Dr. Mori Without Borders / Mori-san Sans Frontieres

森 一仁が医学・国際政治経済金融・人文教養教育など関心問題を国際的・学際的に考える。姉妹サイト「フィリピンの医学教育」

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

放射線から国を守ること ~憲法第9条の範疇でも可能な防衛~

2013-04-04 23:38:19 | 危機管理:国際人道保健支援・災害救急
「予言されていた"原発震災"/広瀬隆氏インタビュー」を観て驚く。氏は原子力技術に関しては門外漢と謙虚に述べながらも、持ち前の調査能力で原子力発電所の建設の事、構造の事、機能の事、そして地盤と地震に関する事等をデータを示しながら解説していた。これが震災直後の映像であったと後から知ったのである。私は氏には及ばないが、日本の情報統制・報道管制を見るにつけ海外メディアからの情報などを頼りに本件について考え . . . 本文を読む

オセロー。

2012-07-17 12:16:39 | 総合芸術論:音楽・演劇・笑い
前々から書こうと思っていた記事があったのだが、一連の事件と妙な符号をした事で配信を遅らせてしまった事柄がある。それは我がアパートに住むヤモリの物語になる筈だった。色の黒いヤモリと色の白いヤモリが我が家に出入りしていたのである。黒い方をナカジマ、白いほうをマツシマと名付けて(笑)可愛がっていた。えさをあげる訳ではない。野生のヤモリであるから、自分達でえさを取って生活しているのである。我が家には住居だ . . . 本文を読む

株式会社RHC JAPAN(東京都港区)9月より内部被曝検査[尿及び母乳]を開始。

2011-08-26 18:39:16 | 危機管理:国際人道保健支援・災害救急
(筆者注:小生とは何の利害関係もありませんが、皆様の一助となればと思い転載致します。森) 株式会社RHC JAPANが、一般の方を対象とした、尿及び母乳による内部被曝検査事業を9月より開始いたします。なお、今後は南相馬市立総合病院で実施されている内部被曝検査の支援として、尿検査が可能な南相馬市の0~6歳の全児童に対し、無償で尿の放射能検査を行うことを予定しています。以下、株式会社RHC JAPAN . . . 本文を読む

核アレルギーとイデオロギー ~混ぜるな危険、科学とイデオロギー~

2011-05-18 02:30:28 | 情報・技術・最先端理工学
福島第一原発の問題が浮上してから様々な「情報」と「意見」と「憶測」とが飛び交っている。「情報」と「意見」と「憶測」と書いたが、「意見」と「憶測」の中には本問題を理解して出された「意見」や「憶測」もあれば、「情報」に対する理解の不足のままに出された「意見」と「憶測」があると思う。何よりも「正しい情報」ですら一知半解のままに、「不安」と「恐怖」に基づいて出された「憶測」が多数出されているように思える。 . . . 本文を読む

「オサマ・ビン・ラディン急襲を目撃した男」は実在か?

2011-05-03 20:47:22 | 地球社会:国際政治経済金融
Sohaib Atharと言う人物がウェブ上を賑わせている。と言っても日本のメディアに登場するのはまだ先の事かも知れない。彼は「米軍及び諜報機関によるオサマ・ビン・ラディン急襲作戦」を目撃した男として少し有名になっているのだ。TWITTERで彼は作戦の一部始終を目撃者として祭り上げられているのである。これが真実かどうか。 Who Is Sohaib Athar @ReallyVirtual?に詳 . . . 本文を読む

「RELIEF JAPAN」起動。 ~日本の未曾有の危機を乗り越えるために立ち上がる~

2011-03-20 18:28:13 | 危機管理:国際人道保健支援・災害救急
日本の未曾有の危機を乗り越えるために立ち上がった「RELIEF JAPAN」ではFACEBOOK上において災害関連情報を中心に掲載していきます。RELIEF JAPANは、東北地方太平洋沖地震の情報を集約するべくスタートしました。被災者、現場の活動者、支援者を結び、必要な情報をシェアし、被災者を支援し、その活動サポートすることを目的としています。上の三者に、伝えたい、教えたい、分かち合いたい情報は . . . 本文を読む

東北地方・太平洋沖を震源とする地震・精神科薬物に関する緊急相談室開設/精神科医・熊木徹夫先生

2011-03-12 12:55:38 | 人間行動学:精神医学・心理学・行動科学
友人の精神科医・熊木徹夫先生からの情報を掲載します。 <東北地方・太平洋沖を震源とする地震・精神科薬物にかんする緊急相談室>> を開設します <<●拡散希望●>>> http://www.facebook.com/note.php?note_id=177241665655279> > > > > 現在、精神科薬物を服用中の方で 1:薬を手に入れることができなくなった方、かなり不足してしまった方> . . . 本文を読む

草食系こそ日本に必要

2011-01-18 19:55:20 | 基礎生命医科学:基礎医学・生物科学
厚生労働省・研究班の調査結果をもとにして男女ともに「草食化」が進んでいるのではないかとの議論が出ていた。内容たるやひどいもので、「性交渉の皆無=草食系」と言う定義らしいのだ。これはちょっとおかしな話である。草食動物にも生殖器官がある事を知らないのではないだろうか。 元祖草食系の「草食動物」は食物連鎖の下位に位置しており、この事は肉食系よりも個体数がずっと多い事を意味する。言いかえれば「草食動物」 . . . 本文を読む

日本が立ち直れない経済至上主義

2010-10-25 03:36:16 | 現代国学:政体(政府)・国体・皇統・伝統
「海外で勉強して働こう」を読んで驚愕する。なんでも、『これまでずっとなるべく言わないようにしていたのだが、もう平たく/明快に言うことにしました。1)日本はもう立ち直れないと思う。だから、2)海外で勉強してそのまま海外で働く道を真剣に考えてみて欲しい。(後日注:「海外で伸びてる場所を海外に見つけよう、金のわらじで「伸びてて自分に合った場所」を探しましょう、と。)』なのだそうだ。突っ込みどころ満載であ . . . 本文を読む

Twitter総理大臣

2010-06-04 15:48:24 | 現代国学:政体(政府)・国体・皇統・伝統
「Twitter」が流行っているが、このウェブサイトを用いる前から「TWITTER」のコンセプトを悪用したのは小泉元首相ではなかろうか。いわゆる「ワン・フレーズ・ポリティックス」を多用・悪用して国民を誘導し、現在の格差社会の元凶を作った。 「ワン・フレーズ・ポリティックス」の原理はまさに『ワン・コマーシャルでワン・メッセージでないと伝わらない』と言うものであるらしい。TVコマーシャルは短いもので . . . 本文を読む

日本とギリシャ ~彼我の違い~

2010-05-20 19:27:51 | 地球社会:国際政治経済金融
「ギリシャを植民地化するEU」なる記事を読んで考えさせられた。EUやIMFの行動に驚いている訳ではない。以前よりIMFは債務棒引きと引き換えに政治・社会経済的な構造改革を加盟国、或いは被支援国に迫る事で経済金融グローバリズムの実働部隊としての働きを行ってきた事は本ウェブログでも何度か触れた筈である。 東南アジア方面においてもラオスを取り上げてIMFの実態を明らかにした。現代アメリカのネオコン系統 . . . 本文を読む

日本の医師免許を持たぬ外国人医師輸入に猛反対

2010-04-02 23:17:01 | 現代国学:政体(政府)・国体・皇統・伝統
2つの記事を読んで頭を抱え込んでしまった。閣僚の発言と政府省庁レベルの医療専門職を巡る取り扱い方にどうも矛盾があるとしか私には思えないのだ。 記事#1:『仙谷由人国家戦略担当相は21日、日本の医師免許を持たない外国の医師でも一定の技術レベルが認められれば日本国内で診療が行えるよう制度改正に乗り出す考えを示した。「外国人の医師は現在、日本の試験を受けないといけない。世界的なレベルの医者に失礼だ。そ . . . 本文を読む

成人式で騒ぐ子供

2010-01-23 15:08:40 | 人間発達論:言語・外国語・高等教育
成人式が荒れていると言う。私は実は成人式は生まれてからこの方、参加した事が無いので内容はよく分からない。しかし新成人として既に少年法は適用されないのだから、「実名報道+厳重処罰」を覚悟して暴れてもらいたいと思う。万が一逮捕されたら、それは「自分で招いたのだ」と知るべしである。 思えば報道されているような仕方で大いに騒ぐのは、せめて中学・高校ぐらいで終えておく「必須科目」なのでは無いかと思う。学校 . . . 本文を読む

外国人が法や条例を随意に変えられる国 ~外国人参政権に外国人として反対する~

2010-01-13 01:58:50 | 現代国学:政体(政府)・国体・皇統・伝統
「外国人参政権」と言う言葉を耳にする。外国人が政治参加するのだそうだ。多種多様な国家の人々が国政に参加するのは多様性の観点から望ましい・・・等と言う妄想を抱いているのは与党ミンチュ党の連中らしい。せっかくだから彼らの素性を明らかにした上で国政に臨んで欲しいものだ。外国人に参政権を与えるとは、この外国人とはどこの誰なのだろうか? 「外国人参政権」と言う言葉を考えていてふと気がつく。参政権と書けば政 . . . 本文を読む

天皇の政治利用

2010-01-01 01:23:13 | 現代国学:政体(政府)・国体・皇統・伝統
「天皇の政治利用」と言う問題が持ち上がってきたが、色々と考えなければならない点があると思っていた。天皇の存在は「日本」と言う国と切り離せないからである。そしてこの日本と言う国を成り立たせるのに必要不可欠な存在が天皇であって、国の運営である政治との微妙な関係について少し思索を巡らせねばならない、そんな気がしていたのである。 「幕府」に対して「朝廷」があり、「天皇」は「征夷大将軍」の任命を行えた。中 . . . 本文を読む