わが大地のうた♪

NPOグリーンウッド代表理事:辻英之(だいち)が今、南信州泰阜村から発信する炎のメッセージと…日々雑感!

【被災地から届いた手紙】 ~こうやって信頼を得ていくんだな、と改めて学ぶ~

2016年09月14日 | 震災支縁=支え合いの縁を紡ぐ
熊本県御船町のお母さんから手紙が届いた。

信州こども山賊キャンプに招待したこどものお母さんだ。

事前に何度も熊本に足を運んでよかった。

こうやって信頼を得ていくんだな、と改めて学ぶ。

被災地からの手紙、少しずつ紹介する。



「山賊キャンプ 最長老 大地様 他スタッフの皆様へ
今回、このようなキャンプに招待して頂き本当にありがとうございました。行ったこともない遠い長野県へ子供達だけの旅、日本各地から集まったお友達との生活といった普段では出来ない経験をさせて頂いたこと、このような機会を私たち親子に与えて下さった皆様、そして、わざわざ熊本までお越し頂き事細かな説明をして下さった大地様に感謝の気持ちでいっぱいです。スタッフの皆様、お世話になりました。本当にありがとうございました。
 まだまだ暑い日が続きますので体調には気をつけて下さいませ。」








「この度は山賊キャンプに参加させて頂き、ありがとうございました。被災地の子供を無料で参加させて頂き本当に感謝しております。送り出す方も色んな迷いがあったのですが、帰って来てからの表情を見た時、行かせて良かったと思いました。
 知らない土地、初めての飛行機、たくさんのお元立ちと、戸惑いながらのキャンプだったように思います。親元を離れ長期のキャンプで少し疲れもあった様です。自分達でご飯を作った時、味を付け忘れてまずかったよー、毎日、お母さんお料理大変だねと言ってくれた時は、行かせて良かったと実感しました。
 今回のキャンプはたくさんの支援があり、たくさんの支援者の方々のおかげで参加させて頂き、どのようにお礼を言ったらいいか分かりません。人と人との繫がり、温かさ、感謝という言葉しかみつかりません。この感謝を忘れず日々を過ごして行きたいです。本当にありがとうございました」






代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【心の底からエールを送る】 ~なぜだかしっくりこない「教え子」の響き~

2016年09月11日 | おかげさまで30周年!
週末は東京だった。

でも、大学講義でもなければ、講演でもなく、会議でもなければ、打ち合わせでもない。

いわゆる「教え子」の結婚式に呼ばれたのだ。

1年間の山村留学:暮らしの学校「だいだらぼっち」の卒業生だ。

実に20年も前に、一緒に暮らしたこども「マサ」である。


▼しっかりもののパートナーをもらったマサ





とはいえ、マサを語る時、「教え子」かというと、そういう感覚でもない。

席次表には私のことを「恩師」と記してあったが、きっとマサも私に対してそういう感覚ではないと想う。

まあ、やっぱり「仲間」とか「家族」の方が近いニュアンスか。

1年間(マサとは2年間だが)も一緒に暮らすとそうなるのかもしれない。

だから、卒業生がたくさん集まった2次会でも、なんだか無礼講の雰囲気たっぷりだった。

いや、無礼講ではなく、それくらいに関係が近いということなんだろう。


▼2次会に集まった卒業生たち。無礼講も無礼講






マサが山村留学していた時に、私は結婚した。

マサとヨッシ―が、雛壇の後ろから私と嫁さんの食べ物をひたすら狙っていたことを鮮明に覚えている。

「あんなに小さかったヤツが・・・」と目を細めたことは事実だが、その真意は「後ろにいて狙ってたヤツが、今、雛壇か!」だ。


▼あの時は、この3人がハイエナのように後ろにいたのだ!(笑)






今日はあの時を想い出してしこたま飲んだ。

笑える想い出しか浮かばないけれども、なぜか涙が出た。

その瞬間だけ、やっぱり「教え子」なのかもしれない。

マサの前途に、心からのエールを送る。


代表 辻だいち



この記事をはてなブックマークに追加

【加賀百万石は夕暮れがいい】 ~北陸と縁が深くなっていく~

2016年09月07日 | 日々雑感
故郷の福井に降り立った。

金沢の仕事のついでだ。

再開発の名のもとに、駅前はずいぶんと様変わりしている。

数年後には新幹線が来るらしい。







「どんなんだったっけ?」

高校時代は30年前だ。

その時の駅前を想い出そうとするのだが、どうにも記憶が薄くなっている。

駅の表と裏をつなぐ長い地下道があったよな確か。

そもそも線路が高架じゃなかったなそういえば。

ちょうど親父の命日でもあった。

少しだけだったが、位牌に手を合わせることができた。

おふくろも元気でヨカッタヨカッタ。




その足で金沢に向かった。

駅周辺の変わりようは、福井どころの騒ぎではない。

中学生の時に遠足で来たけれど(兼六園など)、全く想い出せない。

まだ金沢大学が、金沢城内にあった頃だ。

今は大学は移転され、城址公園になっていた。

その城址の近くで、仕事があった。

北陸地方で、こどもたちの自然体験×地域創生に取り組む人たち対象に、講演である。

ついでにリスクマネジメントの内容も求められた。

短い時間では二つの内容はなかなか難しかったが、参加者にとっては良い学びとなったことと信じたい。



講演の後、前田利家が祀られている尾山神社に立ち寄った。

加賀百万石を偲ぶには、夕暮れ時がいい。








夜には、なんとも心地よい店に連れていっていただいた。

素敵なおかみさんが作る家庭料理にほっとする。

5名ほどしか座れないカウンターで、隣り合わせた客とやりとりするのもまた良し。






福井に住んでいたこどもの頃には、あんなに近いのに金沢にはほとんど来たことがなかった。

遠く信州に住むようになってから、何度も金沢に足を運ぶようになるとは人生とは不思議なものだとつくづく思う。

金沢、また来よう。


代表 辻だいち




この記事をはてなブックマークに追加

【福島いわきの高校生から手紙が届いた】 ~まさに、支え合いの循環だ~

2016年09月06日 | 震災支縁=支え合いの縁を紡ぐ
福島から手紙が届いた。

いわきに住む高校生:タカからだ。

5年前の2011年、タカと彼の住む地域のこどもたちを、山賊キャンプに招待した。

当時、中学校1年生。

放射能の影響で自由に外で遊べないこどもたち50名は、泰阜村で躍動した。

福島から来たこどもたちの交通費は泰阜村が負担、その他経費はNPOグリーンウッドが全国から支援金を募った。

たくさんの想いが集まり、50人のこどもたちを招待することができた。

とりわけ、全国の大学生諸君が集めてくれたお金は多額だった。

日本の若者も、捨てたもんじゃない、と想った。



そのタカも、高校3年生。

立派な若者になった。

あの時の感謝を、今、ここ泰阜村で伝えたい、今こそ恩返しだと、タカはボランティアで掛けつけてくれた。

キャンプを終えて、タカが手紙をくれたのだ。

その手紙の内容をご覧いただきたい。


「今回、5年ぶりにキャンプに招待して頂き、ありがとうございました。5年の時を経て、初めて相談員として参加したキャンプから学ぶことは多く、とても貴重な経験ができました。相談員という立場で参加すると、勿論子供の時とは視点が変わり、新たな発見もありました。また、九州で震災を経験した子供達と一緒に活動できた時間は私にとってとても大切な時間になりました。東北で同じ経験をした者として何か伝えたいと思いキャンプに参加したので、何か子供達に伝えることができていたら良かったと思います。
 山賊キャンプは、素晴らしい出会いがあり、人との繋がりができる大切な場所だと思うので、これからも山賊キャンプとの縁を大切にして、活動していきたいと思います。本当にありがとうございました



時を超えて、東日本大震災で被災したこどもが、熊本地震で被災したこどもを支えた。

支え合いの縁が豊かに紡がれていく。

まさに、支え合いの循環。

これを私は「支縁」と言っている。

泰阜村は、そんな豊かな縁を支えたい。


こんな支援=支縁が、泰阜がやるべき身の丈の支援である。


代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【背がデカイからという理由だけで】 ~次は単独首位を目指すぞ!~

2016年09月04日 | 日々雑感
村の夜間ソフトボールリーグ。

もう、かれこれ10年以上は続けている。

正確に言うと、「人手が足りないから来てくれないか」と常にお誘いを受けている。

私の集落チームの名前は「チャンピオン」という。

名ばかりと言ってしまえばそれまでだが、ここ数年は最高位が3位というからがんばらなければ、といつも反省してばかりだ。

ところが、今期は10~20代の若者の活躍もあって、絶好調。

前回は優勝候補チームに打ち勝ち、今回の最終戦も16-5と打ち勝った。

そして同率首位。

久しぶりの優勝争いで、試合は緊張感漂ういい試合が続いた。


若手主体のチームにあって私は「背がデカイから」という理由だけでファーストでスタメン。

若手が投げるうなりをあげて迫ってくるボールはもう捕るのが難しいというよりは痛いし怖い。

そろそろ勘弁してほしいと想うが、何せ私より重鎮が勢ぞろいしてはそうもいかない。

打つ方はからっきしダメだったが、守備でなんとか戦力になったかな。



試合の後は当然飲み会。

今回はいわば祝勝会だ。

ことのほかビールがうまかった!

まあ、身体が動くうちは、集落の愉快な仲間たちとボールを追うことにしよう。

次は単独首位を目指すぞ!



代表 
辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【瑞々しい言葉に注目を】 ~評価されたその先に成長がある~

2016年09月02日 | 泰阜村が大学になる
「学生による授業評価アンケート」の集計結果が届いた。

非常勤で講師をつとめる立教大学から、である。

要は、学生さんが評価する私の成績表だ。

ドキドキして結果を見て見ると、おおむね良い評価だった。

ほっ。

なかでも「先生がとても良かったです!ありがとうござました。また先生の授業を受けたいです。新しい捉え方ができました」
「アクティブな取り組みは高校と違って良いと思った。各回ごとに心に響く名言があってとても勇気づけられた」というコメントに、アクティブラーニングを取り入れたオープンな学びが、学生を成長させたなあ、とヨカッタヨカッタと想う。

他人を評価するばかりの立場だが、たまには自分を評価されるのもいいことだ。

評価されたその先に、成長があることを実感だ。





ついでに、最終授業で寄せられた学生たちのリアクションペーパーも紹介したい。

お時間のある時にでもご覧ください。

瑞々しい言葉に注目を。



























































そうこうしているうちにまた後期の授業が始まるな~。

がんばらなければ。

代表 辻だいち

この記事をはてなブックマークに追加

【この村が、大学になる】 ~ひとねる大学(鹿児島大学バージョン)~

2016年09月01日 | 泰阜村が大学になる
ひとねる大学:鹿児島大学バージョン。

泰阜ひとねる大学とは、小さな村と大学が真剣に力を合わせ、2年~4年かけて学生を育てる仕組みづくりの挑戦だ。



5月にゲストで呼ばれた鹿児島大学。


その時の様子を記したブログは、こちらへ

記事の最後に「次はぜひ、鹿児島の学生さんたちが泰阜村に来てほしい。そんな日が来ることを楽しみにして」と記した。

それが実現する。

私の鹿児島滞在をアテンドしてくれた学生が、泰阜村にやって来た。



インターンシップ研修で12日間、滞在する。

山賊キャンプや学童保育のボランティア。

ひとねる大学や山村留学のサポート。

村の農家では、田舎料理を囲んでの懇親などなど。

小さな山村の教育力を、あふれんばかりに享受した。


▼暮らしの学校「だいだらぼっち」のサポート




▼ひとねる大学のサポート




▼村の農家で懇親。見よ、この田舎料理を!











彼女からの事後レポートの最後には、こうあった。


山賊キャンプも、だいだらぼっちも、ひとねる大学も、自然や食が身近にある、農山村だからこそこんなにも学ぶことができるのだと思う。今回の12日間、いろいろな方面での農山村の教育力にどっぷりと触れることができた。この農山村が持っている教育の力をもっといろいろな地域に広めたいと思った。
 今回、本当にたくさんの方々にお世話になりました。山賊キャンプとだいだらぼっちと、お忙しい時期であるのにも関わらずインターンシップを受け入れてくださり、本当にありがとうございました。グリーンウッドの職員の方々ともお話しする機会があり、いろいろな考えに触れることができました。今回、学ばせていただいたことを、鹿児島で、また自分の将来に生かしたいと思います。本当にありがとうございました。


南信州で手にした学びを、九州の未来にいかせよ!

またおいで!


代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【だいち、僕のこと、覚えてる?】 ~そうかそうか、またおいで。待ってるぞ~

2016年08月31日 | 自然のソコヂカラ
うれしいことがあった。

「だいち、僕のこと、覚えてる?」とはにかみながら近寄ってくる子ども。

だいちというのは私のニックネーム。

昨年、私が責任者だった4泊5日のキャンプで、一緒に過ごした子どもだ。

覚えていないわけがない。

はにかんで近寄ってきた弟の後ろには、お兄ちゃんもいた。

「おお~、また来てくれたか!」と二人の頭をなでた。







兄弟そろって、昨年に続いて参加してくれたとのこと。

しかも今年は、長期間のスーパーコースに挑戦してくれたらしい。

そういえば、今年のサバイバルコースにも、昨年一緒にキャンプしたこどもがいたな。

もしかすると自分が知らないだけで、そんなこどもがまだいたのかもしれない。

何せ、1000人もこどもが参加しているので、全員とは顔が合わせられない。


でも、本当にうれしい瞬間だった。

そうか、そうか。

泰阜の自然の中でしっかり遊べよ。

またおいで。

待ってるぞ


代表 辻だいち

この記事をはてなブックマークに追加

【THE 夏休み】 ~ちょっぴり大学生になった彼女たち~

2016年08月30日 | 泰阜村が大学になる
名古屋短期大学で、朝一番から夕方まで4コマの授業。

熊本地震支援関係で休講した分の補講だが、ぶっ通し4コマはさすがに疲れた。

夏休み中にも関わらず、7~8割の学生が出席。学生もたいしたもんだ。

1年生の「自然と生活」授業は、「THE 夏休みの想い出」をテーマに、自然と暮らしの関係について、あ~でもない、こ~でもない、とワークショップ。

ちょっと前までは、まるで高校生だった彼女たちも、夏休みを経て、ちょっぴり大学生になったかもしれない。

やっとおもしろくなってきたかな~と思ったらもう前期授業が終わる。

そんなもんなんかかもしれない。




今年の授業は、4年目にして最も手応えがある内容となっている。

これで名短の授業は残すところあと2回。

最後まで、学生の学びが高まるようにがんばります。


代表 辻だいち


この記事をはてなブックマークに追加

【山賊キャンプの野菜 私が作っています】 ~村の農家代表が中日新聞に掲載された~

2016年08月29日 | 泰阜村のひとびと
村の農家代表で「せいちゃ」が山賊キャンプに来てくれた。

「ナスは嫌いだったけれど・・・」

ブロック誌の中日新聞に照会された。ご笑覧ください。


2016年8月23日 中日新聞

こどもキャンプの野菜
私が作っています 泰阜



 泰阜村でキャンプ生活をする全国の小中学生約80人が22日、同村田本のあさぎり館で地元農家の宮島誠一さん(70)から、キャンプの食事で味わっている野菜の話を聞いた。

 村のNPO法人グリーンウッド自然体験教育センターは、7月21日~8月30日、小学1年生~中学3年生を対象に「夏の信州こども山賊キャンプ」を開催。食材は地元の多くの農家から調達し、宮島さんはナスやトウモロコシを提供している。

 宮島さんは、ナスの作り方などを話した。「なぜナスを作ろうと思ったか」という児童からの質問には「スーパーなどで売っている野菜は作っている人の顔が見えない。自分の子どもや孫に、安心した野菜を食べてほしいから」と答えた。

 京都市から参加している辻本修麻君(8)は「ナスが嫌いだったけど、このキャンプでナスが食べられるようになった」と笑顔で話した。




この記事をはてなブックマークに追加