goo

火神(アグニ)を盗め


 山田正紀         祥伝社

 山田正紀はエンタティメント小説の万能職人作家だ。出発点のSFはいうにおよばず、ミステリー、伝奇小説、時代劇、ホラー、冒険小説とひと通りの分野で水準作以上の作品を1974年のデビュー以来40年以上にわたって発表し続けている。これはすごいことだ。その山田正紀の冒険小説の代表作がこの作品だ。
 インドに建設された原子力発電所アグニ。そのアグニ建設に関わった日本の商社亜紀商事の原発技術者工藤。その工藤が極秘にアグニに仕掛けられた爆弾を発見する。うらにはアメリカCIAの存在が。工藤はCIAのエージェントに命を狙われる。助かる方法はアグニの爆弾を取り外すこと。会社はCIAを敵に回したくない。
「会社存続のために個人は切り捨てる」これに対して工藤は「生存のために会社を利用する」かくして亜紀商事は爆弾除去チームを編成する。会社としては本音はこのプロジェクトは失敗して欲しい。工藤は助かるために成功しなくてはならない。
 で、会社が選んだメンバーは、工藤以外に落ちこぼれの社員ばかり。女性にしか興味のない社史編纂室の佐文字、謹厳実直だけがとり得の経理課の仙田、上方落語の大御所の落としだね営業部接待係の桂。
 このとても冒険には不向きな連中が実現不可能なミッションに挑む。追って来るのはCIAの腕っこき殺し屋。立ち向かうは、触圧反応装置、対地レーダー、赤外線探知装置、高圧電流、前の川には飢えたワニがうじゃうじゃ、警備するはインド陸軍の精鋭、異常ともおもえるほどの警戒厳重な、最新鋭の原子力発電所。
 小生が特に印象に残ったのは、営業部接待係の桂正太。彼は上方落語の某大物噺家が東京に来た時にできた子。認知はされていないようだ。関西の父の元では育ってない。血がなせる業が、上方落語が大好き。自分でも演じる。関西弁をしゃべる。でも、東京育ちのため関東なまりの関西弁しかしゃべれないため、プロの上方落語家にはなれない。落語以外に能力がない彼は亜紀商事で接待専門の社員として生きている。一度は高座に上がって大勢の客の前で上方落語を演じたいと思っている。
 桂正太のミッションは音響反応警備装置の無力化。ところが彼は大音響を発する機械をなくしてしまう。どうしたか。音響反応装置の前で、大声で上方落語を演じた。インドの山奥の原子力発電所の前、そこが彼の高座だ。
 大声で演じられる「夢八」ヒマラヤの山々に桂正太入魂の落語が鳴り響く。
「さあ、こっちはいっといで」「実は来てもろたんはほかでもないねんけどな」「ジンベはんなんでんの」原子力発電所内に、関東なまりの関西弁が、うわんうわんと鳴り響く。
 上方落語ファンの小生は、涙なくしてここを読めなかった。
コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )

DeNAを打力で3タテ。長期ロード勝ち越し

DeNAを打力で3タテ。高山の満塁ホームランで勝負あったな。高山は6打点の大活躍。打つのは高山だけやない。投手のメッセンジャーまでも3安打猛打賞。これで3位DeNAまで0.5肉薄。こりゃえらいこっちゃ、ほんまに蛇足シリーズやで。なんとかこのまま4位をキープしてほしいもんや。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

まずいな。蛇足シリーズが射程圏内になったやんか

なんか、ここにきて打線がええ調子になってきたな。打線がええとピッチャーにええと見えて、藤浪、久しぶりの勝ち投手。
 ここに来て3連勝。この勢いやったらあしたも勝ちそうや。いまのDeNAやったら3タテいけるやろ。あかんな、そやったら蛇足シリーズに出なあかん。あないなもんにはでんでもええと思うけど、3位になったら出なあかんやんか。こまったもんや。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 1 )

阪神、序盤で相手先発井納をめった打ち。

 医者に立ち寄って、帰って風呂入ってメシ食ってテレビをつける。さてさて、阪神、勝っとるかいな。ん。なんやこれ。7対0で勝っとう。で、何回や。3回?3回で7点も取ったんかいな。で、観てるうちに2点追加。9対0。こうなると、さすがに福留おじさんはお休み。どっか壊れたんかいな。あ、いや、相手先発の井納やのうて阪神の打線のこっちゃ。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

メダルを何十個取ろうがハラのたしにゃならん

 ふう、やれやれ、地球の裏側の運動会もやっと終わった。うっとうしいことであった。で、4年後は東京だと。またまたかしましいことだろう。今回の何倍ものうっとうしさが予想される。困ったものだ。さいわい、場所が、裏切り者のタヌキオヤジ徳川家康が拓いた江戸の地であるのが不幸中の幸いだ。これが
太閤殿下のおひざもと関西での開催だったら、関西人の私としてはさぞかし頭が痛いことだったろう。
 なんでも4年後の東京の運動会のために多額の血税を投入して、メダル獲得数大幅増をもくろむとか。まったくバカなことに税金を使うのは止めてもらいたい。
 メダルを何十個取ろうが、われわれ国民のハラの足しにはなりゃしない。待機児童も減らないし、少子高齢化の歯止めにもならないし、福島原発の漏れてる放射能も止まらない。地方と中央の格差の解消にもならないし、非正規労働者の数も減らない。
 運動会で日本人選手が活躍すれば、国民の励みにもなり勇気づけられる。わたしは日本のメダルより阪神タイガースの1勝の方がよっぽど勇気づけられる。スポーツの振興になり国民が健康になるというが、そんな金があれば国民全員に人間ドックを受診させるほうがよほどいい。
 かようなことをいってるが私は別に運動会を開くことに反対はしてない。やりたければどうぞご勝手に。ただし、自分たちの金で。アレに出てる連中は確かに超人的な才能能力を持ち、たいへんな努力のすえにあそこに出てることは理解できる。でも、もとはといえば、みんな好きではじめたのだろう。好きがこうじてああなったわけ。
 私はSFが好きだ。SFにも日本SF大会があり、世界SF大会がある。日本では2007年横浜で世界SF大会が開かれた。この世界SF大会ではヒューゴー賞というSFの賞が発表される。日本人ではこの賞を受賞した作家はいない。
もし、4年後、日本で2回目の世界SF大会が開かれるとして、その大会で日本人作家ヒューゴー賞大量受賞をもくろんで、SF作家育成に多額の国費が投入されるとしたら、SFに興味のない人はどう思う。そんなバカなと思うであろう。 
コメント ( 7 ) | Trackback ( 0 )

お茶漬けの味


監督 小津安二郎
出演 佐分利信、小暮実千代、鶴田浩二、淡島千景、津島恵子、笠智衆

 価値観の違う夫婦のお話。信州は長野出身のダンナと、東京は山の手上流のお嬢様育ちの妻。上品とはいえない(と妻は思っている)ダンナと上品(と自分では思っている)妻のギクシャクした関係の夫婦が登場する。長野と東京。これ、ちょっと一元的な見方ではないか。小生の父も信州は長野県飯田市出身。父はガサツで鈍な人間ではあったがゆうほど無教養ではなかった。母は西宮出身。典型的な阪神間都会人である。でも小生の両親はこの映画の夫婦のようではなかった。
 それはそれとして、この夫婦金持ちである。ダンナは会社のエライさん。部長と呼ばれていたから取締役のついた部長か。家には女中がいて家事は全部やってくれる。
 小人閑居して不善をなす。この家の奥さん、働いてないし家事もしない。ヒマをもてあましてると見えて、お友達と遊びほうけている。ダンナに知人が病気だとウソついて、友だちと温泉旅行。
 この夫婦に大磯の姪がからんでくる。この姪、家が嫌なのかしょっちゅう、東京は目白のここに遊びに来る。妻のうそつき温泉旅行にまで同行する。この姪、見合い話があるが、嫌で逃げ回っている。ダンナは妻にうそついて見合い逃亡姪をかくまう。
 夫婦でウソをつきあっていたのである。そしてとうとう妻は家出。神戸の須磨に行ってしまった。この間、ダンナは急な出張。妻の見送りもなく出発。ところが飛行機のエンジントラブルで引き換えし。夜中、自宅に帰ると、妻も神戸から帰っていた。
 いろいろあったが妻反省。汁かけ飯、下品、大嫌いといっていたが、夫婦でお茶漬けを食べて仲直り。めでたしめでたし。
 さすがに今では当たり前のことだが、ダンナのいうことを聞かない妻、親の意向に逆らって見合いしない娘。こんなんが目新しかったのだろう。それに、東京山の手上品=ダメ、信州長野下品=よし。こういうこととしているが、少々画一的な見方ではないのか。東京山の手でも下品なのもいるだろう、信州の山猿でも上品なのもいるのだ。
「続・男はつらいよ」の寅の師、坪内散歩先生の言葉。「お前なんかよりずっと頭いいのに、お前よりずっと悪いことをするヤツがおる」小津は上記のような解釈と見えるが、山田洋次は東京山の手下品=ダメということだろうか。  
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

岩貞好投、福留好守備、上本北條好打撃で勝つ

 野球で勝と思うたら、走攻守三拍子必要や。これがバランスよう高い所でつり合いがとれとうと強い常勝チームができるわけや。ところが、1985年の阪神や田中将大がおった2013年の楽天みたいに、圧倒的な打力圧倒的な投手力があると優勝できるんや。
 ことしの阪神は、残念ながらこの三拍子が低いところでバランスが取れとう。だから5位なんや。ところが、たまたまいろんな要素がええあんばいに組み合わされると上位チームに勝つことができる。きょうはそんな日やな。
 岩貞の好投。福留のファインプレー。上本北條のバッティング。それらが組み合わさって、今日は巨人に勝ったわけや。このうち、どれかひとつでも欠けとったら負けとった。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 2 )

チキンピカタ


 ピカタである。簡単でおいしいのである。牛肉はピカタには不向き。豚肉か鶏肉がいい。それも、バラやももといった脂分の多い肉ではなく、ヒレやむね肉といった脂分の少ない肉の方がおいしくできる。
 今回はささみを使った。卵にパルメザンチーズを入れて、溶きほぐす。鶏のささみに塩こしょうして、小麦粉をまぶす。このささみを卵液をくぐらす。そして、フライパンで焼く。これだけ。実に簡単。いろんな料理の中でも最も簡単なモノだろう。キャベツ、ミニトマト、なすを添えた。マスタードかケチャップをつけていただく。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

焼きソバナポリタン


 これは、ご覧のようにナポリタンである。ところがナポリタンはナポリタンだがスパゲッティではない。
 ナポリタンのようでナポリタンでない。スパゲッティのようでスパゲッティでない。べんべん。それは何かとたずねたら、べんべん、あ、焼きソバナポリタン焼きソバナポリタン。
 ようするにスパゲッティナポリタンの麺をスパゲッティから焼きソバ麺に替えたもの。調味料、他の材料は同じ。
 この焼きソバナポリタンがいいところは麺をゆでなくてもいいところ。ナポリタンって、なんか、やもたてもたまらず、とつぜん食べたくなるときがある。この料理なら麺をゆでなくてもいいから、すぐ食べられる。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

巨人にAクラスチームの力を見せられる

これが、首位をうかがおかというチームと、5位のチームの差か。青柳、大竹、両先発との被安打3と同じ。でも、青柳は四球が多かった。
 青柳、三振もようとるけど四球も多い。だいたいが、こういうアバウトなピッチャーの相方を新人のキャッチャーにさせたんがあかんのんとちゃうかしら。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

とつぜん上方落語 第3回 軒づけ

 
 上方落語には浄瑠璃の噺がようある。浄瑠璃、こんなんゆうても知らん人が多いやろ。歌舞伎や文楽のファンならともかく、この21世紀の日本で好んで浄瑠璃を聞く人は少ないのちゃうやろか。ましてや、好きで浄瑠璃を語る素人さんなんておるやろか。ワシは上方落語ファンやから、噺によう出てくるから浄瑠璃ってしっとうけど、なんてエラそうなことゆうてるけど、ナマの浄瑠璃は聞いたことはない。ワシがしっとうのは高座で噺家さんがやるネタとしての浄瑠璃や。
 この「軒づけ」も浄瑠璃の噺や。素人の浄瑠璃好きが集まってる。浄瑠璃上達のいちばんの方法が軒づけちゅうこった。軒づけ。路上で浄瑠璃を語るんや。家々を回って、外の玄関口に立ち、そこから、オガオガオガオガと語る。えらい迷惑な話や。ま、たいてい「お通り」といわれて追っ払われてしまう。
 考えてもみてみいや。風呂上りでメシ食ってビール飲んで、ええ調子で阪神の試合みとる。2対1で負けとって、ツーアウト満塁バッター福留フルカウント。ピッチャーふりかぶった、つうとこで、とつぜん外で、テンツテンテン、トテチントテチン、チリトテチンチリトテチン、オガオガオガ、ウワッファ、ウォッフォ、なんて怒鳴りはじめたら、そらだれだって怒りまっせ。
 これが、うんとうまい浄瑠璃やったら、感激して、ま、お上がり、ちゅうて家に上げてもらって、鰻のお茶漬けをごっそうしてもらえるちゅうすんぽうや。鰻のお茶漬け、うまいでっせ。高いけど奮発して国産の鰻買って、ワシもお茶漬けにして食うたで。来年はナマズの茶漬けにしたろかとおもうておる。
 これ日本やから浄瑠璃やけど、イタリアやったらオペラやな。オペラの軒づけや。浄瑠璃やったら三味線の紙くず屋のてんさん一人連れて行ったらええけど、オペラやったらフルオーケストラ連れてあるかなあきまへん。
 サッカーでも見とったら、とつぜん、おもてでジャジャーンとオーケストラが鳴り出し、おおおおおおおおおお、とオペラをうなりだす。こっちの方が迷惑やな。けど、うまいオペラやったら、茶漬けやのうて鰻のリゾットごっそうしてくれるんかな。
コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )

セミの鳴く夏

 電話が鳴った。妻からだ。涼しいうちに買物をすませるといって、朝7時から開いてるスーパーへ行った。
「あなた、迎えに来て」
 ひどくしんどそうな声。しゃべるのがやっとという感じだ。
「どうした」
「なんだか判らないの。急に首筋が痛くなって」
「どこだ。すぐ行く」
「栄公園の横のコンビニいるわ」
 急いで車で駆けつけると、妻はコンビニの事務所で横たわっていた。買物をすませて公園を横切っている時、首筋に針を刺されたような感じがした。暴漢に襲われたかと、後ろを振り向くとだれもいない。公園の木々からジャージャーというセミの声が激しく聞こえるばかりだった。
「でね、首を手でさわると血がついてるの」
 急に身体の力が抜け、はうようにしてこのコンビニまでたどりついて、店長に頼んで事務室で横にさせてもらったというわけだ。
「いやあ、びっくりしましたよ。奥さん、真っ青な顔で首のまわり血だらけで」
「どうもお世話になりました」
「いえ。救急車呼びましょうか」
「いや、とりあえずかかりつけの医者に連れて行きます」
 店長の手も借りて、妻を車に乗せた。医院は幸い先客はおらず、すぐ先生に診てもらえた。
「貧血です。それに首すじに浅い刺し傷が数ヶ所あります」
「貧血?どういうことです」
「判りません。何者かに首から血を吸われたようです」
「ええ、まさか吸血鬼?」
「さあ、私も長年医者やってますが、こんな症例はじめてです。とりあえず造血剤を出しておきますので、安静にしておいてください」
「はい。ありがとうございます」
「おだいじに。あ、それから造血剤を飲むと便が黒くなります」


「警部補、これで5件目です」
「で、変質者のリストはできたか」
「どうも変質者のしわざではないようです。見てください。3件目、4件目はまったく同時刻です。1件目と5件目はかなり距離があります」
「だったらなんだ。ほんとに吸血鬼か」
 電話が鳴った。
「はい。こちら警察。はい。判りました」
「6件目です。被害者は35歳女性現場は2丁目の栄公園。貧血を起こしてます」
「6件の事件。なんか共通点はないのか」
「6ヶ所の現場、いずれも樹木の多いところです。被害者は襲われる前にセミがたくさん飛んでいるのを見てます」
「セミのかっこした吸血鬼か」

 先生にもらった造血剤で貧血は治ったが。急に発熱。40度近くある。針で刺された痕が化膿した。また、刺し傷のところばかりではなく、何かが体内にはいったらしく肝臓が肥大している。急激に肝臓全体が炎症を起こしている。
 入院している妻を見舞った。主治医の話。肝臓が壊死を起こしている。もう手の施しようがない。あと1週間もてばいい。
 栄公園の横で車を止めた。コンビニでアイスクリームを買う。顔なじみになった店長が聞く。
「どうです。奥さん」
 首を横に振ることしかできない。
 公園のベンチに座ってアイスクリームを食べる。ジャージャーと激しくセミが鳴いている。横の木にとまっているセミを見る。手のひらを広げたぐらいの大きさのセミだ。セミってこんな大きな虫だったのか。
 病気とは縁のない妻であった。健康保険料取られ損ね、と、いつもいっていた。そんな妻が余命1週間。すべてはこの公園で何者かに首筋を刺されてからだ。あれから警察からはなにもいってこない。彼らは人間の犯行とは考えてないのだろう。
 手のひら大のセミが飛んだ。顔が塗れた。セミのおしっこだ。でかいせみだから、おしっこの量も多い。顔がびちゃびちゃになった。そのセミがこちらに向かって飛んでくる。手のひら大のセミがこちらに飛んでくるのだ。恐怖。大あわてで逃げる。追いつかれた。首筋に激痛が走った。

「7時のニュースです。K市H区内で、この夏頻発している、いわゆる『K吸血鬼』事件ですが、犯人が判りました。外国のセミと日本のクマゼミが交配してできた新種のセミが犯人です。では、昆虫学が専門のO大学飯田教授にお話をうかがいます」
「セミは普通、樹木の汁を吸うのですが、この新種のセミは動物の血液を吸うのです。それに吸血のさい、セミ自身が持っている不明の成分が吸血された動物の体内に入り肝臓を破壊することが判りました」
「どうしたらいいんですか」
「セミに刺されないようにしてください」

 8月7日午前9時。太陽がようしゃなく照りつける。夏休みの日曜の午前中だ。いつの夏ならば、夜、この栄公園で行われる盆踊りの準備をする人がいるはずだが、いまはだれもいない。木漏れ日の下にはひからびた犬の死体があるだけ。
 よこのコンビニは閉店のお知らせの張り紙。近くの朝7時から開いてるスーパーも閉店した。スーパーの前には私鉄の駅があるのだが。電車が止まらなくなって久しい。と、いうより電車が走ってない。線路はうすく錆が浮いてきている。
 だれもいない街で、ジャージャーとセミの鳴き声ばかり聞こえる。
コメント ( 4 ) | Trackback ( 0 )

アステロイド・ツリーの彼方へ


大森望・日下三蔵 編       東京創元社

 毎年吉例、この年刊日本SF傑作選も9冊目となった。20編の作品が収録されている。短編集としては、かなりの大量の作品が収録されているわけ。当然、ページ数も増え、今回は610ページ。今までいちばん分厚くなったのではないか。
 で、満腹したのかと問われれば、まったく満腹しなかった。このシリーズ、年々SFっ気が少なくなっている。編者の大森は「SFの多様性が実感できるはずだ」といっとるが、あれもSFこれもSFとSFの定義を拡大解釈すれば、この本のような水ぶくれアンソロジーができるのだ。
 あれもコーヒーこれもコーヒーといって、コーヒーゼリーやコーヒーキャンディー、コーヒーぜんざい、コーヒーフロートなどといったコーヒー味のモノばかり集めて、これが年刊コーヒー傑作選だといってるくせに、肝心のレギュラーコーヒーが選ばれていない。そういう感じなのだ。
 20編もあるが、小生が読んでSFを感じたのは表題作の上田早夕里の「アステロイド・ツリーの彼方へ」だけ。
 これが、本当に昨年度の日本SFの頂上ならば、大森、日下両名が豊作と喜んでいるのは、まったく検討違いというべきだろう。それともこのお二人が知らない傑作がどっかに埋もれているのか。小生はそう思う。大森望氏、日下三蔵氏、それに東京創元社編集部の小浜徹也氏。お三方の、よりいっそうのがんばりに期待する。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )

ちょっとぐらい先取点取っても安心できんわい

1985年の阪神タイガースは安心して観れた。2点や3点取られても、すぐひっくりかえしてくれる。今年の広島相手やったら、それとはまったく逆やな。
 いちおう、2点先取点とったけど、こりゃあ2点ぐらいやったらあかんな、と思うとったら、あんのじょう、同点、あっという間に逆転、あれよあれよという間に大差をつけられて結局7対2のぼろ負け。きょうは休みや思うとったアライ兄が代打で出てきてホームラン打ちよるし。でも、まあ、3連敗はないんやから良しとするか。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 3 )

弱きをくじき強きを助ける

新井のお兄ちゃんにきっちり恩返しされてもた。中日あいてにゃ強いけど、広島あいてにゃ弱いな。弱きをくじき強きを助ける。それでええんちゃうん。上位の広島巨人DeNAにゃ負けてもええやん。そのかわりヤクルト中日にはこのあと全勝や。
コメント ( 0 ) | Trackback ( 4 )
« 前ページ