京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『僕と妻の1778の物語』

2011-01-22 01:01:22 | 邦画

 

□作品オフィシャルサイト 「僕と妻の1778の物語
□監督 星 護
□脚本 半澤律子
□原作 眉村 卓
□キャスト 草 剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山 泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉 漣、風吹ジュン

■鑑賞日 1月16日(日)
■劇場 チネチッタ
■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  今年最初に涙を流したのはこの映画だった

 作家・眉村 卓氏と癌で亡くなった悦子夫人との二人の闘病生活がベースとなっているこの作品。
 主人公・朔太郎役に草 剛、その妻・節子役に竹内結子と、あの『黄泉がえり』コンビが甦り(笑)

 仲のいい夫婦に突然に訪れた節子の大腸癌。 松下医師(大杉 漣)からもって1年の命と宣告される。
 かつて、癌と闘う夫婦の物語を描いた作品は結構あったような気がするし、TVなどでも多く取上げられている題材だ。

 節子の退院後、医師から笑うことで免疫力が上がることがあると聞かされ、朔太郎は今できることは何かを自身に問う。
 その結果、出した答えが世間に発表しない節子にだけ読ませる“笑える小説”を
 毎日1編、原稿用紙3枚以上の短編をノルマにし、節子を毎日笑わせることに努める。

 同じ作家であり、友人の滝沢蓮役に谷原章介、その妻・美奈役に吉瀬美智子が扮している。
 監督を務めるのは、映画『
笑の大学』の星 護(これには吾郎チャンが主役格だった)。

 この映画は「生きる」ことの真意をあえて問うこと。
 夫婦として残された限られた日々を互いがどう生きるか。
 妻は不自由ながら、どんどん動きを限定されていくなかで、自分に出来る限りの家庭内作業を行う。
 夫はSF小説が得意なのに、高額薬代の代償として恋愛小説を書こうとするが、妻に向いていないと言われ、
 その妻のために笑える小説を、看病の合間にコツコツ書いていく。
 どれだけ“笑える”小説がかけるか、そのネタが尽きぬとも限らないが、
 朔太郎は最後まで不眠不休で節子のために小説を書き続ける。
 この夫婦にとって大切なことはその小説の出来ではない。
 妻のために、そして夫のために、当たり前のことだが相手を想って出来る限りの愛情を注ぐこと。
 毎日1編の朔太郎が書く小説と、それを楽しみに読む節子。
 他人の目からすればちょっと変な夫婦に映るかもしれない・・・。
 しかしながら、夫婦間の問題と、ここに描かれる以上の悲惨な闘病生活や看病生活が、
 存在したことは容易に想像できるけれど、少しでも生きて側に居たい、
 また側に居て欲しいと思う朔太郎・節子の気持ちは遠からず理解できる。

 そして、その1778作目の最後の小説を、節子が今読める形で書こうとする朔太郎の姿に、
 ついに堪えていた涙が溢れ出した。
 何を書いて伝えようとしたかは問題ではない。
 それは夫婦であるがゆえ、二人にだけわかればいいことなのだ。

 時折、自分たち夫婦に置き換えて考えてみる部分も多かった。
 おそらく我が夫婦の場合、一回り年齢が上の僕が先に逝くことは間違いないだろう。
 そのときのことは想像できないけれど、この映画を観ながら「二人で生きること、今生きている二人が出来ること」を
 改めて足元から見つめ直す必要があるなぁと、静かな感動と共に僕の心の「忘備録」に書き込んだ。


  奇しくもこの日の夜、同じ草クン主演のドラマ「冬のサクラ」が始まった。
  あくまで物語上だが、彼の一貫した優しさが強調された1日だった。
  僕は演技者としての彼より、彼のナレーション、つまり声に魅力を感じる(あくまで歌ではない)。


『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (6)   トラックバック (36)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 『僕が結婚を決めたワケ』 | トップ | 「テオ・ヤンセン展」/日本科... »
最近の画像もっと見る

6 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (雫石鉄也)
2011-01-22 19:45:09
>世間に発表しない節子にだけ読ませる“笑える小説”を

トラックバックしましたが、このことは、眉村さんご本人がはっきりと否定されていました。
奥さまは、あくまで最初の読者であって、唯一の読者でありません。プロの作家として、世の中にだしてもいい作品を考えて書かれたとのことです。
この映画の節子もそうですが、眉村さんの奥さま悦子さんは、眉村さんの作家活動の最大の支援者です。だから、世間に発表しない作品を書くことは、奥さまは決して望まないはずです。

参考に~ (cyaz)
2011-01-23 10:37:21
雫石鉄也さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>このことは、眉村さんご本人がはっきりと否定されていました。奥さまは、あくまで最初の読者であって、唯一の読者でありません。プロの作家として、世の中にだしてもいい作品を考えて書かれたとのことです。
そうだったんですか^^
参考になりました。

>この映画の節子もそうですが、眉村さんの奥さま悦子さんは、眉村さんの作家活動の最大の支援者です。だから、世間に発表しない作品を書くことは、奥さまは決して望まないはずです。
なるほど、言われてみればそうかもわかりませんね。
Unknown (tamirin)
2011-01-24 09:44:35
これは、凄く興味があります~
私基本邦画が好きかも~
ぜひ~ (cyaz)
2011-01-25 08:22:48
tamirinさん、コメント、ありがとうございますm(__)m

>これは、凄く興味があります~ 私基本邦画が好きかも~
いい映画ですのでぜひ^^
邦画のクオリティは年々上がって来ていますね!
否定派だよん (ふじき78)
2011-01-29 23:42:08
なので、TBもちょっと遠慮してたんですが、まあいいや、貼らせてもらおう。

ええとですね。
笑う事が免疫力を上げるなら、まず120分、「も、もう後生ですからやめてください」と竹内結子が涙ながらに懇願するまでくすぐり続ける。まず、そこから初めてほしい。何か映画公開上、問題があるなら、そこだけビデオで回して貰っても構わない。
120分間~ (cyaz)
2011-01-30 09:52:35
ふじき78さん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>笑う事が免疫力を上げるなら、まず120分、「も、もう後生ですからやめてください」と竹内結子が涙ながらに懇願するまでくすぐり続ける。まず、そこから初めてほしい。何か映画公開上、問題があるなら、そこだけビデオで回して貰っても構わない。
確かに(笑)
でもそれって竹内結子でなくてもいいかも(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

36 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
僕と妻の1778の物語 (LOVE Cinemas 調布)
フジテレビ系ドラマの「僕の生きる道」シリーズを手がけたスタッフが、SF作家の眉村卓の原作をベースに映画化。がんに侵された妻と、その妻のために毎日一編の小説を書き続けるSF作家の夫婦愛を描いた感動のヒューマンドラマだ。主演は『黄泉がえり』で共演した草彅...
映画「僕と妻の1778の物語」を観ました!!(2011-01) (馬球1964)
映画「僕と妻の1778の物語」を観ました!!
僕と妻の1778の物語 (佐藤秀の徒然幻視録)
竹内結子の今際の美しさ 公式サイト。眉村卓原作、星護監督、草磲剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、大杉漣、風吹ジュン、陰山泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江。SF ...
映画「僕と妻の1778の物語」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『僕と妻の1778の物語』(公式)を、先日(1/16)鑑賞。日曜の夜の回で観客は15名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。 この手の作品は高評価でないと非難を受け易いのですが、本音で書くと、作品1点、草なぎ剛さんと竹内結子さんの存在感...
僕と妻の1778の物語 (あーうぃ だにぇっと)
監督: 星護 キャスト 朔太郎☆草なぎ剛 節子☆竹内結子 谷原章介 吉瀬美智子 陰山泰 集金人☆小日向文世 浅野和之 近所のおばさん☆佐々木すみ江 医師☆大杉漣 節子の母☆風吹ジュン 他
僕と妻の1778の物語 (to Heart)
製作年度 2010年 上映時間 139分 原作 眉村卓 脚本 半澤律子 音楽 本間勇輔 監督 星護 出演 草なぎ剛/竹内結子/谷原章介/ 吉瀬美智子/陰山泰/小日向文世/浅野和之/大杉漣 TVドラマ「僕の生きる道」「僕と彼女と彼女の生きる道」「僕の歩く道」を手掛けたスタッフ....
【僕と妻の1778の物語】 (日々のつぶやき)
監督:星護 出演:草なぎ剛、竹内結子、大杉漣、谷原章介、吉瀬美智子、風吹ジュン  余命1年の妻に、僕は何が出来るだろう。 「朔太郎はSF作家、結婚8年目になる妻の節子と二人幸せに暮らしていたが、ある日節子が検査に行った病院から連絡を受け余命一年の大腸...
僕と妻の1778の物語 (とつぜんブログ)
監督 星護 出演 草?剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、風吹ジュン  この映画は実話を元に作られている。ただし、当然ながら登場人物は架空の人物だ。原作(というのかな)者の眉村さんは草?演じる牧村朔太郎のモデルではない。竹内の節子は悦子さんがモデルでもな...
【映画】僕と妻の1778の物語 (しづのをだまき)
2010 日本
僕と妻の1778の物語 (だらだら無気力ブログ)
草なぎ剛主演のフジテレビ系TVドラマ『僕の生きる道』シリーズのスタッフ がSF作家眉村卓とガンで亡くなった夫人との間の実話を基に草なぎ剛を 主演に迎えて映画化したヒューマンストーリー。 ガンに冒されて余命1年と宣告された妻のために毎日1篇の小説を書き続け ...
映画に先立ち、眉村卓さんの講演会に行ってきた (とつぜんブログ)
 眉村卓特別講演に行ってきた。眉村さんとがんで亡くなった奥さまの実話を元にした映画「僕と妻の1778の物語」が15日から公開されるのにあわせた企画だ。  眉村さんは映画と実際について、映画は全く別の次元の話、実話をそのまま映像化して物ではないないと話さ....
僕と妻の1778の物語 (だめ男のだめ日記)
「僕と妻の1778の物語」監督星護原作眉村卓出演*草なぎ剛(朔太郎)*竹内結子(節子)*谷原章介(滝沢)*吉瀬美智子(美奈)*陰山泰(新美)内容SF作家の朔太郎(草なぎ剛)と銀行員の...
『僕と妻の1778の物語』(2011)/日本 (NiceOne!!)
監督:星護出演:草なぎ剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、大杉漣ワーナーマイカル全国一斉試写会にて鑑賞公式サイトはこちら。SF作家である、眉村卓氏の実話をもとにし...
僕と妻の1778の物語 (とらちゃんのゴロゴロ日記-Blog.ver)
わては父を夫人と同じ病気で亡くしたばかりなのであまり気が進まなかったけど、かなり評判がいいので見ることにした。命あるものはいつか土に返るもので、例外はない。この映画を見て、いつまでも悲しんでいてはいけないのだと前向きな気持ちになれた。
僕と妻の1778の物語 (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
僕と妻の1778の物語 (角川文庫)またしても余命ものか…と見る前は引いていたのだが、妻のために毎日短編小説を書き続けた作家・眉村卓の物語はまぎれもない真実。唯一の愛 ...
映画「僕と妻の1778の物語」 (FREE TIME)
映画「僕と妻の1778の物語」を鑑賞しました。
僕と妻の1778の物語 笑えばいいのか泣けばいいのか・・・  (労組書記長社労士のブログ)
【=5 -2-】 年が明けてまだ12日間やのにもう5本も映画を観ている。 こんなペースで見ていたら、この1年間で152本も映画鑑賞することになるやん!←って、ないないヾ( ̄o ̄;)(笑)  SF作家・朔太郎と銀行に勤める妻、節子は、人も羨む仲睦まじい夫婦。朔太郎は一旦小説を...
僕と妻の1778の物語 (パピ子と一緒にケ・セ・ラ・セラ)
ドラマ「僕の生きる道」シリーズの映画化。大腸ガンに侵された妻のために1日1篇の小説を書き綴る夫との愛の日々を描く。妻のために毎日、短編小説を書き続ける朔太郎。それは、妻 ...
僕と妻の1778の物語 (にわかブロガーの成功哲学研究所★ろぐ)
SF作家・眉村卓さんの実話を基にしたストーリー。 2002年にがんで亡くなった夫人との思い出をようやく映画化されました。 『僕と妻の1778の物語』。 公開直後にもかかわらずガラガラでした…。 つД`)・゜・。 まぁ、テレビドラマ『僕生きシリーズ』が好きだった...
僕と妻の1778の物語 (にわかブロガーの成功哲学研究所★ろぐ)
SF作家・眉村卓さんの実話を基にしたストーリー。 2002年にがんで亡くなった夫人との思い出をようやく映画化されました。 『僕と妻の1778の物語』。 公開直後にもかかわらずガラガラでした…。 つД`)・゜・。 まぁ、テレビドラマ『僕生きシリーズ』が好きだった...
『僕と妻の1778の物語』 映画レビュー (さも観たかのような映画レビュー)
『 僕と妻の1778の物語 』 (2010)  監  督 :星護キャスト :草?剛、竹内結子、谷原章介、吉瀬美智子、陰山泰、小日向文世、浅野和之、佐々木すみ江、大杉漣、風吹ジュン SF作家である眉村卓と、余...
【映画】僕と妻の1778の物語 (新!やさぐれ日記)
▼動機 僕シリーズ最新作 ▼感想 竹内結子が物足りない ▼満足度 ★★★★☆☆☆ このへん ▼あらすじ SF作家の朔太郎(草彅剛)と銀行員の妻節子(竹内結子)は、高校1年の夏休みに付き合い始めてからずっと一緒だった。だがある日、腹痛を訴えた節子が病院に...
僕と妻の1778の物語☆独り言 (黒猫のうたた寝)
眉村卓のSF小説は学生時代に光瀬龍と並んで読んでいたものでした。たまたま、ある作家が余命わずかな妻の為に毎日短編小説を書き続けたというエピソードをTVで観てその作家が眉村卓であったことに驚いたのはほんとに最近のお話で、この映画の予告を観た時に似たようなエピ...
『僕と妻の1778の物語』 | 大ヒット要因は内容よりも目の付けどころの良さ? (23:30の雑記帳)
カレーを頼んだのにハヤシライスが出てきた、みたいな。 「日比谷」と言ったのに「渋谷」に連れて行かれた、みたいな。 「泣ける」と聞いたのに「シュールなSF」でした、みたい ...
最後の最後に妙な感動。『僕と妻の1778の物語』 (水曜日のシネマ日記)
SF作家が闘病生活を送る妻の為に毎日1編の短編小説を書く日常を描いた作品です。
『僕と妻の1778の物語』をパルコ調布キネマで観て 中途半端な印象ふじき☆☆ (ふじき78の死屍累々映画日記)
五つ星評価で【☆☆どっちつかず】    別にとてつもない駄作と言う訳ではない。 後半、病身でも口角が上がった素晴らしい笑顔の 竹内結子が出なくなると一気に興味が失せてし ...
映画『僕と妻の1778の物語』試写会にて鑑賞。 (ほし★とママのめたぼうな日々♪)
主婦仲間ですごく評判になっていた「僕シリーズ3部作」は 最後のシリーズ「僕の歩く道」しか、観ていないのですが 前2作も絶
「僕と妻の1778の物語」の最終回が感動的 (再出発日記)
癌で死ぬ人の映画は多いと思う。毎年、少なくともそれを中心としたお話だけで三つ以上はできているはずだ。国民の三分の一が癌で死ぬのだから、しかもそれぞれドラマがあるのだから...
★ 『僕と妻の1778の物語』 (映画の感想文日記)
2011年。関西テレビ放送/フジテレビジョン/ジェイドリーム/東宝/S・D・P/FNS26社。   星護監督。眉村卓原作。半澤律子脚本。  大杉漣が久しぶりに良い仕事をしている。一体いつ以来だろう、と考えても、出演作が多すぎるので、大部...
「僕と妻の1778の物語」 (みんなシネマいいのに!)
 こ、これは真剣つまらない。   癌に冒された妻のため1日1編の短編小説を贈る作
映画「僕と妻の1778の物語」  (Serendipity !)
 1月16日、映画「僕と妻の1778の物語」を観に行った。  SF作家の眉村卓とガンで亡くなった夫人との実話を基にした物語で、その夫婦を演じるのは、草なぎ剛と竹内結子。(この二人の共演は「黄泉がえり」以来)  主人公の夫・朔太郎が夫人のため
『僕と妻の1778の物語』@ムービル横浜 ('11/02/11) (The 近況報告!~今度は多摩川のほとりから )
久々に最近の話を。先週見た映画です。
リアリティのある心情 「僕と妻の1778の物語」 (筋書きのないドラマ、筋書きのあるドラマ-映画編-)
余命1年と診断された妻のために、毎日笑える短編を1作ずつ書き続ける夫。医者から、笑いが延命につながることもあると聞かされたからだった。 監督:星護 出演:草なぎ剛、竹内結子
僕と妻の1778の物語 (2ちゃんねる映画ブログ)
http://toki.2ch.net/test/read.cgi/cinema/1286599410/1 :名無シネマ@上映中:2010/10/09(土) 13:43:30 ID:P37M8ZEs ~「僕の生きる道」シリーズのスタッフが送る奇跡の実話~ 2011年1月15日 全国東宝...
僕と妻の1778の物語 (日っ歩~美味しいもの、映画、子育て...の日々~)
僕と妻の1778の物語 スタンダード・エディションDVD/草ナギ剛,竹内結子,谷原章介 ¥3,990 Amazon.co.jp 「ねらわれた学園」などの作品で名を馳せたSF作家眉村卓の実話を映画化した作品。眉村卓本人による著作も「妻に捧げた1778話」(新潮新書)「僕と妻の...
映画評「僕と妻の1778の物語」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2010年日本映画 監督・星護 ネタバレあり