京の昼寝~♪

なんとなく漠然と日々流されるのではなく、少し立ち止まり、自身の「言の葉」をしたためてみようと・・・そんなMy Blogに

『僕が結婚を決めたワケ』

2011-01-21 00:01:21 | 洋画

 

□作品オフィシャルサイト 「僕が結婚を決めたワケ
□監督 ロン・ハワード
□脚本 アラン・ローブ
□キャスト ヴィンス・ヴォーン、ケヴィン・ジェームズ、ジェニファー・コネリー、ウィノナ・ライダー、クイーン・ラティファ、チャニング・テイタム

■鑑賞日 1月16日(日)
■劇場 TOHOシネマズ川崎
■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)

<感想>

  ロブ・ハワード監督作品だと思わなければ、そこそこのラブ・コメディーだが、
  ロブ・ハワード監督作品だと思うと、B級作品だなぁ(笑)

 ビジネス・パートナーであるロニー(ヴィンス・ボーン)とニック(ケヴィン・ジェームズ)は若い頃から無二の親友で、
 ロニーは恋人ベス(ジェニファー・コネリー)との生活も上手くいっている。
 一方ニックも妻・ジェニーヴァ(ウィノナ・ライダー)との結婚生活は上手くいっている。
  この仲良し4人だが、ロニーがベスのプロポーズ先の植物園を下見しているときに、
 ジェニーヴァが若い男と浮気の現場を目撃したところから、ロニーの不可解な行動から、4人の仲がギクシャクし始める。

 ロニーはジェニーヴァの浮気の確証を得るために俄かカメラマンになり、二人の後を追い、
 浮気の事実を確認したうえで、そのことをニックに伝えるべきかどうかで深く悩む。
 しかしながら、ロニーはニックがジェニーヴァと出会う前に1度だけだが男女の関係があったからややこしい。

 そんなことからあらぬ方向に展開していくのだが、これって妙にシリアスになったり、
 そうかと思うとお決まりのラブ・コメディーをなぞったりとなんともしまらない。

 描きたいことは何となくわかるのだが、何だかロン・ハワード監督にしたら、最初にも書いたがちょっとB級だなぁ。
 
 僕がロニーの立場なら、やっぱニックに本当のことを話すと思うけど、
 今思うと映画の中でも語られる「夫婦のことは、その夫婦にしかわからない」ことがあると思う。
 “夫婦喧嘩は犬も喰わない”というが、相談される立場でなければ、うかつに他夫婦の縄張りに入らないことがいい。
 ヘタな親切心を出すと返ってマズくなるかも(笑)
 
 ところでヴィンス・ボーンって役者としてあまり印象が残っていないのだが、
 一時ジェニファー・アニストンと付き合ってたって記憶くらい。
 一方のケヴィン・ジェームズの方は』『最高の人生の見つけ方』で、
 デートドクターと称するウィル・スミスに恋の指南を受ける役が印象に残っている。
 欲しいのはクイーン・ラティファの使い方かなぁ
 せっかく彼女を起用しているなら、もっと効果的な使い方があったはず

 結局、僕が一番ウケたのは、ニックに打ち明けるべきかどうか姉に相談したことで、
 姉が後で自分の夫の浮気と勘違いし、夫を問い詰め、本当に浮気が発覚したシーンだった(笑)

 

『映画・DVD』 ジャンルのランキング
コメント (4)   トラックバック (20)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« まだ間にあう「クラゲのグラ... | トップ | 『僕と妻の1778の物語』 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
あれ? (えい)
2011-01-22 21:51:53
あれっ?
cyazさん、勘違い。
この映画の監督は
ロブ・ライナーではなく
ロン・ハワードです。

(メルアドが分からず
コメントにしました。
あとで削除してくださいね)
恥ずかしい~ (cyaz)
2011-01-23 10:39:12
えいさん、TB&コメントありがとうございますm(__)m

>この映画の監督はロブ・ライナーではなく
ロン・ハワードです。
あら~これはなんたる勘違い(汗)
お恥ずかしい限りです><

>(メルアドが分からずコメントにしました。
あとで削除してくださいね)
自分への戒めの為、残させていただきました。
なるほど~ (miyu)
2011-03-26 18:08:43
確かに夫婦のことは夫婦にしか分からないことも
ありますよねぇ。
教えてあげるべきだとは思うけど、
それも正解とは限らないですよねぇ。(・_・D フムフム

お久し振りですが、お元気でしょうか?
50:50~ (cyaz)
2011-03-27 10:09:59
miyuさん、TB&コメント、ありがとうございますm(__)m

>確かに夫婦のことは夫婦にしか分からないこともありますよねぇ。
miyuさんも結婚されて、そのへんのところはおわかりになりますよね(笑)?

>教えてあげるべきだとは思うけど、それも正解とは限らないですよねぇ。(・_・D フムフム
これは難しい問題で50:50ですね!

>お久し振りですが、お元気でしょうか?
はい、老体にムチ打って元気です(笑)

コメントを投稿


コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。

数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。

あわせて読む

20 トラックバック

この記事のトラックバック  Ping-URL
  • 送信元の記事内容が半角英数のみのトラックバックは受け取らないよう設定されております。
  • ※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。
僕が結婚を決めたワケ (LOVE Cinemas 調布)
『ダ・ヴィンチ・コード』、『天使と悪魔』の巨匠ロン・ハワードが2組の中年男女を描いたライトテイストコメディー。出演は『イントゥ・ザ・ワイルド』のヴィンス・ヴォーン、『最後の恋のはじめ方』のケヴィン・ジェームズ、『そんな彼なら捨てちゃえば? 』のジェニフ...
僕が結婚を決めたワケ / The Dilemma (我想一個人映画美的女人blog)
ランキングクリックしてね ←please click
僕が結婚を決めたワケ (佐藤秀の徒然幻視録)
プレゼン依存症 公式サイト。原題:The Dilemma。ロン・ハワード監督、ヴィンス・ヴォーン、ケヴィン・ジェームズ、ジェニファー・コネリー、ウィノナ・ライダー、クイーン・ラティファ ...
映画「僕が結婚を決めたワケ」 感想と採点 ※ネタバレあります (ディレクターの目線blog)
映画『僕が結婚を決めたワケ(デジタル上映)』(公式)を、本日初日(1/14)鑑賞。観客は10名ほど。 採点は、★★★☆☆(5点満点で3点)。100点満点なら45点。★★(星2つ)と迷いましたが、自分が観たって事は、何か引き付けるものがあったわけで… ...
矛盾の中で生きている。『僕が結婚を決めたワケ』 (水曜日のシネマ日記)
親友の妻の不倫現場を目撃してしまった40歳独身男性と彼を取り巻く人間模様を描いたラブコメディーです。
僕が結婚を決めたワケ/ヴィンス・ヴォーン (カノンな日々)
このラブコメディ、まさかロン・ハワード監督の作品だったとは。それを知ったときにはちょっとビックリでした(笑)。そろそろ結婚を考えていた主人公が親友の彼女の浮気を知ってし ...
僕が結婚を決めたワケ(2010)◆◇THE DILEMMA (銅版画制作の日々)
 結婚前に、あなたは「秘密」をどうしますか? 東宝シネマズ二条にて鑑賞。ちょうどシネマズデイということで、1000円で鑑賞出来ました。仕事前にということで、朝一番の鑑賞となりました。 実は男性陣のお顔はまったくもって知りませんでした。ヴィジュアル的にも...
僕が結婚を決めたワケ (映画1ヵ月フリーパスポートもらうぞ~)
評価:★★★【3点】(10) 監督ロン・ハワードのラブコメってどんなの?
僕が結婚を決めたワケ (映画通信シネマッシモ☆映画ライター渡まち子公式HP)
Ost: the Dilemma迷う男に結婚を決意させたものとは?という婚活イメージの題名だが、内容は、友情のあり方を問いかけるもので、邦題はちょっとピントがずれているように思う。ロニーは ...
僕が結婚を決めたワケ (風に吹かれて)
言うべきか言わざるべきか 公式サイト http://boku-kekkon.jp監督: ロン・ハワードロニー(ヴィンス・ボーン)は、シカゴで車のエンジンデザインの会社を経営する実業家。相棒でエンジニア
『僕が結婚を決めたワケ』 (ラムの大通り)
(英題:The Dilemma) ----へぇ~っ。この映画、 ロン・ハワード監督作品ニャンだ。 タイトルだけ聞くと、軽いコメディって感じだけど…。 「うん。まさしくそう。 ロン・ハワードって、大作の監督のイメージがあるけど、 実は彼を一躍有名にしたのは ファンタジック...
「僕が結婚を決めたワケ」 (Con Gas, Sin Hielo)
独り善がりを尽くす。 久しぶりに誉めどころのない映画に出会ってしまった。 記憶が間違っていなければ宣伝ではラブコメと謳っていたはずだが、どうにもラブコメの長所が見当たらなかった。 まず何より笑えない。 一部の客が局所的に大ウケしていたが、笑えるとした....
■映画『僕が結婚を決めたワケ』 (Viva La Vida! <ライターCheese の映画やもろもろ>)
「恋人はいるんだけど、なかなかプロポーズしてくれなくて…」 などと、なかなか結婚を言い出さない恋人にいらついているアラサー、アラフォーの女性がプロポーズされるためのヒントを求めて飛びつきそうなタイトルのこの映画『僕が結婚を決めたワケ』。 軽いラブコメ...
★「僕が結婚を決めたワケ」 (★☆ひらりん的映画ブログ☆★)
今週の平日休みはTOHOシネマズららぽーと横浜で2本。 その2本目は、久しぶりフラットパック作品。 ヴィンス・ヴォーン主演のラブ・コメは、何本か観た事あったっけ。
「僕が結婚を決めたワケ」 で、そのワケは? (はらやんの映画徒然草)
ロン・ハワード監督の久しぶりのコメディ作品です。 彼の昔の作品は好きだったんです
僕が結婚を決めたワケ 【親友の すべてを知ってる わけじゃない】 (猫の毛玉 映画館)
『僕が結婚を決めたワケ』 THE DILEMMA 2010年・アメリカ ロン・ハワード監督の新作コメディドラマ。中年男の友情物語。  声を大にして言いたい!原題は“ジレンマ”だと!邦題が全然合ってないんですよ...
僕が結婚を決めたワケ (キノ2)
★ネタバレ注意★  およそ興味のわかない邦題だったので、ごくあたりまえにスルーするところだったのですが、なにかの拍子にロンハワ監督の最新作だということを知り、慌てて行ってきました。危ないところでした。原題は”The Dilemma”とゆーですが、「ジレンマ」...
僕が結婚を決めたワケ (☆彡映画鑑賞日記☆彡)
 『結婚前に、あなたは「秘密」をどうしますか?』  コチラの「僕が結婚を決めたワケ」は、「シンデレラマン」、「ダ・ヴィンチ・コード」、「天使と悪魔」のロン・ハワード監 ...
映画評「僕が結婚を決めたワケ」 (プロフェッサー・オカピーの部屋[別館])
☆☆★(5点/10点満点中) 2011年アメリカ映画 監督ロン・ハワード ネタバレあり
僕が結婚を決めたワケ (pure\'s movie review)
2010年 アメリカ作品 111分 東宝東和配給原題:THE DILEMMASTAFF監督:ロン・ハワード脚本:アラン・ローブCASTヴィンス・ヴォーン ケヴィン・ジェームズ ジェニファー・コネリー ウィノナ・ライダー 映画を観られる時間が限られている今だからこそ、こういう映画はし...