中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(28)タラナキ山山頂に立つ

2006年04月29日 05時50分49秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
タラナキ山山頂に立つ 2006年2月1日(水) その2  私達は山岳会が経営するロッジでモーニングティーを楽しんだ私達は,9:58,ロッジを出発する。玄関には2人の登山客が雨宿りをしていた。  ロッジから先は,本格的な登山道になる。行く手の左手には深く切り込んだ断崖が聳えている。ここから先は,急勾配の露岩帯になる。むしろ岩場と言っても良いかもしれない。喘ぐように,少しずつ高度を高める。 . . . 本文を読む
コメント (2)   トラックバック (1)

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(27)タラナキロッジでのんびり

2006年04月28日 09時15分34秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
タラナキロッジでのんびり 2006年2月2日(木) その1。  霧ときどき小雨  今日は待ちに待ったタナラキ山登頂の日である。  4:30,モーニングコールの電話で起こされる。昨夜はあまりよく眠れなかった。夜中にホテルのプール付近で騒いでいる人達がいて,それが気になって寝不足である。  5:30頃,私達の部屋にもブレックファーストボックスが届く。早速,ボックスを開ける。中からトマトとベー . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(26)ガイドと打合せ

2006年04月27日 15時29分47秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
ガイドとの打合せ 2006年2月1日(水) その6  ガイドのSさんの案内で,ニュープリマス中心街の散策を終えた私達は,17:00からホテルのロビーで,タラナキ山登頂にお付き合いいただく山岳ガイドと打ち合わせることになっている。私は大急ぎで風呂に入って汗を流す。まさに烏の行水である。  17:21,ホテルの会議室へ向かう。もう,現地ガイド2人が来ている。早速,Sさんから私達にガイドの紹介が . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(25)ニュープリマスに到着

2006年04月26日 05時17分57秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
ニュープリマスに到着 2006年2月1日(水) その4  1155,展望台を発車した私達のバスは,アワオノ渓谷沿いのくねくねと続く道を下っていく。谷間にはヤシの木が群生している。何となくエキゾチックな雰囲気である。また,少々眠くなる。私は何となくぼんやりとした気分で車窓を眺めながら過ごす。  12:25,進行方向右手に,タスマン海の青い水がチラリと見えた。もうアワキノ(Awakino)が近 . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(24)羊が芝刈るゴルフ場

2006年04月25日 09時53分03秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
羊が芝を刈るゴルフ場と石灰岩の断崖 2006年2月1日(水) その3  私達はバスに乗ってニュープリマスへ向かっている。  運転手が,  「景色が良いところがあるから,サービスで臨時停車しましょう」 と愛想良く言う。  バスは,進行方向左手の谷間に流れる川に沿って,くねくねと続く下り坂を走っている。  9:34,バスは左手の小さな空間があるところで停車する。ここはピリアク展望台(PIRI . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(23)のどかな牧場地帯

2006年04月22日 07時17分16秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
のどかな牧場地帯  2006年2月1日(水) その2  私達を乗せた貸切りバスは,9:04にワカパパビレッジを出発して,ニュープリマスへ向かっている。間もなく進行方向左手の遙か遠くに,残雪を抱いたタラナキ山がチラリと姿を表す。私達が明日登る山である。添乗員によると,ここからタラナキ山までは,およそ265キロメートルの距離があるという。2車線の舗装道路が続く。すれ違う自動車はほとんどない。広 . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(22)いよいよニュープリマスへ

2006年04月21日 09時12分55秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
いよいよニュープリマスへ 2006年2月1日(水) その1  今日はニュープリマスへ移動する日である。  私は,昨夜,あまりよく眠れなかったので,表には出さないものの,内心,とても不機嫌である。  というのも,同日のTさんには申し訳ないが,実はTさんのもの凄い鼾で一晩中悩まされた。昨夜,何時頃か分からないが,夜中に「ノンベイ部屋」から戻ったTさんが,ベッドに入るとすぐにもの凄い鼾をかき . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(21)登頂証明書授与式

2006年04月20日 07時04分25秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
登頂証明書授与式 2006年1月31日(火) その6  タマ湖・タラナキ滝周遊を終えた私達は,一旦,自室に戻る。風呂に入り,洗濯をしている内に,瞬く間に時間が過ぎる。  18:28,会食に出席するためにロビーへ降りる。  実は,ロビー脇の大広間で,18:30から,バーダーさんが日本から持参したインスタント味噌汁を賞味することになっている。つまり味噌汁パーティを開く予定である。大広間にはいる . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(20)タラナキ滝の滝壺

2006年04月18日 05時52分06秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
タラナキ滝の滝壺 2006年1月31日(火) その4  シェルターの中で風を避けながら昼食を摂る。眼下には上タマ湖の素晴らしい風景が展開している。ガイド頭が,  「皆さんの中で,足が強いのは誰ですか?」 と真顔で聞く。すかさず私が,  「それはフクロウですよ,次がバーダー・・・」 と答える。  「じゃあ・・・フクロウ,貴方はリュックに石3個入れて歩きなさい。バーダーは2個,山欠菌は1個持つ . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(19)タマ湖を見下ろす

2006年04月17日 17時53分29秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
タマ湖を見下ろす 2006年1月31日(火) その3  11:16「Lower Tama LakeとOld Waiham Hut」の分岐点を通過する。  この辺り一帯は湿地帯になっている。ザラザラとした火山礫の平原が広がっている。東方向に歩き始めてすぐに,ガイド頭が進行方向左手にある水たまりをストックで指しながら,  「ちょっと止まれ」 と私達に合図する。そして,真面目くさった顔をして, . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(18)花と小川

2006年04月17日 06時44分49秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
ルアペフ山・タラナキ山登頂記(18)花と小川 2006年1月31日(火) その2 . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(17)のどかな散策路

2006年04月16日 06時57分20秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
のどかな散策路 2006年1月31日(火) その1  夜半,12:40頃,目が覚める。それから明け方まで,半分目が覚めたようなウツラウツラ状態で,ベッドに静かに横たわったまま,ひたすら長い夜が明けるのを待つ。こんな時,私一人の部屋ならば,勝手に起き出して好きなことをやり出すのだが,この旅ではTさんと相部屋である。Tさんに迷惑を掛けるわけにはいかないので,ひたすら「忍」の字でジッとして . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(16)登山家田部井さんと会う

2006年04月15日 05時54分40秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
登山家の田部井さんに会う 2006年1月30日(月) その5  ニュージーランド北島の最高峰,ルアペフ山登頂に無事成功した私達は,ホテルに戻り,一旦,解散する。夕方18:30から夕食である。  集合時間5分前の18:25,私はロビーへ降りる。  ロビーでは,既にドッジさん夫妻がビールを飲んでいる。ドッジさんは,私の顔を見ると,手招きしながら,  「超ビックリのことがありますよ・・」 . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(15)ロードオブザリングの撮影現場

2006年04月13日 06時22分46秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
ろーどロードオブザリングの撮影現場 2006年1月30日(月) その4  ルアペフ山の登頂に成功した私達は,リフトを乗り継いで,16:02に下のリフト乗降場に到着する。リフトが下るにつれて,気温が高くなり,天候も回復してくる。そして,私達がリフトを降りたことには,快い天候に変わっていた。  ガイド頭が,私達を,映画,ロードオブザリングの撮影場所に案内するという。私はこの映画を見ていないの . . . 本文を読む
コメント

ルアペフ山・タラナキ山登頂記(14)大雪渓を滑り降りる

2006年04月12日 10時23分51秒 | ニュージーランド:ルアペフ・タラナキ
大雪渓を滑り降りる > 2006年1月30日(月) その4  12:11にルアペフ山ドームピークで素晴らしい風景を堪能した私達は,13:43に山頂を出発して帰途につく。山頂から少し下ったところに横たわる雪渓を渡り,プラトーに沿って再び坂を登り返す。先ほど登ってきた山道への下山口を通りすぎで,そのままプラトーに沿って先へ進む。そして,東側の谷筋を下り始める。 下山してから100メートルほど . . . 本文を読む
コメント