京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『世界最速のインディアン』

2007-02-20 12:43:48 | 洋画

惚れた。信じた。追いかけた 



■監督・脚本 ロジャー・ドナルドソン
■キャスト アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、
       アーロン・マーフィー、アニー・ホワイト

□オフィシャルサイト  『
世界最速のインディアン

 ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギル。小さな家に独り暮らしている
 バート(アンソニー・ホプキンス)は、早朝からバイクの爆音を轟かせる名物の老人
 だった。 家族もなく、暮らしも貧しかったが、若い頃は優秀なエンジニアだった彼は、
 自ら改良したバイクで、数々の国内記録を残していた。 爆音の苦情はあるが、
 温かい人柄から町の人々に慕われてた。バートの夢は、米国ボンヌヴィルの大会で
 世界記録に挑戦すること。 苦心して改良したマシン“インディアン”号とバイク少年
 からの餞別を手に、ライダーの聖地目指して出発した。

 おススメ度 ⇒★★★☆ (5★満点、☆は0.5)
 cyazの満足度⇒★★★☆

 『グッダイ!』、英語(米語ではなく)発音で、英語ともニュージーランド訛りともの
 感じるアンソニー・ホプキンスの語り口が面白い。 ヒアリングはできないけれど、
 この映画の主人公の持っていた(あくまで想像だが)温か田舎風味が伝わってくる。
 若い人には観たことがないかもしれないが、その昔『クロコダイル・ダンディ』という
 映画があり主人公ポール・ホーガンのすっとぼけた英語(これはオーストラリア映画)が
 印象的な映画があった。 思わずそれを思い出して一人ほくそ笑んでいたが(笑)

 何といってもこの映画、アンソニー・ホプキンスの、この映画のモデルとなった
 バート・マンローへの役作りとその破りの人生、そして旅先で出会う人々との
 温かい触れ合いを熟練の演技で魅せてくれた作品だ。

 一風変わり者だと思われるかもしれないが、善意が善意を呼ぶと言う言葉が存在
 するが、まさに彼のレースにかける情熱が、行く先々でそれが現実のものとなる。
 それはこの映画のために用意された台本ではなく、実際にバート・マンロー自身の
 実話に基づいているというから素晴らしい。 そのバート。マンローの持っていた
 雰囲気を壊さず、さらにアンソニー・ホプキンスらしい味付けをしているところが
 特筆できるところだ。 この映画は男性諸君にぜひ観て欲しい映画だ。
 少しニュアンスの違いはあるが、かつて観た『ストレイト・ストーリー』のような
 匂いもあって楽しい。

 実話ベースの映画は沢山あるが、本当に出会った人全てを味方につけてしまう
 主人公の魅力に観ている僕も彼の記録更新を強く願っていた。

 バート・マンローは実際、本当にユニークな人物だったようだ。
 この映画の中でもそれは随所に描かれている。
 早朝からバイクのエンジンをふかして隣の家族をたたき起こす。 雑草掃除を
 言われると、雑草にガソリンをかけて燃やし消防車を出動させてしまう。 だけど
 近所は彼の夢のために、文句を言いながらも資金援助までして送り出す。

 僕がこの映画の中で好きな出会いはアメリカについてタクシーに乗りひと悶着
 ありながらモーテルで出会うゲイのフロント係。 当時、回りに馬鹿にされていた
 彼女(彼)を差別視することもなく、優しいレディとして接し、心が通い合うシーンは
 思わず最近のお気に入り『
キンキー・ブーツ』のローラを思い出してしまった(笑)
 中古車を買うときにも、バイクを運ぶトレーラーを作るために工場を貸してくれることを
 条件に、その中でその中古車のチューンナップをして中古車屋にスカウトされそうに
 なったり(笑) レースに向かう途中に砂漠の真ん中でトレーラーが壊れたとき、
 ネイティブ・アメリカンに出会う。 彼もまた同じ体の悩み(前立腺)を持つバートに、
 よく効くと言われ自身が試したことがない犬の○○玉を煎じた薬をもらう。
 これが翌朝試したらすごい勢いで出るわ出るわ(笑)
 そして肝心のレースに事前に出走登録をしていなかったため門前払い。 でも
 ここでもよくわけがわからない連中や、一緒に出走する出場者たちが彼を応援し
 奔走する。 それはどれもこれも彼の人柄から来るものだろう。

 アンソニー・ホプキンスは本当に上手い 当然なんだけど、あの殺人鬼
 ハンニバルとは対極にある演技の上手さだ

  映画を観終わったとき、そこはかとなくなんと温かく、清々しい気分になれた。
  それにしても、あのレモンの木は美味しくなったんだろうか(笑)
 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (43)   トラックバック (120)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『幸せのちから』 | トップ | モンサンクレール »
最近の画像もっと見る

43 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
これ、見たいんですが・・・ (talofa)
2007-02-20 16:14:59
 ウチの近所のシネコンではやらないみたいなんです。
 テレビでおすぎさんが絶賛してました。
見ないと人生、損する、ぐらいの勢いだったので見たいなあ・・・
 この映画を見終わった観客が皆、アンソニー・ホプキンスの評価ががらっと変わったって言ってました。
ぜひ~ (cyaz)
2007-02-20 17:37:39
talofaさん、コメントありがとうございますm(__)m

>ウチの近所のシネコンではやらないみたいなんです。
それは残念ですね><

>テレビでおすぎさんが絶賛してました。見ないと人生、損する、ぐらいの勢いだったので見たいなあ
ま、おすぎはともかく是非観て戴きたい作品です!
この映画のために遠征しますか^^

>この映画を見終わった観客が皆、アンソニー・ホプキンスの評価ががらっと変わったって言ってました。
どう変わったんですかね(笑)?
僕はますます評価が高くなりましたが^^
めっけもの(笑) (にゃんこ)
2007-02-20 22:16:33
猫は越境しましたよ~
片道50km
でもバートの旅に比べれば、近いですけどね(笑)
こんばんは。 (hyoutan2005)
2007-02-20 22:25:17
TBありがとうございました。
観たい映画の候補だったので、近くのマイカルでかかているとわかった時に、大急ぎで観に行きました。
久々に心が清々しく温かくなる映画を観た気がします。
万人に薦められる内容の映画ですね。
私も頑張らなくっちゃ~と勇気付けられました。
『ストレイト・ストーリー』 (えい)
2007-02-20 23:14:07
『ストレイト・ストーリー』も素敵な映画でしたね。
でもこちらは、あのリンチの映画に比べたら底抜けに明るい。
cyazさんが『クロコダイル・ダンディ』を思い出されるのも納得です。
英語になまりありましたね (kumasan114)
2007-02-20 23:42:44
TB有難うございます。

たしかにGood day, mate.が「グッダイ、マイト」になってましたね。
オンボロバイクで優勝! (パピのママ)
2007-02-21 02:24:42
こんばんは!、TB有難うございました。
いつもお世話になっています。
朝からバイクのエンジンの音、近所迷惑な偏屈爺さんかと思いきや~中々根性のある爺さん。
アメリカのボンヌヴィル塩原まで行くのに、たくさんの人達と出会い助けられ、オンボロバイクでレースに参加。
バート・マンロー氏の実話、名優アンソニー・ホプキンスの絶妙なる演技だからこそ、映画が成功したのだと思いました。
越境入学~ (cyaz)
2007-02-21 08:45:58
にゃんこさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>猫は越境しましたよ~ 片道50km
でもバートの旅に比べれば、近いですけどね(笑)
確かに^^ でも映画にかける“想い”はバートに負けてませんね! 犬の・・・いりませんでしたか(笑)
力量~ (cyaz)
2007-02-21 08:47:50
hyoutan2005さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>久々に心が清々しく温かくなる映画を観た気がします。万人に薦められる内容の映画ですね。
そうですね^^ 観終わってスッキリ、そして力ももらえる秀逸な作品でした! アンソニー・ホプキンスの力量を見せられました^^
Unknown (Unknown)
2007-02-21 08:49:10
えいさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>『ストレイト・ストーリー』も素敵な映画でしたね。でもこちらは、あのリンチの映画に比べたら底抜けに明るい。
確かに(笑) でも淡々としているところは似ていましたね(笑)

>cyazさんが『クロコダイル・ダンディ』を思い出されるのも納得です
あれも英語のインパクトが大でした!
ポール・ホーガン、いずこに(笑)?
ですね~ (cyaz)
2007-02-21 08:50:18
kumasan114さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>たしかにGood day, mate.が「グッダイ、マイト」になってましたね。
なんか不思議にアンソニー・ホプキンスに似合っていたのが笑えました^^
ほんとに~ (cyaz)
2007-02-21 08:52:46
パピのママさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>いつもお世話になっています。
こちらこそ、いつも貼り逃げですみませんm(__)m

>バート・マンロー氏の実話、名優アンソニー・ホプキンスの絶妙なる演技だからこそ、映画が成功したのだと思いました。
本当に仰る通りだと思います^^
あの骨太で憎めないバートの役を見事に演じていたと思います。でもあの年でアンソニー・ホプキンスも骨太の体をしていますね(笑)
えいさんに~ (cyaz)
2007-02-21 09:02:19
タイトルとURL、入れるの忘れていましたm(__)m

えいさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>『ストレイト・ストーリー』も素敵な映画でしたね。でもこちらは、あのリンチの映画に比べたら底抜けに明るい。
確かに(笑) でも淡々としているところは似ていましたね(笑)

>cyazさんが『クロコダイル・ダンディ』を思い出されるのも納得です
あれも英語のインパクトが大でした!
ポール・ホーガン、いずこに(笑)?
こんにちは♪ (ALICE)
2007-02-21 17:44:12
cyazさん♪
この映画私も大好きです。
オーストラリア訛りが聞いていても
何となく分かってそこがまた愛おしかったです。
アンソニー・ホプキンスがこんなに
温かいおじいさん役出来るなんて
ハンニバルのイメージの私には
衝撃的でしたよ。
これからはこのような路線でお願いしたいな。
実は~ (cyaz)
2007-02-21 17:55:29
ALICEさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>オーストラリア訛りが聞いていても何となく分かってそこがまた愛おしかったです。
微妙にそれがスパイスになっていたりして(笑)

>アンソニー・ホプキンスがこんなに温かいおじいさん役出来るなんてハンニバルのイメージの私には
衝撃的でしたよ。これからはこのような路線でお願いしたいな。
やはり老練な役者さんですが、実はこういう演技も結構してるんですけどね(笑) なにせハンニバルのイメージ大なので(笑)
訛り (メビウス)
2007-02-21 22:23:08
cyazさんこんばんわ♪TB有難うございました♪

ニュージーランド訛りだと『キャベツ』も『キャベチュ』って感じなんでしょうかね?
そうやって話していたアンソニー・ホプキンスがなんか妙に印象的だったんですよねw
レクター博士も久しく観ていませんが、マンローじいさんの方もレクターと同じく固定ファンが付きそうですね。
キャラ~ (cyaz)
2007-02-21 23:49:31
メビウスさん、コメントありがとうございますm(__)m

>そうやって話していたアンソニー・ホプキンスがなんか妙に印象的だったんですよねw
ですよね^^ 妙に似合っていたのが不思議でしたが(笑)

>レクター博士も久しく観ていませんが、マンローじいさんの方もレクターと同じく固定ファンが付きそうですね。
凄くいいキャラですもんね^^
観て良かったです♪ (michi)
2007-02-22 11:31:52
TBありがとうございました。
とても60代とは思えないバート、青春爆発って感じでしたね!
この映画から元気をもらいました。
グッとくる数々のセリフも印象的です。
アンソニー~ (cyaz)
2007-02-22 18:00:25
michiさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>とても60代とは思えないバート、青春爆発って感じでしたね! この映画から元気をもらいました。
グッとくる数々のセリフも印象的です。
そうですね! なかなか言い回しも面白かったし、アンソニー、してやったりですね^^


こんばんは。 (元・副会長)
2007-02-22 22:39:44
トラックバックありがとうございました。

最初このタイトルを聞いたとき“インディアンの短距離走選手の話かいな”と思ってしまいました(笑)。

アンソニー・ホプキンスは芸達者ですな。レクター博士のイメージが固定化されることを巧妙に逃れているって感じです。

それでは、今後とも宜しくお願いします。
とてもいい映画でした。 (ことら)
2007-02-22 22:50:56
TBありがとうございます。
観てて心温まる、昨今みんなが忘れてることを思い返させてくれるような映画だと思います。
かと思ったら、バイクで疾走したり。笑
観客を楽しませる、様々な要素がてんこ盛りのいい作品だと思いました。
マンローのような”カッコイイ”おじいちゃんになりたいですね~。
芸達者~ (cyaz)
2007-02-22 23:02:58
元・副会長さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>アンソニー・ホプキンスは芸達者ですな。レクター博士のイメージが固定化されることを巧妙に逃れているって感じです。
確かに芸達者ですね~ こんなじいさんいたら楽しいでしょうねぇ^^
おはつです~ (cyaz)
2007-02-22 23:03:26
ことらさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>観てて心温まる、昨今みんなが忘れてることを思い返させてくれるような映画だと思います。
そうでしたね^^

>観客を楽しませる、様々な要素がてんこ盛りのいい作品だと思いました。 マンローのような”カッコイイ”おじいちゃんになりたいですね~。
アンソニー・ホプキンスの新しい魅力も見れましたしね^^
こんにちは☆ (orange)
2007-02-24 14:59:29
TBありがとうございました~!
人を惹きつける人柄がものの見事にアンソニー・ホプキンスの演技から体現されてましたね。
何故か遠慮することも無いし、あまりにも開けた心にアメリカ人もスッと入り込める懐のようなものを感じたのでしょうか・・・
確かに世界最速。それだけに特化しない人物のドラマは見事でした♪
レモン (kenko)
2007-02-24 19:47:05
見た感じはとても美味しそうにタワワに実ってましたよね。
お世話と言えば、アレをひっかけるくらいしか
やってなさそうだったけど。。。

私もモーテルのオカマちゃんとのエピソードが一番好きでした!
清々しい~ (cyaz)
2007-02-24 20:38:41
orangeさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>人を惹きつける人柄がものの見事にアンソニー・ホプキンスの演技から体現されてましたね。 何故か遠慮することも無いし、あまりにも開けた心にアメリカ人もスッと入り込める懐のようなものを感じたのでしょうか・・・
淡々と演じているものの彼の中にしっかりバートが生きているようでした^^

>確かに世界最速。それだけに特化しない人物のドラマは見事でした♪
ヒューマンなドラマでしたよね^^ 観終わって清々しい気持ちになりました!
レモン~ (cyaz)
2007-02-24 20:40:30
kenkoさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>見た感じはとても美味しそうにタワワに実ってましたよね。お世話と言えば、アレをひっかけるくらいしかやってなさそうだったけど。。。
そうですね(笑) でも持続させることって大切なことだと教えていたような(笑)

>私もモーテルのオカマちゃんとのエピソードが一番好きでした!
この映画のいいところでしたよね^^
こんにちは (RK)
2007-02-27 15:26:16
TBありがとうございました。
見終わった後に、自分も何かやってやろうという気分になりました。
そんな、勇気や元気を与えてくれる、とても良い映画だったと思います。
確かに、アンソニー・ホプキンスはさすが!という感じでしたよね。
サー~ (cyaz)
2007-02-27 20:33:57
RKさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>見終わった後に、自分も何かやってやろうという気分になりました。そんな、勇気や元気を与えてくれる、とても良い映画だったと思います。
そうですね^^ 本当に力をもらえた映画でした!

>確かに、アンソニー・ホプキンスはさすが!という感じでしたよね。
もう、役にピッタシでした^^ さすがサーでしね!
TBありがとうございました♪ (ぴぃち)
2007-02-28 15:24:12
夢を追い続けるって素敵だなぁ、と思わせてくれた作品です。
アンソニー・ホプキンスが本当にいい味出してましたね。
鑑賞後はあたたかい気持ちになれました☆

リンクさせていただきました♪
これからもよろしくお願いしますね~。
謝々~ (cyaz)
2007-02-28 17:47:43
ぴぃちさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>夢を追い続けるって素敵だなぁ、と思わせてくれた作品です。アンソニー・ホプキンスが本当にいい味出してましたね。鑑賞後はあたたかい気持ちになれました☆
さすがアンソニーって感じでしたね^^
これが実在の人物だったから相当凄い人だったんですね(笑)

>リンクさせていただきました♪これからもよろしくお願いしますね~。
ありがとうございます。こちらこそよろしくお願い致しますm(__)m
先日TB頂いたものです (SGA屋伍一)
2007-03-01 08:05:01
先日は拙宅のぞいてくださりありがとうございました

『世界最速』というわりにはかなりまったり風味の作品でしたね。でも「それもまた良し」でした。最後はタイトルどおりでしたし

わたしが見た劇場では、バートさんが
>犬の○○玉を煎じた薬
を「ウェッ」という顔で飲み下す場面が一番ウケてました(笑)
おはつです~ (cyaz)
2007-03-01 08:31:56
SGA屋伍一さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>『世界最速』というわりにはかなりまったり風味の作品でしたね。でも「それもまた良し」でした。最後はタイトルどおりでしたし
そうでしたね^^ 実在のバート氏の雰囲気のままだというから驚きです(笑)

>わたしが見た劇場では、バートさんが>犬の○○玉を煎じた薬を「ウェッ」という顔で飲み下す場面が一番ウケてました(笑)
ですよね(笑)
ま、でもそれで苦しんでいるとしたら、“藁をもすがる”気持ちでしょうね^^ やっぱインディアンですね(笑)
こんばんは♪ (miyukichi)
2007-08-17 00:04:26
 TBどうもありがとうございました。

 なんとなくこれ、
 cyazさんがお好きな映画な気がしてたんです。
 前にお勧めいただいた「遠い空の向こうに」と、
 夢を追うっていう点がちょっと似てるなって思って。

 アンソニー・ホプキンス、すばらしかったですね。
 とても魅力的なおじいちゃんになっていました。
毎日が~ (cyaz)
2007-08-17 08:35:37
miyukichiさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>cyazさんがお好きな映画な気がしてたんです。 前にお勧めいただいた「遠い空の向こうに」と、夢を追うっていう点がちょっと似てるなって思って。
そうですね^^ 共に実話ベースですから~♪

>アンソニー・ホプキンス、すばらしかったですね。
 とても魅力的なおじいちゃんになっていました。
こんな破天荒なじいちゃんが居たら、毎日が楽しいでしょうね(笑)?
TBありがとうございました。 (小米花)
2007-08-26 23:36:03
アンソニーがあんなにお茶目な役を演じるなんて、思わなかったです。
素適なおじいさんを、しっかりと演じていたのは、さすがだと思います。

見終わったあと、本当に心がポカポカしてくる映画でしたね。
TBさせて頂きました。
あの少年~ (cyaz)
2007-08-27 08:38:38
小米花さん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>アンソニーがあんなにお茶目な役を演じるなんて、思わなかったです。素適なおじいさんを、しっかりと演じていたのは、さすがだと思います。
そうですね^^ 彼ならではの演技でした! 実在の人物を演じることはなかなか難しいところですが^^

>見終わったあと、本当に心がポカポカしてくる映画でしたね。
あの少年はかなり影響されたでしょうね(笑)?
その後何になったか知りたいところです!
はじめまして。 (らむ)
2007-09-17 18:52:04
はじめまして。当ブログへTBして頂きありがとうございました。
この映画いい映画ですよね。
アンソニー・ホプキンスの演技も自然で良かったと思っています。
自然~ (cyaz)
2007-09-17 22:24:34
らむさん、コメントありがとうございますm(__)m

>この映画いい映画ですよね。 アンソニー・ホプキンスの演技も自然で良かったと思っています
そうですね^^ 彼だからこそ成し得た映画だと思います!
TBありがとうございます (いりりん)
2008-02-20 18:03:54
TB返しさせていただきました~♪
気づくのが遅れてすみませんでした。
1年経ってもやっぱりこの映画、すごく好きです。
もう一度見ても良かったくらい。
いえいえ~ (cyaz)
2008-02-20 21:12:48
いりりんさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>1年経ってもやっぱりこの映画、すごく好きです。
もう一度見ても良かったくらい。
いい映画は色褪せないものですよね^^
TBありがとうございました. (ほんやら堂)
2008-05-01 22:32:20
cyaz様,今晩は.
TBありがとうございました.

なかなかすてきな爺様でした.

表彰式の時に踊っていましたが,あのシーンを見て何故か浜田幸一を思い出してしまいました.ハマコーもああいう踊りをしていたことがあったと思うのですが.
踊り~ (cyaz)
2008-05-02 08:25:37
ほんやら堂さん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>なかなかすてきな爺様でした.
そうですね~ アンソニーしかできないキャラだったように思います。 最近来日したジャック・ニコルソンではちょっと狂気が入ってしまいますので(笑)

>表彰式の時に踊っていましたが,あのシーンを見て何故か浜田幸一を思い出してしまいました.ハマコーもああいう踊りをしていたことがあったと思うのですが.
あのオッサンも関係ないのに国会議事堂に入って更に混乱を招いたようですね(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

120 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
『世界最速のインディアン』 (Sweet* Days)
CAST:アンソニー・ホプキンス 他 STORY:ニュージーランドに暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)は63歳。彼は、バイクの聖地、アメリカのボンヌヴィルで、何十年もかけて改造した「インディアン」で世界最速記録をうち立てるのが夢だった・・・ 60歳を越え...
世界最速のインディアン/アンソニー・ホプキンス (カノンな日々)
爆走するレクター博士、踊るレクター博士、セクシーなレクター博士、お茶目なレクター博士にいっぱい会えました(笑) なーんて、アンソニー・ホプキンスといえばレクター博士という図式で凝り固まっていた私の頭を見事にリセットしてくれました。ちょっと変わり者ではある...
『世界最速のインディアン』生きるとは夢に生命を燃やす事。 (よろ川長TOMのオススメ座CINEMA)
まっすぐ、前だけ見てひたすら突っ走る。彼はまだ62歳。夢見て叶えるために年齢は関係ない。必要なのは情熱と人を愛する心───
世界最速のインディアン (ネタバレ映画館)
舌下錠で絶好調!
世界最速のインディアン (Akira's VOICE)
旅行は計画的に。
世界最速のインディアン (eclipse的な独り言)
 期待なしに見てきました。でも良かったです。今年はあまり外した映画ないですね。
「世界最速のインディアン」 The World's Fastest Indian (俺の明日はどっちだ)
ニュージーランド南端の町、インバカーギル。小さな家に独りで暮らしている初老の男バート・マンローは、40年以上も前のバイク“1920年型インディアン・スカウト”を自ら改造し、ひたすら速く走ることに人生を捧げてきた。そんな彼の夢は、ライダーの聖地、アメリカのボン...
世界最速のインディアン (そーれりぽーと)
アンソニー・ホプキンスがスピード狂のじいちゃんを演じる『世界最速のインディアン』 アンソニー・ホプキンスのどこがインディアンなのか、つかインディアンってアメリカではもう使っちゃダメな言葉なんじゃなかったけ?と気になって観てきました。 ★★★★★ はい、こ...
世界最速のインディアン /The World's Fastest Indian (我想一個人映画美的女人blog)
めちゃくちゃ脚の速いインディアンの話じゃないよ って前にも書いたか{/face_tehe/} でも半分くらいの人がそう思うんじゃ?? (笑) 1月の観たいリストに入れてたけど、公開は少し延びて2月になりました☆ 監督は『リクルート』や『13デイズ』など、ちょっと重めの...
BORN TO RUN !「世界最速のインディアン」 (映画雑記・COLOR of CINEMA)
その永遠の5分に。BORN TO RUN、まさに走るために生まれてきた !!「世界最速のインディアン」傑作です !! 物語・63歳にして世界最速に挑む男、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。彼
世界最速のインディアン (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギルに住むバートは、小さな小屋のような家で独りで貧しい生活をしています。そんな生活の中で夢見るのは、米国ボンヌヴィルの大会で自分で改良を重ねた愛車、インディアン(ネイティブ・アメリカンのことではなく、かつてハー...
世界最速のインディアン 50点(100点満点中) ((´-`).。oO(蚊取り線香は蚊を取らないよ))
あなた早いのね 公式サイト 60年代初頭、ニュージーランドの田舎町に住む老人が、アメリカはユタ州の塩平原で行われるスピードレースに愛機とともに出場し、いまだ破られない記録を打ち立て伝説となっている実話をもとに作られた、アンソニー・ホプキンス主演のニュー...
映画『世界最速のインディアン』★★★ (てっしーblog)
(ネタバレ注意)  63歳にしてニュージーランドから単身アメリカへ渡り、オートバイ世界最速記録を打ち立てた伝説のライダー、バート・マンローの実話の映画化。 “インディアン”とはアメリカン・インディアンではなく、彼のバイク「インディアン・スカウト(バイク...
スピードにかける青春!? (ひょうたんからこまッ!)
『世界最速のインディアン』THE WORLD'S FASTEST INDIAN (2005年・ニュージーランド&アメリカ/127分)公式サイト老いぼれなんて言わせない。ポンコツなんて言わせない。全く問題を抱えていないとは言わないがマシンも俺もサイコーなんだ。心臓も、エンジンも、止ま...
「ドリームガールズ」これぞハリウッド映画ならでは (ポコアポコヤ 映画倉庫)
音楽が凄く良かった、衣装が豪華!!、全体的にゴージャスで派手できらびやか!お金をドカンとかけて作れるハリウッド映画ならではの、映画でした。結構楽しめました。ラストはちょっと・・だったけど。  ビヨンセって、こ
映画 「世界最速のインディアン」 (ようこそMr.G)
映画 「世界最速のインディアン」 を観ました。
世界最速のインディアン~夢と感動のオヤジ映画 (シネマでキッチュ)
この題名「世界最速のインディアン」と聞いて、【足が速いインディアンの話】かと思っていた。 でも主演がアンソニー・ホプキンス・・へえ~? そっか~アンソニー・ホプキンスがインディアンの役なのねえ~英国人がインディアン・・彼ならうまくインディアン役もものに...
世界最速のインディアン (とんねるず主義)
'''『世界最速のインディアン』''' (The World's Fastest Indian ロジャー・ドナルドソン監督 2005 米=ニュージーランド) 「我地獄へ行かずして誰が行く」---この中国の古いことばが、わたしは好きです。このことばそのままに生...
『世界最速のインディアン』 (ラムの大通り)
↑写真は撮影で使われた1920型インディアン・スカウト復元モデルです。 (原題:The World's Fastest Indian) ----このタイトルってどういう意味? 陸上かなにかで速く走ったインディアンの話? 「ね?よく分からないよね。 まさかアンソニー・ホプキンスが ネイティブ...
世界最速のインディアン (B級パラダイス)
実在した人物、バート・マンローの物語。主人公マンローを演じたのはアンソニー・ポプキンス。長い話でしたがとてもおもしろくまた素晴らしい作品でした。
【MOVIE】世界最速のインディアン (思いつくままに)
■感想など 目玉焼きの両面焼きは、「Easy Over」 ニュージーランドに住む、バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)は、自分の 持つバイク「インディアン」で世界最速の記録を出すことを夢見る老人。 アメリカのボンヌヴィル平原で行われる大会への出場を望むが、大金...
夢を追う男の話『世界最速のインディアン』(2007年5本目) (ON THE ROAD)
しかし、すげーじいさんだな~! 実はテレビの映画紹介で内容を知るまで、 てっきりこの映画は西部劇だと思っていた{/face_ase2/} 『インディアン』はオートバイの名前だったとは・・・ 勘違いして、あやうく見逃すところだった。 この映画の上映館は仙台地区に2ヵ所...
最速のインデアン (フクロウと大理石)
 1962年。前年にケネディが大統領に就任。そして米国がベトナムに介入し始めた頃の実話に基づいた映画「最速のインディアン」を観てきた。  インディアンは米国の有名なオートバイメーカー。1920年製のインデアンをこつこつと40年間にわたり改造してきたニュージーラン...
世界最速のインディアン☆独り言 (黒猫のうたた寝)
好きなものに夢中になれるのってすっごく幸せなんだなぁ~・・・ニュージーランドの南端の小さな町インバカーギルに住むバート・マンロー・・・年金暮らしの老人の夢は長年一緒だった1920年式インディアン・スカウトでアメリカのボンヌヴィル塩平原を舞台に最高スピー...
『世界最速のインディアン』 (試写会帰りに)
『世界最速のインディアン』(『THE WORLD'S FASTEST INDIAN』) インディアンとは主人公の名前ではなくて、バイクのこと。 それも、スピードを出すだけの為に、特別に改造されたスーパー二輪車。 愛車インディアンを駆るのは、63歳のバート・マンロー。 果たして、世界記...
感想/世界最速のインディアン(試写) (APRIL FOOLS)
評判の良さに釣られてみたら、マジ、最高! ジジイの青春に涙キラリな『世界最速のインディアン』2月3日公開。ニュージーランドのバート翁、御歳60オーバー。日々、1920年式バイク「インディアン」のカスタムに明け暮れ、やがて世界最高速を目指してスピードトライアルの...
*世界最速のインディアン* (Cartouche)
{{{     ***STORY***         2005年   NZ/アメリカ ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギル。小さな家に独り暮らしているバートは、早朝からバイクの爆音を轟かせる名物の老人だった。家族もなく、暮らしも貧しかったが、若い頃...
「世界最速のインディアン」ロードムービーの傑作 (再出発日記)
当りでした。あまり期待していないで、こんなのに当たると心底嬉しい。監督:ロジャー・ドナルドソン出演:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィー、アニー・ホワイト60年代初め、63歳の老人が25年がかりの夢を果たすために...
世界最速のインディアン (カリスマ映画論)
【映画的カリスマ指数】★★★★★ 最高齢、最速への夢!! 
★「世界最速のインディアン」 (ひらりん的映画ブログ)
2007/02/03劇場公開日のナイトショウで鑑賞。 オートバイの世界記録を作ろうとするジイさんのお話・・って事は、 予告編見て知ってます。
地球の裏側から来た男 (CINECHANの映画感想)
31「世界最速のインディアン」(ニュージーランド、アメリカ)  ニュージーランドに住むバート・マンロー。63歳の彼は21才の時に出会ったバイク?インディアン?に惚れ込み、40年以上も独力で改造し続けてきた。この中古マシンで一体何キロが出せるのか? マシン...
世界最速のインディアン (とんとん亭)
「世界最速のインディアン」 2007年 米/新西蘭 ★★★★★ 車やバイクにそれほど興味がないせいもあり観ようかどうしようか大いに迷った 作品。 折りしも本日自動車免許の書き換えで講習を受け、「昔と違って今の車は激突 するとエアーバックが作動し...
応援したくなるじーさん 「世界最速のインディアン」 (平気の平左)
評価:70点
地上最速のインディアン (詩はどこにあるか(谷内修三の読書日記))
出演 アンソニー・ホプキンス  アンソニー・ホプキンスが童心あふれる65歳を演じている。もともと童顔(だからこそ「羊たちの沈黙」が怖い)だから表情に甘さがある。その甘さが他人をやわらかい気持ちに誘う。ついつい親切にしたい、というよりも、むしろ、甘やかした...
世界最速のインディアン (とりあえず、コメントです)
タイトルの“インディアン”とは、バイクのことでした(^^ゞ 1960年代のニュージーランド。 バイクに夢中なバート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)は63歳になった今でも 朝早くからバイクの改良に取り組んでいた。 20代で手に入れた名門メーカー“インディアン”の...
世界最速のインディアン(05・ニュージーランド・米) (no movie no life)
記録よりも、あの局面で「上体を上げた」勇気に白旗。 ニュージーランドに住むスピード狂のバイク乗り、老人バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)。オートバイ最速の世界記録を破るため、愛車「インディアン」とともに長年の夢であったアメリカ・ボンヌビル塩平...
世界最速のインディアン (シャーロットの涙)
惚れた。信じた。追いかけた。
世界最速のインディアン (悠雅的生活)
夢は、人生は果てしない。
「世界最速のインディアン」 (It's a wonderful cinema)
 2005年/ニュージーランド、アメリカ  監督/ジャー・ドナルドソン  出演/アンソニー・ホプキンス  ジイさん、カッコイイぜ!と言いたくなるような作品。  60歳を過ぎても世界最速ライダーを目指し続けた実在の男を描いた物語。主人公はアンソニー・ホプキ...
世界最速インディアン (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
惚れた、信じた、追いかけた。 21歳・・・<インディアン>という名のバイクと出会う。60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた感動の人間ドラマ。誰にも期待されていなかった年老いたライダーが、世界最速記録を...
『世界最速のインディアン』★★★★★★★★★(9点) (ginpeichanの映画日記。)
久しぶりの更新になりました。 日曜日に観てきた、『世界最速のインディアン』の感想をば。 タイトルは、『世界最速のインディアン』。 一見、世界で一番早いインド人の物語みたいですが、 主人公はニュージーランド人で、ニュージーランドからアメリカに渡って ス...
世界最速のインディアン (しまねこ日記)
1962年、ニュージーランド南部の小さな町に住むバート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)は、年金暮らしの62歳。 小さな家で独り暮らしをしている彼は近所でも有名なバイク好きの老人。彼の愛車は1920年型の「インディアン・スカウト」お金はないけど知...
『 世界最速のインディアン 』 (My Style)
『 世界最速のインディアン 』鑑賞。 ニュージーランドの最南端から、とてつもない男がやってきた。 バート・マンロー、63歳。若くはないし、金もない。 しかし彼には愛するマシン“インディアン”と、 誰にも負けない情熱があった。 これは、奇跡のような大記録に挑戦し...
劇場『世界最速のインディアン』 (映画ダイエット)
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィー、パトリック・フリューガー、クリス・ローフォード、クリス・ウィリアムズ、アニー・ホイットル他 バイクおたくのおじいさんが根性で記録を作っ...
「世界最速のインディアン」レビュー (映画レビュー トラックバックセンター)
「世界最速のインディアン」についてのレビューをトラックバックで募集しています。 *出演:アンソニー・ホプキンス、ダイアン・ラッド、ポール・ロドリゲス、アーロン・マーフィー、アニー・ホイットル、他 *監督:ロジャー・ドナルドソン 感想・評価・批評 等、レビュー...
世界最速のインディアン (描きたいアレコレ・やや甘口)
なんて、チャーミングなじい様なんでしょう! アメリカ、ユタ州のボンヌヴィル塩平原で、赤い子クジラのようなバイク”インディアン”がビューンと疾走し、スピードメーターの針が信じられない数値を指した時、一斉
映画~世界最速のインディアン (きららのきらきら生活)
 「世界最速のインディアン」公式サイトチラシからも、予告からもあーんまり惹かれなかった作品。。。60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた感動の人間ドラマ。ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプ...
世界最速のインディアン (ワタリィのフルパワーマニアック)
監督 ロジャー・ドナルドソン 主演 アンソニー・ホプキンス あらすじ 舞台はニュージーランド バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)、63歳。 生粋のスピード好きな男。 愛車インディアンで アメリカにあるバイクの聖地 ボンヌヴィル での世界...
世界最速のインディアン (Alice in Wonderland)
この映画はmigさんやきららさんがかなりお勧めということでそんなに興味はなかったんだけど近所の映画館で上映するから騙されたと思って観に行こうかななんて軽い気持ちで観に言ったんだけど・・・一年に何回出会えるだろう素晴らしい映画で映画館を出るときには涙と興...
『世界最速のインディアン』鑑賞! (☆★☆風景写真blog☆★☆healing Photo!)
『世界最速のインディアン』鑑賞レビュー! 21歳──<インディアン>という名の バイクと出会う 惚れた。信じた。追いかけた…。 63歳──生涯の夢<世界最速>に初挑戦 愛すべきバイク野郎の、波乱万丈の人生! バート・マンロー ~ スピードの...
優待で「世界最速のインディアン」 (楽しい株主優待生活)
昨日、テアトルの優待で見てきました。 新宿のテアトルタイムズスクエアに行ってきましたが、 こんなに混雑していたのは久しぶりな気がします。 アンソニー・ホプキンス、良いですね。 お茶目で愛すべきおじいちゃん。 ついつい彼を助けてしまう人達の気持ちも分かります...
『世界最速のインディアン』(’05 ニュージーランド・米) (よんふぁ広場2~HONDOのつぶやき~)
本日は、久々の2作品連続鑑賞。まずは1作目から。  監督・製作・脚本:ロジャー・ドナルドソン  製作:ゲーリー・ハナム  出演:アンソニー・ホプキンス  ダイアン・ラッド  ポール・ロドリゲス  アーロン・マーフィ ニュージーランドの小さな町に住む初老の...
世界最速のインディアン(評価:☆) (シネマをぶった斬りっ!!)
【監督】ロジャー・ドナルドソン 【出演】アンソニー・ホプキンス/クリス・ローフォード/アーロン・マーフィ/クリス・ウィリアムズ/ダイアン・ラッド/パトリック・フリューガー 【公開日】2007/2.3 【製作】アメ
世界最速のインディアン (Lovely Cinema)
2005/ニュージーランド・アメリカ 監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス(バート・マンロー)    ダイアン・ラッド(エイダ)    ポール・ロドリゲス(フェルナンド)    アーロン・マーフィー(トム) ↑これ、イクスピアリに...
世界最速のインディアン (夫婦でシネマ)
観終わった後、とてもいい気持になる映画です。こんな、幾つになっても夢を失わない不良老人は尊敬してしまいますね。
世界最速のインディアン (5125年映画の旅)
ニュージーランドに暮らす63歳の老人バート・マンロー。彼は2輪車での最高速度レコードのオーストラリア記録保持者だった。年老いた彼の夢は唯一つ。愛機「インディアン」がどれだけの速度が出せるのかを知る事だった。彼は夢をかなえる為に、ライダーの聖地、アメ...
世界最速のインディアン (It's a Wonderful Life)
いや~この映画なんかいいですね。好きだなぁ。 結構ダラダラしてて冗長だったり、マイナス面もある作品なんですけど、 そんな事は全然気にならない幸せな気分になってくる ロードムービー。 こういう人との関りあいの楽しさを描いた作品って元々好きなんですけ...
映画「世界最速のインディアン」 (ミチの雑記帳)
映画館にて「世界最速のインディアン」 60歳を超えてもライダーとしての夢を追い続けた実在の人物、バート・マンローをモデルに作られた作品。 ニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカ...
世界最速のインディアン (明け方シネマ)
 バート・マンローには夢があったのだ。生涯にただ一台巡り合ったバイクに手ずから改良を重ねて、スピードの限界に挑戦すること。一体何キロまで出せるのか、それを確かめたい。その一心だ。とてもシンプルかつ明快で壮大な夢---。  初めての海外への旅。心はスピー...
映画:世界最速のインディアン (駒吉の日記)
世界最速のインディアン(シネマイクスピアリ) 「顔にしわはあっても心は18才だ」 レクター博士がお金はないけど年令は誰にも負けない好好爺に! 掘っ立て小屋のようなところに住み、マシンは博物館行きになりそうな代物、倹約と工夫して夢のボンヌヴィル塩平原...
世界最速のインディアン (ドン子の映画とディズニー三昧)
THE WORLD'S FASTEST INDIAN (2005) メディア : 映画 上映時間 : 127分 製作国 : ニュージーランド/アメリカ 公開情報 : 劇場公開 (ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント) 初公開年月 : 2007/02/03 ジャンル : ドラマ/伝記/アドベンチャー 惚れ...
「世界最速のインディアン」 生き方上手 (はらやんの映画徒然草)
「5分が一生に勝る」 「夢を追わない男は野菜と同じだ」 映画の中でバートがぽつり
「世界最速のインディアン」 (元・副会長のCinema Days)
 (原題:The World's Fastest Indian)スピード記録競技会が行われているアメリカ・ユタ州のボンヌヴィル・ソルトフラットにおいて、二輪部門で世界最高速度を出した還暦過ぎのオートバイ野郎、バート・マンローの伝記映画。  これはなかなか痛快な作品だ。映画の面...
世界最速のインディアン (うちらのひとりごと。)
※当ブログは基本的にネタバレありで書いてるので注意してください。 突然ですが、この作品あまり宣伝されてないですよね?? うちらも何かの映画の時に、前に流れる予告で偶然知っただけです。 直感的に「観たい!」と思い、ようやく観てきました「世界最速のインディ...
世界最速のインディアン (TRUTH?ブログエリア)
原題:THE WORLD'S FASTEST Indian監督・脚本:ロジャー・
世界最速のインディアン (ぁの、アレ!床屋のぐるぐる回ってるヤツ!)
いつかはクラウン...ってのは下世話だけど、僕もバイク好きだから、一応、バイカーとしてはいつかはハーレー..とか言うモンなのはわかる。 でもインディアン!! つまり、コカコーラよりもドクターペッパーに魅力を感じる
世界最速のインディアン (C note)
愛しのレクター博士さま。これからはバート・マンローじいちゃまのことも、等しく想
世界最速のインディアン (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★★★ まるで、複葉機のパイロットのようなヘルメットとゴーグルがアンソニー・ホプキンスにピッタリ! 太った身体をカウルで覆われたコクピットに押し込む姿は見ていて愛嬌タップリだ(笑) 遥か昔、20代のころに虜になった1920年型のオートバイ“イ...
『世界最速のインディアン』 (ふつうの生活 ふつうのパラダイス)
今回はめずらしく前情報ゼロで見に行きました。ただ、評判がいいらしいのでとにかく見ようと思いました。そして、面白かった。感動しました。思わず見終わって涙ぐんじゃいました。久々のヒューマンドラマだったのです。ニュージーランドに住む初老のバイク乗りバート・マ...
世界最速のインディアン The World's Fastest Indian (travelyuu とらべるゆう MOVIE)
アンソニー・ホプキンス主演 2006/6/13 DVD Release R-1 邦題が世界最速のインディアンになりました [画像] ニュージーランドのインバーカーギルにバート・モンローは住んでいました 60歳を過ぎたはバート 自分のオートバイの事だけを考えています 敷地には草が生え...
世界最速のインディアン (とにかく、映画好きなもので。)
 昔・・・とは言っても学生時代に、渋谷の東急文化会館の近くでアルバイトをしていた時期があった。バイトの前に映画を観たり、バイトの後に映画を観たりと今は無き東急文化会館は思い出の地でもあり、小学生の時に映画館で映画を観るとなると父に幼き私...
世界最速のインディアン (Ties-こころ-)
世界最速のインディアン 監督 : ロジャー・ドナルドソン 出演 : アンソニー・ホプキンス 、 ダイアン・ラッド 、 ポール・ロドリゲス 、   アーロン・マーフィー 、 アニー・ホワイト 他 ニュージーランド南部の小さな町、インバカーギル。 小さな家に...
世界最速のインディアン (Aのムビりまっ!!!(映画って最高☆))
  惚れた。 信じた。 追いかけた。         評価:★9点(満点10点) 2005年 127min 監督:ロジャー・ドナルドソン 主演:アンソニー・ホプキンス クリス・ローフォード アーロン・マーフィ 最強ジイちゃん、バ...
老人と陸 ロジャー・ドナルドソン 『世界最速のインディアン』  (SGA屋物語紹介所)
まずタイトルに物申す! いまは「インディアン」って言っちゃいけないんだぞ! 「ネ
世界最速のインディアン / THE WORLD'S FASTEST INDIAN (Sapphire)
2005 / ニュージーランド / アメリカ 監督:ロジャー・ドナルドソン CAST:アンソニー・ホプキンス / ダイアン・ラッド / ポール・ロドリゲス / アーロン・マーフィー / アニー・ホイットル / クリス・ブルーノ / カルロス・ラ・カマラ / ジェシカ・コーフィール ニ...
「世界最速のインディアン」 (のんびりクロのHappyなマイニチ☆)
この土日もシロさんはお仕事デス(T_T)でも、最近は週末なかなか映画に行けなか
世界最速のインディアン (映画を観たよ)
評判がいいみたいです。
世界最速のインディアン(ニュージーランド/アメリカ) (映画でココロの筋トレ)
ヤベッ! うっかりしてた! けっこー評判いいこの映画を見逃すところだった! ということで、あわてて「世界最速のインディアン」を観てきました! ( → 公式HP  ) 出演:アンソニー・ホプキンス 、クリス・ローフォード 、アーロン・マーフィ、クリ...
「世界最速のインディアン」 (Cinema Chips)
この映画も実話だそうです。ニュージーランドの最南端の町インバカーギルに住む63歳のバート・マンローさんと言う男性が、長年、夢に見続けていたアメリカ・ユタ州のボンヌヴィルに有るスピードレースのメッカ「塩平原」
映画@世界最速のインディアン/THE WORLD'S FASTEST INDIAN (sattyの癒しのトビラ)
ニュージーランド、バート・マンロー、63歳 若くはないし、金もない。。  しかし彼には愛するバイク“インディアン”と、 誰にも負けない情熱があった 惚れこんだ1台のバイクを40年もかけて独力で改造したバート 彼はライダーの聖地、アメリカ、ボンヌヴィルで開催され...
世界最速のインディアン/THE WORLD'S FASTEST INDIAN (2007) (MoonDreamWorks★Fc2)
監督・製作 : ロジャー・ドナルドソン 出演 : アンソニー・ホプキンス  /ダイアン・ラッド /ポール・ロドリゲス
世界最速のインディアン (ようこそ劇場へ! Welcome to the Theatre!)
”The World’s Fastest Indian”監督・脚本=ロジャー・ドナルドソン。1920年型”インディアン・スカウト”を40年以上掛けて”マンロー・スペシャル”に改造して、はるばるユタ州までやって来たバート・マンロー62歳の目的とは?☆☆☆☆
世界最速のインディアン (「本日も読書」)
CMもやっていたし、特ダネでも結構絶賛されていたので めちゃめちゃ人がいるかと思ったが、当日の109シネマズMMは わりと空いていた。見たい人は皆見てしまったのか、 時間帯が微妙だったのかもしれんが。 んで、いい映画だった。 ロードムービーというか…田舎の街で「...
「世界最速のインディアン」 (こだわりの館blog版)
2/17 Tジョイ大泉 にて カッコいいなぁ… 監督・脚本:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、クリス・ローフォード、アーロン・マーフィ、     クリス・ウィリアムズ、ダイアン・ラッド、他  ニュージーランド南部の小さな町、インバ
世界最速のインディアン(映画館) (ひるめし。)
惚れた。信じた。追いかけた。
2007-02:世界最速のインディアン (正咄 その弐(旧七転八倒映画館))
タイトルを最初に聞いた時にインデアンが爆走するギャグ映画か?と思ったのだがフタを開けるみるとこれが実にほっこりする良い作品がこの世界最速のインディアンだった。原題が「THEWORLD’SFASTESTINDIAN」だからあながち滅茶苦茶な邦題って事もなく、もともとギャ....
■世界最速のインディアン The World’s Fastest Indian (ツボヤキ日記★TSUBOYAKI DIARY)
■世界最速のインディアン The World’s Fastest Indian ●実は本作はずっと前からサイト関連もアップされていたのだが、これはいっか、な…などと軽口たたくような不遜な我であった。イカンな、こーゆー手抜きは、と深く反省しておる次第デス。 GyaOで「ハンニバル」...
映画「世界最速のインディアン」 (しょうちゃんの映画ブログ)
2007年15本目の劇場鑑賞です。映画の日に観ました。「13デイズ」「リクルート」のロジャー・ドナルドソン監督作品。愛車“インディアン・スカウト”を40年以上もかけて改良を続け、63歳にしてニュージーランドからはるばるアメリカへ渡り、世界最速記録を打ち立てた伝説の...
映画「世界最速のインディアン」 (映画専用トラックバックセンター)
映画「世界最速のインディアン」に関するトラックバックを募集しています。
世界最速のインディアン (O塚政晴と愉快な仲間達)
この作品、なんかどこのレビューでも高評価。 実際どうなんだってことで、ずっと気になってた。 やっと観ることができました。 世界最速のインディアン ★★★★★ オススメの作品というわけで、以下は極力ネタバレ無しで。 アンソニー・...
[ 世界最速のインディアン ]63歳、初挑戦、世界最速 (アロハ坊主の日がな一日)
[ 世界最速のインディアン ]を新宿で鑑賞。 63歳で世界最速を記録した実在のライダー、バート・マンロー。60歳をこえても、彼のように夢を追っているオトコには憧れてしまう。でもたぶんボクは、せいぜい人より多く惰眠をして、人より多く夢を見ているぐらいがいい所だ...
『The world's fastest indian』世界最速のインディアン (キマグレなヒトリゴト)
男の子向けの映画だけど、と同居人アダムに薦められた 映画でしたがいやいや、これは女の子にとっても十分いい 作品でした。そりゃ確かに夢を追いかけるとか「速さを 競う」という意味ではそうかもしれないけど。 この映画に関しては結構色んな人から薦められたし、 色ん...
映画レビュー「世界最速のインディアン」 (映画通信シネマッシモ☆プロの映画ライターが贈る映画評)
世界最速のインディアン スタンダード・エディション◆プチレビュー◆元気じいさんが最高にカッコいい。他者とその好意を素直に受け入れ、自分の中で生かしていく姿に、人生のベテランの知恵と余裕が見えた。勇気をもらう実話です。 【60点】 ニュージーランドの田舎...
世界最速のインディアン (ゆるり鑑賞)
(2005年 ニュージーランド/アメリカ) 監督・脚本 ロジャー・ドナルドソン 【物語】 ニュージーランド南部の小さな町。一人暮しの老人、 バート(アンソニー・ホプキンス)の夢は、自ら改良したマシン “イ
世界最速のインディアン (映画鑑賞★日記・・・)
【THEWORLD'SFASTESTINDIAN:2007/02/03公開】製作国:ニュージーランド/アメリカ監督:ロジャー・ドナルドソン出演:アンソニー・ホプキンス、クリス・ローフォード、アーロン・マーフィ、クリス・ウィリアムズ、ダイアン・ラッドニュージーランド南端の町、インバカー...
世界最速のインディアン (銀の森のゴブリン)
2005年 ニュージーランド・アメリカ 2007年2月公開 評価:★★★★★ 監
世界最速のインディアン [Movie] (miyukichin’mu*me*mo*)
 映画(DVD)「世界最速のインディアン」         (ロジャー・ドナルドソン:監督)  世界最速のインディアン スタンダード・エディションハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る  「インディアン」とは、主人公バート(アンソニー・ホプキンス)...
世界最速のインディアン (小部屋日記)
The World's Fastest Indian (2005/アメリカ)【DVD】 監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス/クリス・ローフォード/アーロン・マーフィ/クリス・ウィリアムズ/ダイアン・ラッド/パトリック・フリューガー 惚れた。信じた。追いかけた。 ...
世界最速のインディアン (こんな映画見ました~)
『世界最速のインディアン 』 ---The World Fastest Indian --- 2005年(ニュージーランド/アメリカ ) 監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、クリス・ローフォード 、アーロン・マーフィー、クリス・ウィリアムズ 、ダイアン・ラッド 、アニ...
「世界最速のインディアン」もしかしてこれ久々の「名画」かも。 (日々 是 変化ナリ ~ DAYS OF STRUGGLE ~)
はっきり申し上げて、観る直前までそうとうナメてました、この映画(DVD)。 実話の映画化でストーリーもまあ先に読めちゃうし、なんかディズニーっぽい感じがする(実際はそんなメジャーな配給会社ではない) 「夢」に突き進む老人にほだされて、周囲がどう影響を受けて...
世界最速のインディアン (シェイクで乾杯!)
世界最速のインディアン2005年度・ニュージーランド/米・127分 The World's Fastest Indian ■監督:ロジャー・ドナルドソン ■出演:アンソニー・ホプキンス/クリス・ローフォード/アーロン・マーフィー/クリス・ウィリアムズ バート・マンロー、63歳。 伝説の...
世界最速のインディアン…軽量化すべきはパイロット? (ピロEK脱オタ宣言!…ただし長期計画)
先週は忙しかったです{/face_hekomu/} コメント&トラバもたくさんいただいているのですが、放置してしまってスイマセン{/dogeza/} まだまだ忙しさは終わったわけではなくて、今月はヒドイことになっちゃいそうです{/down/}{/down/} 世の中は三連休なようですが、昨日(1...
夢みて生きよ!―「世界最速のインディアン」 (豆酢館)
夢を追いかけないヤツは野菜と同じ…キャベツと同じだ! 「世界最速のインディアン」(2005年製作)ニュージーランド、アメリカ合作 監督:ロジャー・ドナルドソン 製作:ロジャー・ドナルドソン&ゲーリー・ハナム    脚本:ロジャー・ドナルドソン 撮影:デイビッド...
世界最速のインディアン (シネマ通知表)
2005年製作のアメリカ・ニュージーランド映画。 全米週間最高24位、興行成績$5,128,124。 63歳にしてバイク世界最速記録を達成したバート・マンローの真実の物語を『ハンニバル』のアンソニー・ホプキンス主演で映画化。ニュージーランドに住むバートは、昔からの夢であ...
<世界最速のインディアン>  (楽蜻庵別館)
2005年 ニュージーランド・アメリカ 128分  原題 The World's Fastest Indian 監督 ロジャー・ドナルドソン 脚本 ロジャー・ドナルドソン 撮影 デヴィッド・グリブル 音楽 J・ピーター・ロビンソン 出演 アンソニー・ホプキンス  クリス・ローフォード...
『世界最速のインディアン』 (La.La.La)
 制作年:2005年  制作国:アメリカ  上映メディア:劇場公開  上映時間:127分  原題:THE WORLD'S FASTEST INDIAN  配給:ハピネット  監督:ロジャー・ドナルドソン  主演:アンソニー・ホプキンス      クリス・ローフォード      アーロ...
世界最速のインディアン (mama)
2005年:ニュージーランド、アメリカ 監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンス、ポール・ロドリゲス、ダイアン・ラッド、パトリック・フリューガー、アーロン・マーフィ、クリス・ウィリアムズ、クリス・ローフォード ニュージーランド南端の町...
世界最速のインディアン 08007 (猫姫じゃ)
世界最速のインディアン The World's Fastest Indian 2005年   ロジャー・ドナルドソン 監督アンソニー・ホプキンス クリス・ローフォード アーロン・マーフィー クリス・ウィリアムズ ダイアン・ラッド パトリック・フリューガー ポール・ロドリゲス え...
「世界最速のインディアン」いい人になろう!~2700円~ (いりりんの育児映画人生)
見終わったらとってもハッピーになる映画って 実は昨今結構少ない気がしますが、 この映画は正に見終わった後 すごくハッピーになれました。 奇しくも同じ日に見た「幸せのちから」より ずっと幸せになれた気分。 主人公のバート・マンローが とにかく憎めない田舎のおじ...
『世界最速のインディアン』'05・ニュージーランド・米 (虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映画 ブログ)
あらすじニュージーランドで暮らすバート(アンソニー・ホプキンス)の夢は伝説のバイク“インディアン”でライダーの聖地アメリカのボンヌヴィル塩平原で世界記録に挑戦することだったが・・・。感想インディアンは差別語だからネイティブ・アメリカンじゃないのか?と思...
「世界最速のインディアン」 (日々のつぶやき)
監督:ロジャー・ドナルドソン 出演:アンソニー・ホプキンズ、クリス・ローファード、アーロン・マーフィー、クリス・ウィリアムズ 「ニュージーランドの片田舎に住むバートの趣味はバイク。彼の愛車は1920年型のインディアン・スカウト、これでかつて雑誌に載っ
世界最速のインディアン (読書・映画・ドラマetc覚書(アメブロ版))
 タイトルを聞いたときにはあまり見たいと思わなかったのだが、色々聞いているうちにとても面白そうだと思い、見に行ってみたら、やはり面白くて、見てよかったかも。ちなみにタイトルの「インディアン」は主人公の愛車(バイク)の名前。  話は60歳を過ぎた男が自分...
世界最速のインディアン (しーの映画たわごと)
すこぶる評判のいい映画だったので鑑賞。まぁ1年ほどほったらかしのDVDだったわけですがね。思っていたものとは若干趣旨が違ったものの、中高年にはこみ上げてくる何かがあるかもしれません。夢を追うじいさんの話。
世界最速のインディアン (さむこの部屋)
ニュージーランドで暮らす63歳のバートは、アメリカのボンヌヴィル塩平原で開催されるバイクの世界記録に挑戦するのが夢だった。 お金を貯め、夢を実現しようとするのだが・・。 「ハンニバル」のレクター博士、アンソニー・ホプキンス主演。 これが実話を元...
「世界最速のインディアン」 (心の栄養♪映画と英語のジョーク)
世界最速のインディアン スタンダード・エディションハピネット・ピクチャーズこのアイテムの詳細を見る ニュージーランド南端の町、インバカーギル。小さな家に独りで暮らしている初老の男 バート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)は、40年以上も前のバイク“1920年...
世界最速のインディアン (pure's movie review)
2005年度 アメリカ・ニュージーランド作品 127分 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント配給 原題:THE WORLD'S FASTEST INDIAN STAFF 監督・脚本:ロジャー・ドナルドソン CAST アンソニー・ホプキンス クリス・ローフォード アーロン・マーフィ クリス・ウィリア...
「世界最速のインディアン」 (シネマ・ワンダーランド)
「羊たちの沈黙」や「日の名残り」「白いカラス」などの作品で知られる英国出身の名優、アンソニー・ホプキンス(71)が主演し、63歳にしてニュージーランドからはるばる米国に渡り、世界最速の記録を打ち立てた伝説のライダー、バート・マンローの感動の実話を映画化...
世界最速のインディアン (filmをめぐって)
1962年。ニュージーランドに住む63歳のバート・マンロー(アンソニー・ホプキンス)は、自ら改造した1920年製のオートバイ「インディアン」で アメリカ・ユタ州で開催されるバイクの最高速度を競うレースに参加するため旅立とうとしていた。だがバートは年金暮らしで...
世界最速のインディアン (シネマ日記)
“インディアン”と聞くとどうしても「ネイティヴアメリカン」か「インディアンカレー」を思い浮かべてしまうと思うのだけど、ここでの“インディアン”というのはバイクの名称らしい。ニュージーランドの片田舎に住むバートマンロー...
「世界名作映画」ベスト10 ロードムービー篇 (シネマ・ワンダーランド)
世界名作映画ロードムービー篇のベスト10は下記の通り。ロードムービーとは、主人公らが旅の途中で経験する様々な出来事が、物語(ドラマ)として構成されていくものである。それらの旅とは、新たな発見・人間関係や、悲哀、歓喜などがあり、人生の縮図と言ってもい...