

それもいいですよね。

代表 だいち

この記事をはてなブックマークに追加

【友よ、いつまでも、友たれ永く友たれ】 ~その瞬間、涙があふれた~

2017年03月19日 | 私のルーツ・私の物語
今日は命日。

大学時代の体育会ハンドボール部の同期。

ゴールキーパーだった。


▼大学2年の時、全日本インカレ(名古屋)にて




5年前の今日、急逝した。

他界する1~2年、連絡が途絶えた。

何があったのかはわからない。

でも、メールやSNSがなかったあの時代ならともかく、この時代にもっと彼にアクセスできなかったのか、と後悔するばかりだ。



今夜は酒豪だった故人に付き合い、ちびちびと酒を飲んで彼を偲ぶ。

同期の皆も今日は全国で献杯している。

きっと皆、彼と会話していることだろう。


▼大学4年、追い出しコンパの直前、同期と。




24年前の追い出しコンパの写真を見る。

一緒につらい練習をしたあの時が、鮮やかによみがえる。

思わず大学の校歌「永遠の幸」を口ずさんだ。

校歌の最後のフレーズは「友たれ永く、友たれ」である。

小さくそのフレーズを口にした時、堰を切って涙があふれた。


▼追い出しコンパ。もう、しっちゃかめっちゃか。








友よ、いつまでもいつまでも、友たれ永く、友たれ。

合掌。


代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【ひと一人をこの世から送り出すこと】 ~泰阜村は葬儀の本質がまだまだ息づいている~

2017年03月18日 | 泰阜村のソコヂカラ
同じ集落のお組合(自治会)の同年代仲間が亡くなった。

最近、亡くなる人が多い。

もちろん、生まれる命も多いのだが。



昨日は葬儀。

もともとこの村の葬儀は、お組合ですべてとりおこなってきた歴史と風習がある。

この集落に来た24年前。

いきなり葬儀があり、私も当然関わった。

準備から含めて3日がかりの手作り葬儀(そもそも手作りだから、わざわざわ“手作り”とは言わないのだが)は、私にとってはカルチャーショックの連続だった。

私は身体が大きかったこともあり、墓穴を掘る役割だった。

穴を掘った後、集落の向こうから近づく葬列の光景を、いまだに覚えている。

葬儀屋におおよそを任せて簡便な関わりになってきた現代でもなお、その風習の本質が息づく。

朝から夕方まで自治会総出で弔事にあたり、ひとを一人送り出すことの尊さを痛感する時間だった。





精進落としの席は、相変わらず長老陣の仁義なき「そんなんじゃ入らんな~」攻撃に、しこたま飲まされてしまったぞ。

友人達が多く集って、若い死を悼みつつも、故人を笑顔で送り出す印象的な場。

でも、やっぱり親より先に逝ったらあかんな、と痛感だ。

春は、ほんとうに、出会いと別れの時期である。


代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【この村が、大学になる。その日は近い】

2017年03月15日 | 泰阜村が大学になる
「うちの五平餅を食べたらもう、他の五平餅は食べられないよ」

同じ集落の宮島ご夫妻の家にお邪魔した。

今年1年間、住民主導で進めてきた「泰阜ひとねる大学」推進チームの慰労会である。

やっぱり焼き肉(笑) 






「ひとねる」とは、育てるという意味の方言だ。

育つことを「ひとなる(人成る)」ともいう。

泰阜村の持つ教育力をフル活用して、大学と協働して学生を育てようという仕組みを「ひとねる大学」という。

それは、泰阜村長が学長となり、そして村民が教授になるユニークな学びの場。

人口1700人の小さな村の行政、住民、NPO、そして大学が協働して、2年~4年かけて若者をひとねる仕組みづくりへの挑戦でもある。

初年度は名古屋短期大学と共に、ひとねる大学の構想をカタチにしてきた。

女子学生と村民が、村と名古屋を何度も何度も往復した。

この「何度も往復する」というのが胆である。

1回だけの交流では、学びの質が深まらない。

息の長い、そして丁寧な往復が、学生と村民の学びの質を高める。

泰阜村の教育力が、ジワジワとだが確かに学生たちの身体に流れた。



推進チームにはいろんな住民が責任を持って関わった。

この村で生まれ育った若い女性、地域おこし協力隊の若い女性、NPOの若い女性職員。ホント、うまそうに五平餅を食べる3人だ。

次年度もこのチームは自律的に動く。



この村には、学生や若者を育てる教育力がある。

その滲み出るように産まれる教育力を、今こそ発揮する時が来ている。

ひとねる大学が、学びと育ちの素敵なモデルを創る。

「この村が大学になる」。

その日は近い。

代表 辻だいち

この記事をはてなブックマークに追加

【心の底からエールを送る】~山深いこの村から旅立つこどもたちに~

2017年03月12日 | ひとねる=自律のひとづくり
「暮らしの学校:だいだらぼっち」では、昨日から今日、1泊2日で「ひきつぎ会」が開催された。

「だいだらぼっち」には卒業式がない。

その替わり、今年度1年間暮らしたこどもたちと来年度1年間暮らす予定のこどもたち、保護者、スタッフが一堂に会して(今年は約150人)「大事なことをひきつぐ」ことを趣旨にした会を催すのだ。



私はこの会がとても好きだ。

それは、この会の構造自体を30年前のこどもたち自らが考え出したからだ。

今年この会をやるかどうかもこどもたちが決めたからだ。

そして、この会の運営もこどもたちが切り盛りするからだ。

こどもたちによる遅々として進まない混沌とした運営。

そこにこそ、今年度1年の苦労と汗と喜びがにじみ出る。





今日昼に、その「ひきつぎ会」終わった。

1泊2日という短い時間だったが、こどもからこどもへ、素敵なひきつぎができた。

親から親へも、薪作業を通して、素敵なひきつぎができたことだろう。

もちろん、朝まで続いた交流会(飲み会?)でも。

1年間、仲間を認め、仲間一人一人を大事にして、仲間を支えきったこどもたち。

その1年間を振り返り、最後の言葉を絞り出すように語るこどもたちに、不覚にも涙があふれそうになった。







1年間で「だいだらぼっち」を卒業するのではない。

こどもたちの人生の「だいだらぼっち」は、泰阜村を去った時から始まる。

山深いこの村から旅立つこどもたちに、心の底からエールを送りたい。

※毎年同じことを書いているが、大事なことは何度でも書くのだ。


代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【震災6年 私のこどもたちへ♪】 ~被災地のこどもたちに贈る~

2017年03月11日 | 震災支縁=支え合いの縁を紡ぐ
私は24年前、泰阜村に来た。

当時まだ22歳。

右も左もわからない若造である。

それまで札幌という街で大学生だった。

出身は福井県。

高校から大学のときに、北陸から北海道へ。

何が自分を北に向かわせたのだろうか。



北陸と北海道で、私は、あふれるほどの自然の恵みと、すばらしいひとびとに出会った。

体育会の運動部に所属して「あきらめない気持ち」を鍛えられた。

人と向き合うことを学問とする学部で「人間らしさとは何か」を学んだ(授業は全く出てなかったが!)。

北海道の山々や田舎を訪ね歩きながら「自然と人間の共生」の重要さを心に刻みこんできた。

いつしか、自分が学び取ったことを、未来を生きるこどもたちに、自分のすべてを懸けて伝えようと思うようになる。

そして、体育の教員となることを目指すことになった。

しかし、教室の中だけが教育の場だろうか、と疑問に思い、まずは教室の外の学びの場を経験したいと強く望んだ。

その時に出会ったのが、泰阜村だった。



24年前に、暮らしの学校「だいだらぼっち」のこどもたちと生活し始めたが、その当時からよくギター片手にこどもたちと歌っていた。

それまでは、どちらかというとニューミュージック系の曲ばかり弾いていたが、泰阜に来て衝撃的な唄との出逢いがあった。

私の先輩であり当時代表の村上忠明さん(キャンプネームはむさし)がよくこどもたちに弾いたり、何気なく1人で弾いたりしていた曲
に惹きつけられ、以来「これだ!」と自分でも弾くようになった。

当時の信州こども山賊キャンプに来ていたこどもたちに向かって、キャンプ最終日に必ずこの唄を歌い、その想いを伝えてきた。

当時、暮らしていた「だいだらぼっち」のこどもたちも耳にタコができるほど聞いたことだろう。

そして、薪ストーブを囲んでいつもこどもたちといっしょに歌っていた。

私は自分の息子の子守唄としても歌っている。

その唄を紹介したい。




生きている鳥たちが 生きて飛びまわる空を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう

生きている魚たちが 生きて泳ぎまわる川を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 野原が見えるでしょう
近づいてごらんなさい りんどうの花があるでしょう

生きている君たちが 生きて走りまわる土を
あなたに残しておいて やれるだろうか父さんは
目を閉じてごらんなさい 山が見えるでしょう
近づいてごらんなさい こぶしの花があるでしょう ♪



曲名は「私のこどもたちへ」という。

このかけがえのない自然を、次の世代まで残せるのだろうか。

いや、残すのがわれわれ大人の責任で、その気持ちや自然の大事さをこどもたちに伝えたいと一所懸命歌ってきた。









今日、3月11日、東日本大震災から6年。

東北のこどもたち、そして熊本のこどもたちを、泰阜村で開催される信州こども山賊キャンプや暮らしの学校「だいだらぼっち」に招待し続けてきた。

私は、その泰阜村に住む大人として、この唄をどうしても「きみたち」に贈りたい。

泰阜村に来て、震災であれだけ猛威をふるった自然が、本当はとてもすばらしものだということを、その小さな身体に刻み込んでいってもらえただろうか。

泰阜村に来て、これからどんなに過酷なことに直面しても、生き抜くための「支え合いの気持ち」を、その小さな心に刻み込んでいってもらえただろうか。

「きみたち」が過ごした泰阜村の土には、このきびしい山岳環境のなかで支えあいながら生き抜いてきた泰阜村のひとびとの、自然と共存する壮絶な歴史と日々の暮らしの営みが流れている。

その歴史と営みを受け取った「きみたち」は、きっと強くなれる。

そう強く信じている。



その「信じる想い」を載せた唄。

この曲の作詞者は岐阜県中津川の方で、唄はマスメディアなどではなく手渡し口うつしで伝わっていくものと常々言い続ける方だった。

ずっとお会いしたいと思っていて、9年前に一度泰阜村でライブをやっていただいた。

作詞者は「笠木透」という人で、この9年間、電話や手紙でやりとりが続いていたが、残念ながら2年前に他界した。

私も やはり手渡し口うつしで、自分がぼちぼちギターを弾いて、唄っていきたいと思う。



東日本大震災6年の日。

被災地のこども、そして全国のこどもにこの唄を贈る。


代表 辻だいち






この記事をはてなブックマークに追加

【こどもを「ひとねる」、「あんじゃね」な仕組み】 ~いや、ホントに心地よい村だ~

2017年03月07日 | ひとねる=自律のひとづくり
今年度最後の「あんじゃね支援学校」を開催した。

「あんじゃね支援学校」。

これは、泰阜村のおとなたちが一堂に会して、村のこどもたちの学びと育ちを「あ~でもない、こ~でもない」と喧々諤々、楽しく議論する場である。

そして、そうやってこどもたちの学びと育ちを支えることを通して、おとなたち自身が学ぶ場である。

「あんじゃね」とは「大丈夫だ、心配するな」という意味の方言。

こどもが学び育つ安心な環境を創ろうと、副村長から青年団まで約20人前後が、分野を超えて毎回集まる。





2007年にこの組織ができあがったからもう10年以上か。

NPOグリーンウッドが運営しているわけではない。

ましてや泰阜村行政が運営しているわけでもない。

住民自治の自律した組織である。

座長(校長)は、「わしゃ、生まれ変わったら教師になりたい」とつぶやいたあの木下藤恒さんだ。

村最奥の集落で、養殖漁業組合を営むおじいま(おじい様の意味の方言)だ。

私の師匠。

よって、事務局は私たちNPOグリーンウッドである。



全国を回ると、こういった住民自律の組織体・会議体を設けることが難しい、という地域が多いことがわかる。

どの地域のひとびとに聞いても「そういった組織体は必要、創りたい!」と答えが返ってくる。

しかし、その必要性は叫ばれても、実際に作るとなると頓挫するのだとか。

自治体の規模とか、集落の自立度とか、中心的な団体の存在とか、教育への熱量とか、予算の確保とか、結局は「誰がやるか」の覚悟の欠如とか・・・

そういった意味でも泰阜村は奇跡的なのかもしれない。



今回もまた素敵な議論が交わされた。

というか、村のおとなたちに驚きの変化があった。

村の皆さんの口から発せられたキーワードを紹介する。



こどものこと、学び、育ちを、こんなに考えることはなかった

みんなで協力、支え合う、すごいな。

こどもに対する「想い」は同じ

何年か関わっているが、広がりが出てきている。

村の教育力がすごい

とても大事な経験(自分で大事だなと想ってきたこと)をやっている。自分もそうだった。

年々、深まっている

宿題などの習慣がつくのはすごいこと

自分で考えて勉強、遊ぶ=自主性。みんなで遊ぶ=協力する

親の立場から、こどもに選択肢があるのがよい

大人がおぜん立てしすぎない。こどもが主体的に興味を持てるように

これだけ大勢の大人がこどもを見守ること大事。

保育園から高校まですばらしい。小さいころから地域の皆さんで手がける。







実に印象的な言葉が並ぶ。

最後に、泰阜村の副村長:横前明氏がこの場に関わっての感想を述べてくれた。


10年が経ち、この場の議論が、深く、広くなってきていることを感じる。
とりわけ「こどもが主体」「こどもを信じる」という、ここのところをやってくれていること、ぶれていないことが素晴らしい。
自主性、主体性が大事だと痛感している。
この支援学の場はなかなかできないものだ。
この場をさらに強くすることが、小さい村のあり方。
ひとねる大学は、学生との関わりの中で、村もまた育っていく。
幼児から大学生までひとなっていく村。
「教育」という切り口で勝負。地域全体でひとねる。
人間としての力を培う村でありたい。
※「ひとねる」とは「育てる」という意味の方言。「ひとなる」は「人成る」と書き、育つという意味。



この場に関わる村の皆さんから「自主性」とか「主体性」とかという言葉がバンバン出てくるようになった。

これは驚きである。

この場に関わる大人もまた、育っている。

それを感じているのが、同じ村民の副村長だということだろう。






こどもを「ひとねる」(育てる)、「あんじゃね」(安心な)仕組み。

この村の大人たちは、自律的にそんな仕組みを作っている。

こどもの未来を考え抜くこの強烈なまでにやさしいまなざしが、きっと素敵な未来を創る。

そう確信した。


代表 辻だいち

この記事をはてなブックマークに追加

【ヘビに睨まれたカエル】 ~福岡で大学体育会の先輩方と再会~

2017年03月05日 | グリーンウッド震災支援方針・メッセージ
福岡で大学時代の先輩と、20年ぶりくらいの再会。



私は、札幌にある大学で学生時代を過ごした。

学生4年間は、やめとけばいいのに体育会ハンドボール部に明け暮れた日々。

そんな日々を過ごした仲間たちと、なぜか福岡でプチ同窓会。

福岡出身の人もいれば、今の会社の転勤で福岡に赴任した人もいる。

私が1年の時の主将(4年)も駆けつけてくれて感激。

すこぶる穏やかな主将だったけれど、1年生だった私にとっては一番怖い先輩でもある。

でも、その主将のさらに1年上の先輩(当時、歯学部の5年目)も来てくれて、主将が敬語を使っていることに、当たり前だが新鮮な驚きもあった。

そして、私が卒業してから入部した4学年下の後輩も。

もうあまり覚えていないが、私が泰阜村に来てすぐに、全国大会に出場した彼らを激励に行った時に、顔を合わせたらしい。



主将は、私の結婚式に来てくれた。

「あのバラック小屋みたいな、“図書館”っていうの? あそこでみんなで雑魚寝で寝たな」と懐かしそうに語った。

5年目の先輩なんかは、私がどんなところで働いているのかわからなかったらしく、主将が「いや、こいつのやってること、なかなか面白いんですわ」と5年目の先輩に説明してくれる姿を見ると、恐縮しきりだ。







懐かしき学生時代:体育会の強烈な想い出が、ともすればなまぬるくなる今の自分の心を「それでいいのか」と激しく叩く。

ああ、久しぶりに、緊張感あふれる飲み会だった。

泰阜村のおじいま(おじい様の意味の方言)の飲み会とはまた違う。

まるでヘビに睨まれたカエル(笑)。

でも、めちゃくちゃ楽しかった。

たまには先輩たちと飲むのもいいな。

また福岡に来たら飲みたい。


代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加