水瓶

ファンタジーや日々のこと

御茶ノ水の街並み

2017-01-15 19:33:21 | 東京の町
東京を横断して森のなかまのお母さんのお見舞いに行ったあと、さてこのまま帰るのもなんだし……と降り立った御茶ノ水駅。
市川に住んでた頃はわりとよく行っていました。今大々的に工事中なんですね。護岸工事かな?


ガイドブックで目をつけていたおりがみ会館。今は折り紙でつくったおひなさまの展示。
撮影OKとのことで撮ったので、あとであげる予定ですが、いまいちピンがあまかった、、、


おりがみ会館を出るともう暗い。。。でも少し日がのびてきましたね。


今日は雪で大変なことになっていますが、それを予感させるような不穏な雲が御茶ノ水駅を覆おうとしていました。



こういう街中の景色を面白いなと思うようになったのは、写真を撮りだしてからでしょうか。
ファインダーで見る絵が、実際に目にしてる景色より面白く見えたんですよね。フレームで区切られてるからかな。
それで、あ、この景色は撮影すると映えそうだなあとか思うようになったんですが。
街とか人工物よりも、山や田園風景の方が、美しく面白く撮るのが難しい気がします。


楽器屋さんの並び。森のなかまがハーモニカを買うのに付き合って、よく御茶ノ水に来てたんです。
今は街角で耳にすることも少なくなったヘヴィメタルサウンドがかかっていました。
かつてバンドブームがありましたが、今はやっぱり楽器やる人も減ってるのかな。お金も時間もかかるしなあ。。


森のなかまが清水真里さんの写真集を探したいというので、神保町の方へ向かいます。


待ってる間に三省堂近くをぶらぶらしてたら、古書店のワゴンに「敦煌への道」上下巻が800円で売ってるのを発見!!ワッホーイ!!!

敦煌近くの莫高窟千仏洞は、一般には撮影が禁止されてるそうです。
この本のカメラマンが撮った時も、あれはダメ、これはOKという具合に、突然その場で指示されるので、かなり苦労したそうです。
でも井上靖のエッセイ読んでると、どうしても実際にはどんなものなのか見たくなるんですよね。
その他西域のオアシス都市や人の写真などもあって、雰囲気つかめてよかった。
ちなみにこの本を見つけた悠久堂という古書店は、写真集や画集、美術展などのカタログがお安く入手できるようです。おぼえとこ。




三省堂雑貨売り場のウィンドウ。あったかそうなモコモコ具合。

寒さも底をうったかな、、、いや、まだ二月がありますね。油断大敵風邪インフルノロ退散。

お正月の川崎大師

2017-01-12 08:19:49 | 
先日、川崎大師に行って来ました。前回行ったのは一昨年のお盆直後で人も少なかったんですが、今回はさすが人が多かった。
三が日はものすごく混む話を聞いてましたが、十日でもまだけっこう混んでました。

前回は南武線で川崎駅まで出て、そこからバスに乗ったんですが、今回は横浜から京急で川崎まで出て、
川崎大師線に乗り換えるルート。うちは横浜市と川崎市の境界近くなので近いイメージがあったけど、
京急では横浜川崎間はかなり駅数があってびっくりしました。特快乗れば十分ぐらいで着きますが。


駅を出てすぐの門。


この建物はなんだろう、、、かなり立派な大きいもの。


参道には沢山のお店。だるまとくず餅と咳止めあめが有名です。


ここから仲見世通り。


奥に本堂の屋根が見えます。かなりの人。三が日にはどんな混み具合だったんでしょうか。。
とんとこ飴といって、飴を切る実演販売が名物だそうで、
この時は実際に飴を切ってはいなかったけど、職人さんが板の上で包丁をたたいてとんとこ音をたてていました。


厄年ではないので、三百円の護摩木を三本買って願を書いて納めます。
そして手前に見える煙もうもうの例の所でお線香を買って、火をつけようとしますが

あっつ!!!

とてもじゃないけどお線香に火がうつるまで手を入れていられない。。。
隣の女の人も「あっつ!あっつ!」と言ってました。
どうしたらいいんだろうと戸惑ってる人たちの脇から、ただお線香をポンと入れてくだけの人が。
そうか、こんだけ熱けりゃただ入れときゃその内火がうつるよね。。。


お参りした後は干支のお守りを買って、出店がいっぱい出てる方をぶらぶら。
このお寺と出店が一緒にある風景が好きなんですよね。やきそば食べました。

長い参道をぶらぶらと歩きながら、とんとこいう音を聞いたり、破魔矢やだるまなんかの置物を見て山門まで行くうちに、
ちょっと落ち着かない気持ちもリラックスして来ました。
で、お寺に入ると今度は神妙な顔のお坊さんとかいて、なんかちょうどいいバランス取ってるんだなあと。
昔は庶民にとっては、伊勢講とか富士講とか、こういう所にお参りするのが大きな娯楽だったでしょうし、
普段の日常生活では満たせないような何かが満たせる、特別な場だったんだなあと思います。
でも今でもけっこうそのご利益ありますよね。だからこんなに人が来る。


帰りがけに撮った京急川崎大師駅前ロータリー。


川崎大師線は駅数少ないんですが、なかなか面白い線のようです。
土手の向こうに海を思わせる景色が見えて、立て看板にカモメが並んでたりしていました。
AJINOMOTOの大きな工場とかも見えたので、ひょっとしたら工場夜景クルーズで回る辺りかも知れませんね。
写真は電車の中から撮った港町駅。駅のホームに、港町十三番地の譜面がディスプレイしてあります。

帰りがけに麩まんじゅうをお土産に買いました。よもぎらしき草を使ったふわふわしたガワのおまんじゅうでおいしかった。
年末からこまこましたことがあってなんとなく落ち着かなかったんですが、
川崎大師に行ったらなんだかほっとして落ち着きました。
まあ、ほんとに心から落ち着くには、長い時間がかかることだとは思うんですが、ちみちみやっていこうよ。

きりのある物

2017-01-07 17:35:35 | 雑記
実家から帰って来る東武線の乗車時間、久しぶりにIpodを聞きました。
Ipod出たての時は、自分が聞きたい曲を好きなだけ持ち歩けるなんて、と、森のなかまも私もずいぶん喜んだの憶えてます。
でも今はもう新しいの出てないんですよね。なんて時代の流れは速いんだ。。
レコードがどうたらこうたらいいながら、なんでIpodをあんなにうれしく違和感なく使っていたかといえば、
曲が入ってる状態見れば一目瞭然、みんなアルバム単位で買って、それでソートしてたから。
Ipodという新しい形式を使いながらも、レコードで聞いていた頃の感覚で音楽を把握してたんじゃないかと思います。
LPレコードの、ほぼ46分というちょうどいいきりの良さ。ああ、きり。そうだ、きりなんだ。
データにはきりがない。

年明けに高齢者の方に「お正月はどうでしたか?」と聞いたら、
「BSで歌番組をいっぱいやっていて、好きな歌を二回聞けたのよ。よかったわ〜、ほんと長生きはするもんだと思ったわ。」
と、とてもうれしそうにおっしゃいました。
前もって新聞の番組欄に印をつけて、番組が始まる前にはテレビの前にいて、その歌手がその歌をうたう時まで待ってる。
ネットをやっていれば、聞きたい曲なんか何度でもただで待たずに聞けるのに。
でもその方があんまりうれしそうに言うもんだから、なんだかどっちの方が幸せなんだかわからなくなってしまった。。。

十代の頃、佐野元春がとても好きで、毎週月曜日のNHKFMラジオのサウンドストリートを心待ちにして聞いていました。
で、一回だけ、佐野元春のサウンドストリートが放送されてる時間、原宿のNHKの前にいたことがあるんです。
ファンレターを持ってですよ。ちなみとてもここで公表できるようなものではない差し出し名のペンネームもしっかり憶えてます。
・・・自分で書いてて甘ずっばくて死ぬ。。。。。
しかしその9時から10時までの間はすごくすごく幸福感にあふれてました。でも後になって考えてみると

NHKのサウンドストリートって、たぶん録音放送だったよね………。

何が言いたいかというと、好きなミュージシャンに会うためにそれだけめんどうな思いをしたあげく、
会ったり話したりなんかできないのが当たり前で、はがゆい残念な思いをしてたのに、
今だったら相手がSNSとかやってたら、こちらからすぐアクセスできて、運がよければ返事までもらえちゃったりしますよね。
遠かったスターが昔よりとても近くなった。でもそれは、昔思ってたほどいいことじゃないと思うようになりました。
一つには、距離感がよくわからなくなること。ふだん、じかに接している人とは、自然ある程度の距離を保っていて、
その距離感は、相手を不快にさせたり不安にさせたりしない会話をするためにも大切なものだと思うんだけれど、
インターネットでは、それがわからなくなってしまうことがある。

もう一つは、アメリカの大統領にもじかで話しかけられるっていうか、、、
なんか大国同士がSNSでやり取りしてる内に売り言葉に買い言葉で戦争でもおっぱじめるかみたいな局面になりかけてることとかほんとにあるみたいで、あれですよ、そういう国のトップにいる人らなんて、きっと一般庶民なんかには及びもつかない深謀遠慮と知略のもとに、難しい繊細微妙な仕事をしてるもんだと思ってたのに、あいつうちの塀にションベンしやがったみたいな理由でなぐり合い始めちゃうおっさんみたいに思えてすごく不安です。。
自分の乗ってたバスの運転手が小学生だったことに気づいてしまった気分ていうか。そんなの知らない方がよかった。
お願いだから自重しろ。

・・・って、いろいろ考えてたら、俗にA○B商法とか言われているあれありますよね。
私もずいぶんあこぎな商売だなあと思ってるんですが、でも、CDを沢山買って、はるばる握手会の場所まで行って、
行列して並ぶ。ほんの一瞬、好きなアイドルと握手するために。
別にいやらしいことできるわけでもないのに、一人の人間としてふれてみたい、確かめてみたい、と思う(だろう)気持ちが、
なんだかレコードと音楽の関係みたいだなとふと思いました。
一人の人間の体には、心にも、「きり」があって、きりのあるものに接する時には守らなければいけない距離感がある、
と思うんです。それを越えて、たとえば握手会で握手以上のことをしようとしたら、相手は恐怖感を感じて逃げるに決まっている。
そういう距離感がわかりにくいんですよね、インターネットは。やっぱり、素手で火を扱うような怖さがある。

結局、太平洋のど真ん中に手こぎボートでおっぽり出されてもボート遊びは楽しめない。猪苗代湖だって大きすぎる。
せいぜい不忍池とかそれぐらいが、たいていの人にはちょうどいいんじゃないかと思います。
池の真ん中にいても、岸の景色が見えるぐらいが。
岸は「きり」なんです。「きり」は限界で、安心を与えてくれるものでもある。そして物にはわかりやすいきりがある。

それにしても、LPレコード一枚46分ほどのちょうどいい長さ、本一冊分の内容のほどよい重さ。
物は場所を取るけれど、きりのある安心感を与えてくれる。
ていうことを、今まで当たり前にあった物を、失って初めて気づいたような気がします。
ある内は、というか物が必要不可欠だった頃は、そんなこと考えもしなくて、
むしろ容量の小ささ少なさに、はがゆいはかない思いをしたりしてたんだものね。
でもこれからはきっと、きりのある物を媒介にしなくても、内容はほぼ無限大に存在できるようになるし、
その流れは変えられないと思うから、こちらが適応していかなきゃいけないのはわかっているんだけれど、
さて、ではこれから、なかなか捨てることのできないきりのある物への思慕を、
どんな物にどんな形で求めてゆくようになるんだろうか。ね。


あけまして

2017-01-02 21:35:41 | 日記
元旦に初詣に行った、村檜神社の写真です。

あけましておめでとうございます



大晦日、東武線の時間までのあいだに浅草寺にもお参り。


浅草寺のちょこっと裏あたり。人力車いっぱい走ってますね。

大晦日から元旦は実家で、紅白とかお笑いとかバック・トゥ・ザ・フューチャーとか見てました。
こんなに民放のテレビ見るのいまや正月だけなんだな。たまに見ると面白いです。
今年初めて知った掘り出し物コンビはタイムマシーン3号かな。。


村檜神社はかなり古い神社で、けっこう人が来ていました。


母親がここまで来たならついでに行ってみたいというので来てみた、村檜神社の近くにある犬伏の別れの薬師堂。
わりと地味な所に地味にある地味なお堂でしたが、この通りけっこう切れ目なく人が来てました。すごい人気だったもんね。
真田丸やる前はほとんど人来なかったっぽい感じで、臨時駐車場(狭い)ができてたり、あわてて張ったっぽい六文銭の旗があったり。


北関東南部的風景延々。


ぶどう作っている辺り。

「これ、とってもよく書けてるから読んでみなさい」と母から渡されたのは、叔父(母の弟)が、
去年亡くなった母と叔父姉弟のいとこの親族あてに書いた思い出話の手紙の写し。
続柄や経緯だのが私らにもわかるようにと、叔父が母にもコピーを送ってくれたんだそうで、
これがとても面白く、うちでは大変好評でした。
おもに戦前から戦後にかけての栃木の田舎の農家での思い出話なんですが、
前にソニー展のブログで書いた、スライド映写機持ってた親戚のおじさんの話もあって、
宮本常一が書いてた「忘れられた日本人」みたいな人がうちの親戚にいたんだなあとうれしかった。
叔父が書いてくれてよかった。母は田舎だの農家だの嫌いなもんだから書かないし、書いてもああいう感じにはならないからな。。
ほんと、じっさいに馬が厩にいる所、見てみたかったんだよなあ。。。



今日、帰りの電車に乗る前に撮った、栃木駅からのぞむなだらかな山の風景。
悪くないお正月でした。本年もどうぞよろしくお願いいたしますね。

年末は第三で

2016-12-29 08:28:40 | 雑記
とうとう全部見られるぞ!と楽しみにしていた「第三の男」をついに昨日見ました。

ほんとにすごい超名画だ!!!

さすが色んな映画ベストテンの常連だけのことはあります。そして途中で思いました。

あっ、、「長いお別れ」……

たぶんメインテーマが「長いお別れ」と共通してるんですよね。
でもこのテーマの作品て、映画でも小説でもマンガでもけして少なくないと思うけど、この二つは抜きん出てる気がする。
どっちも話が進むにつれ、テーマがはっきりと浮き彫りになってくる感じ。
「第三の男」のシナリオはグレアム・グリーン、「長いお別れ」はチャンドラー、
そういえばこの二人って小説の雰囲気もちょっと似てますよね。
あと「寒い国から帰って来たスパイ」のカレとか、ロアルド・ダールも同じ系統だと思うけれど、
みんな第二次世界大戦を間に挟むような時代を生きた人たちで、何かそういう時代のかもし出す雰囲気があるんでしょうか。
自分が読んだ時期が近いせいもあって、この四人混同しそうになるんですが、
ことに女性関係で相当ひどい目にあったんじゃないかと思われるような小説書いてんのがダールですよね。
まあなんかみんなたいがいな感じはするけど。

「第三の男」、ウィーンのいちいちすごくいい場所を舞台に選んでて、映像もすばらしく美しく、
モノクロ映画なのにカラーに遜色なく、こういうストーリーにあの軽やかでコミカルな音楽合わせるセンスといい、
色んな面でものすごく楽しんで見られる、なんてサービス・エンターテイメント精神の旺盛な映画かと思います。
あと、主演だけでなく、脇を固める俳優ひとりひとりの顔にすごく味があって、
ひとくせふたくせありそうな顔見てるだけでも面白く、きっと俳優の顔もあの時代の顔なんですよね。
このシナリオを今の時代に、お金かけていいスタッフや俳優使って作ったとしても、多分ここまでの傑作にはならなくて、
あの時代に、あの時代を生きた人たちで作ったからこその名画なんじゃなかろうか。1949年。
だからきっと、今の時代の名画はまた違うタイプのものになるんでしょうね。
しかしあの帽子かっこいいですね。あのタイプの帽子かぶってるだけで二割増男前になるぞ。

話かわって井上靖の「私の西域紀行」ですが、これと「地球の歩き方」とシルクロード歴史地図と、
あとネットで検索して画像調べることもできるし、ほんとに楽しく遊べていいです。
なんか昔よくやってたドラクエなんかのRPGと似た楽しさがあるんですよね。
井上靖なので、漢の武将・霍去病(かくきょへい・病気の名前ではない)や、班超の話とかも出て来て、それも面白いけれど、
基本的には都市に重点が置かれた都市の物語が楽しめる感じ。
ちなみに霍去病は匈奴との六度の戦いで勝利を上げた漢の武帝お気に入りの名将だったそうですが、24才で死んでんですよ。
二千年前は人生の密度が違うよ。。ジェームス・ディーンみたいなやつだよ。
でも班超の話を聞くと漢の武帝もたいがいひどい。たしか中島敦の「李陵」にも恐ろしい逸話があった気がする………。
まあ二千年前の大国の皇帝なんかひどいに決まってるけど。

今気になる地域は河西回廊(かせいかいろう)。山脈に挟まれた狭い盆地のことを回廊と言うそうで、
酒泉から、漢の時代に西域との最前線であった敦煌までの道のりを河西回廊と呼ぶそうです。
この方のブログがとてもていねいでわかりやすく、写真も良いです。こういうブログはすごく貴重ですね。
井上靖の時代には、酒泉から敦煌まで五日かかったそうで、ほんとにすごい僻地だったようです。砂と風の都市。



                      


今年も得手勝手な書きっぱなしブログにおつきあいいただいてありがとうございました。
昨夜の地震では被害ありませんでしたか?ここへ来てまた震度6なんて、本当にいやですね。。
今年は日本も世界もひしひしとやばい感じしかしない一年でしたけれど、
個人的には新たな楽しみを見つけられて、悪くない年でした。
写真は平田郷陽の「小雀」。来年は酉年、てのひらの小さな雀を大事にね。どうぞよいお年をお迎えください。

おまけ:この第三の男のテーマでハイライトシーンの動画いいですよ。
うあー、ほんとに「第三の男」はDVD買って何度でも見たい。駅前のワゴンとかで500円ぐらいで売ってそうですよね。
ちゃらら〜ちゃららら〜ら♪ちゃっ ちゃらっちゃらっら ちゃ♪