水瓶

ファンタジーや日々のこと

運河の町で

2017-06-01 08:23:29 | 横浜の町
六月は雨のはじまり。五月は記録的に雨が降らなかったそうで、夏の前に少し水をためておかなきゃ。

先週末に回った新山下運河近くの写真です。
港が見える丘公園の、海側に向かって下の方になる地区なんですけれど、
特に観光名所とかがあるわけではないので、あんまり行ったことがありませんでした。

上の写真は、運河のある側から丘の上の方へ向かうトンネル。
自転車に乗った男の子が「本物の銃だぞー!!」と手に持ったおもちゃの銃をパンパン鳴らしていました。
ついさっきまで情けない声で「待って〜、待って〜」って叫んでたんですけどね。。。


「暑いしお天気もいいから船に乗ろうよ」と、まずはぷかり桟橋からシーバスに乗りました。
行き交う船に人がたくさん。潮風が気持ちいい!写真はいつもあそこに碇泊している海上保安庁の船。
この気候だと船がとってもきれいに見えます。


こちらは氷川丸。これは船着場からしか見えない景色なんです。
時間も早めだし久しぶりに氷川丸の中見ようか?ってなったんですが、山下公園で何かイベントをやっていて、
氷川丸も混んでいるようだったので、次の機会に回しました。


じゃあ、っていうんで、いつも港が見える丘公園の見晴台から眺めてて気になってた辺りを歩いてみようよ、とこちらの方へ。
ほんのちょっと歩くだけで雰囲気がガラッと変わるのが横浜の町なんです。


釣り船店の並ぶ通り。同業者の店が並んでで独特の雰囲気。


このお店の看板が公園からよく見えるんです。ガラス戸に貼ってあるのは魚拓でしょうか。
大きいのが釣れるんだねえ。


撮っていいものやら、ブログに上げていいものやらちょっと悩んだのでありますが、なんかすごく気に入ってしまった写真。


こちらも公園からよく見て気になっていたコクサイエアロマリンという看板のあるビル。
倉庫を持っていて、荷捌きなどをする会社なんですね。さすが運河の町!
通りに面してこんな銅像が立っていました。トリトン?


ふらふらさまよっていると出くわしたのがこの霞橋。何やら説明書きがあって読むと、百年以上前にイギリスで作られて、
1896年に日本鉄道土浦線(現常磐線)隅田川橋梁となり、そののち1929年に江ヶ崎跨線橋として再利用され、
ここに霞橋として落ち着いたのが2013年のことだそうです。するとまだ来たばっかりと言えるかな?
でもだいぶ寸が詰まっちゃったね。


森のなかまが「すっげー」とつぶやきながら撮っていたのがこのボルト。
さすが年中懐中電灯とか銅とかいじくってる人は目のつけどころが違うよ。
・・・あっ、やばい、あんまり見てるとさぶイボが立ちそう!


霞橋をさらに進むと高速入り口の近くに。高速の下にはたくさんの頭だけのトラックが駐車しています。
私はなんかあのトレーラーをつけてない、頭だけで前のめりに走ってるトラック好きなんですよね。


モンベルの大きなお店が見えたので入ってみました。最初倉庫かなにかかと思ったら、立派なお店。
写真はお店の中から外を写したもの。
何がすごいって、カヌーやカヤックが置いてあって、なんとすぐに試乗もできるんだそうです。さすが運河沿い!
一人乗りのカヌーは65000円ぐらいからありました。ふーん。。


古びたいいビルが見えると思わず足が急いでしまいます。おお、なんか高度経済成長期を支えた感じ。


霞橋の一つ向こうにある橋を渡ってまたこちら側へ戻って来ます。
運河の川をのぞいてたら、通りかかった女性に話しかけられました。
「いつもちっちゃい黒い魚がいっぱいいるのよ。そろそろ飛び跳ねる大きな魚も出て来たわね」


さっき歩いて来た所を港が見える丘公園から撮ったもの。ちょうど高速道路の手前辺りに釣り船屋さんが並ぶ通りがあります。



新山下運河の辺りは、ちょっと懐かしい感じがしました。いつも行かない所を回ってみるのも面白いですね。

さて、これから梅雨入りまでどんどん暑くなってゆくのでしょうか。来たる夏に向けて暑さに慣れとかなきゃね。

終点に着いたはいいが

2017-05-24 10:00:17 | 横浜の町
すっかり見慣れたベイブリッジ。
でも、ちょっとずつ違って見える時があるんです。


新緑の色も少しずつ深まる五月。しかしすでに初夏のような暑さが続きましたね。
今日は少し落ち着いたかしら。。


港が見える丘公園はバラが満開で人も満員!

少し前にテレビを買い替えて、録画して見られるようになったので、テレビをよく見るようになりました。
子どもの頃以来というぐらい、楽しんで見てるんじゃないかな。
目下のお気に入りはBSプレミアムでやってる紀行もの、鉄道もの。
特に今お昼12時からやってる「関口知宏の中国鉄道大紀行」、十年前のものの再放送なんですけど面白いです。

電車に乗ったり駅をさまよう夢を見たりすることはありませんか?
私はよく見ます。森のなかまも最近よく見るらしいです。
ここで一句

終点に 着いたはいいが 死んでない 

(目的地に着いて、ここで大方落ち着くんだろうなと思っても、生きてる限り少しずつ変わってゆくのは、
くたびれるけど仕方のないことだなあ、という若干のあきらめの気持ちを詠める


港が見える丘公園を下りて来た所に建設中のなにか。
工事現場を見るのはけっこう好きだったりします。いったい何ができるのでしょう。



ぼうっと佇んでると、一歩先に踏んでみろよといわんばかりに踏み石が置いてあることに気づく時があります。
そんな立派な大したことじゃなくて、本当に日常的でごくごく小さな、個人的なことなんだけど。

さて、しばらくぼうっとしてみるか。いつもだけど。

草津の町並み

2017-05-06 14:22:50 | 
関東はお天気に恵まれた様子のGW、夫婦ともども初めての草津は大変な人でした。

だいぶ久しぶりの更新です。

番付一位というのがまったくもってうなずける草津の湯。
そんなにたくさんの温泉に行ったわけではありませんが、入ってすぐ、また出た後も長々と実感できるお湯の効果。
あったまるし、疲れとれるし、いったいなんでしょう、あのミラクルの湯は。。


草津といえば湯畑と湯もみショー。湯もみショーは大変な行列であきらめました。。
湯畑は町の中心部にあり、まるで原宿のよう。
なんでも岡本太郎プロデュースということで、統一感のある建物で景観がつくられているそうです。


草津の湯は八代将軍御献上の湯とのことで、ていうことは暴れん坊将軍でしょうか?
町の素浪人と将軍の二足のわらじで疲れた体にしみる草津の湯。
ホテルの温泉で一緒になった女性と話をしてたら、「草津は混むんだけど、主人がどうしても草津の湯がいいって」と。
お湯につかってみると、その気持ちがよくわかるんですよね。。。


かなり狭い範囲に急な高低差のある町で、歩くのは少し大変かもしれませんが、景色に変化があって飽きません。




古い旅館かなにか取り壊した跡でしょうか。




ほんの狭い隙間にも温泉。ここは一度に入れるのは三人までとのことです。




小腹が空いたので、濡れおかき串などいただきます。温泉まんじゅうはお土産用。




土産物店などが並ぶ通りは大変なにぎわいでしたが、ちょっと一本入ると急に静か。これはこれでいいですね。




遠くに見える雪をかぶった山は白根山だと思います。


温泉まんじゅうを作るための排気口かな?スチームパンクな町並み






・・・ん?ウィンドウにずらっと並ぶ郵便ポスト???そして、さま〜ずと大江麻理子アナの色紙?

はい、草津の町で一番印象に残ったのがこちらのお店です。
なるほどいかにもモヤさまが見過ごすわけにはいかない雰囲気なんです。


温泉のもとが置いてあります。ぐんまちゃんグッズとか置いてない一本筋の通った、厳選された品ぞろえ。
ちょっとだけ入りづらい雰囲気ですが、えいやっと入ってみると奥からやさしそうなおじいちゃんが。

写真の「草津名湯の湯」と、つまようじ入れミニポストと、草津のカラータオルを購入すると、
とても上手な字でお店の名前を包み紙に書いてくれ、ていねいに包んでくれました。
待ってるうちに奥様とおぼしき女性も出てきます。

「不思議な品ぞろえですね」というと、

「売ってる人が不思議だからね


「もぐらが逃げる品あります」

これもどういう品かうかがいましたが、概要はぜひ訪ねた時に聞いてみてください。
このお店、2日目に行ったんですが、どうしても気になって、3日目帰る前にもう一度行って、
1040円のポスト型貯金箱を買い、お二人にまた面白いお話を伺いました。奥様は草津節の歌い手なんだそうです。


こちらがその草津移動拠点のバスターミナル近くにある梅田商店さん。
郵便ポストの並ぶウィンドウに気をひかれた方も多いのでは。大丈夫、安心して入れるお店ですよ!
ていねいに包んでくれますので、時間に余裕をみて行かれるといいかと思います。せかしちゃダメよ。


何度も行った草津バスターミナル。ちょっと風通しがいいので、日陰で寒くなったんですが、
行き届いたことに、すぐそばに足湯があるんです。
これがとても熱いお湯で気持ちよく、ちょっとつかっただけでも足が軽くなります。バスの時間合わせにぜひどうぞ!

しかし驚いたのは、関東バスの鬼神のごとき配車のさまで、さすが番付一位というか。。
待ってる人の数を数えて臨時でじゃんじゃんバスを出すんです。すごい。


梅田商店さんで買った郵便ポスト型貯金箱とつまようじ入れ。
そういえば小学校の時に持ってたなあ、郵便ポスト型の貯金箱。やっぱり貯金箱にはレトロな丸型ポストがいいですね。

というわけで、ハイシーズンで大変な人だったにもかかわらず、とても楽しめた草津でした。
お湯はミラクルだし、町並みも変化に富んでるし、リピーターが多いのもよくわかります。
できれば今度はハイシーズンを避けて、もっとゆっくり色々見てみたいなあ。

花アフロの君の名は

2017-03-26 11:01:26 | 横浜の観光・博物館など
みどりのからだに花アフロ?

昨日から始まった全国区都市緑化横浜フェアGarden Necklace
しばらく前から何やら大がかりな準備をしているなあと思っていたんですが、うーん、なかなか力を入れているようです。

だいぶご無沙汰してしまいましたが、ひさしぶりの更新です。




最近よく見かけるようになったネモフィラ。オオイヌノフグリを大きめにしたような花です。


光を受け止める盃はガーベラ?


冒頭写真のみどりの子の名前はガーデンベアくん。なんと推定200才だそうです。
私よりも先に森のなかまの方がすっかりハートを射抜かれていました。くたびれたおじさんはかわいいものに弱いんですよね。




最近のガーデニングの見せ方はまたいっそう華やか。流行があるんでしょうね。


きぐるみガーデンベアくんも来て、一緒に写真撮影会もやっていました。すでに人気は上々のようです。
・・・というか、公式ホームページを見ると、すでに売り切れグッズが続々と。
昨日買いそびれたんですが、緑化フェアの期間が長いと思って油断してたらなくなっちゃうよこれ。。


だんだん陽射しがあたたかくなってきて、アネモネもいっそう花開き。


こちらは街路樹のコブシ。最近は、春の花で一番好きなのはコブシかオオイヌノフグリか、という感じになってきました。
ソメイヨシノが咲き出すともう春もゴール間近の気がして、ちょっとさびしく思えるほど。
モクレンが大輪の花開かせ、コブシの花びらが風になびき始める頃が一番うれしいかも。


横浜スタジアムではチューリップまつりも始まっていました。でもまだひかえめ。照準は開幕頃でしょうか。
今年はどこまでいけるかな?


ぼんぼり型濃紅色のヨコハマヒザクラは一足先に満開。


シャガも半日陰できれいに咲いていました。


ぼくの育てた花や木を見に来てね!

期間は6月4日まで。今年は桜の時期が終わっても、いろんな花を長く楽しめそうです。

夕暮れの山下公園

2017-02-12 17:11:19 | 日記
山下公園通り沿い、ホテル・ニューグランド前。なかなかいい感じでしょう。

木金と雪がちらついて、そろそろ寒さもピークでしょうか。
そしていやなくしゃみとこの春先特有の頭の重さは花粉のたより・・?

けれど土曜日は寒さにも花粉にも負けず、山下公園近辺をおさんぽ。
風邪インフルが影をひそめるようになるまでは、遠出はひかえようねと森のなかま間で合意ができています。


まずは一回行ってみたいよねと言っていた、元町駅近くの以前モカベアーがあった所に新しく開店したカフェ、
元町Bayside Cafeに足を踏み入れます。
内装はアメリカ50's風といった感じでしょうか。明るくていい感じ。
新しいお店でもモカベアーさんのコーヒー豆を使ってるそうです。おいしかったもんね。


レコードジャケットはインテリアにもいいですね。

元町は、喫茶店とかゆっくりできるお店が不足気味なので、このお店はありがたいです。
駅に近いのにすごく静かなんですよ。


最近なかまになりましたくま助です。どうぞよろしく。


チーズバーガーはソースで味をごまかさない感じ。おいしかった!
最近、ファーストフードじゃない本格派ハンバーガー店をけっこう見かけるようになりました。

このあとまたまた横浜人形の家へ。ひな人形展も盛況のようです。
今回は段飾りの小さい調度品にスポットをあてていまして、これがすごかった!後でアップする予定です。


人形の家を出たあとは、山下公園付近をおさんぽ。海風が冷たかったんですが、けっこう人がいました。


氷川丸。日が長くなりましたね〜






県民ホール前。寒いけど日没後の空が澄んできれいです。




そういえばこの冬は、あんまり夜景を撮らなかったなあ。

暖かくなったら色々行きたい所もあります。もう少し、もう少し。