中高年の山旅三昧(その2)

■登山遍歴と鎌倉散策の記録■
最初に左下の“カテゴリー”を選んで,クリックして下さい.

鎌倉からの夕日が富士山の真上に沈んだ

2010年03月31日 01時05分55秒 | 鎌倉あれこれ
                <太陽が富士山の真上に沈む>       鎌倉からの夕日が富士山の真上に沈んだ          2010年3月30日(火) 快晴 昨日は終日曇りときどき雨.真冬のような寒さだった. ところが,今日,3月30日は,一転して快晴.朝の内は,まだ少し寒かったが,日が射すようになると,どんどんと気温が上がって,平年並みの気温になった. ちょっとした所用ががあって,大船まで . . . 本文を読む
コメント

鎌倉観桜:衣張山から光明寺へ

2010年03月30日 11時54分50秒 | 鎌倉あれこれ
                      <鶴岡八幡宮のイチョウ>            鎌倉観桜散策:衣張山から光明寺へ        (山旅スクール5期「鎌倉トレッキング会」定例会)              2010年3月28日(日) <トレッキング地図> ■何だか寒いなぁ~ 正に“花冷え”. 昨日(3月27日),塔ノ岳へ行ったときに,山頂付近で真冬のような寒さを味わったばかり.そして今日 . . . 本文を読む
コメント

モンブラン登頂記(3):旅の準備

2010年03月29日 05時34分08秒 | フランス・スイス;モンブラン登頂
                  <アレッチ氷河を歩く>         モンブラン登頂記(3):旅の準備            (アルパインツアー)      2005年8月30日(火)晴。出発4日前。 例によって,私の旅の準備は遅々として進まない。私には昔から悪い癖があって,ギリギリにならないと,準備が進められない。ギリギリの準備では慌ててろくな事がないのが分かっているのに,どうも . . . 本文を読む
コメント

泥濘と樹氷の丹沢:塔ノ岳(今年13回目)

2010年03月28日 08時00分14秒 | 丹沢の山旅
                      <金冷シ付近の樹氷>        泥濘と樹氷の丹沢:塔ノ岳(今年13回目)             (単独山行)           2010年3月27日(土) ■天気予報は晴れなのに… 気候の変わり目なのだろうか,この所,すっきりと晴れる日がほとんどない.来る日も来る日も雨ばかり.私は毎日欠かさず注意深く天気予報をチェックしてきた.そして,今日は朝か . . . 本文を読む
コメント (2)

モンブラン登頂記(2):プロローグ

2010年03月27日 04時10分00秒 | フランス・スイス;モンブラン登頂
                  <シャモニーからモンブランを見上げる>         モンブラン登頂記(2):プロローグ             (アルパインツアー)        2005年9月11日(日) 晴,夕方雷雨 モンブラン登頂を無事終えた私たち5名は,登山証明書を胸に抱きながら,9月10日(土)朝,フランスのシャモニーを出発し,本日,7時30分頃,無事に成田空港に帰ってきた。時差 . . . 本文を読む
コメント

モンブラン登頂記(1):出発前日

2010年03月26日 07時39分28秒 | フランス・スイス;モンブラン登頂
                      <メールドグラス>        モンブラン登頂記(1):出発前日        出発前日 2005年9月2日(金) 晴 私たち湘南カラビナ隊のメンバー5人は,モンブラン登頂のために,明日,9月3日,東京(成田)を飛び立つ。今回は,ニュージーランドのルートバートラックでご一緒したメンバーのフクロウ(男性),消防署長(女性),ノシイカ(女性),初登場のドッ . . . 本文を読む
コメント

春の鎌倉:中央公園の桜はまだかな

2010年03月25日 07時34分10秒 | 鎌倉あれこれ
          春の鎌倉:中央公園の桜はまだかな                       <鎌倉中央公園上の池付近>2010年3月24日(水).雨 朝から冷たい雨が降り続いている. 東京では桜が開花したようである.鎌倉でもチラホラと咲き始めているようである.雨が降っているので,ちょっとものぐさをして,自宅から鎌倉中央公園の桜の様子を見ると,上の写真のように,桜の蕾は膨らんでいるようだ.でも . . . 本文を読む
コメント

鎌倉あれこれ:鎌倉の大イチョウなど

2010年03月24日 04時35分26秒 | 鎌倉あれこれ
                       <鎌倉中央公園>          鎌倉あれこれ:鎌倉の大イチョウなど2010年3月22日(月:振替休日).晴 2010年3月22日(月・振替休日),塔ノ岳を往復した.電車に乗っている間の暇つぶしに,たまたま購入した神奈川新聞の紙面に,去る3月10日未明に倒壊した大イチョウの記事が掲載されていた. 新聞は,毎度のことながら,尊仏山荘の小屋番の皆様のため . . . 本文を読む
コメント

霜柱にネコぼんやりの丹沢:塔ノ岳(今年12回目)

2010年03月23日 08時06分20秒 | 丹沢の山旅
                 <ポーズする営業部長>        霜柱にネコぼんやりの丹沢:塔ノ岳(今年12回目)              (単独山行)        2010年3月22日(月・振替休日)■渋沢発1番バス 昨日(3月21日)は明け方に雷雨となったが,その後はとても良く晴れた.その影響で,今朝(3月22日)の朝は強い放射冷却のため,とても寒い. 例によって,私は寝床の中で「行 . . . 本文を読む
コメント (2)

ネコに会えない丹沢:塔ノ岳(今年11回目)

2010年03月21日 09時52分29秒 | 丹沢の山旅
                   <わずかに雪が残る山頂付近の階段>          ネコに会えない丹沢:塔ノ岳(今年11回目)                (単独山行)             2010年3月15日(土)■春眠暁を覚えず この所,めっきり春らしくなってきた. 相変わらず温かい日と寒い日が交互にやってくるが,3月も中旬ともなると,いくら寒いといっても,寒さは知れている.それ . . . 本文を読む
コメント (2)

春風に誘われて:花の鎌倉中央公園

2010年03月20日 22時59分26秒 | 鎌倉あれこれ
        春風に誘われて:花の鎌倉中央公園              (単独散策)          2010年3月15日(土) この所,毎日の天候がめまぐるしく変わっている. 折角の3連休も,今日の初日は何とか晴れるものの,今夜から明日(3月16日)に画けては暴風のような荒れた天気になるようである. 私は,怠惰に流れそうな自分にむち打って,早朝,4時に起床して,丹沢塔ノ岳を往復した.いざ丹 . . . 本文を読む
コメント

温かい曇り空の丹沢:塔ノ岳(今年10回目)

2010年03月15日 23時35分20秒 | 丹沢の山旅
                     <塔ノ岳山頂>           温かい曇り空の丹沢:塔ノ岳(今年10回目)                (単独山行)            2010年3月15日(月) ■1番バスの登山客は10人ほど この頃は,季節が進んで,5時ともなれば,東の空が何となく明るくなってくる. 前回,塔ノ岳に登ったのが3月3日.今日で,もう10日もブランクになっている. . . . 本文を読む
コメント

閑話休題:遺失物顛末記

2010年03月13日 20時58分41秒 | 閑話休題:日々雑感
                      <梶原の梅>            閑話休題:遺失物顛末記       落とし物をした後始末に追われて,ある催しに欠席した.         そのときに,窓口担当に欠席理由をお話したところ,たちまちの内に仲間内        に知られてしまった.まさか,窓口担当が,プライバシーに関わることを,        他人にお話になるとは想像もしなかった . . . 本文を読む
コメント

春たけなわの鎌倉:久成寺・二伝寺・龍宝寺を巡る

2010年03月12日 23時44分43秒 | 鎌倉あれこれ
                         <春の七曲り>         春たけなわの鎌倉:久成寺・二伝寺・龍宝寺を巡る                 (単独散策)             2010年3月12日(金)<散策地図>   水平歩行距離: 7.6km  累積登攀高度: 147m  累積下降高度: 193m■久成寺 私は,午前10時頃,久成寺に用事があった.この用事の顛末は,気が . . . 本文を読む
コメント

名残の梅の鎌倉:ダイアモンド富士はもう少し先か

2010年03月11日 15時32分24秒 | 鎌倉あれこれ
                  <鎌倉中央公園の梅>     名残の梅の鎌倉:ダイアモンド富士はもう少し先か        2010年3月11日(水)■ああ!・・鶴岡八幡宮のイチョウが・・・! 3月10日,朝のニュースを聞いて驚愕した. あの鶴岡八幡宮のイチョウが,未明に倒壊してしまった.樹齢800年とも1000年ともいわれるイチョウが,何もよりによって,私が生きている間に倒れなくても良いのに . . . 本文を読む
コメント