goo

山猫の夏


 船戸与一   講談社

 エクルウ。ブラジル語で「憎しみ」という意味。この町はその名の通り「憎しみ」に満ち満ちた町。ビースフェルテルト家。アンドラーデ家。二つの勢力が憎しみあい殺し合いを繰り返していた。
 この憎しみの町エルクウに見慣れない日本人がやってきた。弓削一徳と名のるまだら髭の男は、からんできたビースフェルテルトの郎党をなんなくあしらった。かなりのしたたか者と思われる。この男山猫と呼ばれる。
 山猫はビースフェルテルトの娘の探索を依頼されてこの町に来たのだ。ビーステルフェルトの娘カロリーナはアンドラーテの息子フェルナンと相思相愛になりかけおち逐電。山猫へのビーステルフェルトからの依頼は娘を生娘のまま連れ戻してくれというもの。
 黒澤明の「用心棒」セルジオ・レオーネの「荒野の用心棒」にシェークスピアの「ロミオとジュリエット」を足して、拙作「ミュータント狩り」や西部劇「プロフェッショナル」を調味料として加えたような話だが、この作品はアツイ。舞台は炎天下の南米の荒野。欲望と憎しみで血塗られた世界が、この本で上下2段組小さな活字でびっしり380ページ1100枚、こってりと描かれる。山猫はビーステルフェルトに雇われたのだが、当然、アンドラーデも捜索隊を送り出している。そのアンドラーデ捜索隊の隊長というのが山猫とおなじくしたたかな男。その男と闘わなければならない。しかも、ビースフェルテルト捜索隊のリーダーは山猫だが、仲間も山猫の首を狙っている。一刻たりとも油断できない。
 まるで人の命がちり芥のように扱われ、犬猫の死体より人間の死体の方が多い。こういう世界を山猫は笑いながら行く。いったいヤツは何を考えているのだ。血、死、金、欲、そこは悪徳が咲きみだれる世界。その世界をカンカン照りのブラジルの太陽が照らす。アツイぞ。すごいぞ。読むべし。

コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥの航海 第20回 鎧袖一触

巡行速度30ノットで航海を続ける巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥ。先行する船団に入って順調な航海といえる。
 バルカン砲の回転部分の不具合で、メンテナンス中だった防御用近接対空機関砲シン。とりあえずメンテナンスも終わり、右舷に設置されて実戦で射撃したが追尾レーダーの不具合はあいかわらずであった。
 輸入モノのレイルガンである中距離砲キャンを5番砲塔に設置。1発敵艦に命中させた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

前立腺風雲録 第10回

 というわけで、六甲アイランド甲南病院に入院した。15年前も憩室の出血で、この病院に入院したことがあった。あの時は1週間ほどで退院できた。今度もそうだろうと思っていた。そんなに長く入院するつもりはない。
 入院翌日、家人が朝の7時に、入院に必要なモノを持って来てくれた。とりあえず売店でテレビのイアホンを買ってもらう。入院中の時間の過ごし方は、読書がメインでテレビも観る。
 トイレに行ったが、便が黒くなってきた。病院に来る前、家でしたときは、真っ赤な鮮血であった。大腸からの出血がダイレクトに出たものだろう。血液は消化液と混ざると化学反応で黒くなる。大腸の中にたまっている血液に、胃から流れてきた消化液が混ざったのだろう。
 入院2日目。便はさらに黒くなった。入院中はトイレに行けば、流さず、必ず看護師に見せる。トイレで用をすませば、トイレ内のナースコールを押して、看護師を呼ぶ。この時、看護師が来るまで、トイレ内で自分の便の番をしておかなければならない。小生が入院している部屋は6人部屋であった。個室なら自分しか部屋のトイレを使わないが、6人部屋なら他の患者がトイレを使うかもしれない。看護師は便をデジカメで撮影する。あとで主治医に見せるのだそうだ。
 午前中に胃の内視鏡をする。救急外来で撮ったCTでは、ほぼ大腸の憩室からの出血で間違いないだろうということだが、万が一、胃からの出血の可能性もあるということだ。それに入院時の問診で、胃潰瘍での出血の前歴があるムネはいってある。胃はまったく自覚症状はない。
 胃の内視鏡。これは胃潰瘍持ちの小生はなじみの検査である。胃は異常なしとのことだった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥの航海 第19回 不発

 防御用近接対空機関砲アキ。確実に敵の対艦ミサイルを処理する。着弾した敵弾は1発のみ。ところが敵の巡洋艦ディーの防御用近接対空機関砲ハマに完全に封じられる。ところがディーの艦長ラミ大佐は対空機関砲をヤマに交換。タイガーウィンドゥのカネミ艦長は対艦ミサイルにリョーを装填。ところが不発。カネミ艦長の判断のあやまりであった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

あの大惨事から12年

 あれから12年もたったのか。あの日も今日のようにいいお天気の日だったと記憶する。12年前の4月25日。小生は尼崎のNPという会社で試用雇用で勤務していた。精神的に疲れる会社であった。
 午前中のことである。家人から電話。「尼崎で大きな踏切事故があったらしいけど、だいじょうぶ?」勤務先のNP社はJR尼崎より南。取引先に出かけることはある。とうぜん、JRの踏切を通過することもある。事故に巻き込まれていないか心配していたのである。その時、小生、社内にいた。自分のデスクのパソコンでネットのニュースを見る。最初は踏切の事故だと報じられた。
 NP社は、あの事故の現場から1キロも離れていない。ヘリコプターが頭上を飛び始めた。その数が増えてくる。そのうち救急車がたくさん走り回っている音が聞こえる。あたりが騒然とした雰囲気になってきた。ちょうど、阪神大震災直後のような感じだった。107名の死者を出したJR福知山線脱線事故から12年たった。
 あの事故からは、しばらく電車の先頭車両に乗るのはためらわれた。所用でJRの福知山線に乗ることもある。事故現場を通過する時は、思わず黙祷している。JRは通勤に使っているから毎日乗っているが、電車の遅延がそれ以前より多くなったような気がする。少しの異変でも電車を止めるようになったのだろう。

 あらためて、あの事故でお亡くなりになった方々のご冥福をお祈りする。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )


監督 阪本順治
出演 藤山直美、牧瀬里穂、佐藤浩市、大楠道代、中村勘九郎、岸部一徳、
   豊川悦司、渡辺美佐子、國村隼

 いやあ。すごいぞ、うまいぞ、迫力だぞ、藤山直美。藤山直美の演技力をこってり、たっぷり、楽しむ映画である。全篇を通じて出ているのは主人公の藤山演じる吉村正子だけ。あとは上のごとき主役級の俳優をつまみ食いのような使い方をしている。なんともぜいたくな映画といえる。
 正子は中年になりかけている独身の女。母とクリーニング店を営んでいるが、接客するわけでなし、配達をするわけでもない。デブでブスの正子は2階に引きこもっている。日がな一日ミシン仕事をする。
 妹由香里はそんな姉をバカにしている。母が急死。通夜の晩、正子は由香里を絞殺。香典袋をバックに詰め込んで逃走。そして阪神大震災に遭遇。大地震の混乱に乗じて逃げおおせる。
 ここから正子の地獄めぐり。道中、自転車乗りと水泳を覚える。レイプ男、リストラ妻子逃げられ男、負債をかかえ首吊り自殺するラブホテルの経営者、ヤクザな弟と場末のスナックのママの姉。さまざまの人と出会いかかわりあう。
 最初はデブでブスで鈍重だった正子も、由香里を殺した後は素早い。とっとと電車に飛び乗って、指名手配をかいくぐり、まんまと逃げおおせる。引きこもりだったが、人との対人関係もうまくこなし、スナックでは重宝される。まさしく藤山直美七変化。お父さんの寛美はもひとつ、小生、お好みではなかったが、藤山直美はええな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥの航海 第18回 主砲粉砕

 トード海の海戦。じつはこの海戦、巨大戦艦ナベツネジャインの主砲サイコーアベ50センチ砲はメンテナンス中か、砲塔に設置されていなかった。
 タイガーウィンドゥの防御用近接対空機関砲クワが稼働中、サイコーアベ50センチ方が設置された。クワの20ミリバルカン砲はサイコーアベ50センチ砲を粉砕。これが今次海戦の勝負の分かれ目であった。
 トード海海戦を乗り切った巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥは、セントブルーの海を順調に航海しているのである。タイガーウィンドゥの虎動力主機関は、いまのところメンテナンスフリーで稼働している。すくなくともまだ西太平洋あたりをうろうろしている原子力空母カールビンソンよりも虎動力巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥの方が信頼性が高いのである。北朝鮮情勢が緊迫しているおり、タイガーウィンドゥを日本海に派遣してくれとの要請を日米両政府から受けているが、残念ながらタイガーウィンドゥはそんなヒマはない。かような問題は日本、アメリカ、韓国、中国の4ヵ国で解決すべしとの見解を虎国政府は発信した。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

牛肉のソテー チョコレートソース


 とつぜん上方落語で、「寝床」をやったが、あれに出した「ポークソテー 大納言小豆のあんこソース」を実際に作ってみようと思ったが、家人に反対されたのでやめた。で、新聞に同じようなのが出ていたので、作ったのがこれである。
 牛肉はもも肉。そえの野菜はエリンギとアスパラガスだ。まずソースを作る。材料はチョコレート、醬油、味醂、酒。これだけ見ても、えらいミスマッチに見える。チョコレートは甘みがなく苦味が強いブラックかビターがいい。別にレオニダスやゴディバといったバレンタインデーに彼女がくれるような上等なチョコレートでなくてもいい。
 小鍋にチョコレートを入れて加熱する。チョコレートが溶けたら、醬油、味醂、酒を入れて煮つめる。少し濃いかなと思うぐらいがいいだろう。ソテーした牛肉にチョコレートソースをかける。
 で、食べた。まずくはないが違和感がおおいにある。牛肉はチョコレートをぬいて、醬油と味醂で食べた方がおいしいだろう。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

イチゴのサンドイッチ


 フルーツのサンドイッチを食いたい。なにがいい。今の時期のフルーツといえばイチゴである。で、こないだ対談したイチゴさんに来てもらってサンドイッチになってもらった。なんせひげもじゃのおっさんだから少々カサばるが、甘いことは甘いイチゴである。
 まず、生クリームを泡立てる。ツノが立つぐらいのかたさに泡立てよう。あとは、このホイップした生クリームをパンにぬってイチゴを並べる。気をつけなければいけないのは、イチゴの並べ方。切ったときイチゴの切断面がでるように並べる。この写真のように三角にパンを切る場合は、イチゴを対角線に並べればいい。
 う~む。こうして見ると、やっぱ、このイチゴ大きすぎたな。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥの航海 第17回 惜敗

 タイガーウィンドゥVS巨大戦艦ナベツネジャイン。今次海戦は防御用対空機関砲の性能の差が勝負の分かれ目となった。タイガーウィンドゥの対艦ミサイルは1発だけ着弾。あとはナベツネジャインのグチ、マシ、ネロの対空機関砲に阻まれた。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ミスターヘタ

「キミには世話になった。遠慮はいらんぞ」
「課長、すみませんね。たいしたことしてないのに」
「いやいや。助かったよ。ここはローストビーフがおいしいんだ」
「あ、おれ、ローストビーフ」
「はい」
「じゃ、ぼくもローストビーフ」
 村上はこの店の常連といってもいい。必ずローストビーフを注文して、黒ビールを飲む。
「おまたせしました」
「うわ、うまそ。あれ、課長のはヘタですよ。ぼくのと取り替えましょうか」
「いいんだ。おれはヘタが好きなんだ」
 村上はギネスの黒ビールを吉本につぎながらいった。
「遠慮せず飲んでくれ。おれはこのローストビーフのヘタを食うため10年この店に通ったんだ」
 1本のローストビーフを焼く。すると両端は当然2ヶ所。1本のローストビーフにはヘタは2枚しかない。店は通常、ヘタを客に出すことはない。村上はヘタが好き。この店の常連になって、オーナーやシェフと顔なじみとなり、特別に頼んでローストビーフのヘタを取り置いてもらっている。

「ま、村上くん。まずは一献」
「おそれいります部長」
「キミの課、最近がんばってるじゃないか。すし、遠慮なく食って、酒飲んでくれ」
 なかなか高級なすし屋である。課長とはいってもそんなに高給なわけではない。村上はすしはいつも回っているすし屋で食う。こんなすし屋には特別な日にしかこない。きょうは部長の菊池に呼び出されたのである。
「じゃ大将、おまかせで。村上くんもそれでいいだろう」
「はい」
 部長の用というのはうれしい話だった。菊池は近く営業担当の取締役に就任する。あとがまの部長には関西支社長が本社に赴任して就任する。ついては村上が次長に昇進することとなった。ついては新部長をよろしく補佐してくれ、彼も本社勤めは不慣れだろう。その点はキミが私に報告してくれ。善処する。ようは村上に新部長のスパイになれということだ。社内の派閥争いに巻き込もうということだ。
 にぎりをひと通り食べて、お銚子も4本ほど開いた。
「ここらで巻きものを食べたいな。大将、しんこ巻きと鉄火巻き。村上君は」
「じゃわたしも鉄火巻きを」
「へい」
「あの、へたをお願いします」
「は?」
「鉄火巻きの両端。ヘタです。できるでしょう」
「そりゃあ、巻きものには必ずヘタはでますが、あれはお客に出すもんじゃありませんぜ」
「お願い。わたしはヘタが好きなんだ」
「へー、やっぱウワサはほんとうだったんだな。大将、ワシからも頼むよ」
「わかりやした」
 村上は出された、しんこ巻きと鉄火巻きのヘタをおいしそうに食べた。
「キミは社内でミスターヘタと呼ばれているんだよ」
「知ってます」
 村上は端が好きだ。電車に乗っても座席の端にしか座らない。端に座れなければ立っている。ラーメンを食べに行けば、具の焼豚はとうぜん焼豚のヘタを所望。なければ焼豚ぬきのラーメンを食った。ロールケーキ、バームクーヘンといった洋菓子もヘタ。お茶菓子のようかんも必ず端を食べる。
 村上は次長に昇進して2年後、次長待遇のまま沖縄支店に転勤。事実上の左遷である。さらにその翌年北海道支社に転勤となった。
 新部長が本社に来て2年で取締役常務に昇進、菊池は関連会社に出向となった。菊池は派閥争いに負けた。村上も菊池一味と見られて左遷されたのだ。
「沖縄の次は北海道か。村上さんはやっぱりミスターヘタね」
「いやあ、あのひと世渡り上手くないよ。ミスター下手だよね」
 村上本人は北海道の生活を楽しんでいるようである。

コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥの航海 第16回 主砲

 ホムラン風なる不思議な風が吹くトード海。タイガーウィンドゥは巨大戦艦ナベツネジャインが待ち構えるトード海へとやって来た。
 ナベツネジャインは弾頭に生物兵器マイコラス菌を装備した防御用近接対空機関砲を使用した。いっぽう、タイガーウィンドゥの防御用近接対空機関砲はメッセ。この海戦では、いつもナベツネジャインに吹くホムラン風が、タイガーウィンドゥに吹いた。タイガーウィンドゥの主砲トメ39センチ砲が巨弾で砲撃。生物兵器マイコラスを破壊した。これで勝負あり。悪徳巨大戦艦ナベツネジャインを完膚なきまでに轟沈したのである。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

巡洋戦闘艦タイガーウィンドゥの航海 第15回 呪縛

 防御用近接対空機関砲ヤギ。制御用基板に猫の毛が付着していてCMOS-ICが破損して自爆してしまったが、ICを交換。確実に射撃をしていたが海賊船ドラコのミサイル迎撃に失敗。さらにタイガーウィンドゥの近接機関砲マテが相手の主砲ビシの錆び落としをしてしまった。すっかり錆びついていた.ビシの巨弾を被弾。超弩級戦艦カプを撃破したタイガーウィンドゥだが、ポンコツ海賊船ドラゴの撃破されてしまった。
 恐るべきはナゴド海域。やはりこの海域は呪いの海域であった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

とつぜん上方落語 第11回 愛宕山

 愛宕山。上方落語の春の代表的な噺や。京都のだんさんと大阪の太鼓もちの一八と茂八が愛宕山へ野がけピクニックに行く噺ですな。
 春霞がたなびく中、レンゲ、タンポポが花盛り。麦の穂が青々として菜の花が彩っているという、春爛漫の中を室町へんのだんさんが、祇園の芸妓や舞妓はん、太鼓もちの一八茂八を引き連れて愛宕山へとやってまいりました。あ、その道中のにぎやかなこと。
 この噺で京都のだんさんが大阪の太鼓もちに、京都の山自慢をします。「京都には高い山がある。東山、比叡山、鞍馬山、愛宕山。大阪には山はあるか」「大阪にも山はおまっせ。天保山、真田山、茶臼山」「そんなん山やあらへん。地べたのニキビや」
 で、この一行、愛宕山へ登って、かわらけ投げをして遊んで、だんさんが小判を谷底へ投げて、一八が傘につかまって谷底に飛び降りるんや。
 この愛宕山、だんさんが自慢するほど高こうない。標高924メートル。わが街神戸の六甲山は932.1メートル(くさにいちばん、と憶えた)六甲山の方が愛宕山より高い。
 つうわけで、神戸版「愛宕山」上方落語「六甲山」つうのを考えたで。

 神戸は元町で大きな中華料理屋を営むワンさん。きょうはお店はお休み。なじみの三宮へんのスナックやクラブのホステスや、ひいきの阪神タイガースの選手や、北野町のジャズバンドを引きつれて六甲山へ野がけに行きました。その道中の陽気なこと。ブンチャカブンチャ。ブンチャカブンチャ。
「着いたある。これが100万ドルの夜景あるよ」
「だんさん、かわらけ投げはおまへんのか」
「そんなもん、ないあるね」
「ほう、そやったら、ここでなにしまんねん」
「なにもしないある。夜景をめでるあるよろし」
 六甲山の山頂からの夜景は、ほんと、すごいもんです。
「うわあ。きれい。100万ドルの値打ちがあるな。もったいから片目で見まっさ」
「なんで片目で見るあるか」
「今夜は右目で50万ドル」
「で、左目は」
「こんど来た時のために取っておくんです」
「へー、それで」
「だんさん、10ドルほど貸しておくんなはれ」
「なんでや」
「うっかり、左目、うす目あけてしもうた」
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

前立腺風雲録 第9回

 昨年。大型連休も終わった2016年5月14日のことだった。土曜日であった。例によって午前中は休日出勤をしていた。夕食はメキシコ料理のタコスを作った。夕食のあとかたづけのあとは土曜日の夜恒例の映画鑑賞。ジョン・フォードの「荒野の決闘」をワイルド・ターキーをちびちびやりながら観ていた。映画も観終わり夜の10時ごろトイレに。用をすませて立ち上がると便器が真っ赤。鮮血が大量に出血している。痔ではなさそう。となると腸からの出血か。
 そういえば数日前から腹具合がおかしかった。それに15年前もこのようなことがあった。あの時は大腸の憩室からの出血であった。
 今度も憩室の出血であろうと思われる。しかし、大腸癌の心配も。前年、畏友西秋生を大腸癌で亡くしたばかり。眉村卓さんの奥さま悦子さんも大腸癌だった。大きな不安が頭をよぎる。
 ただちにタクシーを呼んだ。六甲アイランド甲南病院にかけつける。15年前もこの病院で診てもらった。あのときは1週間入院した。
 救急外来で受け付けてもらう。夜のおそくのことである。先客は数組来ていた。しばし待たされて、呼ばれる。CTを撮られる。CTの画像ができるまで待たされる。このことはもう12時を過ぎていた。深夜の病院の救急外来のベンチで家人と二人診察を待つ。憩室に違いないとは思うが、もし、癌であったら。想像は悪いほうに傾きがちになる。診察室に呼ばれた。
 当直の医師がCTの画像を見ながら説明をしてくれる。くわしくは明日内視鏡をするが、CTの画像を見た限りでは、出血はやはり憩室からの出血と思われる。大腸癌の疑いは薄い。とりあえずホッとする。CTで異常が認められたのは大腸だけではない。前立腺が大きく肥大している。そのため膀胱に尿がたくさんたまっている。
 ともかく大腸からの出血が止まらないといけない。このまま入院しなさい。ということになった。
 828号室に入院した。うまくいけば1週間ほどで退院の予定であった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )
« 前ページ