Dr. Mori Without Borders / Mori-san Sans Frontieres

森 一仁が医学・国際政治経済金融・人文教養教育など関心問題を国際的・学際的に考える。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

東北地方・太平洋沖を震源とする地震・精神科薬物に関する緊急相談室開設/精神科医・熊木徹夫先生

2011-03-12 12:55:38 | 人間行動学:精神医学・心理学・行動科学
友人の精神科医・熊木徹夫先生からの情報を掲載します。
<東北地方・太平洋沖を震源とする地震・精神科薬物にかんする緊急相談室>> を開設します
<<●拡散希望●>>> http://www.facebook.com/note.php?note_id=177241665655279> >

> > > 現在、精神科薬物を服用中の方で
1:薬を手に入れることができなくなった方、かなり不足してしまった方> で、かつ>

2:主治医と連絡とれず、どう対応していいか途方に暮れている方> に対し、> フェイスブックのファンページ上と、> http://www.facebook.com/aikuma?ref=sgm> 私のtwitter(@arino_mama2 および @tetsuo_kumaki)および #jishin_kusuri において> 簡単なアドバイスをさせていただこうと思います

(このような状況においては、近所の内科や耳鼻科など身体科クリニックでも
これまで服用されている精神科薬物を投薬していただくことはできると思います。

そのような方は、まずそういったクリニックへ行かれることをお勧めします)
なお、このボランティアは、> 私の現在担当している650人のクリニック患者さんを診療する合間をぬって行うものであること
(この方々の健康管理・維持をおざなりにすることはできません)、

また私がいつもPCの前にいるのではないため、ご返答にタイムラグがあることにつき、どうかご了承願います。
(また、この精神科薬物にかんする緊急相談室の開設提案にご賛同いただける精神科医の方がおりましたら、
私に断っていただく必要はありませんので、ご自分がお持ちのフェイスブックやtwitter上での緊急相談室の
ボランティアを名乗り出ていただければ、たいへんありがたいです。
その際、ハッシュタグ #jishin_kusuri をお使いください。どうかよろしくお願いします)

熊木徹夫(あいち熊木クリニック・精神科医)
-------------------------------------------------------------------
熊木徹夫 :あいち熊木クリニック〒470-0131  愛知県日進市岩崎町竹の山37-347
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 草食系こそ日本に必要 | トップ | 「RELIEF JAPAN」起動。 ~... »
最近の画像もっと見る

人間行動学:精神医学・心理学・行動科学」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事