中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

熱川温泉と忍野八海観光の旅;第1日目(1);熱川温泉へ

2016年12月07日 20時57分59秒 | 関東・伊豆箱根・上信越

                         <車窓から熱海の海岸を望む>

     熱川温泉と忍野八海観光の旅;第1日目(1);熱川温泉へ
          (塔ノ岳常連会[仮称])
      2016年12月4日(日)~5日(月)

第1日目;2016年12月4日(日) 晴

<ルート地図>


←クリック拡大

<町田駅集合>

■早々と出発
 恒例の塔ノ岳常連会(仮称)の忘年会が,今日から1泊2日の予定で開催される.集合は7時30分,小田急線町田駅西口である.
 私は何時ものように3時頃起床する.塔ノ岳に出掛けるときには何時も4時10分に自宅を出発するが,今日は自宅から大船駅まで歩くなんて馬鹿なことをせずに,湘南モノレールの始発電車を利用しても,集合時間に十二分に間に会う…っていうことは十分に分かっているが,どうも自宅でジッと待機していることができない.三つ子の魂百までという諺があるが,私のせっかちな性分は,三途の川岸まで来ているのにまだ治らない.
 居たたまれずに湘南モノレールの初電に乗車する.電車は5時30分に大船駅に到着する.
 まずは大船駅前のコンビニでオニギリ2個とお茶を購入,大船5時44分発熱海行の電車に乗車する.何時もの丹沢行ではこの電車より30分早い初電に乗車しているが,初電に比べると,この電車はヤケに混雑している.
 藤沢駅で小田急電車に乗り換えるが,接続が悪くて10分以上待たされてから各駅停車相模大野行に乗車する.途中大和駅で急行町田行という不可解な電車に追い越されるが,乗り換えるのも面倒なので,そのままやり過ごす.

■町田駅
 6時45分頃,町田駅に到着する. 
 集合場所の西口改札口前には,まだ誰も居ないことを確かめて,駅近くのマクドナルドに向かう.モーニングコーヒーを賞味して,朝の気分を味わうのが目的である.
 マクドナルドに入る.
 店内には常連の先客.MT夫妻が居られる.
 「…おやまあ! 暫く振りです…」
で早速意気投合.コーヒーを賞味しながら,集合時間の15分前までマクドナルドで過ごす.
 集合場所に戻ると,もう大半の常連が集まっている.
 幹事長役のTGさんの話によると,本日の参加者は総勢24人とのこと.盛況で何よりである.
 これから貸切バスで,本日の宿泊ホテルのある熱川温泉まで移動する予定である.
 出発時間の5分前に,町田駅前に停車中のバスに乗車する.
 
<大船駅>                                <町田駅前に駐車中の貸切バス>

<賑やかな車内>

■早速昼食と飲み物が配られる
 定刻8時00分に私達を乗せた貸切バスは町田駅前から発車する.
 大型の貸切バスは快適である.1人で2人分の座席を利用できるのでユッタリしていて快適である.
 客室の中央部分の座席が飲み物,果物,嗜好品,使い捨ての皿やコップ,割り箸などいろいろなものが入った段ボール箱の置き場所である.
 ”よくもまあ,こんなにいろいろな物を準備したな…”
と私は感心すること頻りである.
 今回の幹事団は,TGさんを筆頭に,このほど無事退院されたSSKさん,カラオケのISIさん,キャベジン兼芸能のTZさん,動画のMGさん達である.
 早速,今日の昼食弁当,果物,飲み物などが配られる.驚くほどの手際よさである.

<手際よく配られた弁当類>

■SSKさんの司会
 少々長い間闘病生活から復帰されたSSKさんが司会で,バスの旅が始まる.
 実質的な幹事長であるTGさんの挨拶から始まって,各自の自己紹介が進む.その間に飲み物が提供される.
 下戸の私には”All-FREE”とかいうノンアルコールビールがあてがわれる.
 今回の参加者は男女ほぼ同数で,50歳代の男性が一番若手,あとは60~70歳代の方々が大半である.その中には後期高齢者も少なからず居られる.終末期高齢者(?;こんな用語はないかな?),つまり80歳代も若干名混じっている.
 
<総合司会のSSKさん>                        <私はノンアルコール>

■すぐに眠くなる
 私は乗り物に乗るとすぐに眠くなる悪い癖がある.あるいはノンアルコールビールに安眠作用があるのかもしれないが,とにかくノンアルコールビールに酔ったような感じがして,堪らずウトウトとしはじめる.
 丁度その頃,SSKさんから,
 「はい,次はFHさん…」
と指名される.
 私は何を話したら良いか纏まらないまま,外見上は元気そうに見えるかもしれないが,今年一年の間に,2回も入院してしまったことを吐露する.ちょっと下品な話も交えて…
 正直なところ,傘寿を越えると,身体のあちこちの部品に疲労が蓄積,劣化していて,常にどこかが故障している.
 私は60歳代までは医者に掛かったことがなかったが,ここ数年は毎年のように,身体のどこかが故障している.故障する度に塔ノ岳詣でをかなりの期間自粛を余儀なくされる.その度に身体が劣化して,従前のようには登れなくなる.これが実に口惜しいが,これも神仏のなせる業と諦めるしかない.
 私は心の中でこんなことを連想しながら,好い加減な自己紹介を終える.

<海岸沿いの道>

■とあるサービスエリア
 9時丁度に,とあるサービスエリアに到着する.ここがどこか私には分からない…が,わざわざ何処かを聞くほど興味もない.
 「…9時15分に出発しま~す.」
という司会の言葉に誘われるように,とにかく車内から外へ出てみる.
 ビデオ撮影担当のMGさんが,盛んにビデオ撮りをしている.
 
<とあるSAに到着>                            <ビデオ撮りするMGさん>

■熱海の海岸
 休憩を終えて,私達を乗せた専用車は,とあるサービスエリアを発車する.専用車は海岸沿いの道を走り続ける.
 9時25分頃,熱海に到着する(冒頭の写真).
 現役時代に勤務していた会社の保養施設が熱海にもあったので,出不精の私でも,熱海へは何回か来たことがある.そんなこともあって,この景色を見ただけで今熱海を通過中だと分かる.

<熱海を通過>
 
■伊東SA
 9時59分,伊東SAに到着する.私が,
 ”どこだろう,ここは?”
と独り言を言っていると,それを聞きつけた常連の一人が,
 「…伊東に行くなら○○や…の伊東ですよ」
と教えてくれる.
 ”あつ!,…なるほど”
で,ボンクラの私も,この一言で,ここが伊東だと頭にプリントすることができた.
 
<伊東SA>                                  <伊東SAの売店>

<熱川温泉に到着>

■美しい田園風景
 伊東SAで休憩を終えた私達は,10時15分,専用車に乗り込んで発車する.車窓からは紅葉が美しい丘陵が見えている.
 ”実に美しい風景だなあ~”
 私は9月に旅をしたペルーでの車窓風景と,ついつい比較してしまう.
 それほど何回も海外へ出掛けたわけでもないが,私が旅をした範囲では,日本の田園風景はどこの国よりも格段に美しいと思う.まさに箱庭のような国だとすら思える.
 進行係のSSKさんが,マイクを使って.
 「…もうすぐ熱川温泉に到着します…」
とアナウンスする.

<車窓から見える田園風景>

■ネコが出迎えるホテル
 私達の専用車は,11時丁度に熱川温泉「おおるり」に到着する.
 専用車の急なステップを,
 ”どっこいしょ!”
と老人特有の掛け声を出して,やっとこさ降りる.
 先に下車した仲間が,
 「…FHさん! ネコが居るよ.ホラ!」
と私に声を掛ける.
 なるほど,ふさふさとした毛が可愛いネコが上目遣いでこっちを眺めている.勿論,すかさずネコの写真を撮る.
 山仲間の何人かが.私が何時もネコの写真ばかり撮っているのを知っていて,声を掛けてくれ欄だろう.
 
<ホテル玄関から温泉街を見下ろす>                    <ホテル玄関でネコが出迎える>

■チェックインには早すぎる
 ホテルの中に入る.
 ホテルのロビーには,帰りのバスを待つ客が屯している.ロビーの客の平均年令は,私達のグループとほぼ同じぐらいのようである.ただ,平素,塔ノ岳に登っている私達に比較すると,何となくヨボヨボ度が進んでいる人が多いようである.
 部屋にチェックインするには,まだ時間が早過ぎるようである.私達はロビーの片隅に荷物を置かせてもらい.近場の観光をしながら時間を潰すことにする.
 観光に出掛ける前に,まずはホテル前で集合写真を撮ることになる.
 私の手許には集合写真はないので披露できないが,後ろから写した写真が下の写真である.

<ホテル玄関で集合写真>
                                   (つづく)
つづきの記事
  ↓
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/24587bf5e641f7c3d5895d22233c79f8

「関東伊豆箱根の山旅」の前回の記事
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/f3457bb03d5836adb22f1b8f777e9721
「関東伊豆箱根の山旅」の次回の記事
http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/48a58e550f0af14990bd91a8b9c19356

お断り;
 これらの記事は,私の趣味仲間を読者対象としたものであり,一般の読者を対象としていません,したがって,まったく個人的なものです.また十分に時間を掛けて編集していませんので,記事は正確とは言えないし,誤字脱字転換ミスも多々あると思います.このことを前提にしてご覧下さい.
 また,当ブログ記事を読んで,不快になられた方は,以後,当ブログへアクセスされないようにお願い致します. 

 





ジャンル:
温泉
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« アンデス・ブランカ山脈紀行;... | トップ | 初冬の鎌倉;紅葉が見頃の鎌... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
ブログ作成者から承認されるまでトラックバックは反映されません。
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。