森のなかまと楽しい10Holes

手のひらにすっぽり隠れてしまう小さい楽器10Holesについてボチボチと

ようこそ

まとめ:ハーモニカのお手入れについて
まとめ:ハーモニカの調整について

申し訳ありませんが現在ハーモニカ調整に関する技術的な質問にはお答えしておりません。質問して頂いても無視することもありますので予めご了承ください。

LUMINTOP FW3A Copper/Brass

2020-09-13 15:59:01 | フラッシュライト
なんだかんだでBr,Cuと揃ってしまいました。

今回も5mm砲弾LEDではない懐中電灯です。が。。

「災害、防犯、愛娘のために!」

といったシロモノではありません。懐中電灯マニアが諸々のリスクを理解したうえで本人が使うようなものです。幸せに暮らす友人。特に子供さんには絶対使わせてはいけません。という懐中電灯の紹介です。

というのも、簡単に入れられるターボモードでは吐き出す光は凄まじいうえに急速に温度があがり普通の人は怖くて投げ出して逃げてしまうかと思います。安全のため温度リミッターがありますが誤った設定をすれば危ない方向にも転んでしまいます。

購入者は本格運用する前に「必ず」サーマルコンフィグレーションを行い極力安全方向に振るようにして下さい。これが出来ない人は購入を見送るか、購入してしまったのなら電池を抜いて誤って作動させない状態にしておくべきと考えます。

というわけです。後はユルくいかせてもらいます。

先日Wurkkos wk01を紹介したときに「SST-20の多灯が欲しい」と書きましたがFW3A Brassが金曜日に到着しました。

FW3Aは発売されてから1年以上が経ちますが、最近になってようやくBrass版がリリースされました。最初は「もういいかな」と思っていたのですがBanggoodで値段が下がり、Sofirn C01SSST-20(高演色は2700K-4000Kのもののようです)が気に入ってしまったことで興味が湧きました。

いつもなら直ぐに飛びつくのですが。。。実は去年の9月に219B 5700K のFW3A Copperを入手していました。

「FW3A?得意げにブログに載せそうだけれど。。疲れてるんですか?」

と思われるかもしれません。はい。疲れてます。
去年購入したものは点灯したりしなかったりと一度は交換してもらったのですが同じような症状を繰り返したので放置、リトライ、放置を繰り返していました。この手のトラブルは献身的なユーザで対処報告がされていますが、どうもそれでは解決しなかったのです。


トラブルを書いて「これは使えない」で終える記事もあまり好きではないのでこっそり自分だけのなかにしまっておこうかと思いました。が、色々目処がたちましたのでBrass版の到着による答え合わせをもってケリをつけたいと思います。

なお、FW3Aは動きさえすれば(笑)よく練られたUIと実用的な無段階調光を備えた使いやすくパワフルな小型懐中電灯です。一方非常に実験的でカスタマイズ性に富んでいますが全ての項目をチューンするにはそれなりの知識と忍耐が必要です。そして説明するのもかなり手間です。。今回そのあたりはバサーッと割愛させてもらいます。FW3Aに興味のあるかたは既にご存知とは思いますが詳しいことや諸元についてはdoormanさんの記事を参照ください。


というわけで。。せっかくですので1年前のちょうど今頃にタイムスリップします。


2019.9.7 届いて磨いたばかりでピンクゴールのCopper版。


2019.9.9 ベランダに吊るすことたった二日でこんな色合いになりました。
スムースな無段階調光と見た目。コンパクトさから、これはかなりお気に入りになるだろうなぁと思っていたのですがうまいこと動いてくれません。


Nichia 219B 5700K: moon, Stepped ramp 1〜7, Turbo
多灯らしい拡散光。強いスポットはありませんが力強いセンターからのグラデーションと中近距離ではとても旨味のある配光だと思います。SST-20 4000Kは写真に撮っていませんが赤がさらにリッチに出るもので大変気に入っています。

基本は無段階調光(Smooth ramp)ですが段階調光(Stepped ramp)にもできますが、まず使用しないかと思います。それくらい無段階調光がよくできています。ちなみに「なんでRamp?」と思われる方はこちらをご覧ください。

さて、先ほどのフォーラムを見るとFW3Aは「Keep it tight(カチッと締めろ)」というのが掟になっているようです。森のなかまもガチガチに締めました。どんぐらい締めたかというと。。タクトスイッチが付いた基板がテイルキャップ内側に押しつけられ仕舞いにはストロークがほとんど無くなるくらいです。これはこれでパーツの変形などをよろしくないので力任せに締めるのはお勧めしません。


2020/4/17 左奥の赤紫色のがCopper版。コロナで隔日休業中に屋外でバカンスを楽しんでいるFW3Aを連れ戻し再びあれこれ試して見ます。


スイッチまわりです。基板。黒いラバー。金属製のトップキャップがハンバーガーのように積み重なります。


黄色のラインが筒の内径になります。シアン色ところが凹んでいます。黒いラバーがはまるようになっています。が、はめてみるとなんだか少しはみ出ているような感じもありました。シアンと黄色の間は基板と接触してスイッチのOn/Offを伝える役割を担っていると思うのですが。。これが阻害されているのではないかと考えました。


ならば。。。金属トップと黒いラバーを外して問題がなければ黒いラバーが問題ということになります。が、そうでもありませんでした。

こんなふうに少しずつ原因と対策を考えていきます(笑)

というのも。。POLY-COL KINGのような接点復活材をあちこちの接点に塗布するとそれなりに動きます。最初はメデタシメデタシと思ったのですが。。なんかの拍子に調子が悪くなります。点灯しないだけならともかく。。。一度は鞄の中でTurbo全開でアツアツ(サーマルコンフィグレーションで早めに照度を下げるようにしていました)。ロックアウトにしていたらIMRがXTAR充電器でも電圧を検知しなくなりました。

なんでこんな苦労背負い込んだんだろうと思うこともありますが。。


こんな色艶を魅せられると「今夜は寝かせないヨ」なんて言葉を吐かせることになるのです。自分でもバカだと思いますが生物的にこうなるのが正しい反応なんだと思います。アルミ版だったらとうに放り出していたかと思います。


タイムスリップはお終い。金曜日に中国から届いたBrass版です。8/22に注文したのですがSST-20の在庫がちょうど切れたのか生産待ちとなり9/11の到着となりました。


出来立てでしたので変色は殆どありませんでしたが、長い付き合いになりますのでコンパウンドで磨きました。


真鍮を磨くと仏具のように見えたりするのですが、これはこれでなかなかカッコいいかと思います。

海外の良心的なレビュワーでも点灯不良があまりかかれていなかったので何かしらの改善があったのかもと期待をしていたのですが、普通よりちょっと気持ち締めれば動作します。
スイッチストロークはメカニカルに比べれば短いですが結構あるので基板を変形させるほど締める必要がないことがわかります。


Turboglowという蓄光材のガスケットも合わせて購入してみました。頂き物のイカリングみたいなものです。赤とか欲しかったのですが売り切れていました。結構明るいです。


一方こちらはCopper版。色付いてきても点灯実験でキツく締めたり緩めたりをしていると皮膜がとれてしまったりと1年の趣ではありません。


実質7月中の雨風だけでこんな感じになったようなものです。とはいえルーペなんかで見るとそれなりに時間の蓄積は感じられます。ここ数年Brass/Copper両方を触ってきましたが基本的にはBrassが好みです。でもこの雰囲気は悪くないなぁと思います。

では答え合わせの時間です。


Nubbinとよばれる黒ラバーの真ん中にはめ込まれタクトスイッチをオッペす部品は変わっていないようです。


左がBrass版です。板バネ(波型ワッシャー)が増えていました。先ほどの黄色とシアンの間の接触を改善するためと思われます。


右側が板バネを乗せてたもの。左側は半年くらい前にこの部分の接触を疑い細い単線を丸めて入れてみた実験の残骸です。
結構正解に近かったのかと思います。ただ接触は改善されたものの厚さがあってスイッチストロークが長くなりNubbinがタクトスイッチを押す力が伝わりにくくなってしまいました。

その他。。これはちょっと確かなことは言えないないのですが。。。基板の接点表面がなんとなく通電しにくそうなカンジ。。。塗装溶剤とアルコールで磨いてからはPOLY-COL KINGだけでも1ヶ月くらい問題なく使用できていました。


とりあえずCopper版は銅粉を含んだグリース:COPASLIPを使って接触改善をしてみることにしました(実際の使用時はもう少し拭き取ります)。

ちなみに、Copper, Brass版ともにスイッチはリテーナリングで固定されていますが開け閉めが面倒なので外しています。外し方が分からない方はもちろん自信のない方は保証もなくなりますので外さないでください。

また、ゴチャゴチャ書きましたが森のなかまは問題のあった個体を引いてそれをどうにかして使いたかったというだけです。
世の中には問題のない個体の方が多いようですので問題がない方は余計な分解などはせず良好な状態で使い続けてください。分解して調子がわるくなっても自己責任でお願いします。もちろんメーカや販売店の保証もなくなるものと考えてください。


答え合わせ(改善策の検証)もしてみたかっとこともありますが、やはり真鍮版いいです。技術屋さんが作ったようなデザインはすこし野暮ったいかなと思いつつも見慣れてくると結構好きになります。


SST-20 4000Kの色合いも好きな方にはたまらないものかと思います。森のなかまがそうなんですが。


Copper/Brassでのランデブー。


スイッチのメタルトップにウサギマークがないのが寂しいと思いましたが、こうしてみると全体のバランスからみると無い方がすっきりしています。そういえば型番とかメーカー名も一切ないんです。初期のZEBRA LIGHTのような潔さです。

書きたいことは書いてしまったのですが写真が残ってしまいました。気に入っているので載せちゃいます。


真新しい真鍮の懐中電灯。「軽いのが正義」ならまず選ばない選択肢。


おまけに、読んで理解するのがウンザリするほどのカスタマイズ機能。外見がシンプルなんだからもっとシンプルに使わせてよ。。と思って見たりもしますが


そんな面倒を踏み越えてでも付き合って見たくなります。重さも含めて。


付き合い方がよく分からなかった時は「カーッ」と頭にきたものですが、対処法がわかってくるとなんだか可愛く思えてしまいます。自分にもそういうところがあってよかったかな?と最近思います。


今後あまり作られるとも思えないので欲しい方は今のうちに。でも面倒を背負い込んでも知りませんからね(笑)

それでは!
コメント

2020.9.8 通勤、通勤

2020-09-08 22:35:15 | 毛が生えてたり丸いもの
かなとこ雲。電車に乗ってからLINEでワイフに教えた頃には「今はもうちょっとふんわりしてる」になっていました。


わーい「七色〜♪」です。太陽を背にしていたので環水平アークではなく降水による虹でしょうか。でも七色です。


ビルに木洩れ日がワサワサ。ひと組みの箒(ほうき)がなんだかシアワセそうなのでiPhoneで撮ってみました。


昨晩カラスウリ花のことを考えていて見たくなりました。北ルートBにはたくさん咲いていました。

目指せ週末!

それでは!
コメント

Wurkkos wk01 4000K

2020-08-30 16:09:49 | フラッシュライト
金曜の晩に見つけました。なかなか良くできた懐中電灯です。


初めてのメーカー。Wurkkos wk01 というモデルのGold色ですが明らかに茶色でTANという表記の方がイメージしやすいかと思います。他に黒と赤があります。

他に単4電池2本で動作するwk02というモデルもあり、本体色によっては光の色が4000K, 6000Kが選べるようです。


STREAMLIGHT ProTac 1L-1AAのタンより濃いかんじです。なかなか精悍なかんじ。


クリップが付いたテールスイッチ式の短いペンライト。結構細身です。


左からwk01, Lumintop Tool AAA, Lumintop worm。いずれも単4電池1本ものです。極端に小さいわけでもありませんが大きくもありません。手のひらにすっぽりおさまるようなもので握りやすいかと思います。


クリップがあるので必要はないのですが一応アンチローリングとして機能する窪み。機能というよりデザインでしょうか。ヤンチャな感じがして悪くないです。


箱出し(ただの段ボール箱です)で撮影したものですがネジ部は適量塗布されたグリスでとても綺麗な作りでした。汚れてきたら拭き取ってワセリンなどを塗っておくと長持ちします。


プラスの電極はプリント基板そのまんまではなく丈夫な金属がつけられています。こんなところの気遣いが結構良心的だと思います。


スイッチは確りとしたツブツブのついたものです。3段階調光できるこのクラスの懐中電灯としては珍しいフォワードクリック式です。

半押しで押した時から点灯するのがフォワードクリック式。全押ししてからの半押し操作はできません。

全押しでカチンと音がなって指を離してから点灯するのがリバースクリック式です。点灯中に半押しで調光できるのがメリットかと思います。

最近の多機能な中国製懐中電灯に慣れた方は全押しする前に目的の明るさを選ぶ必要があるフォードクリック式に「?」と思われるかもしれませんが、森のなかまは結構好きです。

買ったばかりの懐中電灯でいつでもチャカチャカ調光できるのは楽しいかもしれませんが使い出すとそれほど重要ではないと思っています。
むしろ、半押しで押している間点灯して指を離すと消えてくれるオルタネート(間欠点灯)を多用する人間なので好きだったりします。

アマゾンのレビューをみるとHMLの順に調光するとありましたが、届いたのはLMHでした。うーん。本体色によって異なるのか仕様が変わったのかはよくわかりません。

最後に点灯したモードで再点灯するモードメモリはありません。LMHなら消灯後2秒以上経てば必ずLowで点灯します。HMLならHigh。HMLなら防犯用によさそうです。


LEDはLuminus社のSST-20という高演色ものです。以前Sofirn C01Sという懐中電灯を購入してから気に入ってしまったLEDでした。ある日「SST-20の多灯が欲しい」と思い中国へ発注。在庫を調達するため日数がかかると連絡があったこともあり、こちらの商品を購入した経緯があります。


Low: 1Lumens(45H), Mid: 30Lumens(4H), High:150Lumens(50M)

反射鏡がスムースリフレクターなのか芯のあるスポットを吐き出してくれます。日頃から暗所で最低限の灯で作業することに慣れている方らならLowは使い出があるかと思います。
Mid, Highについても単4電池1本から絞り出す明るさとしては申し分ないかと思います。これ以上の明るさが長時間必要であれば単3電池2本やリチウム電池を使用した懐中電灯が適切かと思います。

なかなかリッチな色合いの光であります。

話が脱線しますが。。。


親父からもらったKodakのアクロマート5倍のキズ見ルーペ。倍率を欲張っていないので結構ラフに使っても実用的なキリッとした像をみせてくれるのでよく使っています。変色してきた真鍮の表面とか見ると楽しいです。
ただ、チップ抵抗の番号とか見るにはちょっと5倍だときついときがあり、悩んで悩んでニコンの10倍のものを購入しました。ごきげんな像を結んでくれますがいかんせんレンズが小さい。。。というわけで、カリナンPROと悩みましたが。。


でぽん。。プラスチッキーでヒケもあるようなものですが。。。なれるとほのぼのとした感じがかわいらしい。。


屋外でカワイコチャン(小ちゃい花ですからね)を見ることを考えてPEAK シュタインハイル ルーペ7×にしました。


キリキリとした最高の解像度とはいわないものの、バランスがとれた使いやすいものでした。


レンズ有効径が13mmのニコンに対し16mm。倍率が違うのでそもそも比べるものではありませんがラフにみたい時はPeak。緻密にみたい時はニコン。みたいなかんじでしょうか。


有効径が大きい分厚さはこれだけありますが、レトロなデザインとコロンとしたところがなんともいえないです。


最近ではLED付きの繰り出し式ルーペも出てきてはいるようなのですが、レンズそのものがウーンというものだったり、眩しすぎるようなものだったりするようです。高演色のものなんか出てきてもよいかと思うのですが。。それまではこのwk01のLowスタートが役に立ちそうです。


高演色懐中電灯。昔は安いものでも3千円を超えていましたがいまや2千円以下でしかも手軽に良いものが入手できるようになりました。
夜道を照らすだけが懐中電灯の使い方ではありません。ちょっとした補助光や観察にお手軽に使えるような灯として検討してみて頂けたら幸いです。

それでは!

コメント

エビたべたい

2020-08-29 23:48:42 | デフォ
暑いからアパートを出たのは5時近くでした。


空芯菜炒め。シャキシャキが心地よいです。体がこういうのを食べたがっています。

森のなかま夫婦は「エビ」「カニ」の甲殻類はそれほど興味がなく世の中から無くなってしまっても膝を落とすことなく大地に立ち続ける自信がありました。ちなみに森のなかまはフライや天ぷらの尾っぽは必ず食べるという変な立ち位置でした。

ところが。。今年の夏休みに1日おきに通った福満園 別館さんで頂いたエビのチリ炒めから取り憑かれてしまいました。


エビのチリ炒め。あまいドロっとしたエビチリではありません。唐辛子炒めです。激辛料理に見えますが辛味が少ない唐辛子。なので唐辛子の風味とコクを堪能できる逸品。秘密の調味料が絡んだ唐辛子を口に運びながらビールが進みます。常に出発進行!です。


こちらは夏休み中に頂いた「殻付き海老の香り揚げ唐辛子炒め」。「結局唐辛子が好きなんだね?」はい。そうです(笑)
辛いのというと四川料理が有名ですが、福満園 別館さんは湖南料理も楽しめるお店。波長の合うコックさんがいらっしゃるようです。

50歳を過ぎてから「エビたべたい」というセリフが口から出てくるとは思いもよりませんでした。

それでは!
コメント

3匹の猫

2020-08-23 16:44:32 | 毛が生えてたり丸いもの
月を宿すオオカミさん

ワイフが訪問介護の職についていることから介護をきっかけに知り合いになったブロ友さんがGWの頃minneに出店されました。

3匹の猫'S GALLERY

以前よっちみかんさんのシマエナガトリオがうちにやってきたことを紹介しましたが、作家さんの作品を直接ネットで購入できるシステムです。

出店を知ったので「いっちばーん」と行ってみたものの運営システムの不具合なのか決済がうまくできず狙っていた作品が売り切れてしまいました。

大抵1点ものだったりしますので気に入った作品と出会ってしまったらあまり時間を置いてはいけないのであります。


白くま君。ロケットが飛んでいる宇宙玉に白クマ君が佇んでいるチャームです。
ブログを見ていたら再販の準備をしているようでしたので俄然やる気がでてきました。


モチーフもそうなんですが金具のセレクトとかすごく波長が合います。


伸び猫シルエット。寒い冬が開けて春がやってきたようなポカポカした色合い。いろんなポーズの子がいたんですが森のなかま、ワイフが好きなこのポーズを選んでみました。
写真を撮っている時かなり凝視していたら嬉しい事に気づきました。


この子。お目々があったんです。しかも。。結構好きな目です。


月夜の狼。かっこいいですね。


天の川が流れる天空がオオカミさんの中に広がっています。着色されたレジンのグラデーションも想像力をかき立てられます。


月を宿すオオカミさんは月にむかって吠えるのであれば、森のなかまのなかにも雲とか浮かんでるのかもしれません。

オオカミが好きなワイフへのプレゼントを中心に森のなかまセレクト。あわよくば一つくらい。。森のなかまに。。。と思ったのですが。どれも気に入ってしまったようです。

楽しい作品ありがとうございます。

それでは!
コメント (2)