中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

初秋の箱根:金時山・長尾山周遊

2014年09月30日 07時14分57秒 | 関東・伊豆箱根・上信越
                                   <金時山山頂>        初秋の箱根:金時山・長尾山周遊         (ARENAオフミ定例会)        2014年9月28日(日) 快晴<ルート地図><金時山登山口へ>■参加者は18名と盛況 今日はARENAオフミ定例会の日である.今回は,箱根の金時山・長尾山を周遊する予定である. 9時00分,箱根登山鉄道箱根湯 . . . 本文を読む
コメント

爽やかな秋空に富士山を眺めながら登る丹沢;塔ノ岳(今年48回目)

2014年09月29日 06時42分18秒 | 丹沢の山旅
                                   <花立山からの富士山>  爽やかな秋空に富士山を眺めながら登る丹沢;塔ノ岳(今年48回目)            (単独山行)       2014年9月27日(土) 晴■車窓から富士山が良く見える 何時もの通り,4時10分に自宅を出発する.真っ暗.でも雲ひとつなく晴れ渡っているらしく,満天の星空である. 寒い.多分15℃程度だ . . . 本文を読む
コメント

オーストリアの山旅:第12日目;無事帰国:12日目の纏め

2014年09月28日 06時01分02秒 | オーストリア;ダハシュタイン山群トレッキング
                               <リムジンバスでYCATへ>     オーストリアの山旅:第12日目;無事帰国:12日目の纏め            (アルパインツアー)      2014年6月26日(木)~7月7日(日)前の記事 ↓http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/c4e0ee1ac62fb96cb20ba . . . 本文を読む
コメント

オーストリアの山旅:第11日目(3);帰国(3);一路日本へ:11日目の纏め

2014年09月27日 03時25分43秒 | オーストリア;ダハシュタイン山群トレッキング
                              <東京(成田)行OS051便に搭乗> オーストリアの山旅:第11日目(3);帰国(3);一路日本へ:11日目の纏め            (アルパインツアー)      2014年6月26日(木)~7月7日(日)前の記事 ↓http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/a418196ec3e8 . . . 本文を読む
コメント

オーストリアの山旅:第11日目(2);帰国(2);ウィーンでトランシット

2014年09月26日 05時07分38秒 | オーストリア;ダハシュタイン山群トレッキング
                              <ザルツブルグ空港の待合室>  オーストリアの山旅:第11日目(2);帰国(2);ウィーンでトランシット            (アルパインツアー)      2014年6月26日(木)~7月7日(日)前の記事 ↓http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/255f53e494cca12b9 . . . 本文を読む
コメント

濃い霧の中を登る丹沢;塔ノ岳(今年47回目)

2014年09月25日 10時05分15秒 | 丹沢の山旅
                                 <濃い霧の塔ノ岳山頂>         濃い霧の中を登る丹沢;塔ノ岳(今年47回目)            (単独山行)       2014年9月24日(水) 曇(山麓は晴)後一時雨■1番バスが空いている 星空を眺めながら夜明けの山道を下って,大船駅に向かう.朝夕はすっかり涼しくなった…というよりは少し寒くなった.段 . . . 本文を読む
コメント

オーストリアの山旅:第11日目(1);帰国(1);ザルツブルグへ

2014年09月24日 09時40分09秒 | オーストリア;ダハシュタイン山群トレッキング
                               <ザルツブルグへ向かう車窓から>    オーストリアの山旅:第11日目(1);帰国(1);ザルツブルグへ            (アルパインツアー)      2014年6月26日(木)~7月7日(日)前の記事 ↓http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/14ff87c5d0494211 . . . 本文を読む
コメント

初秋の鎌倉;彼岸花・萩を眺めながらのデタラメ散策(後編)

2014年09月23日 04時17分54秒 | 鎌倉あれこれ
                               <鶴岡八幡宮の彼岸花>   初秋の鎌倉;彼岸花・萩を眺めながらのデタラメ散策(後編)      (山旅スクール5期鎌倉トレッキング会定例会)          2014年9月21日(日) 晴この記事の前編   ↓http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/45f0b05a1ca9d7aa6 . . . 本文を読む
コメント

初秋の鎌倉;彼岸花・萩を眺めながらのデタラメ散策(中編)

2014年09月22日 14時55分19秒 | 鎌倉あれこれ
                                 <衣張山山頂>   初秋の鎌倉;彼岸花・萩を眺めながらのデタラメ散策(中編)      (山旅スクール5期鎌倉トレッキング会定例会)          2014年9月21日(日) 晴この記事の前編   ↓http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/9ca746611787d9af652 . . . 本文を読む
コメント

初秋の鎌倉;彼岸花・萩を眺めながらのデタラメ散策(前編)

2014年09月21日 22時07分31秒 | 鎌倉あれこれ
                               <妙本寺山門>   初秋の鎌倉;彼岸花・萩を眺めながらのデタラメ散策(前編)     (山旅スクール5期鎌倉トレッキング会定例会)       2014年9月21日(日) 晴<ルート地図><どこでも構わない…で歩き出す>■鎌倉駅を出発 毎月第3日曜日は,山旅スクール5期鎌倉トレッキング会定例会の開催日である. 9時30分, . . . 本文を読む
コメント

漸く涼しくなった丹沢;塔ノ岳(今年46回目)

2014年09月20日 18時23分39秒 | 丹沢の山旅
                                   <塔ノ岳山頂からの富士山>        漸く涼しくなった丹沢;塔ノ岳(今年46回目)               (単独山行)         2014年9月20日(土) 曇後小雨■富士山と矢倉岳 この所,秋も深まり,随分と涼しくなってきた. 何時もの通り,4時10分に,家を出発するが,今朝は涼しさを通り越して,むしろ寒いぐら . . . 本文を読む
コメント

オーストリアの山旅:第10日目(7);オーストリア最後の夜;10日目の纏め

2014年09月19日 10時26分33秒 | オーストリア;ダハシュタイン山群トレッキング
                             <最終日の夕食テーブル>オーストリアの山旅:第10日目(7);オーストリア最後の夜;10日目の纏め            (アルパインツアー)      2014年6月26日(木)~7月7日(日)前の記事 ↓http://blog.goo.ne.jp/flower-hill_2005/e/cfa1cd6c25c6e1c3d6087 . . . 本文を読む
コメント

久々に尊仏山荘のミャ~君に会った丹沢;塔ノ岳(今年45回目)

2014年09月18日 15時47分28秒 | 丹沢の山旅
                              <尊仏山荘の山ネコ「みゃ~」君>    久々に尊仏山荘のミャ~君に会った丹沢;塔ノ岳(今年45回目)            (単独山行)       2014年9月17日(水) 曇■すっかり秋らしくなった 何時ものように,コーロギの啼き声を聞きながら,4時10分に家から大船駅を目指して歩き出す.真っ暗.秋も9月中旬ともなると,この時間,外 . . . 本文を読む
コメント

初秋の鎌倉を散策する;大切岸と流鏑馬を垣間見る

2014年09月17日 18時46分19秒 | 鎌倉あれこれ
                               <名越切通入口からの眺望>      初秋の鎌倉を散策する;大切岸と流鏑馬を垣間見る            (五十三次洛遊会)         2014年9月16日(火) 晴<ルート地図><鎌倉駅から歩き出す>■久々の例会 五十三次洛遊会の久々の例会である. 集合場所・時間は鎌倉駅表口9時30分.私は早めに自宅を出発,バスで大船駅に出る . . . 本文を読む
コメント

オーストリアの山旅:第10日目(6);シュラードミング市内観光

2014年09月16日 04時02分09秒 | オーストリア;ダハシュタイン山群トレッキング
                                 &n . . . 本文を読む
コメント