水瓶

ファンタジーや日々のこと

山手イタリア庭園・外交官の家

2016-05-22 17:56:20 | 横浜の観光・博物館など
初めからここに建てられたのかと思いきや、移築された家なんだそうです。もとは渋谷区南平台。
「外交官の家」とは、かつて日本の外交官だった内田定槌氏の家だったからとのこと。

建てられたのは明治43年ですから、もうすぐ大正という頃ですね。
設計者はアメリカ人のJ・M・ガーディナー。アメリカン・ヴィクトリアン様式の影響が見られるそうです。


前庭はこんな感じ。みなとみらい線元町中華街駅の元町側出口から、山手通りへ出てずーっと歩いて行きます。


ちょうど季節でバラとアイリスが咲きほこっていました。


入口から中へ入ると、なぜか和洋入り混じった廊下が。それがなぜかは後述いたしまする。


クリスマスシーズンで世界のクリスマスの飾り付けをしている期間はもんのすごく混みますが、
今の時期ならゆったり見られます。

先週は結婚式をやっていて中はあまり見られなかったので、中の写真は今週撮ったものですが、
外観の写真は先週のものも混じっています。
そう、山手西洋館では結婚式を挙げることもできまして、かなり前から予約で埋まるほど人気なんだそうです。
見学は無料でできますが、この結婚式が貴重な維持費用になるんだそうで、昨日はベーリックホールでもやっていました。


一階のサンルーム。八角形の塔部分に当たります。いいなああ…!




とにかくぜいたくな造り。


廊下の床もたいへん凝ったもの。




今にも原節子が下りてきそうな階段。


二階の寝室。このベッド、コンパクトな上かなり高さがあり、寝ぼけて落ちたらシャレにならなそうなんですけど。。。


浴室とトイレ。トイレのふたが木製なのが面白いんです。


サンルームの上にあたるのがこの部屋のようです。


一階の和風部分に戻って来ました。


和風部分を前庭の方から見るとこんな感じ。なんでここだけ、しかもこんな小さい部分が和風なんだろうとふしぎに思っていたら、
もともとは西洋館と和館が併設されていたんだそうです。移築の時に、西洋館の部分だけ持って来たんだそうですが

かーーー。。。

今思えば惜しいことを。和館も一緒に移築すればなお面白かったのにいい。。。


イタリア庭園の方から見た併設部分。


窓からの眺め。窓からローマが見える、って昔あったんですよ。

Wind is blowing from the Aegean〜♪







ヘンリー・ジェイムズの小説の舞台って、こんな感じだったんでしょうか。
ヘンリー・ジェイムズは、どっちかっていうと苦手というか、読んでていらっとするというか、なんですけど、
でもこんな雰囲気だろか。あとアメリカの古い時代っていうと、ホーソーン?もクセが強いな。。

前に「モホークの太鼓」というジョン・フォードの映画を見て、アメリカの植民地時代ってかなり独特だなあと。
最初はイギリスから移民してきて、インディアンと争って、その後に西部劇で描かれる時代が続くわけですよね。
服装とかの様式が、最初はイギリスっぽくて、後にマカロニウェスタンに変わってゆくのが不思議だなあと。
言葉は悪いけど、一回野蛮に戻るっていうか。
マカロニウェスタンのファッションは、いくらかインディアン風が入ってたりするんだろか。ズボンのびらびらとか。

「モホークの太鼓」(現ニューヨーク州が舞台)は独立戦争の頃が舞台で、だから1770年頃、
「風とともに去りぬ」(南東部のジョージア州が舞台)がそれから百年後の南北戦争(1861~1865)の頃。
で、西部劇の舞台は、wikiによれば19世紀後半の西部開拓時代。西部劇は南北戦争と同じ頃なのかな。それとも後なのかな。
「風とともに去りぬ」と西部劇の雰囲気が違いすぎて、同じ国の話のように思えない。。
西部は南北戦争あんまり関係なかったんだろか。その頃の西の事情がわからんですたい。まーーー、アメリカ広いからなあ。
そこにラブクラフトを入れ込むとさらにややこしくなりそうだ。るるいえー

・・・と、検索してアメリカの州地図を見て、いわゆるアメリカの都市と言われる所ってみんな東北部のちっさいとこに集まってて、
あとはなんかいかにもトレマーズが出て来そうな感じじゃないかとぼんやり眺めてたら

ぎょぎょぎょっ!!

左上の太平洋岸、つまり西北部にワシントン州ってのがあるではありませんか。あれ???え???

………えー、このワシントン州は、「1846年にオレゴン境界紛争を解決するためのオレゴン条約が結ばれた結果、イギリスから割譲されたワシントン準州の西側が現在のワシントン州になった。1889年にアメリカ合衆国42番目の州として認められた。」
というわけで、合衆国では結構新しい州なんですね。郡庁所在地はシアトル。
イチローがいたシアトルマリナーズはこのワシントン州のチームですね。

一方、ワシントンD.C.というのは、「政府所在地として国際的に強大な政治的影響力を保持する世界都市であり、また金融センターとしても高い重要性を持つ。首都としての機能を果たすべく設計された、計画都市である。」

そういえばこないだ「世界ふれあい街歩き」で、ワシントンD.C.をやってて、
ワシントンD.C.はどこの州でもないんですよって言ってた!正式名称は「コロンビア特別区」(District of Columbia)なんですと。
はああ、知らなんだー知らなんだー………







というわけで、今回も新たな発見がありました西洋館の旅でした。
古い建築物を訪ねることは、歴史をたどるに等しいのだ。にゃんてな。

元町・えびすや

2016-05-21 22:19:50 | 日記
昼頃から急に暑くなって夏のよう。先週に引き続き今日も山手イタリア庭園方面へいってきました。
夕ご飯に入ったお店がちょっと珍しいお店でしたのでご紹介。
みなとみらい線の元町・中華街駅からだとちょっと歩く感じで、根岸線石川町駅の方が近いかなあ。
バス停元町のすぐ近くのえびすやさんです。お店の入口がちょっと奥まってるので気がつきにくいかも。


かつては質屋さんの蔵だったという店内。頑丈なつくりで解体するのが大変だったので、改装して今のお店にしたんだとか。


蔵だけに暗いかと思いきや、木材の色も明るくていい感じ。


「写真を撮ってもいいですか?」とたずねると、どうぞどうぞと言っていただいたので、ご好意に甘えました。
五時半オープンの直後で、まだ他にお客さんもいなかったので、二階も見せていただきました。


やきとりと釜飯がメインメニュー。ねぎま!


厚揚げ!


そ、そして………手羽先!!

んめええええ!!


五目釜飯!

しかし食べ物をおいしそうに撮るのはほんと難しいな。。
他にもまだ頼んでみたいメニューがいっぱい。ここはリピートするぞ!



今日、コーヒー飲んだ元町の小さな喫茶店の方に、この近くで高すぎず(二人でほどほど飲んで食べて一万円いかないぐらいの感じ)、安すぎない(でも○○ら水産ほど安くない感じ)、おいしい焼き鳥屋さんとかないですか?と聞いたら、
みごとストライクゾーンにほうってくれたのがこのえびすやさんで、とても感じのいいご夫婦でやっています。

ちなみにこのお店を教えてくれたのは、元町通りの一本裏の通りにある加香里(かがり)という喫茶店の方です。
カウンター席が五席ぐらいしかなくて、カウンターの中では、ちょっと年配の女性がテレビで森繁久彌の映画見てる感じ。
ちゃんと豆からひいてサイフォンで入れてくれて、しかもブレンドが350円。もちろんおいしいよ!



私のブログの閲覧数なら、殺到するほど人が来るとも思えないし、記事にしても大丈夫かなあと思いまして。
もしこちら方面へ来る機会があったら、一度寄ってみて下さい。外人さんとかも喜ぶそうです。
やっぱりこういうのが好きなんだって。

あと、今探してるのは、ギムレットを飲ませるイカしたバーでございます。ギムレット飲んでみたいんじゃい。下戸だけど。
帰り道はにわか雨に降られましたよ。ゲコゲコ。

石川町散歩

2016-05-18 20:30:12 | 横浜の観光・博物館など
山手西洋館の中でも、山手イタリア庭園のある外交官の家は、JR根岸線石川町駅寄りで、
みなとみらい線の元町中華街駅からは少し離れているので、今まであまり行っていませんでした。
先日はこの方面をおさんぽしたんですが、石川町辺りの町並みが予想外におもしろかったので、
外交官の家とは別に記事をまとめてみました。




山手へと上がってゆく階段。この辺り、急な坂や階段が多いんですが、そのおかげでというか、
景色に変化がついてよいのです。眺めはいいし、すごくいい所なんですよね。苦労もあると思いますが。。


外交官の家の横にある階段を下りて来るとこの坂道に出ます。ここも結構な勾配。





石川町は、やきとり屋とそば屋とワインを飲ませる洋風居酒屋、それに手芸屋さんや雑貨屋さんが多い印象でした。
間口が狭く、小さいお店がひしめきあって、なつかし楽しい感じです。
あと岩手のアンテナショップもありました。レモンバジル風味のサバ缶がおいしかったんですよ!
地方のアンテナショップはいつも人がいる感じ。なんか入りやすいんですよね。なんでだろう。


山手から石川町へ下りて来る階段の途中に、お地蔵さんの祠があって、こんな碑が立っていました。

大丸谷震災地蔵尊の由来碑

1923年(大正十二年)九月一日午前十一時五十八分関東全域にわたって大被害をもたらした関東大地震は震源地を相模湾の北西隅あたりの海底と推測され、北海道、沖縄にいたる地域でも人体に感じ、全世界の地震計に記録をとどめ、死者99,331名。負傷者103,733名、行方不明43,467名の大地震であった。当時此の付近一帯は各所より発生した大火災により一面火の海となり避難民は高台(十三番)の安全地帯を求めて大丸谷道路上を山に向かって殺到した。其の数役三百名、然し下方より吹き上がる火焔は物凄く道路上は忽ち灼熱の地獄と化し前進をはばまれ止むなく右手の崖を草の根につかまりつつ我先にと登りはじめたが後続の避難民は火焔にあおられ熱さに耐えかね、つつじの灌木の中に身を伏せこらえたが後方よりせまる火勢の猛威には抗しきれず、ついに二十七名が二度と帰らぬ犠牲者となった。震災五十周年にあたり尊き人命を失った方々の霊にたいし改めて冥福を捧げるものであります。
昭和四十八年九月一日 石川町一丁目町内会


月曜日の夜に関東地方で大きめの地震があって、久しぶりに緊急地震速報で電話がギュンギュンいってびっくりしました。
昔って、こういう天災には、備えもなすすべも、今よりももっとなかったんでしょうね。
堀立柱の祖末な小屋なら、震度5ぐらいでも倒壊して、けがをした人や死んだ人も出たかも知れない。
江戸時代になっても、富士山の噴火や三度の大きな飢饉の時などに、幕府や藩の援助はぜんぜん不足していたようですし、
稲作農耕の暮らしの身動きの取れなさ、日本の、新たに開墾する土地のなさは、こうした災害へ対抗することも難しくしただろう。
けしてどうでもいいことではない、本当なら忘れるべきでない過去を無理にでも忘れ去って、
気持ちも暮らしも立て直すほかなかったんだろうと思いました。
もしも深く、真面目に考えれば、再建のために立ち上がる気力も出なくなってしまうんじゃないかと。
忘れるというのは、具体的にはほとんど対策することができなくて取らざるをえない、最後の奥の手なんだと思います。
ことに大きな天災を相手にしては、過去、人間は、ほとんど無力だったでしょう。
でもだからこそ、大きな被害のあったことについて、こうした碑や記録を未来に残してゆくことは、すごく大事なことなんでしょうね。


この建物は美容院で、とても目をひいたんですが、意外に町並みになじんでいました。建ってからの時間のせいかしら。


山手西洋館のような、その建物自体が美しい場合と、一軒一軒は山手西洋館ほどには美しさに重点を置いていないのに、
町並み全体に独特の美しさが現れてくるのは不思議ですね。
高級住宅地って、全体を見た時の美しさは、あんがい退屈なんですよね。
山手西洋館や高級住宅地の美しさは、ほかお城とかもそうだと思うけれど、生活感を隠した美しさで、
古民家やこうした町並みの美しさは、生活感がほどよくにじみ出た美しさなのかなあと。






電車に乗って馬車道駅まで。石川町とはまた雰囲気が違いますが、ビルの壁に夕陽が照り返してきれいでした。

しばらく前にBSプレミアムの新日本風土記で、鳥取県酒津の「とんどう」というお祭りを取り上げていて、
とんどうっていうのはお正月飾りとかを十五日頃にお炊き上げする、いわゆる左義長の一種のようです。
鳥取は因幡の白うさぎ伝説にあるように、大国主命、つまりオオナムチのお膝元で、
「火山列島の思想」にも取り上げられていたんですが、このわらで編んだ山、夜には火をかけて、まるで火山のように見えました。
左義長は徒然草に記載があったり、戦国時代頃の屏風絵にも描かれていたりとかなり起源が古いようで、
ひょっとしたら火山神・オオナムチをまつるお祭りに由来するのかも知れないなあと、これは私の想像ですが。

古民家で祭られているかまどを見た時も、考えてみればかまどってご自宅用のミニ火山みたいだよなあと。
お盆に帰って来たご先祖さまを、お供えなどを焼いて送るように、
左義長はお正月に訪れた神様(これもやっぱりご先祖様?)が宿った正月飾りを焼いて、高所へ送る儀式のように思えますし、
全く無関係にも思えた山の神、火の神、かまどの神、ご先祖さま、が、ぼんやりとつながってきたように思います。
おそらく、こういうことに確かな答えを出すことはできないんでしょうけれど、こうして考えをめぐらすのは面白いのです。

原始・古代の祖先たちにとって、山は神であった。山が清浄であるからではなく、山が神秘不可測な〈憤怒〉そのものであったからである。山は、まず火の神であることにおいて、神なのであった。(「火山列島の思想」益田勝実)





関東大震災から93年。東京オリンピック、私はテンションだだ下がりなんですが、
もしも予定通りにやらなければならないとしたら、東京の街を少しでも地震に強いようにしてくれたらいいなあと思います。
大がかりにそういう工事やら区画整理やらやるにはいい機会ですもんね。
東京に関東大震災規模の地震が今来たら、、、と考えると、本当に恐ろしいです。。
建物は当時よりはるかに耐震性があるけど、人口の集中も当時の比じゃないだろうし、日本全体に及ぼす影響に至っては、
考えるのも恐ろしい……。
だから、やっぱり少しでも、今できるだけのことはしておかなければ。
天災は今でも恐ろしいけれど、人は昔ほど、それに対して無力ではないはずですよね。


         


おまけ。懐中電灯は何本かもっておくと安心ですよ。少しお高めでも、今は小型で軽くて性能もいいのがありますから。
まあうちはもう、そんなにあってどうすんだってぐらいあるんですけど、震災の時には本当に助かりました。
だってあの時は、お店から懐中電灯も乾電池も、みんななくなっちゃいましたもんね。。
あとは、ガスレンジでもきれいにしておこうかなあ。

夜の遊園地

2016-05-15 20:12:14 | 横浜の観光・博物館など
少し前からコスモワールドは観覧車のネオン管のリニューアル工事をしていたんですが、
昨日行ったらそれも終わったらしく、点灯していました。四角い形とかも映せるようになったらしいです。

昨日は遊園地のド派手なイルミネーションがやけにきれいに見えて、
あと、ワールドポーター内にある、よく行くTHE LASTの店内も妙に面白く感じました。
しばらく古民家漬けだったせいかも。


ボリュームたっぷりのハンバーガーがおいしいTHE LASTの店内は、レトロアメリカンというかクラシックアメリカンといいますか。


昨日は席が埋まるくらいお客さんが入っていました。外人さんも多いです。


森のなかまは店員さんにすすめられたブルームーンというビールを注文。「うまい!」と言っていました。

小津安二郎初のカラー映画「彼岸花」で、長女の結婚式の前日、家族がいわゆる茶の間でお祝いをやるシーンがあって、
ネープルオレンジのジュースの瓶(プラッシー?)にぶどうなどフルーツが並んだ、
赤いチェックのテーブルクロスをかけた和風のちゃぶ台がすごくきれいで、
ああこれものすごく考えてテーブルの上に並べるものを選んだんだろうなあと。
「秋刀魚の味」では、布団がたくさん干してある団地の風景があって、その布団一枚一枚があまりないような色柄で、
それがまた全体を見た時にやっぱりきれいで。
なにげない平凡な物にも美しさを求めて、映画におさめようとする執念のようなものを感じました。
たぶんそういう部分がないとできない仕事なんだろなあ。映画の監督なんて。
まあ、こういうタイプの人が身近にいたら、めんどくさくてやだろうなあとも思いますが、なにぶん映画はすばらしいのだ。


よくよく見れば凝ってる内装。いわゆる「きれい」とか「美しい」っていうのとは少し違う気もするんだけど、
いいなあって思うこの感じ、私は「面白い」って言っちゃうんだけれど。




ご飯を食べたあと、みなとみらいの駅へ向かう途中にコスモワールド内を通ります。入園料がいらないのがいい所なんであります。
恒例森のなかまとワニワニパニック。私はどうしても120点いかないんですよ。。


安っぽくてけばけばしい、にぎやかな極彩色は、どこか寂しさを伴っているよう。




でも昨日はチケット売り場にも行列ができるくらい人がいっぱいで、寂しさはだいぶ緩和されていました。

そういえば先日BSで「剱岳 点の記」という映画をやってまして、わりと最近の映画(2009年)なんですが、
これもいちいちシーンが美しく、なんか小津映画とかの頃の邦画っぽいなあと思ったら、
黒沢映画でカメラマンをやっていたという有名なカメラマンの方が監督されていました。すごく細やかでていねいで。
あと、登山ものなのにやたら絶叫したり人が死んだりしないのもよかった。
滑落シーンはあったけど、なんかいい感じで。……いい感じっていうのもヘンだけれども。
「世界の中心で絶叫する!」みたいな映画はもういやじゃ。。。

最近のドラマも映画もほとんど見なくなっていて、俳優の名前とかよく知らないんですが、
とってもいい秋田犬みたいな顔した背の高い俳優が出て来て誰だろうと思ったら、松田優作のご子息松田龍平でした。かっこいいな!
ぜんぜん印象が違ったので気がつかなかったけど、「あまちゃん」のマネージャーやってた人ですね。
(「あまちゃん」は森のなかまが再放送にはまっていたので少し見ました。面白かったけど、私は連ドラを続けて見る根気がないのです。)
お父さんは名優としかいいようがないけど、何をやっても松田優作になっちゃうんだよね。
それとは違うタイプみたいで、いいじゃないですかあーーーうえへへへ。





日ものびてきて、休日も長く感じるお得な季節になりました。
これから梅雨、そして盛夏までが、外を歩いて一番気持ちいい時期ですね。

川崎市立日本民家園・船越の舞台

2016-05-12 20:30:39 | 川崎市立日本民家園
民家園最後の一つは、三重県志摩市大王町船越にある「船越の舞台」。どこに入れたものやら考えてる内に忘れてた。。

ここで上演されていたのは主に歌舞伎です。歌舞伎は17世紀末頃たいへん盛んになり、
京都・大阪・江戸に舞台が造られ始め、おいおい全国に広がっていったようです。
船越は海女漁で栄えた漁村で、建てられたのは江戸時代末期の安政四年(1857年)。
その頃この地域の経済状態がよかったことを示すように、たいへん立派な造りになっているそうです。

こうした古い舞台は、都市部では徳川幕府の禁令や戦火、また新しい劇場などへ建てかえられてしまったため残っていず、
かえって地方で遺構が残されていたそうです。
多く残されているのは、南会津、群馬県赤城山麓、岐阜県東南部から愛知県三河、志摩、神戸北方、小豆島など。
農村、山村に多いそうですが、この船越の舞台は漁村にあったのが珍しいようです。

南部の曲屋も立派でしたが、漁村の舞台もこれだけ立派なものだとすると、
江戸末期には経済の豊かさがかなり地方の隅々まで行き渡っていたんだなあ。でも、黒船はもうすぐそこまで。

(ちなみに海女漁では、アワビがたいへん割がよかったようです。干しアワビは中国との交易での重要な品目だったそうです。
海と山が迫って平地の少ない三陸地方に人口が集中したのは、アワビが獲れたから。伊勢志摩もアワビの産地なんですね。
しかし中華料理の干しアワビって、目ん玉飛び出るくらい高いですよね。そんなにおいしいのかしら……。。


てっぺんの飾り瓦を大棟鬼瓦といい、「若」とあるのは、若者組制度の人たちによって運営、上演されていたことを示すそうです。
当時歌舞伎は、村人が上演もする地芝居と、役者は職業的な人を招く買芝居があったそうですが、
この船越では、若者組の人たちによる地芝居が上演されていたようです。
宮本常一さんによれば、普通の村人がやる地芝居でも評判がいいと、農閑期などによそへ行って上演することもあったそうです。
数少ない、華やかな娯楽だったんでしょうね。幕府で禁令が出たぐらいだし。ていうか歌舞伎ぐらいいいのにねえ。。。ケチ。


明治10年代に入ると地芝居は衰退し、その後は買芝居が主になりますが、船越に残されていた上演記録によると、
買芝居が行われたのは戦時体制に入る前の昭和12年までで、大戦中は行われず、
戦後復活しましたが昭和38年を最後に歌舞伎は行われなくなり、集会場として使われていたそうです。
昭和38年というと東京オリンピックの前年。ちょうど日本の大きな変化の波と符号しているようです。

その頃東京にいたという年配の方に話を聞くと、とにかくオリンピックを境にしての変わりようはものすごかったそうで、
泥道の舗装工事で気をつけていないと板を踏み外したり、上では高い建物の工事が進みと、街を歩くのが大変だったそうです。
それまでは、たとえば代官山なんて寂しい所で、人さらいが出るって言われてたんですよ・・・!!
ちょうどオリンピックをはさんで外国に暮らしていたという方は、オリンピックが終わって帰って来たら、
日本橋の空に高速道路が走っていて、駅では自動販売機で切符を買うようになっていたので、
慣れない内は一人で切符も買えなかったと言っていました。
その頃は海外赴任となると何年も帰国できないのが当たり前で、見送りには空港まで一族郎党友人知人かけつけて、
さながらみんなでバンザイして見送る壮行会。昭和は遠くなりにけり、でありますなあ。




円形に切れた床がありますが、これは回り舞台です。この写真下真ん中の図だと仕組みがわかりやすいです。
筒井康隆さんの、たまに裏表のない語ものってる「現代語裏辞典」によりますと、
1758年に世界初の回り舞台ができたのが大阪の角座という劇場だそうです。へえー。。
劇場の歴史はヨーロッパの方が古いと思うんですが、こういう新奇な仕掛けが好きだったのか、
それとも木造建築の構造的にやりやすかったのか。でも縁の下で回す方は大変そうだ。。


地方の舞台の観客席は基本野天なので、雨の日は上演中止だったそう。でもお天気いいと気持ちよかったでしょうね。



・・・東京オリンピック、前回はぐんと上り坂のきっかけになったけど、今回はケチもつきまくったせいか、
あんまり上る気がしないんですよね。。。
そういう巨大イベントで、多くの人々の気持ちが浮揚するような時代では、もうないのかなって気もします。
でもまあ、まずはオバマさんが広島に来てくれるそうで、それはやっぱりうれしいですね。よっ、大統領!